記事一覧

性別と、意識の同一性

一般的に、知られている山場

 第二次成長後の身体(物理:現実)的な性に、不満を、感じて、性転換を、行う等の欲望が、生じる。

 幼少期には、「可愛い外見に、不満を、抱き、難い」が、成長するに、至って、徐々に、身体の外見に、不満を、抱く、傾向に、有る。

身体の形式に、違和感を、感じ、整形で、補う事が、増える場合

 男女共に、『三十代以降の変化』(中年から、高齢へと、変化する過程)で、自らの外見に、耐え難く成る心理に、陥る危険性が、有る。

若さを、保つ整形と、異る、過剰な美意識

 実際には、「若さを、保つ、整形」でも、色々な問題が、生じており、「老化の現象に、違和感を、抱く」との状態に、陥れば、『慢性な精神的苦痛』を、生じさせる状態に、陥る危険性も、有る。

不十分な家庭的教育

 親の教育において、『(A)性別的な観点』の外に、『(A)身体的な遺伝』に付いて、十分に、理解させる『必要』(責任)が、有ると、想える。