記事一覧

敬宮 愛子内親王は、食べ盛り。

報道などでは、色々と指摘するけども

 やはり、客観的に色々と指摘を行いたく成る心境も、民の特徴(ある意味で、特権)。

 例えば、「O脚は、父親からの遺伝性と想われつつも、治すなら今」等は、一般的に想う。

 また、「一時期に、体型が気に成った頃、母親から若い頃の写真を見せられ、何となく落ち着いた」とも想われるが、『遺伝を想えば、父親からの影響が強い』とも想え、油断は、大敵。

 更に、「酒に強い」と予測される事から・・・。

 など、『切りが無い』ので御座候。

参照
 ・愛子さまの休日 カツ丼とお団子をペロリ 高円宮家の絢子様とバッタリ鉢合わせ - AERA dot. 永井貴子 平成30(皇紀 2678;2018)年04月16日 12時26分 週刊朝日#皇室

肉食は、好まれないけど

 肉食から、「肉食が好まれない理由」を学ぶ事も重要と想われる。

 食肉用に飼われている動物の存在と、一般の民(人)と重ね合わせる観点は、経世済民的にも意外に重要視される。

 つまり、「(A)動物が可愛いと思いながらも、(B)屠殺(とさつ)の現場を見ず、(C)肉を食べる」との経緯に問題が有る。

 また、「肉を食べさせられている環境(他の選択肢が無い環境)」も問題視される。

 よって、色々と期待する事が有っても、「それらを、どう考えるのかは、敬宮 愛子内親王 殿下の次第」である。