記事一覧

No.624 人口の推移

配信 平成30(2678;2018)年03月20日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.624
作成 平成30(2678;2018)年03月18日
編集 平成30(2678;2018)年03月19日
課題 人口の推移
送付 平成30(2678;2018)年03月19日

前文

 この文面は、日本国の憲法・第十二条を基礎とする経済的活動の一部であり、特定の政治、宗教など、何だかの団体や、議員の優位性とは、一切に関係が無く、文面の作成を行っている。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、本文と同意的な思考で活動を行っていても、一切に関係が無く、僕の独自な経済的観点と成るので、予めに御理解をされたい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が活動に流用する事は、著作権の関係からも許可する事は、無い。

趣旨

 立川市役所の自治では、統計的な比較において『女性の方が、若干に多い』との状態に有るが、その反面で、『ふれあい交流会〜若手農家との出会いを立川野菜を使った、お食事会で』(広報たちかわ 2017(平成29)年10月25日号 十面)と言う、農家の男性との出会いに付いても、広告されている。

 女性が多いのに、結婚に困る男性が居るのも、奇妙に感じる。

 よって、過去五年間における年齢別の独身者、世帯者(夫婦)の統計に付いてを、明確にされたく、少子高齢化の問題において、『(あ)比較的に女性の方が長生きする事情と、(い)自治内の高齢化による影響なのか』とも想えるが、実質的な数値に基づく、確認を行いたい。

 なお、『(甲)女性の高齢者が増える』に限らず、『(乙)生涯に、独身で、出産を行わない』との場合や、『(丙)女性なら、本邦に限らず、世界中に居る』と言う男性の観点も有るのかと想われつつ、(丙)の逆と成る発想は、二昔(二十年)前程度の女性による発想から、一般化されたようにも想えるが、どちらにおいても、『(ア)男性側の求婚の意識と、(イ)女性側の求婚の意識』との合致を図れるような経済(資本と異なる)的環境が、求められているように想える。

結語

 『(一)中華人民共和国の人口や、(ニ)周辺の諸国における宗教や文化的意識での婚姻、(三)既に、भारत गणराज्य(インド)や、Āfrica(アフリカ)、中東の地域における人口の問題』も、国際的に危惧されている。

 僕の観点だと、「無理に人口を増やせ等と、考えているのでわなく、自然的な変化において、『国際的な規模で、経世済民性の動向を図る必要が有る』との観点で想えば、各市町村における過疎化や、後継ぎ等の問題よりも、国際的な大規模(人類の総人口)的観点を前提に、各国、各地域の在り方を考慮する必要が有る」のかと想えつつ、その将来的な自治(社会)的設計に付いては、日本国の民、その一人と言う観点で、立川市役所の管内に住んでいる現在では、立川市役所へと(僕的に)不安を抱くに至る。

注意

 本件の御返答は、書面で行われたい。

本文の発送先>

・立川市役所

笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き)

万学2的、人口の推移

神 人口と、経済的な環境の関係は、密接な関係が有る。

鬼 その公式を人類が解くのに、何万年も費やされている。

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

性欲を満たす人形と、中華人民共和国

男性に限らず。

 僕の把握では、どこの文明(及び時代)でも、女性を含めて、性欲を満たす事を図る試みは、色々と有る事が解っている。

参照
 Replacing China's Missing Woman Newsweek 日本語 平成30(2678;2018)年01月24日(水)16時10分

記事的には、揶揄(やゆ)に指摘されているが、

 地球上における人口の問題を、経済的に想えば、かなり深刻。

 実は、『性欲を満たす』と言う観点は、先進国の方が積極的*1で有り、宗教の観点を上回る程でもあるが、それによって自然的に人口の調整が図られているのも、事実である。

 また、中華人民共和国の人口よりも、भारत गणराज्य(インド)、Āfrica(アフリカ)、中東の地域などにおける増加の方が、世界経済の観点からも、危惧されている。

 なお、『宗教上における避妊の拒絶』は、戦略的観点での事であり、「同胞を増やすには、都合が好い」との事における事情であって、近年だと、あらゆる宗教で、「過剰な多産を抑制するように求められている」が、例外的に、『新興の宗教や思想などでは、多産を勧めつつ、同胞を増やす傾向にある』*2事情から、本邦の国内における事情でも、僕の経済研究的には、問題視するに至っている。

*1:比較的に、文明の高い文化では、積極的に想える。
*2:単身のまま、生涯を終える事を推奨するのでなく、人口の生産、及び『夫婦による子供を造る事への社会的責任』と言う観点から、「今時代的に、二人以上の多産は、求められて無い」と、僕的な判断をするに至っている:全人類規模での経済的観点における

死後の男性から、精子を取り出す。

מְדִינַת יִשְׂרָאֵל‎(イスラエル)では、増えている。

 男性の遺体から、精子を取り出す事で、血統を維持する観点が、広まっているとの事。

参照
 ・死んだ息子の精子で孫を......イスラエルで増える遺体からの精子採取 - Newsweek 日本語 平成30(2678;2018)年03月16日(金)18時30分