記事一覧

平成25(2673;2013)年度・第661号

内容

 大規模な災害でわなくて、局地的な災害が生じた場合に、その自治に対して立川市役所が、経済的支援、援助などを行う体制が有るのかを確認した。

 なお、返答の内容に『法的な根拠が無い(つまり、返答の言動における、法的な根拠が不明)』ので、公務機関からの返答としては、不適切に思えることから、再確認を行いつつ、追加での確認(災害の他に、自然的に経済が困窮しているとされる自治に対しての支援など:限界集落など)も行う。

参照

平成26年度の進捗/58
 ・万学2 - No.515

返答

ファイル 3162-1.jpg

再確認

平成26年度の進捗/151

日々の記録

体重体脂肪率体水分量筋肉量推定骨量肥満度
70.922.964.19.16.73
排便掃除腹囲

血圧など

最高最低脈拍体温時間
113786835.711:53

食事

座って食べる

-X

30分程度の時間を確保する

-X

最初の一口を30回ぐらい噛む

-X

口内衛生

X

事務業時の休憩(御茶の時間:業務の学習を兼ねる)

御茶の時間

午前午後

御手軽体操(Pet Bottle、Towel体操、足踏み運動)

午前午後

その他

腹筋Lymph
背筋腕立てすくわっと

立川市 市議会選挙の投票

初めての事に成るけど・・・

 白票を投じようと想っています。

理由

 もともと自分で立候補する予定なども有ったのですが、
それを断念したので、投票者側の立場になり、立候補者の
情報を色々と調べた。

 その結果としては、「投票したいと思える人が居ない」
ことから、『投票をする相手が居ないので、白票を投じる
(この場合、無効投票となって、自然的に当選者の利益と
成る。また投票を行わなくても効果的に同じだけど、投票
行為を行った数値には、加算される:つまり、無効票だが
投票者数に加算されるので、投票率が上がる)』事に成る。

 もともと、投票率を向上させる思いが有ったので、その
観点から想えば、「市民の一人として行える努力」と言う
意味での責任は、十分に果たせるのかと判断している。

 よって、平成26年6月22日に行われる投票においては、
白票を投じる。

関連の法規

>憲法

第十五条
 公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。

 二項
 すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。

 三項
 公務員の選挙については、成年者による普通選挙を保障する。

※四項
 すべて選挙における投票の秘密は、これを侵してはならない。選挙人は、その選択に関し公的にも私的にも責任を問はれない。

>公職選挙法 最終改正:平成二六年四月一八日法律第二二号

第五十二条(投票の秘密保持)
 何人も、選挙人の投票した被選挙人の氏名又は政党その他の政治団体の名称若しくは略称を陳述する義務はない。