記事一覧

No.586 迷惑な駐輪に基づく、自治体の損失

配信 平成28年08月22日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.586
作成 平成28年08月22日
課題 迷惑な駐輪に基づく、自治体の損失
送付 平成28年08月22日

= 本文面に付きまして =
 この文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一部であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、僕の経済的な観点での
活動と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。 

= 趣旨 =
 立広聴・平成28年度・第155号にて、
返答を得ているが、自治体が負担を行うに
至った総額が明記されてないので、それを
明確にされたい。

 もともと、立川市役所側からの返答が、
貸借対照表的に成ってない(損益が比較的
表現に成ってない)ので、行政の結果的な
負担額が解り難い。

 よって、自治体が最終的に負担を行った
総額分を明確にされたく、仮に Website
(ウェブサイト) で、相応の資料を公開
されているのならば、その URL を明確にと
されたい。

 なお、前回の分と、今回の分も合わせた
情報を、定期的に(一年に一度)広報紙で、
全市民に解るよう提供を行われたく、更に
Website(ウェブサイト)でも、情報が公開
されるよう検討を行われたい。

= 結語 =
 市民には、迷惑な駐輪によって自治体が
どれ程の額を負担するに至っているのかを
理解されたく、貸自転車の制度など色々な
視野から、市民による努力も必要とされ、
それらを促すのも自治体の務めだと想える
のだから、その為に必要な情報は、常にと
市民へ明確にされたい。

= 注意 =
 本件の御返答は、書面で行われたい。

本文の発送先>

・立川市役所

= 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) =

万学2的、迷惑な駐輪に基づく、自治体の損失

天使 自治体の損失は、市民の損失でもある。

悪魔 「知らぬが仏」とも言いますけどねぇ。

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

立広聴・平成28年度・第272号

内容

 昔から、先天性の疾患と異なり、通常の人が何だかの理由で精神を害してしまい、周囲へと危害を加えるように成ってしまう事が有る。

 最悪な場合には、無差別殺傷事件などを生じさせたりする事も有り、それらの関係から自治体による医療保護入院の制度に付いて、どのように把握しているのかの確認(行政側では、必要の応じて民に説明を行う事も求められるので、その確認)を行った。

参照

平成28年度の進捗/172
 ・万学2 - No.584

返答

ファイル 3537-1.jpg