記事一覧

日本国の家庭(過程)

 親とは、不思議なもので「できの悪い親ほど、
他人の親や子供を褒めてしまう傾向にある」のも
人の性格によって生じる現象であるが、そうした
場合においても、仮定の象徴があれば、悪い家庭
環境での生活における心持を修正する事が可能で
あるが、その役割が十分で無い場合においては、
暴力団( Mafia を含む)や、似非宗教団体などに
よって『 牧(僕)民化(家畜的な人間関係)』
の要因とされ、搾取されてしまう。

 本当の親でわないのだから月や他惑星のように
距離を置く必要も有るのかと想われ、その適度な
距離を保つような物理的法則により、人間関係を
維持する観点が重要視されるのかと想われる。

方と法

 想像と創造、論理(理想)と物理(現実)、
規則(規範)と法則(普遍な物理)・・・。

 八方美人でわ妬まれる。だからと言って四方
(私法)だと縁起が悪く、仮に司法であっても、
それに国民の視野が欠如してる状態にある。

 一般的に六方(六法)に留めつつ、あまりの
ニ方を他者からの協力に委ねる人間の関係が、
適度なのかとも想える。