記事一覧

高齢の生活保護者が増えている。

本格的な資本的負担を、どう乗り切るか。

 厚生労働省による公表にて、「生活保護者の数が163万6902世帯で、受給世帯(一時的な保護停止中を除く)の内訳が、高齢者で83万5402世帯と成り、そのうち単身者の数が約9割の75万7191世帯に成ったらしい。

 高齢者を除く世帯では、傷病・障害者が43万58世帯、母子が9万9034世帯、失業者の居る家庭、その他を合わせて26万3255世帯に成っているらしい。

・参照
 ・2カ月連続で最多更新=9月の生活保護受給世帯-厚労省 - jiji.com(2016/12/07-11:26)
 ・厚生労働省 > 統計情報・白書 > 各種統計調査 > 厚生労働統計一覧 > 被保護者調査 > 調査の結果 > 月別概要:平成28年9月分概数
 

万屋による経世済民活動の展開(戦略)

 人口の調整としては、過剰にと増えてないが、高齢者に対する健全な生活を保持すると言う部分では、財政的にも大きな負担と成っている。

 近年では、各自治体において、健康の推進が展開されており、医療的負担の部分が、徐々に緩和されている傾向に有るのかと想われる。

 また、高齢者の事情に基づき、「(一)高齢者の結婚(再婚を含む)、(二)小集団(五人未満)での生活、(三)中型の五人以上の集団での生活」を推進する言で、血縁の関係に無い者でも、他人と寄り添い生活を維持する事を、万屋で促進するに至っている。

・参照
 日誌/進捗/平成28年度/218など