記事一覧

合法的に、国家を、乗っ取る方法から、防御する戦略

解っている事

 米国、露西亜など、あらゆる国は、『(A)領土の拡大、(B)従属国の増産』によって、主権の主張が、行われ、政治の設置から、国家を、名乗る展開も、実行されている。

 本邦では、過去に、数回、西洋の思想における、『歴史的な政治の工作が、生じていた』と、義務的教育で、習う。

米国

 原住民から、領土を、奪い、黒人の奴隷を、使って、国土の基礎を、作り、建国後、南北で、戦争を、行い、更に、合衆国を、形成。

 僕の経世済民的な観点では、Mosaic(モザイク)国家と、称する国の一つに、成っている。

 現在の米国は、自らの歴史(侵略)を、正当化、及び、支持させる為に、世界の各国で、宗教、思想を、介する形式で、在住する外国人などを、用いて、優位性を、図る(主に、『情報、意識』の操作が、行われている)傾向に、有る。

 同胞と、成った人材は、現地で、社会的に、優位な地位(餌)を、与えつつ、飼いならす形式で、意識の操作を、行い、隷従化(違憲)を、図る傾向に、有る。

 「人は、他人から、優れた技能を、見せ付けられる事で、
敬意を、示す、習性(性格)を、有する者が、多い」ので、
それが、悪用されている傾向に、有る。

 仮に、優位性の部分で、平等感の意識が、強い場合でも、共和の観点で、同胞化する(規制、抑制:西洋的思想に、基づく、自らの存在を、否定されないように、防御する)事が、可能と、成る。

本邦(日本国)の事情

 特定国からの人員に、『土台人』(Wikipedia)と、言う語句(分類)が、用いられている事も、有るが、特定の在日外国人が、『土台人』と、成る訳でも、無く、PC の Bot Net (Wikipedia)と、同じく、『(a)在日外国人、(b)帰化人、(c)現状の政府や、世間に、不満を、抱いている者』等、誰でもが、危険性を、有する。

 外に、意識の操作を、行い易い人材(特に、支配的意識の強い、
愚か者)が、狙われる傾向に、有るとも、判断。

 僕の観点だと、「米国による、本邦への戦略では、『自国の存在における、優位性を、図る』との部分で、在日外国人や、外来人(国外からの移住者)を、用いて、社会的優位な地位(議員、医者、大学の教授、芸能人、『「何だかが、有能だ」と、称する、社会的地位』)を、与えつつ、本邦の民を、支配するに、至ったような心境を、抱かせつつ、祭り上げ、心境の操作を、行う事が、展開されている」と、判断。

※
 例えば、芸能人の観点だと、贔屓者の存在が、増える事に
よって、「当人への支持者が、増えているように、感じる」
との錯覚に、陥る。

 また、『(甲)服装、(乙)髪型、(丙)言葉の使い方』
など、その対象的人物(芸人)による、外見、特徴的行動が、
象徴的と、成るので、『商品の顧客吸引性へと、「繋がる
(繋げる)」と、の商法』も、存在する。

 また、「過剰な利益は、『宗教などを、介する形式』(寄付など)で、回収されている」とも、判断するに、至っている。

 「米国(白人)は、原住民から、領土を、奪った、侵略者」と、広く、知られているが、現在でも、その汚点は、解消されておらず、原住民の文化を、粉砕する工作は、宗教、思想、政治、外に、情報の操作を、介する形式で、永遠的に、続くのかと、想われ、有る意味で、危惧する。

参考
 ・今夜は満月 ストロベリームーンの由来は?
  ・Weather news
   ・令和元(皇紀 2679;2019)年06月17日 10時46分

 参考の解説

 米国の先住民が、『英語』で、「すとろべりー・むーん」と、
呼んでいるような、論述に、成っているが、米国の先住民が、
英語を、喋っていたとは、想えない。

 ところが、参考の内容では、あたかも、原住民が、『すとろ
べりー・むーん』と、呼んでいたかのような、内容に、成って
いる。

> 補足(留意)
 実は、故意とも、限らず、自然に、そう表現するに、至った可能性も、有るが、それに、至る、『人における意識的な行動の操作( Mind control:Wikipedia)』の脅威を、自覚されたく、本邦では、嘗て、「鬼畜な米兵を、殺せ」と、意識の操作、及び、洗脳された程の歴史的過ちも、有る程で、それを、想えば、「明治の初期を、感じるのかの如くな、状態が、前出の参考に、該当すると、僕の経世済民的な判断では、感じている。

 近年では、『(Ⅰ)オウム真理教、(Ⅱ)القاعدة、(Ⅲ)‎組織的犯罪の集団』等でも、確認されている。

 更に、最近では、Freemasonry の構成員を、想わせる、芸能人が、番組の会場に、集まった、観衆へ、「酒を、用いつつ、『催眠、又は、暗示的な効果を、試みた』との可能性が、有る」と、判断(見知)。


 なお、僕は、米国の歴代大統領に、米国の原住民が、起用された事例を、未だ、知らない。

 Índio(米国原住民)の文化は、比較的に、共産、共和的な
文化と、成るが、それにも関わらず、民主的主義から、立候補
すると、言う者が、生じたならば、その利己主義的な行動は、
もはや、「 Freemasonry による、人の意識的操作を、行う
能力の象徴を、兼ねた、『広告塔』に、過ぎない」と、想える。

 ある意味で、「Índio(米国の原住民)は、それ程に、愚か
なのだから、白人に、支配されて、当然だ」と、言う、象徴と
成る可能性も、有る。

 よって、Índio(米国の原住民)が、大統領へ、立候補を、
行うならば、『(あ)独自の政党、(い)政党的無所属』で、
立候補を、行う方が、仮に、当選に、至らなくても、種族の
文化を、保持する観点では、有利に、成るのかと、想えるが、
逆に、「白人等による、徹底的粉砕の標的に、成る危険性も
有る」ので、相応の覚悟が、必要。

 なお、本邦では、『(ア)アイヌ人、(イ)琉球人』など
(在日の外国人を、含む理由は、無い)、他国でも、特定の
民族における、文化の発展を、抑制する事などは、見られ、
『不自由、不平等、敵対(友の外は、敵)、他者へ苦心を、
与える事、非道』が、見られる。

>留意
 「(ア)、(イ)は、存続の支援を、得る為には、別の
思想、(主に、Freemasonry 、及び、それの構成員が、
主権を、有する、組織や集団)に、頼る外、無いような、
環境、状況を、作り、ほぼ確実にと、支援的依存の関係を、
生じさせる(同胞化され、自然的に、時間を、掛けて、
解体される)、工作が、展開されているとも、判断。

 その方法は、株式での戦略における、『 Merger And
 Acquisition (俗称では、M&A)』でも、行われており、
あらゆる分野で、用いられている、基本的で、典型的な
戦略にも、成っている。

 尚、標的を、引き篭もらせて、あたかも、救いに来た
と、言うような、演出を、行う、宗教や思想の工作も、
生じている事は、解っている。


>補足
 目的の国家を、従属国にする為の工作で、『HERO、又は、
良き隣人』を、装う、工作が、存在する事も、解っており、
本邦では、組織的な犯罪において、「みかじめ料の回収を、
試みる為、(弌)特定の商店に、嫌がらせ工作を、行い、
(弐)それを、『救済する』との名目で、擦り寄ってくる」
との手口は、広く、一般に、知られているが、その戦略は、
本邦の文化だと、『古典的工作』で、『恋愛の工作』にも、
用いられる事で、知られており、宗教、思想における、
『伝道、布教』と、称する形式で、営業、及び、被害者の
捕獲が、展開されている事も、有る。

 外にも、『(ⅰ)振り込め詐欺を、防止する、(ⅱ)
多重的債務を、解消する』等、偽善者による、事件は、
多く、外に、本邦の歴史では、在日外国人が、「背中に、
『けちゃっぷ』が、付いている」と、声を、掛けつつ、
標的(被害者)が、油断するに、至った瞬間、強奪を、
試みる事件も、生じていた。

参考
 ・けちゃっぷ事件
  ・経済 本邦における刑事の事情 - 日誌/進捗/平成30年度/200
   ・外国人事件 Tomato Ketchup 泥棒

文化的な工作

 現在の本邦でも、展開されていると、想われ、「世界の各国で、西洋的な思想を、受け入れ難い、文化で、生じている」と、判断。

 本邦では、Freemasonry が、在日外国人へ、優位な社会的地位を、与えて、本邦を、支配させる事で、「自己優位性の意識を、植え付け」(意識の操作:Mind Control )を、行い、自惚れた後に、攻撃性を、発揮させつつ、同胞を、増幅させ、その初代が、末期に、成れば、結果的に、共和的へと、回収される。

 この展開は、本邦において、どの新興的宗教でも、見られる現象で、共和化の後は、徐々に、撤退する事から、教団、集団の弱小化が、進み、『共和的な、安定』か、『自然的に、消滅する』との傾向に、有る。

大韓民国

 本邦の歴史等から、想えば、「現状の大韓民国は、Freemasonry Bot Net 国で、まるで、第二次大戦前の本邦を、見ているような感じ」に、想えると、判断。

 では、なぜ、大韓民国の民が、民族性を、主張するのかは、「祭り上げ後の攻撃性を、煽られているから」と、判断。

 朝鮮戦争は、本邦が、主権と、成っておらず、日本国に、公然と、対抗する攻撃性を、大韓民国の民が、意識的に、植え付けられている状態は、白人にとって、優位と、成るが、黄色の人種には、大いに、不利と、成り、「黄色い猿は、愚かなので、同じ、種族の同士で、争いつつも、伝統的な王を、守れなかった事に、留まらず、文化までも、駆逐されている事に、気付かない、無能な者達(白人と、比較すれば、生存する価値が、低い者達)」と、生存性の観点から、位置付けられている可能性も、有る。

参考
 ・朝鮮戦争(Wikipedia

 実質的に、軍備の強化が、行われつつ、「何の為に、軍を、強化するのか」との観点では、定まりも、無く、『 Chess(チェス)の捨て駒における、特徴』(本邦では、似非な左右翼、中核派、赤軍など、海外では、القاعدة‎等、主に、Christianity を、媒介とする Freemasonry の有益性を、図る為の好敵)とも、判断するに、至っている。

 本邦(日本国)では、義務的教育の歴史でも、習うが、
西洋の思想に、騙された事は、数回も、生じている。

 又、その事実から、気を、反らす、目的で、大韓民国の
民に、反日の教育が、展開されているとも、想える。

 又、本邦内で、大韓民国人(在日韓国人)における、
増殖、及び、政治への関与等が、問題視されている。

 大韓民国と、同じく、中共国(中華人民共和国)系も、
増えており、特に、戦後から、台湾系、香港が、何だかの
競技における選手や、芸能人を、介する形式で、起用され
その人員における特徴に「 Christianity で、ある事 」
等が、建前と、成り、展開され、挙句の果に、民主的な
主義者を、装う傾向にも、有った。

 平成からは、仏教系も、増えたが、後に、不良化する
事も、有って、Christianity からすると、仏教の印象を
悪くするには、都合が、好い、人材(構成員)と、成って
いる事も、解っている。

他国の全民を、洗脳、並びに、意識的な操作を、行う方法

 情報が、用いられている。

 あらゆる五感などを、含む、情報が、悪用されていると、判断。

 不自由、不平等、迫害は、古来から、変わらない事実と、成っており、本邦の民が、選ぶべき、選択肢は、『第三の選択』とも、想えつつも、それは、本邦の民における、個々の八百万に、委ねられるのかとも、想える。

 古来からの神道における、観点で、想えば、この文面のように、『言葉で、表す事は、伝統的と、想えず、我ながら、好まれない文面』と、成る。

 なお、「児孫の為に、美田を、買わず」と言う諺も、有るが、「子孫を、想っても、美田を、買えず」が、『現状の生活と、成る』が、それでも、結果は、同じだと、想える。

石榴(ざくろ)と、逸話

石榴とは、

 実は、各種の神話と、密接な関係に、有る事が、解っている。

参考
 ・石榴(Wikipedia

مصر(エジプト)

 太陽神(Ra)は、「人間が、反乱を、企てる」と、想っていたので、女神の『 Sekhmet 』(セクメト)に、全ての人間を、殺すように、命じた。

 ところが、「人間を、滅ぼすと、自分を、崇拝する者も、居なく、成る」と、気付き、暴れる『 Sekhmet 』を、『宥める』(なだめる)為に、石榴で、血に、似せた、『 Bier 』(ビール)を、作らせ、『 Sekhmet 』に、飲ませる。

 『 Sekhmet 』が、酒を、飲んで、酔いつつ、寝入るが、目覚めると、『 Bastet 』(バステト)に、成っていた。

参考
 ・Re(Wikipedia
 ・Sekhmet(Wikipedia
 ・Bastet(Wikipedia

日本国での逸話

 釈迦(しゃか)が、「人の子を、食べていた、鬼子母神に、石榴を、与えて、人の子を、食べないように、行った」との話が、有る。

参考
 ・釈迦(Wikipedia
 ・鬼子母神(Wikipedia

 なお、本邦の文化における、『独特の逸話』と、Wikipedia 等で、記されているが、西遊記などの物語でも、知られている通り、「日本国、中華人民共和国における、各種の物語では、『飢饉』(ききん)等が、生じたり、飢えに、絶えきれず、『成人、子供、赤ちゃん』を、食べる」との逸話が、有り、実際に、第二次世界大戦の末期には、本邦の軍人が、戦地にて、戦死者の肉を、食べる等の事件が、生じていた事は、現実的に、知られている。

参考
 ・西遊記(Wikipedia
 ・Cannibalism(Wikipedia

 (A)人肉を、食べる習慣
 (B)飢えに、絶えられず、人肉を、食べる

 (A)と、(B)では、状況が、異ると、想われる。

他の参考

・太陽神(Wikipedia