記事一覧

裁判員制度の日当と、公務員の特別手当

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/5/17(日) 午後 11:47

ファイル 4567-1.gif

疑問

 裁判員制度の為に、有給休暇を取った場合には、
その時に『 裁判員制度への参加に伴う日当 』が
生じるのですが、『 二重に利益を得ている 』と
言う部分が指摘をされているようです。

<参考 YahooNEWS>

二重の収益

 それに対して最高裁判所側では、「「裁判員が、
有給休暇を取って裁判に参加した場合も、日当を
受け取ることに問題はない」との判断をしてる。

そこで!

 長崎市は、規則によって『 裁判員や、裁判員の
候補者などに選ばれた市職員が欠勤する場合には、
有給の特別休暇を取得できることを規定 』したと
言う事である。

結論

 特別休暇(有給休暇)などの観点ですが、それの
点に付いては、最高裁判所が考える所でなく、その
人員を雇用して、且つ、給料などを支払い、雇用を
行っている側の問題であると考えているらしい。

 確かに、『 裁判員としての日当を払う 』との
事実では、裁判所側に問題が無い。

 但し、その期間を有給として、認めるのか否かは、
その『 有給休暇を習得した者と、雇用者との問題 』
であって、何ら裁判所とは、関係が無いのかと想う。 

 なので、公務員などでは、各機関などの判断にて、
相応に決められる事であって、裁判所が支払に等に
関与をする必要は、根源からして無いのかと想われ、
その点を民も、考える必要が有る。

裁判員制度に伴い、警察も連帯!

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/5/17(日) 午後 11:23

ファイル 4566-1.gif

Hot Line?

 警察が、裁判員制度に伴い、予めに予測をされる
危機管理上の問題から、地方裁判所と連帯をとると
言う為に、HotLineを設けたとのこと。

<参考 YahooNEWS>

Hot Lineとは・・・

 普通だと、国家間にて各国の首相が、直接的にと
設けられた、通信回線のことである。

魔法を使えない?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/5/11(月) 午後 9:27

ファイル 4565-1.gif

8人の殺傷を行ったとされる犯行者

 事件の動機は・・・

;
 「『この世では、魔法が使えない。Fantasy(ふぁんたじー)の
世界とは、違うから死にたい』と考え、死刑になる為に事件等を
発生させた。

・・・え~ (-ωー;) ぶつぶつ、、、

<参考 YahooNEWS>

責任能力

 ここで注目をしたいのが、『 責任能力 』であり、当事者の
思想が何たるかを問われるとの必要は、余り無い。

 例えば「重悪犯罪者が居るが、検挙をされず死刑にもされない
から、私が殺した」っと言う犯罪が発生しても殺人罪が問われる。

 つまりは、宗教の教えや幸福を追求するに至り、世間的にも、
他の人に、不当、不法な行為を与えて無いなら、法的に問われる
と言うこともなく、問われる内容としても、犯罪行為であって、
その思想までもは、余り問われない。

 例えば、『 悪党 』と言う名称の政党を結成しても、別に、
不当、不法なる行為を行ったと言う場合で無い限りは、犯罪的に
問われる事が無いのかと想われます。

 むしろ国家機関などが、『 指定暴力団 』として、それらの
構成員を『 軽蔑、排他などするLabeling行為 』の方が、不当、
不法、違憲性などが高いのかと想われます。

 しかも、そうした組織側も、『 暴力団体である事を、国家が
立証をしてくれている 』との事も有り、相応の悪行をなどを、
堂々と行っている状況に有る。

 こうして点では、司法分野のCompliance(こんぷらいあんす)と
言う部分での低さが、伺える。

 尚、この発想は、『 Phase(ふぇーず)2(第二段階) 』と
なるので注意をされたい。

 よって、その人員が、何を考え、想像しても、それらなどを、
問われる事は、然程に無いが、「『 実行をされた行為 』が、
どのような結果に至ると、把握をしているのか?」と言う事が、
責任能力として問われるのかと想われる。

結語

 司法の人員は、こう言う事件を複雑そうに語るが、私の場合、
一言で結語としたい。

 「日本の国民性として、好まれない意思と、それに伴う行動が
  問われ、『 行為責任 』は、『 過失致死 』などを含め、
  意志、行動として、刑罰を課するに値する」っと言うだけの
  ことである。

 私の知る限り、『 戦後における日本人らしい日本人 』との
言う存在が極稀であり、殆どが現行の憲法、その他の法規などを
十分に把握をして無い。

 場合によって『 日本国を愛する外国人 』の方が、よっぽど
日本人らしい場合がる。

・・・だめっぽ  ○| ̄|_

裁判員制度に講義?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/5/9(土) 午後 8:58

ファイル 4564-1.gif

誰が?

 『裁判員制度を廃止しろ!』と言うような主旨で、
郵便物が大量に法務省へと送られているとのこと。

<参考 YahooNEWS>

日本人じゃ無いかも?

 司法の分野において、それに反対すると言うのは、
それい以前よりも利益性が薄くなる、司法系の人員
などである。

 しかし、それは、日本人であればの話であって、
よぉ~考えると、刑事の事件で近年に増えていると
されている『外国人による犯罪』を考慮するならば、
「一般の日本人で構成をされる裁判員制度において、
外国人が不利である」と判断する人も居るのかとは、
想われる。

 その点を考えると、「日本人だけが裁判員制度に
反対をしていると言えない」のかと想われる。

 そもそも、日本人であっても、どう言う人達が、
それを拒んでいるのか?

( -ノω-)こっそり♪<暴力団系とか?

結論

 法治国家と言う代名詞は、『何処へ消えたのか?』
大いに疑問であるが、実際に訟廷を利用してみると、
Compliance(こんぷらいあんす)の低さには、本当に
驚かされるのである!

 どこで方針が変ったのかは、不思議であるのですが、
法律を次々に設定している割には、それを民に厳守を
させる為に、法規の理解をさせると言う行為ですらも
義務広育にて行って無いのが現状なのかと想われる。

 なお、只単に『口頭で伝える』と言うことが、民に
求められているので無く、衝動的な不当、不法行為を
抑制しつつ、適切な行動をする為の能力などが必要と
なっており、相応の訓練なども必要とするのかと想う。

 その点を考えると、『只単に情報の伝達的に伝えて
居ると言うような義務教育事情は、大いに問題視を、
されるのかと想われ、もっと犯罪や不当、不法行為を
抑制できる』のかと想われる。

 そうした課題を、『司法と教育』と観点からでも、
連帯性が無く、大いに疑問視をされる。

 私の判断だと「司法にて不平等性が立証をされる」
っと言う状態に在るのかと想われる。

 例えば、被害当事者が自ら訴訟を提起した場合に、
相手方が弁護士を起用すると、結果的に「裁判官と、
同等の資格を有した物を、相手方、裁判所を相手に、
訟廷行為を進行する」との事になる。

 法の基に平等と言えども、その法規自体に平等性が
欠けていると言う場合いは、どうなるのか?

 そうした事情を、だいぶ前から司法の人員などは、
把握をしておきながら、それを改善しようとしない
と言う状況は、かなり申告な問題である。

 また、それを『暗黙に伏せている状態』と言った、
観点では、相応に司法機関に過失が在るのかとも、
想われるのである。

 法を知るものと知らない物とでは、過失度合いが
異なるのかと想われる。

 今回の事件のように、不当、不法的な形式にての
抗議などは、基本的に不適切であり、日本人として
気質を疑われるが、日本人だけとも想えないと言う
事情もあって、個人的に複雑である。

取調べの可視化?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/5/7(木) 午後 11:15

ファイル 4563-1.gif

されてない・・・w

 取り調べ時における過剰な追及や越権的な
不当、不法行為などを規制するべく、現在は、
密室にて取調べを行う行為を好ましく無いと
判断されているらしい。

その点に付いて、日弁連が?

 取調べにおける可視化を求める署名などを
行い、相当の数を集めつつ、それを衆議院の
議長に提出するらしい。

<参考 YahooNEWS>

今の時代ですと・・・

 ITなどの発展から、DigitalCamera等で
安易に撮影や記録が行なえつつ、調書内容も
PCのWord Processor Softなどを使って、
綺麗に作成をできるようになった。

 それらの観点からも少ない経費で記録を、
保持する事が可能になった現代ですが、民の
請求が無くても、それぐらいの事を時代での
進化と言う発想からも、自発的に活用をする
と言うのが、好ましかった。

 しかし現在では、それらを拒んでいるの?

( -ノω-)こっそり♪<最近のPatrol Car(ぱとかー)外塗装に、幾らかけてるのか?

(∇〃) .。o(必要な所に経費を回さないと言うのも、警察庁の特徴♪)

結論

 今更に日弁連が行う行為でなく、もっと、
以前から、そうした活動を行う必要などが、
有ったのかと想われる。

 よって、戦後60年、刑事訴訟法が設定を
されて10年以上も経て、漸くに活動をする
と言う状況は、Nonsense(なんせんす)だと
想われ、とっとと解散を・・・w

( -ノω-)こっそり♪<暴力団の解散よりも、優先される必要が有るのかと・・・w

(∇〃) .。o(冗談で言っている訳でも無い♪)

公訴権の消滅時効を再規制できるか!

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/5/3(日) 午後 10:29

ファイル 4562-1.gif

って言うか・・・

 故意に市民運動などで引き伸ばさなくて
善いから、国会に請願すれば?

<参考 YahooNEWS1>

<参考 YahooNEWS2>

結語

 国会で論議されるべく内容を、一般人が、
どうこう言っても始まらないかと想う。

 っと言うか、経験上・・・w

( -ノω-)こっそり♪<Reportの効果が、結構有るんだこれが・・・w

(∇〃) .。o(偶然かもしれんがのぉ~♪)

死刑囚のBlog?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/5/3(日) 午後 8:16

ファイル 4561-1.gif

死刑囚がBlogをできるの?

 当然に行えないのですが、作家との文通を経て
Blogの記事として、日々のようすを記載している
とのことである。

<参考 YahooNEWS>

しかし・・・

 むしろ、『国によって策略的に生かされている』
と言う感じである。

 『人間関係を断ってしまった者の苦しみ』は、
時に自殺までもを誘発する程に苦しいとも言われ、
それらの部分でも、法で定められている半年以内
と言う部分を、どう考えるのか?が問われる。

半年以内

 死刑が確定した場合には、半年以内に執行する
必要があることが、法的にも記載がされている。

結語

 法規に照らせば現行法務大臣は、刑事訴訟法に
伴う、越権又は、不当行為が有るのかと想われ、
相応なる処分が必要である。

 つまりは、職務失当であるのかと想われる。

 って、内容のReportを、また作成しないと、
ならいの?

・・・( ̄ω ̄)=3 はぁ~♪

参考

日本国 刑法

第11条

 死刑は、刑事施設内において、絞首して執行する。

2項

 死刑の言渡しを受けた者は、その執行に至るまで
刑事施設に拘置する。

日本国 刑事訴訟法

第475条

 死刑の執行は、法務大臣の命令による。

2項

 前項の命令は、判決確定の日から六箇月以内に
これをしなければならない。但し、上訴権回復、
若しくは再審の請求、非常上告又は恩赦の出願、
若しくは申出がされその手続が終了するまでの
期間及び共同被告人であつた者に対する判決が
確定するまでの期間は、これをその期間に
算入しない。

第476条

 法務大臣が死刑の執行を命じたときは、五日
以内にその執行をしなければならない。

第477条

 死刑は、検察官、検察事務官及び刑事施設の
長又はその代理者の立会いの上、これを執行しなければ
ならない。

2項

 検察官又は刑事施設の長の許可を受けた者でなければ、
刑場に入ることはできない。

第478条

 死刑の執行に立ち会つた検察事務官は、執行始末書を
作り、検察官及び刑事施設の長又はその代理者とともに、
これに署名押印しなければならない。

第479条

 死刑の言渡を受けた者が心神喪失の状態に在るときは、
法務大臣の命令によつて執行を停止する。

2項

 死刑の言渡を受けた女子が懐胎しているときは、法務
大臣の命令によつて執行を停止する。

3項

 前二項の規定により死刑の執行を停止した場合には、
心神喪失の状態が回復した後又は出産の後に法務大臣の
命令がなければ、執行することはできない。

4項

 第四百七十五条第二項の規定は、前項の命令について
これを準用する。この場合において、判決確定の日とある
のは、心神喪失の状態が回復した日又は出産の日と読み
替えるものとする。

教員が、児童の胸元を掴んで・・・

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/4/29(水) 午後 11:28

どんな事件?

 男子児童が、女子を蹴っていたので、注意をして
職員室に戻ろうとしたら、その男子に教員の御尻を
蹴られ、その児童の胸元を掴んで壁に押し付けつつ
「もう、するなよ!」っと行ったらしい。

(1)
 男子が女子を蹴っていた

(2)
 教員が、男子を注意した

(3)
 職員に向かう教員の御尻を蹴った

(4)
 男子の胸元を掴んで「もう、するなよ」と言った。

(A)争点
 (4)の行為

<参考 YahooNEWS>

体罰に値するのか?

(1)第一審の判決

 原告に対して65万円の賠償をするよう決定した

(2)第二審の判決

 第一審の判決を破棄して、改めて原告に対して21万円の
損害賠償をするように決定を下した。

(3)最高裁判所

 第一審、第二審の判決を破棄して「原告の請求を認めない」
との判決を下した。

 ・・・第一審、第二審の判決は、何だったのか?

 また、それに費やされた時間と費用が、どれ程にかかって
いると想っているのか、大いに疑問視をされる。

 裁判所側の対応が、民事訴訟法・第二条の原則に欠けてる
感じもする。

  • --

参考> 日本国 民事訴訟法

第2条

 裁判所は、民事訴訟が公正かつ迅速に行われるように努め、
当事者は、信義に従い誠実に民事訴訟を追行しなければならない。

  • --

 私の推測だと、この事件で得をしたのは、双方の弁護士だけ
だと想われる!

結論

 (4)の行動は、明らかに脅迫行為であるのかと想われ、
体罰として行った行為であり、体罰と異なる。

 しかし(3)までの段階で、侮辱的な行為を行われおり、
むしろ、暴力を先行して行ったのは、男子生徒側である。

 この場合の対処方法としては、生徒を注意指導するとの
感覚でなく、生徒を学校処罰にする必要がある。

 (A)児童による、児童、教員への暴行に伴う、学校処罰

  (あ)自宅謹慎(じたくきんしん)など

 上記などの対応を的確に行えるなどの能力が必要であり、
それらが行えないなら、学校規則の規則上における罰条は、
不要となるので、設定の意味が無い。

 それらを考慮すると、適切な対応を行えなかった教員にも
過失が有るのかと想われる。

 よって本件で問われたのは、教員の行為における民事訴訟
となりますが、私的には、『男子児童の過失』を別枠にて、
追求する必要があると想ってます!

国民投票法?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/4/27(月) 午後 4:16

ファイル 4559-1.gif

憲法に纏わる投票

 現行にて施行をされている憲法を継続するか
否かなどを問うことになる国民投票をいみする。

<参考 Wiki・国民投票>

それに於ける宣伝を総務省が・・・

 多額の費用を用いて、Paperless時代における
印刷業界に資金を・・・などと言う目論見等が
有ったのかは、解りませんが・・・w

 Leaflet(りーふれっと)などを作成して、
それを国民に配るとのこと!

<参考 YahooNEWS>

結語

 さて、そうして投資をされた部分を、将来の
日本国の利益として、回収を出来るのか?が、
問われている・・・(。-`ω-) ん~♪

6月から裁判員制度が本稼動!

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/4/25(土) 午前 11:36

ファイル 4558-1.jpeg

選出者!

 平成21年6月上旬から選出をされた該当者に
相応の呼び出し上が発行をされるとのこと!

結語

 さぁ~皆さん、覚悟は、善いですか?

・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

看護士における過労問題!

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/4/24(金) 午後 11:03

ファイル 4557-1.gif

医師だけでなく看護士も!

 比較的に医師の方が少ない為に救急病院
などでは、過労気味になってしまうらしい。

 しかし看護士も含め、そのような状態に
陥ってしまうのは、かなり深刻なる問題と
言えるのかと想われる。

<参考 YahooNEWS1>

若い看護士ほど、過労が増している?

 若い看護士の場合には、他にもやりたい
ことなどを抑制しつつ、仕事に取り組んで
いる状態にあることから、精神的な部分で
大きな負担になっているのかと想われる。

結論

 海外からの看護士導入に付いても検討が
されているが、それの部分では、語学的な
問題が指摘をされている。

<参考 YahooNEWS2>

 これらの観点から、看護士の不足なども
懸念をされていますが、そもそも、現場の
実状を知らない厚生労働省における専門性
などが無い、指揮能力と言うのも問題かと
想われる。

 厚生労働省の人員は、基本的に国家試験
などに受かっていればよく、専門的知識を
必要としないでも就任できたかと想われる。

・・・( ̄ω ̄)=3 はぁ~♪

代理出産で、特別養子縁組を認める?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/4/22(水) 午後 11:04

ファイル 4556-1.gif

っと言うか・・・

 日本国内では、代理出産に付いては、
未だ色々と定まっていないような感じも
するのですが・・・(。-`ω-) ん~♪

<参考 YahooNEWS>

代理出産までの経路

 先天性の事情にて、子宮の無い女性の
受精卵を、その母親の子宮にて受胎させ、
出産をしたとのこと。

 戸籍上では、母親の娘になるのかとも
想われるのですが、今回の事件提起にて
裁判所側では、『特別養子縁組を認める』
との判決結果で、卵子を提供した女性の
娘になれたらしい。

ちなみに日本の歴史を遡ると・・・

 子供のできない夫婦は、世間的な観点
などからも、離縁をさせられる傾向にと
あって、その原因の有る方が、世間的に
軽蔑をされる状態にあった。

 そうした事情などを回避する為にと、
親戚などが、性交行為を含めて、代理に
なると言う場合も有ったそうです。

 そもそも世間的にも高い地位にあった
人達の家庭では、血縁関係での性交にて
誕生をした子孫も多いと言われており、
皇室でも、そうした近親婚などの話題が
取上げられたりする。

 別枠では、戦国時代などの時期では、
その領主の子孫を多く残そうと、配下の
人員が率先をして、側室を設けるなどを
支持、支援を行っていたらしい。

 愚かにも平成に至ってまで、側室論を
提起する愚かな不貞促進論者も、居る。

 兄妹、姉弟などや、親子、親戚などの
近親相姦と言う分野でも、指摘をされて
いるのですが・・・。

 私の観点だと法規上で結婚ができない
と定めているだけであり、刑罰などには、
定めが無い。

 又、性交を行なっては、ならないとも
規制されておらず、厳密に言うならば、
「戸籍上の婚姻関係を認め無い」と言う
だけであり、近親相姦により産まれたと
される子供は、『非摘出子』とされると
言うだけであり、日本国人の子であると
言う事まで、否定をされなかったかとも
想われます。

 しかし、その子供が後に背負う事にと
なる不変な『誕生に纏わる因果事情』が
重くのしかかるのかと・・・。

 よって性交の限りでは、然程に法的な
観点で問題視をされて無いと想われると
言うのが現状かと想われます。

 但し、双方の合意が無く、強姦などの
場合には、刑法が適用をされるのかとも
想われますので、『強姦と和姦』とでの
違いや、刑法の内容を十分に理解すると
言う必要がありそうです。

日本国 刑法

第176条

 十三歳以上の男女に対し、暴行又は脅迫を用いて
わいせつな行為をした者は、六月以上十年以下の懲役に処する。
十三歳未満の男女に対し、わいせつな行為をした者も、同様とする。

第177条

 暴行又は脅迫を用いて十三歳以上の女子を姦淫した者は、
強姦の罪とし、三年以上の有期懲役に処する。十三歳未満の
女子を姦淫した者も、同様とする。

第178条

 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、
若しくは抗拒不能にさせて、わいせつな行為をした者は、
第百七十六条の例による。

2項

 女子の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、
若しくは抗拒不能にさせて、姦淫した者は、前条の例による。

第178条の2

 二人以上の者が現場において共同して第百七十七条又は
前条第二項の罪を犯したときは、四年以上の有期懲役に処する。

第179条

 第百七十六条から前条までの罪の未遂は、罰する。

第180条

 第百七十六条から第百七十八条までの罪及びこれらの罪の
未遂罪は、告訴がなければ公訴を提起することができない。

2項

 前項の規定は、二人以上の者が現場において共同して
犯した第百七十六条若しくは第百七十八条第一項の罪又は
これらの罪の未遂罪については、適用しない。

第181条

 第百七十六条若しくは第百七十八条第一項の罪又は
これらの罪の未遂罪を犯し、よって人を死傷させた者は、
無期又は三年以上の懲役に処する。

2項

 第百七十七条若しくは第百七十八条第二項の罪又は
これらの罪の未遂罪を犯し、よって女子を死傷させた者は、
無期又は五年以上の懲役に処する。

3項

 第百七十八条の二の罪又はその未遂罪を犯し、よって
女子を死傷させた者は、無期又は六年以上の懲役に処する。
}}

{{{:
(おまけ)

第182条

 営利の目的で、淫行の常習のない女子を勧誘して姦淫させた者は、
三年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。


 『淫行の常習』がある女子なら、売春をしても良いの?

結語

 『現代医学と、子供を慾する親の想い』とでは、
大いに裁判官も悩まされるのかと想われます。

 例えば、70歳の男性の精子を使い、20歳の
孫娘の卵子を用いて、息子の妻に子供を産ませる
と言うことは・・・ありえませんな・・・爆

 物理的には、可能ですが、発生をし難いのかと
想われます。

 こうした人の自然的な倫理性や、生後からでの
知識的な倫理性によって、近親相姦などが回避を
されていますが・・・(。-`ω-) ん~♪

代理出産と、近親相姦の違い?

 『性行的な快感を得る(または、その欲情を、
満足させる)』と言う目的と、子供(子孫)を、
慾すると言う観点は、大いに異なる・・・。

 っと定義しているらしい。

 しかし現代医学で言う代理出産との部分では、
『精子、卵子』は、夫婦間の物であって、子宮
と言う部分が、夫婦間外となる。

 現代医学の解明では、子宮内の胎児と母体の
母親との関係では、授乳関係と似た状態にあり、
血液の違いなどからも解るように、別固体での
関係にあり、且つ、栄養などの需要供給関係に
あると言う方が、正しいのかと想われます。

 つまり精子と卵子が、無事に受精した段階で、
既に『一人の固体的存在な』であり、その後に
子宮にて着床をする事によって、受胎にとなり
胎児となって育ってゆく。

 ところが法規上での観点で、どの段階にて、
胎児を『人だと認めるか?』と、問われる事が
あって、それに於ける基礎判断の学習なども、
法学部にて行われているようです。
 
 それは、胎児を中絶した場合に、殺人である
と判断されるのか、それとも?っと言う部分が
大いに問題視をされる。

 それを法規を超越した宗教観で、「堕胎も、
殺人である」と判断する思想もある。

 なお私の場合には、(1)物理的な観点で
言うならば、受精の段階で一人の人間形成の
要因発生との観点から、保護をされるべく、
存在となるかと想われますが、(2)しかし、
誕生後、人として不平等感を先天的に背負う
と言う場合等では、「人として産まれた事を
後悔させる義務は、無い」と言う部分でも、
考慮をされる必要があるのかと想っている。

 五体満足で健康だとしても、悪事を働き、
人類規模での大罪を働く者も居るのだから、
大いに警戒する必要が有るのかと・・・w

 『人を一人産む』と言う責任は、現代人に
とって、かなり重要な責任になるのかとも、
想われます!

 私なんて、実の子供が誕生することを、
想えば、恐ろしくて、恐ろしくて・・・爆

( -ノω-)こっそり♪<今の所、他人の子供の方が可愛く見える・・・w

(∇〃) .。o(しかし私も、命の引継ぎに付いて考えないと♪)

 でも、よく考えてみると、夫婦と子供と
言う部分で、「まず!夫婦生活があって、
その後に子供?」ってなるのかな?

 よって『子供』と言う存在以前に、夫婦で
生活をすると言うことから、考える必要が、
あるのかと・・・(。-`ω-) ん~♪

 私の場合には、まず彼女を3人・・・爆

 あまちゃん(天照大神)! 頼んだよぉ~♪

 なお、未婚(結婚経験が無く、子供も無く)、
健康で、私好みであることを条件にして♪

女性死刑囚と、男性死刑囚の比率

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/4/21(火) 午後 7:48

ファイル 4555-1.gif

圧倒的に男性が多い!

 その理由は?

第二次世界大戦後、11人だけ?

 第二次世界大戦後から、今日まで11人の女性死刑囚がおり、
その内の3名が執行をされて、2名が病死をしたとのこと。

 残りは、6名だけど・・・。

<参考 YahooNEWS1>

<参考 YahooNEWS2>

結語

 私は、定時制高校時代おける美術の時間で、絵を書く時に、
『私のCurry(かれー)は、左利き』と、Curryを食べている
絵を描いたことが有る。

 ちなみに、その先生が女性だったのですが、後に電話にて、
『好きだ』っと言ってしまったことが有る・・・爆

 色々と美術のことが知りたかったのだけど・・・どぉして
そんなことを言ってしまったのか、少し不思議で・・・w

 新学年から新しい先生が来て(私が原因か?)、学年上の
関係から美術が科目から無くなっり、美術に付いて新しい、
女性の先生が、下級生に教える時に、休み時間を利用して、
教わりに行っていた・・・。

 定時制の高校では、美術など特殊授業で担任が無い場合、
学校の掛け持ちをするらしく、授業のある時だけ、学校にと
来ていた。

 その新しい先生に貰ったのがMaurits Cornelis Escherの
本であり、先生の名前が書いてある・・・w

 英語の先生(女子)からは、SnoopyのSharpPen(しゃーぷ
ぺん)を奪ってしまっている・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

 ちなみに短大の時には、大学の学部自治の会長が、女性、
私が副会長であった・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

 その時に足の長さを比べたことがあり、『短い!』っと
指摘をされつつ、更に「女の子は、股が深いから・・・」っと
食い込ませて見せられたことがあり、奇妙な嫉妬心にと、
燃えたこともあった・・・爆

 その会長は、年下だったけども苗字が同じだったので、
夫婦であると、誤解されていた事も・・・w

 あ、歴代の思い出に残る女性の話題でなかったか・・・。

 そうそう初恋は、多分、近所の女子・・・数名で・・・爆
幼稚園の先生は、定番の恋愛相手・・・w

 小学校の1年、2年での先生は、『桃子ちゃん』がだけど、
おんとし50歳ぐらいだったはず・・・w

 独身女性で、何よりも子供達に対する教育を重視していた
けども、すっげぇ~怖い・・・w

 やんちゃだった私は、何度も起こられらことが・・・w

 3、4年の時は、それを引きつぐ女性の・・・って、・・・笑

 死刑囚ですが・・・そぉ~ですねぇ~・・・・(。-`ω-) ん~♪

裁判員制度・・・

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/4/21(火) 午後 7:23

ファイル 4554-1.gif

そろそろ始まる・・・

 始まって3年程度は、色々話題になると
想われるのですが、それ以後に付いては、
あまり話題にならないかと・・・w

 っと言うのは、学生達の関心や、一般の
関心が過剰に高まり、話題として取上げる
価値が、無くなって来るのかと・・・。

私の第二段のReportでは・・・

 実は、高等裁判所以下の地方裁判所等を
地方公務員化するとのReportを作成して、
すでに・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

 もともと厚生労働省も、各都道府県にと
設置をされている労働局から、その配下を
地方公務化するReportも・・・。

そもそも犯罪行為などは・・・

 その『地方自治』における責任範疇にと
有るのかとも想われ、労働分野においても、
その地域によって、専門性が異なる。

 東京労働局の場合では、派遣労働が多く
有りながらも、その事件に纏わる申請窓口
などは、湾岸庁舎にしかない。

 よって事件が発生した時に、申告をする
と言う場合には、湾岸庁舎まで足を運ぶと
言う必要が有る。

 がぁ~・・・そこに行く時間と費用が、
あるならば、次の仕事を探した方が経済的
観点からも、善いと判断する人も多いとも
想われる。

 そもそも事件が発生をしても、それらが
不当、不法で有る事実を把握していないと
される労働者も多く、その点で民側の過失
などがある。

 それらの部分から考えても、民事や家庭、
労働にも、裁判員制度を導入する必要も、
今後において、有るのかと想われる。

 逆に、そうした機会が無ければ、法等を
知ろうとする機会も無く、その興味なども
得られない場合も、人生において多いかと
想われる・・・。

結語

 ・・・( ̄ω ̄)=3 はぁ~♪

 次に報道分野で期待をされて居るのが、
『裁判員制度に纏わる不祥事件など』かと
想われる・・・(。-`ω-) ん~♪

高校生による、模擬裁判が始まる!

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/4/19(日) 午後 5:42

ファイル 4553-1.gif

中学生か小学生の段階で、必要かと・・・

 現状における法科大学にて教えている内容は、
私的には、小学校高学年、または、中学生での
段階で、把握するべく内容であるのかとも想う。

そんな状態で・・・

 高校生による模擬裁判が行われるらしい!

<参考 YahooNEWS>

結語

 小学生、中学生で把握しても良さそうな事を、
どぉ~して、義務教育でもない高校でやるのか?

 犯罪は、早い時期だと小中高生でも発生する
傾向にあり、経済的な貧困状態にある場合には、
かなり早い時期から犯罪に着手をしてることも
あるらしい!

 そうした犯罪による経済定な損害は、被害の
総額よりも、倍以上の損失を世間的に与えてる
状況にあることから、早い時期に法律に付いて
色々と知る必要が有るのかと想われる。

 また、犯罪行為の不利益性や、犯罪行為を、
行わない場合の有益性などを十分に理解させる
必要が有るのかと想われる。

( -ノω-)こっそり♪<それを怠る理由は、簡単なんだけどね・・・w

(∇〃) .。o(他人の不幸は・・・♪)

犯罪追訴の消滅時効・・・

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/4/17(金) 午後 8:28

ファイル 4552-1.gif

その後に・・・

 殺人事件を自白した相手に対して、民事事件で
約1億8000万円の損害賠償金を被害者の弟に
よって、提起されていたらしい。

<参考 YahooNEWS>

その事件を担当した弁護士は、何を考えているのか?

 相手に、相応の資産があるならば解るのですが、
請求する賠償額が認められても、その資産が相手に
それだけの資産が無いと・・・誰が得をするのか?

・・・だめっぽ  ○| ̄|_

裁判の状況は?

 結果的に「人の命は、金銭にと代えられる?」と
言う疑問に突き当たる。

 私なら容疑者よりも、国を相手に、損害賠償を
提起する事によって、『犯罪捜査における、質の
向上までもを牽制する事ができる』と想っている。

 しかし、それを行わないと言う状況は・・・。

 結果的に無意味な操作は、不当、不法行為にも
値する、損失を計上している?

 っと言う状況は、末端の公務員の方が十二分に
苦痛として、味わっている状況にある。

 その苦痛を、上官が理解する事無く、Golf等の
Score(すこあー)や、出世だけを気にするとの
ことだから、相応にして事件解決における、質の
向上に付いては、研究をされ難いのかと想われる。

結論

 自殺の問題でも、厚生労働省の人員によって、
現場検証をさせるようにしたら、だいぶ自殺者も
経ると言う対策を真剣に打ち出すのかと想われる。

 今回の場合でも、容疑者の責任追及は、適度に
行っておいて、相応の責任を国に請求を行うとの
対処の方が、捜査の質を向上させる事になって、
良いのかと想われる。

 ところで今回の話題で容疑者に1億8千万円の
大金を請求しているが、相手が自己破産などを、
行った場合などを考えると、どうなのか?

 そうした状況で、利益を上げる人達も居るけど、
それが誰なのか?

・・・だめっぽ  ○| ̄|_

 世間における不当、不法性を制御するには、
まず、弁護士会を解散させて、公務弁護士と、
民間弁護士の二種を新たに、造るとか・・・。

裁判官の『任免と、罷免』、そして『憲法』を所轄する機関は?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/4/16(木) 午後 3:43

裁判官の『任免と罷免』

 裁判官は、どのように選出をされて、罷免を
慾する場合には、どのようにすれば良いのかを、
調べてみました。

 ちなみに、憲法、裁判所法などにて、それの
規定が行われている。

『憲法』を所轄している機関が無い!

 色々と調べていたのですが、その途中にて、
「『憲法』を所轄している公共機関が無い」と
言う事が判明をした・・・Σ(・ω・ノ)ノ っえ!

実態

 以下の音声Dataは、平成21年04月02日(木曜日)に
問い合わせた内容です。

1.最高裁判所・広報課 「最高裁判所・裁判官の『任免、罷免』」

 最高裁判所の『広報』に、色々と聞いてきました!

2.最高裁判所・広報課 「最高裁判所以下の下級裁判所・裁判官の『任免、罷免』」

 最高裁判所の『広報』に、改めて色々と聞いてきました!

最高裁判所 → 法務省

3.法務省・司法法政局 「最高裁判所以下の裁判官における任命過程の詳細 1」

 法務省『司法法制局』にて、詳細を聞いたら、

法務省 → 内閣・法政局

4.内閣・法政局・総務課 「最高裁判所以下の裁判官における任命過程の詳細 2」

 最高裁判所以下の裁判官における任命、『憲法』の所轄機関

内閣・法政局・総務課 → 内閣官房

 以下の音声Dataは、平成21年04月03日(金曜日)に
問い合わせた内容です。

5.内閣官房・総務管理室

 最高裁判所以下の裁判官における任命過程の詳細 3

内閣官房・総務管理室 → 最高裁判所?([ 追跡的な問合せを断念?])

結論

 各分野に問合せをしているのですが、明確になると
言う事が無く、挙句の果てに「憲法を、所轄している
国家機関が無い」と言うことまで解りました。

 つまり各種の法規は、国家機関や地方自治体等にて
管理をされてますが、『憲法』に関して、どの機関も
管轄としておらず、その内容(条文の表記、並びに、
その解釈を説明できる機関及び、その窓口)の説明を
行える部署が無い・・・Σ(・ω・ノ)ノ っえ!

( -ノω-)こっそり♪<『憲法』を国民に認識をさせようとする自覚が国家に無いらしい!

(∇〃) .。o(戦後60年を経ても、古典的な文化向上だけにと至っている原因が解った♪)

 日本国の場合、宗教意識よりも、憲法や法律などを
解釈する事を優先する必要があり、それ以外の部分を
宗教における規律によって、幸福を追求することにと
なっている。

 しかし現行の全宗教団体は、憲法、法規を逸脱して、
且つ、宗教意識が司法の倫理を超越している傾向にと
あって、「日本国で言う『自由』」を、国民に理解を
させることなどを、阻害している傾向にある。

 これに置ける問題は、政治的な問題等と言う以前に、
国民個々による、憲法、並びに、法規に纏わる関心や、
それを貴台にした幸福の追求を、意識させて居ないと
言う、世間的な環境に有るのかと想われる。

 それらにおける日本国の文化向上い纏わる、頭打ち
状態(現状の景気低迷状態)は、司法分野においての
未開拓状態が原因だと、私は、判断をしています。

 また、司法と言う見方(法規などの厳守意思)との
観点よりも、『司法行政における、国民の利便性等を
活性化させる必要』がある。

 それを、国民を過信させた「職務的な優越性」にて
司法分野(特に裁判所)が、公共機関として、国家や、
民からの視野からも孤立してしまい、発展途上状態に
陥ってしまっていた。

 そうした事態によって、『犯罪の現象、抑制までも
機能が低下した』との状態に、悪循環的に陥っている。

Ombudsman Project

(1)司法機関の利便性の向上

 司法機関における、国民からの利便性を考慮すると
言う必要があり、早急に対策を講じさせる必要性が、
有ると判断をしている。

(2)問合せの不的確性

 Socrates(そくらてす:「私は、知らないと言った
ことを知っている」)の問答のような、各部署からの
返答は、公共機関として失当であるのかと想われます。

 (A)
  担当業務の知識を向上させる。

 (B)
  ITなどの活用から、情報の共有などを行う

(3)『憲法』を所轄する公共機関が無い!

 実は、過去に『国旗・国歌』が日本国に無いことを
Reportにて指摘をした事がある。

 段階的には、その『第二段』となるのかと想われる。

 さて司法機関は、国民に対して、憲法、法規などを
守る努力を行う事によって、得られる利益性と、犯罪
行為を行う、不利益性を、全国民に理解をさせるとの
必要性があったが、それらを、現在まで怠っていた。

(A)日本国が憲法で定める、『自由』とは?

日本国 憲法

前文 一部抜粋

 日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を
通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民
との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由の
もたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の
惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに
主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。

第十二条

 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の
不断の努力によつて、これを保持しなければならない。
又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、
常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

第十三条

 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由
及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の
福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の
尊重を必要とする。

第十九条

 思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。

第二十条

 信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる
宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使しては
ならない。

二項

 何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを
強制されない。

三項

 国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしては
ならない。

第二十一条

 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを
保障する。

二項

 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵しては
ならない。

第二十二条

 何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の
自由を有する。

二項

 何人も、外国に移住し、又は国籍を離脱する自由を侵されない。

第二十三条

 学問の自由は、これを保障する。

第三十一条

 何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは
自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。

第九十七条

 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる
自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に
堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利
として信託されたものである。

 結論的に日本国が憲法にて記している『自由』は、『第十二条』が
主体になっていると、判断できる。

 つまり「濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のために
これを利用する責任を負ふ」と言うのが自由の範疇になるのかとも、
判断をできる。

 よって「不当、不法な行為が抑制をされ、それ以外での行為等も、
それの責任を行為者が負うこと」を意味する。

・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

( -ノω-)こっそり♪<「よろっちゃ王国・効率よろちゃん大楽・志宝厚志・よろちゃん」♪

(∇〃) .。o(私を、博士と呼んでくれても、好いんだよぉ~♪)

・・・゚( ゚^口^゚)゚。ぎやはははは・・・w

注意

 殆どの、現場末端の公務員は、民と接する点で、相応となる
対応努力が、近年において急速に行われています。

 接する民としても、公務員側の心中を伺いつつ、接する事を
私から皆さんに、求めます・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

書類に対する『読み仮名の記入』について

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/4/14(火) 午後 2:15

事柄

 裁判所に提出をする書類にて、漢字などの
読みかが多不明確になってしまう事が有る。

 それらを防止する為に裁判所に提出される
書類に付いての規制などを求めてみました。

音声

平成21年04月08日 11時20分頃

電話での苦情申請先>

最高裁判所 広報課

 音声 Data

結論

 裁判所から発行をされる書類は、ともかく
訴訟などの当事者から提出をされた書類には、
人の名称などを含めて、読み方が色々とある。

 その為に、相手方が裁判所に対して名称の
確認を行っても、即答ができない場合が有る。

(現象)
 相手から提出された書類に記載ある文字の
読み方を裁判所に確認をするとき。

 訟廷内であれば、裁判官等を通して相手に
聞く事ができる(但し、相手方が訟廷にと、
出席をしている場合に限って行える)のですが、
そうで無い限りでは、漢字を読めても、その
読み方が正しいとは、限らない。

 そこで訴訟法、もしくは、業務習慣として、
「文字の読み方が不明確となる場合、読み方を
予めに、書類に記入して提出をする」と言った
法規などを必要としている。

 名称の読み方の違いは、大いに問題が有ると
想われ、訟廷の中での発言で、異なった名称で
訴訟が続いて、傍聴者が誤認をした場合には、
相応なる責任は、裁判所に生じるのかと想われ、
『名誉毀損』にて裁判所を立件できるのかとも
想われる。

 そうした事態を防ぐ為にも、相応なる業務の
改善や、それに必要とされる立法の設置が求め
られている。

立件取り消し!

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/4/10(金) 午前 0:10

ファイル 4549-1.gif

『立件取り消し』とは?

 事件が提起されながらも、後に裁判官の職権で
立件が取り消される行為である。

しかし・・・

 民事訴訟法、民事訴訟規則でも法規的に設定を
されて無いことから、東京高等裁判所側の主張は、
「決定でも、判決でもない」と、書記官が主張を
行っていた。

さて実際の会話では?

1.
いつの間にか、申立が取り消されていた?

2.
法務省・民事局参事官室・苦情の提起

結論

1.
 問題の提起には、その前提として問題が生じた
と言う事実が必要に成る。

2.
 次に、その発生した事柄が、どのように被害を
齎しているのかを説明する。

3.
 しかし、それだけでは、一方的になってしまう
ことから、相手(裁判所)側の事情も把握する。

4.
 相手の事情と、当方側での被害を比較しつつ、
発生した事柄が、双方(裁判所と、それの利用を
する者)に不利益もたらさないようにとの、業務
改善を請求する。

 この時に、一例的な改善内容を同時に提案等を
行うことも可能である。

 問題の発生と、それを、どのような窓口にて、
報告を行い、適切に対処を行ってもらうのかが、
再発の防止に役立つ事になるのですが、それを
的確に把握をしていなければ、同じ現象が何度も
生じる事となる。

郵便物の受け渡し事件 その2

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2008/4/22(火) 午後 9:31

ファイル 4548-1.gif

結論

 電話での応対では、皆さんが想っている
以上に精神的な負担が多い業務で、私も、
その業務を経験している。

 ちなみに『SoftBank光』で社内電話受け
業務のSubVisor(さぶばいざー)的な業務
研修を受けていたが、不甲斐なさ等を含め
業務への意欲が減退し、業務を辞めている。

(∇〃) .。o(初日に電車の関係で遅刻をし、それが原因でSub役での採用をしないと言われた♪)

 そ他でも、色々と電話業務を行っており、
色々なHelpDeskや、御問合わせ業務などを
経験していた。

 その経験もあって、相手方の内部事情は、
ほぼ丸見えな状態だが、その事情を知ると
言う人は、少ない。

 そこで、之までの一連の物事を踏まえて、
乙、丙の部署で誤認をしないように要望を
顧客の立場で出しておいた。

 逆に、的確な顧客からの要望が無いと、
業務が早急には、改善されず、同じ過ちを
何度か繰り返し、現場人員が辛い思い等を
行って辞める等とが頻繁に繰り返されても、
業務として改められる事が、基本的に無い。

 末端人員は、懸命に業務を行っていると
言うつもりでも、時として不当、不法なる
行為を平然と行い、それが正しいと誤認を
行う傾向がある。

 しかも後に当然に問題が生じるが、その
時には、末端の人員が責任を負う事となる。
}}]

 しかし業務管理の観点だと現場管理者に、
業務運営の責任が生じており、末端人員が
辛い思いをしないようにと、色々と配慮を
行うことが必要とされていた、それらを、
行っていることが原因で、今回の事件等が
生じている。

 以前までは、郵便事業(株)が公的機関で
あって法律で保護をされていたが、現在の
状況では、郵便法以外の拘束は、顧客との
間で交わされた約款のみになる。

 その内容を十分には、把握ができてない
状況にある。

{{{
 一見して宛名を誤った甲に責任があると
想われるが、甲における過ちの責任などは、
十分に対処されており、むしろ乙、丙での
過失による責任の方が大きい。

 よく企業に対して、不甲斐なさで憤慨を
行ってしまうが、法的な観点、又は、約款
などにおける理解によって、大夫応対等が
穏やかになると言う事を、消費者側にても
理解をされたい。

 また、民間企業に限らず公的機関でも、
法律、規則、約款に基づいた説明をすると
言う事を重要であり、予めに消費者側にて
十分に理解していることが前提で、消費的
契約を行うことが好ましい。

参考

[ 郵便事業(株)のHomepage]

(注意)
下記の約款は、PDF形式です。

国内郵便約款
本件で乙1が説明に出したが第71条。

ぽすぱけっと約款

本件で関係があるのは、第9条、第11条
並びに第22条。