記事一覧

No.563 建築物の耐震改修の促進に関する法律

配信 平成27年07月10日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.563
作成 平成27年06月29日
課題 建築物の耐震改修の促進に関する法律
送付 平成27年07月01日

= 本文面に付きまして =
 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。 

= 趣旨 =
 建築物の耐震改修の促進に関する法律が
施行されており、それに伴い地方自治体の
活動を活性化させる必要が有るのかと判断
する。

 又、今後における日本国領域内において
大型の地震や何だかの自然災害なども予測
されていることから、国家として早急にと
対応をする必要が有るのかとも想われる。

= 補足 =
 現状において東京都に限らず、大震災の
防御体制は、異常に低い。

 今回や、これまでにおける僕の提案は、
西洋医学療法的な提案であって、漢方など
東洋医学と異なる事から、主原因を治すに
至らないが、それの効力が有る内に公務を
憲法に伴った健全性で、維持する事が行え
なければ、同じ苦労や不幸、過ちを無駄に
繰り返すだけだと想われる。

 よって、今回の(これまでの)提案は、
一時的な経済的効果の有る提案と成るが、
それの効果が持続するとも限らないことに
留意されたく、仮に公務の健全性が維持を
されても、自然災害の発生を抑制する事に
至らず、だからと言って努力などを怠れば、
いつまでも日本の民は、憲法の前文すらも
理解が行えなず、立憲国と言い難い国家を
継続する事と成る。(実質的には、日本国
ごっこ)

 なお、全公務の健全性が維持できれば、
あらゆる自然災害でも、民が被害を受けず
(心身的な被害にと限らず、あらゆる民の
利益に対する損失から)免れられるのかと
想われる。

= 以下は、立川市役所へと限定した文面 =
 立川市役所は、地方自治体における市町
村自治として、建築物の耐震改修の促進に
関する法律に基づいて、どのような活動を
行っているのかを確認する。

= 結語 =
 そもそも、日本国の憲法における前文、
第二段落目に定めの有る内容では、立憲後
約70年を経っても、それを国家公務員達が
国民へと説明が行えず、且つ憲法の理念を
理解してない状態で(憲法・第九十九条の
違憲)、各政治団体では、全種公務員達の
ほぼ隷従化を行いつつも、一般の国民には、
衆寡主義を民主主義だと偽って洗脳を行う
など、実質的に似非立憲国と成っている。

 挙句の果てに、憲法の前文に何が記載を
されているのかも理解して無いような民が
「憲法、第九条を守る」等と称していると
言う程に(愚かな)始末である。

 ちなみに我が国(日本国)に共産主義は、
不要で、その理由として「国家公務員は、
基本的に共産主義構造であって、特に共産
主義を主張する必要が生じてない。それに
現状の共産主義団体は、共闘集団であって
他政党も等しく同胞主義の一派に過ぎない
と判断している。

 真意での民主主義は、国民の個々が民の
一人として自覚と責任を有することを意味
する(日本国は、立憲国であるのだから、
憲法の主旨を民の個々が理解して、それに
沿う人格を育む環境を提供、管理する事を
国家の責務として負っている)のであって、
不良集団、暴走族、指定暴力団、Terrorism
(テロリズム)、各政治、宗教などの団体
でも等しく、同胞主義者の他に成らなず、
集団一つで一人前か、若しくは、一人前に
すら至らない。(この場合における一人前
とは、日本国の国民として憲法を主体に、
その責任を有しているとの自覚と、それに
沿った生活を維持しようと努力をする民の
一人を意味する)

 よって、憲法の前文すら保持できないの
だから当然に、我ら日本の国民は、等しく
恐怖と欠乏から免れることが行えないが、
仮に憲法を護る事に対して、妨害の工作が
有ったとしても、国民の個々による自衛の
成果が無い場合は、当然に何だかの被害を
受けることに至る事も解るのかと想われる。

 なお僕は、憲法の前文に習い、ひとしく
恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存
する権利を有することを確認している程度
であり、日本の国民、その一人であっても
行える事を行っているだけ(国民の一人と
言う立場で課せられている責任を果たして
いる程度)に過ぎない。

= 注意 =
 本件の御返答は、書面で行われたい。

本文の発送先>

・国
 ・内閣官房
 ・総務省 消防庁
 ・国家公安委員会・警察庁
 ・国土交通省
 ・復興庁

 ・宮内庁 (天皇陛下への報告書として)

・立川市役所

= 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) =

万学2的、建築物の耐震改修の促進に関する法律

天使 地方自治体による努力が求められる。

悪魔 たまには、無欲に生きてみれば?

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

No.562 被生活保護者による地震保険

配信 平成27年07月08日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.562
作成 平成27年06月26日
課題 被生活保護者による地震保険
送付 平成27年06月26日

= 本文面に付きまして =
 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。 

= 趣旨 =
 現状における被生活保護者の借家契約に
伴う火災保険に付いて、それに地震保険が
含まれているのかを早急に確認をされたい。

 また未加入の場合は、早急に加入をする
ようにと指導をされたい。

= 理由 =
 被生活保護者の多くは、借家にと住んで
いる事が多く、その借家契約においては、
火災保険の加入が条件と成っていることが
殆どである。

 ところが、その火災保険に地震災害での
保障が含まれてない事が多い。

 仮に、大規模な震災が生じると、それに
よって家財が損失すれば、被保護者が一時
扶助の申請を行えるが、その申請が過剰に
多くなっていれば、国費の関係上で支給が
困難と成る事が解る。

 また最近に、地震保険の値上げが検討を
されている事から、民間企業側での資本的
防御も強化されるのであろう事を想えば、
給付金に頼るよりは、民間の保険企業にと
頼った方が、行政側での負担も減るのかと
想われる。

 よって、行政側の負担(公費負担を含む)
と、国民側の利便性を考慮する観点からも、
被生活保護者による貸家契約に伴う、火災
保険に地震保険の加入も行うよう、各福祉
事務所に対して指導を行われたい。

= 補足 =
 被生活保護者の中には、築30年以上も
経つような建物に住んでいる場合もあって、
大規模な災害が生じた事を懸念する以前に、
防犯、防災上の問題も心配される。

 そもそも被生活保護者にと限らず、集合
住宅(二世帯分以上の賃貸住宅)における
耐震性の検査義務を検討する必要があるの
かと想われつつ、将来的に一般の家庭でも
耐震検査を義務化する事が好ましいのかと
想われる。(別件にて、建物診断士の設置
要請を行う)

 それらは、大規模災害が生じたときに、
公費と公務の負担を軽減する為に、必要と
される。

= 立川市福祉保険事務所に付いて =
 現状において特段の決まりが無いのかと
想われるが、地方の自治体として自衛的に
国家からの指導が無くても、活動が行える
内容なのかと想われる。

 よって、立川市福祉保険事務所(立川市
役所)には、別途で自主的な本件の検討を
求める。

= 注意 =

 本件の御返答は、書面で行われたい。

本文の発送先>

・国
 ・厚生労働省 社会援護局 保護課
 ・内閣府
 ・国土交通省
 ・警察庁
 ・総務省(消防庁)

 ・宮内庁 (天皇陛下への報告として)

・立川市役所(立川市福祉保険事務所)

= 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) =

万学2的、被生活保護者による地震保険

天使 災害発生時の負担を民間企業で保障!

悪魔 理想と現実の違いが解る悪魔です。

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

No.561 りんご病に対する警報に付いて

配信 平成27年07月06日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.561
作成 平成27年06月26日
課題 りんご病に対する警報に付いて
送付 平成27年06月26日

= 本文面に付きまして =
 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。 

= 趣旨 =
 東京都は、平成27年06月25日に、小学校
入学前後の子供を中心に感染するとされる
Virus(ウイルス)性感染症の伝染性紅斑
(りんご病)の患者数が警報基準を超えた
ことにより、都全域に警報を出したことが
話題に成ってる。

 それに伴い立川市役所では、どのような
対策が行われているのかを確認する。

= 補足 =
 例えば、Homepage(ホームページ) の
表紙にて、注意を促す広告を設置する等の
対策が行えるのかとも想われる。(平成27
年06月26日12:20現在、表紙に記載されて
ない事を確認している)

 又、広報紙などでも注意を促せるのかと
想われる。

 更に立川市は、外国人学校も在る事から
それらへの人道的配慮も必要とされており、
在日外国人で児童が居る家庭に注意を促す
必要も有るのかと想われる。

 よって、早急に多国語的な展開が必要と
されるが、相応の体制が有るのかを、確認
する。

 なお、大規模な災害が生じた場合でも、
早急に多国語的な展開が求められるので、
それの予行的な感覚を兼ねて検討されたい。

= 結語 =
 病気に成るのは、国民に限られておらず、
国内領域で生じる大規模な災害の被害者と
言う観点でも、同じである。

= 注意 =
 本件の御返答は、書面で行われたい。

本文の発送先>

・立川市役所

= 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) =

万学2的、りんご病に対する警報に付いて

天使 情報の潤滑性が求められる。

悪魔 それは、人為的に阻害されている。

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

No.560 被生活保護者による外泊に付いて

配信 平成27年07月04日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.560
作成 平成27年06月25日
課題 被生活保護者による外泊に付いて
送付 平成27年06月25日

= 本文面に付きまして =
 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。 

= 趣旨 =
 被生活保護者による外泊に付いては、
色々な事情(行楽的な外泊の把握、失踪
などの事件を早期警戒する目的)から、
事前に各福祉事務所の担当員に、『(一)
日時、期間、(ニ)目的』などを伝える
事を検討されたい。

= 補足 =
 近年では、任意と成るが『生活保護の
しおり』が、各福祉事務所により自由な
内容で発行をされているのかと想われ、
それの中にも注意事項として記載をする
ように求める。

= 注意 =
 本件の御返答は、書面で行われたい。

  • ---以下は、国家機関向けの内容

= 結語 =
 被生活保護者の失踪による保護打切り
数が以外に多く、その中に在日外国人も
含まれつつ、勝手に帰国したり、行方が
不明に成っている事も有る。

 また、被生活保護者が国民であっても
転居に自由を認めない事が多く、それに
よって勝手に転居をしたり、失踪しつつ、
住所不定者(Homeless:ホームレス)と
成る事も有るのかとも想われ、結果的に
行政機関が、住所不定者を生産している
ことにも繋がる。

 よって、まず被生活保護者が失踪する
ことを行政の機関として避ける為にも、
外泊時における確認が必要とされる。

 尚、被生活保護者による行楽的な外泊
なども抑制される必要がるので、それの
予防も兼ねる。

本文の発送先>

・国
 ・厚生労働省
 ・警察庁
・立川市役所

 以下の機関に付いては、天皇陛下への
報告書として、送付を行う。

・宮内庁

= 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) =

万学2的、被生活保護者による外泊に付いて

天使 自由と勝手は、異なる。

悪魔 米国だと、自由も勝っても同じだよ?

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

No.559 平成26年度・被生活保護者の失踪

配信 平成27年07月03日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.559
作成 平成27年06月25日
課題 平成26年度・被生活保護者の失踪
送付 平成27年06月25日

= 本文面に付きまして =
 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。 

= 趣旨 =
 立川市福祉事務所の管内において、生活
保護を受けていながら失踪する者が毎年に
生じている。

 平成20~23年度で、百名以上が失踪して
いると返答されている。(参照 立広聴・
平成25年度・第123号)

 よって、それらの経過を把握したいので、
昨年度までの実数を明確にされたい。

 尚、失踪者の発生に伴い、警察に報告を
行っているのかも(改めて)確認する。

= 補足 =
(一)
 その返答における形式は、立広聴・平成
25年度・第123号と同じくされたい。

(ニ)
 必要とされるのは、平成25、26年度分で
ある。

本文の発送先>

・立川市役所

= 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) =

万学2的、平成26年度・被生活保護者の失踪

天使 生活保護を受けていながら失踪!?

悪魔 よほど住み難い市町村なのでしょう。

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

No.558 平成26年度・管内での自殺者数

配信 平成27年07月02日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.558
作成 平成27年06月25日
課題 平成26年度・管内での自殺者数
送付 平成27年06月25日

= 本文面に付きまして =
 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。 

= 趣旨 =
 平成26年度における立川市役所管内で
発生した自殺者数を明確にされたい。

= 補足 =
 返答の形式は、前年度(平成26年06月
18日 立広聴・平成26年度・第103号)
と同じ形式で返答をされたい。

= 注意 =
 本件の御返答は、書面で行われたい。

※ 本節への返答は、不要。

本文の発送先>

・立川市役所

= 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) =

万学2的、平成26年度・管内での自殺者数

天使 多くの市民は、事実を把握して無い。

悪魔 知らぬが仏とも言われているけど?

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =