記事一覧

火星に似た環境で、植物を育てる事に成功

じゃがいも

 南米の Peru(ベルー)で成功。

参照
 ・火星に似た環境下でジャガイモ生育に成功、ペルー - 平成29(2017)年03月13日 17時21分

Saudi Arabiaと、水素燃料産業で提携を目論む

水から水素を生産する

 中東の地域における太陽光発電であれば、電力の確保が行える。

 また、石油に依存する経済を追い詰めてしまう前に、平和的にと、生産の切り替えを行ってもらう事が求められつつ、それによって水素燃料を購入する事も可能と成る。

 仮に、その事業が成功する成らば、人類の史上において、無公害的燃料の生産を、世界的規模で展開する事が可能に成る事を意味する。

参照
 ・「脱石油」へ官民協力=サウジ国王訪日で促進-政府 jiji.com 平成29(2017)年03月11日 15:45

それを米国、英国が良く思わない可能性が有る

 石油の事業は、西洋の諸国において経済の血液と成っている事からも、それを失う事が致命的に成る。

 それを、中東の地域が大規模に切り替えつつ、西洋の諸国も、それに習うのであれば、唯一に追い詰められること避けれる。

現状の皇太子殿下に期待している事

 世界的規模で水素の燃料を普及する事で、更に現行の都知事にも、同等の事を想っている。

 ところが、その半面で本邦の『(甲)自然的災害、(乙)軍事的な脅威、(丙)移民の問題』が有り、水素の燃料が普及されても、それが必ずしも本邦の利益に成ると限らないが、人類的規模の観点で想えば、偉業に値するのかと想われ、それに着手をする覚悟が有るのかが、数年前から問われつつ、僕も皇室を含めて観察を行っていた。

砂漠での農業

 仮に海水を水の変え、それを水素の燃料へ変える場合、水の確保と同時に、砂漠での農業も展開する事が可能と成るのかと想われる。

 つまり、水素燃料産業の委託に留まらず、砂漠での農業も活性化され、更に地球外で農業を行う為の研究にも繋がる。

Islam(イスラム)国などの軍事的問題

 多くは、石油に関する利権の関係で、争われていると言われており、あの911事件でも、その背景に『(A)石油の価格と、(B)株価の操作』が行われたと指摘されつつ、宗教的な観点から不浄性の制圧にも成った』と想える。

 改めて米国が、英国を水素燃料化へと説得する事(戦略)が求められる。