記事一覧

No.634 食べれば『ごちそう』、残せば『ごみ』

配信 平成30(皇紀 2678;2018)年07月12日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.634
作成 平成30(皇紀 2678;2018)年07月10日
課題 食べれば『ごちそう』、残せば『ごみ』
送付 平成30(皇紀 2678;2018)年07月10日

前文

 この文面は、日本国の憲法・第十二条を基礎とする経済的活動の一部であり、特定の政治、宗教など、何だかの団体や、議員の優位性とは、一切に関係が無く、文面の作成を行っている。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、本文と同意的な思考で活動を行っていても、一切に関係が無く、僕の独自な経済的観点と成るので、予めに御理解をされたい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が活動に流用する事は、著作権の関係からも許可する事は、無い。

趣旨

 広報たちかわ 平成30(皇紀 2678;2018)年03月10日号、6・7面において、「 食べれば『ごちそう』、残せば『ごみ』 」との見出で、各種の説明が有る。

 ところが、学校の給食における、『(あ)調理の過程で生じる材料の残り等、(い)配給後に回収される残飯の処理』に付いては、説明が無い。

 よって、(あ)、(い)の事情(現状)を明確にされたいく、外に『(う)それらの再利用に付いて』を、明確にされたい。

 なお、序でに、『(え)立川市役所内に在る食堂での(食品ごみ処理)事情』も明確にされたく、(お)先進国では、長年に問題視されている、食品の購入後に発生する、"合成的樹脂ごみ"(一般的には、広く” Plastic ”と呼ばれる)』の事情(例えば、「100円の商品を購入、消費後に Tray 等の"合成的樹脂ごみ"が発生、それを処理するのに、どれくらいの費用を、必要とするのか」等)に付いても、明確にされたい。

>補足
 僕は、「消費後に、『ごみ』と成る物を販売する事は、不適切」と想っており、『販売者、及び製造者側へと、課税を行う必要性が有る』と想っている」が、その件に付いては、政治、思想の団体や他者と、共感、共闘を行う観点は、無い。

結語

 僕の判断では、一般の家庭における『食品ごみ』よりも、『(ア)一般消費者を主たる営業の相手とする、飲食店などの事業者、(イ)野菜、魚など、食品の販売店、(ウ)各社 Convenience Store(コンビニ)における賞味期限切れ商品の扱い、(エ)各社内の食堂』の方が、深刻だと想える。

 なお、嘗ては、立川市役所の近隣に在る各公的機関に備わっている食堂を、「一般人にも開放する」と言う前提(表見)で、『実質的には、各種公務員が(出会いの場も少ないと言われていたので)、他機関の食堂を利用する事が可能に成る事』に付いて、働きかけた事も有ったが、その成果に付いては、不明。

注意

 本件の御返答は、書面で行われたい。

本文の発送先>

・立川市役所

笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き)

万学2的、食べれば『ごちそう』、残せば『ごみ』

神 女性が出産後に太る原因は、過食。

鬼 もっともな、御意見で。

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =