記事一覧

No.555 各課題に対する市民からの意見

配信 平成27年05月17日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.555
作成 平成27年05月13日
課題 各課題に対する市民からの意見
送付 平成27年05月13日(16日の誤り)

= 本文面に付きまして =
 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。 

= 趣旨 =
 広報たちかわ(平成27年04月10日号、5
~7頁)で、立川市・第四次長期総合計画
の各課題において、市民から意見を求めて
いたが、その状況を明確にされたい。

= 理由 =
 ここ2年ほど、広報紙の内容が、とても
解り易く、且つ市民と共同して自治を運営
する体制を維持している努力が、伝わって
くる表現に成ったのかと感じており、その
功績は、広報課の努力によっての事だろう
と、市民の一人として、同課に感謝をする
思いである。

 しかし人間の関係において、自治機関が
市民側にと意見を求めても、それに答える
者が居ないならば、広報が無価値と成る。

 また、仮に市民側からの意見が少ないと
言う場合でも、広報課の責任と言うよりは、
自治機関の全体として、市民との接し方を
改める必要が有るのかとも想われる。

 よって、立川市役所による広報の活動は、
十分だと想われるが、他の部分で市民との
関係に不具合が生じていれば、意見の数も
少ないのかと想われ、それらの原因などを
解消する必要も有るのかと判断するに至り、
現状を確認する為にも、市民から各課題に
寄せられた意見が、何件ぐらい有るのかを
明確にされたく、可能であれば、募集から
半年未満で、その統計を広報紙で公開され
たい。(注意:どのような意見が多かった
等を記載することで、市民側の意識が偏る
こともあり、それを防止する為にも、記載
する内容は、市議会で『中立性を協議した
内容を公開する』ように、公務として勤め
られたい)

 なお、宗教や何だかの思想に基づいて、
自治行政に対して非協力、協調的だったり、
他人にと不作為を呼びかけたり、それらの
教育を行う者が居るであろう事は、予めに
把握しており、そうした事情を踏まえての
対策が必要だと、国民の一人として想って
いる。

= 補足 =
 嘗ての日本国は、若者の選挙権や女性の
権利など含め、憲法・第十二条に基づいた
国民の努力により、それらの権利を得たが、
現状(現在)は、市民が選挙の投票にすら
行かず、権利が有っても、その内容などを
把握してない状態だったり、それら権利を
盲目化しつつ、独自の思想(教育)で民が
僕民(牧民)化され、殖民を形成するのと
同等に、同胞の経済性を向上させる戦略を
行っている集団が居ること等は、以前から
把握をしている。
 
 そうした状況下でも公務員として、違憲、
違法、不道徳(不倫)に屈することも無く、
憲法・第九十九条の主旨を遂行する立場に
有るのが、全ての公務員に課せられた責務
でもあるのだから、相応な対策を検討する
必要が有る。

 また、市民側も積極的にと自治行政にと
協力、協調する義務も有あり、その自覚を
有するような市民(国民)性などを育てる
環境も求められ、その環境作りをするのが
行政の任務でもある。

 よって立川市役所は、管轄下で生活する
市民に対して、行政として意見を求めてる
と言うだけでなく、「我々、行政機関側が
広く一般の市民に意見を求めているのは、
少しでも多くの市民からの意見を、自治に
反映させようと努力しているのであって、
更に、『自治と言う言葉の語源に伴って、
市民が管理、責任を有する自治』の観点で
市民による相応な協力、協調が求められ、
その責任を等しく全市民が負っている事の
自覚を有してもらう」との機会にも成って
いるのだから、その部分を十分にと市民に
理解してもらう必要も有るのかと想う。

= 注意 =

 本件の御返答は、書面で行われたい。

本文の発送先>

・立川市役所

= 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) =

万学2的、各課題に対する市民からの意見

天使 行為の目的(成果)を追求する!

悪魔 形式的だけの事なのかと想う。

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =