記事一覧

No.524 平成26年度における減災に付いて

配信 平成26年06月13日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.524
作成 平成26年06月02日
課題 平成26年度における減災に付いて
送付 平成26年06月04日

= 本文面に付きまして =
 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。 

= 趣旨 =
 時代相応の減災に関する行政活動が、
機能しているのかを、市民の一人として
確認する。

= 確認の事項 =

(一)災害時要援護者の避難支援

 私の認識だと、まだ広報紙で、それの
制度が有ることを確認してない(または、
見落としている)ので、明確にされたい。

 また、どのような制度なのかも説明を
されたい。(参照物の紹介など)

 なお、特に注意が必要なのは、在日の
外国人であるのかと想われ、それらへの
配慮を確認したく、立川市役所の場合は、
多文化共生委員会へと協力を求める事が
可能で有るのかとも想われる。

(ニ)空き家

 災害発生時に、古くなった空き家にて
倒壊、火災の発生などが危険視されるが、
その観点からの警戒は、どのように対処
されているのかを明確にされたい。

 尚、空き家の把握に付いては、各町内
自治にて把握してもらった方が、管理を
行い易いのかと想われ、その対処などの
検討も、市民が自主的に行え、そうした
『空き家管理の計画書』などを作成して
もらい、市役所に提出を行わせる方法も
良いのかと思われる。

参考
都市問題 2013.04 P45 空き家問題

(三)都市GAS(ガス)

 老朽化した Building(ビル建築)等は、
倒壊を免れても、配管されてる GAS 管の
安全性までを防げるとは、想えない。

 もともと立川市に転居した当初から、
減災に伴う都市 GAS の危険性に付いてを
色々と調べ、相応の要望を東京 GAS にと
行った後に、高松町三丁目などで老朽化
と成った GAS 配管の交換工事が行われ、
道路下にある配管に付いては、相応なる
整備が行われている事を、確認している。

 ところが、老朽化した Building 建築
では、その管理が持ち主に成っており、
その部分における確認は、行ってない。

 よって、立川市役所(行政)としては、
やはり、Building の持ち主に、定期的な
(建物全体の)点検を促したり、防災の
講習を行う等の試みが必要で有るのかと
想う。

(四)市民向け減災の講習

 日々に防災、減災に関する情報が更新
されているが、それに伴い、全市民にも
相応となる最新の情報を提供することが
求められるのかと想われる。

 よって、相応の講習などが(外国人の
居住者を含めて)有るのかを確認する。

 なお、無ければ、「各町内自治の丁目
ごとに、最低でも年一回は、講習、会合、
懇談会を兼ね、話し合う機会を作るよう
指導する必要が有る」のかとも想われ、
その時に、(ニ)に付いても課題として
取り組んでもらったり、更に、防犯での
講習も兼ねたりする事が可能かと想われ、
孤立した高齢者にも参加してもらったり、
後に情報を届けるだけでも、近所の交流
などを維持できるのかとも想われるが、
地域自治に加入してない場合もあるので、
それの関係から町名(丁目と異なる)の
単位で、市役所が主催の講習会も別途で
必要とされるのかと想われる。

= 結語 =
 防災、減災に付いては、国民が個々の
生活上における防御(自衛)の義務が、
暗黙にある。

 又、小学生か中学生の時には、日本の
国土は、火山帯で形成されていることは、
習っているはずであり、近年だとTVの
番組などで、地形上における変動が生じ
やすい国土であることも、広く国民にと
伝えられている。

 そうした認識があっても、実生活には、
防災、減災として何が必要なのかを解り
難い状況にあって、且つ近年だと外国人
居住者による、防災(減災)、防犯も、
自治体と言う意味合いでは、考慮をする
必要がある。

 それら各種問題を含め、行政側で行う
ことよりも、市民の個々が自主的に行う
ことを、広報紙で特集を組む等を行い、
一年に一回程度は、広く市民にと伝える
(再確認を兼ね、防災装備の再点検や、
近隣の外国人との交流、並びに講習への
参加などを促す)ように検討をされたく
Internet を通して動画などを配信する
こと等も、今時代なら可能であるのかと
想われる。

 尚、既に色々と行政側で行われている
ことが有るのかと想われるが、今回は、
新たな部分と、後の経過、今後の再確認
などを兼ねて、要望、確認などを行う。

>留意

 別に、立川市役所だけに拘っていると
言う訳でもなく、本来であれば、国内の
全自治体で、検討されるべく内容であり、
それへの基準点などを模索している関係
から、自分が所属している立川市役所に
確認、要望などを行っているに過ぎず、
全国市町村議会では、相応にして日々の
成果などについて公表されているのかと
想われ、且つ、それを期待している。

 
= 注意 =
 本件の御返答は、書面で行われたい。

本文の発送先>

・立川市役所

= 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) =

万学2的、平成26年度における減災に付いて

天使 防災の環境は、まだ不十分である!

悪魔 日ごろの行いの問題かと想うけど?

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

No.523 管内の指定暴力団を形成する集団に付いて

配信 平成26年06月12日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.523
作成 平成26年06月01日
課題 管内の指定暴力団を形成する集団に付いて
送付 平成26年06月01日

= 本文面に付きまして =
 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。 

= 趣旨 =
 立川市の管内において、指定暴力団を
形成する団体の事務所が、幾つかあるの
かと想われる。

 その団体が暴力活動など不法、不当な
活動を行っている事実の有無を、自治体
として確認をされたい。

= 理由 =
 東京都 暴力団排除 条例(平成二三年
三月一八日 条例第五四号)・第三、十五
~十七条、並びに、立川市 暴力団排除
条例(平成23年10月28日条例第14号)・
第三~五条、及び、日本国 憲法・前文
第二段落の趣旨(我らは、全世界の国民が
ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和の
うちに生存する権利を有することを確認
する)に伴い、市民の一人と言う立場で、
確認(立川市役所への確認請求)を行う。

 また、本件の確認事項における手順は、
以下の通りに、提案する。

= 確認の手順 =

一、指定暴力団を構成する集団の特定

 行政として、管内にある指定暴力団を
形成していると明確に成っている集団を
特定する。

 その場合、公安委員会に問い合わせを
行い、確認する。

ニ、市議会への了承

 立川市役所にて、指定暴力団を形成する
施設などを特定した後に、そこへ確認状を
送付(書留など)、又は、手渡すが、その
行為を行う前に、市議会で承認を得てから
行動する必要がある。

 つまり本件の事案は、「自治を形成する
一般の市民にも、責任が生じる範疇であり、
その責任を過剰にと行政機関が負う必要も
ないのだから市議会に行政案として提案を
行い、市議会の決定(市民側からの同意を
得て、市民も均等に責任などが課せられる
こと等を自覚させた後に:広報誌などにて、
その旨を全市民に告知する必要もある)を
経てから、確認状を発行する必要がある。

三.送付と結果

 特定の期限を定め、その間に返答を得る。

 (甲)
 返答の内容において「指定暴力団として
区別されたのは、公安委員会の方針であり、
我々(該当の集団)は、不法、不当行為に
関与を行ってません」との返答が有れば、
その集団に対しては、「公安委員会にて、
指定暴力団を形成する集団として、公表を
されているが、該当の団体へ確認を行った
ところ、不法、不当行為に着手をしてない」
との返答が(主張)有った旨を、広報誌で
全市民にと報告する。

 (乙)
 返答が有っても、不明確な部分があるの
ならば、再確認を行うが、明らかに、不法
不当行為の着手を仄めかす内容があれば、
一般国民にとって、脅威な存在だと明確に
成るのだから、それを基に民事裁判を用い、
立川管内から排除(解散、及び転居)等の
命令を行ってもらう。

 (丙)
 仮に返答が無かった場合には、再度にと
確認(確認状の再送)を行って、それでも
返答が無ければ、『疑いあり』との判断を
初期段階で行いつつ、民事裁判所を用いて
確認状に法的強制力を用いて返答を促すが、
それの後においても返答が無いのならば、
脅威的存在だと見なして立川管内から排除
(解散、転居、市民権のなど剥奪、住民票・
事業者登録など削除)等の判断を裁判所に
行ってもらう。(それの為には、相応なる
請求を裁判所に行う必要があって、それの
内容を含め、市議会を通してから裁判所へ
請求することを勧める)

  • --> 確認状の内容 例

 あなたたちが形成してる人間関係では、
公安委員会から指定暴力団との関与などが
認められると、指摘をされております。

 立川市役所としては、東京都の条例や、
立川市の条例に伴い、そうした民を排除
する意向に有ります。

(基本的には、この節に条文を明記する)

 しかし、公安委員会が指定を行っても、
実際において、不法、不当行為にと着手を
行っていない場合では、あなた達を過剰に
排他する理由が無いのかと判断できます。

 よって、以下の項目に付いて御返答を、
お待ちしています。

一、組織的な不当、不法行為への着手

 集団を形成する人員を用いて、不当、
不法行為へ着手をする指示などを行った
ことが有るのかを、明確にされて下さい。

ニ、不当、不法行為へ着手をした者が居る

 仮に不当、不法行為に着手をした者が
居たとしても、その者に対しては、どの
ような教育、指導を行い、再発の防止に
勤めたのかを明確にされて下さい。

 つまり、集団を形成している場合には、
公務員でさえ、個人が不当、不法行為に
着手する事も有りますが、その後にて、
相応な処分(再教育や懲戒)を行う事で、
再発の防止に勤めており、それの対処に
おける方法を明確にされて下さい。

三、本書の返答における期日

 平成○○年○○月○○日(の消印)迄
お受けいたします。

 仮に、御返答が無い場合では、次回に
法的な強制力をもって、御返事を求める
ことに成り、何かと不利に成る可能性も
生じますので、留意をされて下さい。

 尚、御返答は、必ず郵送で行って頂き
ますように御願いを致します。(今回は、
直接に窓口では、お受けすること等は、
行えません)

>結語

 本件における御返答は、適切に行われ
たく、本紙により御返答が頂けない場合、
改めて司法機関を通して、請求する事に
なります。

 又、不明確、不適切な内容と想われる
部分が有った場合は、再確認を行わせて
頂きますが、状況によって法的な処置を
行うこと(裁判所での判断に委ねる)が
有ります。

 私たち市役所の職員、並びに立川市の
自治を形成する市民は、良い返事がある
ことを、期待しています。

  • -->

= 結語 =
 意外かも知れないが、本件の課題では、
指定暴力団を排除する為の案件では、無い。

 指定暴力団の組織を形成している団体で
あると、公安委員会側で指定を行っても、
その不法、不当な行為を行っている実態を
確認されない限りでは、それを過剰に差別
する理由が無く、それを世間的な観点にて
威圧的に扱う事により、人道的な観点から
逸脱をする事となり、「専制と隷従、圧迫
と偏狭を地上から永遠に除去しようと努め
てゐる」と、言えない。(憲法・第九十九
条に伴い、全公務員には、憲法を擁護する
義務が課せられている:「」内は、憲法・
前文・第二段落目の一部抜粋)

 また、何だかの理由で指定暴力団と利益
共有の関係にあるだけなら、公務員の汚職
ですらも発生する事が昔からある程なので、
それと比較すると、別に珍しい事でも無く、
時代を経ても、そうした典型的悪行などが
止まないのも人類の特徴である。

 本来だと前提は、暴力団を利用している
いる宗教、並びに政治などの団体を、排除
する目的が後にあって、それの前に、まず
一般的に暴力団の事務所が有ると言われて
いるような場所において、その事実確認を
市民の自治性から、条例に基づいて確認を
行うが、後に(甲)行政案として検討され、
(乙)次に市議会を通してから、その許諾
(確認状の発行を行うこと)を広く市民に
把握してもらい(且つ、市議会で論議して
もらい)、(丙)それの実行と結果に伴う
対処を、市役所が行う事を検討されたいと
言う要望(請求)に成る。

= 補足 =
 本件の内容は、指定暴力団の事務所が、
立川管内に有ると解った一年ぐらい前から
検討していた事であり、基本的に「市民が
条例の義務を果たしてない」との結論と、
「公務員側にと、過剰に責任を押し付けて
いる市民の世情」を踏まえ、それの改善を
前提とした提案でもある。

 また、本件の内容は、警察庁側にも既に
伝えてあり、「別件を含め法務省、外務省
等とも、いちど話し合ってもらう」ように
との要望を行っており、立川市役所側から
警察庁 長官官房 総務課 広報室警察庁 
広報課へと問い合わせを行ってもらえれば、
相応なる担当部署から、相談などを受けて
もらえるのかと想われる。

 よって立川市役所だけで検討を行ったり、
立川警察署へと責任を譲渡するような事は、
行わないようにされたく、本件の事案では、
「全市民が条例に伴い、等しく責任を負い、
かつ不当、不法行為に着手を行っていると
言う事実が無い限りでは、それを過剰にと
排他する理由が無い旨などを、市民に通達
する事は、憲法の趣旨に伴う責務を果たす
ことに成る」が、だからと言って公務側が
過剰に責任を負うのでなく、全ての市民が
平等に責任を負うような形式で展開をする
ことが、民主的(政治団体名・民主党にて
主張されている民主主義とは、異なる)に
求めらられているのかと判断するに至り、
本件を提案する事と成った。

 なお立川市は、比較的に民主的でわなく、
社会主義、及び共産主義、または、それら
主義が民主の名称に隠れて助長(工作)を
する市民が多いのかと想われ、海外からの
移民を日本国の憲法、法律を把握してない
ことを逆手にして、ほぼ奴隷化されつつも
特定の企業が利益を得ている事も助長して
いる宗教、政治の団体が有るのかとも疑え、
それが違憲的であるとも判断でき、まるで
日本国と思えないような、街の形勢状態に
(立川市の自治に限らずとも、そのような
状況にある自治が増えているのが現状で)
ある。

= 注意 =
 本件の御返答は、書面で行われたい。

本文の発送先>

・立川市役所
・警察庁

= 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) =

万学2的、管内の指定暴力団を形成する集団に付いて

天使 条例を作っておきながら、無責任な自治。

悪魔 表と裏が好きな人達なんですよ音符

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

No.522 平成25年度の自殺者数

配信 平成26年06月11日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.522
作成 平成26年05月30日
課題 平成25年度の自殺者数
送付 平成26年05月30日

= 本文面に付きまして =
 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。 

= 趣旨 =
 立川市管内における、平成25年度での
自殺者を明確にされたい。

(一)
 その形式は、立広聴・平成25年度・第
36、84号と同じ。

(ニ)
 また今回では、その統計数上における
公務員による自殺者数を明確にされたく、
可能なら業種別にと明確にされたい。

(三)
 更に立川市は、自殺防止対策の活動が
行われているが、その成果は、統計的に
どう判断をされているのか、担当部長の
見解を明確にされたい。

 改善の見込みが無いとされる活動では、
無駄であり、成果向上の為にと、企画の
見直しが必要で有るのかと想え、かつ、
一般市民としては、そうした事情が解り
難いのだから、平成24年度と平成25年度
での改善点、及び平成25年度での統計に
基づく、平成26年度の目論み(改善点)
などを明確にされたい。

= 補足 =
 私が知る限りでは、公務職における職種
別での自殺者数は、自衛隊、警察官、消防
(消防士、救命技士)が、比較的に多いと
認識している。
 

= (自殺防止対策での)無駄な公務に付いて =
 無駄な公務に対して、価値が有るのかを
問われるだけで済まされず、それに対して
俸給、及び活動費(経費)等の予算が消費
されている。

 それらは、不当消費としか判断できず、
特定の者達が利益を得ている状態にあって、
全市民に均等的な利益が生じているとは、
想えない。

 よって、不経済な公務の活動は、抑制を
される必要が有って、それの改善(企画の
変更)を行うか、廃止を検討する等の必要
もあり、建前だけの無駄な事業は、経済的
観点で想うならば、不要である。

 なお、俸給に見合う公務能力を有さない
市役所の人員も等しく同じであり、自殺に
至る前に、適切に排除する(退職させる)
のが適切かとも想える。
 

= 注意 =
 本件の御返答は、書面で行われたい。

本文の発送先>

・立川市役所

= 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) =

万学2的、平成25年度の自殺者数

天使 防止活動の成果における明確性を求める

悪魔 ま数が増えている事が好ましいけど♪

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

No.521 立広聴・平成25年度・第652号

配信 平成26年06月10日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.521
作成 平成26年05月31日
課題 立広聴・平成25年度・第652号
送付 平成26年06月01日

= 本文面に付きまして =
 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。 

= 趣旨 =
 返答の内容は、私を含めた一般市民を
軽蔑、侮辱している返答であると想え、
且つ、不明確な部分が有るので、再度に
確認を行う。

= 侮辱された内容と、確認の事項 =

(一)「多くの方から意見を頂く・・・」
 平成24年度における私からの意見等は、
私が把握している限り、117件件であり、
全体の約7分の1であったのかと想われ、
翌平成25年度では、立川市役所に対して
過保護的な経済活動を自粛して、40件に
留めたが、それでも全体の17分の1程度に
該当しているのかと想われる。

 また、現状における立川市民の総数は、
178,730人(85,863世帯;市役所のHPを
参照:平成26年05月30日)だと認識して
おり、その中でも広く小、中学生からの
意見も可能とするならば、総人口の半数
以上が、(市政への意見を)利用可能な
状況に有るのかとも想える。

 ところが実数的には、年間で約700件に
留まる広聴 Card(カード)作成数での
実態を思えば、それが多いとも想えない。

 つまり、約8万5千世帯分の約700件だと
(121世帯で一件の割合:でも実際には、
私が平成24年度に117件、平成25年では、
40件なので、実質的な割合ならば、更に
少ないと)思えば、大した数でもない。

 よって、立川市役所が主張をしている
多くの方からの意見とは、只単に業務の
件数的に多いと主張をしているだけで、
大勢の(議会でも議席の三分の一、又は、
半数以上で、多いと判断される)意見と
想えない状況において、本気で、多くの
意見が有ると想っているのかを確認する。

(ニ)個々の意見における価値
 「経済的に、どれ程の価値が有るのか、
試算して無い」との理由が明確に成って
ない。

 立川市市長への手紙事務処理要綱での
第四条・二項・三号に、「実現できない
ものは、なぜできないかを明らかにする
こと」との記載が有る。

 私は、ここ数年において立川市役所に
色々な問い合わせや、意見などを行って
いたが、第四条・二項・一~三号などを
満たす返答は、殆ど無い。

 そもそも私からの事案における一件に
対して、再確認、再々確認、それを経た
要望など、一件での事案における手数を
増しつつ、愚かにも自ら公務を増やして
いるに等しい状況は、質の悪い公務での
結果であって、相応に民へ被害が及んで
いる自覚も無く、市民側でも自覚が無い
(または、人間関係の工作などで、指定
暴力団や、宗教団体などの人員を使い、
民の善意な活動や意見の発言に対して、
妨害工作をする事もあるのかと想われ、
それらを恐れて、他者が意見などを行い
難いのかとも思うにも至っている)。

 よって、これまで公務上の要綱ですら
満たせて無い返答だけでなく、そもそも
民からの意見などにおける価値を計ると
言う以前に、自らの公務が俸給を得ると
言う意味合いから憲法、法規や業務要綱
などを満たせているのかを計る事すらも
行えてない事が問題だと思える状態で、
その「公務の価値(職員の個々における
俸給を与える程度の能力、及び利益的な
活動が行えるのか等)を確認されたく、
後に市民からの要望や意見により生じた
利益を明確にする義務が有るとの判断が
できるのだから、そのニ点を明確にされ
たい。(ちなみに手っ取り早い方法は、
地元の銀行などに試算させるか、大学の
研究機関、または、民間の研究機関にて
行わせる方が予算を必要とされても早く、
それを行った場合には、当然に協力者や
請け負い業者などを明確にとする必要も
ある)

 なお、これまで公務員は、公務能力が
無くても退職させられる事は、殆ど無い
状態だが、それにより生じる民の被害は、
場合によって大きな事と成ることがあり、
悪意であれ、過失であれ、民の脅威には、
変わりない。

= 結語 =
 市役所からの返答における責任は、
基本的に市民も負う事に成るが、その
自覚の無い民に対して、日本国の民と
言う意味合いから、将来に期待をする
理由は、今回の返答により、ほぼ無く
なった。(まるで民を家畜化しつつ、
奴隷的に扱うための宗教、政治などの
団体しか、立川市で確認が行えて無い)

 もともと私が立川市に転居してきた
理由は、経済活動上での国家に対する
義理で転居してきたのであって(当初、
北海道か島根県に転居する事が、ほぼ
決まっていた)、それを果たす理由が、
本件の返答により無くなったのだから、
立川市の管内で生活を継続する理由も
なくなり、且つ、これまで立川市役所
から返答を得た内容から、私と立川市
役所、及び市役所の自治における責任
などを負う民とも、連帯的な責任から
決裂していると判断できるのであって、
本来だと一年前に転居を望んでいたが
叶わず、今回に至っては、人としての
受忍度を遥かに超えており、耐え難く、
日々に立川市に居るのが苦痛である。

 よって、精神的苦痛などを踏まえた
損害賠償は、法廷で争うものとして、
その他において争いのある部分でも、
法廷などを用いる事を試みる。(その
結果が、どうあれ、立川市役所、及び
市民との不和に付いては、変わらない)

 なお、立川市の管内における民との
交流は、今後において好んで行う事も
なく、かつ市民側からの好意などにも
一切に答える思いも無いと想っており、
『心かよう』と言う観点においても、
在日(大韓民国、中華人民共和国、
朝鮮民主主義人民共和国を称する自治
に所属をする在日外国人)等の思いや、
町並みの歴史的な悪さ、それらを引き
ずる高齢者などの問題等が有るだけで
治まらず、違憲的な活動を行ったり、
不法行為に着手を行っても、それらを
隠蔽する能力、権力が、統治者の象徴
だと想っているような街のようすには、
転居の当初から嫌気を感じていたので
あって、なんら継続的にと生活を維持
する理由が無く、将来における自分の
家庭を想えば、奇妙な宗教、政治団体
などが多いとされる立川市内において、
子供を育て学ばせると想う事へ不安が
多く、とても恋愛をする気にもなれず
不快であって、そもそも恋愛の相手が
奇妙な宗教、思想団体などの構成員で
あったならば、それも脅威であって、
私の経済活動は、基本的に自分の生活
する場を自衛的に確保する事であって、
我が国においては、憲法や法律、所属
する自治の条例に従う試みを行いつつ、
生活を営むのが普通であって、経済的
活動などを正義感で貫くと言う事は、
一切に無く、『少数の正当な公務員に
対する義理で、惰性的にと経済活動を
継続しているに過ぎない』のが、私の
心情である。

= 注意 =
 本件の御返答は、書面で行われたい。

本文の発送先>

・立川市役所

= 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) =

万学2的、立広聴・平成25年度・第652号

天使 無責任な市民と、過剰な公務。

悪魔 当然に、我々の意思の基です♪

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

No.520 立広聴・平成26年度・第651号

配信 平成26年06月09日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.520
作成 平成26年05月28日
課題 立広聴・平成26年度・第651号
送付 平成26年05月29日

= 本文面に付きまして =
 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。 

= 趣旨 =
 改めて返答があった内容にも、不明確な
部分が有るので、再々確認を行う。

= 不明確な部分 =
 返答の有った文面(立広聴・平成26年度・
第651号)の(一)、(ニ)に「報告を
受けてない」との記載が有る。

 つまり、「報告を受けてないだけであり、
実際には、生じていたいかもしれない」と
言う意味に値すると判断できる。

 よって、報告の有無など知るつもりなど
なく、実際に生じていたいのかを明確にと
されたい。

= 補足 =
 子供の教育権を有している者(普通なら
親、または、親族など)は、子供へと義務
教育を受けさせる法的な義務(学校教育法・
第十六~二十一条)がある。

 よって、本件の課題は、一般的な判断と
法的な根拠に基づく、国民としての確認で
あって、世論心情だけの思いで確認をして
いるのでわない。

 なお、就学義務に付いては、既に別件で
文部科学省、法務省(刑事局、入国管理)、
警察庁、外務省などに、合同で問題に取り
組むようにと、要請を行っており、特に、
『 在日外国人おける就学の問題、並びに
一般家庭での就学問題(不登校など)』と、
それにおける生活の延長に犯罪への着手を
懸念する観点から、今回の合同にて対策を
検討してもらう要請をする迄に至っている。

= 警告 =

 なお、当方からの請求は、事案の発生に
おける事実の明確性を求めたが、それらに
対して立川市役所は、再度に不明確な返答
などを行っており、その観点から想えば、
「侮辱を行う目的、又は、誤魔化す目的で
行われた返答、もしくは、業務上の過失に
よって生じた(悪意が無いが、公務上での
語学力が無い、又は、上司等からの不当な
命令が有った)のかと判断でき、それらは、
地方公務員法・第33条に違反すると想え、
文面の作成に関与した課長、部長に付いて
接遇の研修を改めて受けるように、検討を
されたい。

= 結語 =
 仮に立川市役所の公務上における事務の
体制が、世間一般的な観点から5年遅れて
いたとするなら、それを別の事に例えると
「大規模な災害が発生したが、救助の設備、
能力が世間一般的に5年も遅れているので、
約5年後に救助へ向かいます」っと言うに
等しい状態にある。

 一度で済むような返答を、悪意の有無に
関わらず、数回も行わせるような公務上の
体制に信頼を抱くことは、一般的に無い。

= 注意 =
 本件の御返答は、書面で行われたい。

本文の発送先>

・立川市役所

= 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) =

万学2的、立広聴・平成26年度・第651号

天使 侮辱的に相手にと負担を生じさせる公務

悪魔 それを行うのが私達の考えですから♪

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

No.519 立広聴・平成26年・第647号に付いて

配信 平成26年
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.519
作成 平成26年05月08日
課題 立広聴・平成26年・第647号に付いて
送付 平成26年05月09日

= 本文面に付きまして =
 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。 

= 趣旨 =
 返答において、言葉の表現に不明確な
部分が有るので、明確にされたい。

= 不明確な部分 =
(一)
「公平公正に職務にあたっている」との
根拠を明確にされたい。

(ニ)
 「・・・考えております」との部分に
ついて、市政として何を考えているのか
不明。

= 結語 =
 普通、評価文節の後に考えを述べると
言う事は、無いのかと想われる。

 つまり、「○○である。と考えている」
では、只単に空想論を述べているに過ぎ
ない。

 よって、立川市役所は、市民に対して
考えや空想を述べるのでわなく、事実を
明確に述べられたい。

 なお、故意に市民を馬鹿にする為にと
用いた表現であるのなら、公然と侮辱を
受けたと判断する。

= 注意 =
 本件の御返答は、書面で行われたい。

本文の発送先>

・立川市役所

= 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) =

万学2的、立広聴・平成26年・第647号に付いて

天使 語句の使い方が、日本人らしくない!

悪魔 どこの教育なんだろうね?

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

No.518 市議会議員の選挙における投票率向上に付いて

配信 平成26年
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.518
作成 平成26年05月08日
課題 市議会議員の選挙における投票率向上に付いて
送付 平成26年05月09日

= 本文面に付きまして =
 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。 

= 趣旨 =
 市会議員の選挙における投票率向上に
ついて、どのような対策が有るのかを、
明確にされたい。

 又、投票率が低い自治体は、それだけ
市民側が、『(一)市政に対して無関心、
(ニ)無責任なのか?』と、国民の一人
として想う。

 よって、市役所側では、市民に対して
市政(自治)に関する理解を求めつつ、
市議会議員選挙で投票権を有した者達の
責任に付いても理解してもらうようにと
呼びかけられたい。

 尚、日本国の歴史上における観点から
想えば、「嘗て選挙権を有さない者達が、
それの権利を得る為にと、懸命に努力を
行って得た権利も、その活動を無にする
かの如くに、権利を放棄している市民が
居るのならば、『愚か者』としか言えず、
そのような者達が多く集まった自治にと
経済活動を行うだけ無駄」なのかとも、
思っている。

= 注意 =
 本件の御返答は、書面で行われたい。

本文の発送先>

・立川市役所

= 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) =

万学2的、市議会議員の選挙における投票率向上に付いて

天使 投票への参加は、政治への参加!

悪魔 それが無いから、支配するのも楽♪

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

No.0763 女性の乳房と、いらいら感

配信 平成26年06月07日
=== 元祖・万(よろずがく)学 ===
No.0763
作成 平成26年06月07日
課題 女性の乳房と、いらいら感

 乳房が大きい事に拘る風習では、男性や子供
などを抱きしめたりする時に、乳房を通して、
少々の痛みを感じるが、それを「嬉しい事なの
だから」と我慢しようとする事で、脳内の麻酔
効果が生じ、それによる麻薬的な陶酔の状態を
得られるからと判断しています。

 これは、女性器に性器が挿入される時にでも
生じる現象で、性的な絶頂感は、只単に男性の
射精における放出感と同調したか、他の精通的
関係の有る者と、排尿、排便、射精的に同調な
状態になったか、と言う程度であと想われる。

 また、幼児にも性欲的な感覚が有る言われ、
『 寝る前に、ぐずる子 』などは、基本的に
便所で排尿をさせると気分が落ち着く事かあり、
逆に便秘気味なら、成人の女性(に限らず男性
でも)、不機嫌になりがちで、その原因では、
「やはり身体的な生理現象に不具合があるが、
ある程度の元気が保てるので、何だかの観点で
本能的に身体の健康を活性化させる作用により、
『 基本的には、体を動かす、血行を良くする
ことを促進する心理(いらいら) 』を、生じ
させる」のかと判断しています。

 ちなみに、近年の女性は、「男性が、性的な
欲求不満が原因で『いらいら』する、または、
『 いらいら 』の解消には、自慰などを含めた
性的衝動へ移行しがちだと判断している傾向に
あり、恋愛中の心理戦で「(適度な)つんでれ」
などに使われる事が有る(それに失敗すると、
痴話げんかに発展する事があって、不慣れだと
危険だと想われます:経験上;女心の Skirt
めくり作戦)。

 男性側から女性を抱きしめた時に、「ぽにょ、
ぽにょして、気持ちが好い」との感覚もあるが、
基本的に、羽枕などであっても同じであって、
男性に限った心理でもなく、女性が抱きしめる
相手が、男性であれ、女性であっても、脳内の
効果(麻痺作用)に伴う陶酔感と、相手方も、
同調的に心地よいと想う関係から、心地よさを
共感している嬉しさによって、気分が高揚する
程度の心理であり、別に「胸板の厚い男が好い」
っと言う心理も、女性に限らず、男性(同性愛)
でも、それを有する人が居るのである。

 よって結論的には、胸が大きい事に拘るのは、
『女性らしく見える錯覚(女性として振舞うと
言う作用を必要としないので、楽に想える)』
による問題で、胸が小さくても、女性としての
振る舞いが十分ならば、胸の大きさに拘らなく
ても、恋愛相手から好かれる傾向にあり、胸が
小さく男性的に拘る女性も居るが、それも錯覚
作用を使った、効果に過ぎない。

 なお、胸が大きいと、抱擁した時の覚醒感や
相手に与える『ふくよか』さの感覚を共感する
との観点で、気持ちが好いことなのかもしれま
せんが、結果的に『気持ちの問題』だと想われ
ます。

=== 笑いの電動コケ師達 ===
万学的、帰ってきた天才、秀才、万屋♪

<お題>
万学的、女性の乳房と、いらいら感

天才 胸が大きいと、かたがこります!

博士 乳房の安堵感は、幼少期から!

秀才 乳房の豊かさと、心の豊かさの関係!

万屋 乳房は、赤ちゃんの為にあるんやでぇ~♪

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =