記事一覧

भारत गणराज्य(インド)における大富豪、大貧民

最下層出身者達による対抗的活動

 ある意味で、貧困層が知識を得ると、このような現象が生じる。

 また、「国家(や文化)が成長(文化が発展)するのには、必要な通過的過程なのか」(人体の成長で言う、第二次成長期の如く)とも想える。

 国家と言う観点では、「いかに犠牲を少なくするか」が問われ、「合理的(経世済民的には、不条理)に処理をすると、国家の経済が破綻する傾向にあり、形式だけの国家は、他国との依存性から軍国化(番犬化)される事も、多く有るのが現状」と判断するに至っている。

参照
 ・印カースト最下層出身者ら、ヒンズー至上主義に抗議デモ - AFP BB NEWS 平成30(2678;2018)年01月04日 17時59分

僕が解説するならば

 僕の経世済民学的な観点では、本件の課題における国の事情に限らず、「故意に困難化する観点よりも、一般的に判り易い説明をするならば、絵札( Trump )の遊びと成る『大富豪(大貧民)』を体験する事で、色々な事が解るのかと想える」と説明する。

 『 じゃんけん 』の原理と同じで、「(あ)甲は、乙より強いが、丙に劣る。(い)乙は、丙より強いが、甲に劣る。(う)乙は、甲より強いが、乙に劣る」と言うような論理式で遊び、『大富豪、富豪、平民、貧民、大貧民』など、三種類以上の階級を組み合わせて争う遊び。

 僕の観点だと、『白人的思想において、Chess(チェス)で論理を学ぶ』ような観点と類似するが、異なるのが「社会的に最低な弱者は、『社会的優位者から、何だかの利益を奪う事』が、展開される」と言う観点を理解する事が重要で、「あらゆる犯罪でも、『利益の生産と、消費』において、自分が欲する物(事)を、生産する能力が無い者(物)は、他の者(物)が生産を行った物(者)を奪う事(他動物捕食する事も、含まれる)によって、補う傾向に有る」のが、この地球上における生物の特徴と成っている。

城と物乞い

王子の結婚式が催される

 大規模な結婚式を起因に、『物乞い』を排除する公的な活動が話題に成っている。

参照
 ・王子挙式で「物乞い追放」?=自治体提案に批判広がる-英 - JIJI.com 平成30(2678;2018)年01月07日 14時34分

物乞い

 現在の本邦では、他国と比較すると見かけないが、他国における事情では、「(甲)地域の治安、(乙)及び評判、(丙)観光的な価値の低下」と言う観点からも問題視されており、「反政府の工作的活動が、背景に有るのか」と疑いたく成る程である。

 また、『(A)物乞いを取り仕切る者や、(B)子供に物乞いをさせたり、(a)子供を故意に負傷させて、(b)外見的に同情心を抱かせる工作を行い、(c)旅行客などから金員を得る活動が生じている事』は、僕的に20年ぐらい前から、「他国の事情」との事で把握、それと比較する要領で、本邦の住所不定者を根絶する戦略も、展開中。

 昔から、सत्यमेव जयते(インド)等で、児童の虐待(手足、指などの切断、目を潰すなど)が行われている事が指摘されており、その標的と成る『 貧困層の子供達を保護する事 』が、国際的にも話題に成っている。

参照
 ・印カースト最下層にさげすまれる社会集団「ネズミを食べる人」 - AFP BB NEWS 平成30(2678;2018)年01月06日 07時00分