記事一覧

なぜ彼女に対して、一生懸命なのか?

 彼女は、大学の講師でもあって、福祉、
Gender(ジェンダー)論、同性愛などの
分野で、「世間的な隔たり等を、緩和する
ような働き」をしており、人への教育力に
も長けた人である。

 (年下の)同性から、大いに好かれる
性格かと想われ(でも、その両親からは、
嫌がられる事も有るかな?)、それらの
関係で、大いに活躍中な女性。

 ・・・あ、上記までを読んで、歴代の
彼女や、私のFAN(私に不安を抱くと
言う人たち;つまり心配者)が、嫉妬を
する可能性もある(ほぼ、ない)のだが、
誤解の無いように!

 先日に、「少々気落ちしている」かと
想われる文面を偶然に見て、それ以後の
記事更新が無いので、大慌て!(記載が
されたのが一ヶ月前で、それ以後の記事
更新が無く、『どうしょ!どうしょ!』
な心境で、Commentを作成した;該当の
記事を発見したのが平成25年01月23日)

 その二日後に返事が有り、「っほ♪」
な心境(実は、あまりの切なさにと涙
ぐんでいた)に成ったけど、それらの
反動で、一気に『暴走状態』に陥った。
(喜びの舞?)

 でも、更に翌日(つまり、今日)に
今度は、新たな記事の更新もあって、
その内容が、すっごぉ~く晴れ晴れと
感じて(前回のが暗かったので、その
反動でそう感じる)伝わってきたので、
更に、「ふぅ~♪」な心境に成った。

 ところが、その記事を確認したのは、
本日15時語呂で、それまでは、自分
すらも見失う程に陥ってしまい、本日
午前中は、早起きだったのに、不貞寝
状態に陥り、二度寝、三度寝と至った。
(知恵熱が出た感じである・・・w)

 そして、それから数時間をかけて、
Comment を作成したのが上記の物である。

 もはや彼女の為でわなくて、自分を
宥めるために・・・w

 でも、ふと思ったのだけど「時には、
一人の為に全力を尽くす事を試みたい」
(己を試してみたい)との心境に成った。

 ・・・今後は、心境を正常値に戻して
(それが他者から見て正常に値するのか、
考えるのを省き・・・w)、通常業務に
戻ろうと思う。

 想い通りに成るか、我ながら疑わしい
けど・・・w

一ヶ月に、多くの本を読んでるんですね!

 私の場合は、小説の場合だと一冊の本を
読むのに、かなり時間を要します。(ので、
ここ『うん十年』らい、読んでわいません;
小松左京、片岡義男とか・・・;雑誌とか、
何だかの資料は、見ますけど)

 なので逆に、何度も同じ本を読むことは、
ほぼ無いです。(小説の世界より、現実の
人間関係を架空化しつつ、動向を予測して
経済性、世間動向を追求するのが精一杯)

 代わりに自分で物語を作ったりするのが
けっこう好きで、にわかな小説を作ったり
することも。(最近は、女子高生とか主婦
とかも、Blogに記載してますね;でも私の
調査では、既に音声時代から、画像時代に
進化しており、何とか生放送や Youtubu
などで、未成年者達が『お馬鹿ちっくに』
大活躍を・・・w)

 いっそ、物語のような私の人生を語った
方が、売れる気もするぐらいでけど・・・w

 そうそう想ったのですが、その日の感想を
短歌、川柳、教訓など的に、Twitter とかで
つぶやけば、どうかと・・・。

 でも一つ条件が有り、それを見るであろう
人が、絶対に笑う、または、にま♪にま♪ と
口元が緩んでしまうような、内容でなければ
ならず、且つ自分への戒め効果も発揮をする
ような言葉の使い方で!

 あと本とかも著書が、たくさんあるけども
Documentary でわなく、いっそ自分の世界を
物語の中で造ってしまったらどかと・・・。
(でも、それこそ『自分の殻に閉じこもる』と
言う意味では、危険性が有りますけど・・・)

 私は、活字的な感覚から発展した Radio や、
音声の方が好きな人で、後の映像世代には、
(外見に自身が無いので)付いて行けません。
(観覧者としては、参加を・・・w)

 それらを見てると、世の中には、色々な人が
居るもので、著名、有名な芸能人よりも面白い
Unique な人達が、大勢います。

 そんな彼らを経済的に追い詰めれば、やはり
独自の Community を形成して、生きる権利を
主張するのかと想われ、その延長にTerrorismが
結びつくことも有るのかと。

 また逆に過剰な彼らの活動を許してしまうと、
将来性の破綻から、社会性の破綻を招きつつも、
不経済な状況に陥る(Neonazi、オ○ム真理教
などの発生も含まれる)のかと想われ、それを
未然に防ぐのが、私の経済(経世済民)活動に
成りますので、自己紹介がてらに宜しく♪

>追伸
 そうだ! 私は、Trick Art も好きですよ♪
Maurits Cornelis Escher、Salvador Dalí とか、
なかでも経済性の観点で、「fresco画で『神の
見えざる足』が描かれた物」が、特に好きです。

 調査活動をする時に、「見た目と真実の違い
とかを追求する能力を得る訓練」にも成るので
楽しみながら学習してます。

 補足ですが、津田塾大学の図書館は、それの
建築技法が、すばらしく築後から Concrete に
ひびが入らないほどで、見た目に貧弱けども、
すごぉ~く耐久性が強いみたいです。(それは、
津田塾の女性達の姿「女性だからとの見かけに
よらず世間的に頼りがいの有る津田塾の女」を
象徴しているらしい)

 っと言う感じで、『見た目と現実の違い』を
踏まえた視野、推測を必要とする、芸術なども
好きです。

 まぁ、私の人生も想い返せば、そんな感じか・・・w

>追伸 2
 昨日に更にと追加をした Comment を踏まえ、
「明らかに強がってるのは、俺の方だろう!」
っと、今日一日をもって、確信(自覚、反省)を
させて頂きました。

 御願いです、全力で私の暴走を止めて下さい。

 そうしてくれることで、私との人間関係が
正常に保てるのかと想います・・・w

>反省

 やはり『追伸の部分』が、蛇足なのかな?
でもさぁ、蛇に足を描けば、龍に成るんだぜ♪

 漢字だらけの人生なら、感じ悪いでしょ?

 そうそう日本の国は、ひらがな、カタカナを
産んだ国で、超越をした漢字(二等辺三角形の
ような社会関係の)文化を打破しつつ、民にと
平等に向上心をもたらす努力を行った文化だと
思う。

 今時代は、何かと専門分野が超越してしまい、
極度な二等辺三角形な人間関係から、底辺にと
位置する人達が失望して、世間的な文化向上に
協力しない傾向にある。

 それは、現状の世界各国でも言え、NEET等の
発生原因に成っていると私的に判断しています。

 ・・・ごめん、ごめん、また長文に成った。

 現状の自分のこと、よく解ってないけども、
貴女と、御喋り(または、自己主張を)したい
みたいだ。

 なぜか、一生懸命(本能的)に・・・・w

 「 Help Meeeeeeeee ・・・! 」

(Commentの記載は、対話形式じゃないから、
止めようが無いじゃんね?)

 俺って、とことん駄目だわ・・・ww

 水深(愛情)10cm の深さでも溺れてしまう
性格だわ・・・www

 でも、いつかは、Hope You !(←意味が
解ってない)と言えるような(言っても好い
語句なのか?)、人に成れるよう、努力を
させて頂きます。(「No Thank You!」と
風の便りで聞こえて来そうですけど・・・w)

 なお、「止めが入らない」との場合では、
「放置 Play 状態で楽しみたい」と解釈を
させて頂きますので、御了承を下さい。

(これで、今回も貴女の恐怖と欠乏を少々に
奪えたな♪;・・・っと思い込んでいる)

また漂流中の幼児に会いに行った!

返答が有り、実のところ我ながら(嬉しいのと、
その内容で、貴女を怒らせてしまい、むしろ不安を
増すような表現をしたか・・・っと、日々に心配で
何度も、何度も、この記事を見たり、他での記事を
みたり、自分の Comment を削除しようと思ったり、
もっと上手な表現があったのでわないのかと、思い
悩む長い時間を経た結果として;私は、高校中退歴が
あるので、相当の努力が必要だと懸命でした)泣き
そうに成りました。

 さて、そんな私の言葉に騙されず・・・w

(一)社会保障制度に付いて
 『社会保障』との文字を『生存権の保障』っと変え
させて頂き、その努力をさせて頂こうと想っています。

(ニ)心身状態の多様性を大前提にした『働き方』
 これは、「(甲)まず視覚的差別、偏見を無くした
人間関係の構成を求め、(乙)賃金の収益にと拘らず、
周囲の民と共存的な働きかけに、意欲的に参加をする
ことが可能と成るような世間(自治)を目論み、(丙)
仮に個人的生活を好む者が居た場合でも、その生存を
脅かすことが無く、その者との共存性をも考慮する」
と言う解釈に変えさせて頂こうと想います。

 ・内面の部分に関する偏見は、(甲)の発展型で、
  検討をすることを思案します。

(三)生きることが困難に成る人々を生まない制度
 『(甲)宗教的な観点と、(乙)種の保存』も有り
ますが、「仮に現在だとHIVに感染した親でさえも、
それに感染しないように図られた出産が可能な時代」
と言われているようです。

 Nazis(ナチス)主義の極論で言う、『戒め』の
Holocaust(ホロコースト)で、「障害を有してる
人も、犠牲の対象に成った(自然界で人以外の動物、
植物でも、生活環境に合わない奇形体では、捕食、
排除される:人体の細胞も同じ)」との時代から、
現代が大いに進化をした結果だと想います。

 それらの観点から、「親が子供を造る場合において、
仮に生きることが困難と成る可能性が、産まれて来る
子供に有っても、『自らの生存や生きた明かしとして
子供(遺伝子)を残す』と言う観点を本能的に慾する
性格を有するなら、どうか?」との部分にも注目して、
「自分の子孫を残す為に、その危険性を何で回避する
のか?」が親の想いに成るのかと想われますが、その
限界も有るのかと想われます。(Microな観点であり、
家庭の拡大が、国家であるとして、置き換えて考える)

 また貴女の学歴を見れば、「医学部に学位の範囲を
広げても好いのか想われ、『己の難病を解明する事が、
他者をも護る事に繋がる』のだから、それらに着手を
行わないのは、自衛心に欠ける(現代日本人の特徴)」
との想いも抱きます。(でも、そうする事によって
生じる色々な危険性も有るのかと想われます)

 そして別枠で「私達、日本の国民は、国民であって
牧民(僕民)でわない」との発想も有り、一人の医者
だけの意見が常に自分に利益をもたらすとも限らず、
今時代だと、Second(Third) Opinion 制も認められ、
それに動いたとしても、その働きかけに利益があると
限りません。

 「ところで貴女は、肉食(が好み)ですか?」っと
聞きつつ、「食肉にと成る為に飼われている動物達が
居ます。そして死刑囚は、刑が執行をされるのを恐れ
待ちます。しかし事件、事故(災害を含む)により、
犠牲に成った人も多く居ます」が、それらは、結果的
観点と成ります。

 「生むか、生まないか」なら、「存在の有無」が、
原点に成るのかと想いますが、それは、人類規模での
観点(文化的な観点)なら無理だと、結果的に解って
いるのが、通説(学術的な判断)かと想われます。

 でも文化の進歩により、「HIVに感染をした親でも、
造られる子供(新たに産まれてくる子供)にと影響を
することなく、子供を産める」と言う医学的な部分も
有るようです。

 人によって、欲しくも無い『すでに空けられている
Pandora の箱を親から貰い受けるような人』も少なく
ないと想われます。(津田梅子先生も、渡米に付いて、
そう思ったかな?)

 生むか生まないかは、有無の感覚であって、それの
原理からすれば、「無ければ、生じない」に成るので、
今回のような発想に至ったのかと想われます。

 でも人類には、無理だと想われます。

 ・・・が♪ 

 それを緩和する対策が色々と戦略的に展開している
のが人類の特徴と想われ、その戦略活性化を求める
と解釈させて頂きます。

 なお、本節における部分の参照としてURLの記載が
有りますが、当方の経済活動上における平等性の観点
から、「それらを参考にしない(一切に見ない)」と
判断しつつも、貴女の文面を見て「私が想った観点で
働きかける」と言う事に成りますので御理解を下さい。

(四)敵
 ここまで読ませておきながら、何ですけど・・・。
「敵との共存は、有りえない」と言う発想も、人類の
原点(古来)から有るのかと想われます。

 我が国(日本国)の憲法では、前文・第一段落にて
記載の有る内容と、その文末に「われらは、これに反
する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する」とある。

 つまり「(詔勅)天皇の意思を表示する文書であれ、
憲法に照らして、不適切(違憲)と思えるのならば、
それを排除する責任を、国民が有している」状態にも
あって、且つ国家と、そこに所属する民との誓約にと
憲法上で成っており、その点で貴女と敵対をする事も
今後において有るかも知れません。

 しかし日本には、『素敵』との語句もあり、素なら
敵と成りうる人は、他にも多く居るのかと想われます。

 仮に私が敵意を抱かない限りでは、そして貴女にと
敵意を抱かせない限りは、素でも好く、敵意を抱いた
ならば、共存性の関係から、友好的な振る舞い(社交
行為)をする必要も生じるのかと想います。

 でも私は、貴賓のある社交術を把握してませんので、
失礼が有りましたら、「このように表してくれれば、
友好的に思えます」と、必要に応じて意見をして頂く
必要が有るかも知れませんので、御理解を下さい。

 長文に成りましたが、貴女への思いと、解釈に成り
ますので、把握をされたく想います。

  • 海賊 Return’S
  •  ・よろずやBlog

     ・・・ってな言葉に、騙されて、おいらに回心するなよ♪

     おいらは、海賊!
     貴女の心に有る、恐怖と欠乏を、少々だけど奪ったぞ♪
     (・・・っと、思い込んでいる)

     残りは、又の機会に・・・ww

    >追伸 その1
     ところで、貴女に確認する。

     貴女が乗っている船(Cruiser)に、GPSや対漁船Radar
    (レーダー)も付いている(私の行動範囲が、全て解って
    いる)みたいだけども、そこのところ、どうなんだろう?

     なお、その点に関して、無理して答える必要は、無い!

     なぜなら、私は、私で、海賊を楽しもうかと・・・ww

              ごめん、ごめん、こんな性格で♪

    >追伸 その2
     ここまでの Service は、無料ですが、ここから先は、
    有償に成りますので御了承を下さい。

     なお、代金の御振込先は、

            ・・・(うそ♪)。

                ・・・ごめん!本当に、ごめん♪

     また、一ヶ月、二ヶ月、半年、一年後かに、
    記事を見に来ますので、楽しい日々を暮らせる
    ように、努力されて下さい。(可能な限りで、御協力をさせて頂きます)

    今回は、御返事を誠に有難う御座います。
    また、貴女から御返事を頂けたことを、
    少々に光栄と思っています。

     さて、上記の文面を受け取った彼女でわない
    けども、私に「中指を突きつけたくなるわ!」
    っと思う人も居るかもしれない・・・w

     ちなみに彼女以外の人から「中指を突きつけ
    られた」ら、「敵意を表した」と解釈して敵対
    体制を整えるので注意をされたい。

高学歴で、社会的地位の高い女性

学歴の高い女性は、幸せに成れないのか

 実は、近年だと高学歴な女性で、社会的地位も高いのに、自殺をしてしまう人が、女性が少なくないらしい。

 それは、戦前、戦後でも、生じていたらしいが、理由が異なる。

 多くが、『(一)恋愛、(ニ)思想』と『(三)世間との共存性における欠如』に成っているらしい。

 逆に、『男性同士の気質的な争い』には、弱いのかと想われる節があり、その中にて女性が地位を獲得するには、まさに決闘で打ち勝ち続ける必要もあるが、女性の場合だと平和的に考える傾向が多いのかとも想われ、それによる損失が大きいのかとも想える。

 なので、男勝りな女性が社会的な地位を獲得を行い易く成った近年だと、徐々に変わりつつあり、自衛隊、司法の機関、医者など、あらゆる分野で、女と男の平等性が保護をされている。

 でも不十分な関係から、精神的な負担を受けたりする事も多いらしく、「女性は、こう有るべきである(Gender:ジェンダー)」と言う思想
も有り、そこからの開放も求められている。

 特に、本邦だと昔から女性が弱い立場にあるように想えるが、「社会的地位の高い男性の背景には、賢い妻(愛人)が居る」とも言われている。

 そうした状況下で「仕事も優秀、社会的地位も高く、世間が自分を認めても自分が自分を認めきれない部分があり、その観点から、世間からの己が消滅しても好い」と思い込んでしまう場合もあって、自己的暗示型の『うつ病』に成る可能性も有るのかと判断する。

 よって、独身女性の基本(ちなみに男性でも同じ)は、楽しい生活を続ける事で、持病(難病)では、『諦め』の観点で割り切る事が必要で、利益的な部分を増やす可能の追求を行い、危険性の有る部分を制御する事が重要だと判断する。

 っと、こんな等で、ここ数日を真剣に考えてみた。

国家的規模の政策

 ちなみに本案件では、既に(数年前に)自殺の対策に付いて、行政に対する鑑査の活動から要請を行っており、現在だと法律(自殺対策基本法:電子政府・法令検索)も施行されているので、それ以上の対処を検討しない。

Figaro(フィガロ)の結婚

 津田塾大学の公開講座に行く為にと、Alarm を
設定していた。

 もう講義自体は、終わっているので、設定をする
必要が無かったのだけど、毎週に鳴る設定が解除を
されておらず、今日も出かける時間だよ!と鳴った。

 実は、去年の末から出席をしておらず、年明けに
試験も有ったのだけど、それにも参加をしなかった。

 そして先日に偶然、前期の講師が公開をしている
Blog、HP を覗きつつ、Wikipedia の更新をして
あげたりしていた。

 そんな日々の今日、Alarm が鳴ったのだ。

 Alarm 音は、Figaro の結婚

恋とは、どんなものかしから

  偶然・・・にしては、でき過ぎた私の人生。

 やい! 神仏、精霊ども!&br;
 日々に、驚かされてるちゅぅ~の♪

 ちょっと、寂しい想いに成った。

 玉川上水沿いを片道約30分ぐらい歩くのだが、
公園で遊ぶ、ちびっ子達、いつも出迎えてくれる
椋鳥(むくどり)、初めて自然の啄木鳥を見たり、
公園でくつろぐ人々、川沿いの自然などを撮影した
写真が展示されている場所や、生徒専用な学校への
抜け道、女子大生達や、帰りの買い物など、色々と
面白い日々で講義だけの目的でもなく Walking も
兼ねていた。

 さて私の辞書(かれこれ30年以上も使っている)
には、不可能と言う文字が有るのだが、それに打ち
消し線を引っ張ってみたり・・・w

 彼女の世間的な活躍と比べれば、なんと小さい事か。

 ・・・とほほ。

 もっと彼女が喜べるような男に成ったら、改めて
何かしてあげよう!

 彼女が喜ぶことを♪

 ・・・(まぁ、私に対して中指を立ててない事を祈ろう)。 

足に紫斑が・・・。

実は、数年前から・・・

実は、ここ数年(暖房を使わなく成ってから)、
冬の時期に足が痛痒(いたがゆ)く成るので疑問に
想っていた。

 血行が悪く成っているであろう事は、解っていた
ので、それに伴って色々と工夫をしていた。

 ところが、最近に成って解ったのだが、どうやら
軽い『紫斑病』に成っているらしい!

 そこで、足元の床に『ふわ♪ふわ♪ Mat 』を置き
試してみたら、痛痒い症状も徐々にと治っており、
足元も温かいので、これで経過を見ようと思う。

本人訴訟に付いての戦略

 複雑な案件は、分割提起を行い(小課題化
する事によって、それの内容を明細化する:
Down Sizing)、実際の提起だと併合処理を
請求するので、「(一)事件への対処品質を
失わずに、むしろ品質を高めつつ簡略化され、
(ニ)負担の軽減、(三)公共の機関側でも
(裁判所側の)対処効率を高められる」事も
目論める。

 その関係から、事件を後に分割する可能性
(増やす可能性)もあり、実際に「裁判所を
利用する」と言う観点で、『併合を請求する』
ので、それが叶えば併合(他事件と一括して
審議)された分だけ裁判所に行く回数も減り、
負担が軽減される事が見込まれる。

 でも訴状件数が増える分だけ、書類作成の
手間も増えるが、「事件の内容を明確にして、
それの理解を得る為に必要とされる」のかと
判断する。つまり、それが現状の私における
Critical Passni(クリティカル パス)の
限界である。

  • 語句
  •  ・Down Sizing - Wikipedia
      ・規模を小さくしつつ、目的の精度を高める。
      ・[例] Macroeconomics(マクロ経済) → Microeconomics(ミクロ経済)
     ・Critical Path(クリティカル パス) - Wikipedia
      ・最短で最も効率的な道筋。

Openoffice 音声で、入力を行う

音声で入力

 近年は、「音声を認識して文字入力が行える
方法が有る」のだが、利用する Soft により、
対応と成ってない物が有る。

 その機能を使えれば、Keyboardを使わなく
ても、文字の入力が行え、福祉的にも役立つ。

 よって、それの機能が使えるのかを確認した。

 結果的に Ver 3.4.1 までの日本語版では、
「 Java の機能を Soft が認識しないことが
解っており、それによって Java を必要とする
全機能が使えない」のが現状で、本節における
課題だと「補助機能では、『 Java の連動を
必要とする』ので、それが使えないのならば、
当然に補助機能も使えない事を意味する」との
状態にあり、時期での Versionup にて、修正
されている事を期待をするしかない。

 ちなみに、『音声認識の機能』に付いては、
「実務(裁判所へ提出する書類などの作成)で
使うため」で、その序に他にも利益性が有ると
判断して、色々と調べてみた。

最近の目覚まし時計は・・・

鳥の鳴き声

 起きる時に、椋鳥(むくどり)の鳴き声で
起きるように成った。

 街(地域)猫が多い所は、雀(すずめ)が
居難い傾向にあるらしく、今の居住地では、
あまり雀を見かけない。

 以前の居住地では、よく雀がTerraceへと
遊びに来ていた。

 去年は、津田塾大学へ聴講の為に通う途中、
玉川上水の河川敷を歩くのですが、その時に
椋鳥と鳩には、よく遇っていた。

 年明けから、色々とやるべき事が有るので
そちらを優先している関係で、「もう椋鳥に
遇えなく成るなぁ」っと想っていたら、先週
あたりから、私の居住地にと御目見えをする
ように成った。

 地震が発生をする前には、烏(カラス)が
教えてくれたり、鳥の観察も色々と面白い。

平成25年度、LAN環境の整備

LAN 環境

 OS の入換えに伴って、改めてLAN環境を整備する必要が有った。

 これにおける設定には、色々と試行錯誤に時間を要して、
日誌の記載にも影響を及ぼした。

課題

 ・LAN 環境の整備
 ・他種 OS 間での通信
  ・Backup の体制
 ・FTP の整備
  ・Web Server との Data 送信
 ・Internet 通信
  ・各種 Communication Tool(Soft) の導入

 Web Server の運用を行っているPCに付いて今回は、特に現状以上に機械(物理)的な向上をする必要が無いと判断して、何も変更を行わないが、既に少々の性能が良いと想われる機体を予備として確保しているが、消費電力の関係から、常時稼動機として起用を行ってない。

平成25年度、LAN環境の整備に伴う、PCの改造

(私的に)大規模なPC環境の整備

 新たに、(私の現状における環境としては、)高機能な
中古のPCを激安で入手できたので、それに伴ってPC環境を
再整備することにした。

PCの本体

 時代的に低機能なPCを操っていたが、何も無理してまで
過酷な状況を長期に維持する理由は、無い。

 機会が有れば、相応にして業務(生活)の向上を目論む
ことは、文化向上の為にも重要である。

 今回は、別枠で行った『Internet上における調査』で、
「低機能のPCだと実態が分り難い(PCの動作が、遅すぎて
実態感が、今時代的なPC環境の人と異なる)」と判断して
機会が有った時に、PCの性能を上げようと判断していた。

 そんな時に中古のPCを探していたら、激安で部品取的な
分類で売りに出されていた物の二種を購入。

 それらの部品と、以前から有る各PCに付いている部品を
交換する形式で、性能を上げる事にした。

 主な性能向上と言う点では、以下の部分である。

  • Mother Board
  •  ・CPU
     ・Memory の容量

    • HDD(Hard Disk) の容量
    •  ・100G以上
       ・連装(一台のPCにHDDを連装する)

       別枠で Graphic Board の向上も検討をしたが、特に
      手持ちの物で十分だとの判断から、新たな購入を行わず、
      また今回のように激安な中古品が有ったら、改めて検討を
      する。

      OSの選定

       実は、初めてLinuxを導入した時は、Debianであって、
      その系列を贔屓していた訳でもないが、Ubuntuにと意向。

       現在でも、皆さんが見ている''この画面を表示している''
      Web Server は、Ubuntu である。

       今回、再設定を行う時に改めてUbuntuの Desktop版を
      起用することを検討したが、導入するPC本体と相性が良く
      ないらしく、断念した。

       そこで市販 OS の License が余っていたので、それを
      使うか悩みながらも Install を行い試したが、不向きと
      判断した。

       その時に Debian の Install Disk が有る(過去に
      作った)事を思い出して、試しにInstallを行ったら、
      PC本体と相性が良いらしく、それを使う事にした。

手帳の活用

色々な手帳が有る

 近年では、電子手帳や携帯電話なども
手帳代わりに使える時代と成った。

 そうした中でも比較的に珍しい手帳を
発見した。

国会

  • 国会手帳
  • 衆議院手帳
  • 参議院手帳
  • 国会議員手帳

 国会議事堂内などの売店で販売されて
おり、販売される冊子数に限りが有るが
一般人で購入が行える。

 値段的にも、五百円台から豪勢なもの
だと二千円(外表紙が本皮だが、内容は
変わらない)である。

 また、同じ名称でも、製造者が異なり
値段も違う物が有るらしい。

自衛隊

 自衛隊も、一般者が購入可能な手帳を
販売しているらしい。

 価格は、千円前後らしく、その内容も
特殊な資料が含まれた物と成っている。

御当地手帳

 なんと地方自治体や、市町村自治でも
手帳を発行している所が有るらしい。

 でも稀ならしく、各自治体に確認する
必要が有るのかと想われる。

参照

日経 Business Associe 2012.11
P094、095、097

No.450 立川市 外国人居住者の防災、防犯

配信 平成25年02月18日
=== 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 ===
No.450
作成 平成24年11月12日
課題 立川市 外国人居住者の防災、防犯
副題 外国人居住者の法的な理解 
配布 平成24年11月12日

==== 本文面に付きまして ====
 本件の内容は、市長宛て親展の扱いにて
御対処を下さい。

 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。

== 趣旨 ==
 立川市では、多文化共生との課題が有る。

 近年では、防災における一般国民向けの
対応が行われているが、外国人の居住者に
たいする防災、防犯、そして憲法や法律の
理解を求める自治性に欠けているのかとも
思える。

 よって、そうした内容の取組みに付いて
確認を行なう。

=== 確認の事項 ===

一、言語での問題
 甲、広告
 乙、問合せの対応

ニ、防災
 甲、活断層の件に付いての周知
 乙、大規模災害が発生した場合での対応
 丙、庁舎の横に、防災館が有ることの周知

三、防犯
 甲、犯罪に着手を行なわない。
  ア、どのような行為が犯罪に問われるか。
  イ、犯罪行為の誘いを受けない。
 乙、家庭内における防犯の環境作り
  ア、詐欺など
  イ、過剰な営利、宗教、政治などの勧誘
 丙、犯罪の被害に遭った時の対応に付いて
  ア、警察への被害報告
  イ、無料の法律相談への誘導など

四、憲法、法律の理解に付いて
 甲、憲法の内容
 乙、刑法、民法、労働基準法の内容
  ア、地域特有の条例など
 丙、その他で必要とされる規律などの相談

 以上、大枠で四点の内容を確認したい。

 また、平成24年12月08日(土)に、市長と
語ろう 外国人対象 を予定されているが、
その時にでも是非に確認をされたいのだが、
もしかすると、『各国の通訳を必要とする
可能性もあるので、予めにNPO団体などにと
相談をしておく必要が有る』のかと想われ、
相応な対応をされたい。

== 結語 ==
 本件の課題は、憲法の前文に記載のある、
「われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と
欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を
有することを確認する」に由来する。

 また、自治公務の責任として、市民と成る
外国人に対しても、適切な応対をする必要と
相応 Service(サービス)を提供する義務が
有るのかとも判断する。

 ちなみに、憲法の前文における文末には、
「日本国民は、国家の名誉にかけ、全力を
あげて、この崇高な理想と目的を達成する
ことを誓ふ」と記載されている。

 また公務員には、憲法・第99条、地方
公務員法・第31条、それらに伴う宣誓を
踏まえ、かなり想い責任が課せられている。
(・・・その自覚が無いのも立川市役所の
特徴であり、市民も悪いのかと想われる)

 よって、防災、防犯、及び外国人にと、
日本国の憲法、並びに各種の法律、規律を
理解されるよう、相応なる環境を整えると
言う必要が有るのかと想われ、どのような
対応が、現状だと行なわれているのか等を
確認する。

一、防災
ニ、防犯
三、憲法、法律、規律(条例)の理解を促進

本文の発送先>

・立川市役所

=== 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) ===

万学2的、立川市 外国人居住者の防災、防犯

天使 外国人にも、防災、防犯の権利がある!

悪魔 権利があっても、資格が無いのねぇ~♪

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

No.449 職員、嘱託職員の勤務体系に付いて

配信 平成25年02月17日
=== 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 ===
No.449
作成 平成24年11月12日
課題 職員、嘱託職員の勤務体系に付いて
配布 平成24年11月12日

==== 本文面に付きまして ====
 本件の内容は、市長宛て親展の扱いにて
御対処を下さい。

 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。

== 趣旨 ==
 地域学習館にと所属する嘱託の職員や、
一般職員の勤務形態に付いて、不信にと
思える部分がある。

 よって、それらの釈明を受けたい。

=== 不信点 ===
>事例1
 環境対策課が担当をする Eco Partner
養成講座などに参加する職員は、多くが
午前中での対応と成る。

 しかし同課での関連職員は、不思議と
午後に休暇を取っている職員が多い。

>事例2
 地域学習館では、運営協議会があって
担当者として嘱託職員が起用されている。

 そして会議が行われる時間帯が高松町
だと、19時から21時で、嘱託職員も
残業扱いと成るのだが、当日の勤務時間
事情を確認したところ、11時間の拘束
時間に対して、昼休みとして1時間あり、
次いで17時から18時までを、夕刻の
休み時間にと割り当てているらしい。

 しかし実際は、業務の関係上において
17時から18時まで休憩を行わずにと
業務を続け、その部分を別に割り当てる
『勤務時間の流用』を行っているらしい。

 本来、休憩時間の必要性は、労働法の
観点から「個人の自由でわなく、規則と
言う観点で、『休憩してもらう義務』を
設けているのであり、その時間内に行う
行動の自由が認められている」のかと、
想われる。(労働基準法・第34条;
第四章 労働時間、休憩、休日及び年次
有給休暇 の章を参照されたい)

 また、担当となる嘱託職員であるなら、
午後からの勤務にするなど、時間変則が
可能かと想われ、過剰な勤務を行わせる
理由も無かったのかと思われる。

  • --詳細

一、職員の代替休暇
 午前中の勤務に対して、午後に休暇を
割り当てている可能性がある。
 仮に、午前3時間30分、午後4時間
15分の勤務時間とするならば、休日の
午前に出勤した時間を、通常日での午後
(全て)にと割り当てるのは、時間的に
不適切に感じる。
 しかし仮に『休日出勤の手当て代わり』
との観点で、45分間の勤務時間を振り
当てるならば理解が行えるが、それらの
説明が無かった。
 よって、本件のような質問をするにと
至っている。

ニ、嘱託職員などの勤務時間の代替
 労働基準法に定めの有る法規以外に、
勤務契約上での拘束(規則)が有った
と想われる。
 その契約(規則)上において、勤務
時間の代替などを認めてなかったかと
想われる。
 そうした状況は、一般企業でも生じる
現象であるが、基本的に部長地位の者が
認めた内容でわなくて、課長地位の者が
配下の係長などに監督させ、黙認をする
傾向にあることが多い。
 よって、立川市役所でも課長、係長の
観点で、労働契約(業務規則)に反する
人事管理を行っていた可能性も有るので
相応なる調査と、それに伴う釈明を受け
たい。

== 結語 ==
 一般企業でも、勤務した時間を他へと
割り当てすることを代替とすることが
多くある。

 しかし法規上に定めが有る必要性は、
色々な観点から考慮された物であって、
更に組合法、職員規則などで規定されて
いることが多い。

 そうした事情に対して無頓着な立場を
行政が維持する理由も無いのかと想われ、
それらの関係から、教育委員会分野など
末端の分野にまで至り、相応なる人事の
管理をされたい。

 ちなみに『臨機応変と、不適当』とは、
大いに異なるのであり、「不適当な内容
となるが、ただ一度だけ臨機応変に対応
するなら言葉の通りだが、継続的に業務
習慣として不適当業務を維持しているの
ならば、ただの『悪き業務習慣』であり、
それを誰が行い始めたのか、責任追求を
行っておく必要も有るのかと判断する。

 よって、勤務時間と、それに伴う給料
関係を明確にされ、改めると言う必要が
有るなら、それらを改められたい。

本文の発送先>

・立川市役所

=== 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) ===

万学2的、職員、嘱託職員の勤務体系に付いて

天使 不適切な勤務体系は、業務効率を低下させる!

悪魔 現状の体系は、うちの手引書の通りだけど?

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

No.448 保険契約に付いて

配信 平成25年02月17日
=== 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 ===
No.448
作成 平成24年11月12日
課題 保険契約に付いて
配布 平成24年11月12日

==== 本文面に付きまして ====
 本件の内容は、市長宛て親展の扱いにて
御対処を下さい。

 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。

== 趣旨 ==
 立川市役所・健康づくり担当課が担当を
する『健康ささえ隊(健康づくり推進員)』
における所属要件に、保険の加入が有る。

 私が所属した時に行われた保険契約での
説明が不適切であると判断して、相応なる
指摘を、担当職員、担当課長にと行った。

 その後において、どのような対応をする
体制が整ったのかを確認する。

=== 確認の事項 ===

一、契約内容の告知方法
 甲、どのような保険なのか
 乙、どのような時に適用とされるのか
 丙、どのような申込み形式に成るのか
ニ、重複契約に付いて
 甲、低い掛け金の契約が既に有る場合
 乙、高い掛け金の契約が既に有る場合
三、保険金の請求方法に付いて
 甲、その方法、問合せ先
四、個人情報の取り扱いに付いて
 甲、行政が取り扱う個人情報に付いて
 乙、個人で契約をする場合に付いて
  (逆に、個人の契約も可能であり、
   入隊後三年度目から、個人負担と
   するのも良いのかと想われる)

===== 業務効率化での観点 =====
 保険企業で行われる、簡易的な契約の
確認書を、参考にすると解り易いのかと
判断をしている。

== 結語 ==
 今時代であれば、何だかの保険契約を
行う場合には、その担当者が相応にして
保険契約を行う相手に、契約内容の説明
などを行う義務が課せられている。

 民間の保険企業だと簡易的な確認形式
となる書面で、詳細説明の欠如が無いか
再確認を行い、そこに契約者から署名を
得るような体制であったかと想われる。

 安価な保険契約で、且つ行政機関にて
費用が負担される保険商品であっても、
契約の内容(詳細)を契約者に明確にと
伝えられないのは、公務上の問題だけで
なく、それを求めない市民性にも問題が
有るのだが、責任観点(民法・第643
~656条)でも公務上の責任が大きい。
(立川市が契約仲介者と成る、本件での
事例に限る)

 よって公務上、地方公務員法・第33条
との違反に値する心境を、一般国民にと
抱かせない為にも、相応なる事務能力を
有するよう、努力されたい。

== 補足 ==
 本件の事案では、別件の課題があって、
金融庁にも確認を行っている。

 また、企業側にも「安価な保険契約で
あるが、地方自治体などの公益な機関が
契約処理をする場合は、それの担当者に
たいして、『自社の保険契約にと関する
研修』を行い、あつかう保険に付いての
詳細な説明を行え、且つ保険手続きにて
生じる業務上の責任を、把握してもらう
よう働きかけ、企業利益に繋げられたい」
との旨を既に伝えており、用紙変更など
業務に関する改善案なども、担当者にと
伝えてある。

 それらを踏まえ、行政だけが悪いので
なく、(保険)企業、市民との経済的な
倫理関係を保つ為にも必要だともされる
部分を、国(金融庁の担当部署)、行政
(保険契約の仲介者:立川市役所)、民
(契約者:健康づくり推進員の個人)の
関係を明確に『論理化(それが無ければ、
誰だって説明が行えない)』しつつも、
公務の適正化を図られたい。

本文の発送先>

・立川市役所

=== 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) ===

万学2的、保険契約に付いて

天使 保険契約の内容確認は、重要である!

悪魔 悪魔との契約なら、認印だけよ?

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

No.447 児童館指定管理者の制度に付いて

配信 平成25年02月16日
=== 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 ===
No.447
作成 平成24年11月10日
課題 児童館指定管理者の制度に付いて
配布 平成24年11月10日

==== 本文面に付きまして ====
 本件の内容は、市長宛て親展の扱いにて
御対処を下さい。

 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。

== 趣旨 ==
 地域学習館運営協議会にて、児童館の
(指定管理者)の館長が、他業務へ参加
することの意思表示があった。

 しかし、「それが実際に可能なのか、
契約の内容を確認しているのか?」と、
当人に確認したが、「行ってない」との
ことだった。

 更に、一ヶ月が過ぎ10月26日の会議で
再確認を行ったが、「未だ未確認である
(曖昧な返事)」との主旨で返答された。

 よって、「実際には、児童館の(指定
管理者)の人員が、他業種へと参加をする
ことが可能であるのか、また無償で参加を
するのか」などを、立川市にて明確にされ
たい。

=== 現状 ===
 地域学習館運営協議会で、児童館の館長
(指定管理者)が、平成24年11月17日(土)
10時~正午迄、市民交流大学(似非大学)の
五周年事業における手伝いにと参加する意思
表示を、同年9月28日に行っている。

 しかし指定管理者の場合には、その契約
関係から、通常業務の他に手伝い等へ参加
する事は、行えなかったかと想われ、普通
「確認をさせて頂き、可能であれば参加を
させて下さい」との返答をするのが、社会
常識かと想われる。

 また他委員から「指定管理者の人だけど、
参加が可能なの?」との問いも、私以外に
無かった。

 更に、事前(9月28日~翌月26日)に私が
子ども育成課長に、諸事情を伝えた後にて
得た返答は、「指定管理者の職員は、通常
業務外で参加した他業務でわ無償とされ、
個人の責任範疇(契約外)での参加として
扱われる。(つまり他の業務へ参加をする
ことは、当人個人の自由であるが、それに
対する責任も、個人の範疇であり、契約上
給料の対象と成らない」と主旨だった。

 そこで、改めて高松児童館の館長にと、
10月26日の運営協議会内で確認をしたが、
「不明確な返答(上司との確認や契約上の
内容にと基づく返答が無い)」だったので、
確認を行ってから、後日に参加が可能かを
運営協議会の事務局に伝えるよう伝えた。

 又、その事情からも解るとおり館長は、
「(一)契約内容を把握しておらず、(ニ)
個人的善意な心境を基に活動する、職務的
立場上だと無謀な判断をする人格を有して
いる」と判断でき、館長の責務としては、
不適任だとも判断する。

===== 補足 =====

> 追加事案 職員の不適切な対応

 そうした事情を踏まえ、子ども育成課の
担当職員に平成24年11月09日に確認をした
ところ、「(一)立川市は、指定管理者と
協定を結んでいるのであって、契約をして
おらず、(ニ)その協定内にて、『地域の
貢献的活動には、参加を行える』のだから
何ら問題が無い」との返答だった。

 ちなみに担当職員と、『協定と契約』の
意味の違いに付いて、口論(紛争)と成り、
その結果、急遽に担当と異なる者と対応を
変わってもらい事情を伝えたが、それでも
私を侮辱するような対応を継続していた。

 ところで協定とは、「紛争・競争などを
避けるため、協議して取り決めをすること
(主に一般的に知られているのは、国家間、
対立関係にある団体の平和維持に使われ、
民間企業など営利関係での場合は、Kartell
などの名称が用いられ、違法に値するとの
場合も有る)」で、契約と異なる。

 又、当方で把握を行いたいのは、「指定
管理者と立川市が、どのような契約関係に
あるのか(本件の事案では、指定管理者の
職員が、通常業務外で参加をする業務では、
有償なのか)との点だけである」が、その
内容を、意味が解らないと職員が言って、
何度も同じ事を言わせするなど、差別的で
且つ軽蔑な侮辱行為を受けている。

 ちなみに該当の職員達は、「そのような
ことを行っても、何ら処罰など行われない」
と判断しているが故に、平然と不適切なる
対応が行えるのかと行え、そもそも接遇の
教育が、実践に役立って無いことも解る。

 よって、職員の接遇における問題もあり、
本件の内容は、複合的な問題を有している
事案と判断しており、担当職員を「基礎的
接遇能力が無い」として、排除をされたい。 

 なお担当の職員と、その同課内の一名に、
「(一)入庁時に宣誓書を市役所に提出を
行った記憶が有るか、(ニ)憲法の前文に
どのような主旨が綴られているか」と言う
簡易的な質問を行った結果は、『宣誓書を
提出した記憶が有るのだが、内容の詳細は、
忘れている。また、憲法の前文に、記載を
されている内容に付いては、それの全てを
把握して無い」との主旨で返答されたので
あって、それらの事情から地方公務員法・
第三十三条の観点を踏まえ、罷免の検討を
されたく、必要で有るならば市民としては、
市議会側へと正式に書類を提出することも
検討する。

== 結語 ==
 本件以外でも、立川市役所を介して民が
行う契約が有る。

 その件に付いては、別件で報告書を作成
する予定である。

 本件では、民間企業にと業務委託などを
行っている場合において、その契約事情を
一般の国民(市民に限らない;可能ならば
外国にも情報提供が可能:Internet等での
配信が例である)に公開しつつ、そもそも
契約事情を相手に伝えず、侮辱するような
対応をする現状は、不法(地方公務員法・
第三十三条の違法)的である。

 よって接遇の問題(本来は、接遇能力が
適切であれば、本文のような文面の提出を
する必要も無かった:つまり職員が不適な
対応が原因)が前提と成り、主たる問合せ
内容として『(一)指定管理企業の人員が
主体となる業務の他にと参加した場合は、
無償に成るのか、有償に成るのか、(ニ)
市役所の職員は、『指定管理業者と協定を
結んでおり、契約を行ってない』と言うが、
日本語を理解している者が公務に携わって
いるとわ感じ得られず、その者達に於ける
(甲)接遇力の欠如、(乙)公務員として
既に行った応対の責任』を追求する必要が
有るのかと想われ、相応な対応を市長にと
託したく、(一)の部分に付いて明確にと
返答をされたい。 

本文の発送先>

・立川市役所

=== 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) ===

万学2的、児童館指定管理者の制度に付いて

天使 委託業者の管理をする必要がある!

悪魔 何なら俺が管理をしようか?

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

No.446 児童に対する見守りに付いて

配信 平成25年02月16日
=== 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 ===
No.446
作成 平成24年11月08日
課題 児童に対する見守りに付いて
配布 平成24年11月08日

==== 本文面に付きまして ====
 本件の内容は、市長宛て親展の扱いにて
御対処を下さい。

 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。

== 趣旨 ==
 現状では、14時と16時ごろに防災の
放送機器を使って、子供の見守りに付いて
市民に促しているのかと想われる。

 ところが、18時頃に小学一年生らしき
鞄(かばん)に交通安全の黄色いSheetを
つけた子供を良く見かける。

 しかも10月以降の時期では、17時を
過ぎると、外がだいぶ暗くなることからも
交通事故など、懸念される内容が多くなる。

 主婦などに聞いたら、「学童保育の帰り
なのでわ?」との事だった。

 よって学童保育の帰りにおける見守りに
ついてを検討されたい。

 なお、武蔵砂川など、道が暗いとされる
場所も有るらしい。

=== 対策 ===
 冬時期(10月~3月頃まで)は、親が
(又は、大人;帰宅付添い人などを設置)
迎えに来ることを条件に、利用を許可する
などの検討が必要なのかと、判断する。

 また、見守りに付いても、Walkingをする
人達に見守りを兼ねて、付き添ってもらう
ことも可能かと想われる。

 つまり、見守りとWalkingを併用すると、
街の経済性が向上する事を意味する。

== 結語 ==
 立川市の特徴として、多種にある自警的
市民団体の活動が有っても、それらを利用、
参加すると言うに至らない主原因として、
「(1)宗教、(2)政治、(3)過剰な
地元意識」などが有るが故に、然程効果が
出ないのかと想われる。

 ちなみに各種の団体が「NPO等の理念
などにより、「『(1)宗教、(2)政治、
(3)過剰な地元意識」』は、無い」と、
言う人も居るが、言っているだけで、何ら
それらの贔屓、驕りが原因で、参加を拒む
人も多いのかと想う。

本文の発送先>

・立川市役所

=== 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) ===

万学2的、児童に対する見守りに付いて

天使 見守りが盛んな割りに、事件も多い!

悪魔 それって犯罪者を見守ってんじゃないの?

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

No.445 事務連絡に付いて

配信 平成25年02月12月
=== 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 ===
No.445
作成 平成24年11月08日
課題 事務連絡に付いて
配布 平成24年11月08日

==== 本文面に付きまして ====
 本件の内容は、市長宛て親展の扱いにて
御対処を下さい。

 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。

= 趣旨 =
 教育委員会 教育部の所属となる生涯
学習推進センター長から、平成24年11月
05日付けにて、事務連絡が届いた。

 しかし、その書類には、公印が無く、
内容も意味不明である。

 よって、立川市役所(公的機関)との
立場にて、担当者が作成した物で、市長
(市役所)として許可した内容なのかを
確認する。

=== 警告 ===
 該当部署は、当方にとって後に訴訟で
解決する事を決意した案件を、既に二つ
有している。

 本件の文面も、新たな事件案の証拠と
成りうる関係から、その者における事実
行為(A.本当に担当者が、本件で言う
事務連絡を作成したのか、B.又、その
内容は、市長が教育委員会教育部からの
事務連絡と認めるのか)を確認する。

本文の発送先>

・立川市役所

=== 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) ===

万学2的、事務連絡に付いて

天使 行政が発行したと証明する印が必要だ!

悪魔 公印、矢の如く?

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

No.444 見守り活動に付いて

配信 平成25年02月10日
=== 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 ===
No.444
作成 平成24年11月07日
課題 見守り活動に付いて
配布 平成24年11月07日

==== 本文面に付きまして ====
 本件の内容は、市長宛て親展の扱いにて
御対処を下さい。

 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。

= 趣旨 =
 立川市内では、市民活動を含め、見守り
活動が盛んらしい。

 しかし、その内容が不明確である。

 よって立川市役所で行われている活動、
また市民の団体、個人で行われている活動
などを明確にされたい。

 なお、『勝手に見守り』と言う名称にて
行われている活動が有るらしいが、勝手と
言う名称は、「自決的な倫理の基で行われ、
憲法・第十二条を逸脱した行為」と解釈も
行え、誤解を招くので『 自由に見守り 』
との名称に変更されるよう、自治体として
指導をする必要が有るのかと想われる。

== 結語 ==
 多種にわたる見守り活動が有りながらも、
立川市の市民力に伴う経済性は、乏しいと
判断している。

 それらの原因は、「活動をして善い気に
成っている(つまり活動者の自己満足)」
と言う実情が原因なのかとも想われる。

 よって、自治体の経済性における向上を
踏まえて、活動実態を把握しつつ、それに
助成を行っている限り、相応にして適切な
指導(規律、道徳などの理念を指導)を、
行うよう、立川市役所に求めるが、それら
以前に自治体として、『(A)どのような
市民の活動(実態)で、(B)どのような
成果を発生させる団体に助成を行っている
かのを把握したい』ので、みまもり活動を
行う団体への助成状況も明確にされたい。

 なお、民間企業の営業活動でも言えるが、
「行為目的が達成して無いのに報酬を得て
いると言う者は、『穀潰し(ごくつぶし)』
とも言われ評価されない程であるが、その
内容が表見的な善意活動であっても、その
実績が無ければ、無駄な投資であると解る
のだから、相応に排除する必要がある」と
判断する。

本文の発送先>

・立川市役所

=== 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) ===

万学2的、見守り活動に付いて

天使 昼行灯な見守りは、要らない。

悪魔 その無駄が私の嬉しさなんだけどね♪

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

No.443 庁舎内、職員向けの広報に付いて

配信 平成25年02月08日
=== 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 ===
No.443
作成 平成24年11月07日
課題 庁舎内、職員向けの広報に付いて
配布 平成24年11月07日

==== 本文面に付きまして ====
 本件の内容は、市長宛て親展の扱いにて
御対処を下さい。

 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。

= 趣旨 =
 市役所の職員向け広報を作成されたい。

=== 事情と理由 ===
 職員が庁内の情報に乏しい傾向にあり、
庁舎が発行している『市民向けの広報』や、
自らが所属をする担当課にて管理をされる
HP(Homepage:ホームページ)上にある
頁(Page:ページ)に記載されている内容
すら把握して無い。

 近年(私が知る限り、十年以上も前から)
民間では、HPを利用して一般者へ宣伝を
することが多く、よくある質問(FA.Q)や、
顧客向けの『製品の説明、手引書など』も
電子化されて公開をされているだけでなく、
「それ自体を、職員が業務の道具(問いの
あった顧客に対して、HPを使って明する)
として使う」ことが多く成っている。

 これは、「問合せに対して、公開可能と
される情報を公開しておき、公開が不可能
な内容は、内部情報として必要な時にだけ、
相手に伝える」と言う形式で、「紙媒体の
広報誌より電子的な情報管理の方が安易で
経費も安く済み、それを業務の道具として
使えるのだから、損が無い」と言う観点に
成る。

>HPでの情報公開に付いて
1.情報を電子化する事で管理が簡略される。
2.HPを使って、問合せ者に説明が行える。 
 ・業務情の手引書を改めて作らずに済む。

 しかし現状だと、担当の職員がHPに何が
記載されているのか知らなかったり、他の
関連情報を把握して無いがゆえに、問合せ
者を『たらい回しにする現象』が生じる。

 そうした事態を避ける為、「職員向けの
広報を作成する(民間では、社内広報)」
との方法を用いて、HPの更新情報、職員
連絡、庁舎内の行事、職員による倶楽部の
活動や、部員の募集などを伝える事が可能。

 更に今時代であれば、庁舎内の職員には、
一斉 Mail で全職員に配布が行えるのかと
想われ(可能である事は、職員に確認した)、
それの開封を管理職の人員が管理する事も
可能かと想われる。

 よって、立川市は、市民向けの広報でわ
なく、職員向け広報を作成して、庁舎内の
事情を広く把握しつつ、倶楽部の活動など、
職員の娯楽や健康に関する情報などを把握
される事を求める。

== 結語 ==
 立川市の職員は、庁舎内の情報に乏しく、
自らが所属をする担当課が管理をしている
HP上にある頁(Page:ページ)内容すら
把握をしてない。

 挙句の果てに、私から教わったり、又は、
「HPに記載されているかと想われますが?」
と不確定(不適切)な返答を、平然と行う
職員が多いのも、立川市役所の特徴である
と判断している。

 しかも職員に事情を聞くと、「立川市に
在住しておらず、自らが所属する自治では、
このような事が行われていると(つまりは、
公務員として、職務上で所属する自治より、
住民の一人として所属をする自治の方が、
優れていると自慢げに)話す職員達も居る
(少なくない;行政鑑査を行っているとの
立場で聞くなら参考に成るが、一般的にも
『民間企業で、自社の製品よりも、社員が
購入している御勧めの他社製品を顧客にと
勧める職員と同等の状況』にあって、その
発言が、市民として不適切に思える)」と
言う程で、そもそも職員自体が立川市での
自治上における不具合を把握しているが、
それに着手をしない状態にあり、怠慢だと
感じられる。

 よって、今時代における業務の電子化に
伴う改善(業務の効率化)は、「職員が、
公務を民主的かつ能率的に自治を運営する
責務を果たす為にも重要である」との観点
からも、公務員側に課せられている責務は、
大きいのだから、相応なる業務改善をされ
たく、その一端として「まず、職員向けの
広報を設置して、情報の適正化を行いつつ、
職員の業務効率化に伴い、利用者に公共の
立場での利益的な働きかけられたい(行政
Serviceの提供)」。

本文の発送先>

・立川市役所

=== 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) ===

万学2的、庁舎内、職員向けの広報に付いて

天使 職員も庁舎内情報の把握が必要である!

悪魔 まぁ、医者の不養生とも言うけどなぁ。

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

No.442 職員における宣誓書と憲法の把握に付いて

配信 平成25年02月06日
=== 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 ===
No.442
作成 平成24年11月04日
課題 職員における宣誓書と憲法の把握に付いて
配布 平成24年11月04日

==== 本文面に付きまして ====
 本件の内容は、市長宛て親展の扱いにて
御対処を下さい。

 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。

= 趣旨 =
 立川市の職員は、地方公務員法・第31条
に伴って、服務の宣誓を行っている。

 しかし、宣誓内容の主旨を、喪失してる
職員が殆どで、宣誓書を提出した事すらも
忘れている者が居る程である。

 よって、そうした状況を改められたい。

=== 対策 ===
 全職員へ、入庁三年、五年などの研修を
行う時に、宣誓の再更新をされ、それらの
主旨を再確認するよう、教育されたい。

一、再度に宣誓書を記載させる。
 ・むしろ契約的に一年毎でも良いかと想う。

ニ、宣誓書の内容に伴い、憲法前文を朗読。

三、憲法・第九十条の朗読。

四、地方公務員法・第三十~三十八条の朗読。
 ・但し地方公務員法・第三十二条の主旨は、
  「上司による、違憲、不法など違反にと
   値する命令に従う理由が無い」ことも
  明確にされたい。

===== Compliance(コンプライアンス) =====
 立川市役所の Compliance 担当は、職員に
何を教育しているのか不明である。(立広聴
・第339号)

 そもそも、Complianceの原点は、法令厳守
であるが、我が国(日本)での法令厳守では、
根源に憲法が有り、次いで法律、政令、条例
など、業務規則に基づいて公務活動が遂行を
される。

 よって本来であれば、宣誓書の内容、及び
憲法、次いで各職員が担当する業務に関連を
する法規の把握促進と、その助長、幇助する
観点での公務環境を整備する等が、必要にと
成るのだから、相応な教育や、公務の環境を
整えるのが Compliance の基礎であり、その
能力が無いとされる担当職員が、対策に関与
することは、市民や国民の不利益となるので、
早急に担当部長などを、相応な能力を有した
人員にと、変えられたい。

 なお、立川市 職員倫理審査会の傍聴にも
参加して、職員向け Compliance 対策なども
確認しているが、人事課が担当する事により、
「人事考課の対象と成り、安易に配置換えや
不正行為の隠蔽なども行える」関係などから、
会計監査と同等に、市長秘書課の内部に置き
監査しつつ、市民からの鑑査情報をも参考に
する体制が必要であり、現状だと「人事部が
庁内を牛耳る目的での体制案だ」と判断して
おり、政治、宗教の観点における縁故配置も
懸念され、それらを踏まえて人事課にては、
Compliance の担当を任せるに値しておらず、
そもそも現状のCompliance状況(宣誓書すら
忘れている職員が殆どの状況)ですら解消が
行えてない人事部に、何だかを期待する事は、
市民として無い。

==== 結語 ====
 立川市の特徴(全市民の性格的な特徴)は、
『基礎を蔑ろにすること』で有るのかと思う。

 そもそも庁舎でさえも、活断層の上に造り、
且つ、地盤の広がり上下のずれに弱いと言う
状況に有り、基礎(地盤)を蔑ろにしている。
(立広聴・第359号)

 それらが市民の特質として「現状における
我が国の根源は、憲法なのだが、それを蔑ろ
としている市民性が、表された自治施設だと
判断でき、大規模災害に伴った状態までもを
想定して造られた芸術性(愚かな自治を形成
する市民の未来を想像させる)建物である」
とも感じられる。

 今後においては、『在日、日本人』と言う
言葉を用いて(たまたま、日本国籍を有して
いるが、何ら憲法に従うつもりが無い国民)
差別化する考えもあり、「別に外国人でも、
憲法や法規など規律を護って貰えるのならば、
それが国益に成るのだから、拒むとの理由も
なく、むしろ日本人として産まれながらも、
その恩恵に甘んじている、一般の国民の方に
問題が有る」のかと判断している。

 更に公務員は、憲法の擁護義務などが課せ
られている状況に有りながら、それを民にと
解らないよう(Mosaic化)して、日本の経済を
集団的に低迷化させた罪は、意外に重いかと
判断している。

 よって、それらに伴い、「別件で悪質だと
判断できる公務員(数名)は、罷免の請求を
行う」が、本文面でわ課題の通り、将来的な
対策案を検討されたい。

 なお、返答に付いて、将来性が感じ得られ
ない成らば、当然に私の生活環境としては、
立川市が不適切だと感じるに値するのだから、
転居をする理由と成り、既に健康推進課とは、
「民と職員の立場で、大部分が破綻している
状態にある」と担当課に、宣言を行った程で
あることを伝えておく。

本文の発送先>

・立川市役所

=== 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) ===

万学2的、職員における宣誓書と憲法の把握に付いて

天使 宣誓の内容を健忘する事は、許されない!!

悪魔 私との契約は、忘れても利用されるよ♪

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

No.441 健康づくり推進委員との連絡に付いて

配信 平成25年02月04日
=== 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 ===
No.441
作成 平成24年11月03日
課題 健康づくり推進委員との連絡に付いて
配布 平成24年11月03日

==== 本文面に付きまして ====
 本件の内容は、市長宛て親展の扱いにて
御対処を下さい。

 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。

= 趣旨 =
 現状では、市役所の職員が電話によって、
連絡を行っているとのこと。

 その場合における市民や公務側の負担は、
意外に大きく、現代的でも無い。

 よって、相応なる対応改善を行われたい。

 なお近年において、なぜか振込め詐欺の
被害が拡大しており、その抑制力が低下を
するに至っているのかと想われ、それらの
観点でも、電話番号の摂取を極力に避ける
方向にと業務を改善するように勧めている。

== 対策 ==
 健康づくり推進委員は、立川市で管理を
行っているのかと判断している。

 しかし現状では、市内に大枠で三団体を
形成しつつ、その代表者へと職員が電話で
連絡を行い、各団体が作成した連絡網にて
伝言形式で、連絡を行う。

 その効率性は、現代的な観点からも好い
と言えず、今時代であるならば、市役所の
職員が、e-Mailで(健康ささえ隊)全員に
等しく Carbon Copy(CC)方式で送るのが
好ましいのかと想われる。

 また、それに対応が行えない委員には、
所属する団体で仲の良くなった e-Mai を
受信可能な人から、内容を伝えてもらうか、
仲良くなった人が居ない人に限り、職員が
FAX、または、書面化した物を窓口にて
渡す事が可能とされたい。

 なお当然の事であるが、職員が外部にと
E-mail を発送する場合には、その控えを
上司にも送るのが基本かと想われる。

一、E-mailだけでの対応
ニ、それ以外では、FAX、書面で手渡

== 結語 ==
 現行の市長が、世間で、どのような末端
公務を体験したのか不明だが、電話応対は、
意外に大変である。

 実は、一般企業の顧客対応でも、電話の
応対を主体から外しており、E-mail等での
対応に切り替え、職員の負担を軽減しつつ
それが企業(自社)の負担を減らす事にも
繋がっている。

 逆に言えば、割の合わない苦労をしても、
『それによる利益が無い(相手に感謝すら、
行ってもらえない)との状況』は、双方で
(利用者、対応者の双方で)不利益と成り、
利益が生じてないので、それを避けるのが
一般的である。

 よって、今時の業務における選択肢では、
時代の進化を踏まえた対応が必要であって、
英国の女王ですら Internet を扱う時代に、
我が国の高齢者が、「ITが嫌だ!」と言う
足枷(あしかせ)によって、文化向上での
負担に成っている状況は、公務上の負担も
軽減されない(俸給までもが減給と成って
いる現状において、公務軽減をITを使って
促進するのは、宣誓書にも記載されている
「公務を民主的、かつ能率的に運営すべき
責務」にと該当するのかとも想われる)と
言う状況は、宣誓違反に該当するのかとも
想われるのだから、深刻にと受けとめられ
たい。

本文の発送先>

・立川市役所

=== 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) ===

万学2的、健康づくり推進委員との連絡に付いて

天使 情報の伝達は、重要である。

悪魔 糸電話とか、狼煙(のろし)を上げる?

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

風雲児/長者番付に挑んだ男

 さえない男が、一転して錦を上げようと
奮闘しつつ、その目的として高額納税者の
長者番付に載ることを決めた。

 その男の人生とは・・・。

星になった少年

 実話が元になった物語で、動物を飼育する
家庭で育った少年が、象使いに成ろうと海外
へと留学する。

 そして少年は・・・。

百万円と苦虫女

 人に言い難い過去を有する女子が、
100万円を貯めながら、それを元手に
転居をする事を繰り返していた。

 そんな彼女が恋をするが、時に、
真実の愛欲心を、自らが屈折させて
物語が終わる。

 でも、それが本当の・・・。

洋菓子店コアンドル

 ちょっと勘違いな田舎娘の恋愛心から、
物造りの愛へと目覚める。

 それは、人を幸福にする食べ物である。

The Sight/霊界からの依頼人

 不思議な霊力を能力を持つ男が、難事件の
解決に挑む。