記事一覧

人工の子宮を、開発中

女性の存在的価値も、問われる時代

 人類の男女における、存在の価値では、比較的に、男性が、不利で、それを、論理的に制御する、『宗教、思想』(文化)が、多く、存在する。

 ところが、人工の子宮が、開発される事で、『(A)女性の存在も、男性と、同等か、(B)過剰な男性優位的思想により、弾圧的に、女性の存在が、否定される危険性も、有る」のかと、想える。

・記事
 ・プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正常に発育
  ・NEWSWEEK 日本版
   ・平成29(皇紀 2677;2017)年04月28日(金)18時45分

 優秀な遺伝子を、有する男女の出産、、、。

 あらゆる生物による、生存の競争は、「古来から、平和的に、成って、ない」のが、実情。

 つまり、人類的な観点では、「恋愛に、負けた程度の心境に、留まらず、『子孫の継続性も、断たれる事』が、問われる」との事に、留意されたい。