記事一覧

飛行機での偵察と、戦艦からの威嚇

火気管制機構( Fire cControl System :Wikipedia)を受けた時

 「日本国の自衛隊による行動は、一般の軍事からだと、『考えられない』(無防備な)行動をする」と、感じられる。

参照
 ・【ノーカット】防衛省がレーダー照射の動画公開
  ・SankeiNews( YouTube ) 平成30(皇紀 2678;2018)12月28日

理由 - 防御の行動を行って無い

 「相手が戦闘艦(軍用)の場合、火気管制機構を受けたならば、その『受け身』(防御)を行う必要が、有る」のかと、思われる。

 映像で確認する限りでは、「(A)自衛隊機側で、『安全と想われる回避』の行動が無く、(B)再接近を試みている」との状態に有るので、実戦だと、「相手方(本件では、大韓民国の軍艦)から、本件自衛隊機への火気管制機構を作動さた理由を聞く前に、撃墜されている」と、想える。

>(A)自衛隊側で、回避の行動が無く、(B)再接近を試みている。
 離脱の方法で、『(a)砲塔の向きを確認せず、(b)直線的に移動(離脱)する』のは、近代的な電子的制御の火気管制機構では、『非常に危険』(正確な射撃が、行われる)。

参考
 ・Phalanx(Wikipedia

 よって、「(一)Radar Jamming(火気管制機構からの防御:Wikipedia)等を行いながら、『(ニ)砲塔の向きが合わないような航路で、離脱する』との必要性が有る」と、想われる。

 なお、「(三)再接近の前に(安全な位置で)、『大韓民国軍による火気管制機構を稼働させた理由』を、確認する事」が、求められる。

言語の問題

 自衛隊が、大韓民国軍へ、『火気管制機構を稼働させた事の理由』を聞く時に、何故か自衛隊側では、英語で呼びかけている。

 僕の観点(一般の日本人)だと、「(Ⅰ)なぜ初めに日本語で伝えないのか、(Ⅱ)次いで、相手国の言語」と、疑問に思う。

 本件では、各種の報道が、『本件自衛隊員による、英語の発音』に付いても、記事で指摘されている。

参考
 ・「摩擦激化」「感情対立に」=レーダー照射問題-韓国紙
  ・JIJI.COM 平成30(皇紀 2678;2018)年12月29日09時32分

大韓民国軍は、返答を行わなかった理由

 「大韓民国軍による、軽蔑(ぶじょく)的な対応」とも想えるが、軍事の観点では、「簡易的訓練の観点から、『撃墜』(撃破、大破)と判定されたような相手(本件では、自衛隊の飛行機)に、返答をする理由は、無い』と、言う思いが有った」*1との可能性を、疑う。

 つまり、「本邦の自衛隊と、大韓民国の軍隊とでは、主観が異なる」ので、本件のような結果に成るのかと、想われる。

補足 大韓民国軍による『意識的操作』( Mind Control )

 大韓民国軍には、本邦の Public Freemasonry の関与が、公に成っている。

 また、現状における大韓民国では、民主(実質的には、Public Freemasonry の)党が、与党に成っている。

僕の総合的観点

 一般の少年(16歳以上)でも体験する事が可能な軍事系 GAME で学ぶような内容と、成っている。

 つまり、「 軍隊に入らなくても、仮想現実的な GAME 等を介する形式でで、一般人が軍事を学ぶ事が可能 」に、今時代だと成っている。

*1:「自軍の戦闘統率力を、保持する目的での事か」とも、想われる。