記事一覧

No.500 外国人向けの広報誌に付いて

配信 平成25年07月28日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.500
作成 平成25年07月19日
課題 外国人向けの広報誌に付いて
送付 平成25年07月19日

= 本文面に付きまして =
 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。

= 趣旨 =
 外国人も、市役所の行政活動に協力的に
参加してもらう為には、相応の情報提供が
必要と成る。

 よって、現状での広報誌を、外国語にと
訳した物を発行することを検討されたい。

= 対策 =
 今時代であれば、Internet を通して、
公開する方が、経費や業務工数が少なくて
済むのかと想われ、PDF形式で公開する
ことを検討されたい。

 また、翻訳などに付いては、NPOや、
奉仕者を募り、翻訳してもらう事により、
公務側の負担を減らす事が、可能である。

 翻訳される言語の選定などに付いては、
立川市役所の判断に委ねる。

= 結語 =
 外国人には、永住を希望するのならば、
日本の自治行政を理解してもらい、時には、
色々な催しに参加をして、一般の市民との
交流を自発的に行ってもらう必要が有る。

 また帰化した外国人に付いても、以前の
母国文化を引きずった感覚で生活されても、
他の一般国民と馴染めないのかと想われ、
帰化したのだから一人の日本国の民として
自覚を有してもらい、相応な責任を負うが
少なからず憲法を把握する必要もある。

 よって、外国人であっても、憲法、法律、
条例を踏まえつつ、市民の一人として行政、
自治の活動に参加しつつ、他の一般市民と
協力関係を築いてもらう為にも、それらの
情報源となる広報誌の内容は、十分に把握
されるよう、自治体としての環境を整える
必要が有る。

 なお、多文化共生の観点は、立川市にと
限った事でなく、全国の市町村に該当する
課題であり、その手本と成るような自治の
運営を検討されたい。

= 注意 =
 本件の御返答は、書面で行われたい。

本文の発送先>

・立川市役所

= 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) =

万学2的、外国人向けの広報誌に付いて

天使 行政を理解してもらうにも重要だ!

悪魔 それって、Judea(ユダヤ)語訳?

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

No.499 外国人に対する、防災の自衛責任に付いて

配信 平成25年07月27日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.499
作成 平成25年07月13日
課題 外国人に対する、防災の自衛責任に付いて
送付 平成25年07月19日
 
= 趣旨 =
 本件の内容は、立広聴・第126号に
「外国人などへの自衛責任についても、
定めておりません」との返答が有った。

 当方は、自衛責任の明確性を求めたの
であり、定めの有無を問い合わせてない。

 よって、適切な返答をされたい。

= 理由 =
 本来だと自衛の責任は、あえて行政が
定める理由が無く、行政が免責(責任を
免れる)ために必要とされる事が多い。

 本件では、日本の民であれば、小、中
学校にて学ぶであろう、国土内での自然
災害事情に付いてを、外国人が十分にと
理解していると想えず、相応な防災知識
などを、自衛的に必要とする状況に伴い、
その明確性を立川市役所に求めていた。

 又、広報(平成25年07月10日10頁)に
よれば、産業文化部 市協働推進課にて
外国人といっしょに防災に付いてを学ぶ
催しが有ったのかと想われるが、それの
紹介も立広聴・第126号に無い。

 それらの状況から想えば、防災、帰宅
困難者の課題と、外国人に対する配慮と
言う点では、庁舎内における情報共有が
不十分なのかと想われるが、広報課にて
市民へと提供される情報としては、調整
される事が可能と想われ、それが無いの
だから、「広報課は、IT( Information
Technology )に、欠けている」のかと
思うに至る。

 つまり、各部署が独自の情報を持って
いても、広報課で収集されている内容は、
「市民へと提供される情報として、集約
された内容を提供する」のが基本だとも
想えるが、現状だと「それの調整能力が
無い」と感じられる。

 よって、産業文化部 市協働推進課の
催し以外にも、色々な外国人と一般市民
とでの自衛(防災、防犯など:広くは、
生活上における自衛であり、福祉などの
範囲も含まれる)活動、訓練の催し等が
行われているのかと想われるが、それを
明確にされたい。

= 結語 =
 立広聴における返答文は、市役所から
市民へと行われ、公的な文面と成るが、
その内容が市民の把握している情報より
乏しい事は、基本的に『ありえない』と
想われる。(例えば民間企業の広報課が
自社製品に付いて顧客から問われた時に、
顧客の方が商品の知識が豊富で、逆にと
担当の係員が、教わっている状態:その
状態を客観的に一般人が、どう想うのか?
との心情を、当てはめて考えられたい。
;ちなみに失敬な公務員の特徴としては、
「お詳しいですね♪」っと自分の無知を
相手を褒める事で誤魔化す輩が居るのも
事実である)

 そもそも、広報課では、広報誌を作成
する関係から、今回のような他部署での
催し等における情報は、把握していたの
かと想われ、立広聴文面を作成している
段階で、十分に解り得たのかとも想える。

 また、そうした状況の案件を見つけた
場合は、即時にと課長の権限で、返答の
調整を行う必要が有る。(それの方法は、
一例を担当係長へ、直接に伝えている)

 よって立川市役所は、今後において、
偏った情報を市民に提供をするのでなく、
各担当課が有する情報などを、広報課で
精査を行い「立川市役所として、適切な
返答に成っている」のかを確認、調整を
されたい。

= 補足 =
 本件に付いて、直接に担当課へ事情を
聞こうと想ったが、立広聴の文面では、
『担当課、係』の明記がされておらず、
やもえず広報課で確認を行い、防災課が
担当との事だったので、問合せたところ
始め係長が電話に出て、詳細が解らない
との事で、やもえず課長に換わり、その
時に、「Compliance(コンプライアンス)
読本・頁8に伴い、憲法前文を把握して
いるのか?」を冒頭で確認したところ、
『一読した程度』との返答が有り、その
後に、それの論争と成って、本件の主体
内容を伝えるに至らなかった。

 つまり当方としては、担当の課長を、
「公務員として適切に応対が行える者と
判断するに至らず、確認などを断念した」
と言う始末の基に、本文を作成した。

 また担当の課長は、『不適切な公務員』
と指摘された事に対して「あなただけの
意見です」等と強く主張していた。

 よって一般の民間企業では、言わない
(行わない)であろう(本件は、憲法の
前文に付いてだが、それを民間の企業に
例えるならば、「自社の企業方針などを
把握しているか?」と顧客から聞かれた
ときに、広報課の人員が『一読した程度』
と答えるにも等しい)とされる対応を、
当方が受け、且つ「そんな事を言うのは、
あなただけだ」っと公務員として無能な
状態における責任を、誤魔化そうとした
防災課長における接遇や他の理由に伴い、
やもえず本件を文面化して問合せるにと
至っている。(相応の労力を強いられて
いる)

 なお防災課・課長は、立川接遇 Manual
・頁42、立川市職員 Compliance 読本
・頁8を理解してないと判断でき、接遇
などの再教育が必要だと想われる。

= 注意 =
 本件の御返答は、書面で行われたい。

= 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) =

万学2的、外国人に対する、防災の自衛責任に付いて

天使 日本の国土事情を外国人が把握してない!

悪魔 知らぬが仏と言いますが・・・。

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

No.498 生活保護受給者の失踪 その2

配信 平成25年07月26日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.498
作成 平成25年07月02日
課題 生活保護受給者の失踪 その2
送付 平成25年07月02日

= 本文面に付きまして =
 本件の内容は、市長宛て親展の扱いにて
御対処を下さい。

 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。

= 趣旨 =
 立広聴・第123号において、失踪に
伴う、生活保護の廃止件数が年度別にて
明確にされているが、追加として以下の
点に付いて明確にされたい。

= 明確性を求める項目 =
 警察への届出を行ったかの確認。

 ・行った件数
 ・行ってない件数
  ・行ってない理由
   ・家庭関係者が行うと言っていた。
   ・事件性が無いので行わなかった。
   ・その他

= 結語 =
 日本の国民、その一人として、情報の
明確性を求める。

= 注意 =
 本件の御返答は、書面で行われたい。

本文の発送先>

・立川市役所

= 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) =

万学2的、生活保護受給者の失踪 その2

天使 失踪者が居る事を隠蔽する自治行政。

悪魔 「神隠しだ!」と言いたい訳です。

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

No.497 生活保護世帯の居住地における保険に付いて

配信 平成25年07月25日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.497
作成 平成25年07月01日
課題 生活保護世帯の居住地における保険に付いて
送付 平成25年07月01日

= 本文面に付きまして =
 現、元衆参議員、並びに各公共機関宛に
要望文の作成、配布を行っております。

 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 なお、担当や管轄に値をしない内容でも、
参考資料として把握されたく想っています。

(該当省庁、機関にも別配布を行っている)

= 趣旨 =
 先日に各市町村事務所で、「生活保護を
受給している世帯が、居住している賃貸の
住宅に対して、過剰に保険料を支払ってる
件数が多い可能性が有る」ことを確認した。

 よって、それを改められたい。

= 理由 =
 立川市役所の福祉事務所(生活福祉課)
で確認を行ったところ、「上限が有るので
その範囲であれば、何ら咎める事がなく、
支給している」との返答が有った。

 本来、福祉保険事務所の査察指導員は、
「過剰、不適切な申出(要望)を、拒むと
言う立場にと有るが、相応の精査を行って
ない」ことが原因である。

 また、それらを確認する手段としては、
契約の内容を事前に確認するとの行為が
必要であるが、それを行わない傾向にと
ある。

 よって、各市町村事務所に対して国は、
「生活保護を受けている世帯が居住をする
賃貸住宅などの保険を必要としている場合、
それ相応の契約内容なのかを査察指導員が
確認する必要が有って、その作業を簡易化
する為にも、『 契約前確認(書:または、
Check Seat(チェック・シート) 』を、
提出させ、保障する家財と、保障限度額の
確認をする」との必要があるので、相応な
検討を行われたい。

= 結語 =
 私が知る限り「地震保険が無く、家財の
保障が700万円もある保険が2万5千円円で、
見積もり等を改めさせたら、家財の保障が
百万円程度でも地震保険が付き、保険料が
1万3千円で済む」ことが解った。

 しかも過剰な保険料に対する見積もりを
立川市の福祉事務所(生活福祉課)では、
「規定上限を満たしている」として、その
請求を受け入れていた。(私の事案では、
見積もりを改めている)

 それらを踏まえ、賃貸住宅業者側と裏で
密約が有ったのかと疑いたく成る程であり、
『鍵の交換』を含め、全国の市町村にある
福祉事務所にて、過剰な給付を行っている
可能性が疑える。

 ちなみに「各地方自治体の福祉保健局や、
国(厚生労働省)には、各(市町村)福祉
事務所を監督する権限、責任を有している
状態にあるが、『相応な資料を残す指導を
行っておらず、監査する時に調査してない』
状態にあり、過剰給付の温床と成っている」
と判断できる。(つまり、貧困者を主体と
する営利活動は、査察指導員の能力不足に
よって生じると判断できる)

 よって国は、各都道府県の福祉保健局に
たいして、相応な指導を行いつつ、適切な
監査を行い、市町村の福祉事務所が過剰な
住宅保険料を支払わないようにと、適切な
指導(査察の強化を指導)をされたい。

 なお、前出の見積もり事案を仮定して、
一つの福祉事務所で、一人当たり1万円の
過剰な給付を阻止して、その対象世帯数が
千世帯分ならば、千万円の過剰給付を阻止
する事と成り、東京都、大阪府などでは、
かなりの浪費を抑えることが可能になると
想われるので、真剣に検討をされたい。

日本の国民、その一人より

= 立川市役所に付いて =
 査察指導員に対して、適切な指導を行う
ように求める。

= 注意 =
 本件の御返答は、書面で行われたい。

本文の発送先>

1.衆・参の全ての国会議員
(尚、MailAddressを公開している議員のみ)

2.各公的機関(地方自治体を含む)
(尚、電子政府、各自治体のHPから送付 )

= 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) =

万学2的、生活保護世帯の居住地における保険に付いて

天使 違憲の助長は、公務違反である!

悪魔 御違憲の有る方は、挙手を♪

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

No.496 職員用の各種手引書に付いて

配信 平成25年07月24日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.496
作成 平成25年07月01日
課題 職員用の各種手引書に付いて
送付 平成25年07月01日

= 本文面に付きまして =
 本件の内容は、市長宛て親展の扱いにて
御対処を下さい。

 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。

= 趣旨 =
 接遇 Manual(マニュアル)、Compliance
(コンプライアンス)読本、個人情報保護・
情報 Security(セキュリティ) Handbook
(ハンドブック)、職員倫理条例・規則
Guideline(ガイドライン)等が、立川市に
あるが、それらに付いて市役所の職員は、
どのような責任を行うかを確認する。

= 選択肢 =

(一)厳守の義務
(ニ)努力の義務
(三)情報提供(厳守、努力の義務が無い)
(四)その他

= 結語 =
 立川市役所の場合だと『理想と現実』に
ついての差が有り過ぎると判断している。

 共産(社会、理想の世界を追及する思想
や宗教観点を原点とする)主義圏で、よく
生じる経済的事情でもあると判断している。

 現状において各種の手引書は、『絵にと
描いた餅』でしかなく、それの遂行性でも
低い状態に有るのかと、国民として判断を
するに至っている。

 よって、立川市役所の職員には、各種の
手引書が、何の目的で作成されているのか
明確にされたく、相応な責任を職員達にと
課する必要も有るのかと想われる。

 なお、立川市役所では、『 始末書 』の
形式を用いて、事案発生に対処していると
言う形跡が無く、(管理職)職員も何かと
反省することが無く、憲法の前文すら説明
することが行えないのに、一般市民を軽蔑、
差別、人権の侵害などをすることも多いと
判断しており、それを市長が指揮している
ならば、改めてもらう(本来での始末書は、
再発を防止するために、注意の自己認識を
させる効果が有る。その為に、事の経緯を
始めから終わりまで記録させて、それらに
対する予防策を、当事者が適切に認識して
いるのか等を、管理職者が確認しつつも、
それらに欠如があるのなら、補足的に指導
するのが一般的で、それの実施を行わない、
または、同等の対応などを行わない職場は、
業務品質の劣化が生じることも予めに解り、
それらを改める)必要が有る。

= 注意 =
 本件の御返答は、書面で行われたい。

本文の発送先>

・立川市役所

= 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) =

万学2的、職員用の各種手引書に付いて

天使 手引書が何の為に有るのか?

悪魔 遂行義務なのか、努力義務なのか?

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

No.495 一時滞在施設の提供に付いて

配信 平成25年07月23日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.495
作成 平成25年06月30日
課題 一時滞在施設の提供に付いて
送付 平成25年06月01日

= 本文面に付きまして =
 本件の内容は、市長宛て親展の扱いにて
御対処を下さい。

 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。

= 趣旨 =
 広報たちかわ・平成25年06月25日版の
5頁に、大規模災害が生じた後に想定を
される帰宅困難者への一時滞在を可能と
する施設を提供してくれる事業者、団体
への広告があったが、その表現が乏しい
のかと想われるので、改められたい。

= 理由 =
 今時代において、IT(Information
Technology:情報技術)が問われており、
その観点から「情報伝達の効率化を考慮
することで、利益の向上を図る」と言う
時代である。

 よって以下のような表現に変えるよう
提案を行う。

= 提案(例) =
 想定される帰宅困難者数と、既に確保
されている一時滞在施設における、収容
可能数、未だ満たされてない数を明確に
することで、参加が行い易くなるのかと
想われる。

帰宅困難者の発生予測数(前例等を根拠)
1万7千人

既に有る一時滞在施設に収容可能数
2000人分

現在、必要とされている収容数
1万5千人分

・17000-2000=15000(人分;必要数)

 なお、5名以下なら申し出が可能との
事業体に付いても、塵も積もれば、山と
成る観点から、軽視されない方が良いの
かと想われるが、基本的に年に一度は、
相応の受け入れ点検(装備などの点検を
行ってもらうこと)は、義務とされたい。

= 補足 =
 学校(教室、体育館)、公民館などの
Hall(ホール:各席が有るので、以外に
使えるのかと想われる)、各公民館や、
たまがわ・みらいぱーく(逆に、子ども
未来 Center、図書館などは、混乱を招く
可能性が有るのかと想われる;百貨店も
盗品などを避ける為に商品陳列の保護が
十分な場所以外は、提供を断ったほうが
良いのかと想われる;更に大停電などを
留意されたい)等が有るのかと想われる。

 ちなみに、立川市が電車中継点の位置
と成っており、それ以外での地域と比較
するなら、近隣市町村との連帯も重要視
され、市内の遠距離よりも電車路線上の
近隣市町村の方が、良いことも有る。

 つまり、可能な限り駅近隣と成るが、
駅周辺の収容が限界になる事を想定して、
近隣市町村にも協力を求め、相応な公的
施設を中心に、大型事業者、団体などの
協力を求める事が必要である。

 よって立川市役所は、市内だけの団体、
事業者に求めるのでなく、近隣の市町村
などにも有事における支援をしてもらう
ことを検討されたい。

 なお、その危機管理体制は、東京都に
報告を行いつつ、総務省にも把握をして
もらい、災害発生時には、警察、消防、
自衛隊にも、事情を把握してもらうよう
心がけられたい。

>注意(1)
 途中の近隣駅などから、徒歩の移動が
懸念され、その点での注意が必要である。

 路線上の各駅に注意を促す必要が有り、
その点では、「電車事業者が各駅にと、
隣接をする商店会、自治会(自治体)と
協力体制を整えておく必要もあり、後に
徒歩などで集まってくる帰宅困難者をも
想定する」との観点が重要視される。

>注意(2)
 私の危機管理知識は、比較的に古く、
近年だとNPO等の協力なども期待する
ことが可能かと想われる。

= 結語 =
 今時代は、情報の技能と言う点から、
これまでだと速度が中心と成っており、
次いで正確性、事実(無実:事実では、
無い)などの情報品質が問われつつも、
映像などの技術も発展しており、その
関係から Internet を通して、地球の
裏側であっても、一般人による配信で
現地の状況が報道機関よりも早くにと
公開される事すら有る。

 つまり、「活字の情報配信であれば、
その活字を理解可能な人だけが情報を
得られるが、映像だと共通的な視点で
物事を見受けることが可能」である。

 その点では、PC等の電子機器でも
広く使われ、『 Icon 方式 』として、
絵柄で表現され、昔から交通標識や、
便所の位置を示すのにも使われている。

 よって国際的な観点(外国人の帰宅
困難者)を想えば、Icon 方式 を用い、
外国人の帰宅困難者にも解るような、
誘導方法を検討する必要も有るのかと
想われる。

本文の発送先>

・立川市役所

= 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) =

万学2的、一時滞在施設の提供に付いて

天使 相応数を確保することを優先する!

悪魔 ざ・椅子取りGAME♪

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

No.494 福祉事務所の業務に付いて その2

配信 平成25年07月22日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.494
作成 平成25年06月24日
課題 福祉事務所の業務に付いて その2
送付 平成25年06月24日
再送 平成25年11月15日

= 本文面に付きまして =
 平成25年06月24日にInternet経由で
送付を行ったつもりだったが、届いて
無いとの事が解り、再送付を行う。

 本件の内容は、市長宛て親展の扱いにて
御対処を下さい。

 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。

= 趣旨 =
 以前に立広聴・平成25年度・第25号の
返答を得たが、追加的に以下の部分をも
明確にされたい。

= 項目 =
 以下は、全て平成24年度内での数値。

(一)
 各月の統計で、現業を行なう所員の一人が
担当した、最大世帯数、最小世帯数。

(ニ)
 生活保護を受けた後に、保護の解除にと
成った年度の総数、月統計。

 (甲)その理由
   ・死亡(自殺、病死、老衰など)
   ・就業
   ・扶養としての受入れ

(三)
 生活保護を受けている単身の世帯数

 ・性別(男女)
 ・年齢別
 ・入院者
  ・一ヶ月単位での統計
 ・医療保険を受けている者の数
 ・合計

= 結語 =
 立川市の福祉保健部では、実数に伴った
業務戦略を遂行してないと判断しており、
実数に伴った業務改善の指針を示す為にも
それらの数値を求め、それに伴う自発的な
業務戦略を期する。

本文の発送先>

・立川市役所

= 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) =

万学2的、福祉事務所の業務に付いて その2

天使 業務の成果を数字的に追求する!

悪魔 数字で誤魔化される事も有るよね?

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

No.493 自殺者数と、福祉保健部の運営

配信 平成25年07月21日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.493
作成 平成25年06月24日
課題 自殺者数と、福祉保健部の運営
送付 平成25年06月26日
再送 平成25年11月15日

= 本文面に付きまして =
 平成25年06月26日にInternet経由で
送付を行ったつもりだったが、届いて
無いとの事が解り、再送付を行う。

 本件の内容は、市長宛て親展の扱いにて
御対処を下さい。

 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。

= 趣旨 =
 立川市の福祉保健部は、自殺者を誘発
する傾向にあるのかと他の事案からでも
感じられるので、公務の事情を確認する。

= 確認 =
 立川市は、平成24年度の自殺が40人
も発生しているが、それの内訳を基に、
以下の確認を行う。

>参考
 立広聴・平成25(2673;2013)年度・第36号
 立広聴・平成25(2673;2013)年度・第84号

(一)
 経済・生活問題で自殺した人は、5名
だが、その者達が、生活保護の申請にと
訪れていたのかを確認する。

(ニ) 
 生活保護を受けていながら、自殺した
者が2名も居るが、その自殺者における
自殺理由を明確にされたい。

(三)
 健康問題で自殺した者が16名も居る
状態にあるが、福祉保健部の全職員は、
その事実を把握しつつ、相応な対策をと
検討しているのかを明確にされたい。

= 結語 =
 自殺対策基本法・第一条、第四条にと
伴い、確認を行う。

 又、生活福祉課、健康推進課の業務に
おける適正化は、自殺者の実数的からも
解る通りである。

 生活福祉課においては、過剰業務にと
成っている事が解っており、業務効率化
などを私から指摘されるに至っているが
業務体制の悪さは、民間企業で例えると
「 保険会社の外交員も劣る 」のかと
想われ、接遇、ITの能力に欠けていると
されている部分でも最悪であり、業績と
言う観点では、『 振り込め詐欺の手口
などよりも、劣る(立川の管内で生じた
被害総額と、福祉事務所における業績を
比較した場合) 』のかと感じられる程、
杜撰である。

 健康推進課に付いては、女性職員達の
対応が適切と言えず、健康づくり担当の
課長に色々と、提案や業務の改善請求も
行っていた状況にある。

 よって立川市役所は、職員の実質的な
努力などは、実数(自殺者の減少、市内
での経済性における向上の実数)にと、
確実に結びつく公務活動を行われたい。

 なお、一般的に目的もって公務に従事
するのかと想われるが、立川市役所での
場合、どの部署でも「作業が有っても、
その作業を、労働的に終えることだけが
目的の如くと成っており、本来の奉仕者
及び、公務の目的、そもそも公務員との
立場で、憲法の前文における志すらもが
健忘している状況に有り、結果的には、
『只の作業員(労働者)』に陥っており、
特に公務員試験を必要としているのかも
不明である。

本文の発送先>

・立川市役所

= 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) =

万学2的、自殺者数と、福祉保健部の運営

天使 行政業務の向上が重要である!

悪魔 鬼のような公務員?

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

平成25(2673;2013)年度・第146号

内容

 立川市役所には、職員向けの各種手引書が有るが、それらの内容は、「遂行義務が課せられているのか、努力義務が課せられているのか」を確認した。 

参照

平成25年度の進捗/168
 ・万学2 - No.496

返答

ファイル 2067-1.jpg

平成25(2673;2013)年度・第144号

内容

 JR立川駅は、都心部への中継点となり、何だかの理由で電車が止まれば、帰宅が困難と成る人が発生する事がある。

 その帰宅困難者が一時滞在する施設を立川市役所が募集をしていた事に対する意見を行った。

参照

平成25年度の進捗/167
 ・万学2 - No.495

返答

ファイル 2058-1.jpg

平成25(2673;2013)年度度・第138号

内容

 立川市役所における公務品質が、『全体的に悪い』と感じられ、各業務の監査を行う必要があるのかと判断するに至り、要望を行った。

参照

平成25年度の進捗/164
 ・万学2 - No.492

返答

ファイル 2057-1.jpg

日々の記録

排便体重腹囲
?67.0Kg-

血圧など

最高最低脈拍時間
107746512:15

食事

座って食べる

-X

30分程度の時間を確保する

-X

30回以上は、噛む

-X

口内衛生

X

事務業時の休憩(御茶の時間:室内運動)

御茶の時間

午前午後
X

御手軽体操(Pet Bottle、Towel体操、足踏み運動)

午前午後

その他

腹筋Lymph
X
背筋腕立てすくわっと
XXX