記事一覧

生活保護費と、それを遊戯にと過剰に消費する民の攻防戦

的(てき:標的)を知る

 そもそも、どう言う家庭で育てば、生活保護費(国費からの負担)を遊戯代に使う精神が育つのか、把握する必要が有る。

射幸心と、人の精神

 また、もともと『射幸心を過剰に煽りつつ、その依存性が問題視される』と言う遊戯において、「既に精神的な異常者で有ると言う自覚、及び周囲の理解が無いと、単純な人間社会上における攻防戦(倫理を守らせようとする行政側と、それから免れようとする勝手な一般人側との攻防:ちなみに、これにおける人間関係では、『相応の能力が有るから、法律の裁きを免れる』と言う、最悪な過信を犯行者に与える可能性も有り、留意が必要)に成る可能性も有る」ので、日本の国民には、憲法の第十二条に伴う自由の定義と、それを逸脱した場合における勝手との違いを、十二分に理解してもらう必要が有るのかと想う。

結語

 ・・・言うは、容易く、量販店の商品も格安だが、それに携わる従事者の苦労が解る人は、過剰に更なる値引きを求めない。