記事一覧

No.460 立広聴・213号に付いて

配信 平成25年03月17日
=== 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 ===
No.460
作成 平成24年12月04日
課題 立広聴・213号に付いて
副題 給食費の未納者への対処に付いて
配布 平成24年12月04日

==== 本文面に付きまして ====
 本件の内容は、市長宛て親展の扱いにて
御対処を下さい。

 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。

== 趣旨 ==
 立広聴・第213号にて、給食費の未納
者に対する状況が把握が行えた。

 それに伴い、改めて要望を行う。

=== 対処 ===
 年度単位にて、翌年の6月末日までにと
納入が無い家庭へは、簡易裁判所を用いて
支払いの請求を行うように求める。

 また、給食費が以後においても未納にと
成っている場合(年度分:または、年度の
区切りを目安に)は、該当の家庭を校長が
訪れ、家庭状況を確認しつつ、再度請求を
行う必要が有り、その請求に利息を付ける
必要性も有る。

 さらに、その家庭訪問の時に家庭環境が
悪いと校長(又は、その代理者)が判断を
するに至る場合は、『児童の間接的な虐待
(直接的な虐待とわ異なり、児童の将来に
悪影響を及ぼすような生活環境を改善せず、
また改善の努力も無いような家庭の環境を
意味する)に伴った、児童の擁護(親権の
剥奪)』などを検討する必要も有るのかと
想われる。

 そもそも、給食費などに付いては、生活
保護制度などもあり、それが払えないとの
生活環境は、日本国内に住んでいる国民で
あるなら、ありえない家庭状況である。

 ちなみに、日本国の憲法で言う人権では、
皇室、外国人には、適用範囲外でもあるが、
それが他の法規で、どう補われているのか
不明である。

 以上を踏まえ、在日外国人系の家庭にて
生じる給食費の未払い等を、どのようにと
補うのかは、私の知る所でわ無いのだが、
多文化共生の観点からも擁護する必要性は、
有るのだろうと想われる。

 よって立川市は、「給食費が未払いとの
家庭に付いては、(一)年度単位で区切り、
(ニ)翌年度の6月までに納入を行わない
家庭に付いては、(校長の名義にて)簡易
裁判所を用いて取り立て請求を行い、(三)
請求を行った年の10月末日までに納金が
されない家庭に付いては、校長が直接にと
該当の家庭に赴き、その家庭事情を直接に
確認をしつつも再請求を行い、(甲)その
家庭環境が悪いなら、子供の保護を重要視
する観点から、相応の対象を必要とする」
との対処が必要で有るのかと想われるので、
相応なる処置を検討されたい。

 なお、裁判所を利用するなどの手数料も
支払い延滞の利子とは、別枠で請求をする
必要も有る。

== 結語 ==
 少子化時代を踏まえ、子供達の未来には、
高齢者による経済的な負担が生じることの
想像が行える。

 それを踏まえ、年上世代では、己の健康
管理などを十分に行える生活環境が必要と
される。(既に『健康増進法』が有る)

 また、子供たちに付いては、その家庭に
おける子供と言う感覚より、日本国の子供
と考える必要が有り、「狭くは、所属する
自治の子供」と解する必要が有る。

 さらに、「その子供達は、家庭で育てる
と言うよりも、その自治で育てる」と言う
感覚も必要で、その教育を経て形成される
自治性に伴う人間関係が重要視をされる。

 よって自治内で育つ子供たちは、所属を
する自治体で育てると言う観点が必要で、
子供を育てるには、不十分とされる家庭を
確認したのならば、その環境から子供達を
保護する必要も自治体の責任として生じる
ことも理解されたく、相応な公務の体制を
整えられたい。

本文の発送先>

・立川市役所

=== 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) ===

万学2的、給食費の未納者への対処に付いて

天使 子供には、罪が無い!

悪魔 罪のある親の子ですけど?

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

No.457 学校教育法の改定に付いて

配信 平成25年03月16日
=== 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 ===
No.457
作成 平成24年02月23日
課題 学校教育法の改定に付いて
副題 基礎科目に憲法教育の導入
配布 平成24年02月23日

==== 本文面に付きまして ====
 現、元衆参議員、並びに各公共機関宛に
報告書を作成、配布を行っております。

 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 なお、担当や管轄に値をしない内容でも、
参考資料として認識されたく想っています。

(該当省庁、機関にも別配布を行っている)

== 趣旨 ==
 憲法の科目が無い学校を認めない。

  ・憲法の前文、全条文を朗読的に学ぶ
   程度で、その内容の解釈に付いては、
   各学説も有るが、子供の自由発想に
   委ね、それを極めたければ法学部へ
   進学する事を勧める。
  ・我が国は、憲法が有って国家が形成
   されているのだが、それらの理解を
   国民に求めるのが国家の勤めであり
   それを阻害するような学校教育は、
   むしろ違憲なのだから、それを排除
   する必要がある。

=== 理由 ===
 主たる意味合いとして「我が国の憲法
趣旨を教育に導入してない学校は、排除
する必要がある」との観点に成る。

 これは、意外にも世界的規模で重要視
される課題であって、世界中の各国でも、
立憲、宗教、あらゆる分野での倫理性が
飽和状態と成っており、それらの原因は、
「倫理性の追求には、『論理と利益』の
関係が成り立たないと、経済が向上する
ことが無い」との部分を、どう克服する
かの課題と成る。

 例えると「正三角形での社会関係なら
底辺に属する人でも、向上を試みるが、
二等辺三角形の如くに、超越した社会の
人間関係では、底辺に属する人員達が、
その地位から向上する事を諦めてしまう
傾向にある」との観点に由来しており、
ちなみに資産関係では、逆の三角形にて
形成され、二等辺三角形における頂点の
極少数が、その真逆と成る形で、多くの
資産を有するが、逆に底辺の人数が多い
割りに、二等辺三角形の頂点数の如くに
個人資産が少ないこと」を意味する。

 本来は、司法を使って、正三角形的な
人間関係を保つ事を期待されるのだが、
その意識にと裁判所自体が欠けており、
「裁判官ですらも、憲法の前文にと何が
書かれているか?」っと問われたならば、
慌てる程である。(過去に法廷で試した
ことがある)

 私の調査(憲法の前文を把握してるか
聞く)では、「国家、地方公務員では、
即答が行えず、(a)健忘していた事を
素直に謝罪する、(b)または、資料を
用意してから伝える、(c)最悪なのが、
不実(定められた文言でわなく、勝手に
己の解釈的な言葉に変えて相手に伝える
為に、記載をされて無い内容)を相手に
伝えることも多く、意外にも司法分野の
人員でさえも、他の公務と然程に変らず、
むしろ警察、消防での公務員に限っては、
『それを知った所で何なんだ?あんたは、
詳しそうだから教えて下さいよ。なんだ
詳しそうだから知ってるのかと想えば、
あなたも知らないのか』と、相手を侮辱、
軽蔑する反撃的返答を行う輩が、異常に
多い。(警視庁:各専門担当課、検察庁、
東京消防庁の各広報課;嘗ては、法務省、
各裁判所の広報課でも生じていたのだが、
数年かけ、接遇の改善請求を行っており、
相応に改善をされている)

 それらの結果から私の経済性における
現状の答えは、「われらは、己の恐怖と
欠乏から免かれず、平和のうちに生存を
する権利が有っても資格が無いに等しい
のが国内事情である」との状況にあって、
その実情は、日本国にとも限らず、世界
規模で各国の倫理基準(憲法や倫理)が
飽和している状況にあり、それが原因で
不経済に陥っているのかと想われ、逆に
言うなら「不経済状態を解消する為には、
倫理の厳守だけでなく、それに利益性が
ある事を立証する必要もあって、それの
事実的な成果が無ければ、成り立たない
(不経済に陥る)」と判断するに至る。

 よって、我が国は、立憲国でもあるの
だから、それを基礎に学ぶ必要があって、
それの解釈は、国民個々の自由でもあり、
学説などの洗脳的な観点は、本来ならば
不要であって、国民個々の性格に伴った
憲法を基礎とした利益性の追求心が求め
られ、相応の教育が無いならば、それも
望めないと解り、相応な学校を国家的に
排除する必要が有るのかと想う。

==== 補足 ====

 現状の裁判所では、本来だと傍聴者も
居て、初めて公共機関として効果を発揮
するが、その努力も無く、挙句の果てに
憲法の前文趣旨を裁判官が問われても、
答えられない(私の観点ならば、それの
時点で、憲法・九十九条に反しており、
更に国家公務員法・第九十九条の違法で
あると、国民の一人として判断する)と
言う状態にあり、人が只単に生活をする
と言うだけならば、暴力団や悪党でさえ
存在をしている程で、悪党にも満たない
Homeless(ホームレス)すら救済を行え
ない国民性を有しているのが、現状での
日本国家である。

 その解消に必要だとされるのが、義務
教育の課程なら憲法の前文程度の把握で
あって、それ以外に高等学校、大学でも
憲法の全文(特に国会関連など;基本的
人権は、義務教育にあるので省きつつ、
国家形成に付いて理解させる:成人した
後に、相応の責任を負ってもらう)を、
基礎科目に設置して、それの教育科目が
無いのならば、「(A)学校と認めない、
(B)または、授業料無料化の対象から
解除する」などを検討する必要がある。

 特に、公立の学校では、大学を含めて
強化をする必要があり、本来の憲法にと
記載の有る「われらは、全世界の国民が、
ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和の
うちに生存する権利を有することを確認
する」程度の能力を有した国民を育てる
環境を造るのが国家としての責務であり、
無責任に子供を多産するかの如く、その
多産した法律(規律)に国民が苛まれて
いる状況では、医学的な例えでAllergy
(アレルギー:過敏反応)とも等しい。

 尚、憲法を逸脱、欠乏(健忘)させて
思想や宗教を代用して教え込みつつも、
利己的にと戦略の展開する団体も多く、
(殆どの宗教や政治思想は、その類だと
判断する)、それらの結果が現状であり、
その状況が日本国だけに限られない事を
把握されたい。

== 結語 ==
 国会議員は、法律を産み、育てつつ、
それを保持して、文化の向上を目論むの
だが、「それの根源は、民からの依頼を
受けた内容を、国会にと反映させるのが
主たる勤めであり、『代議士が勝手にと
定めた意見、思想を、展開して、それの
支持を仰いでいる』との状態では、単に
美人投票を行っているかの如く」である。

 現状の国家では、「国民と言うよりも、
牧民で、『家畜的にと民を育て、それが
増え過ぎれば、相応に何だかの自然的な
効果で間引きされ、その状況を悲観的に
想いつつ、人間関係の絆を強める基礎に
と代用するのだから、ある意味で卑劣な
状況にある」のかと想える。

 憲法を基礎にと(われらは、全世界の
国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、
平和のうちに生存する権利を有する事を
確認する)経済論理を思えば、「それに
必要だとされる憲法の前文、及び全文を
国民に把握してもらい、国民の個々がと
その性格から色々にと解釈される条文を
基に活動することで、憲法の文面を国民
共通の意識とした人間関係が確立をされ、
それを逸脱するならば排除され、それに
欠けるのなら、それを満たそうと慾する
国民性を育てる」のが国家責務であって、
その責任ある公務を委ねられているのが
各公務員なのかとの結論に至る。

 よって、今後における国会の展開では、
まず違憲な状態は、排除される必要あって、
その細部な課題としては、「各政治団体や
個人の宗教、政治思想を、最低でも憲法の
条件を満たさなければ成らない責務などを
国会議員が負い、それの責任を等しく、全
国民が負う(国会議員に対して文句を言う
程度の状態に留めるのでわなくて、請願、
陳情、国民の声など、広聴の精度を上げ、
国民の要望を満たしつつ、それが世界規模
となる要望へと繋がり、それらを経て憲法
前文に記載のある内容程度は、満たせる)
ような国民性を形成する」為にも、やはり
相応と成る『教育の場』が必要だと解るの
だから、その環境を作りつつ、逆に、その
環境を造る為に、阻害要素と成る物などは、
排除する必要が有るのかと解るのだから、
それらを検討されたい。

==== 補足:公式的な論理 ====
 「 憲法を厳守する国民性を得る = 
相応な教育、訓練が必要である + それを、
阻害する要因を排除する(-を排除する)」
と言った論理式が明確に成る。

 この論理式を単純化すると『Z=Y+(-X)』
で、あらわす事も可能かと想われ、仏教なら
単純化した梵語で表現されるにも等しいかと
想われるが、その公式を理解する能力が無い
ならば、やはり言葉が表す文字の真髄を理解
することが難しいのかと想われ、その理解に
挑もうとする程に、ゆとりの有る生活を得る
ことが、人として重要に成るのかと判断する。

 又、その意識が過敏になれば、Allergy の
如くに、超越した能力者と、下等で向上心を
得ようとも思えなく成るような生活の環境で
形成される総体(国家)は、人間関係が破綻
するに至り、双方で倫理から逆行する形にて、
それらが掛け合う(負と負を掛けると正にと
成る現象)により、不倫な状態でも利益が
得られてしまうが、それを司法が抑制をする
役割を担うはずが、肝不全の如くに、機能を
然程にしてないのだから、現状での国家が、
どれほどに危機的な状態にあるのか、これで
十二分に解るのかと想われる。

 よって、国会は、本件の課題を基にして、
憲法の教育を強化しつつ、それに反意のある
学校には『(A)排除的に今時期なら授業料
無料の対象とせず、(B)学校としての認可
も見直す必要が生じる』との対処が必要で、
国民の憲法意識が養われつつ違憲な教育も
排除され、それによって国民性が養われ、
国際的利益にも繋がるような民が育つ事も
目論めるのだから、相応に検討をされたい。

 尚、古き暦が終わったのならば、現代に
生きる人類として、我々現代人が新たなる
未来への暦を作る責務が課せられており、
Maya(マヤ)の暦よりも、正確な物を作り、
あらゆる災害から全世界の国民個々が免れ、
国際平和に勤める国民性を形成することも
日本の国家における責務と成るのかと想う。

>追伸

 憲法の活性化は、日本の国民、その一人と
成る私の責務であり、国民を名乗るのならば、
その誰でもが、相応の活動にと勤める義務が
課せられているのかと想っており、それらを
含め、現状の活動を『経済(経世済民)活動』
と称して業務を進めている事を理解されたく、
明らかに『Economy(エコノミー活動』とわ
異なるので、注意されたい。

 蛇足だが、「経済を Economy だと解した
と言われる福沢諭吉から、日本の経済性が、
常にと歪められた可能性がある」とも考えて
おり、嫌みにも紙幣へと顔が刷られているが、
彼(福沢諭吉)の『人間地位の水平(平等)
論』と矛盾して、諭吉印を多く保有している
者(物)が有利、有権者であり、私のように
たまにしか諭吉の顔を見ることが無い人から
見れば、「ずいぶんと屈折した世の中である」
と思いたくも成る。

日本国の民、その一人より

本文の発送先>

1.衆・参の全ての国会議員
(尚、MailAddressを公開している議員のみ)

2.各公的機関(地方自治体を含む)
(尚、電子政府、各自治体のHPから送付 )

=== 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) ===

万学2的、学校教育法の改定に付いて

天使 国民を育てる為の義務教育である!

悪魔 そうだったの?!

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

No.459 平成25年度からの学校給食に付いて

配信 平成25年03月15日
=== 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 ===
No.459
作成 平成24年12月04日
課題 平成25年度からの学校給食に付いて
配布 平成24年12月04日

==== 本文面に付きまして ====
 本件の内容は、市長宛て親展の扱いにて
御対処を下さい。

 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。

== 趣旨 ==
 立川市では、新たに学校給食Centerが
平成25年4月から運営されると聞いて
いる。

 それに伴い以下の質問を行う。

  • 語句
  • -Center(センター)

=== 質問 ===
(1)平成24年度、一食あたりの費用

 市民が負担する費用でわなく、一食を
作るのに必要とされる総経費である。

(2)平成25年度、一食あたりの費用

 (1)と等しく、給食Centerによって
運用が始まった後での一食あたりに必要
とされる費用の総体。 

 なお、本件で言う『費用の総体』とは、

 (甲)食材費
 (乙)人件費
 (丙)施設(用具)の維持、管理費

 上記の甲~丙を含めた、一食あたりに
必要とされる費用の総体を意味する。

(3)市民の負担金との比率

 給食費として保護者から徴収している
分と、先の(1、2)との比率を明確に
されたい。

 例えば、「総体の費用が1000円で、
保護者の負担金が500円ならば半分を
保護者がが負担しているのだから、5割
負担」との値となり、逆に「5割を公金
から負担している」と解る。

 それらを数値的にと明確にされたい。

(4)食材と地産地消に付いて
 近年では、消費の観点で地産地消との
観点が有る。

 それに伴い、給食Centerで扱う食材に
ついての入手方法なども明確にされたい。

 
== 結語 ==
 公的機関の運営状態は、基本的に全て
明確にする必要が有るのかと想われる。

 また、それらを民が把握して、自治の 
運用に関与する必要も有る。

 さらに自治の主権が公務でわなく民に
有るのだから、相応の責任を民が負うと
言う観点を市(国)民が自覚する必要も
あり、それを促す公務上の接遇も必要と
解るのかと想われる。

 よって、それら等を踏まえた本件では、
学校給食における部分での詳細な情報を
明確にするよう求める。

本文の発送先>

・立川市役所

=== 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) ===

万学2的、平成25年度からの学校給食に付いて

天使 未来に向けて業務の改善を!

悪魔 改善が無いと言う事は、未来も?

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

No.458 Compliance月間に付いて

配信 平成25年03月14日
=== 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 ===
No.458
作成 平成24年11月29日
課題 Compliance月間に付いて
配布 平成24年11月29日

==== 本文面に付きまして ====
 本件の内容は、市長宛て親展の扱いにて
御対処を下さい。

 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。

== 趣旨 ==
 立川市では、平成24年11月01日から
『Compliance月間』と称して、相応な活動を
行っていたのかと想われる。

 その活動に伴い、以下の内容を確認する。

=== 確認の事項 ===
 コンプライアンス(Compliance)読本にと
記載の有る内容を主体に確認する。

 なおコンプライアンス(Compliance)読本
(平成18年11月発行)との名称を以下に
おいては、『読本』と略記する

(一)市民による鑑査
 一般の市民から、「職員のCompliance性に
付いての評価を広く公募したのか?(委員会
などの審査を除く、一般の全市民を対象にと
する意識調査を行ったのか?)」を確認する。

(ニ)職員の宣誓
 読本8頁に記載の有る内容は、担当部署で
(庁舎内評価として)、どう結果が出たのか
確認をする。

 私の調査では、ほぼ全職員が宣誓を行った
ことに対する責任感に欠如が有ると判断して
おり、「それを補う公務員としての自助力も
欠けている」と判断している。

 また、Compliance月間中に調査した時でも
同じで、何らCompliance活動の効果が有ると
感じ得られない。

(三)運営者側が、Complianceを理解して無い
 西洋語句を用いれば、かっこが付くとでも
想っているのか、その語源が意味する主旨を
果たしているように、感じられない。

 そもそも読本の記載内容には、無理が有る。

 (あ)はじめに・・・
 その部分ですら、職員が機械的に読んでも、
何だかを感じ得られ、改心、または、公務の
向上における志に繋がっていると、想えない。

 (い)市民の信頼に基づく市政推進に向けて
 基本方針は、「個人名の名前負けと等しく、
定義負けしており、その定義効果が無い」と
評価する。

 (う)Complianceに関連した委員会
 その内容は、『公務上の倫理監査』であり、
Complianceの意味から比較するならば一部で、
何ら語句の意味全容を推進してると言えない。

 (え)読本8頁の課題
 そもそも、それを評価して補正するような
活動が無い。

 (お)読本9頁の課題
 『世界人権宣言』は、条約で無い関係から
法的効力が無いので、我が国での憲法よりも
上に記載する理由も無い。

 そもそも、現代だと『世界人権宣言』は、
参考程度の定義であり、憲法の下にと補足と
言う形式で記載するのが好ましい。

 また、表見的に「憲法よりも効力が有ると
思わせぶりな表現方法の背景に、宗教や政治
思想など、一般人を誤魔化そうとする試みが
あった」のかと疑うに至る。

 ちなみに、憲法上で言う人権には、皇室の
人員、外国人が含まれて無い。

 (か)読本11頁の課題
 課題の表記からして読者を侮辱するような
見出しであり、平仮名と漢字の表記方法を、
理解していると思えない。

 立川市内に、国立国語研究所が在るのだが、
そうした機関を活用する観点すら欠けている
と思われる。

 (き)読本13頁の課題
 立川市の職員には、ありえない。

 (く)読本16頁の課題
 立川市役所の職員には、相応な職員教育の
体制が無いので、無理である。

 (け)以外の頁に対する評価を放棄
 ここまでの記載を行い、その結果から得た
私(個人)の心情として、ばかばかしく思え
評価を続ける気が失せた。

(四)市民からの評価
 立川市の自治行政は、内部の都合に合わせ
規制を歪める性格を有していおり、(公務上
での)自己満足的な状態で、活動が終結して
いると想える。

 そこで「市民が行政のCompliance(法令・
規律厳守)を、どう評価をするのか?」を、
毎年に確認する必要が有る。

 公務上での上司は、数名だが、市民の眼は、
18万人分も有り、そもそも市民にと提供を
行う行政Service として、市役所を運営して
いるのだから、庁舎内の自己満足と、市民の
満足感とは、明らかに別物であって、公務と
言う観点では、市民からの評価を重要視する
必要が有る。

 よって立川市は、『Compliance月間中』に
それに伴う市民からの評価も行ってもらい、
総合的な評価を基に、世間的な責任の遂行を
行うようにと心がけられたく、相応の体制を
備えられたい。

== 結語 ==
 暴力団や犯罪組織の規律の方が、厳しく、
それが故に厳守率も高く、犯罪の遂行率も
高いのでわ無いかと想われる。 

 それと比較するなら、現状の立川市役所が
どうなのか?

 つまり市内で発生した不当、不法行為での
利益と、公務より、市民にと与える利益とを
比較して、どうなのか?

 振り込め詐欺だけでも数億円の被害が有る
と言われている現状で、犯罪行為の規律性に
劣るような公務だと、何だかを期待する事が
行えないとの不安も、市民として生じる。

 そもそも犯罪者は、その不当、不法で得た
金員(金銭、財物)を、消費者として店先で
一般人として使うのであって、「犯罪で得た
貨幣も、正当な労働で得た貨幣も額面が同じ
ならば、同価値で有る」と立証しているのが
現状である。

 本来だと「経済性の観点から、悪業で得た
とされる貨幣には、価値が無い」と評価する
必要があって、それらを立証するのが難しく
貨幣学でも古来から「悪貨が良貨を駆逐する
(これは、偽造通貨でのこと)」とも言われ、
それにも等しく、「悪業で得た利益は、それ
同等の通貨価値が有る」とされるのが現状。

 よって、「世間一般での不法行為によって
生じる利益にて、街の資本が支えられている」
と言う状況が好ましく無いのも事実であって、
行政の世間的な責任と言う観点からも、その
(読本)内容を改める必要が有る」と判断を
するのであり、また憲法を根源に、宣誓した
内容の再確認を行い、公務員としての基本的
理念を維持、補正することが重要視をされ、
その基礎などが無いのに、上物や表見ばかり
装飾するような公務では、何だかの経済的な
利益を生じさせているとも想えず、それらを
改めるべく『(一)読本の内容を改定、(ニ)
全市民から、庁舎内の Compliance 活動にと
対する評価』を行ってもらい、その統計など
実数に基づいた、業務計画の検討をされたく、
少なくとも『(甲)憲法前文、(乙)宣誓の
内容』程度は、再認識されるような教育体制
なども必要と想われるので、それらの検討を
されたい。

本文の発送先>

・立川市役所

=== 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) ===

万学2的、Compliance月間に付いて

天使 只単に見せ掛けだけの研修なのか?

悪魔 疑問に想うにも至らないと思うけど?

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

No.456 市政に対する意見の返答に付いて

配信 平成25年03月13日
=== 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 ===
No.456
作成 平成24年11月22日
課題 市政に対する意見の返答に付いて
配布 平成24年11月22日

==== 本文面に付きまして ====
 本件の内容は、市長宛て親展の扱いにて
御対処を下さい。

 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。

== 趣旨 ==
 市政に対する意見の返答に付いては、
多くの問題がある。

 よって、それらを改められたい。

 なお、市長への手紙 事務処理要綱が
有るのかと想われ、以下において要綱と
略記する。

=== 問題点 ===
(1)『市長への手紙』は、偽装
 『市長への手紙 事務処理要綱』にて、
記載のある内容(三、六、七条など)に
よれば「市長が実際に関わっているのは、
決裁時の程度」である。

 一般市民の視野だと、『市長への手紙』
との名目であれば、「(甲)初めに市長へ
文面が届き、(乙)その内容に伴い市長が、
主管課にと処理の協力を要請、(丙)その
後にて、市長が返答文面を作成する」との
ように想え、「それの偽装を行っている」
と判断をする。

 実質的には、『市役所への手紙』であり
その代表者である市長が決裁を行うのは、
当然の行為で、その程度しか関与が無いの
にも関わらず、『市長への手紙』と表して
親展(信書)扱いを偽装するのは、不適切
だと判断する。

 よって要綱上で、「信書的な意味合いの
観点で考えれば、偽装行為の助長である」
としか言えず、それを改めるのなら『市長
への手紙』を『市役所への手紙』と改める
必要が有る。

 なお、要綱の作成に至って、偽装をする
ような内容を確立させた者の責任は、重い
と個人的に思っている。

(ニ)文面
 (甲)
 三段階論法などを用いて口文の明確性を
高められたい。

 それによって市民が行政に、どのように
関わる必要があるのかを明確にしつつも、
自治意識などを高める為にも必要とされる。

 そもそも、要綱の第四条にと記載の有る
通りに返答されていれば、基本的に返答の
作成上において問題が生じないと想われる。

 よって現状から察するに、「担当課長が
要綱の内容を把握してわおらず、業務上の
監査が行えてなく、相応の能力を有してる
と言えない状態に有り、その配下の人員が
仕方なく、手探りで作業を行っている」と
言うのが現状なのかと判断しており、その
観点から、課長による業務上の監査能力を
再確認する必要も有る。(つまり、担当の
課長が、何を基準に部下の業務を管理する
のか把握して無い可能性が高く、それらが
原因で、現状のような問題が生じていると
判断できる)

 (乙)
 又、市長による一人称的な返答を避け、
約18万人の全市民による協調的な協力を
求める為にも、「行政に欠如と成る部分を
明確にして、それを補う為に必要とされる
市民個々の生活状況にと合わせた、協力を
促す情報提供も必要」に成る。

  • --> 甲、乙を踏まえた例

            ・市長
             ・担当部長
             ・担当課長

 当市役所では、○○を行っていますが、
××に付いては、現状だと公務上で行って
いません。

 よって××の部分は、現状だと市民側の
協力が必要となる状況にも有り、「今後に
おいて公務へと導入をする」と言う観点に
付いては、見当をさせて頂きます。

              ・担当係長
              ・担当者

  • --> 以上

 (丙)論法
  以下のように返答の内容が明確に成る
 ような文面を心がけられたい。(要綱・
 第四条)
  (あ)結論、釈明、市長としての意見
  (い)現状、今後、予測される欠如
  (う)活動、結果、市長としての評価

(三)受理日と返答日の明確性
 受理を行った日から10日以内に返答を
するのが基本的な対応だったかと想われる。
(要綱・第四条・二項・五号)

 しかし過去には、平然と謝罪もなく遅延
する事もあったが、当方が指摘をした後に
遅延が発生した場合は、それの謝罪をする
ように改善された。(改善が行われるまで
当方にと与えた苦痛は、後に慰謝料として
請求を行うことを検討する)

 ところが後の場合においても、受理日の
記載がなく、何を基に遅延したのか明確に
されない。(要綱明記の不備)

 よって、「(甲)受理日の明記をされ、
(乙)それに基づく遅延が生じた場合には、
相応の業務規律の明記(釈明)が必要で、
(丙)それに伴う謝罪が必要」とされる。

(四)HP上での画面
 画面上における表記の改善請求に付いて、
下記の各項目に記す。

 (甲)市政へのご意見→市長への御意見
  平仮名と漢字の表記が日本語的でわない。

 (乙)e-mail Address の記載義務
  基本的に、Mailでの返答を慾さないと
  言う者には、要求する理由が無い。

  よって『住所』の記載を義務化するの
 なら解るが、現状だと e-mail Address
 なのだから、それらを改められたく、
 「返答方法に応じた、記載の必須化」を
 検討されたい。

== 結語 ==
 私の鑑査による判断では、「担当課長は、
要綱の内容を把握しておらず、相応となる
業務指示を管理職として行えてない」との
総合的な判断をする。

 しかし、その状態が本件該当の課だけに
限っておらず、ほぼ全課で生じているとの
程であり、「課長教育(研修)の内容が、
不適切で有る事が原因である」とも判断を
するに至っている。

 もともと去年から、人材育成推進担当の
主管の人員自体が不適任だと判断しており、
それまでに色々と水面下で問題の解消を、
試みてきたが、見込みがなく、担当人員を
変えない限りは、不可能であると諦めて、
直接に問題の有る課長、部長に事情を確認
するに至っており、その結果で解ったのが
「相応の(管理職)教育を受けておらず、
名ばかり研修と成っている(能力が、身に
付いて無い)」のが原因だと解っているが、
それらを改めている気配もなく、やもえず
当方にて、直接に指導(実質的には、指導
権限が無いので、要望に成るのだが、業務
規律、要綱などを用いて要望を行っている
関係から、「本来の公務員が責任を負うと
される義務に違反をしていることが前提で、
業務の改善を行うよう請求をしている」と
言う状態にある)を行うに至っている。

 そうした状況は、本件の文面のように、
表面化して無いが、それを逆手に不適切な
公務の状況を維持する輩も多く、後日にて
各該当職員や、罷免請求の名簿を提出する
準備を行っており、更に当方が立川市から
受けた侮辱などに対する慰謝料を請求する
準備も行っている。

 よって「立川市は、本件に限らず問題の
根源は、職員への教育に有るのだが、その
状況を改めようとの努力が有ったとしても、
何ら行政公務として経済的な効果を得るに
至ってない」が故に、私などから色々にと
指摘されている状態のであり、公務上での
規則、要綱などの公務規律を厳守する職場
体制があれば善く、一般の企業でわCSR、
公共機関では、SRとの略称で10年も前
から世間で『Complianceの促進』との課題
で取り組まれているが、人事課が取り扱う
業務でも無く、監査と等しく市長(副市長)
の配下に設置しない限り、公務の向上など
有り得ないとも、国民の一人として判断を
するに至っており、それらの検討を市長に
行われたい。

本文の発送先>

・立川市役所

=== 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) ===

万学2的、市政に対する意見の返答に付いて

天使 公務は、常に最適化を求める必要が有る!

悪魔 理想と現実の違いって、分かてる?

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

No.455 立広聴・第359号に付いて

配信 平成25年03月12日
=== 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 ===
No.455
作成 平成24年11月20日
課題 立広聴・第359号に付いて
副題 庁舎の耐震に付いて、再質問
配布 平成24年11月20日

==== 本文面に付きまして ====
 本件の内容は、市長宛て親展の扱いにて
御対処を下さい。

 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。

== 趣旨 ==
 庁舎の耐震に付いての返答(立広聴・第
359号)を前提に、未だ不明な点がある
あるので、釈明をされたい。

=== 質問の項目 ===

(一)立広聴・第359号・1-3
 『立川市庁舎建設、実施行設計図所』を
図書館から借りて(2008年1月の資料を)、
色々と調べたが、以下の点で不明確な所が
ある。

 (甲)基礎の構築
  地盤の強弱に伴う、基礎構築が有った
 と想われるが、資料に記載が無い。

  本来、基礎の上に上物を構築するので、
 重要な部分であり、その耐震性に付いて
 明確にする必要がある。

  しかし当方で確認した資料には、その
 記載が無い。

  よって、それを明確にされたい。

(ニ)立広聴・第359号・1-4
 現状の庁舎では、机などの固定に付いて
未だ不十分だと判断している。(実際に、
簡易的な調査を行った結果)
 
 職員の安全性も重要であるが、IT化が
進んでいる今時代では、PCの管理など電子
機器の保護も重要視される。

 よって、ITの管理を含む耐震性の配慮が
必要であり、他への投資よりも、優先的に
検討をされたい。(業務上の危機管理)

== 結語 ==
 何事においても基礎が重要だと言われる。

 そもそも日本国の場合では、国家の形成
基礎に、憲法が有り、その基で国家や民が
成り立つ状態にある。

 しかし立川市の場合、例外なく全職員が
憲法を把握しておらず(前文すら忘れてる)、
機会が有れば、私が個人的に注意を行って
いるが、更生力(その努力を含む)が無い
職員を多数に確認している。(後に、罷免
名簿を提出する予定がある)

 そうした歪みが、市民の不利益に繋がる
と言う自覚もなく、更に「宣誓書の内容を
忘れても、何ら処罰などを受けないだろう。
そもそも他の職員だって、忘れている」と
言う感じで、公務を行っている輩公務員が
異常に多い。

 更に自治体の特性では、それらの形成を
する市民の性質に基づくものかとも想われ、
「立川市(民、自治)は、何事においても、
基礎がなく(又は、不安定で)、表見的な
上物(または、一般的に見えている物事の
表面)だけで成り立っている」との判断を
するに至っている。

 よって、それら歪みの修正をする必要が
あり、「(一)公務上の基礎は、憲法にと
あって、(ニ)それに基づく公務の安全、
(三)公務における遂行率の向上に、協力
するのは、市民の義務である」のだから、
それが無償であれ、有償であれ、必要だと
理解してもらえるのかと想われる。

本文の発送先>

・立川市役所

=== 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) ===

万学2的、庁舎の耐震に付いて、再質問

天使 市役所庁舎の防災は、重要である!

悪魔 別に、無くても何とかなるでしょ?

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

No.454 公園の所在地に付いて

配信 平成25年03月11日
=== 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 ===
No.454
作成 平成24年11月20日
課題 公園の所在地に付いて
配布 平成24年11月20日

==== 本文面に付きまして ====
 本件の内容は、市長宛て親展の扱いにて
御対処を下さい。

 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。

== 趣旨 ==
 立川市役所の Homepage(ホームページ:
以下、HPと略記する)において、市内にと
在る公園の所在地を調べたが、不明だった。

 よって、「(一)HP上に公園の所在地が
解る頁が有るのならば、それを明確にされ
たく、(ニ)無い場合には、早急に設置を
検討されたい」と要望を行う。

=== 理由 ===
(一)
 公園は、災害が発生時などに避難場所と
なる事から、それらを日々に明確にとして
おく必要がある。

(ニ)
 遊具、便所(Toilet)、水呑場、広さも
明確にする必要が有るのかと想われる。

(三)
 活用範囲の明確性も必要で、野球が可能、
スケードボードの持込が不可能など、色々
規制をする必要が有る部分も有るのかと、
判断している。

 (甲)花火
 (乙)公園内での火を使った料理
 (丙)10名以上の集団で利用

 上記の条件では、事前に管理者へ利用の
届けを出してもらえたなら管理が行い易く、
必要に応じて係員が『見守り』にと出勤を
行えるのかと想われ、それを広報などにて
呼びかける方式が好いのかとも想う。

== 結語 ==
 立川市は、小規模な公園を含めて意外に
多くの公園が在る。

 以前に防災地図の作成で、色々と要望を
行っている(立広聴・第136号参照)が、
自治体側、市民側で共同の認識を得る為に
今時代であれば Homepage を活用する事で
重要な役割を果たすのかとも判断する。

 よって、270箇所ある全公園の詳細を
写真などを用い、Homepage 上に記載して、
それを基に『紙形式資料を作成』する等を
(PDFを含む)、検討されたい。

 なお、それを使って、職員が一般市民に
案内をする等、業務上の資料にも成る事を
把握されたく、相応な教育も必要である。

本文の発送先>

・立川市役所

=== 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) ===

万学2的、公園の所在地に付いて

天使 危機管理上では、重要である!

悪魔 不明な方が、慌てぶりが面白いけど?

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

No.453 芸術祭の催しに付いて

配信 平成25年03月10日
=== 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 ===
No.453
作成 平成24年11月13日
課題 芸術祭の催しに付いて
配布 平成24年11月13日

==== 本文面に付きまして ====
 本件の内容は、市長宛て親展の扱いにて
御対処を下さい。

 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。

== 趣旨 ==
 平成24年11月10日に行われた『市長と
語ろう!若者世代』において、芸術祭の
話題があった。

 それにおける補足の情報を有している
ので、提供をする。

== 情報 ==
 『Burning Man(バーニングマン)』と
言う名称の芸術祭が有る。

 特徴として・・・

一、砂漠の真ん中で行われる
ニ、主催者は、場所を貸すのが主体
三、開催の期間は、一週間

 Youtubu、Wikipedia等に情報があって、
大規模な催しと成っているので参考にと
されたい。

===== 欠点 =====
 客観的に、このような催しにおいては、
色々な意味で、風紀が乱れる傾向にあり、
無法的に成る事も有るのかと想われる。

 よって、それらを防止する為に相応な
規制を設けておく必要が有る。

一、ごみ処理
ニ、風俗、娯楽関係
 ・酒の提供を行わない
 ・幻覚作用の有る薬物の持込を禁止
 ・夜間のDance(ダンス)会場は、不可
三、危険物の持ち込み
 ・火を使う、火薬(爆発物)を使う
 ・異臭物
 ・大規模な事故が発生する可能性の物

 大枠で上記の三種かと想われ、、それら
以外にも詳細な定めが必要なのかと思う。

== 結語 ==
 立川市に転入して間もない頃、美術館が
在っても良いのかとも想っていたのだが、
市内全体を把握すると、自治区内の全体が
美術的で有ることに気が付いた。

 つまり、あえて美術館を作る必要が無く、
むしろ街の活性化を考え、発展させる事に
重点を置くことで、自然的に街の芸術性も
高まるのかと想われる。

 また、今回の課題となる芸術祭の催しを
行うことで、「芸術の街としての認知度も
広まる」のかと想われ、近隣からの観光的
要素(資本利益の効果)も期待をされる。

 しかし、一般人の感覚で言う芸術性にも
飽きが生じる場合が多く、それらの観点で
『都市計画に伴う、芸術性の高いの課題を
設定する』ことで、街全体の芸術性を高め、
観光利益を向上させることが可能にと成る
のか想われ、そもそもに居住者である民が
飽きてしまったら、その効果も薄れるとの
ことも想像が付く。

 よって、芸術祭の催しには、場所程度を
少額の料金にて提供をする程度で、後での
内容に付いては、規定の範囲内で利用者に
運用を行って頂き、「行政としては、実行
委員会(立川市議会の配下に執行部を設置
するが良いと想われる)を、市民(民間の
団体)にて運用してもらう形式が良いとも
想われる」ので、それらの検討をされたい。

 なお市議会への起案に付いては、自治の
観点で、「市長が、市民からの声を議会に
伝える(自治行政としても、公認をしたい
案件:但し、市議会の内部に『芸術祭』の
実行委員会を設置するとの起案)」と言う
形式で行われたく、『市民と行政の意見を
議会で承認してもらう』と言う形式が良い
のかと想われ、「必ずしも代議士を通して
議案を提案する必要が無く、身勝手な議員
提案よりも、経済効果が有る」かと判断を
するに至っている。

==== 補足 ====
 本件課題は、『市長と語ろう!若者世代』
の中で、意図的にと(当方で試したい事が
あったので)意見を行わなかった。

 特に悪意など無いので、誤解をされない
よう、解釈をされたい。

本文の発送先>

・立川市役所

=== 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) ===

万学2的、芸術祭の催しに付いて

天使 芸術の活性化は、人の心を豊かにする!

悪魔 貧しい方が Hungry 精神が生じて好いかと?

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

No.452 給食に付いて

配信 平成25年03月09日
=== 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 ===
No.452
作成 平成24年11月13日
課題 給食に付いて
配布 平成24年11月13日

==== 本文面に付きまして ====
 本件の内容は、市長宛て親展の扱いにて
御対処を下さい。

 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。

== 趣旨 ==
 立川市では、新たに給食Centerの建設を
予定しているのかと想われる。

 それに伴い以下を確認する。

=== 確認の事項 ===
一、1食あたりの経費
 給食Centerの運営に伴う、一食あたりの
経費を明確にされたい。

 つまり、一食を作るのに、どれぐらいの
経費を要しているのかを確認する。

 なお、給食費が一食に対して幾らと成る
のかとでわなく、「総経費からの算出を
行われたく、給食Centerの建設費なども、
計上された計算を求める。

ニ、近隣農家との連帯に付いて
 近隣(市内にと限らず)農家との連帯性
(地産地消の観点)に付いて、どのような
目論見が有るのかを確認する。

三、提供されるServiceは、市外にも及ぶか
 給食Centerとして、市内だけに留まらず、
市外の学校にも提供可能なのかを確認する。

四、学校以外にも、提供が可能か
 病院など、中、小規模な企業にも提供が
可能なのかを確認する。

== 結語 ==
 他の話題で、「小学校の給食は、一食を
造るのに、900円程度の費用が掛かって
いる」と聞いている。

 各地域によって異なるのかと想われるが、
一般的に市販で売られている『お弁当』が
500円前後だと思え、それと比較すると
市販で売られている弁当の方が割安に成る。

 その観点から想えば、「表見的に給食費
との名称で徴収する費用が、一食の換算で
500円程度でも、実質的に必要とされる
経費が、それ以上ならば、経済性の観点で
想うと、『出資が過剰に成っている』とも
判断できる」と言う思いに至る。

 よって、実質的な経済性の追求を踏まえ、
色々と確認を行いたく、相応な返答をされ
たい。

本文の発送先>

・立川市役所

=== 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) ===

万学2的、給食に付いて

天使 学校給食は、平等性が求められる!

悪魔 無邪気な子供達には、悪意が無い?

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

No.451 立川市 Cassette Tapeの貸出しに付いて

配信 平成25年03月08日
=== 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 ===
No.451
作成 平成24年11月13日
課題 立川市 Cassette Tapeの貸出しに付いて
配布 平成24年11月13日

==== 本文面に付きまして ====
 本件の内容は、市長宛て親展の扱いにて
御対処を下さい。

 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。

== 趣旨 ==
 図書館では、Cassette Tape(カセット
テープ)の貸し出しを行っている。

 しかし、その品質劣化から貸し出し後に
破損する可能性が多く、そもそも貸出しを
行う時点で、破損している可能性も高い。

 また、それによって借主の心境を害する
ことも予測できるのであり、失望感などの
損失を民に与える行為は、公務上において
不適切である。

 よって、Cassette Tape の貸し出しには、
相応の対策が必要である。

=== 対策 ===
>館外へと貸し出さない。

 古い物は、劣化により Tape が切れると
言うこともある。

 それによる市民の心境を想えば、事前に
それを予防する必要がある。

 故に、館外へ貸し出しを行わず、館内で
鑑賞してもらう。

 その為には、再生機が必要だが、それも
市役所内部に処分品程度(長期の保管品で
処分まちに成っている物)の機体が有ると
想われ、そうした物を使い、各図書館にて
使う事を検討されたい。

 ちなみに小、中学校などには、長期にと
使ってない再生機が有るのかと想われる。

 よって、「(一)図書館で保有している
Cassette Tape の資料は、貸し出しを中止
されたく、(ニ)変わりに館内にて鑑賞が
行える」ように、業務体制を整えられたく、
『(甲)その為には、再生機が必要だが、
(乙)市役所が保有する、現状だと使用を
されて無い物を使い、小、中学校にと保管
されている可能性も高く、(丙)また鑑賞
する為には、Headphone(ヘッドフォン)が
必要となるが、それの設置検討も必要だと
想われる』ので、相応に検討をされたい。

== 結語 ==
 立川市の図書館は、珍しく図書の品質を
然程に管理して無い事が解っている。

 普通なら貸し出しの時に破損箇所などが
無いか調べて、それを貸し出しするのが、
それが無く、持ち帰った時に失望する事が
多々にあった。

 それらでの原因は、「再雇用されている
嘱託職員の指導が原因で有る」のかと判断
するに至っており、何の目的で実務経験者
との名称で雇用しているのか不明であって
無駄と言うに留まらず、損失を出している。

 今回の Cassette Tape に関する課題では、
『 Service業務としての品質管理における
問題 』でもあり、品質の限界値を超えない
よう貸し出しの制限する必要が有る。

 よって立川市役所は、図書館の品質管理
との観点で、保有年数や品質の問題からも、
『貸し出し後の保障(借主が相応な期待で
借りた後に、その心情を満たす責任)』を
十分に満たす義務が課せられており、その
保障や、品質の管理上における限界から、
必ずしも貸し出する事が好ましいと言えず、
館内での鑑賞によって、管理をすることが
妥当であると想えるのだから、相応となる
業務体制を検討されたい。

本文の発送先>

・立川市役所

=== 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) ===

万学2的、立川市 Cassette Tapeの貸出しに付いて

天使 時代相応の環境を整える必要がある!

悪魔 現状が、今時代の状況なんでしょ?

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

リリイ・シュシュのすべて

 Lily Chou-Chou の FAN である中学生が
非行少年にと巻き込まれてしまう。

 そんな今時代の中学生における虐め問題
などを課題とした作品。

帝都対戦

【送料無料】帝都物語

【送料無料】帝都物語
価格:3,471円(税込、送料込)

 戦前に、大都市である帝都東京を
作り上げる為に、あらゆる権力者が
検討をする。

 その背景で、邪心として阻む者も
現れる。

 神仏、精霊を踏まえた対戦である。

ユリ子のアロマ

 Aroma Therapist(アロマ セラピスト)の
ユリ子は、経営者の甥である少年の体臭にと
欲情を覚えてしまう。

 そして、ユリ子と少年の間で、青春が展開
する。

幽霊マンション

 とある自由記者と、その娘が引越しを
行うが、引越し先の住民達が奇妙である。

 事情を聞くと、不可思議な規則があり、
その規則を守らないと・・・。

王様ゲーム

【23%OFF!】王様ゲーム ナビゲート

【23%OFF!】王様ゲーム ナビゲート
価格:2,021円(税込、送料別)

 とある学校の教室内における生徒達が、
奇妙な王様GAMEによって、次々に存在を
抹消されてしまう。

招かざる恋人

[DVD] ゲス・フー 招かれざる恋人 <特別編>

[DVD] ゲス・フー 招かれざる恋人 <特別編>
価格:1,162円(税込、送料別)

 『(映画)招かれざる客』の Remake 。

 米国における黒人系と白人系の結婚に
おける問題で、社会的に地位の有る父を
持つ黒人系女性と、冴えない白人彼氏の
恋愛劇。

完全犯罪クラブ

 完全犯罪を成し遂げる為にと、
少年達が行ったことは・・・。

 なお実話が基になって作成を
された作品である。

Vanishing (ヴァニッシング)

【送料無料選択可!】ヴァニッシング / 洋画

【送料無料選択可!】ヴァニッシング / 洋画
価格:3,551円(税込、送料別)

 とある作家が殺人容疑で追跡される!

Puzzler 2 (パズラー 2)

 とある事件が元で、精神的に病んでしまった
女子が・・・。

 そして、見ている観客が陥ってしまう錯覚。

 最後に、どう物語が組み合わさるのか?

Puzzler(パズラー)

 孤立した山の中にある山荘で、発生した
事件が、次々に新たな事件を生じさせる。

 欲望が人の人格を歪め、更に事件を悪化
させて行く。

Swing Girls

 とある田舎町の女子高生達が、
ある事件をきっかけに JAZZ に
のめり込んで行く。

 嘗ては、私も中学生の時には、
Brass Bound に所属していたり
するのだが・・・w