記事一覧

悪人の性格を、善人化する(人格を操作する)工作と、その逆と成る工作

悪人が善人化

 『(A)性格や、(B)生活の状況、(C)出生』に、欠点が有っても、『(a)他人から注目され易く、(b)何だかの長けた能力が有り、(c)同胞への利益率も高い』者が、「狙われる傾向に有る」と、判断。

手口

 出生後(先天性の性格から)、人格(人間性)の操作を行うには、『(A)知識、(B)体験』で、操作を行う事が、可能。

 それら(A)、(B)は、『意識的な操作、洗脳』でも用いられ、『(C)強制、強要、(D)暴力や、精神的な苦痛、恐怖心を煽る等』により、『(E)服従心を抱かせる』等にも、用いられている。

 「主に、宗教や思想、犯罪の集団で、用いられている」と、判断。

 「その目的は、団体が利益を得る為の優位性」とも、判断するに至っている。

 つまり、「世界的な平和等とは、あまり関係が無い事」も、判る。

 一般的に、「(A)、(B)による人格の変更は、極普通に生じている、人間の実態」で、特別な事でも、無い。

立川市役所の自治下で、体験するに至った、人格の操作

 いつの間にか、『正義の見方だけに、特化する性格へと、誘導されている事』(人間と言う観点では、不自然な人格:Terrorism や、刑事への着手も、危険視されるような人格)が、判っている。

 実は、八王子市役所の管轄下に在住中から、『(一)立川市役所の管内に在住するであろう複数名』が、本件の課題における観察の対象と成っており、『(二)外に、芸能人の複数名』も、観察の対象と、成っていた。

 観察の結果では、「『当人は、気が付いて無い』と思えるが、『あからさまに、人格が変わった』と、判断できる状態を、確認」するに至っている。

 「それらは、『(a)専制、(b)隷従』の体制に伴う人間的な関係と
成っている事が多く、違憲(日本国 憲法 前文 第二段落目の趣旨に
反する)」と、想える。

 人格の操作を行っている者達には、『罪悪感が、無い』と思われる事から、精神病質性を疑うにも至るが、「本邦における倫理性(憲法や各法律)の観点から、『正当性を有する部分(正当的防衛)』に付いては、問題視する理由が、無い」とも、思える。

 よって、本件の課題で問題視されるのは、『(あ)違憲、及び不法に該当する人格の操作』で、『い)憲法、並びに各法律に照らすと、「正当性が、認められる」ならば、そまでもを問題視する理由が、無い』と、判断するに至る。

 なお、『(う)憲法や各法律を逸脱する観点の有益性を保持するのは、圧倒的に、宗教、思想等の集団が、多い事』に、留意が求められ、『(え)逆に、個人であっても、無差別殺人等を生じさせる事』等も、注意が求められる。

懸念される事は、善人が悪人化する事

 特に、『(弌)競合する宗教、思想の団体に所属する者、(弐)集団に所属を行わず、個人的に活動する者』が、狙われ易い。

 また、人格への操作には、『精神的な圧力が、用いられている事』も多く、本来だと違憲*1、不法*2に該当する場合も有り、国家公務員を筆頭に用いられている事から、本邦の愚かさも判る次第。

 更に、本邦の国家公務員における多くは、「(Ⅰ)憲法の前文に何が記載されているのかを、国民へと正確に伝えられず、(Ⅱ)就任時に行われた、宣誓文の内容すら、健忘するに至っているので、(Ⅲ)何だかを国家公務員に期待するのは、無理が有る」と、約10年前に判断、立川市役所の管轄下へと転居を行った時には、絶望的な心境と成った事実(過去)には、変わり無い。

 なお、『(Ⅰ)、(Ⅱ)、(Ⅲ)』は、本邦に限らず、Public 系の Freemasonry( Slave を含む)が、過剰に関与する国家で、多く見られる。

*1:日本国 憲法 前文で、『圧迫』は、除去の対象と成っている。
*2:精神的な被害を受けた場合で、「病院で、それが立証される場合、『心的な外傷』等を受けた事に伴う、傷害罪』の適用が、求められる。

万学 2 改竄 No.250 の削除、No.251の改変

No.251 は、改竄され、No.250 の表記に成っていた。

 精査を行っている途中で、No.250 の表題と、番号が合わない事を、検知。

 調査の結果、改竄されている事が、解った。

ファイル 4091-1.png

 画像で判る通り、No.250 における『救命技能に付いて 』は、本来だと『 No.251 』の課題で、情報管理上だと、『No.250 救命技能に付いて』の存在が、無い。

No.250 は、削除されていた。

 調査の結果、『 No.251 』の枠が、削除されている事を、感知。

 つまり、『(A)本来の No.250 が、削除され、(B)本来の No.251 は、No.250 へと変更』が、行われていた。

結果

 「本来の No.250 が、存在の無い物」とする工作の為、『(A)No.250が、削除され、(B) No.251 を、No.250 に、改竄』が、行われた」と、判断するに至る。

 表見上、それによって利益を得られる『(a)思想(宗教)、(b)政治』は、限られている。

改竄と判定する理由

 『万学 2』における過去の情報は、それが転記される時に、複写が用いられ、「 (Ⅰ)No.250 は、No.251 と、転写される事が、無く、(Ⅱ)仮に、間違って転写が行われても、本来の No.251 が、存在するので、間違いに気が付く(純次に、転写が行われるので、次の番で気が付く)、(Ⅲ)また、『 No.250 救命技能に付いて 』と記載されていたならば、次も『『 No.251 救命技能に付いて 』と成るので、異常を検知する事が、可能」との判断に基づき、改竄と判定。

追記

 また、現状における立川市役所の自治において、選挙などの問題は、常時に発生するに至っている事から、『仕込みを、兼ねていた工作』とも、判断。

 「本邦の日本共産党(は、僕の経世済民的研究だと、『 Protestantism 』に、分類*1される)が、優位に成る」と思えるが、実質的に 『 Public 系 Freemasonry 及び、その Slave』(違憲*2)が、有利に成る事も解っており、不信感を抱くに至っている。

*1:周辺の諸国における共産主義的な思想とは、区別。
*2:憲法の前文、第二段落目の趣旨に反する。

No.251 救命技能に付いて

配信 2009-12-16
=== 万(よろずがく)学 2 Internet Ombudsman ===
No.251
作成 2009-09-24
課題 救命技能に付いて
配布 2009-09-24

= 趣旨 =

 高齢化している世間事情などを踏まえ、
救命技能を、中学生1年生程度の全国民が
学ぶ機会を得られるようにされたい。

 それによって『(1)救命活動における
知識、技能の習得、(2)高齢者に対する
救命的な活動の積極性、(3)高齢者にと
限らず、救命活動を必要としている場合に、
相応の対応が行える』との三つの観点にて
利益が見込まれます。

 少年少女と高齢者では、年齢的な観点や
文化的観点でも、生活環境にて接点となる
部分が少なく、親戚関係であっても同じ。

 だからと言って、互いに排他するような
関係は、日本の国民性からも好ましく無い。

 よって現状の日本国おいて『救急医療を
補助することが、一般の少年少女でも可能
である』と言う現代に、それらの技能等を
身に付けるとのことは、時代相応なのかと
想われます。

=== 私の調べたところ ===

 私の知る限りでは、都内だけでも学校の
事情によって、積極的に技能習得を行って
いる学校もあれば、『救命技能』との存在
すら把握して無い公立が学校が有るらしい。

 唯一に体育教員などが、学術的な必要性
から知っている程度で、その知識が実用と
言う点で、どれだけ役に立つのかは、疑問。

 よって「(A)学校教員ならば全員が上級
救命技能認定取得者であってもよく、(B)
体育教員に付いては、技能者でなく『講師』
と言う立場での能力が求められる』のかと
想われます。

== 結論 ==

 東京都では、東京消防庁・消防総監にて
認定技能となる講習が行われている。

 現在では、任意での申し出により、その
講習などがNPOなどを通して行われてる
状態にありますが、それを義務教育の一端
として取り入れるのも、現代の日本に好い
のかと想っています。

 文部科学省で全国単位の検討をされたく、
各地方自治体は、その自治範疇での導入を、
教育委員会などを必要な機関と調整を行い、
検討をされたく想います。

 また(元)衆参議員の皆さまに付いては、
「各地元での一般者による救命活動技能」
などが、どの程度なのかを把握されたく、
更に救急活動の実態を把握して、相応なる
判断を踏まえ、御検討をされたく想います。

 なお、東京消防庁・消防総監の認定にと
なる『上級救命技能』ですが、中学生程度
となる年齢なら、習得が可能であることも
確認をしていますので、事実を御確認され、
その後に御検討をされたく想います。

               以  上

日本国民の一人より

Reportの発送先>

1.衆・参の全ての国会議員
(但し、MailAddressを公開している議員のみ)

2.各公的機関
(但し、電子政府から発送 http://www.e-gov.go.jp/

=== 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) ===

万学2的、救命技能に付いて

天使 自衛と言う観点と、救済能力を身に付ける!

悪魔 助けたことを、後悔しなければ良いけどねぇ~♪

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =

No.248 宅地建物取引主任者の資格と、仲裁人資格

配信 2009-12-10
=== 万(よろずがく)学 2 Internet Ombudsman ===
No.248
作成 2009-06-12
課題 宅地建物取引主任者の資格と、仲裁人資格
配布 2009-06-12

= 趣旨 =

 『 宅地建物取引主任者 』を有したものが、
賃貸住宅に纏わる業務に、携わることが多い。

 その関係から、『 大家と借主 』との間に
入って、紛争を解決する事がある。

 そうした行為を時に、『 越権弁護である 』
などと指摘される事が、あるらしい。

 しかし「 大家よりも、賃貸住宅企業の方が
実務上から詳しい状態にあるが、仲裁役などを
行える資格が無い事から越権弁護を指摘される 』
とのこと。

 紛争の早期解決には、賃貸住宅企業が貸主と
借主の間に入ることが必要となる場合が多い。

 よって相応なる対策検討をされたくReportの
作成を致しました。

=== 対策 ===

 『 宅地建物取引主任者 』の権利範疇を、
「 宅地建物取引に纏わる法規においては、
仲裁人を行える 」との検討をされたい。

 嘗て行政書士が、『 その司法活動の範疇を、
特定の分野に限って訟廷代理人をも行える 』
と、過去に改正されたかとの記憶が有る。

 それと同じく『 宅地建物取引主任者 』の
資格取得者も、「 宅地建物取引法規に纏わる
範疇に限って、法定代理人、または、仲裁人の
特権までを付与する 」との必要が有るのかと
想われ、それを検討されたく想う。

== 結語 ==

 実務において、必要とされる権限の範疇を、
付与する事によって、紛争を中和することが
可能になるのかと想われ、『 仲裁人としての
権限 』を与える事で『 越権弁護指摘 』を
回避でき、積極的な仲裁活動が行える。

 また、『 大家や借主にとっても都合の好い
存在 」となることが、予測をされる。

 但し、過剰な営利目的となる、一方的な弁護
行為は、後の訟廷行為における審議で不利益と
なる事もある。

 更に、現状において仲裁役などを演じている
『 賃貸住宅仲介業者 』は、その仲裁活動で
利益を得ることは、基本的に無く、法的な観点
などでも、利益を得られ無い。

 しかし現実には、非営利的に仲裁役を行うと
言う『 賃貸住宅仲介業者 』が多いのだから、
『 仲裁人としての権限 』を資格に付与して、
仲介活動で若干の利益を得られ、且つ、紛争が
早期に解決すると言う環境作りが必要なのとも
想われ、Reportを作成しました。

(1)
『 賃貸住宅仲介業者 』に特定法規の範疇で
『 仲介人の資格 』を付与する。

(2)
『 賃貸住宅仲介業者 』に特定法規の範疇で、
『 弁護資格、訟廷代理人資格 』を付与する。

            日本国民の一人より

Reportの発送先>

1.衆・参の全ての国会議員
(但し、MailAddressを公開している議員のみ)

2.各公的機関
(但し、電子政府から発送 http://www.e-gov.go.jp/

=== 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) ===

万学2的、宅地建物取引主任者の資格と、仲裁人資格

天使 法的な有資格者の利用度を上げる必要がある!

悪魔 争いあってこそ、人生が楽しんだよ♪

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =