記事一覧

学校の教員を削減する事が可能か。

e-Learning(イー ラーニング:電子的学習)

 既に、試験などでも導入されている、PCを使った学習や試験などが、導入をされており、広く一般に広まっている。

 また、放送大学などを見たり、聞いた事が有る人なら解るのかと想われるが、「(甲)一度だけ収録を行えば、(乙)それを何度でも使い回せて、(丙)後に部分的な修正(編集)も安易に行える」との利点が有る。

 つまり、教員が日々に教壇に立つ必要が無く、他に Internetを介して大規模な配信も行える事が、情報処理技能によって可能と成り、それにより教員を大規模に削減する事が、実際に可能だと想える。

 よって、今回に本邦の財務省が提案した教員野田規模削減に付いては、経世済民性の観点からも、論理的に好ましいと想われる。

参照
 教員4.9万人削減可能=コメ転作助成、収益重視で-財務省 - jiji.com

 なお、それに必要とされる初期の費用は、教員を削減して得られる一年間の経費を、100〜1000倍以上も上回ると予測でき、それに米国の某企業が介入する可能性が高いとも判断している。