記事一覧

Freemasonry GAME

Freemasonry ( GAME )は、まず駒を揃える事から始める

 各種の役割を、割り振る事を、意味する。

 駒の選定は、『攻撃時における特徴』で、割り振られる。

 それらの駒に、「駒の自覚が、無い」のも、特徴。

Catholica、Protestantism

 表見上だと、『&ruby(キリスト教){Christianity};が、有利』に想えても、実質的に Freemasonry が、有利と成る仕組み。

 つまり、どちらを選んでも、Christianity 。

 なお、「 Catholica の外は、他の宗教、思想における全てが、Protestantism(抗議者)に、該当する」との観点にも、注意。

Christianity ならば、美的で、罪をも、許される

 「・・・との深層的意識を、本邦の国民に深める工作が、展開されている」と、想われる。

 また、それで「 Christianity が、有利に成るのか」を、経世済民的に想えば、「神仏、精霊などへの無信仰な者も、増える傾向に有る事」を想えば、然程の利益を得られない。

 ところが、唯一に「 Freemasonry に付いては、あらゆる観点からの利益(資本的な利益に限らない:自己の存在における幸福感*1も含む)を、得ている」と、判断するに至っており、「 それが GAME の Player における勝者の利益とでも、思っているのか」と、皮肉的に思える。

 つまり、 Freemasonry は、Christianity を盾に、GAME(戦略) を展開する傾向が有り、それに相手が負けると、「自治が、『共和化』*2する」との傾向に有る。

 それが、『現代の人類における(経世済民的な)事情とも、判断』するに至っている。

*1:『究極の自己満足』と、想えるが、「人は、どのような状況下でも、幸福感を得ようとする」ので、然程の事でも無い。勝者の優越感。
*2: Master に対する、Slave(奴隷)化。この場合における、 Master は、Freemasonry が、該当する。