記事一覧

中華人民共和国で、なぜかAfrica系の移民で不和

なぜか不法的移民が増えている

 広東省 広州市 に在る、Africa 村(英語的には、African Colony だと想える)が転々と増えているらしく、それによる現地民の文化が侵食されている事が脅威だと伝えている。

参照
 ・中国でアフリカ不法滞在者激増 「民族存亡の危機」の声も - News-postseven 平成29(2017)年03月20日 07時00分

不審で脅威な点

 広東省 広州市 は、領土の中心的な位置にあって、Africa大陸と隣接する訳でも無い。

 つまり、Africanが入植するには、陸、海、空などの移動を経ているのであり、その間に入国の審査なども行われるのかと想われる。

 逆に、不法的入国が増えているならば、陸、海、空など入国における審査に脆弱性が有ると想える。

 更に問題視されるのは、嘗て日本国でも生じている「いわくの有るような地域だが、自然的環境や、都市的な位置の観点では、恵まれている土地へ、移民を導入する方法」により、『(A)文化的浄化を図りつつ、(B)経済性の向上を目論み、(C)後に奪取する」との方法が有り、「(に)移民は、鵜飼の鵜で、(ほ)奴隷的に経済的基盤を構築させつつ向上も行わせ、(ん)民に嫉妬させながら競合的相手と認識させ、自国の民を刺激的に向上させる』との国家規模での利己的戦略が有る。

 もともと、「『移民を受け入れる』との体制を整える以前に、移民による暴徒化も想定されている」と判断でき、人類の歴史を紐解けば、古来から問題視されている。

 また、『移民を受け入れる』は、「人の優しさ」でも有るが、その心理を逆手に取って宗教、思想的な戦略で、Trojan Horse(トロイアの木馬)の如くに使う事が有るのかとも感じられ、その背景に「 Christianity に偽装を行っている、Freemason による人間管理構造(工作)が有る 」とも判断するに至っている。

 Freemason による人間管理構造(工作)

 (1)人の個々を管理する概念と異なり、(2)少なくても数名の小集団から、(3)地域の支配(管理)へ移り(本邦ならば、近所、町内、市町村、都道府県、国の順)国家が乗っ取られるに至り、(4)その後に隷国と成りつつ、基礎敵文化が破壊するが、(5)実質的に倒壊する原因は、「自国民によって自らの文化が駆逐される」との状況が生じる。

 僕の観点だと、「 Freemason 政治にを受け入れた時点で、人体医学で言う AIDS(後天性免疫不全症候群) に感染するかの如くな状態に陥る 」と判断するに至っており、Greece(ギリシャ)、仏蘭西(フランス)など、あらゆる国の背景には、Freemason の工作が有るのか」と想えつつも、後における(Ⅰ)倫理観の低下や、(Ⅱ)経済性の低迷、(Ⅲ)先進国に支援を求める事を強いられ、(Ⅳ)その先進国による支援を経て従属国へと成り下がり、それによって民が、先進国の教育を受ける事に成るが、その時に洗脳的にと宗教的教育などを導入する事で、完全なる従属国が誕生する 」が、この観点は、(Ⅴ)他人を奴隷化、服従化させる事(支配する事)にも用いられる。

 もともと、第二次世界大戦後の China は、「米国が日本国の政治(議員)や、宗教などを踏み台に、従属国化へと進行するに至っている」(この現象は、PC の Network で言う、Bot 工作と似ている)と判断でき、「 Chinaは、大国で有りながら、他国に依存を行わなければ、存在を維持する事が行えなえず、仮に Freemason が、巨大な権力を得た時には、その競合と成り、双方の進展を試みる相手」に成っているが、『 作られた敵 』であって、Freemason など西洋人の思想を越える文化を獲られず、例えるなら無精養鶏卵の如く、他国から知識が注入されて成熟するが、交配を続ける毎に遺伝子的、教育の導入で、精神や思想までも操作され、世間(世界観を含む)的に Reversi Game の如く展開するが、その GAME の基台は、Freemason等が造った物で、その末(吸血鬼の如く、利益を吸い取った後)に、撤収(GAMEを終了)する。

 これは、株式などでも使われる戦略で、『投資と利益の回収、そして撤収』と言う、『 資本的戦略の基礎 』で、今時代だと小学生でも人によって解る「損得的勘定に伴う、人の行動(行動資本学:経世済民性には、欠けている:利己的)」に該当する。

 よって、Freemason等に限らないが、「結果的に資本を経済と誤認させされつつ、それを基に歪んだ(または、ずれている:間違っている)倫理観で、文化を向上させれば、どのような物(人の性格)でも、「 基礎に生じている欠点(脆弱性)は、それが原因で巨大になれば成るほど、何だかの重みに耐えられず、自然的に自らの重みで倒壊する」との建築型の思想(論理)からも、経済性が低下する事が解るのであり、それが解らないのならば、当然に犠牲に成る。

 なお、GAMEの基本は、『(壱)まず生存(存在)する事であり、(弐)次に生存(存在)を維持する事』で、対象が人に限らず、長期に生存した物(者)へ、人が本能的に敬意感を抱く習性と、それすらも利己的に悪用する者達(悪意の自覚が無い事が多い:経済性に欠ける)が居るのも事実である。

>補足
 完全に勝つ方法も有る。でも倫理上の観点から、それを明確にする事は、この時点で無いが、若い世代(生活の環境や、文化感の進化に伴い、自然的に理解する事が可能と成る人)や、色々な解析によって理解する人も居るのかと想われる。

共産主義として真似を行っても

 愚かにも、真似をするのは、失敗を含めての事と想える。

 逆に、「 Copy をする事の脅威 」を理解するに至ってない場合には、経済的にも危機的な状況にと、Chinaが陥る可能性が有るが、民族の粛清を試みた代償に、Chinaが倒壊するに至っても、人類の歴史に記される程でありがら、「民にとって、然程の事でも無い人生の記録」で、後に歴史を学ぶものが、凄そうに想う『嗜好品的効果』の程度に留まるのかと想われる。

 ちなみに、本章における前節の『嗜好品的効果』では、煙草や酒にも類似するのであり、似非愛国主義者を生産する原因にも成るので、留意が必要。

 よって、共産主義に限らず、何事においても真似をする行為は、脆弱性までもを真似するに至る事が多く、予めに脆弱性が認められつつ、脅威に成っている場合には、「 故意に相手に真似を行わせつつ、過大な競争心から、それを強化するであろう相手国の愚かさによって、自滅させる(または、事前に同等の効果が生じる罠を仕掛け、準備を行いつつ、陥らせる) 」との戦略が展開される事があり、明治天皇を、そそのかした(工作は、それい以前から進んでおり、それを達成するまでの年月を含めれば、更に数十年前へ遡ると想われる)輩によって、本邦が軍国化するに至ったのと等しいが、花札の『おいちょかぶ( Card Game :類似に、Black Jack等)』に習えば、「 適度に自制する観点が無ければ、豚に成る 」のであり、「 博打の背景に、深い教えが潜んでおり、それを学べないと、苦境に陥る仕組みに成っている事 」も、現代人として理解されたい。

 なお、「 釈迦は、『さいころ』を使って人を集めた。 」と言われるが、当の釈迦は、「 『さいころ』を振らない 」と言われており、広く資本主義戦略でも使われる概念(手口)かと想われる。

世界で最も幸福な国

誘導的な広告

 上位の国が、北欧系に成っている事よりも、宗教的な観点で見ると、解る。

 また、これまでの先進国では、Catholic(カソリック)等が、嫌がられる傾向にあったが、その矛先を変える為の工作かとも想える。

 ちなみに、どこで生活を行えば幸福なのかは、民の個々における感覚に成るので、その基準を宗教や思想など、何を基準に評価を行うのかで、評価が異なる。

参照
 ・「世界で最も幸福な国」はノルウェー、国連報告書 - AFP BB NEWS 平成29(2017)年03月21日 09時25分

もとも環境の厳しい地域では、人の絆が強い

 つまり、一人(単独)での生活だと辛い状況に陥るような環境では、他人との共同(妥協)的倫理感が強い。

 逆に、単身でも生活が行える環境では、厳密な人間的関係を維持する傾向に有り、自由な人間的関係を維持する傾向に有るが、それが過剰と成る。

 どちらの人間的関係でも問題視され、『(あ)孤立、(い)暴徒』の現象が生じるので、均等性が求められる。

 また、宗教や思想的な観点からの幸福よりも、『 住んでいる環境の恵みを理解する事が可能か 』との観点が重要で、「どのような地域で生活をする事と成っても、それに適応する能力が有るのか」が問われるのであり、古来から「冒険心と孤独、そして信仰(自然への幸福感)」は、人の心理として存在している。

 更に、共同的生活での幸福感では、他人と何だかの情報(五感、六感を含む:つまり感情なども情報に成る)を交換する事で、自分が未体験であっても、体験者から情報を得る事で、知的な経験を得る事が行えつつ、現実的な体験を自らも求める機会(欲求)や、基の情報から新たな情報へと変える試み(他人の体験を、自分なりに工夫する事で、効率性を追及する等)により、文化、文明が進化するのが、人間の構成に成っているのかとも想える。

結語

 比較的に、暖かい地域よりは、寒い地域の方が、共同性が強いのかと想われつつ、その単位も『家系を基礎とする三親等の程度まで』と思える。

 また暖かい地域で単身性でも生活が行える理由に、「『自然の恵み』によって、衣食住を賄える」との環境が有るからで、逆に灼熱の砂漠のように暑すぎれば、極限の環境と成るので、不向きに成る。

 ところが、人類を世界的な規模で見ると、『(ア)極限の地で生活をする文化も有れば、(イ)環境に恵まれた地域で生活を行っていながら、冒険(体験)などを踏まえ、極限の地へ挑む人々も居る』のが、人類の特徴である。

 更に、「極地で生活を行っているにも関わらず、豊かな自然の環境へと移住を行わない心境(拘り)」は、人の不思議な心理である。

 ちなみに、「母親が自らの子供を虐待する状況において、泣きながらも子供は、母親にすがる」との心理が、人の本能に有り、それが過度に成ると、Masochist(マソ)が誕生するのかとも想えつつ、虐待を経て育てる(何だかを学ばせる)性格を、Sadist(サディスト)的と言われる事も有るが、それらの基礎に、「(甲)愛情や、(乙)性的な欲望、(丙)実験(研究、追及)的な心理』が、『人の心理的基礎構造に有る」とも想われつつ、それを逆手に人の心理を操作する事も可能と成る事が、悪用される事へと懸念される。

 そもそも幸福な国を求めるよりも、『幸福な自分、幸福な家族や仲間、幸福な市町村自治、幸福な都道府県、州の自治、幸福な国』との観点で追及する事が重要で、つまり己と他者の融合と幸福性が、追求の基礎と成る。

 ところが共産、共和の主義だと、逆に「集団により、個々の能力にかける部分を補い、それによって得られる成果が、利益に成る。また、個々の欠如に付いては、個性でも有って、差別を行わない」との観点(理想)が有りながらも、『人間の習性を理解してない』ので、『 絵に書いた餅 』で終わる事が多く、本邦のように、童話の『かぐや姫が月に帰る』でも解る通り、過剰に集団性と平等性を有する環境でも、幸福を得られると限らない。

 本邦は、「国家の基盤(中心)を公務(憲法を基礎とする共産的体制)が有り、その周りを自由で囲む環境」を象徴するかの如く、本邦の日の丸国旗が有るのかとも想える。

 なお、日の丸が左右に少々ずらす事も有るのかと想われ、保守派と、進化(改新)派で表す事も可能と想える。