記事一覧

本邦からの『悪徳的な移民』と、米国の文化

僕の見解(米国側の目論見)

 米国の文化は、「侵略から始まった」が、その記録は、人類の歴史から、消える事は、本来だと、無い。

 ところが、その浄化(中和:盲目化)を、図る目的で、本邦の指定暴力団や、企業の侵略が、起用された、可能性が、有る。

留意

 本邦の政治的な観点における弱点は、「表見的な敵(的)の弱点に、攻撃を、仕掛ける習性が、古来から、改まらない」*1との部分に、有り、西洋の文化による不経済な先攻を、適切に、防げた歴史的な事例(記録)が、無い。

 故に、発想的には、鎖国に、至った事も、解る(一般人の引き篭もりを、観察すると、類似する、心理的な現象でも、見られる:つまり、引き篭もる事の状態と、本邦の歴史上における『鎖国を、決意する心境」には、規模の大きさ程度と、言う、違いだけで、根本的な心理は、然程に、変わらない)。

開拓が、始まった当時の米国は、無秩序な状態

 Gang(ギャング)による統治は、各地で、見られていた。

・参照
 ・Gang(Wikipedia

 それと、類似する現象は、世界の各国における文化でも、見られ、近年の本邦では、第二次世界大戦後に、『闇市を、仕切る』等で、見られる。

 本邦における、『やくざ』の存在は、「伝統的に、古くから、有る」のも、事実で、本邦の近代的な政治よりも、古い文化と、成っている(つまり、『やくざ』の歴史と、義務的な教育で習う、歴史を、並行で、学ぶと、『本邦における、より現実的な、文化の姿』を、想像する事が、可能と、想える)。

・参照
 ・闇市(Wikipedia) - 戦後の闇市

 米国は、「侵略的な文化の汚点を、『やくざ』に、負わせる事で、文化的な意識の浄化を、図った」と、判断。

 Freemasonry の十八番芸(だと、僕が、定義する戦略:軍事の戦略には、見られないが、本邦や、Deutsches Reich(大ドイツ)、共和や共産、社会的主義を、育てる事に、使われる、典型的な工作と、判断:現在の本邦では、各女性議員でも、見られ、Freemasonry による展開に、限られては、ない:祭り上げ戦略)と、成っている、「敵(的)を、煽てて、木(高い地位)に、登らせつつ(地位を、維持する心境に、陥らせ)、梯子(工作者)を、外す(撤退させる)」(後に、悪事や汚点を、暴露する事)が、有る。株式の戦略でも、応用されており、『高値で、買わせて、損切りさせ難い状況を、作る事』も、有る。

 本来だと、「『やくざ』でも、得た社会的地位(主に、最高峰)を、維持する心理が、働く」ので、自然と、『別の秩序(政府に、依存されない秩序:一般的には、『掟:おきて』等と、呼ばれる規律)』が、生じる。

 また、結果的に、「 Gang によって、生じた、米国の政府との関係は、異端的な、二元的(善と悪)が、生じつつも、その『悪』であった『 Gang 』を、『やくざ』に、塗り替えて、国際的な報道(情報)によって、浄化される事が、目論まれていた」と、想える。

 本邦の(民による:一般人)侵攻における度合いは、『Hawaii(ハワイ)、Hollywood(ハリウッド)、New York City(ニューヨーク)、Wall Street(ウォール街)』の土地、及び、『 Empire State Building(エンパイア ステート ビルディング)』を、保有する等が、有った。

ここで、補足

 元は、民主党員の、Donald John Trump(トランプ:記載時の現在では、米国の大統領:共和党)が、Empire State Building を、改めて、入手。

参照
 ・Donald John Trump(Wikipedia
 ・Empire State Building(Wikipedia

本邦からの移民は、評判が、悪かった。

 「博徒や、荒くれ者が、多い」(『やくざ』の定番的な、不評)が、米国内にも、報道を、介する形式で、広まっていた。

 本来だと、「博徒や、荒くれ者が、多い」との部分は、『やくざ』に、限られておらず、Gang や、世界の地域(文化)で、生じており、『典型的な、不良民の習性だ』と解るが、それを、『やくざ』の固有的にと、情報が、操作されて、展開されていた可能性が、有る。

 その『文化的な戦略』は、本邦でも見られ、在日外国人、及び、その子孫が、『工作の犠牲(不良に、陥り、易い、人材)』と、成っている事も、解りつつ、それと対照的に、『優れた在日外国人の存在』は、一般の民に、競争心を、抱かせている関係から、「文化の向上に、都合が、良い」と、判断されている可能性が、有る(が、経世済民的な観点から、想えば、不経済)。

 つまり、本邦の移民も、『悪を、極めるような輩』が、国際的に、活動を、行っているに、留まらず、「敵地での悪行ならば、認められる」と、『過信する部分(反省するべく、部分)も、有ったのか』と、想われる。

 なお、本邦から、米国への移民には、大枠で、二種が、有って、『戦前、戦後』に、分けられ、米国に、限られては、無い。

・参考
 ・移民(Wikipedia

植木等と、移民

 役者である、植木 等 殿が、主演する、幾つかの映画(作品)でも、本邦からの移民による影響(文化的な背景)が、見受けられる。

・参照
 ・植木 等(Wikipedia

 また、演劇において、『伝説の相場師 小塚 泰平』 を、演じているが、それに付いても、「本邦の民による、侵攻」が、伺える。

・参照
 ・ビッグマネー! 〜浮世の沙汰は株しだい〜 (Wikipedia

*1:(A)鎖国の解除、(B)明治の維新において、西洋から武器を輸入、(C)第二次世界大戦では、真珠湾攻撃など。