記事一覧

日々の記録

体重体脂肪率体水分量筋肉量推定骨量肥満度
排便掃除腹囲

血圧など [#k5d23703]

最高最低脈拍体温時間

食事 [#g3c32e23]

座って食べる

-

30分程度の時間を確保する

-

最初の一口を30回ぐらい噛む

-

口内衛生

事務業時の休憩(御茶の時間:業務の学習を兼ねる) [#q97ff820]

御茶の時間

午前午後

御手軽体操(Pet Bottle、Towel体操、足踏み運動)

午前午後

その他 [#j176a582]

腹筋Lymph
背筋腕立てすくわっと

地方の開拓は、どのうな展開が求められるのか?

主原因

 「若者達による開拓能力の欠如が問題」なのかとも、
想われます。

問題点

 もともと日本国の義務教育には、土地の開拓における
能力と、自己防衛の為に必要とされる家庭医学の教育に
欠如が有ると判断できる。

戦後における若者達の地方開拓

 嘗て70歳以上の人達は、戦後から地方の開拓などに
力を入れていた世代も多かったようですが、近代の義務
教育を経た人達は、主に牧民化されてしまい、「誰かの
支持を受けなければ、作業を行えない性格を有する」と
言う人が多く、自ら労働の場を開拓できない国民が多い。

海外への支援

 それにおける問題では、海外支援にも影響しており、
国内の過疎化を阻止できず、開拓の能力の有る人達は、
海外支援へ向かったりするが、その海外支援へも人材が
不足している状況に有る。

現状

 そうした国内の国民動向における事情を踏まえて、全
国民が国土の開拓能力を有しない限り、過疎化を免れず、
何だかの経済性の欠如(自治性の低下)によって、災害
などの被害が大きく成ってしまう。

結論

 基本的には、「全国民に野営能力を得てもらう必要が
ある」のかと想われ、それにより大規模な災害が生じた
場合でも、野営の訓練から災害時の生存率を高める事が
可能だと想われる。

 また、土地開拓などの能力も必然的に身に付ける事と
なって、それにより「大自然との調和的な国民性が維持
することが可能である」のかと想われます。

 更に、人体の保護と言う観点から、家庭の医学も相応
知識と能力が必要とされる。

 よって、日本国の義務教育に、野営学、家庭の医学が
必要とされているのかと想うに至ります。

余談

 私の経済活動は、再開拓(既に設定をされている規律、
物などを使って、開拓を進める;逆に新たな物を作ると
言う観点に欠けるが、基本的に文化の底上げを目的にと
する事から、過剰な新規開拓心を抱かないよう心がけて
いる)が、主体です。

No.541 Internet を介して暴力的な決闘をする者

配信 平成26年10月08日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.541
作成 平成026年09月26日
課題 Internet を介して暴力的な決闘をする者
送付 平成26年10月08日

= 本文面に付きまして =
 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。 

= 趣旨 =
 Internet が利用を行え、掲示板などの
活字的な人間関係から、現在だと音声や、
画像、動画、Live Camera(ライブカメラ)
等を用いた交流も可能となる時代を迎えて
いるが、争いや喧嘩を好むと言う者たちも
活動するに至っており、その果てに暴力、
決闘をする事件まで発生している。

 よって、論述的な争いに留まらず暴力、
決闘に至る状態を、抑制する必要が有る
のかと想われる。

= 決闘に付いて =
 我が国(日本国)に限らないが、古来
から、喧嘩両成敗と言う文化的な意識が、
どこの国でも強い。

 ところが近代に至って、Professional
Wrestling(プロレス)や、空手などを
中心に、『格闘技』と言う名称の武術が
発生しており、「対戦の相手を殺傷する
ことも有りつつ、それを観客側が求めて
観戦している(楽しんでいる)状況」に
有る。

 実際には、格闘が男らしいとか強いと
言うのは、意識的な問題であって、ある
意味で、そう Mind Control (マインド
コントロール)する為の催しに過ぎない。

 そもそも対戦の時は、基本的に相手を
傷付け、時に殺す事(致死)にも至るが、
対戦の時には、両者とも相手を殺すとの
意気込みで戦っていることから、当然に
生じる事態でもある。

 よって、現状における暴力の推進的な
環境を改める必要も有るが、調べれば、
既に明治時代にと制定された法律が有り、
その法律に付いて、法務省に問い合せた
ところでは、現行でも法の効力を有して
いるとの返答が有ったので、その法規を
用いて、制御を行う事が可能なのかと、
判断する。

= 対策(法規) =
 古くからの慣習による喧嘩両成敗とは、
喧嘩(言い争い)の事であり、決闘での
ことと異なる。

 そして明治22年に、決闘罪ニ関スル件
(明治二十二年法律第三十四号)として
決闘を行った者、決闘を申し込んだり、
それを受けた者も、刑罰を受ける事との
法が設定されているが、それ自体を把握
する法学徒や研究者は、意外にも少ない
のかと想われ、警察官などの多くは、軽
犯罪法と等しく、殆どが把握されてない。

 よって、単純的に「司法の人員(学徒
などの研究者を含めた人)達が、決闘罪
ニ関スル件の法律を基に、取り締まりや
注意指導、及び事件の発生しない環境を
作る活動をすれば良いのかと想われます。

= 結語 =
 現状での日本国は、論理(倫理)性の
観点から想うならば、憲法を前提に成り
立っておらず、存在の価値が問われる。

 つまり国民が憲法の価値を問う以前に、
現行の憲法における論理からも、我々は、
等しく恐怖と欠乏から免れられないので
あり、その主原因に憲法・第九十九条の
責務を果たささない公務員の事情により
生じているが、妨害の工作なども生じて
いると想え、それの自衛力にも乏しいと
言うのが現状の日本国だとも想える。

 よって、公務員側の責務も問われるが、
国民個々の責務も等しく問われ、それの
結果が大規模災害、疫病を蔓延させると
言う事件の被害から、免れない程となる
人間関係を構成しているのだから、その
状態を改めるよう国家(国政)に求める
行為は、日本人ならば当然の心情である。

 なお、公務員の給料が上がった事には、
「国民の一人として不満が無い」のだが、
それらが大規模な災害が生じた時には、
あの世への選別と成らないよう、日々に
憲法を前提とした公務を遂行されたく、
想っている。

本文の発送先>
電子政府(e-Gov)での経由

・宮内庁
・内閣官房
・法務省
・外務省
・国家公安委員会・警察庁
・防衛省
・内閣府
・文部科学省

= 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) =

万学2的、Internet を介して暴力的な決闘をする者

天使 法治国家としての価値が問われる。

悪魔 つまり現状では、価値が無いと認めてる?

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =