記事一覧

Simulation PC 2

趣旨

 予備 PC を稼動させ、Simulation PC 2 の
構築を行った。

 また、それに伴って、Simulation PC 1 は、
Memory の Spec Down 等を行った。(2G→1G)

機能

Simulation PC 1 - Low Profile 型
・CPU   2.8G
・Memory  1G
・Graphic 128M
・HDD   80G
・DVD-RW

Simulation PC 2 - Tower 型
・CPU   2.5G
・Memory  2G
・Graphic 512
・HDD   160G ( 40G + 120G : ニ連装 )
・DVD-RW
・CD-R

補足

 これによって、LAN 内の PC が、6台に
成ったが、一台分の Mouse 、Keyboard で
File Server 、Web Server 含む5台までを
操作する事を可能にする環境も整えた。

 唯一、単体での操作は、PC-0 で、無線の
業務日誌など事務用で、小型 Note 型 PC 。

No.483 高齢者の行方不明に付いて

配信 平成25年06月10日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.483
作成 平成25年05月20日
課題 高齢者の行方不明に付いて
送付 平成25年05月20日

= 本文面に付きまして =
 本件の内容は、市長宛て親展の扱いにて
御対処を下さい。

 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。

= 趣旨 =
 近年、高齢者の行方不明が、多発して
おり、それにおける対策が必要である。

= 対策 =
 既に民間企業から、小型の携帯GPS等の
貸付(Lease:リース)業が、展開されて
いる。

 私の知る限りでは、一ヶ月で500円未満
だったかと想われる。

 また、携帯電話もGPS機能を有した物が
あるらしいが、認知症や痴呆状態に有る
者が、それを使いこなせるとは、想い難く
前者の『携帯GPS』が有効かと想われる。

 更に防犯を兼ねて、児童などに持たせる
ことも可能で、現代的な『 御守り 』と
言う感じと成っている。

 ところが、そうした商品情報に疎いのか
各地にて発生する高齢の行方不明者数は、
かなり多く、それに多くの労力などを消費
する事がある。

 そこで国は、各自治体に対して、まず、
「全国(都道府県別)で、年間(月別)に
生じる、高齢者の行方不明事件数を把握。
その事情に伴い各地方自治体に、市町村で
生じる事件に対して、対策を検討するよう
指導を行い、地方自治体では、その指導を
受けた後に、各市町村での事情を確認して
必要であれば、民間企業の商品を利用する
助成金を検討させて、それの資金を市町村
自治が賄うと言う事が不可能だと言うなら、
『高齢者福祉』との観点で、各都道府県が
助成金を用意する」との検討をされたい。

(一)
 国(厚生労働省)は、全国(都道府県)
で生じている、高齢者の年間(月別)行方
不明者数を、把握されたい。(警察庁HP
>統計>平成成23年中における行方不明
者の状況 を参照されたい)

(ニ)
 地方(都道府県)自治体は、各市町村で
生じている高齢者の行方不明事件に対して、
その件数と対策についてを把握する。

 それに伴い、必要であれば『高齢者福祉』
との観点で、助成金を用意する。

(三)
 市町村自治では、都道府県にと高齢者の
行方不明数を、毎月の単位で報告を行い、
その対策に付いても報告を行う。

 また、対策を行う時に、資金が必要だと
される場合には、対策の企画を都道府県の
知事宛にと提出して、それを知事に認めて
もらう形式で、助成金を得る。

= 結語 =
 私の知る限り、昔から老若男女を問わず
失踪者の届けが、全国で8万件程度もあり
(警察庁HP>統計>平成成23年中に
おける行方不明者の状況 を参照)、その
内で70歳以上は、約1万5千件である。

 若者の行方不明者数も問題視されるが、
今回の案件は、高齢者に焦点を合わせる。

 また、他の年齢における行方不明者の
問題に付いては、警察庁の資料を参考に
本件と別枠で対策の検討されたい。

日本の国民、その一人より

本文の発送先>

1.衆・参の全ての国会議員
(尚、MailAddressを公開している議員のみ)

2.各公的機関(地方自治体を含む)
(尚、電子政府、各自治体のHPから送付 )

= 立川市 =
 立川市では、『見守りメールが』あり、
その発行における統計は、市役所のHPに
記載されている。

 ところが、行方不明に関する統計数は、
明確にされて無い。

 よって、本件課題の趣旨に伴い、行方
不明事案に関する統計数を明確にとされ
たく、その予防対策も明確にされたい。

= 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) =

万学2的、高齢者の行方不明に付いて

天使 高齢者の行方不明を減少させよう!

悪魔 なら、若者の行方不明者を増やそう!

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

No.482 不適切な返答に付いて

配信 平成25年06月09日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.482
作成 平成25年05月17日
課題 立広聴・平成25年度・第49号に付いて
副題 不適切な返答に付いて
送付 平成25年05月17日

= 本文面に付きまして =
 本件の内容は、市長宛て親展の扱いにて
御対処を下さい。

 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。

= 趣旨 =
 立広聴・平成25年度・第49号の返答に
おける内容は、不適切かと想われるので
改めて、内容の確認を行う。

= 理由 =
 以下の点で、行政(公務員)側として
一般民(市民)に行った返答としては、
不明確な内容と成っており、要綱の違反
でもあるのかと判断する。

・参照
立川市 市長への手紙事務処理要綱

・第四条・二項・三号

= 不明確な点 =
(一)考え
 立川市役所は、「生活保護における現
業員の体制に付きましては、市の考えを
もって増員をしております」と表するが、
『市の考え』が明らかに成ってない。

(ニ)記録を行わない理由 
 立川市役所は、「立広聴・平成25年度・
第25号で回答した記録に付いて、今後も
記録を行わない」との趣旨を表するが、
その理由が無い。

= 結語 =
 立川市は、特定市民に対して、故意に
相手を侮辱する内容であっても、平然と
市長の許可を得て返信を行っている。

 また、本件以外でも多々に類似行為が
あり、今のところ広報課、生活福祉課、
人事課、教育委員会に見られる特徴的な
返答で、何だかの政治、宗教などの観点
から、組織的にと行われているのかとも
感じられる。

 その点などに付いては、別途で裁判所
などを経て、対処をする予定である。

 よって、現状での立川市は、不適切な
(不明確な)返答を行っているのだから、
それが要綱違反でもあり、それらを改め
つつ、適切な返答を行うように求めるが、
それに対する慰謝料などの損害賠償は、
裁判所を用いて行うことを検討する。

本文の発送先>

・立川市役所

= 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) =

万学2的、不適切な返答に付いて

天使 不適切な対応は、損失を発生させる!

悪魔 その損失は、私達の利益と成ります♪

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

No.481 外国人の入国管理に付いて

配信 平成25年06月08日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.481
作成 平成25年05月09日
課題 外国人の入国管理に付いて
送付 平成25年05月09日

= 本文面に付きまして =
 現、元衆参議員、並びに各公共機関宛に
報告書を作成、配布を行っております。

 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 なお、担当や管轄に値をしない内容でも、
参考資料として認識されたく想っています。

(該当省庁、機関にも別配布を行っている)

= 趣旨 =
 外国人の入国管理に付いては、手続きの
簡略化が話題に成っているが、それ以外に
「信頼できない渡航者を排除する」と言う
重大な課題がある。

 近年の我が国(日本)では、外国からの
旅行者、移住者などが増えている傾向にと
あるが、相応に事件も増えている。

 一昔前から、窃盗(すり、空き巣などを
含む)、強盗、不法薬物の売買の他にも、
色々な問題が生じている。

 それらの防御を行いつつ、善良な渡航者
などには、行楽や国内での居住を楽しんで
もらう。

 よって、相応な対策が必要で有るのかと
想われるので、国会にて論議されたい。

= 対策 =
 近隣諸国の警察では、犯罪暦が有る者の
情報(指紋などを含む)を有している。

 また近隣諸国では、日本国の刑罰事情と
異なることが多く、自国なら厳重処罰され
設備の整ってない刑務所で生活することを
強いられても、日本で刑罰を受けたならば
高級な共同生活をしているに等しいと思う
ような状況に有るのかと判断する。

 それらが原因となって、近隣諸国からの
刑事罰対象となる業を行う渡航者たちが、
後を絶えない。

 そこで近隣諸国の警察機関と協力関係を
結び、善良な渡航者に関しては、十二分に
日本での生活を楽しんでもらいつつ、不良
渡航者は、その入国を拒む体制を整えられ
たい。

 既に行政案としては、『トラステッド・
トラベラー制度』と言った名称にて提案が
有るのかと想われますが、日本人としては、
カタカナで表記されている意味が解り難く、
そもそも原語が英語ならば、その綴りにて
表現するのが礼儀で有るのかと想われるが、
それを行わないなら、『渡航者の治安強化
制度』などの和風名称に改める必要がある
かと想われる。

= 結語 =
 日本の文字における文化は、主に漢字が
主体ですが、日本独自の観点として平仮名、
片仮名が有るのも特徴です。

 漢字の文化では、その漢字の造りを理解
することで、何を意味しているのかが解る
ように成っているが、それが複雑に成って
且つ、その難しさを理解することで知性を
深め、社会的な地位も認められる。

 ところが、「知性のある者、無い者との
格差が過剰となれば、社会体制が破綻する
傾向にある」と歴史的にも伺われ、それを
中和するべく平仮名や片仮名などを用いて、
徐々にと庶民へ広まっていった。

 日本の文化では、English であれ、何で
あれ、基本的に原語の文字表現が行えて、
『それの読み方に、片仮名を使う』ことで
万能にと発音が行え、それを他者に伝える
ことが可能と成る。

 つまり、英語で、日本語と表現するなら
『 NIPPNGO 』 だけになるが、日本語は
『 English 、イングリッシュ、英語]』と、
原語、片仮名で読みだけを表現する、漢字
など、複数の方法で表すことが可能となる。

 また IT も、本来だと Information
Technology (インフォメーション・テク
ノロジィー)で、情報伝達、案内などの
技能を意味するのであり、『電子化』を
意味するのでなく、「電子化、または、
PC(Personal Computer)を使う事で
ITが活性化される」関係から、誤解を
されやすい。

 それらの誤解は、原語である、本来の
意味合いを逸脱して解釈することが原因
だと想われる。

 よって今回の事例では、何かと片仮名
で表現される行政案や法令も増えている
状態にあり(例えば『ストカー行為等の
規制等に関する法律』など)が、それが
原語を盲目化する事に繋がって、本来の
意味を歪めてしまうことから、片仮名を
用いず、原語で表現されるようにと検討
されたい。

 なお日本国の現状は、憲法の前文すら
全公務員が等しく健忘してる状態にあり、
その原因も、過剰な目前の業務に対する
責任や、上官の命令にと従う義務を思う
心理から生じているのかと想われ、本来
違憲、違法などの業務や命令には、従う
理由が無いが、それを逸脱している関係
から色々な不祥事も生じており倫理性の
低下に繋がりつつ、その影響が若者世代
などによる世間不信に繋がっているのか
と判断しています。(ちなみに公務員が
憲法を健忘している状態では、憲法・第
九十九条の違憲な状態にあり、立憲され
60年を経た現在に至っても、公務員で
すら健忘して、憲法の推奨すら国民にと
理解させる事が行えない状況にあるのに
改憲の検討をするのには、無理があるの
かと想われる)

日本の国民、その一人より

本文の発送先>

1.衆・参の全ての国会議員
(尚、MailAddressを公開している議員のみ)

2.各公的機関(地方自治体を含む)
(尚、電子政府、各自治体のHPから送付 )

= 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) =

万学2的、外国人の入国管理に付いて

天使 善意な旅行者を保護しする!

悪魔 悪意な旅行者を支援する!

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

No.480 平成24年度の見守り Mail に付いて

配信 平成25年06月07日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.480
作成 平成25年04月24日
課題 平成24年度の見守り Mail に付いて
送付 平成25年04月24日

= 本文面に付きまして =
 本件の内容は、市長宛て親展の扱いにて
御対処を下さい。

 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。

= 趣旨 =
 平成24年度に配布された、見守り
Mail の総数と、分類別の数値を明確に
されたい。

= 分類 =

一、総数

ニ、防犯
 ア、痴漢
 イ、不審者
 ウ、振り込め詐欺

三、行方不明

四、防災
 ア、台風情報

五、広報(広告)
 ア、自転車講習の誘い

= 結語 =
 今回の内容は、後にて広報紙などに記載を
行い、広く市民にと把握されるよう、公表を
されたい。

本文の発送先>

・立川市役所

= 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) =

万学2的、平成24年度の見守り Mail に付いて

天使 全市民に把握をしてもらう必要が有る!

悪魔 そして、その現実に失望する♪

= 運用 =

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

No.479 平成24年度の自殺者数に付いて

配信 平成25年06月06日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.479
作成 平成25年04月24日
課題 平成24年度の自殺者数に付いて
送付 平成25年04月24日

= 本文面に付きまして =
 本件の内容は、市長宛て親展の扱いにて
御対処を下さい。

 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。

= 趣旨 =
 平成24年度における立川管内での自殺
者数を明確にされたい。

= 数値の分類 =

一、自殺者の総数
ニ、分類
 ア、生活保護を受けていた
  A、人間関係 - 孤立、家庭内での不和
  B、病気を苦にして
  C、生活保護を受けている事を苦にして
  D、不明(遺書が無いなど)
 イ、経済(資本、資産の不足)的な問題
 ウ、病気
 エ、人間関係
  A、恋愛
  B、職場
  C、家庭
  D、孤立(家庭、町内、他人との交流が無い)
  E、人生の進路が不明(生きる気力を失う)
 オ、その他
 カ、不明
  A、遺書が無いなど

= 結語 =
 今回の内容は、後にて広報紙などに記載を
行い、広く市民にと把握されるよう、公表を
されたい。

本文の発送先>

・立川市役所

= 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) =

万学2的、平成24年度の自殺者数に付いて

天使 所属する自治のことは、把握しよう!

悪魔 では、地獄に付きまして御説明を♪

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

No.478 『市政』と言う、語句に付いて

配信 平成25年06月05日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.478
作成 平成25年04月22日
課題 立広聴・第16号に付きまして
副題 『市政』と言う、語句に付いて
送付 平成25年04月22日

= 本文面に付きまして =
 本件の内容は、市長宛て親展の扱いにて
御対処を下さい。

 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。

= 趣旨 =
 立川市市長への手紙事務処理要綱で、
第一条に記載されている、『市政』との
語句は、誤っていると判断するに至り、
それを改められたいと再び(立広聴・第
16号を踏まえ再度)に要望を行う。

 なお、『立川市市長への手紙事務処理
要綱』との語句は、以下において『要綱』
と略記する

= 理由 =
 まず、「行政とは、主に行政権を意味
する」のであり、『法規の設置、公務の
方針、市民(国民)からの要望に対して、
その要望を適えるかの判断する』と言う、
三種が基礎と成っているのかと想われる。

 更に国家機関であれば、政治(国政)
と言う観点での主権は、国会にあって、
国会議員の選定責任では、国民の個々が
負う観点から、国会の責任も終端として
国民の個々が等しく負う事を意味する。
(その体制を『国民主権』と言うが、
議会の運営における責任では、議長に
なり、議会で決定された内容に限って
民が等しく責任を負うことを意味する)

 それらを踏まえて、「『市政』とは、
市町村自治における行政権を意味するが、
主に『(一)条例の設置、(ニ)公務の
方針、(三)市民からの要望に対して、
それを適えるのかを判断する権限』を
有すること意味するが、それの主権は、
市議会(国家行政であれば、国会)に
有り、その責任を等しく自治体に所属
する市町村民が負う」ことも解るかと
想われる。

 だからこそ要綱に記載のあ『 第四条・
ニ項・五号・ア、イ 』の定めがる。

 よって、本件の要綱における範疇は、
「(一)市長までの権限範疇であって、
市民が負う責任範囲でもなく、(ニ)
市議会による決定を要しないと想える
のだから、(結論)公務権限における
最高責任者である市長の容認によって
決定をされ、要綱に伴った公務の最終
責任でも市長に留まり、それらが市政
(最高の方針)と言えず、市議会とも
何ら関係が無いことも解るのだから、
『市政』と言う要綱での表現を改める
ようにと市長に求める行為は、市民の
立場として当然である」と思うに至る。

 なお市議会では、問い合わせ窓口や
市議会への要望と言う意味合いでは、
別窓口に成るのかと想われ、例えば、
請願するの事に対して、市長に行う
場合と、市議会へ申し出るのとでは、
扱いが違うのと等しく、市議会宛の
(請願、要望、苦情など)の内容を
市役所側が勝手に開封して、それを
見る事が行えないことも意味する。

= 結語 =
 一般の市民側が、「市役所が悪い!」
などと豪語を言って、それを真に受ける
市役所側の体質も悪く、経済的観点から
でも、人間関係上の大いなる問題であり、
「市政が悪いなら、市民である己も悪い
と解釈でき、『他の市民とは、異なった
立場にある』ことを前提に、主張をする
必要もあって、市役所(公務)側も衆寡
主義と異なるのだから、市民(国民)の
一人に限る意見だったとしても、それの
主張が規律に照らして正しいのであれば、
なんら反意を表する理由も無かった」と
国民の一人として判断するに至る。

 本件の内容では、「市議会への範疇が
含まれないのだから、『市政』と言わず、
それを『市役所』へと改めよ」との要望
であり、要綱の設置における権限では、
「その最高責任が市長であり、市議会の
容認を必要としない」と、一般人として
判断できる観点から、市議会を通さずに
その要望を、市役所(の長)宛に行った
限りである。

 また、他の市民が同等の要求を行って
無い場合、自然的に私の意見が孤立する
状態にあるが、その状況に基づき「私は、
他の市民と、異なる立場にあること」を
今後においても、常に市役所側に、理解
されたい。

 さらに、今後における経済活動での
一端と成る、立川市役所への行政鑑査
活動は、「私の個人的な資本利益にも
繋がらず、且つ私の名誉利益にすらも
成っておらず、国民の一人として生活
する自治区と言う観点では、継続して
所属をする理由も無い」とも判断でき、
別事件の問題も含め、転居を検討する。

本文の発送先>

・立川市役所

= 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) =

万学2的、『市政』と言う、語句に付いて

天使 言葉は、正しく使う必要が有る!

悪魔 Realy ?

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

No.477 HP上の『よくあるご質問』に付いて

配信 平成25年06月03日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.477
作成 平成25年04月17日
課題 HP上の『よくあるご質問』に付いて
送付 平成25年04月17日

= 本文面に付きまして =
 本件の内容は、市長宛て親展の扱いにて
御対処を下さい。

 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。

= 趣旨 =
 立川市役所の Homepage(以下、HP)に
『よくあるご質問』の頁がある。

 ところが、項目の枠が有れども中身が
無い部分が多い。

 例えば、市民交流大学の枠に、『市民
交流大学について、講座案内、情報誌、
評価委員会、企画運営委員会』の5種が
項目して記載されているが、その中身が
どれも無い。

 よって、なぜ記載をされてないのかを
明確にとされたく、そして無駄な記載を
改められたい。

==== 結語 ====
 そもそも、『よくあるご質問』の枠を
管理しているは、広報課に成るのかとも
判断している。

 それを想えば「本来、広報課の課長は、
各枠の担当課長へ『よくあるご質問』に
記載する内容を、四半期ぐらいごとにと
見直すうよう促す」との業務が、必要で
あるのかと想われる。

 また近年だと、一般企業も職員教育に
ついては、所属する係で管理されている
HPを、業務の手引きとすることも有る。

 更に民間企業は、製品の手引書なども、
Internet(インターネット)上から取り
よせる事が可能な事が多い。

 つまり、顧客と Internet を経由して
共通の画面や資料を使い、説明を行う
ことも行われており、担当の職員には、
「Homepage(ホームページ)上にある
担当の頁(ページ)を、確認しておく
ように・・・。」と教育されることも
ある。

 そして、お問い合わせ係りなどでは、
『良くある質問』などの項目内容は、
把握するようにと指導され、それらが
『古い内容である』と確認された場合、
相応の対処を行うよう、教わる。

 立川市役所に限らないが、公務員の
職場は、Cell方式が用いられており、
隣接する課や係りとの事情が解り難い。

 その関係で、専門性のある説明は、
どうしても担当係りへと問い合わせる
必要があって、利用者側からすると、
「たらい回しにされている」と感じる
原因に成っている。

 民間企業では、それ(たらい回しに
されていること)を避ける為にと、
『 共通の一般情報、専門的な説明 』
との二階層に成った受付に成っている
ことが多い。

 ちなみに「立川市役所は、そもそも
何の為にと、その(よくあるご質問)
枠が設置をされているのかを、担当の
係りが、把握をして無いことが多く、
特に IT(Information Technology)化
の理解に欠けているのかと判断する。

 つまりは、ITと聞いて『 電子化や、
Network 化 』と、誤認している職員が
多いのかとも想われるが、基本的には、
情報技術であり、Personal Computer
(パソコン)を使うと言う意味とも
異なるが、それらでの誤解から、得意、
不得意、苦手などの観点も加わって、
現場職員が使いこなせないことも多く、
問題視されている。

 また私の経済的感覚では、それらが
原因で、公務員の職場が一般世間での
観点(基本的に上場された民間企業の
平均的な世間感覚)と比べるならば、
途上的だと言われる原因に成っており、
その部分を改める必要も有る」のかと
判断するに至り、「ITの教育を職員に
行う必要も有る」のかとも判断する。

 なお、近年だと電子的書類も多いと
言う関係からでも、「職員の再雇用を
行う場合は、基礎的なIT技能を有した
者」を基準とされたい。

>追伸
 相変わらず、PCの中にある業務で
使われる標準的な機能(予定、掲示版
など)を、実務的に使えない職員達も
私が知る限り多く、例えば予定なども
只単に事務的に記入しているだけで、
それを管理したり、利用したりすると
言う事が行えなえず、つまり義務的に
「業務方針で入力しているだけ・・・」
っと言う認識でいる職員が殆どらしい。

 何の為に、IT製品の導入を行って
いるのか、不信に想う所でもある。

 よって、職員へのIT教育も検討を
されたい。

本文の発送先>

・立川市役所

 ・万学2 No.477

= 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) =

万学2的、HP上の『よくあるご質問』に付いて

天使 枠が有っても中身がない・・・。

悪魔 偽装遊戯?

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

No.476 平成24年度、福祉事務所の業務に付いて

配信 平成25年06月02日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.476
作成 平成25年04月17日
課題 平成24年度、福祉事務所の業務に付いて
送付 平成25年04月17日

= 本文面に付きまして =
 本件の内容は、市長宛て親展の扱いにて
御対処を下さい。

 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。

= 趣旨 =
 福祉事務所(生活福祉課)の平成24
年度運用を、明確にされたい。

= 明確にされたい項目と数値 =
一、生活保護の受給者数
 A.年度始め、年度の終わりでの数
  ・平成24年04月01日現在
  ・平成25年03月31日現在
 B.各月における月末時点での総数
 C.年度平均
  ・各月における総数の和を12で割る

ニ、現業を行う所員(Caseworker)数
 A.年度始め、年度の終わりでの数
  ・平成24年04月01日現在
  ・平成25年03月31日現在
 B.各月における月末時点での総数
 C.年度平均
  ・各月における総数の和を12で割る 

三、受給者と所員の関係数
  本節での関係数とは、以下の公式を
 用いて表した数値である。

  ・受給者総数÷所員

 A.年度始め、年度の終わりでの関係数
   ・平成24年04月01日現在
   ・平成25年03月31日現在
 B.各月における月末時点での関係数
 C.年度平均としての関係数

四、その他
 A.所員の受持ち世帯数が、年間を通して
  ニヶ月以上107世帯を超えた担当数。
 B.受給者が保護を受けた後に、病気や、
  怪我、事故などに遭った件数。
 C.受給の対象者で、年度内に健康診断を
  受けた人の数。
  ・更に、受給者総数との比率
   ・診断した人÷受給対象者の総数
    ・可能なら年齢別の数値も算出
 (注意)
  世帯数と異なり、受給対象者の個人を
  『1(人)』とするので、三人世帯で
  あれば総数への加算は、3。その内で
  受診者が2(人)なら、その数だけを
  受診者として加算。

= 結語 =
 今回の数値は、返答と別枠で、広報紙や
HPを通して、全市民にと明確にされたい。

= 語句 =
・HP - Homepage
・Caseworker - ケースワーカー

本文の発送先>

・立川市役所

= 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) =

万学2的、

天使 福祉事務所の運営を明確にせよ!

悪魔 知らなかった方が良い事も有るかもよ?

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =