記事一覧

Debian_9 Steam の導入

設定が必要

 僕の環境では、そのままの apt-get install では、導入が行えなかったので、以下の設定を行った。

1.

# vi /etc/apt/sources.list

 最後尾に、以下を追加。

deb http://ftp.jp.debian.org/debian/ stretch main non-free contrib

2.
 32bit の Soft を動かせるようにする設定。

# dpkg --add-architecture i386

# apt-get update


 Error が出るけども、そのままに以下を続行。

3.

# apt-get install steam

 Tab Key で、『 了解 』を選択。

 同じく、Tab Key で、『 I AGREE 』を選ぶと、Install が始まる。

参照
 ・Debian stretch に Steam をいれてみた - Q3 平成29(2677;2017)年09月25日

補足

1.
 僕の場合には、Update で、Error が出ていたので、Install 後には、『 1. 』の作業でき追記を行った部分を、『無効』に再設定を行った。

2.
 初めの画面は、英語で始まるが、Login 後に、設定を変更する事で、日本語にも対応する。

ファイル 3935-1.png

 また、各 Soft も、日本語の対応が有れば(殆ど無い)、Install する事が可能。

ファイル 3935-2.png

心的な外傷と、『 Freeze(ふりーず) 』の状態

極度の恐怖感から、動けなく成る

 本邦の文化では、昔から『腰を抜かす、震えが止まらない事により、他の動作が行い難く成り、最悪だと動けなく成る等の状態を意味する。

陥り易い人

 危機感、恐怖感が有っても、動作(反射)的に、「何を行えば良いのか」を、''心身的に認識されてない事''によって生じる状態とも判断できる。

 それはまるで、『 神仏や精霊に選ばれた&ruby(いけにえ){生贄};の如く、動けなく成る(&ruby(フェインティング ゴート){Fainting Goats}; 的症状) 』である。

避ける為の訓練

 『 (甲)運動的神経、(乙)及び反射的神経が良い人や、(丙)恐怖感の抑制力、及び''欠如''の有る人』には、あまり見られない 』と想える。

Freeze(ふりーず)

 「凍ったように、動かなく成る(動作が止まる)」(警察官などが、逃走者に「動くな」と表現する時にも使われる)とは、異なると判断するに至っている。

 つまり、『 心的な外傷 』と異なり、「 反射的反応による症状であって、その時に、心的な外傷も同時に生じる 」と解する必要が有る。

 よって、「学者などが、心的な外傷で、動けなく成る事を、Freeze の状態と言うのは、不適切」と判断できる。

 なお、『 心的な外傷 』の多くは、『 記憶、傷跡 』によって生じるのであり、本邦(に限らず、世界中の文化)だと、「嫌な事は、忘れてた方が良い」と、故意に健忘を促す事も有るが、その過剰な健忘によって、同じ過ちを来る返す事も有り、それが人類規模であるならば、「公害、戦争など、主に精神病質者(工作の活動者*1も含まれ、民間企業での産業、商業などの工作も含まれる)により生じる被害が、(同じ過ちを繰り返すに)該当する」のかと想える。

*1:SPY

No.622 北方の領土に関する看板は、誰が設置を行ったのか

配信 平成30(2678;2018)年03月12日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.622
作成 平成30(2678;2018)年03月11日
課題 北方の領土に関する看板は、誰が設置を行ったのか
送付 平成30(2678;2018)年03月11日

前文

 この文面は、日本国の憲法・第十二条を基礎とする経済的活動の一部であり、特定の政治、宗教など、何だかの団体や、議員の優位性とは、一切に関係が無く、文面の作成を行っている。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、本文と同意的な思考で活動を行っていても、一切に関係が無く、僕の独自な経済的観点と成るので、予めに御理解をされたい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が活動に流用する事は、著作権の関係からも許可する事は、無い。

趣旨

 立広聴・平成29(2677;2017)年度・第566号による立川市役所からの返答に、「立川市役所では、設置を行ってない」との趣旨で、返答が有ったが、「該当の看板を、誰が設置を行ったのか」が不明。

 よって、明確にされたい。

補足

 「当方で関知する看板と、立川市役所が対象とする看板は、異なるのか(つまり、複数の設置が、立川市役所の管轄下に有るのか)とも想える」ので、「僕が問合せている、対象の看板が、どこに設置されているのか」を明確にする。

 僕が感知するに至った(問い合わせにおける対象の)看板は、『 JR 立川駅 北口、駅前の通りから、多摩信用金庫の前あたり、路上の中央分離帯に設置されている看板 』が対象である。

 よって、「外にも、立川市役所の管内で、同等の看板が、設置されているのか」をも含めて、返答を行われたい。

 なお、僕が対象とする看板は、今時代だと、Intaernet 上で提供されている地図でも、確認が行える。

注意

 本件の御返答は、書面で行われたい。

本文の発送先>

・立川市役所

笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き)

万学2的、北方の領土に関する看板は、誰が設置を行ったのか

神 公道上に設置されている。

鬼 公道を、我が物顔で悪用する民の類による、設置かな。

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

缶で、焼き林檎(りんご)を作る

 僕は、100円均一で購入を行った、『 灰皿用の缶 』を、飯盒(はんごう)の代わりに使う事を追及(その後、上手に御飯を炊いるように成った)。

 その缶を使って、「焼き林檎が作れるのか」を試す。

ファイル 3932-1.jpg

作り方

ファイル 3932-2.jpg

一、
 林檎を半分に切り、芯を取って、そこへ、Cinnammon(しなもん)を置き、Aluminum foil(あるみ ほいる)で、包む。

ファイル 3932-3.jpg

ニ、
 固形の燃料を使って、焼いてみたが、蒸す感じと成った。

結果

 「何も、手間をかける必要性が有るのか」と言う心境に陥った。

 実は、Youtube 等で、他者が色々と試みているのを見て、「自分も、『 非常時における料理の技を極める 』と言う観点で学ぼう」と想ったのが、本課題の動機。

 ところが、実際の調理における過程で、栄養の保全を想うと、「焼かない方が、栄養価も高い」と想えつつ、「栄養分を減らす調理の技を学んでも、意味が無い」と判断。

 更に、「焼き林檎の匂いは、食欲を周囲へと拡散するが、それが非常時に必要か」と想うと、好くない評価と成った。

補足

 林檎を、生で食べつつも、「剝いた皮を、御茶に入れる事で、『(あ)味と、(い)香り』の効果が得られる」との程度に留めた方が、有益と想える。

100均一の香炉(こうろ) - 一種目

香炉とは、

 英語で言う、『 Aroma Candle(アロマ キャンドル)』を意味する。

 近年では、100円均一で、色々な種類の物を買える。

ファイル 3931-1.jpg

 今回は、『 四つ入り 』で色々と、試す事と成った。

お茶を温めながら、香炉の効果を発揮するのか。

 例えば、『 非常時における、明かり 』と言う観点は、本邦(日本国)に限らず、色々な国でも認識されている。

 では、他に、物を温める等の効果など、あらゆる機能を、十二分に発揮させて使う方法を追及。

ファイル 3931-2.jpg

 そこで想ったのが、「(甲)非常時に、使え、(乙)香炉(匂い)の効果で、精神の安定を図りつつ、(丙)お茶を飲む」と言う事が、可能なのかを試す。

結果

ファイル 3931-3.jpg

 ・一個1~3時間(工夫する必要が有る)
  ・下手に使うと、芯だけが、過剰に燃える。

 ・沸騰(ふっとう)は、火力が弱く無理
  ・予めに、作った飲み物(容器)の保温性を保つ程度。

 ・容器の底に、煤(すす)が付く。
  ・工夫が必要で、不完全燃焼による煤が付き易い。

 ・香炉の効果
  ・飲み物の香りとの関係を考慮する必要が有る。
   ・香りの強い飲み物では、香炉の効果は、薄れる。

 ・飲み物を温める
  ・容器の大きさに、関係する。

 ・非常用
  ・小さめの明かりを確保するには、長けている。

平成29(2677;2017)年度・第605号

内容

 所属する自治体で、「大気汚染が生じているのか」を確認。

参照

平成30年度の進捗/34
 ・万学2 - No.621

返答

ファイル 3930-1.jpg

ファイル 3930-2.jpg

平成29(2677;2017)年度・第593号

内容

 立川市役所では、避難行動時に、支援者を必要とする者を、予めに登録する制度が有る。

 よって、その事情(利用者の数など)を確認。

参照

平成30年度の進捗/31
 ・万学2 - No.620

返答

ファイル 3929-1.jpg

ファイル 3929-2.jpg

国立大学を、改善させる為に行った、僕の戦略

国立大学における、過剰な優位性と、統括(支配)性を、破壊

 まず、本邦における現行の憲法(前文 第二段落)では、『 専制と隷従、圧迫と偏狭 』などは、「地上から永遠に除去する対象」と成っている。

 日本国 憲法 前文 第二段落目

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

 もともと、学生(埼玉大学 経済短期大学部 学生自治 副会長)の頃から、公立大学の在り方に異常性を感じており、後に「公立大学を、(あ)独立採算制の強化と、(い)研究の依頼を、民間から受ける」と言う体制を整えるように、推奨を行った事が有る。

 その後、『(ア)国立大学法人化され、(イ)学校の講師は、公務員の扱いから外された』との経緯が有る。

致命的な、本邦の事情 - 公務員と呼ばれるに適さない『大学の人材』

 国民の一人と言う立場で、絶望感を抱いたのは、「大学の教授は、公務員でありながら、憲法や法律を把握するに至ってない」との事実。

 また、最悪なのが「法学系の教員でありながら、憲法や専門外の法律を聞くと、『私は、その専門じゃない』と、返答を拒む輩が多かった」事に鑑み、「もはや大学の人材は、(国家)公務員と言える存在に値する存在では、無い」と激高するに至り、展開を行っている。

 当時には、『法学部の存在的価値』が、治安(僕の経済的活動における三大的基礎の一つで、外に、『(あ)防災*1、(い)健全性の維持』が有る)の維持と言う部分で、主に刑事の発生を抑制する役割と言う点で、「本邦の法学部、及び法学大学院の価値が、僕の経済的観点で想えば、無い」と言う主張から、展開が始まっている。

 当時の僕は、東京都 八王子市役所の管轄下に住んでいたが、その市内に有る法学系、経済系の学部が、然程に地域的貢献を含めて、役立っておらず、主に刑事面では、同市の治安の悪さから、絶望するに至っていた。

 もともと、学生の頃に、当時の東京都 直下型地震の発生時における手引書を入手する機会が有り、その中に『八千人程度が死傷する』等の記載が有り、「予めに、死傷の者数が、予測されている(解っている)との状態に、憲法と言う概念よりも、人道的な概念から激怒するに至っていた」事が、『 僕の現在における、経済的研究の種 』と成っている。

 つまり、「僕の経済性における観点は、『憲法に由来する事と異なる』が、近年だと、『 憲法を盾 』に用いている」と言う、戦略を展開するに至っている。

矛盾(むじゅん)

 また、これまでには、「矛盾の言葉と通りに、憲法を槍(やり)に使う輩と、歪んだ争いが展開される事も有った」のが事実である。

 そこで僕の戦略では、「先攻的に、憲法を槍(やり)的に使いつつ、後の防御で盾(たて)にも使う事で、最高的な効力を発揮する」との展開を用いる事が有る(この展開は、刑事に関する越権では、効果が無い:ところが、馬鹿*2には、効力があまり無く、反撃に遭う事も有るが、その時には、「正当防衛体制から、相手を真剣に排除する観点で、相手と接する事」を心がけている)。

*1:「避ける事が行えない、自然の災害を対象とする場合には、減災である」との解釈から、『減災』と言う言葉を使う事を、総務省、及び内閣府などへと、各種の公務員に、鑑査の活動時における(要望、苦情の)序で、説教を行った時期が有る。
*2:この場合における『馬鹿』とは、「不条理な命令や環境においても、それを正せず、不条理に活動する輩」を意味する。例えば、精神病質者の配下で活動する、准精神病質者が該当する。つまり、もともとの語源である、「鹿を、馬だと、(間違って)幹部が王に紹介を行ったが、それを部下が『それは、鹿だ』と主張を行ったが故に、その幹部が恥じ入る状態と成った事から、怒りのあまり、その部下を殺害するに至った」との逸話的な語源に基づく:現在の中華人民共和国における、古来での『指鹿為馬(しかをさしてうまとなす)』に由来する

学生の頃から想っている、公立大学の闇

実質的な講義の内容や、試験の方法は、いかにも『公立大学の難解さ(一般的には、&ruby(いげん){威厳};の効果を図る為に、複雑化する:「他人は、学力*1が高ければ、『偉い人だ』と思い込むであろう」、と言う感覚の精神病質者に多い*2と、僕の経済的な研究では、判断するに至っている。)』)」と言う、単純な言葉で表せる事を、不要(誤魔化す形式)で展開される。

*1:実質的には、解析力、理解力など
*2:本邦の場合には、『はっきり言って、成り上がり、&ruby(Freemason){要素}; に多く、外に「単純に、『支配、優位性の意欲の強い者』、及び、それらの人材によって構成された集団に、見られる対応と同じで、主に動物や、犯罪の組織でも、多く確認が行える