記事一覧

No.544 『広報たちかわ』における人口と世帯の表記に付いて

配信 平成26年10月25日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.544
作成 平成26年10月23日
課題 『広報たちかわ』における人口と世帯の表記に付いて
送付 平成26年10月25日

= 本文面に付きまして =
 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。 

= 趣旨 =
 『広報たちかわ』に人口と世帯の推移が
記載されている。

 ところが、在日外国人の推移に付いては、
記載がされていない。

 よって在日外国人の人口と世帯の推移を
明確にとされたい。

= 理由 =
 日本国の領土内において相応の自治体を
設定して、その範囲で統治に関する責任を
所属する民の個々にと委ねている。

 また近年は、外国人の労働者や移住者も
増えており、日本の憲法や法律に従わない
訳でもないが、その内容を十分に把握して
ない等の問題から、文化的観点で違和感を
抱く住民も多いのが事実である。

 更に、在日外国人と一般の国民との間に
おいても、やはり民事的関係が生じている
と想われ、当然に憲法や法律を前提とした
健全なる人間関係が求められる。

 ところが、在日外国人に対して、憲法、
並びに法律、また行政機関の利用について、
十分に理解してもらってない事が多いとも
想え、それにおける責任に付いては、自治
行政、それを形成する住民(市町村民)の
責任で有るのかと想える。

 つまり、在日外国人に対して、日本国の
憲法、並びに法律を理解してもらうことは、
国民の責務であり、且つ行政機関としても、
それらを構成する主たる人員は、公務員で
あるのだから、憲法・第九十九条、並びに
地方公務員法・第三十一〜三十三条に伴い
就任時に宣誓した内容など(立川市役所は、
コンプライアンス読本・平成18年11月
発行、8頁を参照)を厳守する必要性から
義務が生じていると判断でき、公務上での
責任が課せられているが、その限界も有る。

 よって、市役所としては、在日外国人の
推移程度を明確にして、それを見た市民の
判断や、実生活上における諸問題、交流の
検討などに付いての意見を求められたい。

 なお、在日外国人による独特的自治性の
背景には、暴力団や組織犯罪などが支援を
行なっている事も有り、そうした状態へと
陥らせている自治体の環境は、憲法・前文・
第二段落目の趣旨にも反しているのかとも
想われる。

= 補足 =
 立川市での課題と異なるが、製造企業へ
大量に導入された外国人労働者が、工場の
近隣で生活をするに至り、日本の生活習慣
などを十分に理解させない状態から、ごみ
回収、近所の交友、緊急時における近所の
助け合いなどへの協調性に、欠けてしまう
傾向に有るらしい。

 そうした状況に、在日外国人も危機感を
抱けば、必然的に独自の自治性を形成して、
自らの生活を保持しようと努力するのかと
想われるが、その観点が憲法や法律、その
地域における生活習慣と異なる事が多く、
母国の思想に基づく展開を行いがいちにと
成ることから、まるで一区画を占領された
かの如くに、独特の自治体制が生じる事が
ある。

 逆に日本国民が移民などの関係で海外に
小さな日本(自治)を展開する事も有るの
かと想われる。

 また、そもそも在日外国人は、日本国に
帰化しても良いのかと想われるが、それを
行わず、母国の国籍を保持しつつ、日本人
と同等に生活をする心境は、海外で生活を
する日本人の心境にも似ているのかと思う。

 基本的に本邦(日本国)は、国民が統治
責任を負う国で有って、その国家で寄生的
生活を営んでも、在日外国人の母国側が、
日本国のような理想の国に成る訳でもなく、
在日中に体験した日本国の文化的な内容を
母国に持ち帰り、祖国の繁栄にと帰属する
ことが無い限り、母国が豊かにならない。

 例外的に留学生などでは、日本の文化を
学びつつ、留学後(帰国後)にて母国での
活躍が期待をされている。

 そうした観点の中で、現状における近隣
諸国からの在日外国人は、難民の如くにと
受け入れられているのに等しい場合も有る。

 外国人居住者の問題は、日本にと限らず、
戦後において世界中の国々で生じており、
暴動などに至る事も有り、それらを未然に
防ぐ(それらが発生しない)自治環境を、
『形成、維持、管理』する必要が有って、
その責任が行政に限らず、等しく全国民に
(全市民に)課せられている。

 よって、在日外国人の対策には、行政が
単独で取り組む必要も無く、市民の動向と
共に、行政機関だからこそ行えることや、
全市民に協力を得る等の必要性もあって、
それらの観点からも、在日外国人の世帯、
人口の推移を明確にしつつ、それによって
「市(国)民達が、どう思い、何を行政に
求めつつ、満たせない部分を、どのように
全市民から協力を得るのか?」等を図られ
たい。

 なお近年は、在日外国人に対して差別の
問題も生じている(日本国に限らない)が、
それらも国民と外国人との不和が原因だと
される事が多く、その根源における基礎は、
外国人であれ国民であれ、所属する自治の
倫理性を維持できないことが原因と成って
いるのであり、本邦(日本国)では、人種、
信条、性別、社会的身分又は門地によって、
政治的、経済的又は社会的関係においては、
差別されない、自治環境を維持する必要が
有る(憲法・第十四条)のかとも想われ、
その余白で在日外国人(非国民)に対して
優しく接することが行えるのかと判断でき、
逆に余白(余裕、ゆとり)がない場合では、
当然に義務が無い(憲法・第十四条では、
国民に対して定めた条文であり、非国民に
対してまでも、それらを適用する義務は、
国家として無い:人道的観点で考慮すれば、
現行のように行政機関や道徳的な支援団体
などが、非国民であっても、難民など含め
擁護する傾向にとある)のだから、国民の
大衆における動向から風当たりが強くなる
ことも、憲法上から生じ得る事が判る事は、
全公務員に把握をされたい。

= 注意 =

 本件の御返答は、書面で行われたい。

本文の発送先>

・立川市役所

= 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) =

万学2的、『広報たちかわ』における人口と世帯の表記に付いて

天使 在日外国人の管理に付いても、民が責任を負う!

悪魔 負担ばかりで、国民も大変ですなぁ。

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

牽制(けんせい)

追記を行った原文

 日本国の歴史上における記録では、戦国時代の戦術に『兵糧攻め(攻城戦)』などが有り、その例として三木合戦が有る。

===兵隊による実際の行動===
 制圧射撃は、一般的に広く知られている。他にも、対空(防空)弾幕、敵の戦略行動で使われる進行路の破壊(進行の妨害)などが戦術として有る。

 それらの活動により、「敵の戦略行動を抑制しつつ、特定の状況、心境に陥らせるように誘導する(敵の行動における不自由度を増すことが可能となれば、おのずと敵の活動手段が制限されてしまい、意図的に特定の行動しか行えない程にまで陥らせる事が可能と成る。また、そうした状況に成った時に思う敵側の心理なども考慮される)」が成果と成る。

==過剰な牽制による不利==
 敵に対して過剰な牽制を行うと、逆に決死の覚悟で闘志を抱かせることが有り、それに基づく大反撃により、大きな損害を受けることが有る。
 諺(ことわざ)でも「窮鼠猫を噛む(きゅうそねこをかむ)」として例えられている。

==対抗の手段==
 牽制に対抗する手段も有り、それぞれの攻防戦が歴史的に展開したと記録されており、世界史的な戦い等での事例では、中華人民共和国の背水の陣が広く知られている。

===牽制に対抗する為の心理教育===
 兵士を教育する段階から決死の思いを抱かせ、敵の牽制(制圧など)に対して正面から打破する事を試みようとする程の志を育成する事もあった。戦時中の日本国における記録だと特別攻撃隊が存在しており、西洋だと古代史で有名な Spartan Education(スパルタ教育)が有る。

 そうした教育方法は、現在だと Terrorism(テロリズム)等で悪用されている。