記事一覧

高校時における僕の交渉術 - 足利工業大学附属高等学校

生徒会との予算争奪戦(予算の確保における交渉術とは)

 3年次に、あまちゅあ無線部の部長を勤め、同年の5月に生徒会執行部との予算(獲得)の交渉時、僕が席へ着いた途端に生徒会(会長)側から、『予算の大幅減額を請求』された。

 ところが、結果的に部費5千円分の増額交渉を試みて、それを最終的に生徒会へと、了承''させている''。

その交渉術とは

[交渉の時間]
 交渉時間に15分の枠が許されていたが、5分程度で済ませている。(他部員も含め、交渉を待つ『待機の時間』が、別に生じていた)

[戦術]
 そもそも、約一時間ぐらい待たされた後、ようやく交渉の席に付いて直ぐに、生徒会(会長)から予算を減額する事の請求を求められ、僕の機嫌が少々悪く成り、自分の氏名を名乗る時に「''天下御免の自動車科*1の△△です。''(にこ♪にこ♪)」っと微笑み、それを聞いて''引きつる会長、副会長、書記達''が、以後において僕と目線を合わせようとせずに、''交渉が穏便に進んだ''。

[交渉の趣旨]
 「わが無線部は、(A)無線の業務を通して、広範囲で交流、学校の存在を宣伝する事を担う部活で、(B)文化祭、無線のContest(こんてすと)などでも活躍するが、(C)その無線機が一台でも数十万円もするだけでなく、(D)交信の後に、交信記録証(QSL Card)を発行する関係から、(E)本来であれば、相応の予算を請求しても良く、それを認められて当然だが、(F)今回は、後に控えている各部の予算的関係からも、5000円程度の増額で我慢しつつ、(G)金銭で賄えない部分は、部員の努力で補う」と申し出た。

[補足]
 実は、僕よりも前に交渉を行っていた体育系の部(確か、籠球部と他)が、やはり減額の請求が行われており、渋々に応じていた状態に有ったので、「三回も連続で減額を可能にする事も無いだろう」とは、想っていた。

 生徒会から「支給される予算で賄えない分を、どうやって部員が賄うのか」っと質問され、僕が「Antenna(あんてな)の自作、無線機の自作や修理、寄付(寄贈)への期待、部費として部員から回収する」と答えた記憶も有る。(材料費を部費で購入する事が前提)

[成果]
 先に、''学科と名前を伝えていた効果''も有って、生徒会から「解りましたぁ~♪」と、初期の厳しい感じの対応から裏返るような明るい表情(少々に引きつった作り笑い:少々、相手が怯えているようにも感じたが・・・)で、増額の了承を得て、交渉が終わった。

生徒会の弱み

 生徒会の執行部は、主に普通科の生徒で構成され、唯一に大学*2への進学を優先される学科でもあり、何だかの問題を生じさせると、進学への査定(内申書)に障害と成る。

 そこで、「僕の請求に応じておいた方が良い」と、会長が判断するに至ったのかと思える。

後日談

 なお僕は、同年7月の末日付けで『同学校を自主退学するに至った』のも事実であるが、この交渉と何ら関係が無い。

*1:当時は、校内でも''各種暴走族の頭''などが同学科に集まっており、その構成員なども多く居た学科
*2:足利工業大学

ひろみちゃん事件 - 足利工業大学附属高等学校

みず色の錯誤は、続くよ、どこまでも。

 先輩の・・・いや、この世における構成を理解して無いが故に発生した、『まりちゃん事件』だが、その分だけ''ひろみちゃんへの期待''が自然と強く成るのも、少年の心情(性:さが)である。

 しかし世間は、そんな''少年の薄紫色な心情までもを、打ち砕く''のである。

 入部後において、未だに『''ひろみちゃん''』に会えない事から、月日の経過と共に、期待と股間が膨らむ一方の少年心だが、今にして思えば「現実の世間に対する切なさを、少年ながらに実感する時が、刻一刻と近づいていた」と言うのが、正しい。

当時の僕

 一年生の夏休みに、学校の主催で、無線従者資格を習得する講習と試験が行われ、その合格を経て、晴れて無線部の呼出符号を使い、無線機で交信をする事(On The Air)が可能と成った。それ以後からは、専ら無線部の呼出符号を使い活動をしていたが、個人で無線を所有するには、当時の僕だと高価な物であたのと、同時期に自動二輪にも興味があり、そちらへ投資が注がれてたので、当時に無線機の個人所有が無く、学校だけで無線の運用に留まっていた。

 工業高校なだけに、教員が個人で無線局の開局を行っている者も多く、夕方の下校時間に成ると、帰宅中の教員も、車載無線機に電源を入れて、待機(傍受)する事などが有った。その事情を知らない初期の僕は、同学校の教員(無線部の顧問でわ無い教員)と初めて交信した時に「''まりちゃん''へ対する想い」を告げたら、大爆笑をされた。当日は、その理由が解らないまま交信が終了して、私も下校(帰宅)。

『ひろみちゃん』への期待

 そして一年生の秋頃に、''まりちゃん''を知る事と成った。

 確か土曜日の下校時間に「少しだけ無線を行おう」と部室へ向かい、無線の交信を始めたが、その時に交信を行った相手が、同学校の教員だったので、無線の話題で色々と盛り上がった。

 その時に「''ひろみちゃん''って、すっごく可愛くて、性格が御茶目な顧問が居るらしいけど、担任なのに、未だ会った事がない!」と、ぼやくと・・・。

 「なぁ~にぃ~、無線部には、女の顧問など居ないぞぉ」っと、ちょっと怒ったような声で言われ、次いで「ところで、俺の名前を知ってるか」と聞かれたので、素直に「知りません!」っと答えると、「''俺が、真理って言うんだよ''」っと言われた。

 その教員と無線で交信するのは、その時が初めての事で、それ以前に校内での部活中に、よく会って居た先生でもあって、「無線に詳しい先生なんだ。(「女性の顧問だとの認識が無いから、その補助的存在だな」と思い込んでおり、つまり「もう一人の顧問は、絶対に『(女性の)まりちゃん』だと言う、過信的な状態に陥っていた)」っと言う程度の認識しかなく、名前も知らなかった。

 「ええええ。」

 「何だ、悪いか?、俺が''真理''じゃ?、ん♪、不満なのか?」

 「っい、いいえ・・・。」

 確かに、可愛い(憎らしい)性格の持ち主である・・・。

後書き

 仮想的な物語(Fiction:ふぃくしょん)かと想う人も居るかもしれないが、殆どが事実である。

 心的外傷(Trauma:とらう)の如くに覚えている事実であり、それが現実(思い出)なのです。

まりちゃん事件 - 足利工業大学附属高等学校

あまちゅあ無線部の顧問は、『まりちゃん』と『ひろみちゃん』

 事情を知らなかった僕が、無線機に向かう先輩の肩越しで、「顧問の先生は?」と聞いたところ「まり(真理)ちゃん と ひろみ(博美)ちゃん」っと言ったので、15歳の僕なら当然に、『どき♪どき♪』と期待して「えええ!女性が二人ですか!?」っと水色の声を発すると、「まぁ、その内に解るけど、可愛い性格の持ち主だ」っと、言われ、『うき♪うき♪』して「まりちゃんかぁ~♪」っと呟くと、「っそ!、それは、本人の前で言わない方が身の為だぞ!!」っと、僕の横に座って居た他の先輩から、教育的な指導をされた。

みず色の妄想と、現実

 ・・・にも関わらず、「 『 まりっぺ 、 まり公 』 でも好くないですか?」っと言い放った次の瞬間に、『すぱん!すぱん!』っと言う、軽い弾けるような音が二つ聞こえたかと想った瞬間、頭に激痛が走った。

 音の一つは、僕の頭上で鳴り、激痛に変わったのだが、振り返ると、かなり体格のよい(元体育会系的な)、薄い Sunglasses(さんぐらす:よく指名手配でみかける物)の奥から、鋭い目つきで 攻撃的に微笑み、何だかの書類(?)を握り締めている『おっさん』の姿が、僕の後ろあった。

 「・・・Σ(・ω・ノ)ノ っえ!、あんた誰!、普通のおじさんも無線部に入れるの!?」等と言い放った次の瞬間、「てめぇ~、ぶっとばすぞぉ~♪」っと威嚇され、次いで「俺が顧問だぁ~♪」っとも言われた。

闇に落ちる少年心

 僕は、放心状態になり、美人局(つつもたせ)に遭ったかの如く、すっかり怯えてしまいつつも、現実を認めたくなかったが、これが事実である。(ちなみに未だに認めたくない。:俺の水色な少年心を返せぇ。)

 また僕の中枢神経が、衝撃(Shock;しょっく)で麻痺に至り、暫くの間は、『へら♪へら♪』する状態にあったとの記憶が有る。

 なお、「すぱん!」と言う音の二つ目は、隣に居た先輩の頭上だったらしく、その先輩が頭を抱えていた事からも、「僕と等しく、頭上に激痛が走ったのか」と想われる。

暴走族の代表者と、決闘を行った事が有る。

足利工業大学附属高等学校 自動車科 三年時

 同級生で、当時に埼玉県 羽生市で存在する暴走族の代表者と、決闘を行った事が有る。

 その相手が後に退学するが、追って僕も自主的(修学旅行*1へ行った後に)退学を行っているが、決闘が原因で退学を行った訳でわない。

当時における決闘に対する学校側の処罰

 本当は、(甲)自宅での謹慎や、(乙)一日から二週間程度の停学、(丙)坊主だった。

 でも僕の場合は、坊主の程度で済んだ。

 その理由は、(僕が想うに)相手の同級生が、「今度に何かしらを行ったら退学に成る」との状態に有り、『お情けの両成敗』で、坊主の程度で済んだらしい。

 ちなみに僕は、暴走族や不良的集団の構成員でわない。

*1:定時制の高校へ編入学を行っており、改めて修学旅行に行っている

息だけで、十七種類の病名を感知

どうして解るのか

 単純に、『反応の検査』と想える。

参照
 ひと息吹きかけて17種類の病を診断 - Nwesweek 日本版 平成29(2017)年2月21日(火)10時40分

現代的な医療の科学と、電算機

 近年における医療の分野は、電算機(Computer:コンピューター)の進化に伴って日々に進化するが、電算機の性能が上がるにつ入れて、更に高度な難解をも解析するに至っている。

 また、電子的映像による仮想現実( Virtual Reality:バーチャル リアリティ)も医療に貢献されると言われている。