記事一覧

Resolver(リゾルバァ)戦略

慣用語と常用語の結びつけ

 本来だと Resolver は、情報処理学における
Network 関係の用語となる。

 戦略としては、慣用的に使われている語句と、
一般人が常識的に把握している語句を結びつける
時などに、『解決をする技能』を習得する」為の
との論述である。

実例 公務員による国民への説明を明確にする作戦

 警察官や他の公務員などで、職場の慣用語
などを用いて、一般国民と会話する輩が居る。

 嘗ては、『業界用語』等と呼ばれ、それの
業界関係者である事を相手に想わせる為にと
用いられたり、単に慣用語が常用語としての
認識となり、一般人と接する時に過失適にと
使うことも有る。

 それらを踏まえ、警察庁など、各行政での
機関では、「一般の国民と言葉を交わす時は、
慣用語を用いず、適切な語句で説明を行う」
との要望を行っている。

 逆に、慣用語を使われると、解り難い事が
多く、それらを踏まえ、業界用語と言うより
『第三者に解り難い隠語』として使われると
言うことも有り、公務上において、それらの
必要性は、基本的に無いと判断をしている。

 よって警察機関に限らず、全行政機関にて
使われる慣用語は、一般国民と接する時に、
標準語へと直して言うようにする事を求めた
作戦でもある。

憲法、法律、規律と公務や国民生活の結びつけ

 Domain 戦略と類似するが、例えば、風営法
と俗に言う法律の正式名称は、『風俗営業等の
規制及び業務の適正化等に関する法律』である。

 このように、業界の慣用語と言うよりは、
『俗称と正式名称が結びつかない法律など』で
生じる問題を解決する立場に有る者を意味して
おり、それを『(一)自らが解決するのか、
(ニ)第三者に問うのか』の業務習慣を身に
つけてもらう。

 つまりは、ITの技能における観点から、
「自分で使っている語句が、正式に何を意味
するのか理解し得ない場合は、(一)自らが
調べるか、(ニ)第三者にと確認して解決を
するか」を判断しつつ、『不適切、不実なる
返答を行わない(予防する)』との業務対応
能力を得てもらう。

 それによって、不明確な返答を無くしつつ
人間関係上の信頼性を高品質で維持する事が
目的の戦略と成る。

語句
・Resolver
 ・Wikipedia

正引き作戦

簡略的な説明

 異なる立場に有る者達を、行政機関が中継を
行って、結びつける効果を期待する戦略である。

実例 情報の需要と供給を活性化させる

 Neuron 作戦に類似しており「既に情報として
有るが、それを Internet 上(の HP )などにで
提供を行ってない情報を、公開するするようにと
促す」ことを目的とする等に用いる。

 例えば「公的機関が特定情報を有していても、
それを Internet上(HPなど)で、未だ提供を
行ってない場合、その情報公開を要求する」等の
論述となる。

実例 公務員の自覚と、国民による行政への理解を求める

 「公務員達は、基本的に憲法、法律に基づいて
公務に従事している」との関係から、一般者へと
公務について説明を行う時には、『公務の根源と
成る法規などを明確にする』との必要性が有る。

 それを行える公務員が(裁判官を含め)少なく
人材(公務員)をRobot(ロボット:もともとは、
作業を行う物)化して、完全な服従型の人間にと
公務員が成り代わってしまっている事が多い。

 そこで、公務員としての自覚と、普遍な(憲法の
理念)志を再確認させ、それに基づく公務の有り方
などを説明した後に「一般の国民に対して公務員は、
自らの公務内容を理解してもらう為に、憲法や法律、
規律、必要な限りで業務の要綱などに記載をされて
いる条文を、偽り、誤り無く伝える事の重要性」も
憲法・第九十九条の観点から再認識させ、『一般の
国民に、理解され難い憲法、法律、規律や、それと
行政の関係を理解してもらう能力(IT:Information
Technology)の重要性』を把握させつつ、それらの
効力により、「国民が、憲法、法律、規律に対する
理解と、行政の機関、そして国民が自らの立場を
『正引き』する」と言う現象を生じさせる。

 つまり情報処理学で言う所の『正引き』のように、
憲法、法律や規律を、行政が『正引きする効果』を
期する戦略などに用い、「公務員側では、その時に
'' DNS Server ''の効果と等しく、憲法や法律、
規律と、国民を結びつける役割を担う」ことを工作
する時に用いる。

 よって、公務員は、公務員試験などで法規を学び、
憲法・第九十九条や、公務員と成る時に行ったかと
想われる宣誓書にと記載の有る内容を基に、『国家
(憲法)と、国民とを結びつける』との効果を発揮
する為の戦略に用いた作戦でもある。 

・語句
 ・正引き - Wikipedia
  ・DNS - Wikipedia
   ・DNS Server - Wikipedia

Neuron(ニューロン)戦略

情報機関を育てる

 特定の情報を発信する機関として未熟だけども、
その情報を将来に発信する事が可能に成ることを
促す。

 つまり「特定情報や、未だ情報収集を行って
ないが、機関的に特化して収集を行えて、且つ
将来的にも必要だとされる重要性を伝えつつ、
その情報を誰が必要とされるのかも明確にする」
との論述である。

解説

 これは、行政機関など統計や色々な情報などを
『収集している、収集し易い』とされる機関が、
「将来に必要とされる情報を保有している。又は、
特化的に収集が可能である場合は、それら情報が
世間的に、どう重要なのかを説明しつつ、それの
保持管理を行い、また将来的にも情報を必要だと
される機関に対して、情報提供を行うことを促す」
と言う、将来に情報の発信基地と成り得ることや
その重要性を伝え、認識させる事を目的とする。

 よって、「情報収集、伝達の課題における核を
造る」ことを意味する。

・語句
 ・Neuron(ニューロン) - Wikipedia

Synapse(シナプス)戦略

異なる情報の発信者を、結び付ける。

 例えば、異なる行政機関が Internet上(のHP)を
介して提供する双方の関連情報に対して互いの機関へ
「(一)結び付け(Linkを張る)、(ニ)情報更新を
行った事の連絡をする等を行うようにと、機関同士の
連帯を促す」が、その時に『双方の機関における利点
(業務の簡略化)や、国民側の利便性(質が良い情報
提供は、国民の利益を向上せる)』と事情説明を行が、
その説明が Synapse 効果と成る。

・語句
 ・Synapse(シナプス) - Wikipedia

日々の記録

排便体重腹囲
67.0KgCm

血圧など

最高最低脈拍時間
103717308:22

食事

座って食べる

-XX

30分程度の時間を確保する

-XX

30回以上は、噛む

-X

口内衛生

X

事務業時の休憩(御茶の時間:室内運動)

御茶の時間

午前午後

御手軽体操(Pet Bottle、Towel体操、足踏み運動)

午前午後
X

その他

腹筋Lymph
XXXXX
背筋腕立てすくわっと
XXXX