記事一覧

Türkiye Cumhuriyeti の大統領が、皇居を、訪れる。

Yurtta Sulh, Cihanda Sulh

 皇室は、『国に平和、世界に平和』を、国の標語とする国の大統領を、迎えたとの事。

記事
 ・両陛下とトルコ大統領夫妻
  ・JIJI.COM

参考
 ・ürkiye Cumhuriyeti
  ・外務省
  ・Wikipedia

追伸

 まあちゃんへ

 和服の似合う、女性へと、日々に、努力を、務められたい。

Feminism(フェミニズム)

引用の外で、詳細を、追記

(一)
 文面的に、「何から、開放されるのか」が、不明確だったので、詳細を、追記。

(ニ)
 現在の Feminism では、『(あ)保守派、(い)解放派』の観点が、有りつつも、比較的に、「『 Liberty 』の概念に、伴う、(い)の意味が、主体に、成っている」のが、現状なので、それを、『なお書』で、追記。

 ・Wikipedia 編集の履歴

明治維新からの女性解放政策

 推進政策の枠に、『1871年、津田梅子ら五人の少女が岩倉使節団で米国へ留学する。』との記載も、有ったが、疑問視するに、至っている。

 僕の観点だと、「梅子ちゃん(当時は、まだ満六歳)は、
一般の留学」と、判断するに、至っており、当時の皇后
(明治)から、「宗教への関与は、禁じられていたが、
梅子ちゃんが、関与を、行いつつ、後に、許された」との
認識が、有る。

 よって、部分的な解釈では、『一般の留学』と、解せるので、それを、示唆するような、加筆を、行った。

Wikipedia 編集の履歴

 なお、梅子ちゃんは、後に、『女子英学塾』の設置を、行っているが、その部分は、「阿呆な津田塾大学の娘達を、目覚めさせ、編集させるべく、部分」と、言った、怨念を、込めて、あえて、僕による追記を、行わない事を、決定。

参考
 ・〔津田梅子叙勲ニ付上奏ノ件〕 - 請求番号:勲00668100
  ・国立公文書館
   ・明治の学び
    ・Ⅳ 明治後期の学び