記事一覧

日最高気温の平均温度が上がっている。

一度の上昇でも

 自然的現象なので、上下する事が有るが、徐々にと上昇の傾向が有る場合には、生態系(環境)に変化が生じる原因と有る。

 例えば、気温に限らず水温、地表、地下、昼間、夜間など、あらゆる時間帯や場所の気温が変わり、それによって生物の住む環境に影響を及ぼす事と成る。

 それらによって影響するのが、農林水産である。

参照
 観測開始からの毎月の値 - 気象庁

酸性雨

 だいぶ前から酸性雨に付いて問題視をされていたが、その後に山間部で、地表の脆弱性が指摘されるように成った。

 これは、「山間地においては、草木の根などにより護られていた地表が、大雨、地震等によって、崩れてしまいやすく成っている」と言われているが、その他にも地殻的変動の活発化に伴い、地上からだと解り難い断層(地中内での亀裂)や、地下の水路が変わる等により、脆弱性も変化する事が問題視されつつも、その発見を行い難い。

沈黙する違憲な科学者達

 科学者等が調べて得た結果は、土地の価格(危険地域だと価値が下がり、保険料が上がる)等の関係から、政治団体や自治体の意向で、公表を控えて欲しい等と頼まれる事もあったり、科学者側の勝手な思想(憲法の前文、第二段落に反する)によって、その事実を公表しない事も有るのかと想える。

 そうした違憲な科学者や自治体の思惑によって、大勢の人達が犠牲に成っている。

原因

 主に地球温暖化が問題視され、致命的なのが『自動車である』と、僕的に判断している。

 本邦(日本国)の科学技術では、既に水素燃料を使う自動車の開発も進んでいるが、自動車生産企業が輸出等の(悪き)関係から、化石燃料を主とした車両を生産し続けており、それらの背景には、Freemason(フリーメイソン:Christ教などを前衛とする;それ以上に僕は、共産党を嫌っている)等、似非友愛平等主義者達(同胞主義者で、共産党と同じ)によって維持されている可能性も疑える。

 もともと石油産業に依存する体制を維持させられている本邦の事情は、国際的関係の観点からも問題と成るが、人類の歴史から見ても阿片を売り付けたり、現在でも煙草、化石燃料を売り付けてくるが、それによって一般の民が大いに被害を受けている状態と有っても、『反撃されない事に、神への感謝をする輩達』で、世界的平和など考えている観点など、実質的に無いと判断する。

 また本邦の歴史では、鉄砲等の武器を売り付けられたりする等、宣教師と称した工作員の受け入れを期に、多大なる被害を受けているが、「押し倒されて性交に満足した女性の如く、平然と相手を英雄(男らしい:強者)と受け入れた状況に等しい状態」のも、現状 ASIA 諸国における特徴だと想える。

 更に、本邦の指定暴力団が ASIA 地域で展開している事情では、本邦への印象が悪いだけに留まらず、追って Christ 教が有利に成るような展開に加担しているに過ぎず、昭和の後期に盛んだった一般人による ASIA 諸国への支援も、平成の以後において衰えており、唯一に特定の宗教団体(特に、Christ教や、Freemasonに加担しているような宗教団体が優先され、他宗教や個人だと排他される傾向にある)や、野心感を抱いた一般人のみが、展開しているに留まっている。

 つまり、「本邦の憲法を基準とした志が無い民が増えており、義務教育を経ても、各種の宗教や思想が、憲法の理念を阻害しつつ、更に勝手を自由と誤認させたり、決闘を喧嘩と刷り込んだりする等によって生じた、歪みによって多大なる損失を得ているが、それのら自覚を責任を民が負っておらず、常に恐怖と欠乏から免れられない愚かな環境で生活している」とも判断している。

対策

 それらの対策として、「(一)学生に対して選挙権を与え、(ニ)同時期に憲法の改正を審議する(振りを)する国家側で展開して、学生達を中心に憲法を民が見直すだろう」との仕掛けを設置するようにと、日本国の民、その一人として、かれこれ十数年前にと国会側へと要望を行っていたが、漸くに実行されるようである。

参照
 18歳選挙権が施行=参院選で適用、240万人が参画【16参院選】 - JIJI.com

 逆に僕としては、他の手段が思い浮かばず、有る意味で最後の希望とも成っており、南海沖地震が発生する前に、憲法の前文、第二段落の程度は、全国民に再認識させたいとの想いが強い。

 つまり本邦の民は、憲法に照らすと、その存在的(日本国の民としての)価値が低いに等しく、それらが日経平均にも現れているのかと判断でき、更に何だかの恐怖と欠乏から免れられないのだから、相応にして憲法の解釈を行えない(憲法の前文、第二段落目の公式を理解できない)が故の結果かと判断できる。

 よって、「(一)早期に本邦の民へと、憲法の前文、第二段落目の公式を理解してもらう必要が有り、(ニ)その対策として、学生に選挙権を与えつつ、(三)国家側で(故意に)憲法の改正を展開しつつ、その揺さぶりによって民が憲法を見直す事が期待される国策を展開する事を、(四)東日本大震災の発生よりも、だいぶ前に国会へと求めていたが、(五)それらが漸くに適うのかと想えるが、(六)展開に失敗すれば大きな損害を受ける事に成るが、(七)もともと何も対策が無ければ、それ以上の被害を受ける可能性が高いので、(八)最低でも減災に繋がる」と判断している。

 なお、嘗て僕が総務省に「本邦において行政機関が『防災』と言うが、自然的災害の発生を防ぐ事が不可能なのだから、非現実的であり、自然災害の『被害』を減少、及び発生させない減災の対策が必要なのだから、『減災』と改められたい」と、日本国の民、その一人として申し出た事が有り、以後において行政機関では、『減災』が多く使われるように成っている。

参照
 ・Mail Magazine/万学 Ⅱ
  ・No.268 課題 国会議員の選挙に伴う憲法改正案の提言などに付いて
  ・臨時問題 憲法改正 草案 内容 その2
  ・特別問題 憲法改正に伴う保護体制
  ・No.090 問題 1.日本国憲法 国民からの改定要請の是非
  ・現状の日本国を、憲法の前文に例えるならば・・・

 つまり、地球の環境を考える以前に、人類として、日本人としての健全性を取り戻す事(日本国憲法の推進)が最優先され、それによって自然の環境に対しても、自動的に健全性を維持する志へと変化するのかと想える。