記事一覧

東京地方裁判所立川支部における人事

民事の訴訟において、不審な対応が多く発生している

 当初は、宗教、政治の団体に所属を行っている人員によって生じる、『(甲)訴訟手続きの妨害、(乙)利用者の精神を害する活動』が行われているのかと想われた。

 ところが人事系の調査を行ったところ、裁判官の異動や雇用の履歴に、不審な者が多く居る事を確認するに至った。

 それらに基づき、「人材と職場の環境を、人事部の工作で調整を行い、相応の結果が出るようにと、環境を整えた」との疑いを抱くに至った。

受付の段階で生じる、裁判所の職員による手続きの妨害

 故意に手続きの説明を省きつつ、「弁護士に相談して下さい」と、手続きの複雑性を主張するが、その実質は、「裁判所による手続きの阻害を目的とした行為」と判定。

 その現象は、10年以上も前に確認を行っており、特に裁判所の職員、国や行政機関が訴えられているような場合に生じる。

 また、それらの対策として当時に、法照らす(無料法律相談)設置を要望、さらに職員に対する接遇力の向上(再教育の請求)なども行っていた。

受付で拒まれる工作

 実は、民事の提起時に、受付で裁判所の職員が紛争を展開、訴訟手続きの継続を阻止(阻害)する傾向が有る事が、僕の調査で解った。

 特に、調査の対称と成っていたのは、宗教の関連における事件で、東京都多摩地域では、異常な数と成る宗教の団体が存在しており、その背景に西洋の思想であるFreemasonryの関与を疑うにも至っていた。

 さらに多摩地域では、ASIA系の移民も多く、それらの背景に宗教の団体が関与を行いつつ、それを介して政治の団体も関与、『隷従的な労働者の確保が行われている可能性を懸念した』が、その目的でわなく、「思想の展開に必要とされた、天然的工作員を生産する為に、展開された」と判断するに至っており、「あらゆる観点から反天皇制を煽る為に、展開された」とも判断するに至っている。

 宗教に関連する事件が生じていない状況を不審に想って、長年に観察を行っていたが、やはり「受付の段階での阻害や、訴訟の手続きの段階で妨害的工作が生じる」ことを確認するに至っている。

 もともと警察の分野では、政治と宗教に関連する工作的活動が展開する事も解っており、相応の小集団が形成されている事も把握しており、広くは、消防の分野でも等しい団体が形成されていると判断するに至っており、関連の企業へと再就職するなど、民間営利企業との癒着も警戒するに至っていた。

 ちなみに妨害工作を行っても、裁判書画では、「訴訟の手続きは、難しいのだから」と言う観点を、資格の受験や、学科の設置(ちなみに、法学部は、文系だが、本邦においては、裁判官に国語力が無い事が、指摘されている)によって、特別な厚保かいとなるが、本邦における政治と裁判所の分離と言う観点に付いて、そこを宗教や思想に基づいた観点で、抑えることが可能なら、その国を操作する事が可能に成る。

 事例としては、公害の事件、原子力発電所の建設を破棄する請求事件など、特定の団体が利益を得る為の展開は、裁判所を介しても公然に行われつつ、それによって多大なる被害を受けている。

 また、そうした裁判を扱う裁判官が後に自殺をする事が有るのも当然であるが、近年だと自殺を禁止する宗教の信者を起用する事で、補っている可能性を疑うに至っている。

結論

 裁判所の利用に付いては、「(あ)政治、(い)宗教、(う)職員の気分」等に基づく、訴訟手続きの阻害行為が行われ、それに付いて裁判官も容認して展開する事が有る。

 また、「法の倫理や、宗教の理念に伴って、そのような事が生じない」と想えるが、もともと人材を調査した結果では、そうおうな事件が生じるよう仕込まれているかのような人員が揃っており、その当人達に自覚が無くても、相応の事務的事故などが生じる事は、予めに想定さ入れていた」と判断できる。

 よって、主たる原因は、「東京高等裁判所による人事」が基礎と成りつつも、それによって生じている窓口での紛争では、「当事者達に問題が有る」と誤認させる環境までも作られている状況に、『権力者による裁判所の私物化』を疑いつつも、それが民の脅威と成っているので、それに対する対抗策を展開する。

 

犯罪行為の履歴が、Intaernetに残る件

名前の検索で、犯罪歴が検索される件

 そもそも本邦では、同名となる国民も多く存在すので、該当犯罪者の外に、事件と関係の無い人達まで被害を受ける事も有る。

 今回は、大手検索企業に、犯罪の履歴を有する(妻子の有る)者が、検索の情報を柵状するようにと求めた事件で、最高裁が下した判決が注目をされている。

参照
 ネット検索結果、削除認めず=逮捕歴「公共の利害」-初の判断基準示す・最高裁 - JIJI.COM 平成29(2017)年02月01日12時52分

そもそも犯罪に着手を行わなければ良い

 情報化社会における『見え過ぎる個人の情報』と言う現象は、本件のように、ある意味で犯罪への着手を抑止する効果が有るのかと想われる。

 その観点は、主に若い世代にと理解され易いが、本邦(日本国)における文化的な事情だと、四十代以上の世代には、理解され難く、抑止力と成らないのかとも想える。