記事一覧

刑務所の運営に関与すると、儲かるのか。

今と昔では、刑務所の事情も異なる。

 昭和の時代ぐらい迄は、網走刑務所の噂(うわさ)を聞いた事が有る人も多いのかと想う。

 ところが現在だと、快適な刑務所に成っている。

 それと等しく、各刑務所(公的な機関)と、民間(民間の企業や、国民の個々)との接し方が変わって来ている。

・参照
 変わる刑務所「臭い飯」販売も 再犯防止へ市民に塀低く 京都新聞 平成29(2677;2017)年11月19日 17時40分

過去に刑務所の運用における事情を、簡易的に調べた事が有る。

 一般(民衆)的には、「刑務所の運営に関与を行っても、利益を得られない」と思うのかと想える。

 ところが、刑務所に関連する民間事業体の利益性は、比較的に安定的で、高い利益率を保つ状態にあり、その背景に『(甲)競売時の談合、(乙)独占的な資材の搬入、(丙)政治や宗教などの関連(連帯)による、公に解り難い関係による利益の回収的機構が有る』と、判断するに至っている。

 『僕が、睨んでいる』のは、工場で生産される物よりも、刑務所内で消費される物(特に、食材などを含む、生活消耗品)である。

 僕が調べた時は、東日本大震災の数年前で、震災後は、『(あ)刑務所の設置の状況(囚人が多く、懲役など収監が有る刑罰は、執行を猶予する事が乱発されているように感じられた事が有って調べており、高齢化や外国人の囚人が増えていた状態に有った)や、(い)災害時避難場所に利用する』事など、求めた事も有る。

再犯率が高かった時代を経て、現在

 再犯の防止等の推進に関する法律が設置され、新たな文化的開拓が試みられている。

No.612 中高年、在日外国人による再犯防止対策

配信 平成29(2677;2017)年11月20日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.612
作成 平成29(2677;2017)年11月19日
課題 中高年、在日外国人による再犯防止対策
送付 平成29(2677;2017)年11月19日

前文

 この文面は、日本国の憲法・第十二条を基礎とする経済的活動の一部であり、特定の政治、宗教など、何だかの団体や、議員の優位性とは、一切に関係が無く、文面の作成を行っている。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、本文と同意的な思考で活動を行っていても、一切に関係が無く、僕の独自な経済的観点と成るので、予めに御理解をされたい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が活動に流用する事は、著作権の関係からも許可する事は、無い。

趣旨(再確認)

 既に、再犯の防止等の推進に関する法律に関する件で、立広聴・平成29(2677;2017)年度・第423号の返答を得ているが、その返答において、『(あ)中高齢者、(い)在日外国人(旅行者を含む)』に対する部分が不明確に成っている。

 よって、(あ)、(い)に対する対策を明確にされたい。

結語

 僕の知る限り、本邦では、10年以上も前から、『(ア)囚人の高齢化、(イ)在日外国人による犯罪の増加』を確認するに至っている。

 当時には、挙句の果に行政機関側(特定の政治的団体による思惑)では、「刑務所を増やせば良い」との観点が有り、膨大な費用を使って、新設、増設の予定が有った事を確認するにも至っている。(東日本大震災の前)

 また、『皮肉にも、耐震性の観点では、一般の平均的な住居よりも、刑務所の方が安全である事』が判った時(東日本大震災の後)には、僕が激怒するに至っており、「刑務所の校庭などを、災害時の避難場所に使える事を、配慮されたい」と、東日本大震災後に、法務省の矯正局へと申出ている程である。(現在では、一部の刑務所で、施設の一部が、災害時避難場所と成っている)

 更に、『刑務所の収容数が過剰と成っている事から、懲役刑に関する分野では、執行の猶予付で対処する傾向に有った事』も、その当時から解っていた。

 それらの関係で、地方裁判所が有る自治体では、『(甲)懲役を受けず、(乙)または、執行の猶予と成る判決を受け、(丙)保護観察処分』と成った時に、弁護士などの勧から、要保護者に成る類で、それを市町村自治が引き受けつつも、周辺の地域で、痴漢、窃盗(空き巣、ひったくり等を含む)、薬物の濫用が徐々に増え(つまり再犯の発生が増え)、治安が低下する事も有る。

 また、(ア)、(イ)の問題が深刻であり、特に(イ)では、「母国で、貧困に暮らすよりも、(一)本邦で不法な行為に着手を行い、(ニ)仮に懲役を受けても、(A)日本語などを学べ、(B)仕事を学べ、(C)衣食住や、(D)健康も適度に維持される」のならば、『犯罪に着手を行っても、不利益と成らない』と、不条理に(精神病質性が、高く成る発想的を)考える輩が居るのも当然で、それを防げない事情を、当時に感知するに至っていた事から、その件でも僕が(行政に対する鑑査の活動、及び経済的活動の関係から)法務省 矯正局へと対策を求めていた事も有る。

 「犯罪者による不条理な観点(精神病質性)は、知性で抑制を行える事(知的障害者などを除く)も解っている」が、それの教育を、どのように行うのかが問われる。

 よって、日本国の民、その一人と言う立場から、色々と懸念する事が有るが、市町村自治と言う観点で、どのように取り組む予定が有るのかを、再確認する。

 なお、『東京都の方針、意向の決定を待つ』との理由(返答)は、自治(行政の機関による自立性)に欠けており、それを満たせないのであれば、他の分野における事情(各分野でも生じている憲法、法律、条例の基準を満たせない事を常時とする)も含め、市役所自治を解散されたい。

追伸

 本件の文面は、暴力団指定(平成二十九年六月二日公布 平成二十九年法律第四十六号 改正 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律 第三条に伴う指定)を行った集団へと、解散の請求、または、更生を求める観点(論述)と同等の想いで、作成を行っている。

 更に想えば、各地域の指定暴力、及び犯罪組織団(似非な宗教、洗脳や思考の操作を行う集団を含む)を育てている(黙認を含む)のは、地域の住民(による責任)であり、その責任を、立川市役所の管轄下に有る民が、平等に負っていると、僕が自覚する事から、その責任を果たす目的(日本国 憲法 前文 第二段落目に習い)で、文面を作成するに至っている。

 なお、「一般人が誤解する自由(日本国 憲法 第十二条と異なる)には、勝手が含まれている事も有り、適切に解釈をされて無い(日本国 憲法 第十二条:国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。)」(別途で、刑法などにより規制されるが、それを理解するに至ってない)と判断でき、その部分を、どのように補うのかを追求する事が、再犯防止対策における再教育(更生的な教育)に必要だと、僕的に想える。

注意

 本件の御返答は、書面で行われたい。

本文の発送先>

・立川市役所

笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き)

万学2的、中高年、在日外国人による再犯防止対策

天使 犯罪の行為による利益性は、阻害する必要が有る。

悪魔 人の行いであって、私の仕業とは、異なります。

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =