記事一覧

某国による拉致の事件は、不実なのか。

国内で発見

 拉致被害者の名簿に載った人で、国内で発見された人が居る。

参照
 国内発見の宮内和也さんが心境 19年間悩み葛藤、福井新聞に語る 福井新聞 平成29(2017)年2月26日午前7時20分

 僕的には、『DNA鑑定が必要だ』とも、判断するに至っており、その理由として、「身内(親類)などが他界後、当人(拉致被害者)に成りすます輩が生じる可能性を警戒する必要が有る」と判断するに至っている。

僕的には、以前から数名が国内に居る(誤認されている)可能性を疑っていた。

 実は、嘗て拉致の事件関する件の思案を行いつつ、相応の要望を国家へ行った時に、「拉致されたとする民の中には、個人的な事情で国内で失踪するに留まる者が居る可能性」を、数値(司法の機関による誤認。又は、警察官の統括者による個人的な判断により「拉致された」と判断される等が生じる率)的に、予測を行っていた。

 また、特定の居住地を有さない者などに紛れている可能性も、当初から疑っており、『特定の居住地を有さない者達の存在を根絶する(独学における経世済民学における僕の課題だった:都市の風紀的な観点から、自治体の倫理性を向上する為の)対策』時にも、「他の事件(民事、刑事)を摘発する事を含む、留意的情報として提供を行う」に至っていた。

 後に某国から拉致被害者4名を奪還する程度に留まっている。

なぜ拉致されたのか

 当時(僕が研究に取り組んでいたとき)には、『拉致された者達が、帰化人の可能性』を疑うに至っている。

 つまり、某国から本邦へと帰化を行った後に、その子孫を含めて拉致された可能性を、僕的に疑っていた。