記事一覧

災害ボランティア(Volunteer)検定

ファイル 3131-1.jpg

内容

 Internet 上から行える検定で、学ぶことを
主体としている。

 又、知識の範疇としても役立つ内容が多く、
一度の申し込みで、合格するまで三回までの
受験が行える。

 私は、一回目で80点となり合格しましたが
もしかすると、初めに不合格となった方が、
二回目、三回目で、試験の内容が自動的にと
少し変わって、知識の範疇が広がる可能性が
あります。

 よって、一回目では、体験的に受験を行い、
後に試験の結果に伴う解説を確認しててから、
二回目を受験して、試験の内容が同じならば、
そこで合格するのかとも想われ、三回目は、
予備と言う感じで想っていた方が、気楽かと
想われます。

 なお、私は、事前の学習もなく、一気にと
一般常識の感覚だけで挑んでしまい、最後の
数問は、制限時間で答えられませんでしたが、
「実際の Volunteer でも、一般人が善意での
気持ちだけで挑むと、無知な部分によって、
活動上における危険などを、発生させる事が
あって、逆に知識があれば事前に危険を回避
する事が可能である」ことも、この試験学び
ました。

注意

(一)試験の形式

 この試験は、制限時間の割りに問題の数が
多いのかと想われます。

 難しい問題を飛ばして、次々に答えつつも
最後に難しい問題に着手を行った方が良いと
想われます。

 災害発生時に、「慌てず、いい加減に数を
こなすより、的確にと一つ一つの課題に取り
組むことを悟らせる」ような試験の体制にと
成っている感じでした。

 また解らない部分に対しては、目印を付け
後に回答が行えますが、実際の Volunteer
活動でも、自分が行えない、解らない部分を
無理して行おうとせず、印を付けたりして、
他者からの応援を求める事なども、重要だと
想われ、それの感覚を養うに、ちょうど良い
感じでした。

(ニ)認定書

 PDF の形式で、合格と同時に Download が
可能と成ります。

 私の場合は、それを JPG 形式に変えて、
表示を行っています。

主催

災害ボランティア検定

顧客満足度(CS)を意識した Communication Presentation 能力 Up 講座

ファイル 3130-1.jpg

Career Up 講習

 顧客満足度( CS:Customer Satisfaction )を
意識した Communication(コミュニケーション)、
Presentation(プレゼンテーション)の能力などの
講習に参加を行った。

修了日 平成24年10月13日

内容

・心理学と Communication
・Work Motivation (ワークモチベーション)
・Business Manner(ビジネスマナー)の意義と実践
・仕事の進め方
・顧客満足度(CS)について
・第一印象と立ち居振る舞い
・あいさつ
・敬語の使い方
・Presentation

主催

東京都 多摩職業能力開発 Center