記事一覧

Stalker(ストーカー)の被害者が・・・

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2014/3/20(木) 午後 6:50

2万人を超えた?

 DV ( Domestic Violence )も
最多で、5万件!

参照 Yahoo!NEWS



結語
 下手に恋愛新を抱かなければ、
善いのかと・・・。

 まぁ、どっかの首相の愛人とか、
ようりょう好く、やっている人達も
居るようですけど・・・。

警察官の不祥事が次々に・・・

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2014/3/16(日) 午後 2:01

巡査部長が捜査書類を自宅に隠す?

 浦安署地域課の男性巡査部長(47)が、
書類送検と成った。

参照 Yahoo!NEWS

Skirt(スカート)の中を盗撮?
 、兵庫県警巡査部長も書類送検と成った
らしい。

参照 Yahoo!NEWS

その他
 


結語
 まぁ、こんな程度は、よく生じている事です。

警察官の自殺

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2014/3/9(日) 午前 2:11

上司による威圧的な指導

 頭の悪い警察官の上司が多い。

参照 Yahoo!NEWS

大阪でも・・・
暴力団などの癒着も疑う必要が
有るのかと想われます。

参照 Yahoo!NEWS

結語
 ちなみに、自衛隊の方が酷いと言う事も、
分っています。

裁判員制度における、その後・・・。

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2014/2/19(水) 午後 1:23

元裁判員の思いとは?

 ちなみに、普通の裁判官が、どう思って
日々の公務を行っているのか、いまだに、
理解をしようとしない国民性には、驚きを
隠せない。


参照(YouTube)
・裁判所(COURTS IN JAPAN)
 ・「あなたも参加する刑事裁判~裁判員制度が始まります~」
 ・映画「評議」 本編 字幕あり
 ・映画「裁判員~選ばれ,そして見えてきたもの~」 
 

結語
 似非民主による誘導が有るのかとも
疑えますけど・・・。

虐めの致死事件における少年審判

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2014/1/30(木) 午後 11:07

私的には・・・

 世間的な未来を想い、加害者が
無期懲役に成って欲しいです。

< 参照 Yahoo!NEWS >

結語
 ちなみに、加害者の親の一人が
「こっちが被害者だ」と言う輩も
居たとか・・・。

 親も含め、製造者責任法などの
適応が行えたら良いのに・・・。

参照 Wikipedia 製造者責任法

少年jによる殺人事件に対して、民事で1億円の損害賠償が認められた?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2014/2/10(月) 午後 8:50

でも・・・

 自己破産をされたら、終わりかとも
思われますけど・・・。

< 参照 Yahoo!NEWS >

結語

 この場合、原告側から「なお、裁判所の
職権にて、本件の請求に関して自己破産は、
それを認めない」との請求を、行っておく
必要も有るのかと想われます。

強盗や集団強姦などの容疑者が逃走した後に、ようやく捕獲された!

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2014/1/11(土) 午後 3:16

約4千人態勢の大規模な操作網

 どれくらいの経費が生じたのか、
考える必要が有りそうです。

< 参照 Yahoo!NEWS >

結語
 一人1万円(必要経費を含む:
この場合における経費とは、捜査、
車両燃料、通常業務と異なる業務
への負担なども含む)と考えれば、
単純に4千万円。

 まぁ、そんなに多額とも想えない
けども、相応の金額が税金から消費
されている事実を、国民として把握
する必要が有るのかと想われます。

暴力団が所有する拳銃の押収が減少?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/12/23(月) 午後 10:41

つまり、どう言う事か?

 暴力団による所有が減少しているのか、
それとも押収能力に欠けているのか?

< 参照 Yahoo!NEWS >

結語
 人は、弱いからこそ武装するのかとも
想えますけど?

Stalker対処班?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/12/23(月) 午後 10:59

初の逮捕?

 桶川の事件が発生してから、何年が
経過してると想っているのでしょうか?

 それとも、Christ系法科大学による
陰謀とか?

< 参照 Yahoo!NEWS >

結語
 まぁ、それが司法の現行体制だと
認めるしかないのですが・・・。

 まったく、誰だよ原稿の与党にと
投票した奴等は・・・。

少年院法務教官が、収容少年に淫らな行為!?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/12/21(土) 午前 11:36

まぁ・・・

 ありえる事ですが・・・。

< 参照 Yahoo!NEWS >

結語
 微妙な問題です。

交通事故の罰則は、軽すぎる?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/12/14(土) 午前 10:56

遺族からの苦言

 警察庁も、重く感じているらしい。

< 参照 Yahoo!NEWS >

結語
 国会では、どう展開するのでしょうか?

2人の死刑が執行

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/12/14(土) 午前 11:55

それでも・・・

 120人位も、残っているようです。

< 参照 Yahoo!NEWS >

結語
 そもそも事件発生から、どれだけの
費用(国費)が死刑囚に消費されてる
と想っているのでしょうか?

補足:死刑執行までの費用とは?

 例えば、複数人を殺した強盗殺人事件が発生して、
犯人が1年ぐらい逃亡していたら?

(一)
 まず、110番が有った場合、警察官が出動をして、
刑事たちも出動します。

(ニ)
 また、鑑識なども出動して事件の調査を行い、事件
現場の確保の為に色々な規制が行われ、必要であれば
交通規制も行われます。

(三)
 さらに、犯人が逃亡中であれば、所轄の警察著にと
捜査本部が設けられ、人員の増員が図られ、調査網が
形成されます。

(四)
 それらを踏まえれば、一日に10人の捜査員が導入
されると、平均的に一人当たりで3万5千円(職員の
給料、食費、捜査費を含む)と想えば、一日35万円、
1ヶ月30日とししても1050万円、一年間365日
だと、1億2775万円。

(五)
 そして漸くに逮捕されても、拘置所での世話、裁判の
費用(多くは、告訴人の検察官は、公務員で、裁判官も
当然に公務員、弁護士も国選の弁護人である事が多く、
そもそも裁判所の維持費も国費でまかなっている。また、
刑が確定するまで拘置する維持費も含まれる)、そして
死刑が確定してから、執行されるまで、一日の維持費が
(施設費、食費、医療など生活維持:御風呂なども含む)
一万円程度を必要とされているも想われ、それを想えば
一年間で365万円。5年間だと1825万円に成る。

(六)
 つまり拘置所での生活は、監視されている状態にあり、
且つ、相応の人員に対して費用が払われている(つまり、
拘置所の維持費や管理費、職員の給料)のだから、相応
となる必要と成る事が解る。(高級な旅館なみの費用)

(七)
 さらに、刑が執行されると、相応の準備費用が必要で、
死刑囚の為にと葬儀、納骨の費用などまでもが、国費で
支払われるのかとも想われ、その費用を安く見積もって
みても、100万円(死刑が執行される場合、職員には、
少量ながら特別手当が出るらしく、宗教に応じて坊さん、
新婦なども呼べるらしく、祭壇に飾られた供物を希望で
御茶菓子として食べられるらしい)ぐらい必要とされ、
結果的に、数千万円の(国費の)負担が生じている。

(解釈)
 つまり、一見して強盗なども被害総額だけを見れば、
1000万円を盗まれたとか報道されているが、実際に
事件解決までに必要とされる国費などを想えば、それを
遥かに超えていることが多く、犯罪者を過剰に擁護して
過ぎている可能性も有るのかと思われます。

(追伸)
 これは、死刑囚に限らず、どのような事件に付いても
言える事で、被害額の正式な見方としては、「犯行者が
更生されるか、死刑が執行される等の死亡するまでに、
おける費用は、膨大な常態に有る」のであって、司法の
『 無駄と責任 』が問われています。

 ちなみに、この点に付いて私が知る限り、法科大学院
などを含め、どこの学校でも教えてない観点なのかとも
想われ、私の個人的学説による展開ですので、ご注意を
されて下さい。

 なお、そうした司法学における経済性の無さなどから
中央大学の法学部とは、敵対をしており、国民の一人と
言う立場で、強く廃部を願っており、東京大学など国立、
都道府県立などの大学に付いては、観察の対象となって
います。

相変わらずに、多い警察官による盗撮

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/12/11(水) 午後 7:39

なぜ?

 「行政が、そのような事をする人材を
求めていたのか?」とも、想えます。

< 参照 Yahoo!NEWS >

結語
 公務員による不法行為は、その人材を
公務員として採用しなければ、生じない
ことが解っています。

取り調べ可視化は、どうなった?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/11/11(月) 午前 9:55

例外が認められる?

 警察官の判断で、可視化の解除が
行えるらしい。

||<参照 Yahoo!NEWS>||」

結語
 事件に関係しなければ、良いだけ
かと想いますけど・・・。

包丁を持った男に、警察官が発砲!

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/10/22(火) 午前 9:47

三発発射で一発が命中

 ちなみに警察官が発砲をすると、基本的に
『 放たれた弾丸を回収する 』らしい。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語
 後に、該当の警察官は、発砲行為に対して
正当性が問われるのかと想われます。

警察官が横領?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/11/3(日) 午前 11:22

約15万6千円

 たった、それだけの額で警察官としての
人生を・・・。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語
 公務員には、倫理規則があって、そこに
『 卑しくも・・・ 』っと、文言がある
条文も有るのだが・・・。 

国家公務員倫理規程

(倫理行動規準)

第一条
 職員(国家公務員倫理法 (以下「法」という。)第二条第一項 に規定する職員をいう。以下同じ。)は、
 国家公務員としての誇りを持ち、かつ、その使命を自覚し、第一号から第三号までに掲げる法第三条 の
 倫理原則とともに第四号 及び第五号 に掲げる事項をその職務に係る倫理の保持を図るために遵守すべき
 規準として、行動しなければならない。

 一項
  職員は、国民全体の奉仕者であり、国民の一部に対してのみの奉仕者ではないことを自覚し、職務上知り
 得た情報について国民の一部に対してのみ有利な取扱いをする等国民に対し不当な差別的取扱いをしては
 ならず、常に公正な職務の執行に当たらなければならないこと。

 二項
  職員は、常に公私の別を明らかにし、いやしくもその職務や地位を自らや自らの属する組織のための私的
 利益のために用いてはならないこと。

 三項
  職員は、法律により与えられた権限の行使に当たっては、当該権限の行使の対象となる者からの贈与等を
 受けること等の国民の疑惑や不信を招くような行為をしてはならないこと。

 四項
  職員は、職務の遂行に当たっては、公共の利益の増進を目指し、全力を挙げてこれに取り組まなければ
 ならないこと。

 五項
  職員は、勤務時間外においても、自らの行動が公務の信用に影響を与えることを常に認識して行動しなければ
 ならないこと。

海外では、暴走族専用の刑務所が設置された?!

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/10/17(木) 午後 10:22

Australia(オーストラリア)

 『 ばいかー・ぎゃんぐ 』としての
分類で、管理されるらしい!

<参照 Yahoo!NEWS>

結語
 さて日本は、どうする?

元特捜部長たちによる証拠改ざん隠蔽の事件は・・・

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/10/10(木) 午後 7:18

その後

 係争において、事実を認めたらしい。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語
 今回の事件における元特捜部長は、
「不条理受け入れる」っと言っていた
らしいのですが、警察官が売春に関与
するなどの不条理を重ねているような
現状で、何が不条理だと言いたいのか、
解りません。

 そもそも、証拠管理における過失の
責任を免れることは、ありません。

 また、SPY活動によって改ざんされた
としても、防御能力に欠けていたとも
想われ、どちらにしても責任が問われ、
懲戒に至るのかと想われます。

三鷹Stalker事件で、管轄の警察署長が把握をしておらず?!

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/10/15(火) 午前 11:49

Stalker対策には、警察署長の判定が必要!

 これは、DV でも同じ事なのですが、
Stalker 防止法に伴い、それの申請が
あった倍には、警察署に相応な対処を
する義務が生じる。

 逆に言えば、被害者から申請が無い
場合には、警察署側で関知が行えない。

<参照 ストーカー行為等の規制等に関する法律>

<参照 Wikipedia>

<参照 Yahoo!NEWS>

結語
 Stalker、DV(Domestic Violence:
家庭内暴力)に付いては、警察側でも
認知を行い難く、強姦なども含めて、
難しい事件とされている。

補足
 嘗て立川警察では、警察官が女性を
拳銃で殺害する事件も発生している。

<参照 WikiPedia>

警視庁公安部の内部資料漏洩事件は・・・

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/10/6(日) 午後 9:29

公訴権の消滅?

 ・・・によって、犯人不明のまま
終わるらしい。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語

 もともと内部の人員による事件
なのだろうから、内部処理される
かと想われます。

自動販売機に対する事件は、多発していた!?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/10/4(金) 午前 10:45

八王子市でも中学生が・・・

 自動販売機の釣銭口を燃やして中身を
溶かしつつ、小銭を盗んだらしい。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語
 でも、よく溶かせるって解った
よなぁ・・・。

教師の児童虐待が元で生じた自殺の責任(罪)は、どう問われるのか?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/9/8(日) 午後 10:50

いちよう逮捕されたらしい

 、裁判で、どのような判決が最終的に
決まるのかは、不明である。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語
 生徒側も、思い詰める前に退部をすれば
よかったのに・・・。

 っと一般的に想えるけど、実際のところは、
世間的な自殺の事情を含めて不思議と、その
悪い環境から逃れられない事が多いようです。

八王子射殺事件は・・・

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/9/28(土) 午後 1:57

重要参考人の引渡しを認める

 国内において、事件の事情を把握していると
される人員が、Canada(カナダ)で生活をして
いたが、その引渡しに Canada の行政機関が
否定的だった。

 それに対して、日本国が訴訟で対抗を行った
結果、引渡しに応じる事となた。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語

 私的には、『重悪犯罪における刑事訴訟権の
消滅時効の撤廃を提案した』きっかけに成った
事件である。

 ちなみに同じ時期に、『懸賞金制度の導入
なども提案』しており、現在に至る。

 公安委員会よりも公安的な活動などをして
いたりする♪

警察学校の教官が?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/8/28(水) 午前 7:29

男性教官が・・・

 女生徒に対して・・・。

 っと言う事案は、昔から有る。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語
 そして体制を女性教官で、整えれば
同性愛者などの問題が・・・。

警察官の悪事における事情とは?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/8/11(日) 午前 7:50

交通反則告知書(俗称:交通違反きっぷ)を割引で発行?!

 相手に対する同情や、仕事に課せられた
『検挙目的数の達成問題』が有るらしい。

<参照 Yahoo!NEWS>

資金取りに困って、女性を恐喝?!
 職務質問を行って、被害者(女性)の
住所を聞き出したらしい・・・。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語

 暴力団の更生を願うならば、まず不良
公務員排除から・・・。

相変わらずに多い、警察官による不祥事

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/8/13(火) 午後 11:57

駅で寝ている所を・・・

 業務時間外に、酔って駅で寝ていたところを
駅員に起こされて、逆上したらしい。

<参照 Yahoo!NEWS>

そして痴漢
 痴漢の容疑で、巡査部長が逮捕された。

<参照 Yahoo!NEWS>

更に、捜査の情報を暴力団に漏洩!?
 ・・・させていたらしい。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語
 国民の立場で思えば、「そんな警察官達は、
いらない」のだが、どうして資格試験の段階で
排除が行えなかったのか?

振り込め詐欺の被害は、211億円!?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/8/8(木) 午後 2:24

しかも、今年度の上半期だけで!

 そもそも、それだけの財産を一般的が
有している家庭も、変だけど・・・w

<参照 Yahoo!NEWS>

結語

 最近、警察庁や公務員などを説教する時に、
「振り込め詐欺を行う者達の方が、業務の遂行
率が高く、公務の遂行率が低いのは、公務員の
怠慢だ!」っと言う趣旨を伝える事が有ります。

 馬の耳に念仏とは、よく言ったものです・・・w

警察官による過剰な防衛?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/7/23(火) 午前 9:57

刃物を持った男に対して・・・

 拳銃で弾丸7発を発砲したらしい。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語
 下手な鉄砲、数撃てっても当らない。

和歌山カレー事件

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/7/25(木) 午前 10:27

発生から15年

 未だ死刑は、執行されて無いらしい。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語
 ところで、無罪を主張しているらしい
けども、無実を主張している訳でも無い
のかと想われる。

 皆さんは、その違いが解る一般人にと
成って下さい。

君が代不起立の問題

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/7/14(日) 午前 6:45

微妙

 最高裁判所が認めても、世間が
認めないのかと・・・。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語

 裁判所は、個人の権利を護っても、
世間的な資格までもを認めてないの
かと想われる。

 例えば、公務員の試験と等しく、
「誰でもが受ける権利を有するが、
それに合格すると限らない」と言う
状態に等しい。

 が♪

 それら一般の国民が理解するのは、
難しいのかとも想うけど・・・w

高齢者の万引きに着手する率が高い?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/7/10(水) 午前 10:42

若者を越えた!

 ・・・まぁ、そんなことぐらいでしか、
若者世代に勝てないのだろうか?


結語
 高齢者の次世代としては、更なる
重悪に・・・、着手を行わないように
予防策を整えないと・・・w

 でも、生活保護とか、高齢者福祉
とか充実していても、駄目なのかな?

覚醒剤と知らずに・・・

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/7/6(土) 午後 7:26

持ち込んだ事件

 多くの無罪判決が出ている。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語
 つまり、税金の無駄遣いと言う
結果に成っている。

 そうした状態が、経済性の観点
からは、不利益をもたらしている
と判断できるので、色々と対策に
私的に調査、要望を行っていたり
する。

再犯者も高齢化している?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/7/8(月) 午前 8:34

なぜ?

 私の感覚では、「世間への反抗」だと
想われ、それに伴う犯行だとと想う。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語
 その反抗者たちは、世間が悪いと思う
傾向が有るが、文化の向上性から思えば、
反抗者が現代的にと変わらない限りは、
犯行意識も変わらないのかと思う。

 ところで、国内において、人間関係の
破壊工作を行っている輩達が居ると判断
するに至っている。

 また、標的者を孤立させ、精神衰弱に
陥らせた後に、身近に近寄ってくるとの
手段は、どの組織にも見られる攻撃方法
なのかと判断する。

 特に、衣食住、健康、人間関係など、
意外に単純な方法が用いられるが、その
効果も意外に有るらしく、現状での世間
事情(変な宗教、政治思想、民族。思想
など)が実情である。

 犯罪を行う方が利益が高いと言う観点
などを改めない限り、犯罪者が減る事が
ないと想われる。

Stalker(ストーカー)、DVの法改正!

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/6/26(水) 午後 9:02

どう変わる?

 もともと、Stalker法と言う観点が
間違っているのかと想われ、恋愛心を
前提とした、嫌がらせ行為が、正しい
のかと想われる。

 また、配偶者の暴力などに付いても、
家庭内暴力(DV)の枠に入るけども
恋人など、配偶者とも言えない相手が
問題視される。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語
 ところで意外にも警察官や、自衛隊、
消防などの公務員によるDVなども、
多いらしいのですが・・・。

17歳の少女に、不定期刑求刑

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/6/23(日) 午後 11:28

懲役3年以上4年以下

 って、軽いと想うけど・・・。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語
 未成年で、刑務所内の友達を
作ると、出てからも色々とあり
そうだなぁ・・・。

女子中学生誘拐殺人の死刑囚は・・・

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/6/25(火) 午前 1:37

74歳で・・・

 老衰的な死亡。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語
 今時代だと、人一人殺したぐらいだと
実質的に死刑となる事が、無いのかとも
想われる。

女検察事務官が漏洩?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/6/23(日) 午後 11:21

実は・・・

 女性に限らず、暴力団と癒着の有る
公務員が、増えているらしい。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語
 実は、立川市内(市役所、警察、消防
など)において簡易敵にと調べたところ、
やはり疑わしい公務員が数名も居た。

刑期執行の一部猶予?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/6/14(金) 午後 0:34

変な法律・・・

 例えば、二年の懲役に対して、その数ヶ月を
猶予期間として数年を設定するらしい。

 って、仮釈放と変わらない感じもするけど?

<参照 Yahoo!NEWS>

結語
 その違い等に付いて、調査を行いました♪

少年院は、どう変わる?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/6/19(水) 午後 11:58

そもそも、どのような施設なのか?

 本来であれば、一般の学校に行くところを、
特別な更生教育を前提とした、学校になるの
かと想われる。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語
 ある意味で、寄宿学校だよね・・・。

刑事が証拠品を紛失させ、捏造?!

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/6/12(水) 午後 1:13

蛇の道は、蛇?

 正義も、紙一重だよなぁ・・・。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語
 この場合に、正当防衛が成立を
するのか問われる・・・w

 まぁ、過剰防衛だろうけどね♪

 さすがに、緊急避難を主張する
ことは、なさそうだけど・・・ww

裁判員制度は、順調?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/5/22(水) 午後 3:46

でも・・・

 本当の経済的な効果としては、裁判員を
体験した人達による、世間への貢献などが
期待され、それにより防犯率が高まる事が
目論まれるのですが・・・。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語
 自治的な観点から、犯罪行為の発生率が
抑制されていれば、成功です!

警官による、虚偽調書と偽証

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/6/10(月) 午前 11:18

裁判中に発覚!?

 監察官は、何をしているのだろうか?

<参照 Yahoo!NEWS>

結語
 自衛隊にも、警務官が居るのですが、
問題が絶えません。

行方不明の警官!

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/5/21(火) 午前 11:12

発見される!

 子供と『かくれんぼ』を行っていて
隠れていたら、寝込んでしまった!

 ・・・等でわ無い。

 河川敷にて、所持していた拳銃で、
自殺を行ったであろう状態で、発見を
された。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語
 ちなみに自衛官による、同僚への
虐め、暴力、それらに伴う自殺も、
多いのが事実です。

平成25年度の司法改革は・・・

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/5/16(木) 午後 3:36

まず司法試験!

 法化大学院の人気が悪化しているらしい。

 代わりに、法化大学院に行かずとも、予備
試験に合格すれば、受験する権利を得られる
制度に、人気が上昇中♪

<参照 Yahoo!NEWS>

厳罰から更生へ
 中、小程度の犯罪行為における再犯率が、
増えている状況下で、「刑罰を与えるより、
更生対応の方が効率的であろう」と言った
試みが有るようです。

<参照 Yahoo!NEWS>

警察官の不祥事
 不倫の末に・・・。

 世間的にも女性の起用が増えている関係
などから、不倫などの恋愛的問題が増えて
いるらしい。

 つまり警察官に限らず・・・。

<参照 Yahoo!NEWS>

 そして、実弾入りの拳銃を紛失・・・。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語
 一度、予備試験を受けてみようかと想う。

 それは、行政鑑査の一端として・・・w
(そう言う建前なら、不合格でも精神的に
傷付かすに済みそうである)

献身的な女性警察官と、使えない上司な男性警察官・・・

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/5/8(水) 午前 10:19

男性警察官の悪いところ

 意外に頭の悪い男性警察官が、50代
以上の年齢に多いです。

 また若手でも、体育会系の縁故関係で
入っている人も、駄目みたいです。

 さらに警察官以外に、消防、自衛官も
同じ。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語
 「看護婦、婦人警官などは、平等性の
観点に欠ける」と報告書を作成した事が
あったのかと、記憶している。

 今に思えば、婦人自衛官に付いては、
当時に考慮し絵t無かったような・・・。

 よく「嫌な思いをしたから・・・」と
それが原因で、今が有ると言った説明を
する輩が居るが、別に関係が無いと思う。

 苦労や辛い思いを乗り越えて・・・と
言う発想は、他人を軽蔑する原因の一つ
と成っている。

 強いから生き残ったのでもなく、生き
残った物が、強いとの考えもある。

 そもそも、義務教育などで、過去にと
生じた惨事などに付いては、学んでいる
のかと想われ、日々にと報道の機関から
人間関係上の悲劇が生じていることも、
伝えられている。

 そうした中で、何を学び、どのような
活動をするのかが問われる。

司法分野での不祥事

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/4/23(火) 午前 9:56

まずは、警察官・・・

 なぜか、相談に来た女性を公園にと
連れ出して、接吻を行ったとか!?

<参照 Yahoo!NEWS(映像)>

次に弁護士会の元役員
 これまた東京弁護士会の元副会長が
横領を行ったらしい!?

<参照 Yahoo!NEWS>

そして指定暴力団が!
 慈善事業に乗り出した!

 ・・・ら、凄すぎる♪

結語
 暴力団の悪事よりは、正義面して
いる公務員側の悪事の方が、悪いと
感じられます。

警察より、中年による自動二輪の愛好家への警告!

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/4/29(月) 午前 3:32

事故が、急増中!?

 実は、以前に「自動二輪車の運転には、
脊髄保護などの防護服を着用することを
義務化する事を検討されたい!」っと、
要望を、警察庁に行ったことが有る。

 ちなみに、死亡事故だけが、問題視を
されているとも想えず、身体に後遺症が
残ってしまうと言うような場合も有るの
かと想われ、意外に深刻である。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語
 中年、老い易く・・・W

死刑を下した裁判員が・・・

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/4/22(月) 午後 7:07

Stress(ストレス)障害に陥った!

 ・・・らしい。

<参照 Yahoo!NEWS(映像)>

結語

 可愛くて、美人の(俺の好みな)女性
裁判官だって居ることからも、裁判官が
受ける日々の公務負担が、過剰に成って
いることを、国民が理解するのかと想う。

 でも、どっかの宗教団体員が過剰にと
反応してる可能性も疑われる・・・。

 そう言えば、そろそろ裁判戦を開始する
けど、将来の御嫁さんと出会えるかなぁ♪

 さて、「可愛くて美人の(俺の好みな)
女性裁判官だって居る」と言った点が、
今回の課題に関係が有るのか、大いにと
疑問に思うのかも知れない・・・w

 って言うか、私的にも大いに疑問である。

無許可の Made Cafe (メイドカフェ)を摘発?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/4/16(火) 午前 10:14

ちょっと遅い感じが・・・

 警察署に複数の苦情が有った後に
取締りを行ったらしい。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語
 それまでの被害は、悪徳側の利益。

盗撮行為を行った判事補は、弾劾・・・。

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/4/11(木) 午後 0:00

どうやら・・・

 司法資格も失ったらしい。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語
 まだまだ、居そうだけどなぁ。

中学生も、脱法薬物を!?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/3/31(日) 午前 10:48

その中で6割が覚せい剤にも!?

 そんなに、今時の中学生って、やばいの
だろうか?

<参照 Yahoo!NEWS>

結語

 まぁ、薬物利用者で、正直に答える人の
確立を求めれば、認知不可能な実数の予測
なども行えるのかと想われる。

 皆さんの子供は、大丈夫ですか?

 私は、まだ設計の段階で、製造に着手を
行ってません・・・w

 それ以前に、製造の協力者も必要とされ
ますけど・・・ww

法化大学院を卒業しても、司法試験に受からない?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/3/19(火) 午後 0:15

何の為に進学したのか・・・

 そもそも法化大学院の設置趣旨では、
近年における一般的な論理法学でわ無く、
『 実践的な実務と法規 』との観点で
学ぶ機会を与える事だったのかと想う。

(私は、そう言う趣旨で請求していた)

 でも実際だと、法化大学院を卒業した
人を含めても、合格率が悪いらしい。

 逆に、合格をした人が年間に何千人と
居ても、未だに『立憲法治国家である』
と言う意味合いが、国民に理解をされず、
法学を経た人達が相応の努力も行ってわ
おらず(行っていても、成果が無いとの
状態だと行ってないのと同じ)、挙句の
果てに公務員ですら憲法・第九十九条に
反する接遇を行う始末である。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語
 ちなみに裁判制度は、「一般の国民が
利用をする制度」が基本であり、刑法の
関連でも、「被告人の利益を護る為にと、
行われるのが基本」である。

 逆に被害者の観点だと、「自衛義務を
怠った」などの過失が追求される。

 この観点は、交通事故などでも同じで、
被害者側の過失なども計られる。

 そして、被害者の過失が、ほぼ無いと
言う状況では、重悪的な刑罰が適応され、
そもそも刑事告訴の請求を行う時には、
「大、中、小」っと言うような感覚での
刑罰請求の度合いも、求められる。

 つまり刑法では、各分野の刑罰規制が
行われているが、殺人、強盗など各分野
と言う意味合いでの刑罰範囲が有って、
それにおける「厳重なる刑罰を、与えて
欲しい」や、「軽度の罰を与えて欲しい」
などの請求が行える。

 なお、(刑事)公訴請求は、警察署と
検察経由の二つの経由で行うことが可能。

 警察経由だと、事件書類の送検と成り、
被害者が直接に検察経由で、請求を行う
ことも可能である。

Stalker(ストーカー)の被害届けも増えている!

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/3/15(金) 午前 11:59

むしろ・・・

 これまで、認知されなかった被害者達が
徐々にと、公的機関を使って解決すすると
言う手段を選択し始めているのかと想う。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語
 好きな男性に付き間取れると、嬉しい
くせに、嫌な男性だと・・・w

 まぁ、私も男性の立場で異性に対して
同じ想いですけど・・・w

悪質な自動車運転者には、罰則を強化!

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/3/18(月) 午前 11:58

法制審議会が国会に提案!

 でも、自動車って昔に比べると、
中古を含めて所有者が減っている
かと想われる。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語
 逆に、自動車協議に関しては、
緩和する方が良いのかと想われる。

 電気自動車、水素Energyなどの
開発にも繋がるので・・・。

 これでも、元 Road Race 国内C級
だったりする。( Pit Crew も兼ねる)

約款の有り方に付いて改定される?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/3/1(金) 午前 10:58

あの小さい文字などで記載されている

 読むことが無いような内容でもある。

 Internetなど通した商売も、普及している
時代に伴って、相応の改定が必要だとされ、
今回の改定案が出ているらしい。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語
 現在では、金融、保険関係などの契約に
おいては、事項確認(Checklist:チェック
リスト)が、義務化されている。

 また近年では、あらゆる契約においても、
医療、住宅関係の契約など、生命、財産に
関係する契約の場合は、契約内容を再確認
させる事が多い。

 ところで、夫婦における結婚の場合は、
どうだろうか?

 永年に、私にとって好き妻でなければ
成らない♪

 なんて・・・ww

 その逆も有るのか・・・・www

PCのVirus(ウイルス)事件は、どこまで追跡可能か?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/2/19(火) 午前 9:02

FBIなども・・・

 今回の事件では、日本人が容疑者に
なっている。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語
 そう言えば防衛大学でも、PC関係の
追跡研究を行っていたかと・・・。

死刑の執行

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/2/27(水) 午前 0:09

3人

 珍しく、事前の論争も無く、
執行された。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語
 今後も、四半期ごとに執行の
検討をされたい。

持ち主不明の不法薬物は、どう処理されるのか?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2013/2/12(火) 午前 3:20

返します?

 なんて、言ってないで、とっとと処分せい!

<参照 Yahoo!NEWS>

結語
 変りに、担当職員への処分請求を行っても
良いのだが・・・w

 もしかして国家は、一割もらおうとか思って
いるのか?

寂しい、法務省の女性職員・・・

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2012/12/28(金) 午前 11:38

飲酒運転で逮捕!

 年末の時期だと言うのに、飲酒運転で
事故を発生させ、逮捕された職員が居る
らしい。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語
 不貞貞操な女性公務員の事件が増えて
いるなぁ。

働けるのに無職で・・・

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2012/11/18(日) 午後 0:48

一定の住居を持たないで・・・

 うろついていた場合には、軽犯罪法が
適用されることは、解っています。

<参照 Yahoo!NEWS>

軽犯罪法

第一条
1 左の各号の一に該当する者は、これを拘留又は科料に処する。

四項
 生計の途がないのに、働く能力がありながら職業に就く意思を有せず、
且つ、一定の住居を持たない者で諸方をうろついたもの。

結語

 実は、Homeless対策の関係で、八王子市、
立川市、警視庁(立川警察署)側に数年前
から、軽犯罪法を用いて、Homeless制御を
行うよう、働きかけている。(但し立川は、
一昨年から)

 立川市での現段階は、空き缶など資源物
などを、持ち去る行為を窃盗として、検挙
する体制に成っているらしい。

補足
 ちなみに、立川の市役所、警察署の不良
公務員の方を摘発する方が、経済性が向上
すると判断しており、もっか対処中である。

 あ、警視庁も・・・。

 いっそ国家公務員も加えておくか・・・。

不当要求に応じたのは、18%!?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2012/11/18(日) 午後 0:55

駄目じゃん!

 でも実際には、もっと多いのかと
想われます。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語

 日本経済の三割程度が、不当利益で
成り立っているのかと・・・。

現代の売春問題は、どうなる?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2012/11/3(土) 午前 11:57

摘発!

 先日に行われたらしい!

<参照 Yahoo!NEWS>

結語
 さて、今後は、どうなる?

殺人事件で国際手配されていたThailand(タイ)人男性が逮捕された!

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2012/10/11(木) 午後 10:53

19年前に発生した事件

 国内で発生したらしい。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語

 そんな事件が発生していたなんて、
知らなかった・・・。

高齢者女性による夫連続殺人!?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2012/10/5(金) 午前 9:10

えええ!

 老後の楽しみが、殺人の餌食にと変わった!?


結語
 殺人鬼である妻いわく、「楽園への早道を教えたまで」と
裁判で証言したり・・・w

 おぉ~、こわぁ~♪

平成24年09月27日に、二名の死刑が執行!

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2012/9/27(木) 午前 11:51

でも・・・。

 誰に対して行われたのかは、不明。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語

 報道機関としては、「死刑の回数が多い」との
観点で話題にする事が有る。

 私的には、「死刑の回数が多いのでわなくて、
死刑囚が多く、その処理が増えている」と言った
『 行政業務の工数が増えている 』と解釈する。

米国の薬物死刑において、肥満死刑囚が延期を要請?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2012/9/27(木) 午前 11:03

薬物投与における苦痛とは?

 体重などに合わせて薬物が投与をされる関係で、
それが合わないと苦痛になるらしい!

結語
 そもそ囚人が太る事自体が変であるが、それ相応にと苦しみたいから、
肥ったとも解釈が行え、自業自得だと想われる。

 つまり。「苦しみたくなかったら、相応な生活をする必要がある」との
観点で、米国の憲法が有るのかとも想われるけど・・・。

八王子 スーパー強盗、殺人事件は、解決するか?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2012/9/11(火) 午前 8:44

Canada在住の重要参考人の引き渡し請求!

 Canada側は、引渡し請求に応じる第一返答を
行っているが、重要参考人側にて、控訴をする
体制に有るらしい。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語
 以前にも記載したが、当時の八王子市では、
覚せい剤の売買、乱用が酷かった。

 また事件の発生した店舗では、過去に数回も
『空き巣』に入られている。

 ちなみに重悪犯罪の公訴権における消滅時効
解消を、報告書として作成した事が有る。

 さて地元の警察に付いても色々な問題が有る
らしいので、鑑査活動の対象に含めてみる。

 同時に改めて刑事裁判など裁判所の活性化を
鑑査しようかと想っている。

 っと言う事で、久々に警察を鑑査対象にする。

法科大学院、補助金減額!

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2012/9/8(土) 午後 10:10

当たり前だ!

 私が提起した事件の8割で、裁判官が
私に怒鳴られており、挙句の果てには、
憲法の前文に、何が記載されているか
即答が行えない。

 しかも殆どの国家公務員、地方公務員
なども、憲法の前文を忘れている。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語

 在日、日本人で形成されている国家。

駄目警官が増えている?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2012/8/10(金) 午後 7:41

なぜ?

 警察官の業務体制は、もともと政治団体の
影響を受け易く、現行与党に反旗を翻してる
かの如くな情報機関は、喜んで取り上げる。

 でも、実質的には、警察、消防、自衛隊の
組織編制における基礎は、旧与党が構築して
いるので、それにおける影響であるのかとも
判断でき、別に現行の与党が悪いのかとも、
感じえられない。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語
 ちなみに消防系、自衛体系の不祥事なども
多いのだが、とある野党側の政治団体から、
口止め料でも、各情報機関が貰っているかと
疑いたく成る程に、情報が出てない・・・。

改正暴対法?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2012/7/27(金) 午後 0:17

詳細を知りませんが・・・

 成立したそうです!

<参照 Yahoo!NEWS>

結語

 九州方面では、暴力団による武器などを
使った紛争が生じているらしい。

 私的には、国会側へ「自衛隊に、処理を
依頼されたい」と申し出ています。

死刑の執行

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2012/8/6(月) 午後 1:55

死刑の執行が行われたけど・・・

 まだ、130に以上も、残っているらしい。

参照 Yahoo!NEWS


結語
 ・・・Homeless(ホームレス)よりも、良い生活を
死刑囚が行っているのかと想われるけど・・・。

暴力団に捜査情報を提供!?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2012/7/21(土) 午後 1:38

警部補が!?

 こうした暴力団との関係に付いては、
警察官に限らず、色々と有るようです。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語

 国外追放と言う刑を作る必要が
有るのかと想うけど・・・。

 やはり、相応なる報告書を私が
造るのか・・・とほほ。

剣道、日本一の警察官が、少女に裸画像送らせた!?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2012/7/21(土) 午後 2:49

羨ましい!

 そうじゃなくて・・・w

<参照 Yahoo!NEWS>

結語

 女性の場合も、社会的な地位が高いと、
職権乱用的に、違憲、違法な活動をする
ことが有るのかな?

中学二年生、自殺の事件は・・・

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2012/7/19(木) 午前 7:29

改めて

 同級生三人が告訴された!

<参照 Yahoo!NEWS>

結語

 もともと警察側に告訴を拒絶されたので、
検察審査会へ書類が回っており、世間的な
流れもあって、告訴受理にと至ったらしい。

 まぁ、この流れを弁護士が仕掛けたとも
想えるけど・・・。

Stalker(ストーカー)の事件数が増えている?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2012/7/5(木) 午後 8:40

過去最多?

 もしかして、Stalker過敏症とか?

<参照 Yahoo!NEWS>

結語

 好きな人に追われず、嫌いな人に
追われても意味が無いなぁ。

司法書士による、非弁行為?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2012/6/6(水) 午前 7:26

$FILE1_c

過剰な料金?

 受任可能とされる範囲を超えて、
料金を請求していたらしい。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語

 こんな程度は、行政書士を含め
良く有ることだと想っていますが、
逮捕されたのは、初めてらしい。

中学生の自殺事件に対して、その被害届けを警察が拒絶?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2012/7/5(木) 午後 8:28

犯罪としての事実認定ができない?

 事実の有無を調べるのが、警察の捜査かとも
想われるけど?

<参照 Yahoo!NEWS>

結語

 まぁ、警察官の自殺も、どうなんだか・・・と、
言うのが現代事情ですけど・・・。

 でも、後に色々と加害者を探し出されつつ、
Internet 上で公開をされるのかと・・・。

利用されない、裁判所・・・

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2012/6/2(土) 午後 11:37

親族扶養の家庭裁判?

 生活保護の関係らしい。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語

 私の経済的な観点だと、「裁判所の存在は、
日本の経済性を想うなら、経費が高い割りに、
然程に国益が生じない」と、判断している。

明治学院大で、法科大学院の募集を停止?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2012/5/29(火) 午前 8:04

入学者が減少している?

 法科大学院制度を設けた関係から、
色々な大学が、学部を新設したけど、
多くが、入学者の減少で学部維持に
困窮しているらしい。

 しかし♪

 実は、新司法試験制度では、予備
試験制度が有って、法科大学院にと
行かなくても、その試験にと合格を
すれば、本試験が受けられる。

 つまり、自動車免許の教習場での
教育と、試験場での本試験と、同じ
ような感覚になるのかと想う。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語

 倫理のServiceを御金で、提供する
行為は、「倫理を御金で売る」ような
ことなのかとも想う。

 ・・・予備試験だkでも、受験をして
みようかなぁ~♪

 ちなみに、本人訴訟であれば、何ら
弁護士などを必要としない。

世界の死刑事情です!

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2012/3/31(土) 午前 9:25

ところで・・・

 「Chinaの国内で重悪犯罪に着手すると
死刑に成るが、海外だと同じ事件内容で
あっても、比較的に軽くなる」との事情が
有るらしい。


結語
 ちなみに、その対策として「国内法と、
その犯罪者の母国法と照らして、帰国
後に、再度刑罰を受けるであろうとの
制度が有るならば(海外で重悪な不法
行為を行った者は、母国に対して信用
失墜行為を行ったに値するのだから、
それを厳重に処罰する。また、事件の
発生した国で何だかの受刑が有っても、
それと別に、責任の追及を行うなど)、
刑罰の重さと比較して引き渡した方が
効率が好い」のかと想われる。

 ・・・って、そんな法律や制度が無い
と言うのが現状なのだから、相応にと
報告書を・・・。

警察官の不祥事・・・

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2012/4/7(土) 午前 9:29

年度の変わり目に・・・

 新たな人員配置の関係を利用して、
悪き風習を正すには、好い時期かと
想われます。

<参照 Yahoo!NEWS その1>

が!

 この事件では、職権濫用、器物損壊、
脅迫行為の疑いが有るのかとも想われ、
器物損壊だけで済ます案件でわないと
想う。

<参照 Yahoo!NEWS その2>

結語

 私の知る限り、暴力団と親しい公務員は、
意外に多い事が解っており、特に男性の場合
悪い意味での交流が多く、男同士の付き合い
などと、女々しさを感じる。

 実は、自警の関係で…っま、又の機会に♪

死刑が執行されたらしい!

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2012/3/29(木) 午後 6:19

前の執行から、1年8ヶ月

 意外だった(すっかり死刑囚の扱いに
付いての課題を忘れていた)のですが、
かなり国会側でも、現状の世間の事情に
ついて(論理的な倫理に)想うところが
有るのかと・・・。

<参照 Yahoo!NEWS>

死刑囚が死刑以外の死因で他界する状態とは?

 死刑囚によって、死刑失効っと成って
いるかの如く、別での死因で他界してる
死刑囚も、少なく無い。

 つまりは、死刑囚を死刑にせず、別の
死因で済ませているのだから、終身刑と
扱われているのに等しい。

 逆に死刑と定めながらも、他の死因で
処理しているのだから、職権濫用、公務
不適切などが疑われる要因と成る。

恩赦と請願

 ちなみに死刑囚からの『恩赦請求』を、
『請願で打ち消す』と言う必殺技なども
考えたのですが・・・。

 つまり死刑囚など重悪な犯罪者達は、
刑の軽減を求めて、陛下にと恩赦をする
権利が与えられている。

 しかし、それを阻止する請願も可能と
想われるのである。

 ところが、これまで請願については、
公務員側が・・・・。

 ・・・減給される理由の一つになって
居るのかと想う。

 なお、間近での公務員減給では、地方
公務員も対象との意見も有るが、相応に
「 憲法の前文すらも、把握をしてない
公務員が多過ぎる!(憲法・第99条の
違反) 」っとの理由かと判断している。
}}

{{{
 更に、「裁判官の夏休みを減らす!」
と言う課題も有る。(裁判官は、夏期に
約一ヶ月ほどの休みが有る:学生気分で、
仕事をしてる可能性も有る・・・)

結語

 死刑と定めながら終身刑扱いの状態は、
職権の濫用か、公務不適切と判断できる。

 つまり、相応の報告書を作成することが、
私に求められていると・・・とほほ。

 みっちゃんから、御茶会さそわれたいが
故に♪

>追伸

 また、泣かされるのだろうか・・・どき♪どき♪

裁判員制度で、差し戻し?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2012/3/8(木) 午後 2:31

最高裁の決定で・・・

 ところで、「差し戻し」って、御存知ですか?

参照 Yahoo!NEWS

結語

 そもそも、裁判所で使われている言葉の多くは、
慣用語が多いのですが、職員側では、それが常識
だと想っているらしい。

 私から、だいぶ怒られています・・・。

 ともみちゃんは、民法の学部で何を教えてるんだ?

 ここは、Germanじゃないんだよ!

少年院の運営を、民間が監視?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2012/3/2(金) 午後 3:00

刑務所も、そうですが・・・

 政治団体や、宗教団体など、特定の系列で
だいぶ利益を確保してますよね?

結語

 ・・・。

 犯罪者あっての、刑務所ですが、現代は、
満員御礼の為に、増築を検討する傾向にと
有るらしい。

この部下に、この上司あり?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2012/3/3(土) 午前 10:47

隠蔽?

 部下の失態を、隠蔽したとか・・・。

参照 Yahoo!NEWS

結語

 良い警察官も居れば、悪い警察官も
居ると・・・。

 まぁ、広くは、良い公務員も居れば、
悪い公務員も、意外に多いと・・・w

性転換後の囚人は、どっちの性別で扱う?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2012/2/25(土) 午前 10:35

・・・。

 男性から女性に性転換した後に
犯罪に着手して、刑務所へ・・・。

 さて、どっち?

参照 Yahoo!NEWS

結語

 弁護士会の解散を願う想いは、
日々に増すばかりです。

 そもそも、性転換を行おうが
何だろうが、戸籍上で求められ
ない状況では、相応なる対処を
する必要が有る。

 それに、犯罪に着手するなよ!

 法を学んだ者の多くが人権を
主張する傾向にありますけども、
金銭で人権が買えるのかと想う。

         By - Judea

 更に Christ (キリスト)は、
新約聖書に従えと言ってない!

 「神の声に従え」だったはず!

         By - 万学

 ・・・現行の法務大臣には、
幾らの価値が有るのかな?

おまけ

 序ながら、法学部に在籍をして
居た時に、そこの生徒の素行等が
悪く、学部長に「御前は、学徒に
何を教えてるんだ!」っと、激怒
するに至ったことが有ります。

 ・・・まぁ、私だけ、特別にと
面談してくれた事情を踏まれば、
「教授側も、生徒の自由な心中に
至るまでもを、規制できない」と
苦言な状態にあったようで・・・。

 ・・・法学部の学部長を怒鳴る
ような人が、不良なる司法公務員
達を、怒鳴らない理由が無い・・・。

 って、怒鳴るのも虚しいので、
どうやって対処するのが好ましい
かと、長年研究を重ねましたが、
相応なる排除対応を、ついに♪

 合法的に、且つ美しく・・・w

 軍人が、Beret帽を被るように、
不良公務員の排除にも、芸術性が
求められるのかと・・・。

科学捜査も、進化してる!

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2012/1/29(日) 午前 9:54

映画の中なら・・・

 だいぶ進化しているのですが・・・。

 実は、映画の中で紹介されるSF的な機器が
基礎になって、開発が行われることが意外に
多いようです!

 そもそも二足歩行のRobot(ろぼっと)は、
日本の場合だと、手塚治虫の漫画作品を基に
作成された実例も有る。

っで、何が進化したのか?

 人体が受けた荷重や加速度などの測定を
することが可能と成ったらしい!

参照 Yahoo!NEWS

結語

 これで解かり難い、家庭内暴力や、虐め
などの捜査も、今までより効率よく追求が
行えそうです。

裁判員裁判で初の無罪判決は、正しかった?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2012/2/14(火) 午前 9:59

$FILE1_c

どうだろう?

 実際に、その裁判を傍聴に行ってないので
解からないのですが・・・。

 第一審で無罪、第二審で有罪、最高裁では、
第一審の趣旨を有効とした。

参照 Yahoo!NEWS

結語

 そう言えば、東京地方裁判所・立川支部だと
裁判員裁判が行われて無かったような・・・。

 「最新の設備が有るのだから、裁判員裁判を
行え!」と、請求をしておこうかと・・・。

 そう言う、無償の働きかけも私の仕事の内で
ある。(ちなみに、明らかに経済活動なのだが、
個人の経済性に欠けてしまうのが、難点である)

 ちなみに、民事裁判、家庭裁判なども裁判員化
する必要が有ると判断をしており、原因としては、
「未だに、裁判官の質が悪い!」との観点が有る。

 裁判所側では、新司法試験(法化大学院などの
設置など:ちなみに私が関連の報告書を出したの
だが・・・)を経た人員が、総配備されるまで、
かなりの時間を要するのかと想われるが、それに
よって、国民が受ける経済的な不利益は、かなり
膨大なものと成ることも解かっている。

 そもそも「刑法を公開する時には、カタカナで
なく、平仮名にしろ!」など色々な申し出を行い、
意外に多くが実用されている。

 ところで、刑事側の裁判官、書記官で、すごく
可愛い人が居た記憶が有るのだけども・・・。

 なんか彼女達に裁かせるのも、どうかと心配に
なるほどだが・・・。

 その反対に、民事第二部は・・・。

 ところで、私が裁判所から、何だかの被害を
受けたと感じた場合は、防災関係の活動などを
心情が回復するまで行わないことにした。

 理由として、「裁判所は、国家機関であって、
裁判官は、国家公務員である。その責任を国家が
負うのですが、国家の責任に付いて等しく国民の
個々が負う」との責任循環が有ります。

 つまり、「国が悪い!」と言うならば、相応に
「国民である、お前も悪い!」っと、自分を非難
する事にも成る。

 しかし国家機関が信用失墜を民に抱かせると、
それが一人であっても、他の国民を含む国家を
敵視する可能性も有ることから、国家公務員法・
第99条(地方公務員なら・第33条)で規制を
されている。

 が!

 私が把握している限り、民事の裁判官でさえ、
それを理解して無いように感じられる・・・ので、
常に、「司法試験の内容を改定しろ!」と私から
指摘されるのである。(・・・っと、主張した
のですが、実は、法科大学院の設置→予備試験の
設置との順序が折込済みで、「法科の大学院を
有した大学が、のぼせ上がるだろうから、それを
抑制する必要が有る」との観点で報告書の作成を
行っており、現状だと第三段階の『新しい司法の
試験を受けて無い、人員を、再研修する』と言う
課題の段階に入っている:PDCA方式)

 そこで私の経済活動では、国民の一人として、
その責任範疇で、憲法・第十二条に有る自由を、
主張しているのですが・・・。

 意外に、『 1億分の1となる意見 』でも、
採用されることが多い!?

 逆に、一般の国民が、どれだけ国民としての
責任に付いて、怠慢なのかも解かる・・・。

 さて、日本人に課せられた責任とは?

 ところで比較的に、公務員法が責任が重いのは、
憲法に記載がされている通り。

憲法

第九十九条

 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

 ・・・陛下にも、責任が課せられてるじゃん!

 唯一に、皇后陛下の記載が無いのですが・・・・w

 あ、裁判官も記載されているので、弾劾の
原因に加えておこうかと・・・。

 じゃんじゃん、裁判官を入れ替えないと、、
文化(防災、防犯)の発展が遅くて、常に自然
災害、犯罪などの脅威から免れられない!

 ・・・って、ちゃんと民が裁判所を利用する
国民性も、必要とされていますが・・・。

 途上国で、新しく日本国憲法を模倣した国を
構築した方が早いのか?

 ならば、いさ南国の途上国へ♪

 私が仮に、この世界における最大権力者なら
「人類の発展と、日本国の発展が結び付かない
ならば、存続の価値が無い」と判断すると思い、
処分すると想う。

 Simulationならば、全部破壊して作り直す♪

 しかし私は、人です。

 現人(あらひと)、人・・・w

 「

 私は、人なんですが・・・ww

 そこの女子!!

 「あら、人?」って、声が聞こえてくるんだがぁ~!!!

刑務所に売春婦!?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2011/11/11(金) 午前 10:15

Estados Unidos Mexicanos

つまり、M?xico である・・・w

M?xico にある刑務所にて、売春婦や
闘鶏(とうけい)用の鳥が飼われていた
らしい。

結語
日本国に付いても、不法な業務者達の
健全な別荘と化している部分についてを
改善しないと・・・。

米国で、死刑をVideo撮影?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2011/7/23(土) 午後 0:02

$FILE1_c

残忍性を検証?

 それを米国の民が、どのように想うのか?


結語
 別世界の話題である・・・w

「お!となかい?」 な裁判♪

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2011/4/29(金) 午後 6:49

どう判断するのか?

 話題が、となかい と 言うよりは、 愉快です・・・w


結語
 大人気(おとなげ)が無いのに、
大人の毛が、ぼぉ~♪、ぼぉ~♪
と生えてる女性を、個人的には、
好みません。(但し、天然的に:
つまり脱毛は、Etiquetteでの
範疇であり、異性交遊における
選定の基準からは、除かれます。)


 剥けぇ~、皮ぁ~♪
 無毛ぇ~気(げ)ぇ~子ぉ~♪
 真下(まか)ぁ~、煩(はん)にゃぁ~、腹ぁ~、へったぁ~♪

 ぽん♪ぽん♪ ・・・っと、来たもんだぁ~♪

太った警察官は、罷免!

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2011/7/2(土) 午後 5:34

よし!

 日本でも、適用を検討されたい!


結語
 とりあえず、請願書でも作るか・・・w

雛(ひな)の世話で、更生?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2011/4/2(土) 午前 1:11

でも、動植物を育てさせるのは、良いかも!

 人間関係が破綻した性格、精神を有する場合には、
その修復を兼ねて、動植物との関係から更生を図る
と言う観点も有効かと想われます。

結語
 ・・・まず日本国の場合には、「犯罪を犯してない」と
思い込んでいる、俗に言う『Career(きゃりあー)達』の
性格更生を行う必要が有るのかと想われます。

 理由としては、日本国内における原子力発電所の
位置を調べてたら、大規模な地震が発生をしやすい
場所に、殆どが建設されてやがる。

 ・・・自ら原子力爆弾を作って、自爆させているような
感じに有るのが現状です。

 犯罪者よりも、「まず、不当、不法行為を行っても、
何だかの理由で、免れている輩達を、どのようにと
摘発するか!」との部分が重要です!


 ・・・っと言うことで、とりあえず私も自首をしようかと
想います。


 実は、公安局の業務監査を行いたい♪


 動機も単純で、「公務の存在効果が、民の観点で
想うところ、『悪い』と評価せざろえない理由が多々に
あり、事件や事故を未然に防げないのだから、公共の
安定を司っているとも言えない」っとの理由である。

 ・・・今更なのですが、観察をしようと想うのでなく、
「観察させた方が早い」と言うのが、調査の基本かと
想われます。


 今度は、こっちが尻の毛を数えてあげる番です♪


 なお、過労における『睡眠時無呼吸症候群』にも、
十分に注意をされて下さい。

容疑者計33人を処分保留で釈放!?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2011/3/29(火) 午後 2:44

ファイル 4688-1.gif

各地検本庁で・・・

 震災などの影響を受けて、処分留保として
釈放したらしい。

<参照 Reuters>

結語

 「軽犯罪に関する容疑ならしく重悪犯罪で
無いとの前提で釈放されたらしい」のですが、
特別な事態として、別の地検を通して審議を
進めれば良かったのかと想う。

 ・・・やはり旧与党の体制は、最悪で有る。

New Yorkでは、家庭内で飼育してた『はむすたー』を殺して禁固刑!?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2011/3/15(火) 午後 7:36

$FILE1_c

しかも2年!?

 19歳の女子が、家庭内で飼育をしていた
『はむすたー』を、家庭内の一人と口論の末、
絞め殺して窓から捨てたらしい。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語

 罪としては、かなり重いのかと想われます。

 しかし、平然と動物の肉を食べるのとでは、
どのように違うのかは、不明です。

 只単に、死する場面を見なければ好いかと
言う観点に過ぎない可能性も有ります。

 ・・・この世は、解らない事ばかり?

元少年3人の死刑は、確定?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2011/3/8(火) 午後 3:57

高等裁判所では、死刑!

 地方裁判所では、主犯者のみが死刑だったが、
後に高等裁判所で、三人とも死刑に処するとの
判決を下している。

 そして最高裁の判決が注目をされている。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語

 実は、刑事訴訟において、「拘留中の期間が
刑期から差し引かれる」ことが多い。

 しかし私の観点だと、刑罰と判決の結果とは、
まったく異なり、受刑期間より拘留中の生活が、
懲罰感が無く、訴訟における早期解決に対して、
非協力的な状態も生じることから、不適切にと
感じられる。

 よって「拘留中は、刑期の減軽に含まない」
とするのが普通で有って欲しいと想う。

 なお、私的には、全員死刑でも問題ないかと
判断をしています。

 その理由として、現状だと死刑が執行される
ことが殆ど無いに等しい状態にあるのだから、
別に死刑であっても、何ら問題が無いようにも
感じられます。

女性の死刑囚は、執行されるのか?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2011/2/6(日) 午後 3:41

ファイル 4685-1.gif

獄中死

 近年の死刑囚は、獄中死する者が
多いようです。

 しかも、病気や自殺が主ならしい。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語

 私の知る限りでは、女性の死刑が
執行をされたのを把握してない。

警部補による取調べの不信性・・・

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2011/1/22(土) 午後 4:39

ファイル 4684-1.gif

略式裁判では、審議を行えず?

 簡易裁判所で行われる略式裁判でなく、
地方裁判所で、事件詳細に伴った審議が
行われるらしい。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語

 過剰な正義活動は、悪です・・・w

 また、暴力団達が必要悪と主張する点も
理解できますが、日本人として容認するに
至っておりません。

裁判員制度の裁判で裁かれた人は・・・

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/12/30(木) 午後 10:13

ファイル 4683-1.gif

1648人?

 ・・・らしいです。

 その内で何人が更生されるのかは、
未だ実数として計るに早いようです。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語

 裁判員を経験した物が、後の人生で
「被告人の気持ちが、今わかりました」
っと、被告人席から言うような事が無い
ようにするのも国民の務めかと想います。

 「もと裁判員が・・・!」なぁ~んて
報道機関が、喜びそうな話題ですけど。

各県警が、浄化されつつある?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/12/28(火) 午前 1:23

旧与党体制からの悪き習慣・・・

 現行の与党に期待をしているのは、
『司法分野における業務の適正化』と
言う課題でした。

 それらの期待にと答えてくれたのか
不明ですが、二つの県警が不正会計で
摘発されたらしい。

<参照 Yahoo!NEWS その1>

<参照 Yahoo!NEWS その2>

実は・・・

 旧与党体制からの悪き癒着などが
問題視をされており、特定の業者に
範疇を行ったり、色々と有るらしい。

 特に何だかの安全協会や、〇○協会
と言うのは、表見と裏で微妙な繫がり
などが有るようです。

 例えば、『天下り』とか・・・。

結語

 公安部の活動を私的に疑問視をして
いたのですが、今回の事件で「たまに、
仕事をしてるんだ♪」っと見直した♪

 裁判所の民事訟廷と検察局に付いて、
誰が取り締まるのかを、色々と想って
いるたのですが・・・。

 そちらも不可抗力的に対処を・・・w

 確か今年の10月に、人事に関しての
規則が定められたかと・・・。、

 裁判所の民事部は、「裁判官は、刑事
裁判の裁判官を経た者に限る」と言った
検討を行ってもらおうかと想っている。

 刑事よりも、民事の方が難しいのかと
想われ、下手をすると民事から刑事にと
悪化してしまう可能性もある!

 女性の裁判官も増えましたが、尼にと
成ったつもりで仕事に挑まないと色々と
女性として悩む事も、多くあるのかとも
想われ、裁判官に限らず、女医も居れば、
Joyもおり・・・w

 あそびたGirlなどなど、色々な女子が
居るのですが・・・w

(‘O` )_♀君は、せんちめーとる・かんがるー♪・・・なんて・・・www

(∇〃) .。o(『 一寸法師 』でしょうか♪)

 次の段階としては、若者などが楽しく
仕事に参加する事が可能と成る環境造り
なのですが・・・。

 老人、老い易く・・・w

 かくかく、しかじか・・・ww

 老人の屁は、ただ臭い、、、のみ・・・www

 高齢者の保護分野も過剰に成っている
かとも想われますので、漸くに主力にと
なる若者達が活躍をする場を提供すると
いえるような・・・いうような・・・w

 いやいや、相応なる責任が民として、
課せられているのかと・・・w

 皆さんにもです!

           Man of Yo rocha

受刑者への虐待!?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/12/21(火) 午後 3:34

事実は?

 実際に生じていたらしく、主犯格の
刑務官は、自殺しているらしい。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語

 未だに、刑務官や警察官などからの
過剰的な虐待などを受けても当然だと
言う意見の国民が居るのかと想う。

 しかし近年だと『正当性』が問われ、
「 不当、不法行為による正当性は、
認められない 」のが現実である。

 が♪

 暴力団や、犯罪組織の存在からでも
解るように、「全ての非合法行為には、
正当性が無い」とも裁判などで判決を
されないのが実情である。

 そもそも不当、不法行為を行ったと
される者が特定をされなければ、その
責任を追及することが行えない。

補足:軽犯罪でも時効制度を撤廃要請♪

 実は、密かに「 軽犯罪であっても
公訴権の時効消滅を認めない 」との
Reportを検討していたりする。

 これは、『 軽犯罪の稼業化に伴う、
再犯の防止効果 』を目論むのであり、
更に、「 同一分類、又それ以上での
犯罪を刑罰の受刑満了後5年未満にと
再発させた場合は、無期懲役 」との
厳しい罰則を設けるとの考えも加わる。

 皆さんは、警察白書などを見る事が
無いのかとも想われますが、近年だと
Internetを通して、その概要、全容を
把握する事が可能に成っています。

 また『犯罪と刑罰の歴史』の追求を
行うと、「事件内容としては、古今と
言う観点では、然程に変わらない」と
言う事も解ります。

 そもそも刑事裁判を傍聴すると解る
のですが、報道機関で公表をされてる
殺人事件以外にも、多くの殺人、その
未遂事件などが発生をしている。

 刑罰の歴史を遡ると、残忍な刑罰が
在っても、犯罪が減らなかった事情が
解るのですが、その原因に「 世間が
悪い 」との客観性が有りながらも、
その改善が行えなかったのも、文化の
低さからなのかと想われます。

 暴力団を観察すると解るのですが、
「 暴力団(昔は、『やくざ』)なの
だから・・・ 」と、俗に言う所での
『 かっこつけ 』が原因にある事が
解っています。

 つまり、「○○だから、△△を行う
必要が在る。また、○○なに、△△を
行わないのは、かっこが付かない」と
言う観点が在る。

 実は、凄く単純な人間関係における
役割の遂行性と決意によって、生じて
居る事が解り、公務員など従順関係に
ある場合でも同じ現象が生じており、
命令などを受けた者の業務遂行性が、
信頼性にと成っているのが現状である。

 私が『信用、信頼』と言い人間関係
などを好まないのは、確実性の維持と
言う、『 人間関係の品質 』による
ものからで、「信用、信頼が在っても
無くても、業務依頼の品質を保証する。
または、逆に一切の責任を負わない 」
と言う観点から成り立っている。

 それらは、戦略論で成り立っており、
国民の個々による自衛の概念によって
成り立つのかとも想っています。

 今日の被害者は、明日の加害者にと
成るの可能性もあり、そもそも被害者
自身が過去に何だかの刑事においての
加害者だったのかも知れない。

 売春を顧客として支援しているのは、
公務員が多いと言う現象などを踏まえ、
『 世間の仕組み 』をもっと、良く
知る義務が、国民の個々に有ると想う。

 しかし私は、私を知らない・・・w

元法相の鳩山邦夫殿による死刑執行への胸中とは?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/12/14(火) 午後 0:35

行為と結果

 死刑と言う判決が下されても、それが
実行されなければ、死刑が有るとの事実
行為が無いに等しい。

 基本的に、死刑執行を下す責任よりも
『裁判所で死刑判決を行っておきながら
その責任を負ってない』っと言う事情の
方が問題視をされる。

 死刑が規定期間内に執行されないのは、
法務大臣の責任と言うよりも、裁判所の
責任によるものであると。

 っと、現状の私は、考えています・・・。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語

 日本国の裁判員制度は、陪審制と
異なります。

 その点を、どのように国民として理解
するのかも重要で有るのかと想われます。

 今時の小学生は、GAMEで裁判までも
間接的に学んでいるのだから怖いわぁ~♪

よろちゃんのEditor活動

今回のYahooNEWSのEditor活動は、こちら!

関連のYahooNEWSのEditor履歴は、こちら!

服役中の選挙権?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/12/17(金) 午後 8:07

認められるのか?

 国民の一人としては、認め難い。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語

 国民としての権利を主張すると
言うならば、服役するような事を
まず行わないのが前提かと想う。

取調べでの脅迫?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/12/14(火) 午後 0:10

過剰な追求に値するのか?

 自白と強要(罪)は、異なるのかと想われます。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語
 過剰な正義感が、犯罪を生産していることも
私的に解っていますが、それに対しての対策が
まだ不十分だと想われます。

 しかし対策の要因には、「国民の個々が憲法、
法を十分に理解する必要が有る」と言う部分が
あって、それらを日常生活に取り込めないとの
場合には、やはり色々な紛争事が生じるのかと
想われます。

 私の観点だと、基本的に憲法や法律などを、
有る程度理解していれば、宗教にすがると言う
ことも少なく成るのかと想われ、それの阻害を
することで宗教経済が成り立っているのだとも
想われます。

 本来は、憲法や法律を守りつつ、更に高度と
なる文化を構築するとの観点で宗教が有るかと
想われますが、「憲法、法すら守れない」との
宗教団体(利己主義団体)などの存在は、国の
経済としては、脅威に成っていると想われます。

 ちなみに宗教団体を非難しているのでなくて、
『悪行を正当化する宗教団体を非難している』
と言う感覚に成るので注意をされたい。

裁判員裁判での死刑判決に、被告の少年は・・・

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/12/3(金) 午前 10:47

ファイル 4677-1.jpeg

控訴を求めてないと・・・

 弁護士が伝えているらしいのですが・・・。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語

 しかし、期日確定の期限が過ぎるまでは、
演出だと疑われて当然だと想われます。

 そもそも、信用するとか、しないとかの
問題でなく「結果的に、どうなったのか?」
が問われるのかと想われます。

 どのような状況に陥っても、不当、不法
行為に着手をしない・・・っと言う事を、
模索するのも国民の義務だと想われます。

 ところで犯行者が未成年者の場合には、
その親に『製造者責任法』が適用を、され
ないのでしょうか?

 犯罪者は、その犯行を行う為にと、その
日まで生きて来たのである。

 それを否定したいなら不当、不法行為に
着手を行わない事である。

傍聴と報道

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/11/24(水) 午後 11:04

報道の自由とは?

 日本国の場合には、憲法にて自由の制限が有る。

 さて、それを踏まえて『報道の自由』などが、
どこまで可能なのか?

 っと言う観点で、問合せを行ってみました♪

<参照 世間的な問題解消研究(私的なOmbudsman活動)掲示板 > 145 裁判所の傍聴に付いて>

音声Data

・法務省 刑事局

・東京地方裁判所 広報課

結語

 
 今回は、仕事の合間に問合せを行いつつ、
この音声Dataや、よろやWikiなどの記載を
行っていた。

 こうして全容を継続的に公開をするのは、
最近に成ってからなのですが、実のところは、
既に数年前から行っており、過去の音声Data
なども徐々にと公開をする予定です。

 ちなみに電話での対応に限らず、書面での
請願なども行われてつつ、Internetを通して、
提言、[ 起案なども行われてます。]

 ・・・さて私の本業は?

IT化に伴う業務の効率化に付いて

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/11/22(月) 午後 10:54

趣旨

 裁判所のIT化に伴う業務効率化を
起案しました。

<参照 世間的な問題解消研究(私的なOmbudsman活動) 掲示板>

結語

 音声Dataなども加えて有ります!

 今後においては、過去3年間分の音声
Data(通話記録:裁判所など)を徐々に
公開する予定です。

( -ノω-)こっそり♪<ちなみに私の言動が、奇妙に成っている事が多いです・・・w

(∇〃) .。o(もともと他の作業などを行っている状態で問合せを行っているので、ついつい焦ってしまう♪)

 それ以外にも、怒りを抑えている時も
有るので、言動が『めちゃくちゃ』にと
成ってしまう事も・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

裁判所の窓口対応における、最悪な例

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/11/20(土) 午後 4:15

趣旨

 今回は、裁判所で実際に生じる最悪な事例を
紹介します。

対応事例

 そもそも別の作業が控えていたので、色々と
私も慌てていたのですが・・・。

 今回は、国庫立替に伴う支払請求の関連で
問合せを行った時の紛争に成ります。

 なお今回の内容は、数年前から追求をしてる
対応現象であって、既に数回の改善請求などを
行っているが、その気配が無いことで、かなり
私が憤慨をしてるが、最高裁判所の人員にだけ
あまるの対応の悪さに、激怒している。

 ちなみに、これまで公官庁に対して業務等の
改善請求や、何だかの起案を行うなどした時に
受けた悪い対応の中で、最悪なのが最高裁判所
・人事調査課、並びに広報課で、数年を経ても
改善されず、私の人生で最も屈辱的な状態だと
言っても過言でない。

 ちなみに、次いで悪いのが内閣官房の対応で
あったりする。

( -ノω-)こっそり♪<警視庁、厚生労働省・東京労働局、外務省など・・・。

(∇〃) .。o(悪徳民間企業の告発、防犯などを含めても、『裁判所』だけが改善されてない!)

 とある暴力団だって改善されてると言うのに
最高裁判所には、ずいぶんと馬鹿にされている
と感じている。

 ・・・まぁ~、次に宗教団体とTerroristの
分野などにおける課題なども控えているので、
練習材料としては、格好だけど・・・w 

1.東京地方裁判所 出納課

2.東京地方裁判所 広報課

3.最高裁判所 人事調査課


 最高裁判所の人事調査課で対応された人員は、
過去にも私から対応方法の悪さを指摘されており、
数年前から、人間関係が水と油状態に成っている。

 ちなみに、最高裁判所・広報課の女性一人も、
似たような人間関係に成っている。

 どの部署でも『落とし込み』が発生をしており、
問合せ者を憤慨させて、苦情の申告を間接的にと
拒絶、妨害、自滅させるような対応が伺えます。

 私の知る限りでは、数年前まで公共機関ならば
どこでも『落とし込み』と言う現象があったが、
ここ数年では、だいぶ改善されています。

( -ノω-)こっそり♪<私も、発見次第に上層部へと即刻に苦情を出す・・・w

(∇〃) .。o(警視庁側も改善されたのですが、どうしても裁判所に限ってわ改善されない!)

結語

 公務員側における個人の性格に伴った不平等と
される対応は、大いに問題が有るのと想われます!

 Aの公務員が良いと言うのに、Bの公務員だと
悪いと言う・・・。

 この現象は、公務上における、どの部署にても
生じる現象であって、特に『警視庁の機関』では、
大いに問題視をされています。

 また、そうした現象によって司法不信に陥ると
言う人も多いらしいのですが、「基本的に不当、
不法行為を行わない限りは、警視庁が直接にと、
携わってくることが有りません。但しHarassment
などを行って、相手を威嚇する」と言う点なども
指摘されており、警視庁に限らず、宗教団体や、
暴力団なども、同種のことを行います。

 更に、一般人の間でも、不仲の近隣との付合い
などから生じるような民事の紛争と言う感覚で、
生じています。

 さて今回は、私の対応を含めた最悪の事例にと
成ってしまい、御恥ずかしいのですが、皆さんが
同じような状態に陥らない為にも、一つの資料と
言う感覚で認識をされたく音声DataをUPしました。

補足:注意

 なお実際の内容は、私と裁判所の紛争であり、
他人から、何だかを評価されたくて記載している
訳では、ありません!

 公務側への理解を深めつつ、民側の事情などを
理解されたいなど、他人事でなく自分事を題材に
色々と体験したOmbudsman活動の資料です。

前回の東京高等裁判所にて生じた紛争の苦情!

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/11/15(月) 午前 0:47

苦情や要望は、適切な箇所へ♪

 公共機関での苦情や業務改善を請求は、
適切な窓口に行わない限り、その内容が
行政に評価をされる事は、殆ど無い。

( -ノω-)こっそり♪<しかも窓口紛争などでは、その場で揉み消されてしまうのが常である!

(∇〃) .。o(そこで『よろまんでぃ~♪常識作戦』が決行をされる♪)

さて今回は・・・

 『揉み消し現象』を阻止する為にと、
最低でも二箇所から苦情を申告する。

 これは、『自然的な監査役』を内部に
形成させる為である。

 公務員に限らないのですが、基本的に
自らの失態を上司に打ち明けると言った
人は、少ない。

 また揉み消しが生じると、当然に改善
されない業務内容なのだから同じ紛争が
生じることを意味する。

 更に、紛争の発生を反省しても、その
当事者や関連の人員のみ経験値が上がる
程度で有り、その者達が移動することで
元の問題ある業務環境に戻ってしまう。

 そこで最終的には、「①現場、②機関
広報(苦情の受付窓口)、③監査機関、
そして外部監査(国会側の機関)」にと
本来だと、多くても③だったのですが、
裁判所に限っては、4箇所体制で進捗を
伺っています。

 しかし今回は、とりあえず3箇所にと
留めておきます。

( -ノω-)こっそり♪<必要であれば、幾つでも増やして行く・・・w

(∇〃) .。o(逆に少ない内に的確に改めないと、どうなるか?)

1.現場の責任者(済)

2..東京高等裁判所 広報

[ 3.最高裁判所 人事調査課(但し、二回目の連絡時の音声Data) ]

  • --

4.法務省


 但し今回の件では、先の四箇所攻め
と異なり、裁判所の管轄で3箇所にと
留めており、四箇所目となる法務省は
別件扱いに成っている。

参照 よろずやWiki 『 裁判所Ombudsman 』

ところで・・・

 何か、政治団体や宗教団体の人達に
誤解され、やすいのかとも思われるが
国に反意が有ると言う点は、私と国の
問題であって、別に他の者に同情して
もらうつもりや、同調される(または、
する振りをして・・・)などを求めて
無いのが、私の本心です。

 しかし時として、国を相手に戦うと
言う必要が生じる場合も有るのかとも
思われ、そうした心境にと陥っても、
現代的に適切だと想われる、最善での
選択肢を模索するのが現代人の務めで
有るのかとも想い、その簡易的記録を
残しておくと言う程度である。

補足:『よろ・まんでぃー・常識作戦』?

 ・・・そう言われても第二次世界大戦
となる画面を、ぱろでぃー表現しただけ
と想われるかもしれないのですが・・・。

 しかし、いたって真剣だったりします!(私の力学)

 私的には、「おーばー・だろう!?作戦」
とも呼称しているのですが・・・w

 よろっちゃ王国・『すたじを・でぶり』で
映画化を想定しており、「ろん毛(気:気長)ですねぇ~♪」
と言う題名で、制作を検討中である・・・w

 よろちゃんが、法の丘を制する作戦だが、
その丘を制するまでに多くの人生の時間が
費やされる事を強いられた。

 「今度こそ!」との思いで、書類提出を
するが、次々に破棄、却下の的となる。

 『法の丘』を制する為にと人生を消耗する
形で、一日、一刻、一案、一気にともなって、
毎回に改善をされた書面が提出される。

 訴状を出しても出しても、なかなか制圧を
行えない、勝訴への丘。

 私が訴訟の為に民事訴訟法を探ったのは、
初めの半年程度で、それ以外については、
実践的に心と体で、法を然程に把握をして
無い人(正義感だけで戦場に行く人の気持ち)
と同じような思いで、取り掛かるようにと
切替て、それ以後で、あらゆる戦略などを
論理的に独学で学び、それらの戦術から、
訴訟などにと活用をしている。

 正義の名の基に人類の文明を開花させる
ためにと[ 自らの命を差し出した人々]と共に
私なりの戦いをする事にした。

 民事訴訟法に、攻撃、防御と言う記載が
有るが、それを「そもそも、和解が主体に
なるのだから、その語句を改定されたい」
との趣旨を国を伝えても、無視されて・・・。

 なら、我、再びに剣を持ちて・・・。

 もう、戦いたく無いと思っていたけども・・・とほほ

ちなみに戦いの初期にては、厚生労働省を
相手に『のら・のら・のら』との戦略名も有る。

 あの攻撃が無ければ、日本国(いや、私の私生活)は・・・。 

 ところで、裁判所が役に立たないと評価を
するに至れば、それ相応に・・・www。

 『法を守る価値が無い』と判断されても、
致し方が無いのかと・・・。

( -ノω-)こっそり♪<只単に、『裁判所を利用する価値が無い』と言う感じもするけど♪

(∇〃) .。o(とりあえず、一般人が思う(陥る)であろう心境を基礎に戦うと♪)

 なお私は、君達の為にこそ、死にに行かない・・・www

・・・誰が愚民どもの為に死ぬかってんだぁ~ ♪ C= C= C= ┌(;^・ω・^)┘ わっせわっせ!

 「俺は、黄身の為にこそ白身♪」ってのも有るか・・・www

 そして御肌の艶や張りのを保つため『ぱっく』に使われて下さい・・・w

東京高等裁判所との紛争とは?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/11/12(金) 午後 9:21

一般的にも発生しやすい?

 今回は、裁判所側と私側の対応として
『良い方である』とされる状況の公開を
致します。

参照 PorCast 万屋SPY 東京高等裁判所との対応(平成22年11月版)

どうして窓口紛争に成るのか?

 私の調査では、「公務員には、職務上
憲法と法規の厳守が課せられ、相応なる
教育がされている。しかし国民側には、
『憲法、法規の厳守における努力義務』
と言う程度で課されており、それにより
法や規則などを把握して無いことが有り、
その感覚の違いにて、紛争が生じる」と
判断をしています。

 つまり「公務員側で、民も法の把握を
する義務が有ると過信していることで、
公務員側での不作為が生じる」との点で
紛争が生じる。

 もう少し詳しく説明すると「公務側の
事情は、一般国民が知り得る機会が無く、
公務員側から提供されるServiceの説明を
理解し難い。また公務員側も、法や規則
などを中心に相手に説明を行えず、その
内容を相手に説得できない」との状況に
よって紛争が生じる。

 よって、公務員側で法や規則に基づく
利用者側に理解され易い説明をするとの
ことで、公務側の立場を理解してもらい、
それと同時に、利用者としての立場をも
理解してもらう事が可能に成る。

結語

 ここ数年を費やして、裁判所の対応を
色々な視野から調べ、『裁判所の存在と、
経済価値(紛争発生の抑制力を含む)を
独自に調査』した結果となる私的な意見
だと、「双方で歩み寄れる機会が無い」
との点が解った。

 法や規則の厳守を公務とする立場では、
基本的に不動的ですが、公務員側で過信
する点が有り、「①業務習慣を法や規則
などが有る、正当な行為だと主張するが、
②その詳細を問い詰めると、法や規則が
無く、只単に習慣的に行われていた対応
であって、それを利用者に強要していた」
との事も多く見受けられている。

 それらの点では、実際に裁判所が私に
訴えられている。

 もともと刑事の事件発生を抑制すると
言う観点で重要な鍵と成っているのが、
「 民事訟廷の利用活性化である 」と
私的に考えている(現代的な争いの場を
広く国民に理解してもらい、暴力や不当、
不法な行為での解決を抑制しつつ、その
価値を低減させる目論見が有る)ことも
あって、その成果が問われる時期にも、
成っている。

( -ノω-)こっそり♪<実質的に裁判所の利用と言う観点で5年の経過は、私にとって長過ぎる!

(∇〃) .。o(私のProjectは、基本的に長くても1年から半年で、FastStepの後は、RoutineWork的な監視と成る♪)

 Plan(計画)、Do(実行)、それらの
Check(評価)、Action(改善)と言った
感じでのPDCA的な業務改善の工作ですが、
FastPhase(初段階)の設定を、工作する
期間が1年~半年で、それが不可能だと
解ったら、基本的に保留としてます。

 つまり次の機会(時代の流れ)の時に、
工作を目論む。

 政治の動向や、民衆動向、そして事件が
発生した現場周辺の意識動向などを計って、
公務側の業務改善請求を行わないと、単に
苦情が有ったと言う程度で終わってしまい、
記録にも残らないのが現状。

 特に現場の責任者が揉み消すとの現象は、
嘗ての民間企業にも多く発生してましたが
現在だと、それによる不利益性のが資本的
利益を減少させている原因に成っていると
言う事で、Compliance(こんぷらいあんす)
と言う観点だけでなく、CSRとの観点で
対処をするように成っている。

( -ノω-)こっそり♪<うっかり私も、Compliance、CSRの学習をしておきながら、その言葉を忘れていた・・・w

(∇〃) .。o(・・・っと言うことで今後は、手っ取り早く『CSRの設置』を裁判所に求めつつ、業務改善を請求する♪)

 これで、私の活動も、だいぶ楽に成り、
漸くに本業へと本腰を入れれるのかとも、
想っています・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

補足1:公務員側の努力

 労働警察に対するOmbudsman的な活動を
始めたばかりの頃は、国家、行政への不信
などが高まるばかりに成り、それに加えて、
とある政治、宗教、組合、協会などによる
人間関係工作などもあって、人間不信にと
陥ったことも有りました。

(国家、行政に不満を抱いた人員を組織に
組み込もうとする、輩達がおります)

 しかし現在では、慣れてしまい・・・w

それを機に『国民の一人(だけでも客観性
などから、誰でもが思い感じるであろうと
される内容を基に)』として、色々な起案
などを私が行っています。

 それに対して公務員側で利用者の立場を
理解することを深めつつあると感じており、
決して一般の民と対立関係に有ると感じる
ような体制でわ無いのが、現代の公務体制
と成っていることを、広く理解されたい。

 つまり公務員側では、「正当なる苦情、
業務改善の請求が、適切な窓口に行われた
と言う限りでは、それを真摯に受け付ける
と言う体制が整っている」と言う状況に、
あるのかと想われ、それを利用しないのは、
国民の怠慢で有るとも想われます。

 私は、これまで行政機関を攻める事が、
多く有りましたが、国家、行政の責任は、
国民に帰属すると言う観点からも、皆さん
個々にも責任が課せられていると想われ、
その観点から考えれば、「国や行政が悪い
と言うのでなく、国民の個々が現代的にと
健全性の追求や、その時代に伴った適切な
応対を行えない」と言う点も有るのだから
一概に行政(公務員側)を攻めることが、
行えないことも解ります。

補足2:私のOmbudsman活動

 私の活動は、個人で行える範疇であり、
高校生程度の誰でもが行える行為かとも
想われ、逆に、その程度までを可能とする
DownSize(私的には、簡略化)をするつもりです。

 若い世代の皆さんには、それ以上での
成果が出る活動を来たします・・・w

( -ノω-)こっそり♪<私にも行えるのですから、学歴の高い皆さんに期待を・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

(∇〃) .。o(大学、公共機関などの人も、このBlogやPodcastを見たり聞いたりしている方が居るらしいので♪)

犯罪後の経済学

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/11/3(水) 午前 2:21

ファイル 4671-1.gif

国は、犯罪の不利益性を誤認している?

 以前に、一つの事件が生じると多くの経費が
消費をされると表現した事が有ります。

 例えば、重悪犯罪が発生して、それに費やす
経費が、どれほどなのかを明確に算出しつつ、
国民にと、それを公開をして無い。

 Terrorismなども含めて、不当、不法行為への
着手による経済性の観点は、明らかに不利益を
発生させており、基本的に利益が生じない。

 戦争などでも、人命を含めた破壊工作が基礎
と成っている。

 犯罪の社会学、経済学では、一般的に不法と
言われる悪徳商いの経済事情や人間関係などを
生々しく語っています。

 しかし、公務側の観点における経済性などが
明記されている資料が無いようです!

犯罪の有益性?

 どのような犯罪でも、それが遂行されれば、
目的達成の観点からだと有益に成る?

 これを正か負かで単純に考えるとTerrorism
も同じように、負の値と必ず成る。

 しかし!

 その負を掛けると、正に成る事も有るのが、
正義論である。

 本来なら負で有るが、その行為においての
正当性などを論じることで、正当化する。

 それは、宗教でも何でも、同じであって、
一般人の個人間などでは、『言い訳』と言う。

 また、故意に相手から言い訳をさせるとの
場合も有って、人間関係を保つ工作などにも
使われる。

 日本国の場合では、刑法で正当防衛などが、
認められている。

死刑の経済学

 そもそも死刑に値をする犯罪が発生する状態
などは、国民に取って利益が有るのだろうか?

 被害者に対しては、客観的に「可哀想」との
観点や、同情の等によって、感情移入しつつ、
それを楽しんでいるのが人で有る。

 「楽しんでない!」と言う人も居るだろうが、
残念ながら、楽しんで居るとしか言えないのが
人間沙汰である。

 自らを見えなくして、他人だけを見ていると
言うような人間感覚の集りである。

 ちなみに、他人事に同情(感動と異なる)と
言う感じの言葉をかける人は、私の知る限り
基本的に性格が悪いのが特徴である。

 逆に想う所があれども、見守る人のほうが、
賢いのかと想われます。

 他人に何だかの感情移入を行うと言う状態は、
結果的に、「自分が見えなく成り、且つ相手の
ことしか見えない」との状態である。

 よく国会など予算会議の前に、大事件が発生
するなど、国民が他方に関心を寄せつつ、ふと
気が付けば、奇妙な法案が可決されていたり、
奇妙な予算が決まっていたり・・・。

 さて『死刑の経済学』ですが、死刑を有益に
考える事は、可能なのでしょうか?

 つまり死刑が国家、国民に利益をもたらすと
言う状況は、有り得るのでしょうか?

 事件が発生して、その現場を処理しつつも、
刑事が犯人を追い、逮捕の後に弁護士が付いて
刑罰が決まり、その刑を全うする迄の期間。

 どのような利益が国民に生じているだろうか?

 基本的に被害者が、どのように想おうとも、
客観性の観点で、刑罰が決まる。

 被害者が死のうが生きようが・・・。

 挙句の果てに、裁判官が同情して涙を流す?

 そうじゃないだろ!

 新聞などでは、「裁判官が涙声で・・・」と
記事に成り、それが後でも話題に成るのですが
結果的に「その程度しか効果の無い裁判だ」と
言う結果なのだが・・・。

 それで、類似した事件が再発しないと言った
保障が国民に対して、行われた事に成るのか?

 更に、新たに産まれて来る子供達は、知性を
先天的に受け継ぐとも限らない。

 ・・・。

 子供を造るも、育てるも親の勝手で有るが、
成人したら、その責任が無くなるのか?

 逆に、未成年の保護者であっても、それらを
保護しきれているのか?

 本当に、同情が必要なのか?

 私の口癖では、「犯罪者が産まれる前から、
後の人生を知っていたのなら、産まれて来ない
だろう」っと言う観点が有る。

 「さぁ~、張り切って、殺人をするぜ~♪」
っと言う意思を持って子供が産まれて来ない。

 何が悪いのか?

 人生の過程に置いて、何を善きとするのか
問われますが、人間と言う意味合いでの関係
なども、適正を保つ必要が有る。

 比較的に宗教系の団体が男女を区分けする
傾向に有るが、文化史を見れば、男女間での
区分けが厳しいと、平然と残虐事件も生じて
おり、倫理性も低下している。

 男女間の区分けが無くても事件が発生をする
状態に有るが、不思議と『事件』と言うほどに
達しない事が多いのかと想われます。

 その違いは?

 男女間の区分けの隔たりから、次に同性愛、
年齢差などなど・・・。

 別に、古来から有る色事であって珍しいと
言う事でも無い。

 犯罪と性、Freud、Jung・・・。

結語

 暴力団に属する者が子供を造るのは、法律上
問題視をされて無い。

 ところで、子供は、親が暴力団に属する事を
知って産まれて来たのだろうか?

 ・・・平然と子供を造れる人間としての感覚
などが問われるのかと想う。

 総理大臣であれ、誰であれ、その子供が後を
継ぐことで、どのような利益が国家的に有るか?

 そもそも国家とは? 家庭とは? 民とは?

( -ノω-)こっそり♪<他人を悩ませるのが得意な私・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

(∇〃) .。o(36時間も起きてると、発想もだいぶ崩れてしまう!)

 誤字、脱字が有った、Reportでも、それらが
政策などに起用されたり・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

 家庭内における人間関係が破綻をして生じると
言う事件は、意外に多い。

 しかし刑事の裁判官は、訴訟提起をされた事件
だけを扱う。

 ・・・国民の権利。

 眼に見えないのでなく、見ようとしない裁判官も
多いのかと想われる。

 法理解を民に求める裁判官に、これまで出会った
ことも無い感じもする。(苦情の後に対応が変わる
裁判所の人員は、多いけど・・・)

 解っているけど他人に言われないと解らないこと。
解ってないけど、他人にも言われたくないこと・・・。

 需要と供給と言う言葉が有るけど『受動と共同』の
観点も理解する必要が有るのかと想う。

(-ω^)3 えっ? 課題に添った内容じゃない?

( -ノω-)こっそり♪<課題の内容は、自分で考えて下さい!

(∇〃) .。o(私は、既にReportを適当な公共機関に出しています♪)

 みなさんが想う所は、私にでなく、適切な人員に
伝えられた方が好いのかと想われます・・・。

 私と死刑に付いて、ここで論議しても、別に世間
と言う観点では、何の効力も示さないと想われます♪

 その努力も私がします・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

補足:裁判員に選ばれたら・・・

 そもそも、刑事の事件が発生をしなければ、刑事
裁判自体の発生も無いのだから、事件が発生しない
環境造りが暗黙の責務として国民に有る事も解る。

 ・・・ところで宗教的な観点から裁判員に参加を
行わない輩も居るが私の観点だと、只単に無責任で
あると想われます。

 憲法、法律を厳守しつつ、更なる規律を追及する
と言うのが日本における本来の宗教の有り方ですが、
憲法、法律も守れず、不当、不法行為までも合理化
する集団を、宗教団体と認めている国家も奇妙だが、
そもそも警視庁公安局の存在価値も問われる。

 くどいようですが、裁判員に参加をするのかと、
言う以前に、刑事事件を発生させない環境造りとの
発想によって、相応事件が生じなければ、裁判員に
参加をする率も低くなって、死刑に値をするような
重悪事件の発生も抑制できるのかと想われ、それに
伴い、死刑に値する事件が無くなったのならば、
当然に、死刑を設ける必要性も無くなるのだから、
当然に廃止と成るのかと想われます。

 裁判員の問題でなく、犯罪を抑制する環境造りの
責務を蔑ろにした結果が、裁判員への参加であると
想った方が好いのかと想われます。

 この観点は、海賊の交渉術に有ります・・・。

 不本意に難破した商船の船長は、その被害などを
埋めるために、どうするか?

 また、海賊と言う略奪を行う理由は?

 危険と保険の関係は?

 自殺にPremiereを付けたのは?

 過剰な保険金は、どのように保険企業が運用をする?

 先の見えないCurveで減速をする?

 軽自動車でBenzを追う? なら、Truckで?

 大災害が発生すれば、どこからとも無く集まる民。

 ・・・なぜ?

 なら、大災害が無ければ、助け合わない?

 他人の悲劇ななければ、助け合わない?

 犯罪の手口を逆手に、犯罪を駆逐する方法は?

 何が好くて何が悪い?

 ・・・っま、私的に、どうでも善いのですが・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

 訟廷で争うのは、国民に認められた権利ですが、
それを利用する民が居ないのなら、あっても無駄?

 ・・・(。-`ω-) ん~♪

 さて私の身の振り方は?

 よろっちゃ王国の男 呑気な法廷

公安が破廉恥な盗撮?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/10/26(火) 午前 9:40

ファイル 4670-1.gif

 公安局の人員が、一般女性のSkirt内部を
盗撮したとして、逮捕されたらしい。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語

 犯行に驚いたのでわなく、犯行の手口が
あまりにも素人的で、実務上における経験
などが、まったくに活かされて無いことに
驚いた・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

 公安の人員が検挙されることによって、
むしろ公共の安定が図られるのだろうか?

補足:最高裁判所、検察庁、内閣官房

 各部署の特定人員に対して、罷免請求と
直告、損害賠償を行う事を決意した。

 色々と考えていたのですが、世間動向と
裁判所、検察庁、内閣官房など公務員側の
現状を比較して数年が経ち、その間に散々
忠告を行って来たが、公務内容を改めない。

 長い眼で見れば改善されるのかと想われ
ますが、あいにく世間で生じている紛争と
司法系の公務員における実務実態などとを
比較すると明らかに公務側の無駄が多く、
必要な事に欠けている所が有る。

 公務員職権濫用、侮辱を公務員が国民に
行っても、相手が弁護士などで無い限りは、
それを主張されたり、刑事直告、損害賠償
などを請求される事が無い。

 更に、『 落とし込み 』と言う対応を
行い、相手を憤慨させ、不当、不法な反撃
または、それが静まれば(気が済めば)、
結果的に紛争が粉砕完了と成るとの形式で
対処されるのも多くあり、特に司法系で、
そうした対応が多い事を知っていた。

 しかし法務省と警視庁(のみ)を含めて、
それの対応を、ここ数年で改めているが、
裁判所、検察庁に付いては、改めて無い。

 よって、やもえず該当者の罷免、並びに
損害賠償を請求する事にした。

 これ迄のOmbudsman活動で、損害賠償での
対応は、厚生労働省、東京都、八王子市、
裁判所(国:3件)だけであったが、今回に
『 地検、内閣官房 』が加わる事に成る。

 今迄は、損害賠償請求が、最終手段だった
けども、今回から刑事直告、公務員の罷免を
加える事にした。

 Ombudsmanとしては、その効果も確認する
必要がある。

>補足
憲法
第十六条

 何人も、損害の救済、公務員の罷免、法律、命令又は規則の制定、
廃止又は改正その他の事項に関し、平穏に請願する権利を有し、何人も、
かかる請願をしたためにいかなる差別待遇も受けない。

公安警察は、とりあえず稼動しているらしい・・・

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/10/21(木) 午後 8:55

ファイル 4669-1.gif

破壊工作の阻止

 Guerrilla(げりら)活動の未遂に関する
事件を処理したらしい。

<参照 Yahoo!NEWS>

公安警察の仕事

 警察庁警備局を筆頭として警視庁公安部及び道府県警察本部警備部のうち、
極左暴力集団、右翼団体、外国諜報機関の諜報活動、国際Terrorismなどに
対処する部署の総称である。

引用の参照 Wikipedia 『 公安警察 』より

公安委員会と違うの?

 別の機関になります!・・・Σ(・ω・ノ)ノ っえ!

 公安委員会は、警察活動を市民の目で監査
すると言う、複数の市民により形成をされた
委員会で、警察官でなく一般市民により形成
されています。

 つまり警察機関でわ無い。

 しかし公安委員会に関する事務作業などは、
警察官に委託されている・・・(。-`ω-) ん~♪

 解り難いと想われますが、例えば自動車の
運転免許に関する分野、各営業許可などは、
公安委員会の事務手続きに成り、警察が代行
(委託)業務を行っています。(法律がある)

 公安警察は、警察の組織であって、事件を
扱いますが、公安委員会では、刑事事件を、
直接に扱うと言う事は、有りません。

 但し、『警察機関による適正なる公務』を
監査する立場にある関係上から、市民により
相応の『適正調査の申し出』などがあれば、
警察公務の適正を審議する立場に在るのが、
『公安委員会』と成るようです。

結語

 過剰な正義感は、逆に非人道的行動までも
正当化する事が、現代だと解っています。

 その心理を悪用した宗教団体などが在り、
それらの観察をしたりするのが、公安警察の
役割だとも言えそうです。

 ちなみに公的機関で別枠で、自衛隊も独自
調査部署を設けていると言われており、警察
権限が無いのですが、自衛公務における情報
収集などを行っていると言われています。

 あまり世間的にも表面化されないことから、
『 自然的に秘密と成った部署 』として、
存在しているようです。

 例えば、自衛隊の海外派遣に対して批判を
する特定となる民の動向を観察したりすると
言うような、観察業務だとも言われています。

 しかし私的には、そのような事が実際にと
生じているのかは、不明です。

 よくElite(えりーと)など、博学、技能
などの成績が優秀な者が成ると言われますが、
軍事などの特殊部隊とも同じく、「危険性が
高いが、下された任務遂行率を高める為に、
職務を受ける者が、その技能に欠けていると
言う状況では、任務遂行が見込まれない」と
される観点からも、必然的に『高技能者』と
成ってしまう事が解る。

 これは、警察、軍事に限らず、科学、音楽、
どのような分野であっても、必然的にElite
と区別される人材が抜擢をされて、基本的に
与えられたCommand(こまんど・命令)などの
遂行性が求められるに過ぎない。

 それは、Computer(PC)でも同じであって、
適切な指令を人がPCに行わなければ、理想と
なる稼動をPCが行え無いのと同じである。

 また軍隊では、Commando(こまんどー)と
言えば、奇襲部隊など、特殊任務の遂行部隊
などを意味します。

 適切な命令と、その遂行技術・・・。

 それが上司と部下の関係であって、それら
以外に、一般国民からの協力が地域治安には、
必要だとされています。

 また、公務員と国民との関係を民主主義と
言う観点から考えれば、国民側の要望を国会
などの公的機関が収集して解析(分析)した
統計などに基づき、行政の効率化を図るとの
関係も有るのだから、民の個々が適切にと、
行政機関に、『 要望、請願 』などを行い、
それを基に公的機関が、内容の審議と、その
遂行性を、遂行されるべく部署にCommandoを
出すのが、民と公的機関の関係かと想われ、
その行く末を監査する義務を負うのが国民で
あるのかと想われます。

 それらの観点からも、公的機関の責任は、
国民に帰属するのだから、相応の責任などを
一般の民が負うと言う観点の自覚も必要だと
想われます。

公務員と言えば、国会議員もですが・・・

 私が思うに、国会議員が悪いと言う以前に、
国会議員を選出した国民に、その責任などが
帰属するのであるのかと想われます。

 また、そうした国会議員による悪事などを、
行わせる隙を造らないように、監視をすると
言う暗黙の義務も国民個々に課せられている
と想われます。

 国や行政が悪いのでなく、一般の民が悪い
と想われる節も、多々に有るのかも?

・・・(。-`ω-) ん~♪

血液検査で、飲んだ御酒の種類が解ってしまう!?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/10/10(日) 午前 1:45

ファイル 4668-1.gif

もぉ~免れません・・・w

 検問での言い訳をする飲酒運転をする人達を
客観的に察するならば、意外に滑稽に想える♪

 しかし血液検査で、もう誤魔化せなく成った?

<参照 Yahoo!NEWS>

結語

<参聴BGM さらば青春の光:布袋ともやす>

 御酒を飲んで車を運転する感覚が無い私は、
飲酒運転をする人の存在が奇妙な感じです。

 そもそも私の場合には、はんどるを握ると
自己陶酔をしていまうので、御酒の必要ない!

・・・゚( ゚^口^゚)゚。ぎやはははは・・・w

ファイル 4668-2.jpeg

これは、16、7歳の時の私・・・w

 ちなみに運転技能は、やはり『白ばい』の
後ろを追跡する事で覚えたと・・・w

( -ノω-)こっそり♪<奴らは、逃げるのが早い・・・www 

(∇〃) .。o(追うのも早いけど♪)

求刑よりも重い判決? > 裁判員裁判

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/10/6(水) 午後 9:41

民事でも有るのかな?

 原告、被告が居おり、双方の攻撃と
防御によって、成り立つのが訟廷。

 しかし結果的に、原告の請求よりも
重い刑罰を判決で下したらしい!

<参照 Yahoo!NEWS>

結語

 別に珍しくも無いのかと想われ、
検察が『請求の基礎』として主張を
する刑罰は、その事件真相を訟廷で
追求して初めて、増減するのかとも
想われ、その観点からでも、今回の
ような事が生じて、当然かと想う。

( -ノω-)こっそり♪<結婚後、予想以上に太る妻・・・www

(∇〃) .。o(それを出産のせいにする定番の台詞♪)

訴訟の進行に変化が生じるか?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/10/5(火) 午後 8:47

国家賠償

 憲法、並びに国家賠償法によって成り立っている
国民に与えられた権利の一つに成ります!

 しかし被告が国となる為に、私の経験だと、国家
不信と陥る可能性が有るので、注意が必要です。

( -ノω-)こっそり♪<正直言って、かなり辛いですよ!

(∇〃) .。o(一時期は、日本の国籍を放棄しようかと想ってた程です♪)

<参照 Yahoo!NEWS>

規範の観点

 実は、裁判所の利用者に対する応対が粗悪にと
成っており、それが文化向上の足かせに成ってる
と言う事が解っております。

 規範には、二通りの考えが有るらしく・・・

1.国民が慣習的に行う、共存性の無ない(または、自傷的行為)活動を規制する
 これは、個人の自殺、自傷行為や、他の人から
何だかの利益を奪うと言う活動を規制する。

2.人間活動の規定が無ければ活動を行えない場合に、活動を設定する為の規制。
 例えば公務員などの業務において基本的な定まり
などが無ければ、活動が行えないので予めに規制を
行っておく。

裁判所と自由

 初めて裁判所を利用した時に「書式は、自由です」
と言われて激怒した事が有ります。

 なぜ激怒をしたのか?

 例えば「材料が有り、それを使って自由に活動を
行って下さい。」と言うなら、その材料を使って、
工夫すれば良い事が解ります。

 しかし、「材料が何も無いように思える状態にて、
自由です」っと言われたら、どうだろうか?

 つまり当事者に「有る物が見えてない状態にあり、
それにて『何も無い状態で、何が自由だ!』っと、
憤慨してしまう事が多いのかと想われます。

 その状態は、何にでも言えるのですが・・・。

 例えば、今現在に、この文字を読んでいる人は、
その集中的観点から、周囲の絵柄が有っても然程に
見えてない状態に有るのかと想われます!

 仕事の帰り道、通学路などで、見慣れた風景でも
有るとき突然に「こんな所に、こんなのが在った?」
などと新たなる発見をするかのごとくの心境を、
得る場合も有るのかと想われます。

 更に解り易く言うとDiamond(だいやもんど)の
原石を一般人が拾っても、只の石であって、それが
Diagramの原石だと気が付かない人が多く、原石と
解っても研磨する能力などに欠けていれば、然程の
価値も無い石である。

 ここ数年は、誰でもが作成を行える訴状などの
書式に付いてを色々と模索しており、ようやくに
有る程度の完成度を得ました。

 裁判所に、一般の国民としての意思表示を理解
などをされたく、それらの観点が法的にずれてる
ことによって生じてしまう人間の紛争ごとなどを
法規基準にて、判定をする・・・。

 っと言う事を現状の民事訴訟に期待しても無理!

( -ノω-)こっそり♪<だから国民からの期待も薄く、利用率も低い!

(∇〃) .。o(当の裁判所の人員は、それに気が付いて無いのかとも想われます♪)

 裁判所は、本来だと国民の為に在るのですが、
それを故意に国民に高度学術を要すると錯視を
させ、高度な学術を得てないと理解をされない
・・・っと思い込ませつつ、社会的にも地位が
高いと祭り上げている。

 私の調べた所では、裁判所を利用するよりも、
暴力団など不当、不法行為を得意とする輩にと
仲裁を頼んだりした方が、庶民的に効率がよい。

 つまりは、経済的な観点から裁判所よりも、
不当、不法行為を得意とする輩達の方が庶民に
利用をされている事が多い。

 例を挙げれば、似非右翼を飼いならしている
政治団体が挙げられ、それ意外にも民官談合や
色々な悪事があり、それらの有益性を保障して
いると言うのが司法に成る。

 ・・・なぜ、司法が犯罪の有益性を認めてる?

 これは、法厳守の意識が強い法曹界の人員に
とって屈辱的な観点に成るのですが、司法での
不法行為における防御性は、その殆どが国民の
自衛に委ねられ、安易に不法行為者などを検挙
することが行えないなどの経済的な理由がある。

 なぜ、経済?

 経済の意味を知る必要も在るのですが英語の
Economyと日本語の経済とでは、言葉の語源で
若干にずれが有るのかと想われます。

 また日本語で言う経済だと資本が中心で無い。

 年間に経済的な事情で自殺をする人員が8千人、
Homelessの存在数も、かなりの数。

 本来なら憲法、法規に基づき、その二種が存在
する事が無いのですが、なぜか一向に減りません。

 私的には、それらが『国家の成果である』との
観点で考えています。『国家の実績』とも言う♪

 又、国家の責任は、国民に帰属をするのだから
日本国民の個々も、それらの責任が課せられます。

 よって・・・。

 皆さんが、想うところは、多種に及ぶのかとも
想われますが、相応なる国民としての活動などを
されたく想います・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

成年後見法世界会議

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/10/4(月) 午後 11:56

ファイル 4665-1.gif

世界規模だったの?

 成年後見制度が有るのですが、どうやら
Elite達で勝手に物事が進んでいるらしい。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語

 そもそも、継承的感覚が奇妙であって、
国会議員でも世襲が有りますが、それらを
含めても、余り意味が無いように想います。

( -ノω-)こっそり♪<民主主義が社会主義と手を組むと言うのも不思議!

(∇〃) .。o(『Dressing(どれっしんぐ)』を造っているかの如くな、政治状況♪)

 散々Dressing・・・なんて♪

・・・。

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/9/29(水) 午後 10:31

ファイル 4664-1.gif

電話の記録が有るんだけど・・・

 何故それを証拠として出さないのか?

( -ノω-)こっそり♪<既に別の部署に提出してたりする・・・w

(∇〃) .。o(知らぬは、裁判所ばかり成り♪)

裁判所と法務省の関係!

 民事訴訟法は、法務省が立法の所轄で、
民事訴訟規則は、最高裁判所が所轄にと
成るのですが、それを把握している一般
国民は、明らかに少ないと想われます。

・立法 法務省
・実務 裁判所

 それが何に関係をするのかと言うと、
『法の設定は、法務省が行うのですが、
それに基づく公務は、裁判所の公務員で
更に、現場で働く公務員は、独立をした
自治によって孤立的に運用がされている』
と言う状況に有って、一部のEliteなどに
よって勝手に定められた法律や規律等に
基づいて運用がされている。、それらが
良いのか、どうかも感知する余裕もない
国民などが「社会的に地位の高い人だと
言うような人達が起案してるんだから、
良いのかも?」との過信から現状に至って
いるのかと想われます。

 Homeless、経済的理由での自殺・・・。

 少なくても、その二点は、憲法や法規
などの観点から論理的に考えると発生を
する理由が無い世間的な現象であるが、
実際だと発生をしている。

 自殺の形式で『①自己嫌悪的、②世間
批判的』が有るのですが、②の場合には、
世間的に多大な損出を与える方法により
他界する傾向がある。

 さて、それらの結果を招いた原因は?

 社会制度に問題があり、法学の陳腐化、
宗教団体の奇妙な関与などでも問題視を
されます。

とりあえず・・・

 この問題に着手をし5年が断って、
功績としては、年間8千人の経済的な
理由での自殺者減少が無く、4万人の
経済的理由での死者を出している。

 ・・・のは、私の功績でなく国!

結語

 私の合法的な攻めの方は、別に法廷を
利用する事だけでなく、そもそも、法廷
意外の方法を使っており、裁判所の存在
価値が無いと判断をした後に、それらの
あり方を調査している。

 ・・・個人的にも客観的にも、然程に
無いと言うのが現状ですが、徐々に改善
されているのも事実です。

 ・・・が!

 別に裁判所は、私の職場でも無くて、
『 苦情(損害) 』が前提で、業務の
改善請求が行われているのだから、どれ
だけ私に損害を与えているのか・・・。

 ・・・っと言うよりも、経済性の観点
などから比較論で考えても、暴力団等の
不法行為者より、資本性が無く経済性も
無いと判断をしている。

 例えば、刑事の事件が発生する場合、
それを解決するに必要な費用は、意外に
大きい事が解っている。

 民事の紛争でも、訟廷を利用する点で
消費される経費などを考慮するするなら、
国民の利益を考えると経済性が無い事も
解る。

 例えば、裁判官、書記官、事務官や、
弁護士、当人であっても、訴訟の労力、
などなど、消費部分が多過ぎる!

 実質的に、裁判所を独立採算制にと
すれば、直ぐに破綻をする事も解る。

 つまりは、自立性が無く、国民にも
倫理性や健全性に伴う利益性が有ると
思えない状態にある。

( -ノω-)こっそり♪<たぶん、裁判所の人員自体が十二分に把握している事だと想う!

(∇〃) .。o(しかし、国民から指摘が無いのだから、改善の必要も無いと判断するのも解る♪)

 その犠牲者が、非人道的に多いとの
部分が問題視をされます!

 仏教徒に警告するが、釈迦は、王との
立場に有りながら家庭を捨て出家をした
のであって、奴ほど無責任な奴が居ない
っと想う方が普通である!

 しかし『腐っても鯛』の如くに才能が
有ったらしく、その天性の能力を共存的
観点に活かした言うだけである。

 何となく仏教が共産主義の原型と言う
感じもするのですが・・・。

( -ノω-)こっそり♪<日本の仏教は、古来から怪しいですからね・・・w

(∇〃) .。o(現代のChrist教も怪しいですが♪)

補足

 警察系は、基本的に民主主義を守ると
言う教育を受けている。

 しかし、それを悪用する政治団体、兼
宗教団体が有り、『あいつは、左』だと
警察に情報を流したりしている節なども
あるのかと感じられます。

 ちなみに、政治団体、兼宗教団体は、
同胞主義者であって、民主主義
でも無く、社会主義を装った同胞主義で
私的には、Mafiaと同等と判断をしてます。

 その政治団体、兼宗教の団体が、ここ
数年は、今時期に国会で叩かれています。

 ・・・が、今年は、Chinaとの問題を、
主体にして、且つRussiaの北方問題までも
大きく取り上げて、政教分離の観点追及を
交わしているようです。

 そうした形状と、医学、司法も然程に
変わらない現象が生じているのかとも、
想われます。

ところで、司法系の問題は、これ?

・・・(。-`ω-) ん~♪

 Ombudsmanの立場でも、政治団体、兼
宗教団体の存在を認め難です。 

 私は、ここ数年にて学んでいるのは、
法学でなく、現代的なる合法的戦い方で
あって、訟廷行為も戦い方の一つですが、
その限りで無いと想われます。

( -ノω-)こっそり♪<私は、学生時代にSAPIOを購読してました!

(∇〃) .。o(懸賞で本も、複数もらっていたりします♪)

皇室でも被害が?

 もう暫く、隠れてて欲しいのですが・・・w

 今回の裁判戦は、政治団体、兼宗教団体
との争いとは、異なるので追求をしないが、
その次に・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

 私一人で、どこまでが可能か?

>追伸

 Youtubeの内容は、それが事実であるとの
保障が有りませんので、御注意を下さい。

検察の求刑よりも、重い判決!? > 裁判員裁判

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/9/16(木) 午前 7:09

ファイル 4663-1.gif

珍しい?

 裁判は、原告、被告の関係が有って
基本的に、原告の請求に伴い、それを
被告が防御すると言う体制が基準にと
成っている(・・・らしい)。

 しかし今回における裁判員によって
下された判決は、原告の求刑を上回る
判決だったらしい!

<参照 Yahoo!NEWS>

結語

 民事とは、大きな違いなんだよなぁ。

 ( ̄ω ̄)=3 はぁ~♪

司法研修生の収入を確保できるのか?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/9/14(火) 午後 8:26

$FILE1_c

実は、医療の分野でも同じ事が・・・

 医療と司法分野を、故意に高度化している
状態に在るように想えます。

 また、年々に難しくなる試験内容ですが、
それ以前に合格している人達は、新しい試験
内容では、合格できないと想われます。

 つまりは、先人が有利であるが、能力的に
相応が有るのかと言えば大いに疑問視される。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語

 改めて、現行の裁判官全員に、新制度の
試験を受けるようにとReportを、作成して
みようかと想っています。

司法試験の合格率は・・・

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/9/9(木) 午後 11:05

ファイル 4661-1.gif

25%程度

 私的には、現役の裁判官だけが再受験しても、
10%も合格しないと予測しています。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語

 只単に司法試験の制度を新たに改正したく、
「故意に合格率を下げているように想える」と
言うのが、一般的な国民の意見らしい。

全法科大学院が定員削減!?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/9/5(日) 午後 8:52

ファイル 4660-1.gif

なぜ?

 法科大学院に入学をしても、司法試験に受からない
と言う現象が生じている。

 国側が求める技能と、学校で教えている技能の違い
などから生じている問題かと想われます。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語

 そもそも奇妙なのが、誰が試験を造っている
のかと言う点である!

 正直なところ、暴力団の方が裁きが上手いと
実感している国民は、多いのかと想う。

 司法人員の発言で、『でっと・わーど』にと
なるのが、「御互いの話し合いで済むのなら、
その方が良い」と言う勝手な発想がある。

 法的に無知な者同士が勝手に決めた内容にて、
和解する状況は、倫理性の脆弱性を蔓延させる
原因に成っている。

( -ノω-)こっそり♪<『すーちゃん』が好きでしたが、幼稚園の先生は、『らんちゃん』みたいでした♪

(∇〃) .。o(『みきちゃん』は、父親の知り合いの娘さんらしかった♪)

ところで、憲法って何なのでしょうか・・・w

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/8/10(火) 午後 8:42

今更ながら・・・

 大いに疑問なんですけど・・・w

結語

 日本国民の場合には、憲法の全容を知らなくても
国内で生活を行えるのですが、海外の人だと、そう
言ってられない部分も有ります。

 逆に、日本の国民よりも、外国人の方が憲法や、
法律に詳しかったりする。(KentSidneyGilbert)

 さて、あなたは、憲法を知らずとも日本人として
生きて行けますか?

死刑場の公開?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/8/2(月) 午前 0:44

後悔する可能性も?

 20歳未満における、虐めなどの方法に
『 死刑ごっこ 』が加わってしまうと
言う可能性が有るのかと想われます。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語

 思春期を迎えた子供たちの心理などを
理解できないと犯罪抑制も当然に行なえ
無いのかと想われます。

 よって、相応の内容を伝えてみました。

法科大学院の入試が倍率2.75倍に低下

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/7/28(水) 午前 7:22

学部の閉鎖があっても・・・

 更に入試の倍率までもが下がっている
状態にあるらしいのですが・・・。

( -ノω-)こっそり♪<来年度あたりにでも、受験してみようかと・・・w

(∇〃) .。o(公立大学の法学部を聴講するのも一つの手段ですが・・・♪)

<参照 Yahoo!NEWS>

必要とされる技能とは?

 今時代、記憶力だけならPCの方が早い!

 つまり昔のように記憶力に価値がある
と言う状態でもない。

 更に、計算力や展開力、解析力なども
必要に成るのですが、私の感覚だと中学
生ていどの数学力があれば、十分かとも
想われます。

 そもそも世間的経験の低いとされてる
おぼっちゃま法科学生に、裁かれたくも
追求されたくも無く、弁護士として利用
する気にも成れない・・・。

( -ノω-)こっそり♪<学生時代の不手際を暴露してやるとか・・・w

(∇〃) .。o(未成年と、青年とじゃぁ~立場が違うからねぇ~♪)

法学的な公式?

 ○○は、△△に反する(又は、合致)
するのだから、□□である。

 しかし、○○の事実が不明確なので、
●●と言う証拠を必要としている。

 さて、●●の証拠と、法的な観点、
または、世間的な時代相応の倫理点を
もとに、本件の事件を、原告、被告の
主張を比較して、どのように判断する
のか?が問われる。

 しかし残念ながら、昔から裁判官の
判決よりも、近所の爺や、小母さん、
暴力団や『やくざ』の方が紛争解決を
するのが上手い事も解っている。

 つまり、それほど裁判所がに役にと
たってない事も解る。

 っと言うことは、一般人の誰もが
知っている事である。

 それに私が訟廷を利用する以前には、
私個人でも直談判で、労働問題などを
解決している状態にある。

( -ノω-)こっそり♪<地裁で私に怒鳴られた、裁判官が少々いる・・・w

(∇〃) .。o(訟廷管理官もだがぁ~♪)

 それでも控えめな方である!

 ・・・なんか頑固爺に成ったと
言うような感じだけど・・・とほほ

結語

 私は、ここ10年ぐらい「真意で
頭が善いと言うのは、自らの能力を
公共の福祉などに役立てる発想が、
ある人で、一般的にも学歴が高い
と言われる者が、不当、不法なる
行為に着手するような輩は、最高裁
所長であれ、総理大臣であれ、頭が
悪い」っと言うのが私の観点である。

 そして、人の身体や性格などは、
個性的なのだから、それを活かして
活躍するのが好ましく、特に軽蔑を
する必要も無い。

 っと解っているのだが・・・w

補足

 法科大学院の調査を兼ねて入学を
検討してみたり・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

 あ!

 その前に短大卒じゃ、駄目か!?

 しかたない、どっかの大学校長と
仲良くなって、特別推薦を貰うか♪

 って、授業料が・・・とほほ

自殺と誤認した事件が12年で39件!?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/7/9(金) 午前 1:20

なぜ解ったのか?

 他の事件で逮捕された後に、容疑者が自白を
行って解ったりしたらしい。

<参照 時事.com>

私の観点だと・・・

 「年間自殺者となる3万人の『0.1%』が自殺で
無い」と想定をしています。

 また、『 自殺へ追い込む 』と言う現象を
含めての事に成ります。

結語

 司法における行政Serviceの品質が極端に低い
と言うことは、以前から指摘をしています。

 その品質ですが、「 現代的な比較 」と言う
観点での事であって、文化的に科学捜査などでの
分野における機器的な発展があっても、それらに
よる効果が低いと言う意味に成ります。

 そもそも、一つの事件が解決するまでの費用は、
皆さんが想像する以上であって、それが明るみに
成っていません!

 裁判所も含めて「自分達の公務には、経済性が
無い」っと言う部分を把握(自覚)してない。

 しかも正義感を売り物に、自分達が正しい等と
過信して他人と接する事も多いらしく、その過剰
正義感によって、多くの国民が被害を受けている。

 司法には、「正義感よりも経済性が必要であり、
経済的な観点の無い者が司法の人員に成ることで、
『資本正義』が有益化され、別に不法行為が悪い
と評価をされず、犯罪技能によって刑罰を与える
ことが行えない者には、有益とされる」と言った
現状までもを形成している。

 ちなみに司法の人員は、動けば仕事をしている
っと想っているらしく、『 事件の法的解決 』を
業務の終結として無い事から、成果制度に換える
必要が有るのかとも想っています。

 成績の良い公務員と、悪い公務員とで給料が、
同じと言うのは、国民の1人として許し難い!

裁判官の『夏休み』に伴う、休廷に付いて

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/7/23(金) 午前 2:21

趣旨

 裁判所には、休廷機関があり、それに
伴って、法廷が利用不可能に成るので、
それらを改善されたいとの請求を行なった。

<参照 世間的な問題解消研究(私的なOmbudsman活動) 掲示板>

結語

 東京地方裁判所(霞ヶ関)は、ようやく
「私がOmbudsmanを行っている」と言った
意味がを解されたのかと・・・。

 思えるような、裁判所の対応も少なく・・・とほほ。

『 歳入徴収官事務規程 』 の 改定を要求?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/7/4(日) 午前 0:19

『 歳入徴収官事務規程 』 とは?

 歳入徴収官が公務を行う時に必要とされる
規程である。

しかし・・・

 その規程は、昭和22年頃に施行されたと
される物であり、現代的でないことからも、
それを改定するように要望を行っている。

<参照 世間的な問題解消研究(私的なOmbudsman活動) 掲示板>

結語

 憲法は、日本人としての志のような内容と
成っており、法律に付いては、日本人が日常
生活において、共存的な観点から法令厳守を
行うことで、利益が見込まれるであろうとの
ことが主体と成っている・・・らしい♪

 しかし法規の内容によって、現代的で無い
とされる部分が多く、それらの点に付いてを
国民が指摘を行わない事もあって、なかなか
業務が現代的にと改善をされないのも、公共
機関の特徴である。

 ところが安易に変わってしまうと、むしろ
困惑してしまう。

 今回の場合は、「明らかに現代的で無い」
と国民の立場で感じられる部分があったので、
それの改定を求めている。

裁判員の法服着用に付いて・・・

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/7/3(土) 午後 11:42

趣旨

 裁判員も法服を着用した方が良いと
個人的に判断をしたので、その要望を
行った。

<参照 世間的な問題解消研究(私的なOmbudsman活動) 掲示板>

結語

 制度が始まる前と、実際に裁判員裁判を
傍聴した後にも改めて要望を出していたり
する。

殺人容疑者による、拘留中の自殺

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/6/29(火) 午後 7:52

ファイル 4652-1.gif

奇妙!

 拘置所での監視体制は、自殺防止の為に
かなり厳重に成っている。

 基本的に自殺が発生しないような体制と
成っている。

 しかし殺人容疑者が自殺を行ったらしい。

<参照 Yahoo!NEWS>

何が不信か?

疑問 1

 今回の場合、『じゃーじ』の『ずぼん』を
「格子窓にかけて、それを『ねじって』輪を
造った」とされている。

 しかし、それを実行する為に、どれほどの
時間を要するのかを考えると自殺の可能性が
薄くなる。

 または、自殺を決行しているのを、故意に
見逃した可能性もあるのかと想われます。

疑問 2

 心配停止状態で病院へ運ばれたとされるが、
拘置所にも、AEDが装備されていたはずで
あって、「首の骨、または、頚椎の骨折や、
頚椎と中枢神経の隔離」が無いとの限りでは、
『 窒息死となるのだから、AEDなどにて、
蘇生が可能である 』と想われる。

疑問 3

 監視の体制は、Camera、巡回などを含めて、
かなりの密度で行われていた、はずである。

結語

 自殺を行えるような環境や、死亡に至ると
言うような環境に無い者が、死に至ると言う
状況では、拘置所側に責任がある。

 よって現状における引責から、拘置所での
総責任者を罷免することを民としては、検討
する必要が有るのかと想われます。

補足

 現行犯であっても、結果的に裁判所にて、
刑罰が確定をしない限りは、該当者の罪が
確定をしてい無い。

 よって民が客観的な観点で揶揄に世間的
話題とに成っても、然程に意味が無いとも
想われます。

 が・・・?

 私の知る限り、死刑囚に対して過剰にと
脅かすに至った刑務官が死刑囚から反撃を
受ける被害に遭っているとの事実もあると
されている。

 既に死刑が確定をしている者によって、
新たな事件が生じたい場合、それ相応の
裁判が生じる可能性も有るのですが・・・。

 その死刑囚は、他者よりも優先的にと、
死刑に成ったのかな?

( -ノω-)こっそり♪<別に法の下に平等なんて、幻想的ですよね?

(∇〃) .。o(司法関係の公務員が、それらを立証しているのだから始末に負えない♪)

過剰な警察による指定暴力団への動きが奇妙に感じる・・・

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/6/26(土) 午後 10:36

敷地不正売買

 国が指定をした(?)指定暴力団山口組の幹部により、
総本部とされる敷地を不正に売買取引を行ったとして、
大阪府警と北海道警が宅地建物取引業法違反容疑などで
同組員の幹部が逮捕されたらしい。

<参照 Yahoo!NEWS>

よろずEye

 私の知る限り、宅地建物取引業法に資格制限があり、
暴力団員が、その資格を法律上で有する事が行えない
かったかと想われます。

参照 
日本国 宅地建物取引業法

第五条
 国土交通大臣又は都道府県知事は、第三条第一項の免許を受けようとする者が
次の各号のいずれかに該当する場合又は免許申請書若しくはその添付書類中に重要
な事項について虚偽の記載があり、若しくは重要な事実の記載が欠けている場合に
おいては、免許をしてはならない。

同条三の二
 この法律若しくは暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律 (平成三年
法律第七十七号)の規定(同法第三十二条の二第七項 の規定を除く。第十八条
第一項第五号の二及び第五十二条第七号ハにおいて同じ。)に違反したことにより、
又は刑法 (明治四十年法律第四十五号)第二百四条 、第二百六条、第二百八条、
第二百八条の三、第二百二十二条若しくは第二百四十七条の罪若しくは暴力行為等
処罰に関する法律(大正十五年法律第六十号)の罪を犯したことにより、罰金の刑に
処せられ、その刑の執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から五年を
経過しない者

 つまり法律によって、国から指定をされた暴力団員が
土地の取引営業を行えない。

 しかし己の土地を売買するに付いては、資格を必要と
されていない。

 どちらにしても、指定暴力団に対して過剰であるとも
思える法規が増えいる状態にありながらも、その効果が
防犯的に有ったのか、不明である。

 ちなみに無駄に施行をしたなら、経済性の観点から
『 経済性の無い法規 』と言われるに値する法律で
あるとしか評価をされない。

 Patrol Carを装飾する資金があるなら、一円でも多く
末端公務員の給料を上げた方が指揮が高まり、公務的に
効率よく働いてくれるのかと想われる。

Reversi Campaign

 ところで、普通、本丸を攻める前に、周囲を取り巻く
中小団体から、根絶を図るのが普通かとも想われます。

 が・・・w

 どうやら、それを行っても『新たな若手小団体』が
形成をされ、「 むしろ治安が悪くなる 」可能性も
否定を行えない。

 そこで今度は、『逆に本丸を攻めている』のかとも
想われるのですが、保護をしてるのだか、刑罰目的の
逮捕なのだか、不明である。

 私の『Campaign』における最終目標は、「暴力団員が、
長年に渡り、暴力に関与して無い言う事実が実質的にある
限りは、人権を踏まえて、『①指定暴力団と言う呼称への
慰謝、②違憲性の問題(人権侵害)、③更正機会を過剰に
阻害されている状況』などを踏まえ、民事訟廷で国と争う
ことが可能で有るのかと想われ、必然的に、法も学べるで
あろう事に期待をして、且つ改めて日本国民として活動を
する機会を与える」との事までも目論める。

 逆に、そうした方法が有りながらも不法行為を助長する
集団を維持するならば、日本国の民の一人として認め難い
のだから、『(A)国籍の剥奪、(B)並びに国外追放』の
「新たな刑事罰を設置して課する」のが妥当だとも想われ、
暴力団との呼称より、「不法行為助長団体」として呼称を
変えて、国民にも認識をさせる必要があると想われます。

 なお、戦時中に国(旧大日本帝国)が、民兵にと
言った言葉を借りるなら、「裁判での勝訴、期せず」
であり、本当の利益目的が別に有る。

 嘗て大日本帝国は、自国の民兵に対して、攻撃の
特殊性から出動命令後に「なお、生還を期せず」と
最後に付け加えて命令を出していた時期がある。

 それを現行皇室の人員が、把握をしているのかは、
不明ですが、それがあって現在の日本があるのも、
皮肉ながら事実である。

 また裁判で負けたからと言って武士の如くに恥を
忍びきれずに切腹を要される時代でも無いのだから、
別に負けても、人権を奪われる程であると言えない。

( -ノω-)こっそり♪<っと論理で解るが最高裁判所に対しては、すっごぉ~く敵意を抱いている・・・w

(∇〃) .。o(絶対に許さんが、合法的に且つ確実に対処することを模索する♪)

 私が裁判所を利用する時に決意したのは、「勝訴を
期せず、しかし的確に不条理を除去する為に、情報の
収集と、業務改善などの請求を行いつつ、その内容を
的確に不可抗力的な効果で司法行政側に行わせること」
が真の目的と成っていた。

 がぁ~♪

 それを知ってか知らずか、最高裁を含めて、色々と
やってくれちゃいましたぁ~、不条理の数々・・・w

 別に好き好んでOmbudsman活動を行っていた訳でも
無いのですが・・・とほほ

 「Ombudsmanを行ってる」っと相手に言っても平気で、
裁判所が不祥事を乱発させてる状況は、私を侮辱、軽蔑
などをしている証拠である!

( -ノω-)こっそり♪<広くは、一般国民に対して裁判所の公務員が、どう想っているのかも解った!

(∇〃) .。o(三権分立の関係から裁判所の責任は、国民に帰属できない♪)

 よって、裁判所の責任は、最高裁判所に留まるとの
ことに成るのだから、やはり最高裁判所の裁判官や、
最高裁判所長官なども罷免の対象に成る。

 つまり暴力団の更正より先に、まず最高裁判所側の
更正を行う。

 民主主義なんて悪徳公務員にとっては、最悪の主義
なのだけども、戦後からて今日まで、長期に渡って、
政治側で、よく誤魔化し続けてきたなぁ~っと想うに
至る・・・w

 最高裁判所は、未だ国民に公的機関として、その利用
価値を裁かれるとは、想ってないのかと・・・。

結語
 暴力団の形成過程は、ある程度で把握をしたが、
『 政治政党の団体性 』が国民に利益を及ぼすと
言う点では、未だに理解不明であって、「利己的な
資本関係で、政治団体が形成されている」と言った
程度でしか、多くの国民が感じえてないと想われる。

 ちなみに各政治団体が「経済性」を指摘するかと
想われますが、どうみても経済性でなく、資本性で
あって、それを経済性だと国民に思わせる悪質なる
洗脳行為こそ、国民の品質を低減させている。

 なお、報道機関も同等に、国民性の品質などを
低減さている主因だと個人的に判断をしている。

 国民による犯罪の発生率を考えるよりも、防御率、
正当行為の有益性、並びに司法行政によるServiceの
品質を追求した方が文化向上的に有益化と想われる。

 それに挑まないのは、文化向上における国民側の
不作為かとも想われる。

中学生による著作権侵害!

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/6/26(土) 午後 10:45

逮捕

 中学生が海外のSiteから入手した漫画を
Youtubeを通して記載したらしい。

<参照 Yahoo!NEWS>

別に珍しい事柄でもなく・・・

 中学生の行為は、別に珍しいことでも、
無いのだが、「むしろ警察が、それを逮捕
する」っと言うことに、話題性がある。

結語

 著作権の侵害は、民側の誤解などにより、
多く発生しているのかと想われます。

 つまり知らない間に、あなたも犯罪者!

( -ノω-)こっそり♪<私も、怪しいですが・・・・w

(∇〃) .。o(いっそ義務教育で、教えておく必要が有る!)

 仏教的で言う「知らぬが仏」は、法律上
通用しないと言うことである・・・w

 旧約聖書的には、十戒を誤解することに
値するのが、著作権法かと想われます!

最悪な民事訟廷・・・

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/6/11(金) 午後 9:44

1万5千円って・・・

 一食を500円と例えるなら、30食分で一日
3食だと10日分である。

 訴訟救助に関して、最終的な結果が出たので、
その請求が来て1万5千円を払えとの事である。

 更に最悪なのが、仕事で使う試験の間近にて
別件での決定を裁判所に取りに行く必要などを
乱発されて、おかげで大した試験でもないのに
不合格・・・Σ(・ω・ノ)ノ っえ!

 裁判所が少なからず私個人に生じさせている
損益は、金額的にもかなりの額に成るのかとも
想われるが・・・その自覚も裁判所に無く。

 正直なところ、裁判官の必要性が有るのかも
疑問に想っている。

 しかも不法行為を有益とする決定や、訴訟の
粉砕も多く生じており、私的に、「裁判所は、
明らかに法的な価値を低減させている主原因」
だと確信している。

 これまで、国会側など、都政、市政などへの
各種要望(業務改善を含む)は、相応にして、
検討対象になり、幾つか起用をされているのも
有るようですが、司法では、すごぉ~く遅い、
反応で徐々にと改善されている。

 裁判所の人員に「何の法律に基づいて、私に
説明をしていますか?」っと聞くと、「えぇ~
ちょっと待って下さい!今調べますから♪」と
別に書記官などの試験内容が実務に生かされて
無いことを意味してる。

 挙句の果てに、「業務規則で・・・」っと、
法律が有ると言っておきながら法でわなくて、
「法じゃないですよね?業務規則ですよね?」
っと聞き返すと、「言葉のあやです・・・」と
言われるのが、典型的な対応。

法を守る義務があっても、価値が無い・・・

 結果的に民事訟廷が、国民に不利益を生じ
させている事が解っている。

 しかし法を守る利益とは、何でしょうか?

 唯一に民事訟廷などで倫理観を問いつつも、
その損害などを請求することが行えますが、
残念ながら、『 裁判所の倫理観が低くて、
人を裁く機関としては、国民からの期待も、
薄い機関で、利用率が公的機関としても低い』
との状態にあっても、裁判所の人員は、平気♪

 色々と調べたところ、政治に関与して無い
世間から孤立したような者を、軽蔑、排他を
行う傾向がることは、事前に解っていた。

 しかし私の場合には、Ombudsmanを行ってる
関係上で、色々な経路を把握してるのであって、
公務員による不祥事を的確に、申立てるように
行っているので、他の一般人のように粉砕する
と言う事は、無理だと想われます・・・w

 が・・・。

 裁判所側は、それを初期に把握してないので、
かなり適当な対応を・・・。

 挙句の果てに広報は、「各裁判体は、年間に
1000件近く裁きますから・・・」っとも
豪語するが・・・。

 私が傍聴で知る限り、特定の商工金融会社
数社と、その顧客との紛争が多く、それらの
以外では、「顔出し訟廷」で、原告、被告の
弁護士が書類などをあわせて、10分程度で
終わるなど、ざらである。

 つまり数字的に多いが、事件内容としては、
大した事の無いような物ばかり・・・。

 それを私が知らないだろうと想って平然と、
「年間に1000件ぐらい裁きますらかねぇ~」
とか平気で言うのだから・・・民を馬鹿にして
いると言う他に、感じられない。

( -ノω-)こっそり♪<そ知らぬふりをして「へぇ~♪」なんて答える私も、何ですが・・・w

(∇〃) .。o(そうした会話もすべ収録されていたりする♪)

 国が、国民に法厳守の義務を課せているが、
別に守っても利益が無いのだから、守ると言う
人が居ないのも普通である。

 しかも国会から、毎回に数百の法令などが
新たに作られたり改正をされているらしいが、
現在では、違法行為を行ってない人の方が、
珍しいのかと想われ、宗教団体に属する者が
先頭になり、不当、不法行為に着手をすると
言う状況も、珍しくない。

さて、民事訟廷の不条理状態を、どう処理するか?

 国会は、国の最高機関である。

 そこで、国側に現象の裁判所における現象を
全て報告を行って、改善を請求する方法がある。

 ちなみに私的に最高裁判所は、『張りぼて』
っと言う感じで、国民利益の為に有るとは、
感じ得ない。

 むしろ、不利益をもたらしていることの方が
多く、国会側に公務報告すらも行って無いかと
想われます。

( -ノω-)こっそり♪<公務報告があれば、頻繁に生じる紛争事の防御策を国会で提起できる!

(∇〃) .。o(しかし、その報告を裁判所が行って無いのだから、当然に国会も裁判所の事情を知らない♪)

結語

 やはり裁判所は、不当、不法行為者の為にと
ある公的機関であって、一般の民に利益を生じ
させている機関とは、未だに思えない。

 それに、「弁護士の有無で、勝敗が決まると
言う裁判も、奇妙」である」のかと想います。

 しかも、新聞などで、「○○敗訴!」などと
記事が出たりするが、それを楽しんでいるのは、
民で、被害を受けるのが訴訟の当事者になるが、
他人事で「気の毒に・・・」っと想う程度。

 人は、自分や愛する人などが被害に遭わない
と言う限りは、別に問題視をしないのが普通。

 なお、司法系に武術などを趣味などで行って
いる者が居るが、それ系に接客で横柄な対応を
行う輩が多い。

 更に利益に成らないOmbudsman活動を止めて、
不法でも利益に成るほうを選んだ方が良いと
言うのが、資本主義である。

 しかし必要最低限度の生活が保障をされない
と言う場合では、どうだろ?

( -ノω-)こっそり♪<Swissでの生活って、良さそうですよね?

(∇〃) .。o(御友達を造って移住を図ろうかと♪)

とりあえず・・・

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/6/12(土) 午後 0:45

罷免など

 人権などを公務員によって侵害されたと
言う場合には、公務員に対して罷免の請求
・・・でなく、罷免を行う?

参照
日本国 憲法

第十五条
 公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。

第十六条
 何人も、損害の救済、公務員の罷免、法律、命令又は規則の制定、廃止
又は改正その他の事項に関し、平穏に請願する権利を有し、何人も、かかる
請願をしたためにいかなる差別待遇も受けない。

第十七条
 何人も、公務員の不法行為により、損害を受けたときは、法律の定める
ところにより、国又は公共団体に、その賠償を求めることができる。

第十八条
 何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、犯罪に因る処罰の場合を
除いては、その意に反する苦役に服させられない。

 今回は、特に第十六条が焦点に成っており、
その対象が司法公務員となる。

裁判所の人員を罷免する?

①裁判官
 A.弾劾
 B.継続雇用の拒絶
②他の職員
 A.罷免

 私が調べたところでは、2種の職種に対して
①に二種、②に一種有るのかと想っています。

 裁判官を罷免にするのは、弾劾だけだと想って
居る輩も多いのですが、それは、職務中の罷免で
雇用契約と言う観点では、10年毎に選定名簿で
選ばれるのかと想われ、その時に選定拒絶をする
ことも可能だと想われ、「総務省?」だったかに、
請願をしておくのも、私的手段の一つだと考えて
おります。

ところで・・・

 司法関連で無駄に時間を費やす必要も無いかと
想われるので、都度に公務員の罷免の書類を作成
することで、対処しようかと想っています。

 っと言うのは、裁判所は、不作為に他の国民が
民事訟廷などを利用が行える状況を阻害しており、
平然と、今日まで運営してる。

 また刑事であっても、本来なら地検などへと、
公訴請求が行え、別に警察経由だけと限らないが、
その事実を知っている民も少ない。

 最悪なのが、公務員を罷免する事が可能である
と憲法で定まってながら、長年に、公務員を罷免
する類での事務処理を、公共側で受け付けてない。

結論

 しばらく個人事業を休止して、裁判所の人員を
罷免にする検討を行う。

 彼らの過剰な正義感は、異常的であり、法律を
基に公務を行っていますと言いながら規律などが
無く単に業務習慣だったり、一般人が知り得ない
職務規律だったりするが、それを法だと言い切り、
相手に信じ込ませようとする行為が、多々にある。

 また法に基づいた説明は、裁判官を含めて行う
ことができず、それに激怒して色々と対策検討を
行った。

 しかし最高裁判所が下級裁判所に対して適切に
業務監督して無い事も解り、『機関的に無能』と
感じている。

 それらを国会側に、どの経路で報告をするかも
色々な検討があるのですが、それらを試す必要が
あるので、自営業を一時休業する。

( -ノω-)こっそり♪<一気に、裁判所の問題を片付けつつ、溜まっているReportの作成を行いたい♪

(∇〃) .。o(裁判所の問題に、私の人生を3年も費やす程に無駄な時間が無い♪)

不法行為を有益とした裁判3件目

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/6/10(木) 午後 9:46

ファイル 4647-1.gif

なぜ?

 そもそも、裁判所の対応が悪く、広く一般からも
利用価値が無いとされている状態ですが、裁判所に
その自覚も無く、憲法や法律でも定められて無い、
「三権分立」を建前に国会側でも、その責任を逃れ
国民に多大なる損害を与えている。

 それらの事情は、あらゆる民事裁判を傍聴しても
解ることで、私の場合には、もともと刑事裁判を
傍聴した時に訴訟進行として不審な点が幾つか有り、
疑問に想いつつ、序に民事裁判も傍聴したところ、
民事訟廷で、裁判所公認の『ぼったくり裁判』が
生じていることを確認した。

 つまり弁護士が利益を得る為の裁判が、かなり
生じている状態を傍聴にて確認をしいてた。

( -ノω-)こっそり♪<10年ぐらい前の話である。

訴訟指揮

 裁判官や、書記官による利用者への不作為などは、
国民に損害を与えるのだから、それらの点に付いて
相応の被害が有った場合は、損害賠償の対象になる。

 当然に裁判所であれ、裁判官であれ、訴えられる。

 弁護士が愚かなのが、第一審で敗訴に成っても、
結果的に勝訴となった場合、勝訴に成るべく結果が
あったと言うのに、それを敗訴にした下級裁判所を
国家賠償などで、責任を追及する事が行えたのかと
想われます。

 例えば医療などで国が責任を問われても、それを
長期的に訴訟を継続させたら、民事訴訟法・第二条
違反である。

 国家公務員による不法行為に対しては、国家賠償を
請求できることが、憲法でも法でも認められている。

参照
日本国 憲法

第十七条
 何人も、公務員の不法行為により、損害を受けたときは、
法律の定めるところにより、国又は公共団体に、その賠償を
求めることができる。

 ちなみに多くの弁護士は、それを行わず、更には、
仕方ないとして、長期に渡り訴訟を継続させて、その
手間賃を得ようとするが、まるで『覚せい剤の売人』
と、それを利用する不出来な民との関係にも似ている。

負い目

 私は、自分の親戚に不当、不法行為を助長するとの
輩が居ることは、認めている。

 また、父親が売国奴だと想っており、私の後における
人生でも、その観点が不変だと想っている。

 しかし残念ながら、それと裁判所の利用と異なり、
差別を受ける理由が無い。

参照
日本国 憲法

第十四条
 すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、
社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係に
おいて、差別されない。

同条第二項
 華族その他の貴族の制度は、これを認めない。

同条第三項
 栄誉、勲章その他の栄典の授与は、いかなる特権も伴はない。
栄典の授与は、現にこれを有し、又は、将来これを受ける者の一代
に限り、その効力を有する。

 逆に、暴力団と呼ばれている者達にも、その根拠
などが無い場合には、名誉毀損で国を訴えることが
可能であると判断を行える。

 しかし、それを行わずに更に不法行為に着手する
と言う輩は、人類の敵という観点で民として想うと
言う必要も有り、それらの行為が暴力に限らない。

 なお、韓国人であると言って父親の妻と成りつつ、
海外へと不正送金を行った経緯の有る者を、義理の
母親として認めがたい。
 

結語

 公務員による気遣いの悪さと、公務員により相手を
侮辱している自覚の無さを、民として注意した者が、
然程に無いと想われるが、最悪なことに司法公務員の
過剰な正義感なども国民にとって、最大の損益を生じ
させており、民を自殺へ追いやっている事もある。

 これまでは、国会側の政策によって、民が紛争にと
至っているのかと想っていたが、色々と調査をすると
やはり民事訟廷が原因であって、刑事裁判での裁判官
経験の無い者を、民事の裁判官に起用する行為では、
不適当であると、結論的に判断をしている。

( -ノω-)こっそり♪<私の記憶では、裁判官を任免しているのは、総務省だったかな?

(∇〃) .。o(裁判官の名簿を提出するのは、最高裁判所♪)

 本来なら裁判所は、「刑事の事件に至る前に、民事
訟廷を使おう!」っと国民に、率先して宣伝をすると
言う義務があり、国民の多くが、それを利用する権利
などを有していたが、それを裁判所の不作為によって、
民の利用を妨げつつ現代に居たり、「暴力団が悪い!」
などと偏見を国民に抱かせているが、そうした人員を
生産しているのは、国・・・と言うより司法であって、
特に民事訟廷は、不当、不法行為に対しては、利益を
与えるような裁判は、好ましく無いのだが、基本的に
不当、不法行為の有益性を保障しているのが民事訟廷
であって、国会側でわ無い。

 厳密に言うと、裁判官の個人的責任であり、「国は、
裁判官に司法における独裁権を与えているが、国家の
公務員としての責任を課しているので、『損害賠償の
請求先が国』と言う程度であって、公務自体の責任は、
その個々の人員と成る」のが普通かと想われます。

 私的に、「法の下に共存性が無いのは、民事訟廷の
人員であって、一般の民を軽蔑しつつ、己達の責任を
逃れるためにと、民が全体的に不満が生じたならば、
定期的に大事件を取り上げて、『地球が丸いと言った
ことまでも、その事件犯人が悪い』という程に、気を
そらしつつ、国民感情を誤魔化して、何ぼの政治や、
司法倫理」を長期に保っている。

 犯罪者側も、愚かで、世間に悪いのでなく、私の
知る限りでは、以外に身近な人員の関係が悪いのが
普通であって、別に世間が悪い訳でもない。

 が・・・。

 私の知る限り、公務員の不正行為は、単体で行うと
言う事が無く、組織的に行われることが殆であって、
隠蔽率が暴力団よりも高いのと、「 公安、検察の
視察 」観点から除外されていると言う事が多いので、
不法行為三昧らしい。

 それらは、社会保険庁の問題でも明らかになりつつ、
郵政でも、色々な事件が民間に切り替わったときに、
発覚しているが、それらが、あまり公開をされて無い。

 しかし、そうした公務員による不良行為を黙認して
いるのが民であり、本来なら、そうした部分を、民の
立場で監視をする必要がある。(Ombudsman)

( -ノω-)こっそり♪<私一人でも色々と既に行えているが、Ombudsman団体って、どれだけ役に立ってるの?

(∇〃) .。o(世間の厚い壁を一人で乗り越えて、内側から鍵を開けるような私の活動♪)

{{{:
 世間の壁であっても壁を壊そうとするよう活動は、
Terrorismと変わらない…(-ω☆)きらぁ~ん♪

 それは、過剰な正義感を抱くのと同じ・・・。

 

 つまりは、不法行為の利益追求は、国民性であって
裁判所を筆頭に、法からま逃れる技術力を有した者に
利益があり、その能力が無い者は、単に人間としては、
劣る者である」と言う程度の審議で、『技能主義』の
観点を維持しているのが、最高裁判所の活動による、
結果論かと想われ、民事訟廷を利用して、それ以外に
民として感じ得られることは、他に無い。

Reversi大作戦!

 ここで一つ大きなCampaignを国に期待しようかとも
想っています。

①似非宗教の解散
②暴力団との呼称を、犯罪行為の助長組織(団体として、国が認めない)
③不良公務員の摘発(国会議員も、皇室人員も例外で無い)

④裁判所の活性化

 展開的には、まず④から始まり、②、①となるが、
③の分野に、公安か地検以外に、行政監査などを、
設ける必要が有るのかと想っています。

 ④は、普通だと上級裁判所が下級裁判所を、監査
する立場に有りますが、組織的な立場だけで、実際に
業務監査を行われている気配が無い。

 ③、④を展開しつつ、②、①では、不法行為などを
未然に防ぐ展開も必要かと想われます。

 実は、過去に「自衛隊に暴力団を観察させる方が、
効率が良いのでは?」との観点で、物事を考えた事が
ある。

 公安と異なり、「山を捉えろ!」でなく、「事件の
発生を未然に防げ!」が可能となるのかと、想っての
事となる。

 警察組織の場合には、「犯罪が発生をしなければ、
取締りを行わない」のが基本なので、「事前に犯罪の
発生の可能性」などを相談されても、「自衛をされて
下さい♪」との対応程度で、後にて桶川事件のような
結果を生じさせるに至ったが、それが一件だけでなく、
かなり生じているらしいのである。

 自衛隊には、「犯罪の発生を防ぐ」との観点により、
密輸入経路などの監視や、取引の妨害、不正、不当な
行為の妨害を業務とする事が、自衛権として可能にと
成るのかと想われます。

 が・・・。

 自衛隊側では、命令があれば・・・との体制らしく、
国会から命令が無いので、それを行わないだけらしい。

 さて、Reversiですが、黒を白に『ひっくり返す』と
言う展開を行い、表見的な白が、裏で行っている黒い
悪事を摘発しつつ、表見的黒を実質的に白なのだから、
それを主張させる。

 裏表入れ替え大作戦となる!

 裁判所に期待は、もうされないので、それを抜きにして、
別枠での経路で戦略を展開してみようと想っています。

 最高裁判所と、東京地方裁判所の民事部の裁判官は、
全て入れ替えたい。

 どうしよう?

( -ノω-)こっそり♪<もちろん♪合法的にです!

裁判所による行政Service?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/6/8(火) 午前 0:15

死刑制度

 死刑制度の存在は、その必要性が無くなる事で
廃止を検討しても良く、「その条件に①重悪犯罪
などが生じず、②死刑対象となる重悪人が居ない」
と言う、二つの条件が必要である。

 挙句の果てに、死刑を最高裁判所が確定したと
言う状況にありながら、それを法務大臣の権限で
行わないと言う状態は、不適切である。

 更に、冤罪が生じても、それは、刑事追及での
粗悪性が問題であり、死刑廃止と異なる。

 また、報道機関にて公開されてない、起訴権の
消滅時効に至った事件も、かなり有るらしいが・・・。

不信な弁護士も多い

 「弁護士は、弁護を行う者」と考えると大損を
する事が有る。

( -ノω-)こっそり♪<私的には、『代理紛争屋』である!

(∇〃) .。o(倫理性より資本利益が優先され、私的に『Ingot主義』と呼んでいる♪)

<参照事例 Yahoo!NEWS>

 弁護士による訴訟で注意をする必要が有るのは、
「①訴訟手数料は、提起時の請求額で決まり、
判決時の決まった請求額を基に修正をされない、
②弁護士に成功報酬を支払う契約をさせられる」
との大枠で2点!

 10万円以下の請求なら1千円だが、1千万円
に成ると、提訴時に5万円、控訴で、7万5千円、
上告だと10万円が必要になる。

 更に、それ以外に『予納郵券』も求められる。

( -ノω-)こっそり♪<ちなみに国は、その予納郵券に関連する事で、私に訴えられている!

(∇〃) .。o(更に、その訴訟行為に関連して裁判所の不祥事が連発中!)

 書記官の罷免を、私に検討されるに至っている。

 ・・・が!

 多分、裁判所の所長を入れ替えた方が早いとも
想っており、「そちらの方を攻めてみよう」かと
色々と検討中である。

 くどいようだが、上層公務員幹部のGolfなど、
趣味における成績向上へと民が税金を払って無い
のだから、相応の公共機関としての利用価値が、
民に無いとされる分野に付いて、それらの維持を
長期的に行っている状態にある現行の代表者には、
その引責を求める必要が有るかと想われます。

 ・・・が?

 そこまでは、政治団体や、小市民団体などでも
検討をする事が解っており、然程に成果も無い。

( -ノω-)こっそり♪<っと言うことで、私の司法戦略を試すに至る・・・w

(∇〃) .。o(これまで公共機関に対して請求した改善案が効果的に起用されて無いのは、裁判所、法務省だけ♪)

 粗悪な公務員の継続起用も、問題視をされるが、
今回は、裁判官の場合だと弾劾で無く継続雇用の
否定請求、書記官の場合は、単純に公務員として
罷免請求を行う予定。

 ・・・だが!

 私の自営業も、色々と展開する必要があって、
その片手間で、手がける事に成る・・・とほほ。

 弁護士などの司法資格を有した者や、法学者が、
どれほど世間に役に立って無いのか、自覚させる
必要も有るのかと・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

文化向上の体制

 司法行政におけるService品質を向上させた後で
国民による利用活性化を図らないと、一時的に、
国の倫理性が破綻してしまうのかと想われる。

 そうなると困るので、とりあえず国家の基礎と
言う観点で、司法Serviceの向上を追及しつつ、
「本来なら公務員試験を受けた者達が、自発的に
職場改善に努めていれば、私が不本意に苦労する
必要も無く、暴力団組織側でも、不法行為では、
利益性が無いのだから、それを追求する意味等も
無くなるので、不法行為の発生も軽減することが
見込まれる。

 不当、不法行為による利益追求では、「他の
民と共存性が無い」と判断をしても良いのかと
想われ、皆さんが企業にと雇用をされ、知らず
うちに、何だかの不当、不法行為となる業務の
行為を行っていたなら、その責任は?

( -ノω-)こっそり♪<法で無罪と裁判所が判断しても、それを民が認めない限り、法的倫理は、成立しない!

(∇〃) .。o(っと言うことを「誰よりも裁判所の人員が理解して無い」のかと・・・)

 法学部で、学生が何学んでるんだろうか?
そもそも法学博士や教授は、何を教えてるのか?

 自殺の処理をしたり、交通事故の処理、暴力団
などに対抗するなどの末端の警察公務員の苦労や、
一般の民による日々に生じている紛争ごとなどを
考えれば、裁判所の人員による行政Service行為の
粗悪さにより、訟廷利用が妨げられる状態などを
考えるなら、どれほど裁判所の民事訟廷が怠慢か
と言う事も解ってくる。

 誰よりも、新人となる裁判所の人員が一番に、
倫理性の矛盾を感じてるかと想われ、それでも、
家畜のごとく、悪習慣になれてしまえば、相応に
肥えるだけなのかと想われます。

刑事裁判部で、民事請求も可能?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/6/7(月) 午後 11:14

そんな制度が有ったの?

 制度としては、とても良いのだが、そのような
制度が有るとは、国民の一人として知らなかった。

<参照 Yahoo!NEWS>

損害

 犯罪者に対して、損害賠償を行わない事が多い
と言う状況は、犯罪行為を資本的観点からでも、
有益にしている原因に成っており、それが大問題
と成っていました。

 ・・・が!

 今回の制度によって、だいぶ改善をされるかと
想われます。

( -ノω-)こっそり♪<どうして今まで、そうした制度が無かったのでしょうか?

(∇〃) .。o(さぁ~、じゃん♪じゃん♪裁判所を締め上げましょぉ~♪)

結語

 私的に、裁判員制度、法科大学院制度が導入を
された時点で、刑事分野に興味が無い。

 その換わりに『 民事訟廷の改善 』を色々と
追求しつつ、相応の改善請求を行っている。

 しかし国側では、それらを改める気配も無いと
言う状況なので、「倫理性の向上に対して国側は、
不作為が認められる」と、国民の一人として感じ、
『 文化的向上も、現状だと見込まれ無い 』と
判断をしている。

 そもそも最高裁判所の裁判官を初め、これまで
裁判官が罷免と成ることが基本に無く、判決でも
不適切、不条理な最終判決があっても、それらが
判例として残ることも無く、『5年で資料消去』
と成る関係から、「人の習性を考えれば、事例と
言う観点で法を厳守するのが好ましいが、それら
法や判例、事例などを含めて、一般の国民などが、
それを調べることが安易でなくて、不当、不法な
行為の方が有益と成る『そうした環境』の維持を
長期に行っている国・・・でわなく裁判所であり、
三権分立を国民に刷込みながらも公務員が有利と
成る業務体制を不条理、又は、不適切に維持して
いる状況を実感している」状態にある。

 現行の『民事訴訟法の改定、並びに、裁判所の
利用者に対する接客対応の粗悪な状態は、徐々に
改善をされているが、完全と言えず、相応に民が
被害を受ける事も、自分の体験を踏まえて想像、
予測が付く状態にもある。

 ・・・のですが!

 倫理性の向上に、現行の法務大臣が非協力的で
ある事が解っており、「業務改善は、さらなる、
国民の自殺、被害などが生じないと対応しない」
と言うに等しい状態にある。

 法の存在は、重要なのですが、その重要性を、
万民に理解させる努力が法務省、裁判所に無く、
それにおける独自の努力も感じられず、果てに、
Internet上でも、色々と当人訴訟を行った者が、
裁判所に対して、不平、不満などを表記している
状況が多数ある点を考えるなら、裁判所の存在が
倫理上の観点で、国内最悪の機関に成っていると
言うことも解ってくる。

 つまり司法の中でも裁判所は、民にって道徳心、
倫理の向上心と言う意味で、最後の砦と成るが、
それが「国民から支持の無いような事(判決)も
多く、それが訴訟相手と成る国の場合、裁判所が
国側と連帯を行って(三権分立が、その時点で、
成立して無いことも解る)、原告側を攻撃すると
言うこともある事が解っている。

 私の知る限り、『裁判所による職権乱用』は、
かなり多い事が解っているが、その現場と成る
「一般人による裁判を傍聴する」との行為なども
無いことから、かなり不適当に訴訟が進んでいる
状態にあっても民から指摘をされること等は、
基本的に無い。

( -ノω-)こっそり♪<あっても、粉砕していまうらしい・・・。

補足:不信な弁護士も多い

 弁護士を「弁護を行う者」と考えると大損を
する事が有る。

( -ノω-)こっそり♪<私的には、『代理紛争屋』である!

(∇〃) .。o(倫理性より資本利益が優先される、米国の国家体制にもよく似てる♪)

<参照事例 Yahoo!NEWS>

 弁護士による訴訟で注意をする必要が有るのは、
「①訴訟手数料は、請求額で決まり、判決時の額
で、修正をされない、②弁護士に成功報酬を支払
とされる契約をさせられる」との大枠で2点!

 10万円以下の請求なら1000円であるが、
それが1千万円で提訴時に5万円、控訴ならば、
7万5千円、上告だと10万円が必要になるが、
それ以外に『 予納郵券 』までも求められる。

( -ノω-)こっそり♪<現在だと国は、その予納郵券に関する点で、私に訴えられている・・・w

(∇〃) .。o(それだけでも問題だが、愚かにも、それに関連して多くの不祥事も連発!)

 書記官の罷免を私に検討されるに至っている。

 が!

 多分、裁判所の所長を入れ替えた方が早いとも
想っており、「その方法で、攻めてみよう」かと
色々と検討中である。

 くどいようだが、上層公務員幹部のGolfなど、
公共利益と何ら関係の無い趣味における成績向上
などの追求へと、民が税金を払って無いのだから、
公共機関として相応の利用価値が、無いとされる
状態に付いて、それを長期に維持してる点では、
現行の代表者に対して引責を求める必要が有る。

 が・・・。

 そこまでは、政治団体や、小市民団体などでも
検討をする事が解っているが、然程に成果が無い。

( -ノω-)こっそり♪<っと言うことで、私の司法戦略を試すに至る・・・w

(∇〃) .。o(これまで公共機関に対して請求した改善案が効果的に起用されて無いのは、裁判所、法務省だけ♪)

 粗悪な公務員の継続起用も、問題視をされるが、
今回は、裁判官の場合だと弾劾で無く継続雇用の
否定請求、書記官の場合は、単純に公務員として
罷免請求を行いつつ、所長を引責追及。

 ・・・だが!

 私の自営業も、色々と展開する必要があって、
その片手間で、司法関係を手がける事に成る。

裁判員制度を、どう想う?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/6/5(土) 午前 0:41

制度に反対する人が居る?

 裁判員参加の辞退理由に、宗教などの
観点からによる申し出が有るようです。

 そもそも、宗教団体が、参加自体を
教授してる場合も有り、違憲的であり、
かつ不法的でもあるような、団体なの
だから、宗教団体として認めるには、
値して無いと、国民の一人としては、
思っている。

 つまり、違憲、不法的な宗教団体を
告発する材料が一つ増えたのである。

・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

 日本国民でありながらも、無責任な
宗教団体だなぁ~っと想います。

 そもそも、裁判員に成りたくないと
言うなら、裁判員事件を発生させると
人を生産しないような環境造りを行う
必要が有り、宗教団体に属してながら、
その成果が無いから裁判員に選ばれる
機会も有るのであり、宗教団体の存在
価値も問われる。

 また、別に信仰の有無でなく、教えを
説くと言う概念は、公共性を有した行為
だったかと想われ、密教的に違憲、不法
不当な教えを説く団体が、かなり多く、
それを許可している公的機関もある。

( -ノω-)こっそり♪<つまり国が原因でも有る・・・。

(∇〃) .。o(公安的にも、取り締るのが辛いのかと♪)

 ならば取締りを行い易くして、やろう!
っと国民の一人として想うのでありまして♪

っと言うことで・・・

 一気に司法改革を攻めたいのですが、
国会側で金玉を握られてる、輩議員が
多いらしく、更に行政機関内で、団体を
組んで活動をしていると言われている、
宗教組織も有るらしく、国民的に危機を
感じている。

実は・・・

 その政治団体にも影響の有るとされる、
特定の宗教団体に属する女子を保護した
ことがある。

 その子から事情を聞くと、「○○の、
教えを信仰しないと、世界が滅びる」と
連呼して興奮しており、仕方なく話術で
落ち着かせつつ、何が原因で興奮をして
いるのかを問い質した。

 らぁ~♪

 別に宗教と関係なく、自己の行動が、
理想と異なるので、自己破滅的な心境に
至って、発奮をしていだけ・・・。

 しかし、その時の台詞に、特定の宗教
団体名が出て、私に入信を勧めると言う
程なのだから、かなり洗脳されているの
かと・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

\(・_\)その話は、 (/_・)/こっちに置いといて♪

結語

 警察官でも、女子高生の売春に加担する
輩公務員も多いが、Heinrichの法則的にと
類推するなら、1つの事件背景に29件の
認知事件があり、300の未認知な事件が
あると言うのが、『よろりっひの法則』と
なるのだが・・・w

 道路交通法にも『よろりっひの法則』が
当て嵌まるのかと想われ、1件の検挙には、
29件の認知違反があり(しかし、検挙を
行えて無い)、300件の未認知となる、
道路交通法違反がある。

 だからこそ、犯罪などで検挙されるのは、
悪いことを行ったからでなく、運が悪いか、
確率的に高くなったのか(つまり、不法なる
行為が増えれば、それだけ検挙をされるとの
率も増えてしまう)、または、検挙に対抗を
する防御が不足だったなどの理由だと想って
いるのが、一般国民かと想われる。

 そもそも国は、法を守る有益性の立証を
怠っており、公務員による脱税を含めて、
民事訟廷では、合法活動を行う方が不利益
だとするような審判も多く、貸金利息等の
事件では、「どうですか、被告側、原告側、
こんなかんで?」なんて、のらり、くらり
「では、また次回・・・」なんて、延びる、
延びる!っと言うことを平然と行っている
状態にあるが、傍聴者としても民事訴訟法
第二条に反しているのかと、客観的に思え
かつ、その訴訟式を裁判官が行いつつも、
閉廷の後に、当事者の居ない双方の弁護士が、
「うちは、こんな感じで♪、ならこっちは、
こうで・・・」っと打ち合わせしたり・・・。

 そもそも単身裁判官の場合だと書記官に
助言を求めたり、それを許したりしている
と言う傾向もあって、書記官が天狗になって
いる(つまり、担当書記官の気分を害すると
訴訟式に影響が出るとされるのだが、それの
現象は、ここ2年で潰して置いた・・・w)、
状態にある。

 私適には、どぉ~考えても、刑事の事件を
発生させる有益性は、民事訟廷が保障をして
いるとしか想えず、Internet上で他人の本人
訴訟を見る限りでは、明らかに裁判所が悪い!

( -ノω-)こっそり♪<そもそも、「弁護士や司法書士に相談をされて・・・」とか平然と言う!

(∇〃) .。o(ちなみに裁判所の人員に、そう言われて、それを行ったら裁判所に費用を請求できると想われる♪)

 弁護士会の解散を求めているのは、弁護料
などの関係から、倫理性が飽和をしており、
特定の学部が、高度学術だと祭り上げている
傾向にあるが、結論的に論争競技であって、
その武器に法が有ると言う程度である。

 しかも、『ほーてらす』のような組織や、
『公共機関に司法的な資格などを有した者を
起用するように』と、貧乏な生活をしている
私がReportの作成を行っている程なのだから、
よほどに、哀れな状態なのかと想われる。

\(・_\)その話は、 (/_・)/こっちに置いといて♪

 警察官の場合、最下位の階級から上位の
5段ぐらいまでは、職制が報道にて公開を
されるが、それ以上の地位だと『警察官』
とだけ、公開されるようである。

 その中に、刑事や公安なども居るのかと
想われるが、そうした地位に有る者だとは、
一切に公開をされない。

 ・・・なぜ?

 検事であれ、判事であっても、犯罪に
着手をすれば、相応に検挙対象になるが、
検挙をされるのは、稀かと想われる。

 ちなみに、公務員による犯罪の着手は、
国家背任罪に成るのかと想われ、一般国民
などが犯罪に着手を行ったより、罪が重く
なって当然かと想われます。

 っが!

 実際には、その逆なのかと・・・。

 ところで・・・

 最近、よく見かけるのが、女性警察官に
よる警察署の門番ですが、綺麗な人も多い。

 「門に花を飾っている気で所長も居るの?」
・・っと表現をすると警察官から反感を買う
かと想われるので、それを避けておこうかと・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

 ところで、警察、自衛隊などにおける、
女性公務員のLesbianに付いては・・・。

\(・_\)その話は、 (/_・)/こっちに置いといて♪

 公務員に女性が増えたのも好いのだが、
気遣い、言葉使いの悪い(人間性が悪い)、
男女の公務員も増えている状態などは、
許しがたい。

 「・・・です、・・・ます」が使えない
公務員は、基本的に接客に向かないかとも
想われるが、地方裁判所から下の主任には、
一時的に多かったが、その部分を改善する
ように、最高裁には、申し出ている。

( -ノω-)こっそり♪<ここ二年で、だいぶ改善されたと・・・思いきや!

(∇〃) .。o(主任の地位は、男女を問わず、どうして勢いだけの性格に成るんだろうか?)

 職場では、上司かも知れないが、私は、
利用者であり、主任書記官の部下でもなく、
友達も無いが、平然とSlangな言葉使いを
する輩が多い。

( -ノω-)こっそり♪<後に、電話での対話内容をUPしますからね♪

 なお、音声DataをUPすることは、裁判所の
人員から許可を得ている・・・( ̄^ ̄)えっへん!

(∇〃) .。o(既に東京高裁のは、有りますが♪)

 ちなみに、高等裁判所だと、人員の質が、
すっごぉ~く違う!

 『大衆食堂』と『ふぁみれす』って感じの
程度の違いで、最高裁判所だと、更に高い!

 が・・・。

 最高裁判所の場合には、基本的に対面が
無いので、『民間の御客さま御問い合わせ
係りの応対程度』の感じであり、裁判所と
言う意味では、比較的に貴賓があるけども、
民間と比べると、かなり接客の質が悪く、
その原因が「過剰な正義感から生じる」と
言う事が解り、二年前から徹底的に改善の
請求を行っていた。

 現在では、だいぶ品質等が上がっている
かと想われます♪

( -ノω-)こっそり♪<電話の対話内容を録音して、質が悪いのは、全て苦情として送り付けている!

(∇〃) .。o(そぉ~でもしないと、直らない♪)

 って言うか、それで漸くに改善されたと
言う感じです。

 挙句の果てに、「公務員の罷免は、憲法で
保障されてますよね?」と裁判所の人員にと
聞くと「それは、何条ですか?」と聞き返す
愚か者も居る程である・・・○| ̄|_ だめっぽ♪

 やられたら八つ当たりをせずに、該当者へ
合法的な手段で対抗をする!

 世間が悪いのでなく、そいつが悪い!

そう暴力団にも想って頂きまして、世間的
八つ当たりを控えて頂きたのだが・・・。

 これまで、中和してあげようと、努力を
行ってきたが、それらが『無駄』に想える
ので、司法に限り、近い内に一斉にと改善
されるようなReportを・・・。

 出すって、だいぶ前から言ってたっけ?

( -ノω-)こっそり♪<だって衆議院側が不安定で、法務大臣が民事訴訟法の改正に同意しないんだものなぁ~♪

(∇〃) .。o(・・・って、法務大臣が変わる事に期待して、改めて請願するか♪)

 なお私は、そんな事がしたいのでなく、
可愛い女性と結婚して、可愛い子供を造り
世間さまにも、可愛がってもらいつつも、
世間の文化向上に貢献が行える人にと、
育てるのが理想であって、それが人生の
目標なのだが!

 どぉ~して、そぉ~成らないの!

よろちゃんのEditor活動

本日のYahoo!NEWS・Topics Editor活動は、こちら♪

参照物が有る場合・・・

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/5/21(金) 午後 4:37

趣旨

 裁判所が利用者に対して、参照を必要と
する旨を伝えた場合、「①その参照物が、
どこに常置されているのか、②参照対象の
検索の方法」を、利用者に明確しない。

 それによって、生じる裁判所、並びに、
一般の民に生じる負担が有るので、それを
解消する為の業務改善請求を行った。

<参照 世間的な問題解消研究(私的なOmbudsman活動) 掲示板>

結語

 「 改善の請求(要望) 」であって、
命令でわなので、その要求が必ずしも、
実ると限らない事を注意されたい。

判例が利用者に理解されない?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/5/25(火) 午前 0:36

趣旨

 裁判所からの決定理由に記されている
判例の内容が、別の判例を示しており、
更に記載されている法律までもが旧法で
あることから、理解不能と成っている。

 つまりは、判例として成立ってないと
利用者として判断をした。

 よって「①判例の利用方法、②並びに
判例を現代の法に基づき適正化する」と
言うような要望を行った。

<参照 世間的な問題解消研究(私的なOmbudsman活動) 掲示板>

結語

 裁判所は、国民を侮辱、軽蔑をしている
との自覚が無いらしく、それらが原因で、
裁判所と利用者である国民側とで、紛争に
成る事が多々に有った。

 今回は、『 判例 』に成るのですが、
その根底に『 司法の教育 』があって、
それらを改善されたいとの趣旨で、法科
大学院などの義務を課するよう、Reportの
作成を過去に行っていた。(相応に研究を
行えとの意味でのReport)

 しかし、その成果も無い。

 つまりは、法化大学院制度が導入をされる
以前の裁判官に付いて、現代的な訴訟能力が
問われる。

 実は、医学分野で同じような現象が生じて
おり、深刻な問題と成っている。

 また、国民の「 過信 」と言う点でも、
大いに問題が有るのかと想われ、○○だから
大丈夫だと言う観点が、基本的に誤りかとも
想われます。

 建設関係の現場で仕事を行ったことが有る
と言う人なら、「曖昧」の重要性を理解する
ことが可能かと想われます。

 料理でも、「 塩梅 」との言葉がある。

 「 適当 」とは、「 Easy 」でわ無い。

 「ゆらぎ」の重要性なども有り、それらの
司法の人員が、どの程度を理解しているのか
大いに疑問。

 国民が民事訟廷などを、直接に利用しない
理由は、「 只単に、無駄だから 」と言う
心境に有るからだと、私的結論を付けている
状態にあります。

( -ノω-)こっそり♪<どうりで現在に至り、暴力団(不当、不法行為の助長、幇助集団)が絶えない訳です!

(∇〃) .。o(だって相応の価値が生じる理由が、司法にあるのだから♪)

 しかぁ~っし!

 だからと言って、私よりも比較的に良い
と言う生活環境に有りながら、不当、不法
行為に着手をするのは、倫理上で良いとも
言えない。

( -ノω-)こっそり♪<そもそも文化向上が無いと、地球外で生活が夢の夢となってまうがやぁ~♪

(∇〃) .。o(少子化の影響を受けている若者諸君! 私の老後は、君達にかかっているのだよ!)

 楽観的に見えてるかもしれないが、結構
本気なんです・・・w

B型肝炎訴訟とは・・・

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/5/16(日) 午後 1:52

和解

 その事件内容は、各々で調べられたい。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語

 弁護士を通さなくても、そうあって欲しい。

 しかし、そうとも成らないのも現実。

 兎を追いし、不思議な国で迷いけり・・・w

 ・・・くまったなぁ~もぉ~ (* ̄(エ) ̄*) っぽ♪

 あなたは、まるちたすくに生きられますか?

( -ノω-)こっそり♪<裁判所が個人を救済しないで、誰が人道的な支援するんだろうか?

『よろちゃん』のTopicsEditor活動

本日のYahoo!NEWS・Topics Editor活動は、こちら♪

裁判官の裁量とは?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/5/15(土) 午前 1:51

なぜ唯一に職務が保障をされているのか?

 裁判官は、その特殊な業務に付いての性質から
職を不当に奪われない為にと、ある程度で職務の
保障がされている。

 さて、その特権がある理由とは?

理由

 へなちょこ裁判官は、別ですが真意で利用者の
利益を追求した場合、相手が国や大企業だったり
すると、あらゆる観点から裁判官に対して圧力を
かけてくる可能性がある。

 それに対して、裁判官の職が奪われない為にと
保障をされた制度であるのかと想われます・・・。

 が・・・。

 一般の民として民事訴訟を利用したり、他人の
事件を傍聴してると、裁判官の継続な雇用的を、
民の一人として求めたく無いと言う裁判官が、
一人、二人・・・との数では、まったくに足り
ないほど居る!

 裁判官の罷免は、弾劾に限られている・・・と
勘違いしている人も多いのかとも想われますが、
私の調査では、「最高裁判官は、内閣による指名、
下級裁判所は、最高裁判所から提出された帳簿に
基づいて任命され、任期が10年単位」である。

<参照 WikiPedia>

 そこで想ったのが、内閣が任命するのだから、
内閣側に、『任命における選抜対象除外の請求』
を請願しておけば、次の選任を拒めるのかとも、
思えるのである。

( -ノω-)こっそり♪<実は、一昨年から色々と調べていた・・・w

(∇〃) .。o(弾劾以外で、罷免同等の効果を有する方法を♪)

 つまり弾劾の場合には、即時性があるのですが、
『 選任の除外 』では、次期に選任しないとの
ことであって、『簡易的な罷免(?)』と成ると
想われます。

 よって『 国側で継続雇用を拒む 』と言った
対処を請求(請願)するのである。

 また試してないので、その効果は、不明ですが、
相応の理由が揃ってしまったので試してみようかと
想っている状態にあり、今年度の課題に成っている。

 が・・・。

 それ以外にも、色々と民事訟廷で試したことを
内閣側などにReportとして提出するとも課題にと
成っているけども・・・。

 書記官(主席を含み)なら、3~5人、裁判官
なら10人程度(最高裁判所の民事系は、全て)を、
いかに罷免(または、人的に入れ替える)するのか
言う観点でしか、裁判所に対して考えてないのも。
実状だったりする。

 裁判所は、事件提起がされた事件以外は、事件
として認めない傾向が有り、世間沙汰で色々と、
実質的に発生をしている事件は、見えない振りを
する傾向にもある。

 本来なら最高裁判所の裁判官なら、Homelessの
存在を許すことが無く、率先してHomelessの救済
などを先導する人格を有する必要があるのだが、
其れが無いだけでなく、通常の判事業務に付いて
も私的に、良いと評価できない状態にある程で、
日本の文化向上の足枷と成っている、主原因が、
裁判所であると判断をした状態では、失望感と
言う意味で、何ら期待をするような事柄も無いと
言う状態にある。

 一見して、部署により忙しそうに振舞うが、
私の知る限り、殆どが『 御気楽仕事 』で、
仕事をしている振りが多い部署でもある。

 そもそも業務効率が私の知る限り強制の中で
厚生労働省の労働部門より、遥かに悪い状態に
あって、次いで農林水産系が怪しい・・・。

( -ノω-)こっそり♪<議員が自殺してますからね、首相万歳とか記して・・・。

(∇〃) .。o(まぁ~、そんな事が有ったなんて、当の元首相が、覚えているのかどうか♪)

 挙句の果てに書記官と成る為には、相応の
試験を受験して合格する必要が有り、それらの
試験内容には、実務で昼用とされる法規内容も
含まれるが、それらを把握してない。

 更に、学術的な観点で実務を行っている節が
あって、法の解釈などを「それは、こう解釈を
するのが学説、業務の手引きなどで、記されて
ます・・・」っと、市販の本を見せて説明する
ことも有るのですが・・・。

 実際には、業務Manualと異なる位置の市販本
であって、『参考程度の本』であったりする。

 つまり意外に適当に、業務が行われていると
言うことも解る。

 私は、民事訴訟の学習を去年で止めたのですが、
その理由として、「一般人としての語学的理解で、
解釈が不適切と成るような条文などが有るならば、
そうした条文が改正される必要がある。しかし、
それらの管理を行っていない」と判断をしており、
当然に誤解などが生じるであろう内容の改善を
行わないのだから、「紛争を発生させることを
目的として放置をされているとも解釈ができ、
そうした事情は、現場の人員でしか解らないと
される内容であって、民事訴訟規則であれば、
最高裁判所、民事訴訟法であれば、法務省にと
相応の報告書を現場の公務員側から提出すると
言う必要もあったが、それが無い」との状況は、
情報化と言う観点では、怠慢であると言える。

 しかも、「仕方ない、やもえない・・・」との
観点で、民事訟廷の利用者に接することが多く、
それならば、利用者も「仕方ない、やもえない」
との観点で接する事に成るのだから、別に、何が
生じても(裁判所と、利用者の間で生じる、別の
紛争:つまり、訴訟の相手でなく、裁判所との
紛争に成ってしまい、訴訟指揮としては、当事者
間で争われるのでなく裁判所と争う事件に至って
いるのだから、その時点で裁判所側が、相手方に
加担をしている)と判断して良いと想われます。

 その相手方に加担をするような形式を誘導する
と言う現象などもあって、典型的なPatternなども
あるらしく、利用者と特定の接し方などを行い、
相手を憤慨させたり、「訴訟って難しいんだ!」
っと誤解をさせたり、「弁護士が必要なんだ!」
っと思わせるように誘導する傾向もある。

 っと言うつもりが裁判所に無ければ、むしろ、
利用者を侮辱、軽蔑(差別)しているとしか、
解釈できないと想われるような裁判所の対応が
多いのも事実である。

 時々に、裁判所の前で、拡声器を使って何やら
色々と論じている輩も居るが、それらも結論的に
「典型的なPatternで誘導された」と言えるかと
判断をしています。

 つまり裁判所側では、予めに、そうなるであろう
ことを想定して、訴訟指揮を行っているのだから、
当然に、相手が憤慨するであろう判決を下すとの
結果は、只単に刑法で言う「 侮辱 」であって、
その観点から弾劾を請求するのが、普通の道理かと
想われますが、それを弁護士が手助けしたと言う
事も、聞いたことが無い。

 然程に職権も無い書記官が日々に、裁判官との
間で無知に成っている状態から、むしろ判事が、
「書記官の意見を主に起用して、その責任などを
背負わせる傾向にある事実」を書記官が認識して
無いように感じられる。

 その特徴としては、「あたかも、書記官自信の
意見が優先されている(正しい意見との過信)と
言う状態が有るらしい。
 そうした職務関係から担当の書記官が越権して
訴訟指揮を書記官の職権を越権して訴訟当事者に
特定の行為をするように仄めかしたり、書記官が
独断で『通常の業務で行ってますから・・・』と
言って、こうです、ああです…」っと不適切な、
対応をしることも実体験で経験した。

 ちなみに法的な根拠が無いのに、あるような、
言い回しをしたりする書記官もおり、主任書記官
であっても、下劣なことをする事が解っている。

 そうした事情に私が激怒して、3年前には、
「高校生のArbeitでも出来るような内容」だと、
評価した相応のReportを造っている。

 しかし近年だと、正規公務員と別枠雇用になる
非正規公務員の枠も増えたらしいが、それを理由
として、「正規社員じゃないので、詳細が解らず・・・」
っと、非正規社員の上司が吐露する事もあったが、
職場の教育に付いては、正規か非正規とかでなく、
『 その上司の指導力が無いだけ 』であって、
別に非正規公務員が悪い訳でも無いと実体験的に
感じています。

 本来なら、民法などにて定められている内容は、
その殆どを訟廷にて、権利を争うことが行えるが、
それを拒むような感じで、一般の民による利用を
複雑化している状態にある。

 そして二言目には、「弁護士などを・・・」と
言うのが常であって、つまり軽蔑、差別でもある。

 其れ程までに理解が必要なら、義務教育にて
教育を受ける必要が有るのかと想われ、それらが
無い現状なのだから、国が義務教育として必要が
無いと判断をしていると解釈でき、難しいと偽装
する必要も無い。

 私の経験では、条文の解釈なども国民の数だけ
あるが、それを誤解する、または、させるように
放置している状態では、裁判所の過失も大きいと
国民に一人として、また利用者の一人として、
判断している。

 それらに付いての改善を最高裁判所や各裁判所
などに申し出ても、対処が無い・・・。

 っと言うことで、上層人員の入替を国側にと、
請求してみたりする。

 ちなみに請求(請願)は、国民個人でも行える
行為であるが、それを、どう言う時に行えるのか
把握していれば、裁判所の前で拡声器を使って、
然程に効力の無い活動を行わなくて済むのかとも
想われます。

補足

 もともと『暴力団(改めて、不当、不法行為助長
集団として名称を改めるように請求するつもりで、
以前(第一段階)では、『 やくざ 』との名称を
改めるように請求を行っている)や、『質の悪い
宗教団体』などの排除、解体を、一人で、どこまで
可能なのかを追求してたりもする。

 そして現在では、不法行為の不利益性、不法な
行為を行わない事の有益性を追求しつつ、犯罪に
着手をする動機が、私の私生活における苦境より、
比較的に楽観的な自由であった場合には、、その
行為者に対しては、徹底的に排他をすると言った
戦略体制をとっている。
ないのも事実です。

 何が良くて、何が悪いのか?

 戦後に施行された憲法が有りながらも、違憲的
団体が多く、特に宗教団体に付いては、自由とも
言えず、勝手となる事沙汰が殆どであって、国が
団体として認めた状況には、不信感を抱いている。

 
 っと言うことで、司法は、外科的に対処すると
言う事にして、宗教団体の洗い出を検討されたい
とのReport作成が・・・。

 無駄に成らない程度に、それの時期見計らって、
作成を行おうかと想っていたりする。

 賽の河原で石を積むが如く、せっかく積上げた
状態でも壊されるなら、はじめから作らない方が
ましであって、逆に石積みが必要だとするならば
安全な場所を求めた方が良い。

 何も、日本が安全だとも限らないのだから…。

裁判員制度で・・・

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/5/14(金) 午後 9:49

男女の比率が不均等?

 強姦、致傷などの罪に関する裁判員の刑事訟廷で
『①裁判官の全員が男性、②裁判員の全員が女性』
と言う人員構成で、審議が進んだようです。

<参照 Yahoo!NEWS>

結語

 どう考えても、偶然と言えないと想われ、それの
観点からも、「①裁判官は、必ず女性一人を含む、
②また裁判員は、男女共に3人づつ」と言う規制が、
必要に成るのかと想われます。

 日本国の教育制度では、やはり男女での感覚が、
異なるような道徳的指導があるのと、性差における
秘密部分が不要に多いのも事実です。

刑事と言う御仕事・・・

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/4/26(月) 午前 5:10

ファイル 4638-1.jpeg

一般には、理解されにくい仕事?

 TVや小説などで知っていると想われがちな
刑事の仕事なのですが、実際だと、どうなのか?

<参照 YahooNEWS>

結語

 刑事と言う仕事は、大枠で二種あるのかとも
想われ、『①犯人の追及、②刑罰の追求』との
二種が有るのかと想われます!

 一般に勘違いをしてしまうのが、『 事件の
真相を追求する! 』と言う観点なのですが、
仮に容疑者、被疑者が死亡してしまうと、その
時点で捜査が終わってしまうのかと想われます。

 但し真犯人が居るらしい可能性が有る場合は、
捜査が続行されるのかと想われます。

 被害者にとっては、事件の真相を追究したい
と言う思いが有るのかと想われますが、警察は、
「 ①犯人を追及する為に事件真相を追求して、
②その事件に対しての訟廷(裁判)にて刑罰を
も追求する 」っと言うことになるので、その
目的物を失えば、当然に活動の趣旨が無い事に
なってしまうのです!

 つまり犯人を逮捕する目的と、刑罰を課する
と言う目的の為に、事件の真相を追究するので
あって、被害者の思いとは、大いに異なる点を
注意する必要が有ります!

補足

 私の観点では、「 日本人であれば、犯罪に
着手をするとの心境から免れ、合法的な観点で
人間関係を保つ必要が有り、日々に自己の性格
などに合う相応の手段を追求する暗黙の義務が
課せられている 」のかと想われます!

 しかし、その観点に普通の国民だと欠けてる
状態にあるので、当然に犯罪に着手をするとの
者も居れば、その被害に遭う人なども居る。

 犯罪に着手をしないで、代替的な合法行為を
追求するのも重要であって、そうした観点等を
養うのが人間の面白みなのかとも想われます。

 が・・・。

 そうした心理の芽を、ことごとく潰してると
想われるのが、現代宗教と司法なのかと想われ、
「信仰が無き者は、地獄に落ちる!」っと言う
ならば、それにて脅迫が成立しているのかとも
想われ、宗教感が人間の倫理を侵害していると
言うことが解り、更に司法にて被害者の損害と
加害者の利益などを比較するならば、基本的に
『 加害者の方に利益が有る 』と言うのが、
民事、刑事での審判結果になるのかと想われ、
挙句の果てに、弁護士が利益を掠め取ってると
言うのだから、最悪である!

( -ノω-)こっそり♪<皆さんも犯罪の被害に遭ったら、民事で国を訴えてみれば?

(∇〃) .。o(国による防犯過失と、犯罪の利益性に付いてを国家賠償で♪)

 私は、民事訟廷側の裁判所を訴えるので、
手がいっぱいです・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

 よろまんでぃー 常識作戦♪

 作戦こーど、『灯台下暗し!』

 長い訴追期間の始まりである・・・とほほ。

 がぁ~!

 そでも、最短(CriticalPass)と経済性を、
追求しているのですが・・・w

(‘O`)_♀陛下なぁ~ら、どうするぅ~♪

(∇〃) .。o(過剰な正義感は、罪だと想われます!)

おまけ

 つーか、WebServerの復旧が未だ(こんな時間になっても)終わらん!!

□_ヾ(・ ̄ )  かた♪かた♪・・・とほほ

( -ノω-)こっそり♪<25年前頃に、この曲などのRhythmでVFR400R(NC24)に乗っていた私ですが・・・w

(∇〃) .。o(意外にも、そんな過去が有ったことを他人に打明けて無いことにも気が付いた♪)

 っと言うか、16歳で中型自動二輪の免許を
習得したから、今いくつよ・・・www

( -ノω-)こっそり♪<暴走族じゃないですよ!安全運転が基本ですから♪

(∇〃) .。o(なんせ『白ばい』を追い掛け回してた(追走して運転技術を学んでいた)のは、私です・・・w)

 時々に、「赤灯回して、捕まえたろうか!!」
っと、交通機動隊員に対して想ったこともある。

裁判員制度は、合憲なのか?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/4/23(金) 午後 10:46

合憲らしい!

 っと言う以前に、何を今更と言う気持ちの方が
先に成るのですが・・・w

<参照 YahooNEWS>

なぜ合憲?

 そもそも合憲かを問う以前に、被告側が行った
とされる容疑を晴らすことに専念するのが普通と
想われるのですが・・・。

( -ノω-)こっそり♪<半ば犯行を認めたに等しい感じもするけど・・・w

(∇〃) .。o(それに刑事訴訟が始まる前に申し出ろよ!)

 ・・・っと言う感じもするのが私の心情です。

 さて、国会にて定められた法律は、国民同意の
基に施行をされた法規であると言うのが、司法の
考えらしいのです。

 しかし私的には、それが幻想的であって国富論
などの幻想的な理想より遥かに超越した状態にと
在るのが現状だとも想われます。

( -ノω-)こっそり♪<司法公務員がHomelessを発見しつつ保護しなかったら、違憲、不法行為で立件してやろうかと・・・w

(∇〃) .。o(唯一に(国家)公務員は、憲法と法律の厳守義務の有る民ですからねぇ♪)

 知らなかったのですが、民の場合だと憲法は、
その性質から努力義務程度らしいです!

・・・Σ(・ω・ノ)ノ っえ!

 でも実際に民事訟廷を利用していると、やはり
憲法などが重要でして・・・とほほ。

( -ノω-)こっそり♪<「一番違憲なのは、最高裁の裁判だ!」っと言う人も多いかと想うのですが・・・。

(∇〃) .。o(なぜか最高裁判所の裁判官が国民投票で罷免をされたことが無い!)

 逆に罷免にするほどの効力を民が発揮をしない
から、この現実のような状態に・・・w

( -ノω-)こっそり♪<公務員は、その職を個人の自由で選んだのですからね!

(∇〃) .。o(「誰が、お前なんかに公務を頼むか!」って言いたく成るような公務員も居ますよね?)

 そんな時には、公務員を罷免にする権利などが、
憲法でも認められているのですけど・・・。

参照
日本国 憲法
第十五条
 公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。

同条第二項
 すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。

同条第三項
 公務員の選挙については、成年者による普通選挙を保障する。

同条第四項
 すべて選挙における投票の秘密は、これを侵してはならない。選挙人は、
その選択に関し公的にも私的にも責任を問はれない。

第十六条
 何人も、損害の救済、公務員の罷免、法律、命令又は規則の制定、廃止
又は改正その他の事項に関し、平穏に請願する権利を有し、何人も、かかる
請願をしたためにいかなる差別待遇も受けない。

第十七条
 何人も、公務員の不法行為により、損害を受けたときは、法律の定める
ところにより、国又は公共団体に、その賠償を求めることができる。

結語
 色々と調べてみたのですが、国家公務員法などを
見る限り、例え司法の人員であっても、不法行為を
行って無いとも言えないのが現状で、只単に摘発を
行い難いと言うだけかと想われます。

 刑事裁判官だからといって「不倫や浮気は、民事
だから行っても良い」と限らず、民事裁判官だから
と言って「刑事の事件を生じさせる権利を有してる」
とは、言えない。

( -ノω-)こっそり♪<よろず学に「 我妻に 離婚請求を突きつけられて 民法改正想い付く成り 」っと言うのが有る!

(∇〃) .。o(これは、解る人にしか解らない落語調に成っている・・・w)

 現に、東京地方裁判所の人員3名を公訴請求して
みようかと考えている所で、特に民事訟廷側の人は、
対応が、凄く悪い人(公務員)が多い!

 高等裁判所の人員と比べると人間としての品位が
異なる!っと言いたくなる程だ。

 そもそも裁判員制度と、法化大学院制度の設定に
関しては、私もReportを提出していたりする。

( -ノω-)こっそり♪<裁判官の質が悪いことが大前提で・・・w

 次いで余りにも『現行の民事訟廷における環境が
悪い』ので、「 新制度の司法試験を受けて無いと
言う裁判官を追試形式で、現行の新制度を簡易的に
受験させて、合格しなければ、全員失職! 」っと
言ったReportも作成しようかと想っています!

 そもそも、新制度司法試験と、それ以前の試験で
格差があって、「 後の方が断然に良い! 」が、
どうも悪き習慣に染まるらしく・・・。

 っと言うことで裁判員制度の問題よりも、裁判官
自身の品質向上と言う観点で、色々と国に対して、
Reportを作成しようかと想っている。

補足:裁判員制度を問う

 そもそも『裁判員制度の事件内容』と、『それの
制度』とは、別問題であって、「地方裁判所でのみ
生じる制度」であると言う特徴から、高等裁判所、
最高裁判所では、裁判員制度で無いのだから、別に
上訴(控訴:判決に対する不服申立の一つ)などを
行えば良いのかと想われ、然程に関係が無い。

 なので、仮に死刑が確定をしても、それに不服が
有るという限りでは、控訴が行われ、同意するなら、
「被告側が同意をしているのだから、問題が生じて
無いことを意味している」のだから、悩むことなど
無いので有る。

 いっそ検察官が「無期懲役を求刑する」っと言う
裁判でも「死刑♪」っと判決して、被告を焦らせた
方が薬に成るのかと想われます。

( -ノω-)こっそり♪<実際の法廷では、検察側の求刑以上の刑罰となる判決は、行い難いかと想われます! 

(∇〃) .。o(いっそ裁判員裁判官の全員を『こまわり君』に行わせるか♪)

裁判所への業務改善請求

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/4/21(水) 午前 0:22

更新

 実は、裁判所を利用するようになった当初から
『 一般国民が裁判所を利用する 』との観点で
不自由が生じることが、私事で解っており、その
点における論争から、利用者の観点で裁判所から
提供をされるべくServiceが阻害をされるような
対応を行わないように、また窓口論争などが生じ
ない対応方法などを、提案していたりしてました。

 ちなみに裁判所からの業務対応に付いて相応の
説明をする(利用者側に業務事情を説明する)と
言う事なども求めていた。

<参照 『世間的な問題研究』(私の事業用HP)>

結語

 憲法や法律を守るよりも、それに反したほうが
利益が有ると言う状況は、人類にとって有益だと
言えるのでしょうか?

 不法行為などを行って得たとされる利益などを
功績とする性格がっても、世間的に不思議なこと
思えませんが、それでも人類規模で考えるならば、
決して利益に成っていると言えません。

 しかし、そうした経済性、倫理性などの追求を
進めると、公共機関だからと言って法令厳守にて
対応していると言えず、それが裁判所だとしても
不適切な応対を行いつつ、平然と公務に従事して
いると豪語しながらも、「その根拠として、条文
などを明確にとされたい!」っと求めるならば、
たいていが、うろたえてしまう。

 つまり条文を把握しているのでなく、業務習慣
と言う観点で把握をしており、その条文解釈でも
学術的であって、一般人の理解と異なる観点にて
運用がされている部分もある(つまり一般人だと
言葉の解釈を誤解することがある)。

 よって一般人である私として、不自由な状態を
改善されたく、苦情(裁判所を利用する物として、
不利益、不自由が生じていること)を基にして、
業務改善の請求(また、その原案の提供)などを
行っている。

補足

 これまで、色々な公共機関に対して業務改善を
請求しているのですが、基本的に『改善の為にと
必要な具体案が有る場合と無い場合では、効果が
違う』と言う点が解っている。

 つまり、起案が有ると、それをたたき台にして
色々と模索してくれる傾向にあり、改善案が無い
と言う場合では、『陳謝、改善策の思考努力』と
言う程度に留まってしまう。

 そこで常に、相手の利益(公共機関側の利益:
公務員と言う立場で、業務の利便性を図る)と、
利用者としての不利益(不便、感情的な損失等も
含まれる)が、同時に解決をするような改善案を
一つ、二つ提案しておく。

 それを受けた場合、上層部の人員であったなら、
その内容に限らず業務改善が図れつつ、利用者の
利便性が図られるのだから、『 双方利益 』を
もたらすに至る功績を得ることにも繋がる。

 末端の人員であっても相応に職場業務の改善が
行われたなら相応の利益に成るのだから、上層部
だけの旨みでもない。

 更に、利用者側の利益をも確保されるのだから、
改善を行わない理由を探す方が、難しいとされる
心境に陥るのかと想われます・・・w

 そもそも、私が本人訴訟を行い始めた理由は、
「 なぜに不法行為が平然と行われるのか? 」
と言う観点と、「 相応に、法律を厳守する利益
などを、どかで無意味化している部分がある 」
との追及があり、元々が『労働裁判での損害賠償
請求』から始まり、その時に私が『 裁判所が、
国民に損失を生じさせている? 』との疑念を
抱いたことに、裁判所に対するOmbudsman活動が
始まった。

 先に刑事訟廷の傍聴などから、奇妙な訴訟指揮
と言う点で、疑問が色々とあったのですが、その
観点では、『民の損失』でなく、「刑法で言う、
法の倫理」での点で不信感を抱いていた。

 しかし後にて、自分で民事訟廷を利用すると、
「 被害損失と、裁判を行うと言う行為によって
新たに生じる損失 」との点で、二重の不利益が
生じることが解りつつ、その半面で不法行為での
有益性(法を厳守するよりも、不法行為を行うと
言う方が資本利益が増す現象:経済倫理の飽和)
などによって、法律を知る事に積極性が欠如する
根源を発見しつつ、むしろ裁判所の感覚によって
「殺人を含めた、不法行為後の防御能力を有して
いると物が利益を得られ、『結論的に能力主義、
または、哀れみ主義』にて展開をしている程度で
弁護士だけが利益を得ている状況にある」っと、
今のところ客観的に結論付けている。

 そこで、『 民事訟廷の活性化をすることで、
刑事の事件発生を抑制する事などが行えつつも、
民事訟廷を利用する者が必然的に、法を理解する
と言うように努力するのだから、当然に法を知る
ことに成り、それに基づいた利益追求が行われる 』
ことなどが見込まれることに成る。

 ところが、それを阻害するような教育が法学部
などで行われており、弁護士、裁判所、利用者の
順に利益確保が図られているような対応をすると
いう傾向にある。

( -ノω-)こっそり♪<弁護士で、裁判所の泣き所を把握している人も居るらしい・・・w

 よって教育の分野から改善が必要なのですが、
法学分野は、学術的な分野であって実務と異なり、
職場に「 市販の業務教本 」が設置をされてる
ほどの機関であって、大学の教室と実務との差が
あまり理解をされておらず、これまで『民の誤解、
過信』などによって、司法機関として引責免れて
いたとの傾向も見受けられます。

 経済的な理由で自殺者が昔から大多数居るのに、
民事訟廷の人員が平然と公務を長期に渡り、世間
沙汰が無かったかの如く(他国ごとのよう)に、
公務機関として成立っているのだから異常としか
言いようがない。

 まして法律(自殺対策防止法)まであるに、
法学部を卒業した国民が年間に何千人と居いても
倫理性の向上が図れず、挙句の果てに新入生歓迎
と題して、教授を筆頭に未成年を酒で釣りつつも、
口説くに至ってるようすを想えば、一般の民でも
裁判所を利用しようと想わないと言うのが、逆に
普通なのかと思えます。

 また弁護士の存在は、宗教の教祖などに倫理性の
助言を求めるのと等しく、「 日本の民として最低
限度で、人道的な観点からも厳守の必要があるとも
される法的観点での助言 」と成っており、唯一に、
それを商いとして国家資格を許された人であって、
『 只単に、Service業である 』と言ったことを
弁護士自身を含め、世間的に把握をされて無いのが
現状かと想われますが、先生と呼ばれて喜んでいる
輩弁護士に付いては、微妙な思いである。

 皆さんが国に対して改善の請求などを行わないと
言う限りは、公務員が自発的に職場の改善や業務の
改善を行うことは、無いのかと想われます。

民事訴訟法に関する条文の改善請求

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/4/15(木) 午後 9:35

実は・・・

 このBlogの表面下で、ここ数年ばかり『民事訟廷の存在』に
ついて、色々と調査を行っていました。

改善の請求

 国は、法律の条文に対して、国民が従事することを可能にと
するような構成を行って無い傾向にある。

 つまり、「①一般の民が理解をしている語句の意味と異なる
解釈を行ったり(誤解が生じる)、②一般の国民が日常にて、
使わない、また、その語句の意味を日常において知り得ないで
あろう語句を用いて条文を構成している」との状況は、『その
条文に対して国民が安易に従事する要因に欠け、むしろ厳守の
阻害をしてる状態にあり、不適切な状態』にあると解せる。

 よって法律を設定した価値が問われ、その法規の利用を阻害
すると言う結果に至っているのだから、国民の損失が大きいく、
それを改めず維持している状況は、国家機関として存在価値が
無く、むしろ損出をしている分だけ不利益を発生させていると
言う状況なのだから、即時に改善する必要が有る。

結語

 ・・・などの改善請求が行われていたのですが、今後では、
それらを別枠に表記することにしました♪

 もともと裁判所側では、三権分立を称して、然程に民の為に
役立っておらず、裁判所として民事訴訟の管轄となる裁判体の
全てを含めて資本的観点で考えるなら、赤字どころの問題では、
済まないと、個人的に判断をしています。

 普通、公共機関の設置に関する必要性は、国家の利益であり、
その国家の利益は、国民の利益に帰属するのであり、その逆と
なる関係(『民の利益は、国家の利益』)により成立っている。

 民事訟廷がある存在理由と、その存在価値が、どう言う時に
利益と成るのかを考える必要が有る。

 つまり設置をしても利益が無ければ、消費するだけであって、
只単に『 穀潰し機関 』であるが、資本の消費が有っても、
国民の心情的な利益が生じており、それた資本的に換算をして
上回るならば、利益が生じていると解釈をしても良いのかとも
想われます。

 そもそも公共機関の殆どは、Service業的であって、何だかを
直接に生産をするという事が無く、強いて言うなら『 犯罪生産
程度のこと 』しか行われて無い。

 だからこそ税金によって賄われているのであって、生産性が
有るならば、何も税金を回収しなくても、独自に運用が可能に
成るのであって、世界地図で言う中東などだと全国民に対して
税金を徴収するでのなく、逆に国民に国益を分配している国が
ある程に至っている。

 『 おぼっちゃま政治家 』には、理解されにくいとされる
万民の心境に対して「何が基礎に成って民主主義を唱えている
のか理解できない政治団体が多い(つまり一つでわ無い)」が
それらの状況に疑問を抱かず、挙句の果てに支持をすると言う
人も居るのだから、摩訶不思議な国である・・・w

補足

 
 こうした政治に対する反意に対して不適切に行動をすると
国家反逆的に成ってしまう。

( -ノω-)こっそり♪<司法は、そう言う心情に国民を誘導して保守を図る傾向に有る・・w

(∇〃) .。o(民に不当、不法行為を行わせるような心境に平然と陥らせる傾向にある♪)

 つまり犯罪を誘発させる心境に陥らせ(私の知る限りは、
事前に侮辱罪が成立する状況があり、その状況に対して不当、
不法に反撃してしまうことで、侮辱をされたとの自覚も無く、
基本的に反撃に対する罪悪感を抱かせるに至る)、相手方に
劣等感などを抱かせる事を平然と行う(よって共存性が無い、
むしろ劣等感を抱く民が居てこそ優位性が成立つとの環境を
維持していることで利益が生じている)。

 この『犯罪を誘発させて、劣等感を抱かせる』と言う環境は、
Terrorismを育てる原因に成るが、その被害者に心境の原因を
生じさせた当人に対して反撃するのが極稀で、殆どの場合は、
八つ当たり的に第三者が被害を受ける。(基本的に世間が悪い
と思い込ませるような環境がある:無差別殺人を発生させると
される心境と似ているかと想われ、自己制御を行えない心情を
何に救いを求めるのかも問題になり、自己の心身と対立による
不和から破壊行動を慾する傾向にあるのが普通らしい。よく、
人が悔しい時に『畜生!』などと自己に対して暴言を吐くが、
その心情こそ『心身の不和:自己の慾する理想と現実の違いに
伴う怒りであるが、Sportsman精神では、『Don't Mind』にて
回避するのであり、更に『 訓練 』によって理想的な活動を
行えるような行動能力を得る精神を養い、それを求める精神も
養う事に成る。

 こう言う事が解ると、暴力団を構成させるというCampaignを
考える必要性よりも、「 越権した似非偽善者を駆逐した方が
国の利益である事が解り、それらによって暴力団や犯罪集団の
存在における利益性も自然的に軽減するのだから、存在価値も
不可抗力的に低減して、存在も抑制される 」かと想われます。

 私的には、犯罪の有益性を立証しているのが司法であって、
犯罪者だけの責任とも言え無いと想っています。

 また公共機関の責任(特に国家機関)は、その責任が民に
帰属をすると言う観点から考えると、皆さんにも責任があり、
当然に犯罪の被害者にも責任があるのだから、犯罪被害者に
同情するに至らない刑事も有るのかと想われます。

( -ノω-)こっそり♪<犯罪の被害者に成りたくなければ、犯罪者を発生させない環境を造らないと!

(∇〃) .。o(暴力団に殺人を含めて不法行為を行う集団だと認定したのは、国♪)

 当然に、そうれを行う権利を有しているのが暴力団だけど、
『そうした集団の存在を国として認めない』とのが現代的で、
認めている限りは、むしろ、そうした団体に属していながら、
暴力的な行為を行って無い者達を軽蔑している事に成る。

 こうした『 公共機関による軽蔑Labeling(排他) 』は、
度が過ぎると倫理性が飽和してしまう。

 っと把握しておきながら司法研究者が、その改善に着手を
行わないのだから、奇妙である。

 っというか、他国に移住して、その国の民と成りつつも、
その国と一体に成って、後の繁栄を考えた方が、私の利益に
なるのかと思える心境に至っており、国籍を維持する理由も
国を相手に訴訟を発生させた時点で無いと想っている。

 どっか好い国が無いかなぁ~♪

 っと言う心境が集まり・・・w

 現在に、そうした心境が基になって発生しやすいとされる、
宗教団体を名乗る協会等の形成原理もある・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

 ちなみに、Mafiaと解するのが適当で有るのかと想われて、
宗教団体を名乗ろうが何であろうが「独自の倫理性に基づく
協会」であると言う程度の存在かと想われ、その一つに暴力、
犯罪などの集団があり、一般の民で形成されても簡単に豹変
することは、皆さんが御存知の通りである。

 ところで裁判所に侮辱れた件を、どのように対処するのが
現代的なのか・・・。

 別の国で暮らした方が幸せかも?

犯罪を犯すくらいなら、移民を考えよう日本人♪

公訴権の消滅時効が撤廃♪

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/4/14(水) 午後 8:32

ファイル 4634-1.gif

どのように変わるのか?

①殺人や強盗殺人など、刑罰が死刑となるような罪の時効(現行25年)が撤廃。
②事件内容が『無期懲役以下となるような、人命を奪う罪』の時効が原則から2倍に延長。
③『改正法施行時に時効が成立していない過去の未解決事件にも適用』する。

<参照 YahooNEWS>

さて犯罪が減った後に・・・

 ここで問題なのが犯罪が発生しなく成ると、
次に恐れるのが『 集団暴徒 』である。

 つまり万年的となる『悪い生活環境』に
ついて、当人的に努力などを行っても将来に
改善をされる見込みが無いとされた場合に、
人が、どのように思うか?

 既に、宗教集団を名乗り反政府的な活動を
行う集団が発生したと言う実例がある。

 更に厄介なのが、特に仏教系で、やたらと
政治に関与をしたがる傾向にある点。

 私の見解では、どのような宗教であっても
日本国の政治や倫理性に過剰関与をすれば、
国益の損失に繋がるのかと判断をしている。

 つまり宗教は、『 社会主義 』であって
『 民主主義 』でわ無い。

 そもそも『 宗教団体の存在価値 』は、
「 民の救済 」であり、宗教団体としての
活動(団体の利益や有益性の追求)を、憲法、
法律などを逸脱した活動範疇にまで、認めて
無いのだから、憲法に定められた自由の範疇
と言う部分での宗教信仰に成るのと想われる。

参考
日本国 憲法
第十三条
 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する
国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、
最大の尊重を必要とする。

 私の知る限り、現行における政治団体にと
関与をしている全宗教団体は、基本的に違憲、
または、不法とされるような活動を行いつつ、
それらが隠蔽されるような不当が可能となる
状態を、『権力として表現』する傾向がある。

 それらは、日本の文化的な観点からでも、
昔から有る『 越権行為 』であって、政治、
公共機関などの権威を悪用して、個人利益の
ためにと活動する現象は、昔から生じている
と言われている。(『 勝てば官軍 』との
発想にも類似する)

 最悪なのが『親子関係によって信者を増殖
するだけでなく、その子供が、該当宗教への
入信を拒んでも脱会を認めなかったり、連れ
戻し工作などが展開されているとも言われて
いる』ほどである。

 ちなみに、親子であっても憲法にて保障を
されている信仰の自由を阻害していることに
なるのかと想われ、『幼児期からの刷り込み』
と言う行為によって、脱会が行えても、既に
精神的な髄から、洗脳をされてい場合には、
本当の意味で解脱は、難しいと言われている。

参照
日本国 憲法

第二十条

 信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、
国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。

同条二項
 何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。

同条三項
 国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。

 尚、宗教団体などに限らず、何だかの思想を
基にして集団を形成しつつ、現行の政治体制に
不当、不法に働きかける行為は、現代的で無い。

 合法的な形式で、国家や公共機関に対して、
改善、法制度の見直しなどを、請願などにより
請求するのが適切であって、不当、不法行為で
得られるような利益などは、国民の一人と言う
立場でも、認め難い。

 
結語

 私的には、現在だと『 民事訟廷の活性化 』
と言う観点で色々と調べており、相応のReport
題材も纏まりつつあります。

 私の観点だと、「 民事訟廷を活性化させる
ことによって刑事にと至る事沙汰を、更に抑制、
防止できる 」っと判断をしています。

 つまり刑事の背景には、民事的な紛争基礎が
存在してることが多く、犯罪者の生い立ち等が
『 情状酌量に適応されることが有る 』との
傾向にあるが、逆説的に「 重悪犯罪を慾する
と言うなら、劣悪環境で生活すれば刑が軽減を
される 」との結論となり、更に『 劣悪なる
環境で育ったとされる者が、将来に犯罪を行い、
それの罪を軽減される事が暗黙的に保障されて
いる』と言う、『 奇妙な犯罪保険制度 』が
確立していることも解る。 

 本来であれば、どのような状況にあっても、
犯罪行為に着手しては、成らないかと想われ、
合法的な手段で対応をすることが求められつつ、
その手段を見出す努力も民に求められていると
法的倫理上の観点から想います。

 しかし現状では、民間における公的な紛争の
場として許された訟廷が、国民にとって自由に
使える環境にあると言え無いのだから、当然に
刑事に至るような事件が生じても、変な事とも
言えない無い状態にある。

 むしろ日本国は、比較的に重悪犯罪の発生が
少ない国だと言われており、人口密度と犯罪の
発生率と言う点では、かなり優秀な国であると
想われます。

 ・・・が。

 私の求めるところは、「人の可能性や、国家、
政治などの観点から民への可能性を考えるなら、
法令厳守が完全で無い状態が現状なのだから、
倫理性の向上が進めば、更に文化が向上する」
と目論んでいる点に有ります。

 刑事の犯人を追求するのが真意でなく、犯罪を
発生させない環境造りを追及しているのが、私の
観点に成ります。

補足

 犯罪に着手をした後に、反省的に何だかの宗教に
入信をすると言う人も居るらしい。

 しかし、その人生における過程を考えるならば、
「 犯罪を犯したからこそ、入信をしたのであり、
犯罪が生じなければ、宗教に入信しなかった 」
と言う観点で考えるなら、どうなのか?

 「その罪に対して人は、神仏、精霊が許しても、
被害者が、その犯罪行為を許すと言うに限らない」
と言う観点を、把握してないのかと想う。

 そうした教えを説教できない宗教は、、私的に
存在の価値が無いと判断しています。

 罪は、神仏、精霊が許しても、被害者が許すと限らない・・・。

・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

Chinaと日本の刑罰差

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/4/8(木) 午後 11:18

ファイル 4633-1.gif

死刑にするべきか、無期懲役か?

 それが問題である!

<参照 YahooNEWS>

本邦と異国とでの刑罰差

 以前に私は、裁判員制度に伴う二つの裁判を
傍聴している。

 その事件は、偶然に両方とも『Chineseに
よる本邦(我が国:日本国)へ覚せい剤を、
密輸入した罪』における判決でした。

 二つとも10年程度の懲役と、罰金刑にと
判決が下されていました。

 その時に記載をした私のBlog記事で、既に
China本土での刑罰(死刑)とで、格差がある
との点を指摘していた。

 その後にて、今回の邦人による死刑執行が
Chinaで行われている。

↑しかし今になって想えば・・・
 Chineseが本邦で刑罰を受けた後に、本国へ
送還をされた場合には、どうなるのか?

 私の推測だと、『 本国にて再逮捕 』を
されるのかと想われ、更に『 死刑 』にと
成るのかと想われます。

 つまりは、日本で刑期を終えた後に本国で
改めて死刑と成る可能性が有るのかと想われ、
その観点から考えると、『 罪人の引渡しを
行った方が経済的である 』っと言う結論も
有るのかと想われます。

 但し詳細を未だ調べてないので、現状だと
私の個人的な憶測に過ぎません。 

 ↑この観点(経済性)に付いて、人道的な
観点から外れると言う偽善者も居るのかとも
想われますが、「 そもそも共存性の無いと
される人(犯罪に着手をした者は、その時点
から、先に非人道的な行為を行った者であり、
他人との共存性が無い:但し、不利益を奪う
と言う場合には、基本的に罪を問われない)
からの攻撃(犯罪行為の着手)は、平穏にと
暮らす民にとって脅威であり、つまり敵だと
されるのが一般的な評価だと想われます。

 また、そうした罪人の人権保護を過剰にと
主張する者は、「 犯罪利益を支援している
と言う他に無い 」のであり、今回における
Chinaでの死刑沙汰も、「 予めに、犯罪者が
把握をしていた可能性もあり、『 国交断絶
なども想定していた最悪な犯罪行為を行った 』
犯罪行為であった」とも考えられる。

 通訳が『いい加減だ』と主張する以前に、
「 覚醒剤の密輸に着手をした者が、それの
主張をするに値をしておらず、むしろ多少は、
いい加減となる審判(罪人に過剰な不利益を
与える行為)が行われても、一般の民として、
その裁判を許したい心境である 」っと言う
のが、個人的な私の心境である。

結語

 まず刑法を見て頂きましょう♪

日本国 刑法

第一条
 この法律は、日本国内において罪を犯したすべての者に適用する。

同条第二項
 日本国外にある日本船舶又は日本航空機内において罪を犯した者に
ついても、前項と同様とする。

 つまり外国人であれ、日本国内で犯罪行為を
行ったとの容疑の有る者に適用をされる。

 この点でChinaの法律が、どのように設定を
されているのかは、不明である。

( -ノω-)こっそり♪<こう言う時の為に、Chinaに住むBlogの御友達を造ろうかと・・・w

 結果的に異国にて死刑に成る者を、本邦にて
その刑期を延長させつつ、更正的な教育などを
行っても意味が無い。

 更に、懲役などによる労働力が本邦の経済に
利益を与えているなら解るが、そうで無いとも
想われ、それらの観点から資本消費の大きいと
される『 刑務所の運用に伴う経済性と倫理 』
との課題で考えるなら、犯行者を母国へと送還
するのが適当である。

 つまり罪人にしてみれば、日本国で比較的に
刑罰が軽い刑期を終えつつ、そこにて得たとの
能力も必要とされずに、改めて母国にて死刑に
成るとの観点を考えれば、『 死刑の延期 』
と言う、「文化の違いに伴う、悪意の利益」を
外国人犯罪者に与えたに過ぎない。

 日本の刑事裁判は、近代的であるのですが、
抑制力や周辺諸国との刑罰の比較が行えずに、
相応と成る事件経過の結果を把握しおきながら、
国会にと現象を報告書として提出すること無く、
『 悪い環境を維持して利益を得ている 』と
言うのが現状である。 

 そもそも法学者は、戦後から何を学徒にと、
教えつつ、研究をしていたのか、理解に苦しむ。

 裁判官の必要性は、「 法で定めた規定が、
全て人に利益をもたらすと限らないのだから、
それら審判を人的に判別(酌量)をする特権
などを許された存在であり、判例からCOPYを
するだけのような判決理由を用いて、判決を
下すならば、よほど機械に頼った方が正確で
あるのかと想われ、裁判官が不要である。

 これまで、司法分野の何が悪いのかを色々と
追求をしていたのですが、まず『最高裁判所に
おける、国民への多発している事件沙汰などを
防止する為のCampaignを展開せず、「紛争は、
裁判所の利益(裁判が存在をする価値を高める)」
と成るのだから、それ(事件:紛争)の発生を
防ぐ理由が無い』っと言うような状態である。

 逆に、「 最高裁判所が憲法の前文に習い、
民の事件沙汰を減少させたいと慾するならば、
相応のCampaignを展開するか、国会に相応の
Reportを提出して、国民の健全性を促すと言う
国家機関としての協力体制があるのが当然」と
想われます。

 しかし、それが無いのだから、最高裁判所、
その下級裁判所の存在価値が経済的観点からも
薄いと、一般の民として評価しているに至る。

 私にとって「 判例主義は、審判を怠った
審議方法で、その責任を先に判例を造ったと
される裁判体と共用させて、周囲を説得する
材料に成っている程度であり、本来なら千差
万別となる事沙汰は、相応の個別となる判決
理由が必要であり、再犯を発生させない為の
処置も、犯行者の性格にあわせて考慮すると
言う必要があるが、それらが無いのだから、
判例を用いた機械でない人為的な裁判には、
効果が無い」と判断をしている。

 つまり機械の方が効果的であるのかと想う。

補足:なぜ司法が『穀潰し機関である』と言うのか?:私論

 皆さんは、司法機関に対して国が、どれだけ
費用を投資しているのか、把握をしてないかと
想われます。

( -ノω-)こっそり♪<私も把握してませんが・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

(∇〃) .。o(客観的に一般人としての視野でも、過剰だと解るほど悪いと言う状態を意味している♪)

 まず、経済と言う言葉と、資本と言う言葉は、
別の意味を示しており、一般人が言う経済とは、
Mass Mediaによる表現の悪さからも、資本制を
意味することが殆どである。

 『投資をする行為』は、経済でなく資本での
観点であって、「経済的だから投資をする」と
言う状態が経済である。

 さて、その経済とは?

 節約をするとか、無駄を無くすとか・・・と
言うだけでなく、健康、健全性など、経世済民
と言う、China思想からの観点であり、Economy
との観点と異なる。

 司法機関は、「基本的にService業であって、
生産性を追及するなら、国民の経済性の保守」と
言う程度であるが、それが投資をしているだけの
効果が無い(税金の投資と、現状の世間沙汰にて
生じる民の損失を比較した時の値)と想われるの
だから、機関的に適切な活動を行っていると言え
ない。

 特に、裁判所と法務系が最悪であり、一見して
誤解をするのが、警視庁の存在である。

 警視庁は、多少の防犯効果を発揮するのですが、
基本的に『犯罪者の取り締まりが主たる活動内容
と成っており、防犯性が比較的に弱い』との機関
であって、「防犯を主体にした機関でわない」と
言う点である。

 現に検挙成績は、賞与に影響をすると言われて
いるが、「 本来なら防犯的な指導を行った後に
得られる民の利益は、大きいが、それに付いては、
賞与に評価されて無い 」と想われるのが現状。

 本当なら、防犯指導の後に未然に犯罪が防げた
とされるらな、その指導価値は、取締りを行うと
言う状態(つまり違反行為が発生して、倫理的な
不利益が生じている状態)では、損失の代償との
観点で、違反者に刑罰を与えて代償を請求すると
言う状態にあるのだから、経済的と言えない。

 よって民の利益としては、「犯罪等を未然にと
防げた方が利益が高く、違反者を取り締まるとの
状況は、既に発生している『 違反行為の代償を
請求する状態(債権の回収と類似する)』等にと
至ってるのだから、逆に検挙をされて場合には、
債権の未回収と同じで、挙句の果てに倫理の破綻
と至ってしまい、「不法行為の利益性が産まれる」
と言う状態に陥ってしまうのだ。

 『犯罪の利益と倫理』に付いて、法科大学院で
教授が論じる内容と、私が論じている内容とでは、
どちらが民に利益をもたらすだろうか?

( -ノω-)こっそり♪<司法改革でなく、法学教授の存在価値を問えば、おのずと司法人員の品質も上がるかと♪

(∇〃) .。o(伊達に『 業務改善などの学習 』をしとらんのよ♪)

再審だけでは、済まされない『毒ぶどう酒事件』?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/4/6(火) 午後 10:14

ファイル 4631-1.gif

毒ぶどう酒事件とは?

 1961年3月28日の夜、三重県名張市葛尾(くずお)地区の公民館で起きた
毒物混入事件で5人が死亡した「第二の帝銀事件」として世間から騒がれた。

 その事件にて死刑が確定している男性が、現在も無実を主張しているとの
ことである。

事件が発生して、どれぐらい経っているのか?

1.無罪なら

A.冤罪
 無実の罪で死刑になる可能性があるのですが、それにおける司法品質と
言う観点で司法責任が重い。

 逆に、無実の者を起訴しつつ、死刑を行った場合には、担当の検事や、
裁判官を含めて、『 業務上過失致死 』に値するのかと想われます。

 さて、その責任は、各担当者を業務上過失で問えるのか?

 一見して『 裁判対を国 』っと考えたりするのですが、裁判官等に
よって、各々の考えが異なるので平等とも言えず、三権分立の観点にて
言うならば、独立をした機関による責任となるのかと想われ、そのれの
職権が担当をした裁判官に有るのだから、当然に「裁判官個人の責任」
と解釈も行え、「只単に国は、職権を与えたという程度での責任であり、
その裁判官の選任は、最高裁の裁判官で無い限りは、最高裁側からでの
人選なのだから、相応の責任を裁判所が追う」と考えるのが妥当である。

 つまりは、「 必要に応じて最高裁判所の裁判官による総辞職 」と
言う現象があっても、変でわ無い。 

 さらには、捜査に於ける品質の問題であり、捜査が不十分であったと
言う場合には、その責任も生じる。

 しかし捜査に関与をした人員が、その事件における後の人生で有益な
世間的な地位を得て、既に人生を全うしてたら(既に他界している)?

 それらは、『 犯罪捜査におけるDilemma(じれんま) 』であるかと
想われますが、裁判官にも相応の訴訟指揮能力が問われるのかと想われ、
「相応の訴訟指揮能力を研究しろ!」と言う意味合いで、法化大学院の
設置と、卒業義務に関するReportを過去に作成をしている。

 逆に、法化大学院を卒業していない裁判官は、品質が落ちるのかとも
想われ、現行の司法試験同等の試験を再受験させる必要が有るのかとも
想っており、相応のReportを検討中である。

B真犯人は、誰?

 無罪であった場合、事件の真犯人が別に居る事に成るのですが、その
犯人の捜査を、どうするのか?

 『公訴権の時効消滅』を想い浮かべますが、私的に「真犯人が別にと
いると解った時点から、新たな捜査を始める必要が有り、それらによる
観点から、『再捜査』が必要で有る」のかと想われます。

2.真犯人なら

A.死刑回避の知恵

 結局のところ死刑を回避する為に、再審の請求を行ったと言うだけで
なく、罪人を不要に長期間も国費で世話をしていた事に成る。

B.犯罪者の利益

 法律を設定している以上、その責任が国に課せられ、法務大臣にも、
相応の責任が課せられるのかと想われます。

事件の沙汰

 私が防犯から民事と言う観点で物の考えを移行した時に想ったのが、
『 刑事の背景には、民事的な事件が基礎にあることが多い 』と言う
観点である。

 日本国の憲法や法規の内容を見るならば、「 人が陥るであろう心境
などに伴い、相応の刑事が発生する可能性がるが、それを抑制するとの
効果などを踏まえて、刑罰が設定をされいるのかと想われます 」が、
基本的には、「 法規の設定がある以上、心情的に刑事を慾するような
場合であっても、それを避けつつ、正当なる応対にて人間関係における
共存性、融和性を保つ必要がある 」と言うのが、法規設定の解釈にと
成るのかと想われます。

 しかし過剰な正義感によって、「 犯罪者が悪、それを追求する 」
と言う只単に狩猟的な感覚での正義感に成ることも多いのかと想われ、
時として司法人員の方が暴力団よりもたちが悪いとされる事柄なども、
生じていることも有るようです。

 つまりは、捕らえた者が別に犯人でなくても、捜査追求上の欲求が
満たされれば、それで良いとされるような現象が生じていた可能性も
あるのかと考えられます。

結語

 この事件は、無罪であれ、真犯人であれ、被害者の立場から客観的に
評価をするならば、犯行者の利益である。

 では、どうすれば良かったのか?

 そもそも、刑事的な事件を生じさせるような環境を造ると言う点が、
問題視をされるのかと想われます。

 日本国を見れば自衛隊が有り、他国からの軍事的な脅威に対抗をする
体制を整えていますが、皆さんの生活では、どうでしょうか?

 人体医学でも、『 免疫 』が有り、実のところ『がん細胞』であれ、
少々の病原菌などに日々感染をしているが、免疫力により病原の拡大を
抑制されている仕組みに、健康な体なら成っています。

 つまり一般の国民には、『 防犯力(自衛力) 』が求められており、
交通事故の防止なども含めて、あらゆる分野で未然に事件、事故を防ぐ
ための規制がされ、それらが『 当人の利益に成る 』と言う観点にて
設定をされているのかと想われます。

 しかし人が慾する心情は、時と場合によって決死などの行動をすると
言う場合があり、一般的に『 やけに成る 』などと言われてますが、
実際に生じるとされる深刻な人間事情であるのかと想われます。

 そうした心情に陥らせる行為、言動などを『 侮辱に値する行為 』
だとも考えられ、刑法でも規制がされています。

<参照 WikiPedia『 侮辱 』>

参照 刑法

(侮辱)
第二百三十一条
 事実を摘示しなくても、公然と人を侮辱した者は、拘留又は科料に処する。

(親告罪)
第二百三十二条
 この章の罪は、告訴がなければ公訴を提起することができない。

同条第二項
 告訴をすることができる者が天皇、皇后、太皇太后、皇太后又は皇嗣であるときは
内閣総理大臣が、外国の君主又は大統領であるときはその国の代表者がそれぞれ代わって
告訴を行う。

 同条第二項に付いて・・・C= C= C= ┌(;^・ω・^)┘ わっせ!わっせ!

 結論的には、『 捜査品質を向上させる 』とい観点になり、一般の
生産物などにも言える『 品質の向上 』と言う点で追求をすれば良い
と言う観点になる。

 逆に、犯罪による利益が大きいとされる場合には、「 煙草の生産と
等しく、人に害を与えても、利益が有るので生産を止める理由がない 」
と言う観点もある。

 犯罪の心理で、苦労して生真面目に生きるよりも、悪心と妥協をして
楽な生活をした方が良いと思う人が居るが、その幼少期に辛い思い等を
受けている場合も多く、『 犯罪心理の根底に、民事的な問題が生じて
いた 』と言う場合が多い。

 恋愛関係や衝動的な無差別殺人などでも、結論的に『人間関係』との
観点で言う、適切な心情の危機的な回避方法を把握していないが故に、
生じるのかと想われ、民事的な問題から生じる。

 逆に殺人によって何だかの利益が有る場合でも、平然と他人を殺して
利益を得られると言う心境に至るまでの心底基礎が構築をされる過程が
あるのかと想われます。

 しかし、そうした事情があれども、日本人として犯罪行為に着手する
ことが不適格であって、それを行わない為の知識や能力、また、それの
被害に遭わない為の防御力なども必要としているのかと想われます。

 が・・・。

 事件の数だけ、被害者が生じているのが現状です。

 よって最終的には、『 自衛力 』が日本の国民に求められており、
司法機関も、犯罪者を追いのが基礎でなく、犯罪の予防に基礎を置く
必要が有るのですが、『影で犯罪者を狩猟的な捜査の為に、育てる』
と言う現象も生じているようです。

 国際的なTerrorismも、どうようの人間関係によって、成立っている
かなども、理解できるのかと想われます。

おまけ

 おお! 神よ仏よ、精霊などよぉ~♪

     ところで私の精子は、何の為に有るのでしょうか?

              『しきゅう』に返答を求める・・・w

 産まなければ良かったと思う親も居れば、

     産まれて来なければ良かったと思う子も居るのかと・・・

 皆さんは、自分の子供を善良な国民に育てることが能力が有りますか?

     そもそも、自らが善良な国民としての生活を維持できますか?

( -ノω-)こっそり♪< 犯罪止めますか? それとも日本の国民を止めますか?

 常時、くそ真面目に考えてられっかぁ~!!! ぼけぇ~♪ おりゃぁ~! (ノ ̄ω ̄)ノ ┫:・'.:

                あぁ~すっきりした・・・www

 ↑ これを、『自己精神の相対的な中和』と名付けようかと・・・w

 どうして、踊らされるのか・・・w

覚せい剤における犯罪組織網

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/4/7(水) 午前 0:30

ファイル 4632-1.gif

その人員構成は?

 日本の暴力団は、日本の失業者やHomelessを誘い、多額報酬を約束した上で、
危険を冒してまで空路で覚せい剤を運ばせようとした。

<引用 YahooNEWS>

犯罪の沙汰も金次第?

 どうすれば、犯罪を防げるのか?

 人間関係論にて、『 共存性の理想論 』が展開を
されるのならば、「 善悪の相対関係の指数差を狭め
れば良い 」と言う結果が出そうである。

あなたの人生、どうする?

 私の知る限り、犯罪による資本力効果は以外にも
大きいことが解っている。

 その現象に付いては、経済を学んだことがあると
言う人なら、誰しもが知っている・・・必要がある。

 犯罪の経済学と言うならば、それによる利益性と
遂行性が問われ、成功率が高ければ利益性も高い。

 ところで、その代償は?

( -ノω-)こっそり♪<神さま、仏さまは、何をしているのでしょうか?

(∇〃) .。o(やっぱり「地球どっかん!」っと言う考え何でしょうか?)

結語

 私的には、日本国内の宗教が『Mafia(経済協会)』
と化している点に付いて、危機感を抱いてます。

( -ノω-)こっそり♪<奴等には、憲法、法律が通用をしませんからね・・・w

(∇〃) .。o(暴力団よりもたちが悪い♪)

 宗教団体におけるMafia化の背景には、「只単に
同胞協会であって、仲間の利益を重視する」と言う
観点であり、独自の倫理性によって運用がされてる
部分にある。(倫理性の異端児ともされる)

 そもそも暴力団も、同胞以外からの脅威に対して
暴力的に対処すると言うような感じであり、それに
よく似ているのが、『 海賊の交渉 』であって、
つまりは、『 生産性が無く、消費のみをする者 』
と言う観点になる。

 神仏、精霊にしてみれば、増え過ぎた不要となる
人口を減らすのに都合の良い存在なのでしょうか?

( -ノω-)こっそり♪<病原菌の拡大や、自然災害だと優秀な人も葬っちゃいますからね!

(∇〃) .。o(神仏、精霊的でも、それは、おしいと♪)

 どうすれば、人が犯罪を慾さなくなる?

( -ノω-)こっそり♪<誰が犯罪を行えば、その分で誰が利益を得られる?

(∇〃) .。o(あなたの犯罪行為を追求する事で賞与が決まる!日本国警視庁・刑事部公務員♪)

・・・(。-`ω-) ん~♪

( -ノω-)こっそり♪<神仏、精霊は、あなたの罪を許すでしょう!

(∇〃) .。o(私(神仏、精霊)を信じてくれるためならば♪)

・・・○| ̄|_ だめっぽ♪

 春だなぁ~♪

海外と国内における刑罰の違い

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/4/5(月) 午後 9:40

死刑

 事件の内容によって、刑罰が決まるのですが、
その刑罰を海外の文化と比べると、どうでしょ?

<参照 YahooNEWS>

憲法に対する誤解と、宗教による超越した思想

 憲法や法律すら守れないとされる宗教団体が、
それ以上の倫理性を得られる事も無い。

憲法 前文 一部抜粋

 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を
無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的な
ものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国
と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

 だからと言って、他国の文化を侵食するような行為などは、
好ましくないのかと想われます。

 また、その逆に近年における近隣諸国の民による国内での
異文化主張や、その拡張なども同じです。

 現状の日本国は、日本国であるから成立っているのであって、
過剰に倫理性を侵食するような文化移入により、文化倫理などが
崩れれば、国家的な倫理性も倒壊することを意味します。

犯罪者の存在

 報道機関は、「××国の民(人)による、犯罪」と報道するが、
何処の国であれ、悪い輩が悪いのであって、良い人間は、主義が
何であれ、良い人である。

 つまり報道機関を利用して、競合意識を高められつつ、排他、
軽蔑を促されても、それに気が付かない愚民にとって、日々での
辛い心情を別のことに転化をする程度の心持であって、結論的に
原因が解消をしてい無いのだから、何度でも心持悪い現象が生じ、
その度に、『 転化する対象を探す 』っと言う傾向にある。

 例えば、『暴力団が悪い』と世間一般的に刷り込まれているが、
嘗て日本国は、帝国主義を名乗り、全国民が、それに同意をして
いたと言う歴史が有るなら、その末裔によって現在があり、その
過程を考えるなら、どうか?

 しかし後の世代で『過ちである』と言う部分を文化的な進化論
との如く徐々に改善をするに至り、現代が有るかとも想われます。

 ○○主義だから悪い、△△国の人だから、××宗教だから…。

 私がよく、『仏教系と、Christ教系の信者の素行が悪い』との
指摘をするが、「 双方共に、その教えが悪い 」とは、表現を
するに至ってない。

 つまり良き教えがあっても、それに群がる信者の質が悪ければ、
「 その信仰(教え)自体も、存在性が疑われる 」と言った、
一般的な心持の範疇での心情を意味しているに過ぎない。

 基本的に、素行の悪い者は、暴力団でさえも破門されるのが、
普通である。

結語

 暴力団の活動に価値観を付けたのは、司法であるのかと想って
おり、条文にまで『 暴力団に・・・ 』などの単語が記載を、
されている。

 暴力団とLabelingされた者達は、更に活き場が無くなるので、
当然に・・・。

 そうした排他によって『 暴力団と位置づけされた者が、何ら
法規を守る理由も無く、むしろ暴力によって利益を得られるとの
事実もあるのだから、倫理性を維持して経済面で苦しむならば、
暴力的に豊かな生活を行った方が楽である 』っと言う人達が
居ても、奇妙でも何でも無い。

 逆に、そうした性格の者を宗教的に、正義論で非難する輩達が
居るが、むしろ「 正義の名の基に、排他、軽蔑、侮辱を行う 」
と言う観点では、相対性の観点で変わり無い。

 つまり『 正か負 』の違いであって、相対関係をたどれば、
同じ行為である。

( -ノω-)こっそり♪<筋が通らない!・・・と言うことに拘る者が居ますが・・・w

 それと同じく、どんな主義であろうが、国、宗教であろうが、
憲法や法律、規律などの厳守に対して、努力が無いのであれば、
何であっても人類的な脅威であるのかと想われます。

 そもそも該当国にとっても、本邦にとっても、民としては、
反国主義者であり、片方の国が合法であると言う場合で無いと
言う限りでは、双方の国にとって評価が異なっても脅威である
に違いない。

 つまり国家の方針で、『覚せい剤』や、『他国民を拉致する』
と言う行為が行われたなら、犯罪者の行為価値に違いが生じるが、
相手国の刑法上における犯罪行為と言う点では、只単に刑罰重軽
との問題である。

 よって今回のような場合でも、別に大騒ぎをするような話題で
無く、下手をすれば、国内の民が誤解をして、異国間敵対意識を
高めてしまう心持となり、差別の原因となる可能性すら報道機関
などによって誘発される場合もあるが・・・。

 なぜか公安などが、それを取り締まらないのだから国家的には、
「 民が周辺諸国の民に対して、違和感を抱かせるほうが、都合
よいのだろうから、それを取り締まるに値してない 」といった
政治上の問題なのかとも想える。

 「人は、日々における自己の不条理活動に対して相応に不満を
抱くが、世間的な立場で表見的に不条理な活動を行った者には、
自己の不条理を棚に上げて非難する傾向がある」との特徴もある。

 重悪犯罪者への話題など・・・。

 『酷い』とか『信じられない』とか、そうした心境を楽しんで
いると言うことに人が気づかない限りは、悲劇が止むことも無く、
Terrorismも解消されないと想われ、むしろ、それらを都合よく、
指揮をして利益を得ようとする支配者に成ろうとする者が居ても、
別に奇妙なことでもない。

 他人を哀れに想う前に自らが他人から、どう想われているか?
自分が自分に対して、どう想っているのかを、考える必要が有る
のかと想われます。

悪徳弁護士たち・・・

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/4/4(日) 午後 9:49

多重債務者を更に苦しめる弁護士

 多重債務に悩む民を、公告などで募集しつつ、
問題を解決するとしながらも、多重債務状態から
さらに費用を、むしりとる輩弁護士が多いらしい。

<参照 YahooNEWS>

役に立たない

 弁護士が役に立たないとのことは、一般人の私が
二つの大企業を相手にして訴訟を行ったとき、その
不経済性に気が付いた。

 私を相手に、数名の弁護士が答弁書に・・・w

( -ノω-)こっそり♪<つまり裁判官と同じ資格を有した弁護士数名を相手に?

(∇〃) .。o(実際に出廷したのは、その内の一人だけ♪)

結語

 司法改革の大目玉に、「 暴力団と言う排他を、
解消する 」っと言う裏側の部分もありまして、
団体的な観点で言うなら、暴力団よりも宗教団体の
ほうがたち悪く、政治にまで関与しているのだから、
大問題である!

 挙句の果てには、免税的な部分を悪用しつつも、
国内の自殺者を3万人以上も産出していたり、更に
文化的な向上と言う観点では、むしろ倫理の倒壊を
宗教団体が率先して行っている事もあるのかと言う
現状です・・・( ̄ω ̄)=3 はぁ~♪

 頭の悪い(知りえた知識や能力などを、利己的に
且つ他の民を排他するように、利益を得ようとする
憲法の趣旨に合わない思想)輩達を、合法的にと、
攻める手段を模索中である・・・w

 ちなみに司法改革に付いては、不可抗力的にと、
改善されることが予測をされるので、現状以上に
追求しなくても良いのかと想っています。

刑務所の在り方

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/4/3(土) 午後 7:18

ファイル 4628-1.gif

刑務所

  実は、刑務所に付いて過去にも色々と調べたことがあり、
つい先程も色々と・・・w

甘い物

 面白いことが解ったのですが、「刑務所では、甘い物が
とても慾するようになる」と言われています。

 私の推測ですが、「 受刑者の多くが、窃盗や、薬物の
乱用者であり、『 物を慾すると心情と、それを制すると
される理性 』を確立させる為の訓練を兼ねているのかと
想われ、それらの観点から色々と工夫をされているらしい 」
と言う点です!

 受刑者の一番の楽しみが、食事、次に、読書など情報を
入手したり、交換したり、観賞したりする行為らしい。
}}}

刑務所の経済性

 もう一つの点は、ちょっと解せないのですが懲役による
労力と最低賃金の関係です。

 実は、受刑者に「賞与」が与えられるらしいのですが、
給料は、無いようです。

 その賞与も、月に5000円未満であったのかとも想われ、
出所をする時には、長くいた方が・・・www

1.
 懲役は、罰であるから、その労力を世間にと強制的にと
還元をする為に課する?

2.
 しかし労働法に伴う最低賃金を考えると、どうなのか?

 A.最低賃金が700円だとする。
 B.一日の労働時間は、8時間とする。
 C.自給計算の日当は、刑罰における国への奉仕金?
 D.つーか経済的な観点から考えたら、成り立たないだろ!
  (あ)投資と利益の観点で、成り立ってない!
  (い)国費を使って再構成費用をも受刑者に投資している?!
  (う)再犯率が高いと言う場合、刑務所に構成能力が無いとみなす!
  (え)刑務所で儲けている民間企業が増えている!

結語

 ・・・さて、次の法務大臣は、誰になるのかなぁ~♪

補足

 Mafia化している全宗教団体も、そろそろ取り締まる
必要が有るのかと想われるんですけどねぇ~!

 課税と、不当、不法行為の関与に付いての洗い出しは、
どこの省庁が、旗を揚げるのかなぁ~♪

( -ノω-)こっそり♪<今時代は、自動洗濯機だから、すいっち一つで、感想まで音符

(∇〃) .。o(私も最近は、開拓民の『じゃがいも』、薩摩芋を食べて、頑張ちょりますけんのぉ~♪)

水俣病が認められない理由とは?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/4/3(土) 午後 7:08

ファイル 4627-1.gif

徐々に認定されている?

 今時代になって漸くに認められるように
なった水俣病の被害者認定ですが、認定の
申請を、棄却されている人もようです!

<参照 YahooNEWS>

刑法で・・・

第十五章 飲料水に関する罪

(浄水汚染)
第百四十二条
 人の飲料に供する浄水を汚染し、よって使用することができないようにした者は、
六月以下の懲役又は十万円以下の罰金に処する。

(水道汚染)
第百四十三条
 水道により公衆に供給する飲料の浄水又はその水源を汚染し、よって使用することが
できないようにした者は、六月以上七年以下の懲役に処する。

(浄水毒物等混入)
第百四十四条
 人の飲料に供する浄水に毒物その他人の健康を害すべき物を混入した者は、三年以下の
懲役に処する。

(浄水汚染等致死傷)
第百四十五条
 前三条の罪を犯し、よって人を死傷させた者は、傷害の罪と比較して、重い刑により
処断する。

(水道毒物等混入及び同致死)
第百四十六条
 水道により公衆に供給する飲料の浄水又はその水源に毒物その他人の健康を害すべき物を
混入した者は、二年以上の有期懲役に処する。よって人を死亡させた者は、死刑又は無期
若しくは五年以上の懲役に処する。

(水道損壊及び閉塞)
第百四十七条
 公衆の飲料に供する浄水の水道を損壊し、又は閉塞した者は、一年以上十年以下の懲役に処する。

 上記のような法規が定められている。

 なかでも注目をされるのが、第143条なのかと想われます。

視野の広さ・・・

 もっと早くに、救済的をするように促すことが
行えたかと想われますが何をしていたのでしょう?

 当人の精神的な苦しみを公表する割りに、民の苦しみを
どの程度まで把握しているのか、確かめたいと想うことも
あるのですが・・・。

( -ノω-)こっそり♪<Hugを求める前に確かめるか・・・w

(∇〃) .。o(ところで私は、彼女の『 Hug犬 』に成ろうかと♪)

 なんちゃって・・・w

 早く最高裁の人員が、入れ替わって欲しいなぁ~♪

結語

 子供が居る人、居ない人・・・。

 私のように、将来の我が子に付いて、いささか懸念を
する人も居るのかと・・・w 

( -ノω-)こっそり♪<この私の子供ですよ!私の!!!

(∇〃) .。o(あぁ~、質の良い妻でないと世界の未来がぁ~♪)

 どっかに落ちてないかなぁ~、私好みの女性が・・・w

 良い女性と出会うと、こっちが先に恋に落ちちゃう・・・(*/ω\*) いやん♪

 さて水俣病ですが被害者にとっては、苦しみの始まりは、
昨日のように思い出されるのかと想われます。

 まして、それによって子孫の繁栄を奪われている場合は、
その被害者にとって、この上ない悲しみが有るのかとも、
想われます。

 それを知ってか、知らずか・・・。

憲法 前文 一部抜粋

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する
崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の
公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと
決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を
地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉
ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく
恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを
確認する。

 司法関係の資格を有する者なら基本中の基本として教わるかと
想われる憲法の前文ですが・・・。

 役に立たない教授による一方的な解釈により、その考えなどが
固定化されつつ、「 それが正義だ! 」と過信した輩司法人員
などによって成り立つ現代の世間事情ですが・・・。

 それらを一般的に、『英国の国会における右側議員席に座ると
される保守派』を意味する右翼と分類をされるのかと想われます。

 しかし、民主主義では、民が主翼となるのだから、右左などと
偏る理由もなく、主翼として民自ら自立的に飛び立つ必要が有る!

 改めまして、皆さん、こんにちわ!

       日本の国民、その一人・・・『鶏』と申します♪

( -ノω-)こっそり♪<日本の夜明けを、牛と並んで叫びます!

(∇〃) .。o(「もぉ~♪けっこうぉ~♪」なんて・・・www)

 おあとが、宜しいようで・・・

Chinaでの日本人犯罪者に対する死刑を、どう思うか?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/3/30(火) 午後 8:58

ファイル 4626-1.gif

御遠慮なく・・・

 別に、日本国民の一人として、思うところは、
特に無い・・・。

<参照 YahooNEWS>

日本国内の法と、海外での法律

 日本国内では、不法薬物の10kgだろうが、
20kgでも、懲役10~15年と、数百万円の
罰金刑(但し罰金が払える財産が無い場合には、
1万円を懲役1日と換算して、刑期が加算される
計算が常らしい)程度である。

 しかしChinaの場合では、罪が重いらしい。

つまりChinaに習って・・・

 日本国でも、刑を重くする必要が有るのかとも
想われ、外国人にしてみれば不当薬物の流通天国
と化しているのが現状であって、刑罰を受けても
比較的に軽く、刑務所での健全性のある生活なら、
喜んで入る外国人も居るのかと・・・。

結語

 極刑の死刑ですら、それに憧れて犯行に至ると
言う物が居る程であり、「 刑罰効果の飽和 」
と成っている。

 その点を、どう改善するのか?

和解とは、言わないと想われる・・・

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/3/30(火) 午後 8:29

ファイル 4625-1.gif

公害事件

 水俣病事件に関しては、国内でも公害問題として
小学生の授業などにて習うのかと想われます。

 さて、その事件が発生してから現在まで、どれ程
時が経っているのでしょうか?

<参照 YahooNEWS1>

<参照 YahooNEWS2>

『 子孫の有る者と、それを絶たれた者の違い 』とは?

 どの事件でも言える事ですが不変的な過去に対して
何を代償に求めるのか問われますが、それが金員的な
観点だけで、争われると言うのも微妙です。

 殺人事件などでも、被害者とされる家庭の子供が、
殺人の犠牲になり、その家庭に他の子孫が居ないとの
場合などを、どのように考える必要があるでしょうか?

 本件でも事件の加害者的な存在の末裔は、現在でも
世間的に有利な地位を得ているのかと想われ、被害者
とされる側だと子孫の繁栄を絶たれ、その差が金員で
埋まるのか、大いに疑問である。

 ちなみに戦争を好戦的に指揮しながら、天皇陛下に
それの責任を移行したような思想を展開させしつつも、
世間的に優位な地位を得ている『 輩の末裔も居る 』
かと想われますが・・・。

( -ノω-)こっそり♪<平成の財閥解体って、どうなんでしょうね?

(∇〃) .。o(日本は、血統主義あって、似非民主国家ですからねぇ~♪)

誰が利益を得られたのか?

 民事訴訟では、相手に請求する金額によって、その
訴訟額が決まります。

 また、弁護士による訟廷行為も、請求額と、それの
成功報酬も加わるのかと想われます。

 しかし奇妙なのが、「請求額に対しての訴訟費用が、
課金され、決定が下された額を元に修正がされ無い」
と言う部分もあって、「 裁判所と、弁護士による、
ぼったくり! 」と言う現象が生じることが有ります。

 弁護士を介入させた場合には、弁護士が一番の利益を
得られるのかと想われ、被害者が受け取るとされる額は、
基本的に損害賠償分であると言う場合が殆どであって、
「 利益で無く、被害額に対する代価である 」と言う
観点で考えれるなら、純利益を得れるのは、裁判所と、
訴訟費用と、弁護士の業務料であり、『 Zero-sum 』
でなく、「 原告か被告の損失によって運用がされる 」
と言うのが、訟廷になる。

 ここで注目をするのが、『 Zero-sumで無い 』との
観点にある! 

 資本的な観点で考えると、現行での民事訟廷における
殆どの状況では、生産性が無く、原告による請求があり、
その請求を拒絶する被告側の防御的な主張を法的観点で
審判すると言う程度の場である。

 ・・・っと言うだけなら、未だましなのですが、更に
参加者に暗黙の負担を課している状態にある!

1.原告による損失
2.被告による損失

3.裁判官による損失
4.書記官による損失

5.傍聴者による損失

A.弁護士による損失


 但し裁判官と弁護士(刑事の場合、検事を含み)は、
同じ(同等)司法資格を有している。

 後に、資格を分割せよとのReportを作成しようかと♪

 でも、それを行っても就労収益に成らないので保留!

 私の経験からするなら「 Riskの生産性があっても、
倫理性での生産性が民事訟廷に無い 」と言うのが現状
だと想われます。

 落語でも伝えられている、三方一両損と言う名裁きや、
鹿政談などがあって、小説でも江戸時代などにおける
奉行所の活躍等が架空的に語られていますが実際だと、
どうだったのか?

結語

 まず、民事訴訟法の第二条を見られたい!

民事訴訟法
第二条
 裁判所は、民事訴訟が公正かつ迅速に行われるように努め、当事者は、
信義に従い誠実に民事訴訟を追行しなければならない。

 本件の場合には、『 裁判所は、民事訴訟が公正かつ迅速に
行われるように努め 』と言う趣旨に、明らかに反していると
想われます。

 また更に、『 三権分立 』の趣旨からでも逸脱をしており、
政治動向を見合わせている状態に有ります。

☆ 三権分立

 本来なら裁判所の職権で、最優先的に被害者の救済と、後の
被害者側における生活安定化を図る為の配慮などを、第一審の
仮執行による効果で確保する必要が有ったのかと想われます。

 しかも被害者の何名かは、既に他界されている状態にあると
想われ、それらの観点と、加害者の末裔における生活環境等を
比較するならば、加害者側でも、相応と成る努力義務などが、
必要であったのかと想われます。

 しかし正論ばかりが利益と成らず、「 人に恨まれ、それの
記憶を留まらせる 」と言う、ある意味で卑怯で卑劣な手段が
有益であることも、把握する必要が有ります。

( -ノω-)こっそり♪<恋愛でも有りますよね?

(∇〃) .。o(忘れられるより、悪女と恨まれても、彼の記憶に留められたい・・・なんて♪)

 人類規模で言うなら暴君の存在があり、民間規模だと暴漢が
値するのかと想われ、その者が何だかの波及効果を目論んで、
正義を産み出す事があり、現況が不条理な状態だと効果的にと
作用する事があり、『 不義をもって正する 』と言うことが
可能に成ってしまう事が数学的にも解っています。

 例えば、「 絞首刑を慾する者による殺人が生じるのだから、
死刑制度の有り方を考慮する必要が有り、執行が留保に成る 」
と言う状態は、どうだろうか?

 しかし論理であり、『 現状だと法務大臣による不法行為に
値する (*)』のかと、私的に想っています。

 ところで死刑囚に対して、被害者でも無い一般の国民が、
刑の執行を望む行為は、不法的殺意に値をするのでしょうか?

 また、Sportsと言えども、競技前に相手へ殺意を表明して、
その後に格闘技に参加を行った場合、「 殺意ある暴力 」と
認められ、Sportsと言えないのかと個人的に想っており、その
行為が行われた場合には、「 格闘競技で無く殺意ある暴力に
他ならない 」と言うのが私の考えです。

Wikiepdia 『 日本における死刑 :執行までの期間』より引用

 刑事訴訟法475条によると、死刑は判決確定後、法務大臣の命令を
以って執行されることになっており、大臣は確定後6ヵ月以内に執行を
命令しなければいけないことが定められているが、再審の請求や恩赦の
出願等の期間はこれに含めないことも定められており、また判例によれば
6か月以内の執行は法的拘束力のない訓示規定とされている(これについては
現状説明のための後付けではないかとの意見もある)こともあって、
死刑確定から執行まで、多くが数年から十数年もの間、平均では7年6か月を
要するのが実際である。

参照 Wikipedia 『 日本における死刑 』

 さて本題の件ですが、事件の提起から最長でも3年未満なら
ともかく、それ以上の状態だと『 国民として客観的に見ても
和解と言えず、妥協に過ぎない 』と想われます。

 「なぜ和解と言えないのか?」を問うならば、『 請求者の
立場で一般人の観点から想うならば『 1.三権分立の不成立、
2.民事訴訟法・第二条の趣旨に反している 』との点があって、
「 原告側が和解でなく妥協をしたのでって、『損失の上塗り
と成ったに過ぎない訴訟』であった 」と、国民の一人として
評価をするに至っているからです。

 皆さんなら、どう想われますか?

( -ノω-)こっそり♪<但し過剰に個人を侮辱、軽蔑、差別するようなCommentは、削除をしますよ♪

(∇〃) .。o(Comment、FANの削除は、私感で常に行っていますが、今回は、あえて表明を♪)

殺人を、自殺として偽装

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/3/28(日) 午前 10:37

一件程度の話題では、無いと想われます・・・

 検死体制に付いては、既にReportを何種類か
作っており、それ以上のReportを必要としてる
とは、まだ想っていません。

①検死制度における司法解剖の必要性と、範囲の拡張を請求
②CTやMRを使った検視

 今回の事件では、自衛隊員が『 絞首自殺を
行ったと偽装した事件 』で、複数の人員が、
関与をした事件だそうです。

<参照 YahooNEWS>

偽装

 実は、既にInternet上等でも、殺人における
隠蔽行為などの方法が、記されていることが、
あるのかと想われる時代になりましたが、その
実行するのか、どうかなどは、情報を入手した
者に委ねられます。

 ちなみに日本国内で年間に行方不明によって
捜索願が出される事件は、10万件以上である
と言われ、
私の観点だと、その内の1割以上が、事件や、
事故によって死んでいると算出をしています。

 また、当然に『 自殺の偽装 』などもあり、
私の知る限り、司法にて刑事責任が問われ難い
とされるのが、『①自殺の偽装、②Neurosisや
『うつ病』に陥らせる間接殺人、③事故の偽装』
などがあり、まったくに事件の痕跡を残さない
完全犯罪(ちなみに犯罪者が不明確や逮捕など
されてない状態で、完全な犯罪とわ言えないと
想われ、本来なら『 未解決犯罪 』)なども
などが発生している。

☆ 参照
・☆Neurosis (のいろーぜ)
・行方不明

 なお、私が知る限り、『 Necktieでの自殺、
遺書が有っても、その記載に「 人間関係、
経済的な理由、病気 」との記載がある場合、
検死と、その者における日常での人間関係等を
把握する必要があり、自主的な自殺であっても
それを誘発する人間関係が成立をしていれば、
「 自殺を誘発させる環境を作り、維持してる 」
と言う観点で責任が問われつつ、間接的殺人が
成立をする 』のかと想われ、特に夫婦間や、
恋愛関係や、介護など間接的な家庭的人間関係
なども含まれ、病院内の事件でも同じなのかと
想われます。

結語

 日本国内における自殺者が年間に、3万人
程度いるとの事ですが、その中で行方不明に
なった後に、亡くなっている方も少なく無い
と想われます。

 しかし国側では、そうした事情を明確には、
行っておらず、「 海外からの拉致事件 」
だけに着目をしている状態あり、その被害者
となる数名の為に、法律まで設定をしている。

 本来なら、拉致被害者でなく、「犯罪や、
事件の被害者に対する保護給付金を確保する
必要がある」が、それが実って無い。

 また、国民の多くが、その点に付いては、
不満に想うのかと想われますが、それら等を
考慮されない状況は、民主主義と言え無い。

 ちなみに、宗教団体の思想的な意見ににと
基づいて、主力政党が目玉としていいるなら、
それは、「 社会主義活動 」である・・・w

 更に、主力とされる政党に不満を抱くと、
言うような法案ならば、野党が喜んで賛成を
するのですが・・・とほほ

( -ノω-)こっそり♪<国民意見の過半数と、国会議員の過半数では、目論見が異なることを把握する必要がある!

(∇〃) .。o(まさか、把握して無い何ってことも、無いだろうけど・・・)

 今日も、好い天気に成りそうだなぁ~♪

頼りに成らない警視庁、または、所轄の警察署の情報管理

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/3/4(木) 午前 6:23

事件

 去年の中ごろにとある事業の登録の為に、
所轄の警察署を通して、公安にと事業登録を
行った。

 その後に、NPO団体を名乗る者から封筒が
届いて、無料の講習会に参加するようにと
促す内容などが記載をされ、更に定期的に
警察所から業務検査を受ける時に、それに
対応をする為の情報などを提供するなどと
記載がされ、「それらを知らないと・・・」、
っと言う脅し文句まで記載をされている。

 既に警視庁に問い合わせた所では、担当
箇所による第一返答だと「 その団体との
接点が無く、情報などを提供していない 」
とのことで、警視庁側で調査中。

怪しいのは、どこだ?

 私の登録した事業内容は、最近に忙しい
と言う事情から、まだ事業内容の詳細等を
公開しておらず、宣伝もしてない。

 もともと、不法的な依頼(例えば個人の
Privacyを侵害するような調査依頼などで、
浮気調査なども含まれるが、行政に努める
人に対する素行調査は、必要な限り受ける)
などを受けない事にしている。

( -ノω-)こっそり♪<どぉ~考えてもつまらないので・・・w

(∇〃) .。o(事件の証拠集めとか、防犯対策に纏わる件だとかの仕事のみ♪)

 っと、もともとOmbudsman関係からの転化
となるので、むしろ不法な依頼をしてきた
輩達は、告発の対象になる・・・w

 しかしどう言う訳か、その協会だと名乗る
団体から、手紙が届いているのですがぁ~。

 警視庁側では、その団体との関係を否定!
っと言うことは、所轄の警察署と言うことが
考えられるのですが、その団体が全国規模で
展開をしている事もあり、その点を考えると
警視庁など、情報が集結をしている所からの
漏洩であることが、予測できる。

 っと言うことは、やはり警視庁?

結語

 もっか警視庁側の所轄担当部署が調べると
言うことに成っていますが、未だ連絡などが
来ていない・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

( -ノω-)こっそり♪<こう言う経過の時は、『その部署が怪しい』のですが・・・w

(∇〃) .。o(部下が知らなくて上司が漏洩させている場合、上司が部下に『放置』を命令するのが一般的♪)

 ちなみに、こう言う事件内容の場合には、
必ず対応者の名前を聞いておく必要がある。

 もともと「 防犯協会による会費納入の
強要を受けた 」との件もあり、その件を
保留にしてあるのですが・・・。

 私の知る限り、どこの団体でも『 協会 』
と付く団体に、まともな活動をしていると
言う物が殆ど無く、宗教的な団体をも含む。

 もしかしたら、皆さんは、何だか協会に
属していませんか?

 建前の規則に、不当、不法行為を集団の
独自倫理で展開しつつ、それを遂行すると
言うことが可能になると言う程に、団体に
世間的な権威があると倫理性の勘違をして
いる団体も多いようですが・・・w

( -ノω-)こっそり♪<それは、政治団体ですかね?

(∇〃) .。o(政治団体が不法行為を行っていれば、犯罪組織とも言えますよね♪)

 現場で、生真面目に働く若手の公務員も
居れば、不適当な公務員も居るのですが、
双方を比較して給料が同じだと言う状況も、
微妙である。

 公務員なのに、私生活の素行が悪いとの
状況も好ましくない。

 そもそも、そう言った『 人的な期待 』
などを要しないと言うならば、公務員試験
も要らないのであり、しかも公務員試験で
調べられる能力は、国民に対して奉仕する
とされる能力が試されるのであり、各種の
専門的な試験も追加的に存在をしている。

 がぁ~!

 裁判所を含めて・・・とほほ な状態。

 私の知る限り、最近になって大分に、
改善されているけども未だ高校生による
Arbeitを雇い入れて、接客対応させたと
言う方が、民に利益が有るのかと想われ、
近年のFastFoodなどでは、現行の司法界
以上の厳しい規律が求められている。

 司法の場合、上層部に行けば行くほど、
「 めたぼ 」が多いのも、微妙。

 面白いのが、地方裁判所と高等裁判所
とでは、人質が明らかに違って、誇りが
あるのか、貴賓がある感じとなる。

 つまりは、言葉使いも含めて下級にと
なる裁判所ほど、質が悪くなる・・・w

 しかし、日々の苦労をかんがみれば、
性格が卑屈に成るような公務員が居ても
当然かと・・・(。-`ω-) ん~♪

 それらの観点は、別枠で「 一般人と
言う立場での苦情に伴う、業務改善請求 」
との対応で、処理してもらっている。

補足:裁判所に見えてない現実

1.法律は、全ての国民が把握をしている・・・w

 これは、典型的な教育での刷り込みと
なるのですが、誰もが「 建前として・・・ 」
っと出だしで言うのも奇妙で、つまりは、
「 建前・・・ 」っと言った時点で、
それは、現実でないことを相手に既に
伝えているのに、当の公務員側では、
「 建前として法律は、全国民が・・・ 」
っと平気で相手に言いつつ、その幻想を
相手に押し付ける・・・w

 彼らが目覚めるのは、いつの日か・・・。

2.言葉使い

 これは、実際に体験すると解りますが
上級に有ると、対応の高級感が増してる
と言うのを実体験できます。

3.弁護士を利用して下さい・・・

 これも私が数年かけて改善の請求等を
行っており、漸くに言わなく成ってきた。

 ちなみに「 そもそも司法公務員側の
能力不足までも弁護士に頼る必要が無く、
これまで、司法公務員側で弁護士にと、
依存していた部分が、慣習的に成ってる
状態にあり、それが『当然の公務だ』と
勘違をしてる輩公務員が居たり・・・ 」
するのですが、更に市販をされている
専門の対応TEXTで調べてから、それらを
指し示して説明する場合もある。

( -ノω-)こっそり♪<理由は、どうあれ、法律が主体で、それを民が誤解したなら、その条文が悪い!

 ・・・のですが、それに関する情報を
裁判所が国会にあげておらず、放置して
いる状態にあり、最悪なのが法学などで
教授が独自の論説を解き、それらの派閥
などにより、むしろ争いが絶えないとの
状態にある。

 まるで、宗教団体の教えの如く・・・w

 私が法学部に在籍した後に想ったのは、
「 その法律が何を意味するのか? 」
と言う観点でなく、「 それを一般人が
見て、どう解釈をするのか? 」と言う
点が重要であり、司法界の人員が俗にて
言う「 国民が理解をしている必要が・・・
っと言う幻想」に対して「 国民個々が
条文を、どう理解するのか? 」の方が
重要であると考えつつ、洗脳的法学部の
授業を受けるのを辞めている。

 ちなみに、公務員側に「 何条を基に
言っている? 」っと聞くと、「 え?、
ちょっと待って下さいねぇ~♪ 」っと
六法をぺら♪ぺら♪めくりだすのである。

 何の為に、司法分野の専門的な試験が
あるのかは、大いに疑問・・・w

 その言い訳として「 私達側の立場で
不適当な御返答は、行えませんから・・・」
っと言いつつ、さっきまでの説明は、
何であったのか大いに不信感を抱かせる。

 最悪なのが「 少し違ってましてぇ~ 」
っと・・・完全に一般の民を侮辱しつつ、
軽蔑を行い、挙句の果てに明確な内容を
相手に伝えようとして、健全さを保って
いるのだから、異常としか言えない・・・。

 宗教団体の現象と同じく、それでも、
「 私達は、正しい! 」っと、言った
ような対応を貫き通すのも特徴だったが、
東京地方、高等に付いては、多少改善を
されている。

{{{
 力学の観点からも、威厳的な輩ほど、
能力が無く欠点も多いのが特徴にあり、
それらを隠すために、「 威張る 」と
言う傾向があって、司法界に限らずとも、
人間誰でも同じで、暴力団や家庭内でも
似た現象が生じることが解っている。

 結婚相手には、対等に穏和に暮らせる
と言う相手とする方が、後の人生などを
考えると、都合が良いのかもしれない♪

 「政略結婚も・むしろ後の自由恋愛と
いう面を見れば、不倫ながらも徳だとも
想われるがぁ、、、」っと言う展開が、
近年の認め難い、新設仏教団体などでの
教えや、「 悪知恵 」である・・・。 

 そぉ~言えば、宗教団体の取締り等も
あったよなぁ~・・・( ̄ω ̄)=3 はぁ~♪

 過剰資本に対する取締りをしないとの
原因は、どの宗教団体が政治に関与して
いるからだとも言えるのか?

( -ノω-)こっそり♪<ここで「神道!」って言ったら駄目ですよ・・・w

(∇〃) .。o(あれは、「 切り札 」なんですから♪)

裁判員裁判の審判と、判事による理由の作成内容

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/3/16(火) 午前 2:31

差異

 裁判員によって結論付けられた審判の理由内容を
後に裁判官(判事)が変更して判決の書類が作成を
されたらしい。

<参照 YahooNEWS>

結語

 私の民事訟廷における経験だと、「 裁判官は、
法的な意味合で権限を持っており、絶対的に正しい 」
っと言うような、先入観が一般的に無いだろうか?

 裁判所は、利用者に対して『 法的な観点にて、
不信感を抱かせることがある 』と言うのが、私の
体験であって、どうして、それらの事態が発生する
かは、「 酌量権を、公共の利益に結び付けている
との観点に欠けているからである 」と、個人的に
結論付けています。

 そもそも裁判官によって、審議結果が異なるとの
状況は、『 法の下に平等とは、言えない 』ので
あって、「 その適用される法規なども、民側にて
認識に欠けていたりする場合には、当然に紛争等が
生じる。

 類推して宗教でも「神を信じるのも良いが結果と
言う観点では、人の言葉で左右されているのであり、
それらを過信して活動をしている者達は、神仏精霊
などから見ても、一般的な人であっても客観的にと
見て、滑稽である。

 国民による紛争を事前にと避けるべく、民が陥り
易いとされる事柄や、公共の利益を確保すると言う
観点での報告などを裁判所が国会に報告する必要が
有る(その事態を把握しているのは、裁判所だけで
あって、その報告を受けない限りでは、国会側でも
把握されないのだから、国民に防御を促すこと等も
行えない)。

 更に、事情を裁判所側で把握していながら、司法
業務の資格を有しつつ、その業務に従事をしてると
される公務員が、「 国民の利益を損なう事情等を
国会に報告をせず、それを国民に防御させることが
行えない 」との状態は、むしろ「頻発する事件を
未然に防ぐと言う事に対して裁判所は、非協力的で
紛争を誘発している事に等しい」とも解釈できる。 

補足

 裁判所は、裁判官が単身、複数の合議であっても、
司法資格を有した特定者による『独裁的な判断』で、
判決が下される。

 近年における刑事裁判での『 裁判員制度 』に
ついては、改められた部分であるが、民事訟廷でも
『 裁判員制度 』を導入する事によって、だいぶ
国民の法に関する無頓着な部分が改善されるのかと
想われます。

 その『 民事訟廷での裁判員導入 』に付いては、
別の機会にReportを作成する予定でもあるが、それ
以前に、「 裁判所による利用者への対応が悪く、
それらを改善する 」方が先で有るのかとも想う。

 今の所は、私自身が国との争いも有るのですが、
「 国籍を保持する意識も低くなっており、それの
原因が、これまで民事訟廷での判決による結果にて
感じられた意識である事からでも、国家に対しては
大いなる不信感を抱いている。

 また何だかの理由で私が日本の国籍を、有さなく
成った場合には、日本の国が、どうなろうと不知。

 新たな居住地である地域の住民と生活を、円満に
過ごす努力に全力を注ぐつもりである。

( -ノω-)こっそり♪<しかし日本国民で有る以上は、勲章の一つぐらい貰うほどの功績を狙う・・・w

(∇〃) .。o(多国籍を有したら、そっちの国での活躍に移行するけど♪)

裁判所と利用者で、紛争が生じた場合の回避行動

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/2/21(日) 午後 5:52

$FILE1_c

訴訟手続における、裁判所と訴訟当事者の紛争(二次紛争)

 これは、裁判所に限らず、公共機関、民間企業などでも
生じる、典型的な『 苦情受付窓口の不確立 』によって
成り立てしまう現象である。

典型的な状態

 訴訟の相手方と紛争でなく、『担当の裁判部と紛争』に
陥ってしまう事が有る。

 最悪な事に対裁判所と利用者の間で紛争が生じたい場合
その火消役に『 訟廷管理官 』などが「事態収拾、解決
(訴訟事務における潤滑の維持)を図る」はずであったが、
その応対も不適切となる事もある。

 そこで、「 単一対応者に対する、その上層経路からの
苦情申入れ 」との別経路も有る。

 『 訟廷管理官 』との紛争に成ったことから、それの
上層になる『 次席書記官 』を指名して(個人名の指定
でなく、役職における対応者の指定)、応対を請求する。

 これに対して裁判所側は、その用件を受け入れ『 次席
書記官 』に詳細を伝えて、事態の収拾と、業務の改善に
付いての苦情、要望などを受ける事に成っている。

回避経路図 > 訴訟当事者(但し、紛争相手が一般書記官からの構図)

簡易経路(この場合の『簡易』とは、簡易裁判所でなく言葉本来の意味を示す)
主任書記官 → 裁判部・部長(★これより先は、無い)


 ちなみに『 裁判部 』との観点で『 各裁判部の部長
(民事第○部ごと)』になる)となるのですが、一般での
企業でも類推して言えますが、「 末端の人員が不適切な
対応をして平然と威厳的に相手からの釈明請求に対して、
不適当な応対(客観的にも横柄な態度)を行う場合には、
その場の責任者程度までは、同じ現象が生じる 」と言う
のが、経験上の常である。

 これは、『 人間関係の典型 』であり、「暴力団等に
支援を受けている輩なども、平然と不法な応対を行う」と
言うような類と同じで、「 権力者の配下で、その権威に
ぶら下る部下達は、後方支援が有るとの期待的な行動等を
する傾向に有る 」が、基本的に「子を見れば親の素性も
解る」と言われるように、十中八九が上司による影響にて
不適当な応対が行われ、地道に調査をしても基本的に二つ
上までの上司まで問題が有ると言うのが、私のProfileだ。

第一経路
主任書記官 → 主席書記官(課長)(★これより先は、無い)

第二経路
最高裁判所・人事調査(★これより先は、取り次がれない)

☆注意
 なお、主任書記官との間で紛争に至ってしまった時には、
『{{{訟廷管理官
』から始まる

 つまりは、紛争相手の上司、上司・・・っと、上がって行く
ことになるが、不適切な言葉使い(暴言や、只単に嫌がらせと
言うような言動など)や、論舌が暴力的だとされる場合(失礼
な言動など)には、基本的に取り次がれない。

 適切なる『日本語(言葉使い)』にて、正々堂々と対応請求
などをされたい。

 しかし私的にも、「悪意有る目的で行われた場合は、同情の
余地もなく、公務側を無条件で支援する」との心情に有る。
}}}

☆起案(私からの業務改善請求)
 現在では、別枠で『 担当裁判部の主任書記官 』との
一時回避経路に、『 隣接する裁判部の主任書記官が代行 』
との経路を、模索してもらっている。

 これは、『主任書記官も担当事件を抱えている』等にて
通常応対として苦情の受付を行えない時も有り、それらを
「 一般的な訴訟事務 」と言う観点で、隣接をする主任
書記官が応対をすることによって、早期の対応が可能にと
成る事を目論んでいる。

回避経路図 > 一般の利用者(客観的利用者:傍聴者など、訴訟当事者以外)

第一経路
担当部署の責任者(係長などの名称) → その上司(課長などの名称) → ・・・(以下、部長など)

第二経路
所轄裁判所(簡易、地方等の裁判所単位:裁判部単位と異なる)・広報(★これより先は、無い)


 但し、『 苦情受付としての対応が悪い 』との時には、
その業務と言う意味合いからの責任的立場で、その上司に
応対を代わってもらう可能であると想われます。

第三経路
最高裁判所・広報(★これより先は、取り次がれない)

私論と私情

 実は、簡易裁判所、東京地方、東京高等裁判所などにて
生じた私が体験をした、『 訟廷窓口紛争 』によって、
それらを『 回避、改善する為』に、ここ数年を費やして、
色々と片手間に調べたり、各種業務改善請求を行ったとの
結果が、上記の経路図になる。

 約3年前まで裁判所側での『苦情受付窓口』(ちなみに
法務省は、早期に適切応対が行われるように配慮をされて
いたが、それに比較すると当時の裁判所における体制が、
『ままごと』にも劣るように感じられた)と明確に成って
いなかった。

 近年になって漸くである・・・。

 ちなみに窓口の応対者が横柄で、且つ傲慢、威厳的なる
対応を行いながら、どうして次席書記官が丁寧なる対応を
するが、疑問で有ったりする。

 戦略論の体制で、歩兵(弾よけ)、軍曹(防火壁)、将校
(砦)と言うような大枠があり、当人達は、基本的にあまり
その自覚が無く、対応をするのが何時の時代も一般的です。

 しかし、こうした観点に長けているのが暴力団であって、
一般的にも、あらゆる場面で、そうした役割が成立ってます。

 ところが、一般企業でも『 営業戦略 』などがあって、
結局は、その殆どが戦略論で成立っていることも解りますが、
唯一に論理的な防衛しかなく、実質にも『 幻想防衛 」に
成っているのが、『 司法倫理 』だと想われます。

 5年前まで私が追求をしていたのは、『正義・不義論』で、
それらを中和的(折衷的)に考える『 零(平等性の観点)
の視点(相対性な正義と不義) 』から、更に相対差等の
軽減(生活階級の大差軽減)を戦略的にと、結果的には、
戦う事に・・・。

 もともと訟廷を利用した理由が、「(1)法を元に業務
改善を主体に主張をしても、それらを改善させない状態を、
どう改善させるのか?、(2)実質的に受けた被害(損害)
などを、どのように補わせるか?」との和解を主体にした
根底があったが、初期の提訴時に、どの裁判対でも「戦う」
と言うことを煽られ、民事訴訟法を細かくに見るならば、
『 攻撃・防御 』と記載があり、落胆した事もあった。

 私にとって戦いは、「生命をかけたものである」と言う
認識が強く、『 競技と異なる 』観点にあって。それの
理由原因に、実質的にも暴力団などTerrorismが成立って
いる状態や、その被害者もおり、無差別殺人などにても、
結論的に犯行者の方が死した犠牲者より長生きしている
のだから・・・。

 そうた観点から改めて前々年の末から、軍事的戦略論を
改めて学び治しており、法学と言う分野からでの学習は、
『 既に制定をされた条文程度の解釈 』を把握するとの
程度で、「 判決などの解釈、理由は、時代相応に変化を
するのだから、類推判例があっても然程に役にたってなく、
只単に『 裁判官の責任都合(判例の利用は、その責任が
軽減されると感じられる) 』であって、むしろ判例等が
無い部分を、どう制するのか? 」が私の課題にとなって
いる状態である。

 犯罪心理の背景には、それを行っても自己に利益が有る
と言う条件が普通であり、「 衝動的に敵視(一時的なる
憤慨や、理想で無い現実の破壊意識)」などにて、成立を
することも解っているが、それを万民に理解させると言う
役割を担っている各種宗教団体など活動の質も悪く、改善
なども見込まれない」と感じられる。

 唯一に和解の場であった『民事訟廷』も紛争の場と成り、
挙句の果てに、裁判所と利用者の立場で『二次的紛争』が
生じてしまうに至っている裁判所に、何を期待すのか?

Ps.
 さすがは、元大日本帝国であって、相応の犠牲が生じ
なければ、対応をしないのは、御国柄である。

 それを、どのように改善させるのか私の業であるが、
私の個人的利益とは、余り関係の無い部分でもある。

 旧約聖書で言う、CainとAbelだが、私にすれば
只単に、「 初めから、産むなよ!(造るなよ) 」っと、
言うだけの問題である。

 座禅を組んで、股間に『 法界定印 』を組むが、
「 その程度となる頭の大きさをした乳児が、女子の
股間から出てくる 」と言う事情を知らない坊主は、
「『愚か』と『美徳(躾:しつけ)』との紙一重」で、
それすらも理解できない一般人は、『努(つと)め』
すら知ら無いであろうと想われる。

 『物の原理主義』、それを決死で守ろうとする人達や、
自分ひとりの生命を自殺から逃れるような結果となる、
無差別殺人や、犯罪行為・・・。

 普通犯罪者よりも、倫理性の高いHomelessを救済せず、
死刑囚を養う司法の根源は、「 誤認裁判の可能性 」
っと言う建前があり、「つまり司法の質の悪さにより、
刑の執行が躊躇され、更に逆恨みとの二次的災害等を
避ける(私的には、その覚悟で役職にと付いているの
だから、相応の責任を負う必要も当然にあるだとうと
想われ、それを負えないなら着任するなと言う想いで
ある)状態」で、『呆れる』としか言いようが無い。

 私が、どうして国籍を離脱したくなるのかと言った
心情の主原因は、裁判所に有るが、たぶん最高裁での
判事を含めて、「 自らに責任が無く、国籍離脱との
意思は、当人の自由 」と主張するのかと予測される。

 それを、別の観点で主張できるような最高裁が現代
と言う観点で求められているが、それの期待もするに
値して無い心境に有る。

単純な過失致死罪の時効は3年?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/2/9(火) 午後 8:57

ファイル 4620-1.png

何をもって『{{単純な過失}}』とするのか?

 例えば、路上に飛び出した人を、轢いてしまい
致死に至ったと言う場合、恐れをなして運転手が
逃走すると?

 また、電車などにて、飛び込み自殺が有って、
それにおける業務上過失が問われる可能性などを
恐れて逃走したら?

<参照 YahooNEWS>

重悪犯罪の公訴権に対する消滅時効は、撤廃される?!

 議案として出されている内容としては、国民の
多くが望んでいる内容になるのかと想われます。

 でも逆に、「 公訴権の消滅時効 」に付いて
反対をする人の考えは、どのような物になるのか
気に成っている。

結語

 単純過失を偽装することが可能であると言った
観点を考えると微妙に思える。 

 これらの観点から、基本的に『 殺人、過失と
なる殺人、致死 』などを含めて、国民の命は、
然程に重要視をされてないことが、理解できると
想われます。

 漸くに、改正にと至るのですが、それ以前だと
昭和以前の刑罰制度などでは、もっと残酷となる
制度に成っていたことも、把握する必要が有ると
想われます!

補足:刑罰の歴史

 実は、過去に『 刑罰 』に関する部分を色々
調べた事があるのですが、死刑の方法にしても、
その他における罰に付いても、色々な内容があり、
昔と比べれば、『 犯罪者の天国 』と化してる
と言うのが、欧米などで見られる『 死刑制度の
無い刑務環境 』である。

 死刑制度が無い地域と、死刑制度が有る地域と
比較して、どちらの方が犯罪の発生率が少ないと
言うのだろうか?

 もちろん法律を学ぶ者であれば、基本的な疑問
となるのかと想われます。

 つまり極論では、「法律を守ることの利益性と、
それに反すること利益性」と言う観点に至るとの
部分からも、「 法律の価値観 」が問われる。

 しかし人は、何かと規則に違反をするのですが、
不本意に過失を生じさせる事も多く発生しており、
それらを『 事故、過失事件等 』として扱うと
言う傾向に有るようです。

 さて、皆さんの日々における過失は?

じろ (¬ω¬)・・・→Σ(〃▽〃) あはぁ♪

 ちなみに私の経験だと裁判所に付いては、国家
機関と言う意味合での三権分立と言った幻想論が
あれども、実際に独立した機関であると言い難い
と言うのが、現状であると感じています。

 多くの判例や、その判例を一般の民が調べると
言う状況は、未然に紛争ごとの発生を防げるとの
効果も発揮します。

 しかし現状の裁判所では、国民に理解の有ると
される判決や、その理由等を明確にしない傾向に
あって、それらでの観点からも「 多くの一般の
国民から求められてない存在の裁判所 」にと、
成っている。

 つまりは、何をもって公共の機関なのかなどを
経済的に考えるならば、その利用率と、経済的な
効果(資本効果と異なり、広く一般の国民にと、
経済効果を発揮する状態を意味する)などを考慮
するならば、明らかに不経済な公共機関に成って
いるのですが、それらの事情等を把握していると
される人は、未だ少ないのかと想われます。

 皆さんにとって裁判所が何の為に、有るのか?

法曹人口は、多いのか?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/2/5(金) 午後 9:49

ファイル 4619-1.jpeg

数の問題でなく・・・

 世間に対して、相応の役に成っているのか
問題視をされるのかと想う!

<参照 YahooNEWS>

結語

 世間の倫理性を低下させている根源にと、
成っているのが、法曹界による効果かとも
想われますが・・・w

通信傍受を行ない逮捕!

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/2/5(金) 午後 8:38

ファイル 4618-1.gif

33人

 通信傍受に関する法案が設定された後に、
検挙された数が、それだけ・・・。

 それだけの為に、法案を設定する必要が
あったのか、微妙な心境である!

<参照 YahooNEWS>

結語

 ふと想ったのですが、別に不法行為者と
言う立場の者に対して、法的な観点で言う
正当性を維持する必要が有るのでしょうか?

 つまりは、裁判所が倫理性の観点で言う、
傍聴の許可を出すと言う程度で、よかった
かと想われます。

 よって、通信傍聴に関する法案は、その
設定に要した費用や効果などから考えると、
然程に、効果の無い法案で有るのかとも、
想われます。

東京地方裁判所から受けるHarassment(嫌がらせ、職権乱用)の特徴

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/2/4(木) 午後 1:15

ファイル 4617-1.gif

前書き

 3年も訴訟行為を続けていると・・・。

(1始めの一年)

 色々な書式などが無く、それらの殆どを
自分で造る必要が有ったりする・・・。

 っと言われるが、実際だと裁判所のHPに
雛形があり、その記載が有っても書記官が
知らなかったり、知らない振りをする。

 また、法的に無知な相手に対して不当に
法的な義務の無いような事を強いらせたり、
訴訟の当事者に対して、故意に負担となる
ような対応を平然と行う事も解った。

 つまり裁判所側は、民事訴訟法によって、
運用をされているのでなく、業務慣習にて
運用されている事が解っており、それらの
業務慣習の中には、不適当とされる内容も
あるが、それの正当性を平然と書記官達が
主張することが有るとの現象も確認した。

(2年目)

 地方裁判所で発生している内容は、東京
高等裁判所でも発生しているだろうと言う
ことは、先に察しが付いていおり、攻める
所としては、東京高等裁判所に対して業務
改善を請求すると言う観点で一気に色々な
業務改善を請求の方法を試した。

 ちなみに初期の1年で、「御意見、要望、
苦情の窓口が明確でない」との部分を改善
させている。

 また対応方法との観点に付いても、傲慢
と相手が受け取れるような対応を行わない
ようにと徹底的に摘発していたりする。

(A)
 基本的に裁判所の人員と紛争に成ったと
言う場合には、最高裁判所に人事調査課が
あって、そこに裁判所の人員が適切となる
応対がされて無いなどの苦情を申し出ると
言う事ができるように成った。

(B)
 書記官との間にて論争に至った場合に、
各裁判所の訟廷管理官が、窓口になるとの
ことに成っている。

 なお、裁判所に対して一般的な要望や、
色々な部分で知りたい事などは、広報課が
受ける事に成っている。

(3年目)

 今年に至っては、該当の職員に対して、
注意指導の請求で無く罷免と言った観点で
対処する事に切り替えてみる。

 ちなみに民間の企業では、配属をされた
部署にて不適切な応対を行った者を、普通
継続して配属させず、該当者の性格に合う
職務へと配転させるのが普通。

現象

(1)説明を積極的にしない

 書記官は、独断で相手によって、説明を
する時と、行わない時が有る。

 つまり相手によって不平等に対応すると
言う点において、必要な事を相手に伝えて
無い場合には、不適切な対応と言える。

(2)会話を引き伸ばす

 私の知る限り、裁判所の人員は、奇妙な
余暇時間を有しており、かつ事件当事者に
接する事が解っている。

 当方で忙しいと言っても平然と10分以上
特には、30分、1時間も平然と引伸ばして
説明をする。

(3)相手を故意に憤慨させる

 この現象は、全公務員に該当する手段で、
相手に対して、いらいらさせる対応などを
故意に行ない、相手を憤慨させつつ、その
行為目的を阻む方法があり、警察、行政の
窓口などでも同じ現象が生じる。

 ちなみに憤慨した相手は、基本に主たる
用件を行わず、諦めて帰ってしまう。

 また憤慨した相手を、「きちがい、精神
異常者、変な人」などとして事後談義に、
花を咲かせる(笑い話にする)のも特徴的。

(4)気分で仕事をする

 司法系の人員は、気分で対応をする事が
多く警察公務に付いては、以前まで平然と
事件による調査依頼を拒むと言う事があり、
それによって事件が発生をすることが多く
あったが、後に女性の導入もあって、その
女性達の前向きな活躍から、だいぶ改善を
されている。

( -ノω-)こっそり♪<体格の良い男性警察官も、女性警察官による合気道でねじ伏せられる事もあるかと・・w

 対裁判所の人員に付いては、(1~3)
などを相手から受ける印象で、各々が対処
することが有る。

(5)17時30分まで引き止める

 裁判所の職員は、故意に相手を引き止め、
一般で入り口が閉鎖をされる17時30分にと
解放をすることがある。

 それにより普通の人は、裁判所内で困惑
するが担当の書記官は、平然と「あ、すい
ません。説明するのを忘れてました」っと
返答して、相手を憤慨させることもある。

 上記の現象が、故意であれ、過失であれ、
利用者に対して、損害を与えている事実が
あるが、それに対して基本的に謝罪される
ことが有る時は、過失で、謝罪を求めても
行わない時は、故意で有る可能性が高い。

 ちなみに今回では、書記官の越権行為を
実際に刑事、民事で立件してみようとかと
想っている♪

刑事 強要、越権
民事 損害賠償

 実は、「(1)仕入を行う予定が有ったが、
それを妨害され、(2)他の裁判体にも、
用事があったが、それすらも妨害をされて、
多大なる迷惑の根源と成った」者が二人おり、
その中に訟廷管理官が含まれる。

問題点

 基本的に一般の人は、裁判所の人だから
法律を知っていると言う過信が有るのかと
想われますが、裁判官を含めて法規全容を
網羅している人員がおらず、また、把握を
行えないのが普通である。

 だからこそ、各裁判体に専門分野を造り、
類似する事件を集めて、同一の裁判官にて
対処をされる。

 っと言う状況なのに『法理論』から言う
司法系の人員は、「国民は、全ての法規を
網羅してる必要、義務が有る」っと言った
幻想的な主張をする事に問題の根源があり、
それらは、『 法学部などによる宗教的な
すり込み 』や、職場での業務慣習により
生じる。

 また法に基づいて公務を行っていれば、
公務責任を果していると過信しているが、
利用者が居ない、並びに利用者に不便だと
いう思いをさせても平然としている特長が
あって、利用者に不利益を与えていても、
平然としてられるのも、司法系の特徴。

 そもそも、司法における同胞意識が強い
傾向に有って、医学分野でも同じですが、
それらの人間関係は、客観的に美化された
世間体を維持する為に、内側で、どろどろ
とした内容を同胞だけが知っていると言う
人間関係から成り立っている事が多い。

=== 補足:公務員 ===

{{{
 実は、初期の頃に、とある裁判体の訟廷
管理官から「司法公務員に成ると言っても
試験的な技能だけで、実務能力や人間性と
言う観点での適正を十分に満たしていると
言う人員だけじゃない」っと説明があった。

 そうした事情は、一般の人に解り難いと
される部分ですが、公務員と職務実態は、
「自己の能力を公共機関運用、維持の為に
奉仕する」と言う観点の立場に有る。

 つまり、給料などの資本的な待遇麺が、
好いからと言う動機で選択できる職務でわ
無いのである。

 建前上・・・。

 しかし実際には、資本的な観点によって
職種を選択する傾向にあり、公務員として
奉仕をする動機から選ぶ人は、少ない?。

補足:裁判所と法規、規律、業務習慣

 各裁判所は、各裁判部で独立していると
言う名目で、勝手な業務の習慣(裁判部の
部長方針)によって、不平等な対応を行う
と言う点も解っていたか、それらを平等化
する気配が無い。

 日本人には、「法の下に平等」といった
基本的人権を有しているが、それの自覚が
無いと言うのが一般的であり、最悪なのが
法学部の法的観点が宗教的に至り(これは、
医学分野でも同じ現象が生じていることが
解っている)点でも致命的である。

 挙句の果てには、学説まで用いて説明を
する輩まで居たりして呆れる。

久々に東京地方裁判所(霞ヶ関庁舎)で司法Harassmentを受けた!

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/2/3(水) 午後 11:34

ファイル 4616-1.gif

相変わらずの書記官による越権行為

 既に東京高等裁判所が、私に指摘等を
され、約1年を費やして、色々な業務の
改善等を請求しつつ、相応の成果などが
あったのですが・・・。

訴訟手続の妨害

 訴訟の当事者に対して不必要な行為を
行わせたり(強要的に指示をしたり)、
書記官が越権して訴訟判断などを行うと
言う事が有り、以前から指摘をしていた。

 たちが悪いのは、裁判官が書記官へと
助言や意見、動向などを過剰に求めたり、
判断など委ねるように意見を聞くと言う
現象が、地方裁判所で頻繁に発生をして
いる事である。

 場合によって、訟廷内で平然と合議が
書記官と裁判官との間で行われることも
あって、大いに不信を抱いている。

 その原因は、合議体で無い場合には、
相談する相手が居ないことから基本的に
書記官と相談などをして決める事が多い
ことに有る。

 挙句の果てには、訴訟の流れなども、
裁判官が把握をしておらず、書記官にと
聞く始末で、そうした状態から書記官が、
自己の立場を誤解して、越権的な対応を
窓口で当事者に対して行う現象が有ると
言うことも解っている。

 つまり「書記官の口ぞえにて、訴訟の
流れが大きく左右をされてしまう傾向が
あって、本来であれば、裁判官の判断で
訴訟の流れが進行をする必要が有るが、
不適切に書記官が、訴訟当事者に対して
『これに付いて、こう言う判断をします』
っと言うように断言(判決のように言い
切ってしまう)する事が有る。

 しかし、後々に私が追求すると、別に
法的規制が無い事が殆どであり、之まで
書記官が日々の業務慣習で行われている
内容に伴う、必要な説明の欠如に不要な
説明を聞くことや、訴訟の流れに関する
強要的指導等を全て私によって覆されて
いるのが現状。

 挙句の果てには、業務改善までするに
至っており、訴訟の当事者でなく裁判所
と争うように誘導的な応対でまされて、
とても迷惑をしている。

 今回は、残念ながら訟廷管理官を含め
不適切となる対応を行われ、失望どころ
でなく、公務員として責任追及をされる
必要のある事柄として取り扱ってみる。

東京高等裁判所・霞ヶ関庁舎での事件

(1)書類提出の強要

 私が作成をした書類内容が、窓口にて
口頭で伝えた内容である趣旨を、担当の
書記官にと伝えたら、「書面以外では、
受付けない」と拒絶された。

 また描いて有ることが全てであって、
それ以外で、裁判官に間接的に伝えると
言う事は、行わないと断言をした。

(口頭による訴えの提起)
第二百七十一条
 訴えは、口頭で提起することができる。

(2)相手の話(事情)を最後まで聞かない

 どこの公務でも発生する典型的な形式
となっている悪い応対事例の一つとして、
「利用者側の事情を把握せず、また話を
聞いても理解できず、適切となる窓口に
誘導すらも行えない」とされる使えない
公務員が多い。

(3)利用者に負担をかけてる自覚が無い

 どこの公務員でも言えることですが、
利用者(一般の民)に負担をかけても、
平然と、「公務上、当然の成り行きで
ある」との返答を平然と行う。

 どうやら公務員は、対応の評価は、
給料に対して影響しないと思い込んで
いるのと、公務員(特に司法関係者)は、
「己が公務に準じて、行っている行為が
適切で有ると言う『自己中心的応対』が
多く、それを法的に調べて指摘をすると、
結論的に殆どが私に論破されて、業務の
改善等をするに至るのだから、呆れる。

結語

 私の私論では、民事訟廷の活性化に
よって、不法行為の7割、自殺者数の
低下などが見込まれる。

 っと目論んでおり、相応の活動等を
含めて訴訟行為を行っているのですが、
致命的なのが「各裁判体(高等裁判所、
地方裁判所と言う単位でなく、裁判所
内部には、更に1~数部署が存在して、
各種別ごとに事件が取り扱われる)で、
独立していると主張している」だけに、
事件提起の度に、同じ現象が生じると
言う状況にあり、不信を抱いてたが、
年明けから東京高等裁判所の民事部で
対応が一気に変った雰囲気になった。

 しかし、その下級裁判所である東京
地方裁判所で再びに、対裁判所とでの
紛争が生じているだけに、今迄以上の
怒りを抱いている。

( -ノω-)こっそり♪<仕事などに悪影響まで及ぼしているんだから当然である!

(∇〃) .。o(しかし、平然としてられる裁判官も、奇妙な存在だよなぁ♪)

補足:民事訟廷と刑事の事件

 民事訟廷が利用されれば救われたり、
刑事事件に発展をしなかったであろう、
事柄に対する責任に付いて、裁判所が
「まったく無い!」っと、言うような
対応をするのが東京地方裁判所であり、
呆れるというより失望との言葉の方が
適切である。

 また利用者の立場で失望していると
言う部分で、「結論的に無くても良い
とされる公的機関である」との意味も
含まれている。

 致命的だったのが約2年前に裁判所で
運用をされている各裁判体のHomepageに
各種の書式などが明記をされていたが、
その状態を、殆どの書記官が把握をして
無いことから、それを通して書式などや、
訴訟利用の方法を含めて、説明などが、
不十分な説明となったりすることが多く、
私に指摘をされている。

 現在でも、その部分(Homepage)にて
記載のある内容を把握してない書記官が
多いのは、事実である。

 最悪なのは、民事訴訟法の内容を把握
されてない書記官もおり、特に業務習慣
などにて法規制が無いのに、規制が有る
ような口調で、相手に説明する事もあり、
公務員として不適切な存在である。

 過去にて同じ想いに成ったのは、東京
高等裁判所の民事訟廷管理官(現在での
管理管と異なる)が、「高等裁判所を、
利用すると言う事は、相応知識が有るか
弁護士などを起用した場合で利用などで
あって、それ相応の能力を要する」っと、
法的規制の無い事を平然と言ってのけた
ことに、私が憤慨して最高裁判所にある
人事調査課に、対応適切性の調査依頼を
苦情と一緒に出すに至っている。

 それ以後にては、だいぶ改善をされた
ようなのですが、久々に本日、書記官と
窓口で誘導的な論争(仕事関係で用事が
あって、更に他の裁判対にも出向く必要
などが有ったが、該当裁判体で1時間、
訟廷管理官の対応で30分も要されて、
どちらも結論的に数分の適切な会話にて
済むとの内容を、故意に引き延ばされて、
私の仕事における仕入が二件、取引先へ
入金する行為などが遅い時間となった。

 更に図書館に行く予定等も有ったが、
行えないように至り、焦った私が開庁の
時間外にとなった状態で、他の裁判体に
寄る用事を済まさず裁判所を出てしまい、
慌てて夜間対応の窓口に戻って、急遽に
対応を行ってもらった」との事態までに
陥ったが、それでも東京地方裁判所側は、
謝罪を拒みつつ、平然と過剰対応などを
続けていた状態にあった。

 又、八王子市にOpenSoftwareの利用に
関するReportを提出する事にも成ってる
状態に有って、帰ってきてから着手する
予定で居たけども、それも行えない。

 よって今回は、『東京地方裁判所の全
人員』を入れ替えるような感覚で、業務
改善を請求してみようかと想っている。

 弁護士会の解散でなく裁判所の解散を
請求した方が、良いのかとも想っている。

重悪犯罪における公訴権の消滅時効効果を撤廃・・・

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/1/29(金) 午前 9:09

ファイル 4615-1.gif

法務省

 重悪犯罪における公訴権消滅の時効効果を
撤廃する方向で法務省が動き出した。

<参照 YahooNEWS>

司法倫理の保持

 皆さんは、検察の仕事に付いて、どのように
考えているでしょうか?

 特に書籍を観るなら少年犯罪における苦悩は、
裁判官経験者を含め、文化的な葛藤が綴られて
いる書物が多い事に気が付くのかと想われます。

 現場で働く警察官(刑事などを含む)たちの
苦悩や、その事情を知らない温室育ちのCareer
たちに、何が行えるのだろうか?

結語

 実は、NPO制度が定義された後に、警察の
公務から離れつつも自警的に、法的倫理を高め
ようと活動をしている元警察官等も多いらしく、
そうした活動により、別の角度から法的倫理が
守られようとしている。

 そもそも日本国民の義務として憲法、並びに
法規厳守の義務が課せられているが、それにて
得られる利益性ない事から、司法界の人員まで
法規厳守を唱えなくなった。

 
 しかも一般の国民側も、法を厳守することで
利益性の追求が行えないのだから、自己に被害
などが及ばない限りは、不当、不法行為などを
相手に対して指摘しないとの人間関係によって、
成り立ってしまう。

 つまり結局の所、司法の人員による責任等も
あるが、それ以前に「法を守る必要が有るのは、
誰なのか?」と言う観点で問われる必要がある
かとも想われます。

 よって、あなた(国民個々)の法規厳守にて、
成り立つ福祉社会なのですが、それが行えない
と言うならば、相応に不具合が生じても当然で
有るのかと想われます・・・。

明石署副署長の刑事起訴

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/1/29(金) 午前 8:17

ファイル 4614-1.jpeg

徐々に変化する司法界

 警察署の副所長が刑事起訴となることが
確定したようです!

<参照 YahooNEWS>

同胞主義

 比較的に同胞意識が強いともされている
司法界ですが、徐々に腐敗状態から活性化
するような兆しが出てきました。

司法の倫理

 司法倫理を腐敗させている根源が司法の
人員による物であると言う状態は、文化的
歴史を辿っても、いつの時代も指摘される
内容にあります。

 越権とされる部分を、どのように制御を
するのか問われます。

結語

 誰も犯罪者に成りたくて産まれて来た訳でも
なく、子供の頃にHeroに憧れていた男子達も、
今じゃ獄中生活をしている程に至る。

 誰にでも押さない時の憧れがあって、それを
諦めなくちゃ成らない時も・・・。

 それでも規制される必要が有り、それが
人類規模での観点における利益であるとも
考えられると言うのが司法界における法規
倫理の根源に成っているのかと・・・。

死因究明研究会?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/1/21(木) 午後 10:35

ファイル 4613-1.gif

犯罪死の見逃し防止?

 この意味合いを逆説から解くと、かなり重大な
問題が有ることに気が付くのですが・・・w

 『犯罪死の見逃し防止』とは、相応の必要等が
生じている可能性から追求をされるのかと想われ、
そうで無いとの場合には、公務機関の特徴と成る
「ことなかれ主義」を現状して、防御体制を強化
する事を意味する。

 さぁ~、現場で働く公務員や、被害者の人達に
とっては、どう想うのだろうか?

<参照 YahooNEWS>

結語

 交通事故に対する部分(数年前)から、徐々に
警察機関の事情も変化しつつあるのかと想われ、
きっかけと成っているのは、やはり『女性公務員』
と言う存在かと想われます!

 男社会の代名詞に暴力が付き物であり、それら
意外にも不当、不法行為なども加わっているのが
現状であります。

 そして女性の世間的進出が日本国でも文化的に
進んでいる事から、倫理性の見直しが行われてる
と言うのが現状かと想われ、元々に生真面目だと
される男性陣を盾に出世して、後に嫁鬼のような
角を出して、活躍を・・・w

( -ノω-)こっそり♪<唯一に女性には、『角隠し』を被る権利も有してますが・・・www

(∇〃) .。o(まぁ~、そうした風習の選択肢も有りますけどね♪)

 自衛隊など、これまで男性主体とされた職場に
女性が進出していますが、それらによって倫理性
などの向上が図られると、改めて経済が向上する
ことが予測できます!

 そうした観点は、日本の歴史を遡っても解ると
想われ、男性による世間沙汰支配の後にて倫理の
崩壊、女性による世間沙汰への進出、好景気へと
成るが、女性を含めた不倫状態が蔓延した後にて、
景気が下落、また改めて世間が構築されると言う
形式を繰りかえしている。

 がぁ~!

 やはり人は、相応に学んでいる事も多く、同じ
過ちを繰り返さないように、努力もしているのが
現状である。

 さて、そろそろ World Tracker Japanese達の
出番なのかと・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

裁判員の選出問題・・・

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/1/20(水) 午後 9:57

$FILE1_c

障害のある場合

 当選者が「自己に障害のある場合には、
事前に、規定の内容に記す事にて、相応の
配慮が受けれる」ことに成っている。

 しかし・・・。

<参照 YahooNEWS>

実質的(過失的)な不平等

 職員が何重にも確認をしていたとされる
書類を『すり抜けた』と言う表現が有るが、
私の想像だと、「書類が勝手にすり抜ける
ことなど生じない」のであって、只単に、
書類確認者の不適切な対応の結果である。

 逆に書類確認の重要性は、かなり重いと
想われ、相応の配慮がされなく、民個人が
損害(心身上の被害を含む)を受けたとも
されるなら、相応の責任も生じる。

結語

 今回の場合には、『過失的』として公表
されているのですが、私的には、「過失を
防ぐ為に、何重もの書類確認が行われてる
状態に有るのだから、過失と言えない」と
判断をしている。

 つまり過失とは、『第一段階の確認で、
見落としが生じたと』と言う部分までが、
認められるが、それ以降においての確認も
生じていながら、その業務が遂行できない
と言うなら、「担当職員には、その能力が
無い」ことを意味する。

 また、何の為に公務員試験が有るのかも
理解不明と成る。(SPI試験も同じ)

 今回の場合には、最終承認となる人員が
それらの責任を追うのかと想われます。

補足:「裁判所が嫌いになった!」?

 今回の事件で『当事者(被害者)』は、
「手話通訳が必要だと伝えていたのに、
準備してくれなかった。裁判所が嫌いに
なった」と世間に対して表明したとか。

 その行為は、適切だったのでしょうか?

>参照

憲法
第十五条
 公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。

同条第二項
 すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。

同条第三項
 公務員の選挙については、成年者による普通選挙を保障する。

同条第四項
 すべて選挙における投票の秘密は、これを侵してはならない。
選挙人は、その選択に関し公的にも私的にも責任を問はれない。

第十六条
 何人も、損害の救済、公務員の罷免、法律、命令又は規則の制定、
廃止又は改正その他の事項に関し、平穏に請願する権利を有し、何人も、
かかる請願をしたためにいかなる差別待遇も受けない。

第十七条
 何人も、公務員の不法行為により、損害を受けたときは、
法律の定めるところにより、国又は公共団体に、その賠償を
求めることができる。

>国家賠償法
第一条
 国又は公共団体の公権力の行使に当る公務員が、その職務を
行うについて、故意又は過失によつて違法に他人に損害を
加えたときは、国又は公共団体が、これを賠償する責に任ずる。

同条第二項
 前項の場合において、公務員に故意又は重大な過失があつたと
きは、国又は公共団体は、その公務員に対して求償権を有する。

>国家公務員法
第八条
 人事官は、左の各号の一に該当する場合を除く外、その意に反して
罷免されることがない。

同条第一号
 第五条第三項各号の一に該当するに至つた場合

同条第二号
 国会の訴追に基き、公開の弾劾手続により罷免を可とすると
決定された場合

同条第三号
 任期が満了して、再任されず又は人事官として引き続き十二年在任
するに至つた場合

同条第二項
 前項第二号の規定による弾劾の事由は、左に掲げるものとする。

同項第一号
 心身の故障のため、職務の遂行に堪えないこと

同項第二号
 職務上の義務に違反し、その他人事官たるに適しない非行があること

同条第三項
 人事官の中、二人以上が同一の政党に属することとなつた場合に
おいては、これらの者の中の一人以外の者は、内閣が両議院の同意を
経て、これを罷免するものとする。

同条第四項
 前項の規定は、政党所属関係について異動のなかつた人事官の地位に、
影響を及ぼすものではない。

第九十六条
 すべて職員は、国民全体の奉仕者として、公共の利益のために
勤務し、且つ、職務の遂行に当つては、全力を挙げてこれに
専念しなければならない。

同条第二項
 前項に規定する根本基準の実施に関し必要な事項は、この法律
又は国家公務員倫理法 に定めるものを除いては、人事院規則で
これを定める。

『時効の見直し』は、現実になるか?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/1/21(木) 午後 10:09

ファイル 4612-1.gif

一ヶ月の意見調達期間?

 そんなのが行われているなんて知らなかったけども、
全国的に知られていたはらば、もっと多く意見回収を
行えたのかと想われる。

<参照 YahooNEWS>

結語

 どうして国家行政が行う「民からの御意見、御要望」
などを収集する企画と言う物が、常に限られたような
範囲でしか行われないのだろうか?

 挙句の果てに、限られた極少の情報源で統計までも
出してくるのだから、呆れてしまう。

 しかし、そうした状況の統計でも多くの一般国民が
指示するであろう内容であれば、それで良いのか?

 つまりは、国家としての感覚では、民の心情などを
『どんぶり勘定』で図っている節があり、人口1億を
超えている状況だと当然かと想われるのですが、それ
だからと言っても、限度が有るのかと想われます!

 少なからず、人口の『10~100分の1』程度の
意見を聞く必要が有るのかと想われ、その情報から、
更に『珍しい意見』を収集することが、解決の鍵にと
なる事もある。

 それらの観点から情報処理が行えて無い公共機関は、
やはり万民の性格に合うような、また例え合わないと
されても、相応の代替対処が有るとされるなら、不当、
不法行為などに着手をしないであろう事も、私的には、
予測をしている。

 犯罪者、不当行為者の殆どが、それしか手段が無い
と思い込んだことから生じる事件であることが解り、
その一回目を境に、常習化(不法行為癖)する場合も
多いようです。(悪行意識の固定化)

 ところで『時効の見直し』に付いては、皆さんだと
どう考えるのでしょうか?

 ちなみに検察官や警察官、または、民などが懸命に
なって見つけ出した犯人が裁かれても、結果的に死刑
との判決が出ても、その執行が、いつの日に成るのか?

 『悪魔(不義)の経済学』との観点では、重悪犯罪
などを行っても、それを否認し続け、最終判決が確定
された後でも拒み続ければ、不本意に死刑に成る事は、
あまり無いとの結果から、その部分に利益性を与えて
いる事にも至ってるのが現状かと想われます。

 つまりは、時効の問題が解決をしても、その後にて
刑罰の問題が解決をして無い状態なら、意味が無いと
想われるのである!

( -ノω-)こっそり♪<法務大臣は、現場で働く公務員や国民の苦悩なんて理解できないと想われる!

(∇〃) .。o(そうでなければ日々に肥えている余裕なんて無いのが司法会での生きざまだと想う♪)

補足:自衛と国家自衛

 しかし「自己を守りながら、他人を守る」と言った
行為は、意外に難しいとされ、これまで宗教などが、
それを論理的な防御壁として利用されたが、現在では、
逆に、宗教を建前に不正な活動を行うと言うのだから、
驚いてしまう。

 いっそ、宗教を建前に悪事を働いた者への罰則は、
暴力団と同じく、相応に重い罰を与える必要があると
想われ、其れによって宗教倫理が少々でも改善される
かとも想われる。

( -ノω-)こっそり♪<不法行為者などに祭られる神仏精霊も居るのだから・・・w

(∇〃) .。o(やはり神仏、精霊であっても、それ相応の立場における能力が求められれるのかなぁ~♪)

法律の改正を訴訟で請求!

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/1/9(土) 午後 10:24

ファイル 4610-1.jpeg

珍しく、原告の勝訴!

 「障害者自立支援法」の違憲訴訟にて、
原告側が勝訴となったらしい!

<参照 YahooNEWS>

結語

 でも一つ疑問が有るのが、過剰に障害者を
保護すると、逆に暴力の標的にされる可能性
などもあって、微妙である!

 皮肉な事にTerroristの多くは、健康体で
多少の食生活の悪さには、対応できるらしい!

 そうした者達によるHomelessの襲撃現象や、
障害者に対する排他、虐め行為を考えると、
やはり、相応の利益が有る場合には、一般人
として税金などを支払う必要があるのかとも
想われます。

 つまりは、偏見の原因を除去すると観点で、
健康でも、反世間的だったりすれば、脅威で
あって、その者達からの脅威を考えるならば、
どうだろうか?

 まだ日本国は、豊かな国だから良いけども、
これが生存競争をかけた国であるなら、どう
評価されるだろうか?

 健康な子供と、そうでない子供の生存権利
などを平等的に考えられるだろうか?

 自尊心と、犠牲心・・・。
とある宗教は、自尊心者を守る為に犠牲心を
教育で刷り込んでいることが解っています。

 つまり『犠牲心』とは、劣った者が勝ると
される者に対して、自己の生命なども差出て
守る行為などであって、その判断を当人にと
任すのだから、犠牲心からの保護を受けたと
される者は、『神に選ばれ加護を受けた』と
解釈をして、平然と感謝を・・・神に告げる。

 ・・・共存性は、そんな宗教に在りえない。

死刑囚に対する『無差別死刑』って無いのかな?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/1/8(金) 午後 11:00

ファイル 4609-1.gif

無差別殺傷事件の死刑囚に対して・・・

 死刑制度における欠点は、結局のところ
検察などの追求がされても、更に判決まで
死刑判決を行っておきながら、その後での
執行に至ることは、極稀な状態である。

 それに対抗するには、やはり無差別死刑
と言う手段しかないのかと・・・w

 死刑を言い渡されたら直ぐ翌日とか・・・w

<参照 YahooNEWS>

結語

 被害者側は、突然の悲劇に遭遇をすると
言うことになるが、加害者側(死刑囚)の
場合には、予めに死刑に成る事が解ってる
のとは、少々に異なる。

 現在では、魔の金曜日(犯罪被害者側に
すると『報いる日』かと・・・)と言われ、
近年の死刑は、金曜日の午前中に行われる
ことが多いらしく、その当日は、早朝から
刑務員が慌しく動き回りつつ朝の点呼など
通常業務行為が、早めにと進行するらしい。

 そして、朝の点呼などが終わると・・・。

 かつ♪かつ♪かつ♪かつ♪かつ♪かつ♪
っと、数名の刑務員の足音が聞こえてきて
誰かの御迎えと成るらしい♪ 

 やはり抵抗をする者が居るらしく、その
防御の為にと、体格の良い刑務官などが、
事前に待機をしているらしい。

 ちなみに実際の事は、解らないのですが、
激しい抵抗に合うと、死刑が延期されると
言う事が有るらしい・・・(。-`ω-) ん~♪

恩赦

 この不思議な制度は、私的に微妙である
と想っています。

 司法が死刑と決めた者に対して、減刑にと
なるのですが、その後に、その死刑囚などを
国費で賄うことに成ります。

 そもそも冤罪などの場合は、検察、判事の
事実追求に関する能力不足や、組織的な陰謀
などによって生じるのかと想われる。

 疑わしきは、罰せず・・・

 との言葉が有りますが、実際には・・・

 疑わしきは、無罪である可能性

 疑わしい者の事実が、後に事実でなかった
と解った時には、検事、、判事の責任などが
問われる事に成るのかと想われ、つまりは、
司法人員の都合による制度であり、それほど
事件の真髄

死刑確定 > 土浦連続殺傷事件

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/1/7(木) 午前 4:39

ファイル 4608-1.gif

控訴の取り下げ

 地方裁判所にて下された判決に対して、
弁護士団が公訴を申し立てていた。

 しかし後に被告側が拘置所から、控訴
取り下げの請求を行って、それが受理を
されて、正式に刑罰が確定をしたらしい。

<参照 YahooNEWS>

結語

 無差別連続殺傷事件の行為者における
一つの特徴とも言えるのが、死刑執行を
慾すると言う点に有る。

 死刑に成りたいから、連続殺傷事件を
発生させた?

 なら死刑制度が無ければ、どうしてた?

 それを想うと実際に聞いてみたいとの
心情が沸いてくるのも人情である。

 いまさら「どうして行った?」を問う
との点で時期が遅く、「どうしていれば、
事件が発生をしなかったのか?」を問う
方が、今後の為にも良いのかと想われる!

補足>精神と肉体

 健全な肉体に、健全な精神が宿るとの
説が有ります。

 しかし、その精神と言う点でも逆に、
「健全な肉体を邪神に汚される」と言う
面での警戒心が無いと、悪用されるだけ
となってしまう。

[{{
 人の特徴として、暴力団などの基礎と
なる精神に、『相手を殴るなどの暴行に
よって倒すことを慾する』と言う特徴が
あって、それを制御できない人を不良と
呼ばれたりする。

 ちなみに、『やくざ』などは、別枠で
宗教団体と同じく「生き方、主義などを
共有しつつ、仲間を守り、外敵などにと
対抗をする団体」となり、そうした団体
などが、暴力を理由に不当、不法行為を
行うことが規制をされ、そうした組織を
維持する状況を、政府が好ましく想って
無いのだから、存在を否定するような、
対応と成っている。
}}}

 それらは、団体での事ですが、それが
個人の場合には、どうか?

 私が数年前から色々と調べた内容だと、
少年でも連続殺傷事件を発生させる事が
解っており、その特徴に「自己暗示的な
信仰に似た思想を基に『念』を使う」と
言う特長が有ることが解っています。

 何だかの思想と言う部分では、世間が
悪いなどの特徴があり、自己の正当性と
暴力的な心情に伴う、不当、不法行為の
正義性を追求しつつ、その活動を正当化
する物であり、Terrorismの特徴になる。

 人類規模で考え、自己が人である事の
観点から離れて考えてみよう!

 Terrorismの思想に達する場合、それの
慾する感情と行動に特徴が有るのですが、
それを堪えようとすると、Stressとなり、
日常生活において己の行動が想い通りに
活動できなくなる。

 その結果、軽い『うつ病』に陥るが、
普通の人だと本能的に、何だかで発奮を
する、別のことで気を逸らしつつ心情の
安定を保つなどと言う、解消方法などを
本能的に身に着けていたり、本能的に、
それらを模索したりする。

 しかし私の想う所だと連続殺傷事件や
Terrorism思考に陥ると、反射的に八つ
当たり行動を行うらしい。暴走族なども
同じであると想われる。

 その活動は、幼児期の行動を見てると
解るのですが、子供がStressを感じると
泣き出して、発奮などを行って解消する。

 しかし確か、その動作を締め付ける等
によって強制的に動けなくすると、死に
至ってしまうとの記憶が有る。

 其れほどまでに、『強烈な害的心情の
発生』は、己(人)に仕組まれた脅威で
あると言える!

 それらの心情を制御したいと願いつつ、
宗教にと逃げ込むが、現代宗教の多くが、
その力を悪用されてしまう場合が殆どで
あると思って良いのかと思われます。

 逆に『悪い精神』と『良い精神』や、
理想の為に試行錯誤する考えなどを含め
「精神力と頭(考え:身体の操作)は、
使いようである」ことも解る。

 つまりは、物や力を、使う方法を選択
するのは、人であって、相応の力などが
あっても、それを悪用されると脅威にと
なってしまう。

・・・(。-`ω-) ん~♪

大脳の役割 > 私論

 之までに私が、色々と調べた結果では、
その『精神部分と人の行動』との観点で
大脳の役割に注目をして考えるならば、
「一般的な医学説だと大脳の7割以上が
使われていない」との事が言われている。

 なら、なぜ脳が大きくなるのか?

 そして、十年程前にもTVなどで脳に
関する学説的な内容が、あらゆる番組で
話題となったが、結論的に未開拓である
と言う形で終わっている物が多い。

 『前頭葉』が感情に関係しているなど、
色々な大脳皮質にも関係した研究結果が
あるのですが、それらを踏まえて、逆に
健康体でなく、障害があっても、特別な
能力を別枠で持っていたりする人も居る。

 それらを考えると「抑制効果を必要と
されている可能性が大脳にあり、それの
能力を伸ばす部分と、抑制される部分に
よって、性格(個性)となる」のかと、
私的に想っています。

 つまり身体的な問題は、訓練や工夫で
補えるのですが、その他となる特殊的な
能力などは、それが有ると、むしろ脅威
と感じられたり、その他人となる力等を
第三者が利己的に悪用したりすることも
あって、それらが洗脳などと呼ばれる、
『精神的な拘束』を意味しますが、個人
と言う場合には、どうでしょう?

 私の知る限り、「自己暗示」が原因で
己に対して暗示(催眠効果的な作用)を
かけてしまうが、その自覚の無い人達が
居る点が焦点になると考えています!

 また、そうした不安定時期に、精神を
論理的に制御できたり、されたりすると、
其れに対して心地よさを覚えて、慕うと
言う人間関係も成り立ったりもする。

 更に、技能など己が追求をしていると
される分野で、超越的な能力を持つ者を
尊敬したりする心情もある。

 現代の宗教では、只単に精神の安定と、
Robot(機械的に働く者)活動への制御
と言う観点で、処理されてしまう。

 仕事を慾するものは、逆に自己が死へ
心情的に追いやられているような、脅迫
観点をもった人であることが多く、逆に
引き篭もってしまう場合には、能力が、
世間で発揮できないように封じ込まれる
ような類と成る。

 一見してInternetやGAMEなどの利用と
言う観点から引き篭もり現象が生じると
される世間的問題が有りますが、それを
良く観察すると、一般人と異なる能力が
あったり、身に付けている人達も多い。

 しかしなぜ、そうした技能が・・・?

 結論としては、大脳が一見して利用を
されてない部分は、単に良く勢力により、
制御をされた部分で有る可能性が高く、
理性なども含まれるのかと想われる…。

( -ノω-)こっそり♪<裁判所への書類を作っており、その気休めのつもりだったけど・・・w

(∇〃) .。o(つい本腰を入れてしまい、かえって疲れた♪)

 どういう性格なんだろうか・・・w

 (そう言う性格なのだが、心のどこかで認めたくないので、そう表現するのである・・・)

肝臓癌を患っている死刑囚が、東京拘置所で死亡?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/1/3(日) 午後 6:29

ファイル 4607-1.gif

問題点!

 この死刑囚は、他の暴力団員を殺害したとして死刑が
確定をしていたらしいのですが・・・。

 皆さんが、その状況を聞くなら「死ぬ前に死刑にしろ!」
などの思いと成るのかと想われます。

 しかし私の観点だと異なります!

 死刑囚であっても、相応の病などを患っているなら、
医療を受ける事に成っていたかと想われます。

(1)
 東京拘置所は、故意に適切な医療で対処しなかった
との可能性が有ります。

(2)
 また、東京拘置所では、死刑執行の公務を免れたい
と言う理由も有ったのかと想われます。

(3)
 死刑囚側との密約があった可能性が有り、肝臓癌の
痛みを和らげる為に、Morphine(もるひね)などの、
覚醒的な薬物を投与されていた可能性もある。

(4)
 つまり死刑囚は、覚醒作用のある薬物を合法的にと
入手が行え、それを得て死刑囚の生活を送っていたと
言う可能性がある。

<参照 YahooNEWS>

ずる賢い司法

 司法の人員は、毛嫌いする相手を不当、不法行為を
行うよう、追い込むこと行う輩が居ることを確認して
おり、その行為自体は、「嫌がらせ」と言う程度にて
警察などで取り合わないのが普通らしい。

 それらは、裁判所でも平然と行われ、行動の評価が
されなければ、それで言いという「刑罰の決定などは、
刑事訟廷を経ない限りは、罪に成らない」との観点が
あって、そうした悪知恵から方を理解している者達の
悪用が世に散乱をしている常態にある。

 ちなみに司法系の場合には、学閥関係などがあって、
自己の卒業した大学に汚名を塗る事になるとの点から
協力的に、不当、不法行為などをする習性が有る事も
あるようです。

 また広くは、宗教団体、政治団体などの観点から、
不当、不法に協力をする場合も有るようです。

結語

 ちなみに、それらの行為が平然と行われる原因は、
民が司法に対して疎く、委託的に考えている節が有る
との点があり、とても愚かな状態にあることが根源で
成り立っている。

 そもそも法律の観点では、「憲法、他の法規等は、
全ての国民が把握をしている事で成り立っている」と
言う観点が、公務員側に有る。(しかし非現実的なる
思想であって、その思想を植え付けて居るのが法学部)

 近年では、Complianceとの言葉が流行っているが、
それの意味が誤解されていたり、美化をされている
状態に有る。

 Complianceとの言葉が必要に成ると言う世の中は、
無法地帯化している(俗に言うMoralHazard)との
状態にあり、法的秩序が低下をしている事が原因で、
そのCampaignを展開する必要が生じる。

 逆に憲法、法基準が厳守され、世の中が安泰だと
される状況では、Complianceとの言葉が流行しない。

 それらの観点からも、現象と原因、その結果等を
観察する時に、『 その作用 』が重要視を
される事に気付かれたい点である!

補足:犯罪と司法のDilemma(じれんま)

 これは、刑事裁判でも居える事ですが、外国人に
よる犯罪が増えている主原因が、犯罪者の発生なく、
「犯罪行為の利益性にあり、日本国内で逮捕されて
刑罰を受けた方が、利益が有り、仮に犯罪が遂行を
されても利益となる。犯罪のDilemmaが生じている
ことから成り立てしまう」との私論が有ります。

 つまり犯罪を行い逮捕をされても、犯罪行為が、
遂行されても、当事者の利益になると言う究極の
選択と言え、『悪魔の選択』と呼んでも良いかと
想われます。

 逆に、その選択思考は、日常でも使える思考で、
Aの方法が駄目なら、Bで行なう、それらが駄目
でもCと言う利益は、確保される。

 例えば市場などで、企業の株価が下がることを
想定して空売りを行っておくと株価が下がっても
利益が出るのであって、一般の人達が想うところ
『株価が上がる事で利益を得る』との観点からも、
市場の心理Trickが存在をしており、逆に一般人が
それに気が付いた時には、それらの思考を逆手に
取って利益を回収する。(証券会社は、株券等の
売買手数料で利益を得ているのであって、市場が
上がろうが、下がろうが、そう言う大変動の時が
利益の回収所と成る)

 これを一般人の恋愛にも当てはめる事ができ、
同時に複数の異性と交際して、後に都合のよいと
される方と結婚をしたり(俗に言う、結婚相手の
飼育、その数が多いと牧場とも言う・・・w)、
通常の商談(商業仕事)でも、そうした駆け引き
などによって成り立つ。

 がぁ~!

 保険制度などが過剰になり、人が死んだ方が、
利益になったり、Homelessは、犯罪行為を行って
逮捕をされた後に、刑務所で暮らした方が健全で
健康な生活ができると言う環境を作り上げては、
それを誘発する世間体までも有る。

 挙句の果てには、『Homelessを支援』している
偽善者団体もあり、『Homelessとなる生活からの
解放活動』を行っている人達は、極僅かになる。

 特に宗教団体による偽善活動に、私的に嫌気が
さしており、救済を求める輩が増える事で信者が
確保できると言う、負義な環境でも形成している。

 当方側で、観察をしているのが二つの団体で、
仏教系と、Christ系に成るが、元々観察の対象に
成ってないのですが、相手方から侵害してくると
言うことが多く、その防御の為に観察をしていた
のですが、今期だと公訴請求の対象としての観察
となり、司法の人員も同じ。

( -ノω-)こっそり♪<憲法には、次の定めが・・・w

  • --
  • 日本国 憲法

    第十二条
     この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の
    不断の努力によつて、これを保持しなければならない。
    又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、
    常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

    第十七条
     何人も、公務員の不法行為により、損害を受けたときは、
    法律の定めるところにより、国又は公共団体に、その賠償を
    求めることができる。

    • --

    (∇〃) .。o(第十二条の観点で、公務員には、憲法、法規の厳守義務が有るの観点もあるらしい♪)

人の心情を逆手にとる法曹界

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/12/30(水) 午後 4:44

ファイル 4606-1.gif

人の性(さが)

 現状において、対して価値の無い物を、価値のある
物へと転化させる方法は?

 人が慾する物を制限すると、それの価値が高くなる
と言うことは、何であれ皆さんにも解るのかと想われ、
人類史では、『禁酒制度による酒の密売』など歴史的
出来事があった。

 さて奇妙なのが、『選挙投票での争い(訟廷行為)』
であって、妙な展開をしている。

<参照 YahooNEWS>

事柄的には、良いが・・・

 さて、各種人員の結果的な意見を纏めると・・・。

(1)弁護士
「法の番人である司法が、戦後初めてやるべきことをやった歴史的な瞬間」

(2)元最高裁判所判事(現在、弁護士)
「憲法の平等の原則に違反することは明白で、当然の判決」
「国会は次の総選挙までに選挙区割りを是正すべきだ」

 そして奇妙な意見となるのが・・・・w

(3)大阪府選挙管理委員長
「違法であるとの判決は極めて厳しいものと受け止めている。今後、判決内容を
 よく検討し、国とも協議のうえ方針を決めたい」

なぜ選挙管理委員が国と協議するのか?

 結論としては、選挙管理委員の活動内容が不適切
であったとも想われるのですが、それに対して国と
協議する必要性が不明である。

 選挙管理委員は、国家機関と独立した自治性での
観点で運用をされていた団体であったかと想われ、
それの観点から考えると、『国と協議する』と言う
感覚が不明である。

 つまりは、『国が認めれば合法選挙である』とも
言えず、その健全性が保障されることも無い。

 逆に、選挙管理委員会が国と協議するような仲で
あるからこそ、このような事件が戦後から継続的に
続いていた『悪き慣習の一つであり、司法までもが、
それまで認めたい』と言う事実が明るみになって、
更に『国側との連携までも吐露』している・・・。

・・・(。-`ω-) ん~♪

結語

 民の心理には、面白い特徴があって、大きな組織
などの名称を出すと、相手より有利になれると言う
利益性の問題が有り、人の心理としても有益的なる
効果が有ることが解っている。

 さて日頃において私は、『よろっちゃ王国』との
名称を出しているが、その効果は?

・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

補足:自衛隊と『民の自衛』(自衛論)

Chinaにて、英国人が死刑になった?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/12/30(水) 午前 2:49

ファイル 4605-1.png

Heroin

 中国国内へHeroinを密輸入しようとした英国人が
China当局に逮捕された後に死刑を宣告され、死刑に
なったらしい。

<参照 YahooNEWS1>

最終判決から、執行までの機関が短い!

 日本と比べると、明らかに執行までの機関が短い
感じがするのですが・・・(。-`ω-) ん~♪

 今回の事件例では、事件発生から刑の執行に至る
までの感覚が、とても短い!

<参照 YahooNEWS2>

<参照 YahooNEWS3>

結語

 前に、日本での裁判員制度における傍聴を行った
事件内容で、『覚せい剤』が「10kgで10年と
罰金800万円、4kg(だったかな?)で、懲役
8年と500万円の罰金だと言う判決」であった。

( -ノω-)こっそり♪<二つの事件を傍聴していたりします!

(∇〃) .。o(共に裁判員制度の裁判で、判決だけを傍聴した♪)

 ちなみに日本刑務所の囚人になれば、相応と成る
生活が保障をされ、快適な比較的に生活環境にて、
刑期を過ごせるのである。

 Homelessで生活をするのと、刑務所で生活をする
のとでは、どちらが良いのか?

 皮肉的では、あるが刑務所の方が有益なのかも、
想われる。

 また今回の事件のように、日本の法制度事態が、
犯罪を助長しているとの事実に付いては、大いに
疑問視をされる。

 つまり『犯罪者の選択肢(GAMEの理論)』との
観点があり、「犯罪を行わず自国(China)にて、
貧しく暮らすか、犯罪を行いつつも、日本国にて
逮捕されても、生活などが保障をされている」と
言う条件では、どうだろうか?

 囚人のDilemma(じれんま)でなく、司法倫理の
Dilemma(じれんま)が生じているのである!

 現場の警察官は、「狩を楽しむように犯罪者を
追う為に、警察官に成ったのでなく、時としては、
事件が時効消滅の効果によって、解決しないとの
場合までも生じさせ、悔しい思いをする事などが
あったり、悲劇的な殺人現場、交通事故現場等で
人の人体が無残な姿で晒されている状態などにて
色々と作業を庫成っているが、そうした苦労等を
裁判所の人員が把握してないような感じもする」
と言うのが、私の心情である。

日本の法学部における教授特徴

 なぜか教授の私論が主体になって展開する事が
多く、語句的に見た者が誤解を生じるであろうと
される部分であっても、それを修正しようとする
活動もされてない。

 実は、だいぶ前に民法などの法規内容を口文化
するようにと、Reportを国に対して提出した事が
あるのですが・・・(。-`ω-) ん~♪

 その後に、民法などの分野が口文化されたけど♪

 その理由の一つとして、法学者の勝手な私論で
司法観点が大いに擦れてしまい、○○説、○○説
などと、教授の憶測で法規が歪んでしまうことが
解っている。

 本当であれば、古き条文(現代人として、読み、
把握などを行ない難いとされる条文)などを改定
する必要が有るが、それを故意に行わず、勝手に
学説を唱え、神秘化させつつ一般の民が把握を、
行えない形式を維持しつつも、司法系の人員達が
超越した世間的地位を得られるような『司法宗教』
によって成り立ち、そうした状態から裁判所でも
利用率も低い状態にあり、一般国民による期待も
低く、世間一般での事件発生の割りに、利用率が
極端に少ない!

 そもそも何の為に法学部が有るのか、理解する
と言うのも現状からして難しいと言うのが、私の
心情です。

 もっと法律を国民、または、国内で生活をする
外国人に理解されたく、相応の努力を国家機関と
言う意味で、Serviceを提供するなら解るけども、
三権分立で、司法として独立しているとしながら、
財源は、国から得ているのかと想われるが、民の
利益と言う観点から考えると裁判所の利用価値は、
かなり低く、経済的な観点や司法的な観点でも、
『財源の消費機関(穀潰し機関)に成っている』
と言うのが現状かと想われ、それらの原因が悪き
風習や業務習慣、超越的な司法資格者による公務
指揮などによる物で有るのかと感じています。

 最悪なのが医療分野度でも「国政と見合わせて
・・・」と言うように、まるで分割されておらず、
平然と国会動向を見合わせつつ、民側に辛い想い
などを平然と行ない、更に人権の保護等の部分も
守られ無いことがある。

 従軍慰安婦問題もあれば、色々あるのですが、
まったくもって、国民からの信用度が低いけども、
それでも裁判官側などでは、平然として更には、
「自らが十字架を負った気で居るような輩も居る」
ように見受けられるのだから、まったくもって、
憲法、法律的な意味合いでの倫理(憲法や法律は、
国会にて決議されるが、その責任が民に帰属する
ことに成っており、宗教観と司法倫理は、別の物)
にも欠けている節がある。

 そうした現象は、国会側による司法責任の追及が
野放しに成っていることで、癒着を防止するための
三権分立思想を悪用して、暗黙の了解的な関係にて
対処を行い、基本的に国会を裁判所から指摘すると
言うことが無いと言うのが現行の体制である。

 しかし私の知る限りでは、憲法に次の定めがある!

  • --

日本国 憲法

第四十一条
 国会は、『国権の最高機関』であつて、国の唯一の立法機関である。

  • --

 上記の点を考えれば、三権分立など幻想であり、
国会が司法機関の責任を負いつつ、更に、裁判官
などの任免も行っていたのかと想われ、それらの
責任は、国家側(広くは、国民)にあるのですが、
それを国民から遠ざけるように、神秘化、高度化
にと見せかけ、更に大学の教授による学説を加え
誤魔化すような形で成り立たせた状態にあるのが、
現行の裁判所の形態であり、まるで『騙し絵』の
如くである。

( -ノω-)こっそり♪<私は、Maurits Cornelis Escherが好きで、色々と調べたりしてた♪

(∇〃) .。o(現在では、それを逆手に使って活動をしていたりする!)

 民の立場から考えれば豪勢な裁判所の建物より、
事件が法倫理上に解決する場が欲しいのであって、
どこから予算を引っ張ってきているのか、不明に
なる施設費や人件費などに付いて、大いに疑問を
感じている。

 裁判所は、民が利用をする場所であり、他の
国家機関、地方行政機関であっても、基本的には、
その地域の[http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E6%B2%BB 自治]性から成り立っているのですが、
日本古来からの文化思想から、子弟、親子、集団
社会的階級(宗教なども含む)等による階級的な
観点での排他、軽蔑、差別が、公務員を主体にと
行われているのが現象。

{{{:
 一番に激怒をしたのが、とある訟廷管理官が、
「高等裁判所にて争うのであれば、相応の知識や
弁護士などの力を借りなければ、続けられない」
との趣旨を言い切った事であり、その音声記録も
残してある・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

 ちなみに、その点を最高裁判所の人事調査課に
苦情と、「それが『的確な対応(返答の仕方)で
あったのか?』を確認する」ように申出ており、
後に少々改善をされている。

 なお、訴訟の継続は、訴訟当事者の意思による
問題であって、弁護士の技術力によって成り立つ
と言うのでは、逆に「法律などにて、不当、不法
または、条文の誤解などが生じても当然だけども、
それらは、弁護士などに頼るが、独学にて解釈を
する事によって解決する責任が民に課せられてる」
との趣旨を言われたことがある。

 つまり「相応の知識が無いとされるような者は
裁判所を利用できないと言っているのであって、
それらの観点から考えれば、むしろ裁判所側での
違憲の方が、違憲、且つ不適当(場合によって、
公務上の不法行為)である」と想われ、それらを
どのように処理するかを模索していたりもした。

 そもそも事件の提起の為に、裁判所を利用する
者と、訴訟相手でなく、裁判所と裁判を行うとの
点に付いて、論争などの紛争に至っている時点で、
大きな問題であるが、その責任をこれまで国会が
『三権分立思想(そのような三権分立を唱えた、
法規は、実際に存在をしておらず、国家論にての
理想でしかない)』を用いて、各裁判官にDefense
(世間的な風除け)を設けたに過ぎない状態にと
あって、その事実を確認している。

 結論的には、裁判所側での違憲、不法行為などと
感じられる部分が明確に成り、それらの部分での
不信性からも裁判所で争うのも、不適切だと判断を
するに至ったので・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

 相変わらずの不可抗力的な改善策で、自然的に
業務改善を行ってもらうと・・・w

奇妙な司法人員達・・・

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/12/28(月) 午前 3:01

憲法や法の資格者と、一般の民

 国政の悪いところは、国を守れど、民を守ると
言う観点が然程に無く、国家を形成しているとの
者(公務員)が優先的に利益を得られると言った
奇妙な体制がある。

 それでも「民主主義だ!」と言うのだら、海外
から日本を見れば、「似非国家?憲法、法律等と
比較すれば、何ら民主主義とも言えず、そもそも
日本の国民性と、憲法の内容とでは、大いに差が
有り過ぎて、日本国として成り立って無いんじゃ
ないの?」っと言われても、ごもっともな御意見
であって、反論すらもできない。

 ・・・が!

 その事情は、広く世界を見渡しても世界各国で
似たような現象があって、結果的に権威者たちの
堕落により、生じる問題であることが解っている
のですが、その権力者達が個人的な利権を守ると
言う為に配下の公務員を使うので、民官闘争にと
至ってしまうが、只単に『利己主義者と民の戦い』
であることが多いのかと想われます。

 権威者達の利権となる為に公務員が居る訳でも
ないのですが、それに従う公務員も愚かであると
言える・・・(。-`ω-) ん~♪

( -ノω-)こっそり♪<公務と言えど、不当、不法行為となる命令は、拒絶できますからね!

(∇〃) .。o(それを行えない公務員も、自衛と言う観点で大問題♪)

 そうした官僚の人間関係ですが、紐解けば暴力団
などの人間関係や構図と、然程に変わらないことが
解っており、挙句の果てに宗教団体までもが加担を
行っているのだから、呆れる状態にある。

結語

 一般の民に成りすましていると言うのも、奇妙な
感じだけど、逆に保護と言う観点では、役務上での
問題で、一般の民から敵視される事が多いのかとも
想われます。

 がぁ~!

 それらを踏まえて有資格者と成ったのだろうから、
その点を考えると、どうなんだろう?

東京高等(地方)裁判所の不具合

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/12/20(日) 午後 11:09

裁判員裁判の傍聴

>問題点

(1)傍聴をする前に抽選が有る

(2)抽選券を貰い、外で順番を待たされる

(3)しかし抽選が無い事も有るらしい(二回中、二回共無かった)

(4)地方検事などの人員が無条件で、傍聴券貰い傍聴へ参加
   (何の為の抽選か意味不明)

(5)裁判員にも法服(裁判官が着ている黒い服)を着せられたい

(A)何で地方検事や裁判所の人員が、公務中に傍聴できるのか不明

(B)特定の二名が睨んで来るなど威嚇をして来たが、それにおける対応責任。

(C)裁判が書類を連日的に交通費を要するような形で作成を行ない、それを
   私の取りに来させているが、なぜか? (故意なる経済的な圧迫)

(D)裁判所に提出されている各種の書類に、「何だかの書類が作成されて、
   それを私に送達する必要が有る場合は、基本的に取りに行くので事前に
   電話にて連絡をされたい」との趣旨を記載して居たが、それを故意にて
   無視をして、勝手に特別送達(送料、約1000円を私の負担)として
   勝手に送ってきて、国庫立替で対処されつつ私に代金を請求してくる。
   (ちなみに東京高等裁判所に4件ほどの事件があったかと・・・。)

 などなど、更に色々と・・・w

そもそも、地方裁判所や簡易裁判所で・・・

 書記官や訟廷管理官が私に、激怒されていた
状態だったのですが、その後に『それらが業務
慣習』として行われている現象だと解り不信を
抱くようになった。

 そして地方裁判所での判決時期には、既に、
「こうなると高等裁判所でも問題が生じる!」
と予測するに至ったが、予想以上に悪い状態。

苦情申立窓口の明確性

 既に各種裁判所の『(A)広報課(B)訟廷
管理官(不在時は、副管理官)で受けてくれる』
と言うような体制を約2年前に請求しており、
その後に改善をされている。

 それまでは、そうした窓口などが明確でなく、
窓口や電話口で、大論争を・・・www

 そうした経験を経て「窓口で、論争の展開を
する事は、好ましくない!」っと私は、皆さん
達に伝えているのである!

 また、もともとHelpDeskの部署構築や、その
人員を育てる為の思案をしたりなどの仕事や、
電話応対での『御客さま問い合わせ部署』等を
部署構築や、その人員、人員育成などの仕事の
経験もあった為に、相応の説得力で挑んだ改善
工作であった。

 っと表現するが、『未だに業務過失』として
別枠で追求している程に怒りが治まらないのが
現状で有ったりするもする。

 最高裁判所でも「下級裁判所を監督する権限」
と言う立場から要望を行え、『(C)広報課、
(D)人事調査係(?課?)』にて、問合せの
対応を行ってくれる。

 人事調査係(課?)は、3年前の当初では、
代表電話からの一般者の問合せには、応じると
言うことが無く、『(あ)代表電話→広報→
人事調査』から、『代表電話(にて事情を聞き)
→人事調査係(課?)、または、広報』にと、
電話が交換されるようにも成った。

 が!

 その間には、私との大紛争劇が有り・・・w

 この場では、笑劇的に活字を並べているが、
当初や、今の心持としても、激怒状態にあるが、
「改善をされたのだから、抑えておくか・・・」
と言う状態にある。

 ちなみに決め手となったのは、「対話を収録、
それを最高裁などに送り付けて(証拠を提出して)、
業務改善の請求を行った」と言う戦略の後にて
(それが原因で改善されたとも言えないけど…)、
改善をされている。

 電話中に切る(相手が名乗ってないので犯人
不明と成る)や、『無責任な返答』を行ったり、
待たせたり(法的な認識が無く、「調べます♪」
とか言って、故意に待たせる:相手方の無知に
付き合わされる=相手に電話代の消耗をさせる
と言う状態=経費的観点で公務員側に価値観が
無い=公務員全員に平均して言える=その都度、
私が関与をしたあらゆる自治体で現場責任者が
私に説教をされる現象も・・・)との末にて、
大夫改善をされたようで・・・w

そして3年!

 実は、裁判的な対処を始めた切欠は、元々が
労働紛争に関する裁判から始まり、その時にて
色々と簡易裁判所と事務応対で紛争に成ったと
言う点から、対裁判所との紛争が始まっていた。

( -ノω-)こっそり♪<どうして私が就業する全ての雇用先で労働紛争が生じるのか?

(∇〃) .。o(また、労働基準局、東京労働局による取締り効果の無さに激怒♪)

 しかし初期、『双方の都合(俗に言う、なぁ
なぁ)』にて対処をして貰っていたが、余りに
不具合が多く発生をするので、不信に想いつつ、
地方裁判所でも別事件の提起から担当書記官と
紛争(論争)になる事が有り、かなりの不信を
抱きつつ、「東京高等裁判所が決め手となる所?」
っと一線を引いて改善工作を模索したのですが、
もう限界・・・w

 私の業務改善期限は、基本的に長くて3ヶ月、
しかし今回の場合には、私の都合もあり、6~
1年以上もかかって、(東京)高等裁判所まで
色々と改善請求を行ってきたが不変なる部分も
あって、改善されないのだから当然に同じ論争
などが生じるている状態に呆れ、別枠の対処を
検討しており、その準備を整え・・・終わった♪

結語

 司法系の過剰な正義感や、相手を不当、不法
行為へと陥らせると言う『 十八番芸 』等も
色々と知っていたのですが、あそこまで酷いと
もう裁判所での苦情の問合せ対応では、無理で
あると判断しており、国会側から立法経由にて
対処を行ってもらおうかと・・・w

( -ノω-)こっそり♪<憲法には、請願権が保障をされているんですよ!

(∇〃) .。o(もちろん!皆さんにも有るかと想われます♪)

 っと言う事で請願だけが手段で無いのですが、
色々と別の視野から試してみようかと想いつつ、
今後における裁判所との紛争は、基本的に避け、
それらの証拠を基に、一気に・・・。

ぴかどん(Report提出)戦略 その1

 司法の裁判所における業務改善を、全枠規模で
行わせるべく、工作を♪

作戦名> Little Boy (参照は、小粒(小六法)で、さらっと捲れ大作戦)

ぴかどん(Report提出)戦略 その2

 厚生労働省の労働部門における司法分野も、別
枠にて、工作を♪

作戦名> Fat Man (公務員達の贅肉削ぎ大作戦)

 この文面を公務員側が見て「舐めてる!」と
思うならば、たぶん公務員側にて想った通り、
「その当人が自分の顔を鏡で見て、そう想って
欲しい」と言うのが現状における私の心情です。

 今まで改善をされなかったのは、厚生労働省、
裁判所系だけで、警察や市町村役場、他の公共
機関(国の機関など)を含め、色々改善されて
いる実績を基に、二つの戦略を展開してみよう
かとも考えています。

更に補足>軍事的な作戦と業務改善請求

 これらの方法は、「ちょうど去年今頃、
軍事関連の攻撃方法を用いて、業務等の
改善策を考慮してみる」等との決意から
始まりました。

 その時に『無名戦士の墓』等の存在を
知りつつ、多くの人が犠牲になった過去
と言う上に、私達が居る事を再認識つつ、
その時になって始めて憲法・第97条の
本当の意味を知ったと思っています。

 現在では、Internetなどにて匿名的に
色々と展開している人々も多く、現在も
『無名戦士』が多く居る状態であって、
その人達の日陰ながらの活躍にて現在が
支えられていることも、十二分に理解を
されたく想います。

参照>
日本国
憲法

第九十七条
 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、
人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、
これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び
将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利
として信託されたものである。

 なお堪えられず、その命を失った者達で
更に、[ 名前すらも無い戦士達の墓]が有ると
言うことを、知らずして善いのでしょうか?

( -ノω-)こっそり♪<私は、ちょっと前まで知りませんでしたけど・・・w

(∇〃) .。o(知ってから、物事の見方が360度から球体に成った♪)

司法分野での悪巧みを事前に察知して告発♪

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/12/17(木) 午前 2:57

察知

 長年のOmbudsman活動から、色々な機関での
悪巧みなどが事前にと解るように成りまして、
特に司法関係に付いては、呆れる程の状態。

 最近は、試験の関係から、それらの問題に
着手をしてなかったのですが、Dataなどは、
採取してあるので、後にじっくりと・・・w

裁判所

 さて、司法分野における裁判所に付いては、
『 後は、人事考課 』と言う点で問題等を
解消してもらうしかないのかと想われ、その
観点でのReportを作成することで済ます事に
成りました。

 とある訟廷管理官も言っていたのですが、
「公務員試験には、的確な『適正検査』が
無い事からも色々な意味で適さないような
人員が配転されてくる。つまり、人事での
問題が有る」と、言っていた。

 司法機関に限らず、全公務員試験等にて、
その試験に受かり、後に配属をされても、
『それが当人の人格的な能力に基づいての
配転でない』との場合や、色々な意味での
不適合などが生じても、公務として任務を
遂行する義務が課せられるとの状態らしい。

 そもそも、奉仕すると言う感覚も無く、
公務員に成るよう輩が多いのが原因である
ことも解っているのですが・・・w

不適切な公務員は、誰であれ罷免の請求ができる!

 特定の公務員に対して、罷免を請求する
権利が国民に有る事を憲法に記載しされて
おります。

参照> 日本国

憲法

第十五条
 公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。

第二項
 すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。

第三項
 公務員の選挙については、成年者による普通選挙を保障する。

第四項
 すべて選挙における投票の秘密は、これを侵してはならない。選挙人は、
その選択に関し公的にも私的にも責任を問はれない。

 つまり、『特定の人員が公務員としては、
相応しく無い』と国民が感じたら、その公務
員に対して、罷免の請求が行える。
(ちなみに、その機関の長に『罷免請求』を
 行う事になる)

 また裁判官に限っては、弾劾と言う形式に
成るのですが、罷免以外に刑事的な意味合い
などでの申立には、弾劾の形式を必要として
無かったかと想われます。

 つまり、裁判官を罷免でなく刑事で立件を
することが可能で有るのかと想われます。

 ・・・ので、地検経由などで事件の立件を
請求することが行えるかとも想われます。

結語

 私の知る限り、只単に「公務員だから…」
と言う民側の過信と、「公務員側では、試験
などの関係から、相応の法的な知識が有る」
との観点から、それを悪用する頭の悪い輩が
意外に多いことが問題視をされています。

 質の良い国家形成を求めるなら、公務員の
罷免などを適切に請求をする必要があって、
『 窓口などで、口論をしても無駄 』だと
言うことを解ってもらえるのかと想う。

 つまり事実証拠を揃えつつ、不適切な応対
などを行う公務員を排除するのである。

 しかし、それを行えると言う事を知らない
民側の無能な部分により、現行の国家機関が
成り立っているのだから、国民側にも過失が
有るのかと想われます。

 っと言う事で『現代的な手法として合法的
観点からの応戦策などを司法に対して一気に
展開する」つもり♪

( -ノω-)こっそり♪<電話とかの対話も全て収録されているんだけども・・・w

(∇〃) .。o(あんな公務側の対応じゃぁ、誰でも怒ると想う♪)

 なお、裁判所の場合には、全てを最高裁と、
国会側に、不適切な部分を抜き出して、提出
する事に成っている・・・w

中華人民共和国でも薬物死刑制度が公開

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/12/12(土) 午前 0:59

ファイル 4601-1.gif

既に行われている事は、知ってしましたが・・・w

 実は、中華人民共和国からの学生と会話をする
機会があって、その時に死刑制度に付いて聞いた
時に教えてくれた。

( -ノω-)こっそり♪<銃殺の方法や、死刑の見学などに付いても!

やはり地方で異なる?

 日本の場合には、全国的に統一された事情にて
死刑が執行されますが、米国やChinaなど、地方
での政治内容によって、異なるようです。

( -ノω-)こっそり♪<日本で言う所の都道府県によって異なる感じ?

(∇〃) .。o(市町村と言うと、細かすぎるよね♪)

薬物死刑

 私が以前に話を聞いた時は、御金持ちだと、
薬物死刑で、貧乏だと銃殺死刑だと言うこと。

・・・Σ(・ω・ノ)ノ っえ!

 どうやら薬品に御金が必要ならしく、その
観点からも、経済的な問題からの事情らしい。

 つまり死刑宣告されると、その死刑方法を
死刑囚が選べるらしいが、当人の経済事情に
大きく左右されるとの事だった。

 今回に話題に成っているのは、薬物死刑を
新たに導入した遼寧省を話題にしている。

<参考 YahooNEWS>

結語

 死刑の沙汰も、金次第と言うのも問題で
あるのかと想われますが・・・w

 しかし日本の場合は、死刑が確定しても
死刑に成らないことが大問題である!

( -ノω-)こっそり♪<国民の税で、死刑囚を養っている状態!

(∇〃) .。o(仮に冤罪でも、その責任は、司法の確実性の問題♪)

 ちなみに、公安などが特定の人物や団体
などに対して、犯罪を誘発する為の工作を
行ったとするならば、当然に死刑なども、
拒まれるのかと想われる・・・w

 また、とある宗教団体の場合には、海外
などにも熱狂的な信者がおり、海外経由で
脅迫状などが公的機関に、届いているとか?

 しかし、その内容の全てを公にする事は、
国交上の関係から好ましく無いとされてる
らしいけど・・・(。-`ω-) ん~♪

 Russiaでの死刑は、公然と交通事故等の
事故に見せかけたりして処分するのかな?

 米国だと、逮捕する前に、相手に発砲を
させて、反撃的に銃殺するのが通説ですが♪

警察も頑張ってる・・・つもりなんでしょうが・・・(。-`ω-) ん~♪

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/11/26(木) 午前 0:41

男性警官が女装して!?

 『ひったくり』のPatrolを行っていたり、
女性警官が導入をされても、一般男性から
『なんぱ』されたり・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

そもそも根本が違うだろうに!

 Patrolとは、警察の場合だと「警戒的な
巡回」を意味するのかと想われます。

 しかし今回の場合だと、偽装を行ってる
状態にあって、『 犯罪行為の誘発 』と
言う解釈もできる。

 『 おとり捜査 』と言う場合は、既に
頻繁にと発生をしている犯罪行為に対して、
その犯行者による犯罪行為の乱発を防ぐと
言う(被害者を減らすと言う)観点にて、
行われるのかと想われます。

 逆に初犯となるような犯罪者が、おとり
捜査に引っかかったと言う場合だと微妙な
展開になる事も有るのかと・・・。

 つまり「犯罪を誘発したの?」と言った
感じの状態では、「 おとり捜査 」にと
値しないのであり、「 おとる捜査 」と
言われてしまうのかと・・・w

( -ノω-)こっそり♪<『 おとる大捜査線 』って有りましたよね!

(∇〃) .。o(『 赤島だよ!全員集合 』ってのもあったかぁ~♪)

自衛

 そもそも、『 ひったくり 』の被害に
遭うような、無防備なる状況も良くないと
想われ、防御率の無い者が、犯罪の被害に 
遭っても何ら奇妙なことも出ない。

 むしろ、襲われない方が奇妙である!

 心から豊かな人は、基本的に犯罪などを
誘発するような素振りなどを行わない。

 豊かな人は、必要な場所(社交の場)等
にて披露をするが、一般にと目立つような
ことを行わないのかと想われ、仮に行った
としても、『相応の防御体制がある』との
状況でなのかと想われます。

 それらの観点から考えれば大して心から
豊かだと言えないような、心の貧しいとの
人が、他人に見せびらかす(自慢をする、
他人と比較して、高級感を得ようとしてる
ように感じられる)ような素振りで居ると
言うならば、妬まれたりしても当然である。

( -ノω-)こっそり♪<「渡る世間は、御兄さん、御姉さんばかり」ってのも・・・w

(∇〃) .。o(「泥棒に吠えろ!」ってのもあったか♪)

結論

 今回みたいに警察のPatrolだと言えない
ような状況も微妙なのですが、それ以前に
犯罪の被害に遭う人達の無防備性の方が、
問題が有るのかと想われます!

 警察は、「地域治安を守るService」を
担っていますが、国民一人を守ると言った
Serviceでわ無い。

 なので、そうした行き違いから、犯罪の
被害に遭って、初めて被害者となる当人が
その愚かさを感じるようであり、反省する
と言う状況が多いのが、現状の世間である。

 くどいようですが、『犯罪性の利益』は、
司法が立証をしているのであり、世の中が
悪いと言う発想は、基本的に誤りです!

 苦労をして警察官が逮捕をしても、後に
無罪釈放や執行猶予等で出てくる犯行者が
意外に多いのも事実で、「刑務所が溢れて
いる」との状況にあるらしい事も一昨年に
把握しています。

 つまり初犯と成る内容が軽犯だと、その
殆どが執行猶予となり、『 覚せい剤 』
などでも同じで、窃盗や、傷害などでも、
「 執行猶予 」となる事が多いらしい。

 近年における、『 振り込め詐欺 』で
実刑を打たれると言うのは、少ないのかと
想われ、しかも少年犯罪であったならば、
基本的に刑事検挙をされる事が無い。

 そうした立場の未成年者を操って、資金
回収を行う組織が問題視をされていますが、
近年だと、少年達だけの単独的な行為や、
未成年者だけで形成された集団によって、
犯罪行為が組織的に展開をされる事なども
あるらしい。

 これらの状況は、「 経済と資本 」と
言う観点を未成年者または、犯罪者たちが
誤解をしているのであり、それらを、どう
説明するかにより、子供達の未来が大きく
変わってしまうのである!

(未成年を含む)犯罪者達の未来と、犯行

 私の知る限り、組織犯罪などで配下にと
なる人員から資金を回収するには、脅迫が
有益であると言う事が解っている。

 つまり、恐喝、強要などの類になるが、
『不当な上納金(正当な場合を除く)』を
含めて会員から資金を調達する傾向にある。

 確か以前に平成時代において関東最大の
暴走団体などが一斉に検挙をされたと言う
報道があり、そのLeader(りーだー)が、
『無職で40歳(?)』として伝えられた。

 しかし私の推測だと、上納金制度などを
整えて、団体の上位者が集団運用以外にも、
生活資金などを、賄っていた可能性がある。

 30年以上前での日本国の世間事情では、
集団がSticker(すてっかー)を販売して、
利益を得ていたりする。

 現在では、暴力団系が『だるま』などを
縁起物として店舗に買わせたり、その商品
などが、『縄張りを意味する』こともある
らしいのだ。

 つまり店先に飾られた特定物によって、
その御店が、どこの組織の範疇として認識
されていると明確に成るらしい。 

 ちなみに、ここで誤解されて欲しく無い
ことが、「むしろ暴力団にPatrolを行って
もらった方が安全と言う地域がある」との
部分である・・・Σ(・ω・ノ)ノ っえ!

 これ又、私の知る限り、新宿歌舞伎町や
大きな繁華街だと、警察よりも、暴力団の
方がPatrolを行っている事が多いとのこと。

じろ (¬ω¬)・・・→Σ(〃▽〃) あはぁ♪

 挙句の果てに地域清掃などに参加をして
いたり、「善良市民なんじゃないの?」と
想われる活動をする団体も有るようです!

 なお、現在ところでは、「暴力団とは、」
警察が指定した団体」を意味する。

 その点では、近年の状況だと過剰である
とも想われ、既に更正されている(構成を
する団体員が過去5年以内に不法行為等を
発生させておらず、団体自体が企業化され、
主に経済活動を行っている)ような場合は、
私的に、暴力団と判断できない。

 但し、国家機関として、未来においても、
継続して健全性を維持できるのか?と言う
点で微妙であるが、『似非宗教団体』等の
活動よりましで、政治などにも関与をして
いる実情から考えれば、暴力団よりたちが
悪いと感じています。

防犯の経済学

 警察官一人に対して必要とされる経費が、
仮に平均で1万5千円とする。

 犯罪者一人による平均的な被害総額と、
割った値と比較をしてみる。

 但し被害総額とは、事件被害だけでなく、
事件の解決または、公訴の権利消滅時効を
迎える間を意味しており、捜査、裁判中、
服役中(拘置中を含む)等に必要とされる
経費も計上される。

 細かく計算するまでも無く、犯行者達の
方が有益であることが想像ができる。

 以前から伝えていますが、数万円の窃盗、
強盗などであっても、それを解決、または、
公訴の時効消滅と至る間でに、消費された
費用は、遥かに事件被害総額を超えている
ことが解ります。

 米国などでは、『 10$殺人 』とも
呼ばれる「 Holdup強盗 」が有名であり、
近年だと、観光客を狙う窃盗、強盗以外に、
詐欺、置き引きなどの定番や、写真撮影の
強要を行い膨大な額を請求(動物と一緒に
撮影するなどの類が多いらしい)したり、
『 BottleCrash(ぼとるくらっしゅ) 』
なども有名な手段です。

 例を挙げれば切が無いのですが、犯罪の
被害に遭わない為には、自己の健康と健全
などを維持する気持ちが有れば、自然にと
防犯、防災、防病などの意識も強まるかと
想われますので、是非に皆さんも意識を、
されて見て下さい。

司法の不経済性(私論)

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/11/24(火) 午後 9:29

$FILE1_c

私論

 今のところ私の知る限りでは、公共機関で
経済(経世済民)との観点で考えれば、司法
分野ほど、不経済な存在が、外に無い感じも
すると言うのが、現状での心持である。

 日本にて初代の司法に纏わる公務責任者に
司法卿の地位で、江藤新平殿が居られたが、
それを知ったのは、今から2年程度前の事で、
私がOmbudsman活動をしているのは、それ以前
からの事でですが、それでも彼の素朴さには、
見習う所が多く、今年(平成21年)内では、
Gasの供給を控えて、「水風呂で我慢してまで
別枠に投資する費用を確保する」との決意を
私にさせた、偉人でもある。

 逆に、彼(江藤新平)の知らなかったならば、
DogVille方式(映画、DogVilleに習い、つまり
秘密警察ような活動で対処をする)に切替える
考えもあったが、それだと結果的にTerrorism
などと同じなので、小さなViking方式によって
一時保留とされ、その後に江藤新平殿を知ると
言う事になった。

 来年度には、司法と個人的に全面紛争を提起
する事に成っているのですが、それによって、
経済的な理由での自殺が軽減するならば、試す
価値は、大いに有るのかと判断をしています。

 相変わらず、特攻提起になってますが・・・w

 ちなみに既に民事で提起をされている複数の
事件については、判決よりも先に私のOmbudsman
活動によって、かなり改善がされたようである。

( -ノω-)こっそり♪<個人でも、あれだけできるのに弁護士などは、何してるんだろうか?

(∇〃) .。o(弁護士会などの団体が解散するのも間近なのかとぉ~♪)

 更に『一般国民が、民事訟廷を利用する』との
観点などにも着手しており、大夫改善をされた。

 つまりは、そうして開拓をしても、それらを、
利用するか否かは、後での国民個々の問題であり、
私には、関係がない・・・w

 なお、警視庁に関連するOmbudsman活動などを、
扱うことにしたので司法の件に付いては、来年度
での提起を持って、全て別枠の方法により対処を
行うかと判断している。

 つまり民事訟廷を一般国民の立場で利用をする
と言う観点では、不経済であるとの結論に至って
いる状態にあるので、いっそ国会経由などから、
改善請求を行う予定。

 ちなみに私にとって『三権分立』とは、只単に
国家形成の表見上における形成上の問題であって、
大枠で『(1)法の設置となる立法と(2)その
設置に伴う行政、司法などのService提供』と言う
二種があり、司法Serviceが立法の意義(国民にて、
支持された法案であり、裁判官の個人的な主観で
判断されるような法規内容でない)に基づかない
司法活動は、結果的に国家に対して不利益などを
与える事に至るとの部分を視点(支点)にして、
着手する。つまり物理的に力学的な課題で対処♪

 逆に法規制の内容に付いて、認識が無い国民は、
当然に不法行為を行う可能性があり、何ら、その
罪を問われるに値もしてないとも、解釈をされる
部分も有るが、それを悪用した詭弁家が政治家に
成れると言う状態も微妙であって、そもそもに、
そうした人員に投票をすること自体が奇妙である。

 よって当然に犯罪者の中には、「世間が悪い!」
と主張をする者などが居るのであって、そうした
心境に遭っても理性を保つ必要や、自衛能力等を
得る必要も、暗黙に生活をする能力として必要に
成っていると言うのが、現状の日本国で生活する
一般国民の条件である。

 価値観は、人其々ですが、客観的な自己の価値
よりも、自身の理想における価値を追及しつつ、
誤った判断を行わず、最低でも憲法や法律などの
規律を厳守して、余裕があれば宗教倫理などにと
関与するのが理想かと想われます。

 現行の憲法や法律、条例など公的機関の規則を
守れないような宗教を前提とした団体等は、私に
すると、宗教団体として認め難いが、国が認めて
居るのだから奇妙である・・・(。-`ω-) ん~♪

 (OωO!)・・・っあ!

 その点での似非宗教の解散または、更正工作も
課題に有ったような・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

( -ノω-)こっそり♪<こんなに日本の為に尽くしても勲章一つ貰えないなんて・・・w

(∇〃) .。o(不公平じゃのぉ~♪)

 歴代の彼女に言わせれば、「因果応報だ!」と
言うかもしれないが・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

 それ以外の人には、関係ないのだがのぉ~♪

東京法務局

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/11/25(水) 午前 3:16

業務改善の請求趣旨

 後見人に関する登録の部署では、特定の
時期に限って、大量の問合せや、対応等を
強いられる。

 その原因は、公務員資格などを得る為に
必要とされる書類の発行対応などが有る。

 また近年では、高齢化の関係から関連の
書類等を必要とする機会が多くなっている。

 よって、それらに関連をする業務対応の
改善請求を電話にて行った。

 たまたま別件で東京法務局に問合せると
言う機会があった時に、その対応状況等が
良くなかったので調査を行ったことに由来。

業務改善の請求箇所

参考> Wikiepdia:『青年後見人制度』

1.応対

 特定の期間において電話を含めた応対が
多くなることが解っている状態にある。

 しかし通常業務と同じ応対人数の体制で
業務が行われている事から利用者が受付の
順番待ちを強いられる事が有る。

 電話連絡でも該当部署の人員が受話器を
あげる事が行えほどに至っている。

 よって、それらを解消する為の提案を、
行った。

A.
 内部(同庁に所属する公務員)の人員を
使って特定期間だけ窓口応対者を増員する。

B.
 外部からの人員(嘱託や業務の委託)を
用いて特定期間だけ窓口応対者を増員する。

2.後見人制度に関する窓口

 東京法務局では、後見に関する問合せの
窓口は、九段下の庁舎に限られている。

 しかし、書類などを取り寄せる場合には、
郵便、Internetからでも受け付けている。

 更に後見人の窓口は、「該当者が後見人
として登録をされて無い」ことも証明する
為の書類も発行している部署となる。

 ところが、高齢化が進んでいる世間事情
と言う観点では、一般の民による問合せの
効率性を考えると、各出張所の窓口でも、
対応された方が、国民的な立場として良い。

 また、Internetからの書類発行の申込み
などでは、その初期設定などが複雑であり、
利便性に欠けている事から、利用するとの
気には、私事でも成れない。

 よって九段下の庁舎だけで扱う内容との
特別な理由も無く、Networkされた情報網と
言う観点から考えると、別に受付の窓口を
増やしても何ら問題が無く、むしろ増やす
方が良いのかと想われ、それを請求した。

3.登記印紙

 登記印紙は、法務省の管轄にて行われる、
登記特別会計経由での入金扱いになる。

 また、その登記印紙を扱っている窓口は、
極限られた箇所で、大きな郵便局などだけ
で扱われており、収入印紙と異なる扱いにな
っている。

 それによって、結果的に郵送で書類請求
などを受けると言う業務体制があっても、
結果的に、登記印紙を入手する為に相応の
労力を強いられる事になり、郵送の対応に
利便性が有るとも言えないのが現状である。

 更に、裁判所での受付でも収入印紙を、
利用している観点(財務省経由での会計)
から考えると、何ら『特別登記会計』にと
拘る必要も無いのかとも想われ、法務省が
独立法人と言った立場でも無いのだから、
その制度を見直す必要が有る。

 よって、上記を踏まえて下記の業務改善
請求などを行っている。

A.
登記印紙の購入場所を拡大されたい。

B.
広くは、Convenience Storeでも登記印紙を
取り扱われたい。

C.
いっそ登記印紙でなく、収入印紙でに対応を
されるように業務事情を改善されたい。

 『収入印紙(財務省)』と『登記特別会計
(法務省)』との会計関係については、私の
調べた限りでは、「収入印紙に統一をされた
方が効率が良く経済的であるのかと想われ、
逆に分割して会計を設置している意味合いが
然程に無い」と判断しています。

 また機関部署として、『登記特別会計』の
部署が不要にとなるのだから、経費削減にも
なって、更に収入印紙であれば、現状だと、
Convenience Store(こんびに)でも購入が
可能であり、登記印紙を作成する費用なども
無くなる。

 それらの事情などを踏まえて東京法務局の
総務部に『苦情と要望』として申し出ている。

その後には?

 東京法務局も、大夫苦情や、意見の申出
対応が進化しており、問合わせ等に対して
回答を行っているらしい!

 更に、Internetからの御意見、御要望、
苦情などを受けられる体制が整っており、
ちゃんと回答もされる体制にあるらしい♪

 今回は、別件での用事で電話した時に、
生じた不祥事が基になっており、電話での
苦情と改善の申告で済ませたが、書面にて
後に回答すると言う形で対処をしてもらう
ことにした。

( -ノω-)こっそり♪<それに纏わる会話内容も収録をされている・・・w

(∇〃) .。o(相手(東京法務局)から回答が無ければ、処罰の対象に♪)

適切な対処

 毎回に、皆さんに伝えていることですが、
公共機関の窓口対応で、電話応対を含めた
応対方法が不適切であると感じた場合には、
「相手の当事者と絶対に論争に至るような
状態に陥らないように心がける!」っとの
必要が有ります!

 公務員側の性格にもよりますが、双方の
性格が合わない場合は、相応にして対応も
不具合が生じてしまう事が有ります。

 その相性の会わない相手と、論じても、
こじれるだけです!

 そこで、その場の責任者か、別の人員に
替わってもらい、主たる目的の応対などを
行ってもらう必要があります。

 しかし司法系に多いのが、別の人員にと
変わることが無く、更に、対応者の名前を
聞いても名乗らず挙句の果てに電話を切る
と言う行為を行う場合がある。(ちなみに、
その悪き応対方法は、最高裁判所の広報課
などでも嘗て行われていた方法であって、
私が別枠で、そうした応対方法の改善を、
3年前に申し出ており最高裁に限っては、
改善をされている。また、公務の独特なる
悪き応対で警視庁の人員でも同類の行為を
行うことがあって、最悪の場合だと故意に
保留にして相手に通話料を課金させるとの
手段を行うが、それが上司にばれた時には、
「間違えて保留を押してしまった」などと
言い訳するのも特徴らしい事が解っている)

 そうした事態の場合は、改めて電話を
する時に、代表電話での電話交換者に、
詳細と成る事情を話して、「まず苦情を
申立てます!」として、相応となる部署
(基本的に、総務部、または、広報課で
応対:最高裁判所にては、人事調査課、
下級裁判所だと庶務課、総務課、その他
訟廷管理官が該当)で、事情を説明して
苦情として取り扱って貰う。

 また可能であれば、該当現場の責任者
となる立場の者から、折り返しに連絡を
貰いつつ、主たる目的(もともと窓口に
問合せる必要の有った事情)を告げて、
相応の対応を適切に行ってもらい、その
後に、『事の始末』を確認すると言った
順序にて応対を受けられたい。

犯罪者の利益を立証しているのは、司法?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/11/24(火) 午後 9:28

私が知る限り・・・

 犯罪行為における有益性を立証しているのは、
司法である事が解っている。

 逆に、それに気が付かない、また気が付いて
いても、民として何ら改善の策を申し立て等を
行えないと言う点では、民側にも責任が有る。

 そもそも国家公務の責任は、国民に帰属する
ことに成っているのだから、それの観点からも、
民の責任は、意外に重い。

 その重さを初めて感じるであろう時期と言う
のが、犯罪の被害者に成った時なのかと想う。

 ちなみに、そうした問題の解決をするべく、
議会が、自治体(都道府県、市区町村)での
議会であって、国家的には、国会が有る。

刑罰を慾さない者は、有利?

 例えば、重犯罪を行っても、死刑を否定する
能力があれば、少なからず殺人事件被害者より、
有益なのかと想われる。

 逆に、絞首刑(死刑)に成ることを前提に、
犯罪を犯して、それが実現されても、犯罪者の
利益になる。

 結局のところ、被害者側の自衛力が無ければ、
相応の被害を受ける可能性があり、被害者にと
成る以前から、防犯に勤めなければ成らないと
言う暗黙の課題が国民に課せられていることが
解るのかと想われます。

 しかし日本人の多くは、警察頼り(警察任せ)
と成っており、完全な委託業務でも無いのに、
国民から期待される内容は、過剰に成っている。

 更に、誤解されているであろう国民意識を、
国家が改善するなどと言う気配も無い。むしろ、
そうした状況を公務員側が利己的に悪用をして
居ることすらある。

<参考 YahooNEWS>

結語

 私が防犯に付いて、20年も前から追求等を
個人的に行っていますが、結局のところ司法が
犯罪行為の有益性を立証しているのが、原因に
あって、それらを改善すると言う意欲などは、
現状の国家に無い。

 そもそも第二次世界大戦後から弁護士など、
司法資格を有したものや、法学部を卒業したと
される国民が、どれほど居るか考えたことが、
あるだろうか?

 そうした経緯があっても、未だに国内秩序が
安定しない理由は?

 私が初めに焦点を合わせたのが『集団』で、
次に宗教となり、しばらく時を置いた後にて、
個人的な犯罪行為などに付いて、順を追って
追求をしている。

>集団意識で犯罪有益性

 これは、司法を筆頭に、あらゆる集団にて
立証をされている不法行為の有益性などを、
意味している。

>宗教団体

 これは、信仰などを用いて従順性を整えて、
不法行為を正当化する『転化型』の体制で、
行為者に罪悪感が無い為に、難しい扱いにと
されている。

>個人的な犯罪行為

 これは、個人の思考によって判断をされる。
例えば、冬の時期に故意に逮捕される為にと
窃盗を行ったHomelessと、Homelessであると
言う状態でも、それ以上に不法な行為などを
行わない者とでは、犯罪を行った者の方が、
生活待遇が良くなる事が有る。

 その現象は、逮捕をされた後に、拘置所、
刑罰が決まり懲役刑が課せられれば、刑務所
にて規則正しい生活が待っている。

 逆にHomelessで居る限りは、貧しい生活を
強いられるのである。

 司法は、そうした『世間の騙し絵』となる
状況を把握していながら、それの改善などを
国会に申し出ず、また国民に対して現行での
日本国憲法に記載の有る権利などの主張や、
その為の再認識をさせる機会を与えて無い。

 その実績は、年間で経済的理由に伴う自殺
総数約8000人との対価に至っている。

 そうした点に付いては、最高裁判所の設置
と言う観点で、何ら期待をするに値をしない
公共機関である事も解る。

 実際に皆さんも民事訟廷などを利用すれば
解るのかと想われますが、犯罪行為などは、
発生しても別に変な事でも無く、無差別殺人
などが発生しても、そうした結果に至るとの
環境が有るのだから、むしろ発生しない方が
奇妙である。

 結論的に犯罪に着手を行って、且つ逮捕を
されなのは、能力が有るからであり、神や仏
などは、その能力者の存在を有益としている
のであるから、存在していられる。

 などと、犯罪者が神仏などの信仰を深める
理由(つまり神秘性の原因)にも成っている
ことが有る。

 逆に、正統的な活動よりも犯罪者の方が、
賢く、それからの被害を免れようと必死にと
なる真意によって、文化が向上される部分も
あって、身体医学の免疫性に似ている。

火災警報器が鳴り響き!!!

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/11/7(土) 午前 0:07

ちょうど良い機会なので・・・w

 色々と火災に関する消防行為を観察してみた!

事件

1.初期
 火災警報が鳴っていたのですが、それに気が付かず
「近くで、道路の裁断を始めたか?」っと想っていた。

・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

2.5分経過

 っちょ気になって、外に出て、廊下にある警報機に
耳を傾けると、鳴っている!・・・Σ(・ω・ノ)ノ っえ!

 早速に、管理会社へ電話を!

もしもし? (¬ω¬)□---□3(-_^) 誰れ?

Σ(;゚▽゚) なんと!□-*-□ρ゙(・・ ) OFF!

3.火災報知器の仕組み

 事前に火災報知器の説明を受けていたので、色々と
調べると、警報元は、一階!・・・(。-`ω-) ん~♪

 早速に周囲を調査した結果、出火が見られ無い!

( -ノω-)こっそり♪<皆さんの場合には、下手に現場に近寄ると危険です!

(∇〃) .。o(有毒Gasなどの場合、「目覚めたら別世界に居る!」等と言う事態になる可能性も♪)

4.一階の部屋で窓が・・・(10分経過)

 割れている所があったけど、警報の発信元と異なる!
・・・(。-`ω-) ん~♪

 そして状況説明の為に、再び管理会社へ・・・w

もしもし? (¬ω¬)□---□3(-_^) また、あんたなの!

Σ(;゚▽゚) なんと!□-*-□ρ゙(・・ ) OFF!

5.そうこうしていたら、消防車などが・・・(警報が鳴って約20分後)

 やってきまして・・・w

 消防車の警鐘にて、集合住宅の住人が、とぼ♪とぼ♪と
のんびり出てきた・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

 消防隊の調査が始まり、「この部屋かも知れないが、
住人が居ないようなので、大屋さんを呼んで欲しい!
(合鍵を持って来て、もらって!)」っとのことで、
改めて・・・管理会社に電話を!

もしもし? (¬ω¬)□---□3(-_^) ひつこいわよ!

Σ(;゚▽゚) なんと!□-*-□ρ゙(・・ ) OFF!

6.約40分後に・・・。

 管理会社の人が来たのですが、鍵が無く・・・w
慌てて、事務所へ鍵を取りに戻って来たようで・・・。

 警報が鳴ってから、約40分後に安全が確認をされた
のですが・・・・。

 なお、電話における顔文字は、Fiction(ふぃくしょん)です♪

ひぃ!!(*゚ω゚)(。>O<)くしゅん!!

集合住宅の住人達は・・・

 少し怖いと想った(皆も注意して欲しいと想った)のが、
火災報知器が鳴って、10分後に私、15~30分後に、
ようやく慌てる事無く、もそ♪もそ♪っと住人が出てくる
と言う状況は、少し危険かと想いました!

 実は、火災における15~30分と言う時間は、状況に
よって、かなり深刻な状態に陥る事もああるので、大いに
注意をされたい!

 つまり、まず安全を確保してから、落ち着いて行動等を
されたいのです♪

( -ノω-)こっそり♪<私は、のんびり着替えたりしてましたが・・・w

(∇〃) .。o(「あ!、ぱんつに、穴が♪」とか言って履き替えてたり♪・・・嘘)

 しかし私の場合には、着替えながら、色々と対応策等を
考えておりました・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

 火災警報機などが鳴ったら、まず安全の確保(確認)を
されて、次に避難をして、完全に安全が確認をされたら、
部屋に戻る♪

駄目出し!

 今回、消防の活動で奇妙だったのが、「住人の全員を、
部屋の外に出さなかった!」っと言う点である!

 私の知る限り、安全の確保を行う場合には、原因が何で
あっても、とりあえず建物から人を遠ざける行為などを、
消防隊などが行うのと言うのが普通だと想ったけど・・・、
それらが無かった!

 あっちに、うろうろ、こっちに、うろうろ・・・(。-`ω-) ん~♪

 つまり全住人の入室確認、並びに安全の確保を行って、
其々を避難させつつ、安全が確認をされたら、部屋へと
戻ってもらうのが普通かと想っていたが・・・。

 それが無い・・・Σ(・ω・ノ)ノ っえ!

 仮に、もし一階の内部から火が上がり、外から確認が
行えない場合には、既に煙が内部から上階に上がったり、
有害な煙であれば、寝ている住人が犠牲になっていると
言う可能性も有る!

{{{
私の理想だと!

消防員6人、警察官2名の場合>

初期>

A.消防員5名
警報の発信源(出火元)を確認!

B.消防員1名+警察官2名
(ちなみに消防員が建物最上階から下へと入室の最終確認をする!)
入室者の確認と安全の確認や、退避行動を促す!

 今回の場合には、警察を含めて、のんびりした感じで
作業が行われていたのには、少し呆れた・・・w

 ちなみに私も、消防などに混じって、のんびりとして
ましたが・・・w

( -ノω-)こっそり♪<私は、消防到着の10分前には、出火確認をしてましたからね・・・w

(∇〃) .。o(実は、始終を収録していたり♪)

 っと言うことで消防部門も、Ombudsman的な視野で見ると、
調査対象にする必要などが有りそうです・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

 私が楽観的に記載していると思っている人が多い
かとも想われますが、実際的だと、かなり手厳しく、
不適切、不当、不法、などの行為者に相応の処分の
請求を行っています!

 司法における御心当たりの方は、御注意を下さい。
末端現場で働く人の苦労を、幹部人員が然程知らず、
妊婦のように肥えた下っ腹で、部下を従えると言う
『 国家型めたぼりっく体制 』を改善するつもり♪

( -ノω-)こっそり♪<いっそ宗教団体の倫理向上も、序に仕掛けてみるかなぁ~♪

(∇〃) .。o(不良公務員対抗型の『はにーぽっど♪』化している私・・・w♪)

 6割の宗教団体を、不当、不法などで解散させる
ことが可能かと想われるんだけどなぁ~♪

 あ、そうそう、探偵道具も、徐々に揃ってきた♪

相談はすべて記録!?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/11/4(水) 午後 8:23

ファイル 4595-1.gif

何を今更に!?

 既に十年以上も前から、行われていたのかと
想われるような内容が、今更になってようやく
行われるらしい!

<参考 YahooNEWS>

私の場合・・・

 既に、公共機関との対話的な場面の殆どを、
記録しており、裁判所内など法律で規制等が
されている部分だけが記録をされていない。

 つまり?

 Ombudsman業務の関係上、相手方が警察であれ、
何であれ、基本的に全てが収録をされ、必要だと
される限りでは、その内容を証拠として、公的な
機関へと提出している。

 特に電話の応対が悪いという点で、最高裁判所、
その配下と成る下級裁判所、警視庁、警察署など
公共機関に付いては、証拠を元に改善請求などを
行っている。

結語

 公務員の常套手段として、「証拠が無い」との
観点から、国会議員などを真似て「記憶に無い、
言ったかもしれない」などと言い逃れをしたり、
最悪だと「言ってない!、悪意有る言いががりだ」
などご豪語する輩が居たりする。

 正直なところ私的に、犯罪者よりもたちの悪い
相手になっている。

 ちなみに既に電話の応対に関して、極度に悪い
とされる人員に付いては、直接的にでなく、その
上司を通して苦情を申し立てつつ、それが不可能
となる場合には、別の苦情受付窓口(又は、それ
相当の窓口)から業務改善の請求を行う。

 そでも改善されなければ、「握りつぶし」が、
行われている可能性があるので、請願と言う形で、
上層部に書類と証拠を回して対処を請求する。

 これを本邦初公開となる『 Top Down 戦略 』の
一つである。

警視庁、並びに警察署に対するOmbudsman活動の開始

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/11/1(日) 午後 9:39

尻尾

 組織的な構図で成り立っている場合には、相応の
対戦構図が必要なのですが、悪意の有る者と、無い
者とを区別しないと何も知らない相手方の善意者が
犠牲になってしまう。

 極論ですが、生物の存在価値は、生き残ることで
成り立つのであり、それ以外での英雄視は、只単に
世間に都合の好い、「命をも含めた、消費物」にと
過ぎない存在である。

 『社会主義』や『祭り上げ主義』の主体者には、
とても都合の好い存在です。(生贄的な・・・w)

 その点を踏まえ、これ迄のOmbudsman活動を経て、
色々と体験をしたのですが、上級公務員や、末端の
公務員には、『 特徴的な性格(定番となる業務に
伴う対応方法) 』があり、一般人との論争なども
典型的なPattern(ぱたーん)がある事が解った。

 俗に言う『落とし込み対応』っと、『揉み消し』
と言う現象は、課長、係長程度の範囲で発生をする
ことも解っており、それを打破する方法なども有る
のですが悪用を避ける為に、この記事では、公開を
致しませんしません。(またの機会に・・・w)

 さて、一説では、警察組織と、防犯協会、または、
宗教団体や、政治関係など、あらゆる組織と癒着を
行いつつ、そうした観点で越権的に活動をされてる
っと感じる人も居るようで・・・。

 そうした現象を申し出る人達を精神的な病となる
『統合失調症』っとして判断する事も有るようです。

 がぁ~♪

 確かに、そのような病に陥ってしまう人も居ると
想われますが、相応の環境条件がそれば、誰でもが、
簡単に、そうした病に陥ります・・・w

 先日に、古物商防犯協会における過剰な(または、
詐欺的な)勧誘行為、並びに会費の徴収に付いてを
色々と調べた件を公開いたしましたが、Preludeで
あって、本章と言う意味では、これからなのかとも
想われます。

 実は、私の調査だと、どうも宗教団体や、暴力団
などの癒着に関する問題が多く、どうやって着手を
行おうか悩んでおり、且つ証拠集めなども、色々と
有ったのですが、基本的に、携帯電話に設置された
Camera、Video、その他に収録機などで、十分にと、
証拠集めが行えました♪

 特に収録機は、大活躍で、数年前から公共機関との
電話でのやり取りは、殆どがData化され収録をされて
おります♪

( -ノω-)こっそり♪<後に、誤って自分で消さない限りは・・・w

(∇〃) .。o(結構、いい加減な公務員が多い♪)

 あまりにも酷い電話対応は、既に、機関の代表にと、
その証拠が提出をされ、業務改善請求もされており、
且つ、その効果も有った。

( -ノω-)こっそり♪<対裁判所に対するOmbudsman活動でも同じ♪

(∇〃) .。o(ここ3年で、だいぶ変わったかと想われます!)

 例えば、裁判員制度に纏わるDVDが最高裁判所から、
配布をされたのですが、それを持続する事の費用に、
疑問を抱き、いち早く「Internet上を経由して、動画
配信をされたい!」との要望を出したり、色々な事を
要望として出しています。

 また司法に関するOmbudsman活動も、一人での限界を
感じており、更に飽きている(っと言うよりも呆れて
いる)との状態にあり、後は、立法など国会軽油にて
色々と対処を行ってもらうかと想っています。

 っと言うことで、ちょうど時期的に、一つの課題が
終わるので、もう一つの課題に着手をしようかと想い
つつも、その『対象が必死』だと言うことも、本日に
解ったので、一気に取り締まってみようかと・・・w

実態

 でも、逆に、そこまで私用的に公的な機関が活動を
するのか、大いに疑問が有るのですが、とりあえずは、
一つづつ、こなしてゆこうかと想っています。

(OωO!)・・・っあ!

1.
古物商防犯協会による会費徴収の方法

2.
地区内のPatrol状況

 実は、過去に道路関係に纏わる問題があって、警視庁
軽油で色々と課題をあげてた所、広域捜査課の人員と、
御話をする機会が合って、色々と話をしたことがある。

 その時には、主に『信号機』に付いてを調べており、
交通渋滞の減少を、どのように制御する事が可能で、
その限界は、どう言う状態で発生をするのか?などを
調べていた時期でもあり、同時に暴走族の根絶に付いて
も色々と、独自の研究していたりしていた。

 ちなみに、その時期に解ったのが、とある宗教団体の
信者であると想われる家庭に、暴走族が比較的に多いと
言うことが解っており、どぉ~やって摘発をするのかを
色々と検討をしたりしていた。

 っと言うことで、私の活動の場合、警視庁軽油にて、
色々と対処を行ってもらうかと想っており、相応となる
Reportや証拠を踏まえて、業務改善請求などを行って
行こうかと想っている。

即効性

 何度も言うようですが、私の場合には、一つの経路で
問題を解決しようと想っておらず複数の窓口を軽油して
目標を達成する事が多い。

 しかし、一般の人だったら、『こうするだろう』との
ことに付いては、自分でも把握する必要が有り、改善の
請求には、一般人であれば、こうなり、それを受けると
言う場合には、こうなるから、その部分を、このように
改善されたい」っとの公式がある。

 問題発生 = 公的な機関の立場 ⇔ 利用者の立場

 両方の観点から、利用者の立場を有益して、要望等を
行うのが基本的な形となっている。

 ちなみに、『公的な機関の立場』との観点では、その
公務員が自覚をしてい無いとされる、双方(一般人)で
陥る状況を、学習させて対応方法(主に言葉づかい)を
改善させることが多い。

 しかし今回の課題では、『 行為問題 』が含まれる
ことになるので、ある意味で『 詐欺 』にも値をする
行為を、どのように扱うのかを観察する。

 つまり私にしてみれば、直接的には、問題改善だけど
間接的には、問題発生時の取り扱い状況を調査するのを
兼ねる事になる。

 逆に、問題の取り扱い方が正常であれば、一般人と、
公務員との間で、紛争になる原因は、基本的に一つだけ
となって、双方での誤解が原因である事が多く。

 現在だと『公務員側で業務原理の基礎を把握してない』
と言うのが殆どで、業務内容が只単に、先輩から後輩に、
「これやって♪」とだけ伝えたり、その趣旨や意味合い
などを教えて無いことが原因で、多くの窓口紛争などを
招く原因となっている。

補足

 そうそう、裁判所の書記官による業務の中で不明に
なる所があり、その調査に関しては、継続をする。

( -ノω-)こっそり♪<裁判所では、「それなら高校生のArbeitだって行えるだろ!」っと、私に・・・w

(∇〃) .。o(何の為に公務員試験や、相応の職務資格試験が有るのか、大いに問われるような事も♪)

結語

 警察部門のOmbudsman活動が終われば、次に宗教団体
などの取締りにと着手をすることに成るのかと想われ、
私が取り締まると言うよりも、『公的機関によって、
行われる取締り手段の問題点の洗い出しになる』かと
想われ、別に直接私が宗教団体を取り締まることは、
無いが、「 公的機関に、『調査申告』を出せる 」
と言う程度までは、一般の誰しもが行えると言った
状況までを調査する予定。

 その的(まと)に成っている宗教団体は、ここ数年
においてChinaとの癒着も気になるところで暴力団との
癒着に付いても、問題視をされている。

 比較的に、男性部(青年部?)にての問題が多いと
解っているので、証拠集めを・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

 しかし音声Dataを纏めたり、するのに手間がかかり、
ちょっと嫌気がさしている・・・w

( -ノω-)こっそり♪<簡単に済ませたいのが本音です♪

(∇〃) .。o(それ以外にも課題が沢山あるのだ!)

 なお、公的機関にて出される音声Dataを、加工して
後日に、ここにもUPする予定です♪

意見

 ところで、厚生労働省が『宗教関連の公的窓口』にと、
なっていたかと想われるが・・・。

 とりあえず、厚生労働省事態が分割されるのかとも、
想っているので、その後に・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

古物商防犯協会の摘発に付いて

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/10/31(土) 午後 3:38

調査

 前々から気になっていた分野であって、
必要に応じて色々と調べていたのですが、
尻尾を出してきたので、告発しようかと
想っております・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

問題点

>強引な勧誘

 以前は、交通安全協会でも同類の行為が
行われており、問題視されていたのですが、
近年だと任意加入と言うことで警察側から
強要的に求めることが無くなっている。

 しかし、古物商の防犯協会に関しては、
各地域で独立的に活動をしているのであり、
任意団体としては、警察側と奇妙な癒着が
ある程度で、むしろ不経済活動、ないしは、
不当、不法行為の隠蔽の繋がりになってる
こともある。

 今回は、収録機を持って実態調査したが、
警視庁側による、古物商の資格を有した者
への講習会(年一回程度、実施される)が
行われる詳細と費用の出所と、防犯協会が
勧誘をする時に使用をされる『口実』には、
違いが発見された。

 気になって警視庁の所轄部署にと改めて、
古物商の講習会に関する経費などの出所を
確認したところ、防犯協会が口述に使って
いる『必要とされる費用』は、警視庁から
出ている部分がある。

 それを警視庁に一度、さりげなく注意を
行ったが、結果的に改まっていない。

{{{:
 ちなみに警視庁の立場では、防犯協会の
存在が外郭団体であり、公的機関の一部で
無いとの観点から、よほどの事が無いと、
更正指導を行わないようである。

 ちなみに、現場での対処として即日に、
業務改善対応を申し出た所、数日後にて
「即効で改善対処を行う」と返事を得た。

注意>
 適格な対処方法が有り普通の人が行うと、
状況によって公務執行妨害となる可能性も
あるので、安易に現場の警察官と論争等に
成らないように、心掛けられたい。

 なお、その対応方法は、単純であるが、
悪用されると困るので、公開しない。

余談>

 私は、基本的に一つの問題に対して複数の
経路から改善工作を行う。

 つまり現場で特定の役割を担う人物が、その
機能を果たしてい無いと色々な方向から、その
責任を問われる事になる。

 その戦略は、軍事的な攻撃方法から、学んだ
のであり、「一つの目的に対して、犠牲を減少
させるため、一つの方法が無理なら別の方法で
と、複数の戦略を持って目的を遂行する」との
対策である。

 これは、一つの無理で難関な課題に対して、
執着すると、相応の損出が出てしまう。それを
軽減させる為に複数の手段を検討するのですが、
一般人の場合、典型的な状況にと陥ってしまう
ことが解っており、相手方も、その状態にと、
陥れるとの傾向があって、定例となる対処で、
あしらわれる事になる。

 ちなみに、その対応を民が受けると公務員に
不信感を抱く人が殆どであるが、窓口の責任者
程度しか把握をできない問題ならば、基本的に
揉み消される。

 之までに、私の主たる目的として達成されて
無いのは、「自殺の減少」であり、三年越しの
課題となっている。

 また防犯、防災に付いては、国の問題でなく、
民側の問題であって、『 自衛力 』と言った
観点で国民側に促す方向へと去年から変わった。

 その理由は、国側で行うべく環境提供と言う
部分では、その義務が有る程度、果たされてる
と感じられ(逆に、それ迄に色々と対策Report
などが複数提出され、現実化されたので・・・)、
その後での問題は、国民個々の課題であるとの
判断をしたからである。

>印刷物の発注

 まだ明確になってないのですが、古物商防犯
協会にて発注をされる印刷物が、特定の業者に
利益の有る発注を行っている可能性がある。

 つまり正義性を理由に、合法的に排他的なる
利益を得ている可能性も有る。

 また、警視庁から配布をされる資料と比較を
すると、断然に協会から配布されている資料の
ほうが見栄えが良い。

 ところで、とある警察署の防犯課の課長と、
その地域の市長とが、防犯に纏わる観点では、
一致している事が解っているが、防犯協会の
会長とは、考えが異なるようである。

おまけ

 高学歴な公務員にありがちな民を見下す
対応も確認できた。

 これは、典型的なPattern(ぱたーん)で
公務員によるHarassment(はらすめんと)と
なっている。

 裁判所分野では、実体験に伴って、対応の
記録を全て収録(証拠の確保)して、必要に
応じて、『改善の請求』を行っていましたが、
その成果も有った。

 さて、警視庁に関する分野では、警察官の
対応による個人差が、明確で、性格的な問題
なども有るのかと想われるが、『ねじ伏せ』
と言う現象で、問合せ者を『ねじ伏せて行く』
との傾向がある。

 ちなみに『ねじ伏せ対応』を行う輩警察官
などの特徴として、格闘技などの関心が強く、
傲慢で、奇妙なところで気が弱い。

 基本的に、そうした応対者への改善には、
『 Top Down 作戦 』で対処をする。

 なお、明確な証拠なども必要とされる。

 
結語

 未だ、どの段階で、どう言った経路で改善
工作を展開するかは、公開をできません。

 でも確実性は、過去の実績から確信をして
いるので、早期に改善されるとも想われます。

追加的な問題

 とある政治団体、並びに宗教団体を含めて、
告発を行ってみようかと考えています。

仏教系  1
基督教系 1

公共機関

・警視庁     2(公安部、生活防犯課)
・警察所     1
・裁判所     5(既に民事で、二件係争中)
  A.特別送達
  B.訴訟費用として過剰に郵券の支払請求を職権乱用的に行った

  C.訴訟手続きにおける対応 → 専ら現場の人員と都度に事情を聞いて、苦情申出的に対処中
  (どの程度の効果があるかも調べていたが、初期に半年、現在だと必要に応じて即効的に対処されている)

  D.裁判官などの間接的な罷免方法

 >法廷外の対処
 ・裁判所は、書類輸送の時に『宅配を使う』と主張
  (実際には、宅配業者が信書受付業務許可を経て、信書を扱っている)
 ・その他にも色々

・市役所 とあるSystemにおける改善

 もともと防犯と言う観点で法的な倫理の限界を
色々と調べていたのですが刑事における問題点の
一つに、「誰でもが犯罪行為を行うとの心理にと
陥る環境」が有ることなどが解り、更に暴力団の
存在や犯罪者の存在を追うより、環境との観点で
問題追求をする方が重要だと判断しており、専ら
司法分野のOmbudsman活動では、そちらを重視して
いる状態にある。

 また一般の民側に、防犯、防災の観点からも、
『自衛力の強化』に付いて好奇心を促すと言った、
環境造りのReportが中心になっている。

 実体験から、犯罪や暴力団の形成などに付いて
追求をするよりも、偽善者を見つけ出して告発を
行ってゆく方が、効率が好く、その効果も高い。

 さて、私の仕事は、何でしょう・・・w

悪質な重犯罪における時効が、見直される?!

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/10/28(水) 午後 8:46

ファイル 4592-1.gif

千葉景子法相

 世間的な意向も強まったと言う事もあって、
大臣も積極性を、公表している。

<参考 YahooNEWS>

結語

 時効と、人による『失望、健忘』と言った
意味からの効果は、微妙な観点がある。

 実質的なところ只単に司法の操作能力が、
犯罪行為者よりも劣っており、また民側も、
その防御能力が無いと言うことによって、
犯罪が成立してしまう。

 一見して犯罪者を偏見的に見るが、結果と
言う観点から司法の思考における『恩情』と
なるような判断も、大いに問題視をされる。

 私の近年における貧困的な実生活などから、
色々と解った事は、『不法行為で無わいと、
される私生活にに対して、世間一般などから
悪く評価されるのは、人権を侵害しているに
値をしている!』っとの事実である。

 『暴力団の解放』と言う観点からなどでも、
民法で言う不条理(不当、不法)な契約は、
法的な観点から成立しないと定めながらも、
実質的に暴力的な配下の方が、規律性などが
高く、それを維持する手段として暴力などを
用いているに過ぎない。

 「自分は、暴力団だからかっこが付かない!」
などと言う、そもそも自分自身への不条理と
なる思い込みにより生じることも原因の一つ。

 又、そうした人生の生き方に利益が有ると
言う結果が、実質的な有益性を維持している。

 だから変な正義感を抱いたり、過剰な悪意
などを抱いても、双方共に成り立たないのが
現状である。

 私的には、犯罪や、不当、不法行為に着手を
行って無い限りは、人権的な保護などを大いに
認めるけども、過失を含めて、不当なる行為や、
不法行為などにと着手をした時点で、共存性が
無いのだから、保護的意識が無くなる。

 自衛的な概念の必要性は、国家形態に限らず、
日本国民の個々に課せられている、健全性と、
防犯、防災などのを含めた健康性の維持などが
現代的に求められているのかと想われます。

女性の活躍

 やはり悪き社会体制は、女性などの導入を、
きっかけに変わるのかと想われ、多くの女性に
相応の期待がされている。

 がぁ~♪

 女性の立場も安定すると、男女共同的にと、
悪行が展開する可能性も有るかと・・・w

 末恐ろしい・・・(。-`ω-) ん~♪

世界の死刑事情

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/10/16(金) 午後 10:50

日本は、多いのか?

 死刑を執行している国としては、然程に
多くないとされる、数値かと感じられます。

日本での犯罪発生率

 Internet上に公開されている犯罪白書を
見る限りは・・・。

ファイル 4591-1.jpeg

犯罪白書 20年度(19年度の統計資料)より

 この統計からも解るとおり、事件の発生を
認知(把握)しているとされている数値が、
記載をされており、「私の推測だと実際に、
実際には、実数の5~10倍程度の事件が
発生をしている」と判断をしています。

 Heinrich(はいんりっひ)の法則などを、
代用しても、好いのかも?

結語

 意外かもしれませんがある意味で日本国の
倫理性は、世界の視点からだと、高い評価を
されているのかと想われます。

 日本の国民性は、奇妙であると指摘などを
される事がありますが、その論理と実理との
観点において差が、縮まらない世代によって
集団的な利己活動を強引に強行されていたと
言う時代が続き、後の世代で、かなり倫理性、
共和性の高い次世代が徐々に補正開拓をして
いる状況にあると、国内の事情を見ています。

 しかし『集団的な不当権力』から、『個人、
小集団、簡易小集団、臨時小集団』などにて、
個々の民が、Internetなどを悪用して一つの
悪行目的を達成する為に人員を募り、臨時で
集団を結成して犯行に至り、後に自然解散を
すると言う現象も生じているそうです!

 暴走族、強姦、Stalker、Harassmentなど、
色々な類で、新たな犯罪集団の構成として、
危機的な問題として課題になっているらしい。

 更に、それらの事件に参加をする個人が、
相応にして、犯罪を遂行する技術能力などが
高い場合があり、集団に成らない時でも個人
が事件を遂行してしまう事も有るらしい。

 この問題は、文化的向上と共に民(人)の
知能も向上しているが、犯罪能力も、同時に
進化している状態にあって、警察や自衛面の
観点で、防犯力が劣っていることを意味する。

 ところで自殺率が高いと言うのも、一つの
特長にとなっているらしく、微妙な状態にと
成っているのかと想われます。

・・・(。-`ω-) ん~♪

微妙な数値・・・(。-`ω-) ん~♪

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/10/14(水) 午後 9:04

成人1013人のみ

 それだけの人数で、米国全土としての指数を
統計的に表しているとは、想えないのだけど?

それでも・・・

 死刑制度には、賛成であると言うのが過半数
にと成っている。

結語

 日本でも一時期に、死刑制度に付いて色々と
論議がされていたが、何の意味があるのかは、
大いに不明となった論争でもある。

 ちなみに「冤罪に付いての事件が有るので、
死刑制度を止めろ!」との意見も有るのですが、
それは、検察事情における問題と、裁判所での
適切判断や、事実追及の能力に欠けているとの
問題であって、死刑制度と異なる観点になると
想われます。

 つまり『冤罪』は、刑事訟廷にて過失となる
問題であって、なんら死刑制度によって生じる
問題で無く、その責任に付いては、相応に国が
責任を負う事になる。

 また国の責任は、国民に帰属をするのであり、
国民にも相応な責任が有ると想われる。

 よって「死刑制度が無くなると言う条件では、
まず、死刑に値するような事件が生じない事が
大前提になり、次に、その刑罰を維持するとの
理由が無くなった」との場合に、死刑制度等が
無くなるのかと想われます。

 一生独身で居たいと想う者ならば、平然と、
罪を犯したり、むしろ、同性愛者にとっては、
刑務所が楽園化している可能性も否定できない。

 更に被害者の身になって考えることも少なく、
犯罪者への温情が、犯罪の温床になっていると
想われ、「どのような生活環境にあっても犯罪
行為が行われる状況は、日本人として相応しく
無く、憲法で定める所の自由の原則に伴って、
いかなる状況でも、合法的な活動を追及すると
言う意思が必要であり、『自由と勝手の違い』
などを十分に国民が把握をする必要が有る」と
想われます。

 日本国の憲法で保障されている自由は、不法、
不当行為など、公序良俗に反する行為までもを、
自由として定められている訳でない。

  • --
  • 参照> 憲法

    第十二条
     この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の
    不断の努力によつて、これを保持しなければならない。
    又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、
    常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

    • --

     つまり犯罪者や若い人達が主張をする自由などは、
    「殆どが『勝手である』ことが多く、憲法で保護を
    される『自由』には、値してない」ことが多い。

     特に団塊の世代によって展開された紛争沙汰などは、
    不法行為の何物でもなかったのである。

     こうした観点からも、死刑制度が悪いのでなくて、
    その刑罰を必要としている世間的環境が悪いのであり、
    直接的に国家的な責任の範疇にあるが、客観的には、
    国民に責任が帰属をするのであって、被害者、加害者
    などになってから初めて実態を把握すると言う状況は、
    『時既に遅い!』との状況にある。

     防犯、防災、健康、健全性などの維持は、現代での
    日本人における個人的な観点からの義務でもあるが、
    それを協和的な観点から考えれば、それに伴った知識、
    能力の最低限度における共有意識は、必要で有るかと
    想われ、それを保障する必要が有る。

     むしろ、そうした意識が高まれば、犯罪の発生等も
    抑制されるのかと想われ、正当(合法)なる反世間的
    活動などが生じても良く、それらを追求すること等が
    近代文明の楽しさなのかと想われ、その意識によって、
    文明が進歩するのかと想われます。

     死刑制度が悪いのでなく、刑事司法における機能が
    悪いのであって、それ以前に相応となる事件が生じる
    ような環境を維持している国民性が悪いと言える。

     つまり、あなたも悪いのです!

     なお、わたしは、よろっちゃ王国の民ですので・・・www

    ・・・C= C= C= ┌(;^・ω・^)┘ わっせわっせ!

    (∇〃) .。o(こう言う逃げ道は、造っておこう♪)

最高裁判所が裁判員候補者にDVDを配布♪

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/10/7(水) 午後 11:30

ファイル 4589-1.gif

来年から・・・w

 DVDの再生機を有して無い人に
配布をしていたら・・・w

( -ノω-)こっそり♪<相手の生活観を侮辱している感じもするが・・・w

(∇〃) .。o(そう言う点が最高裁判所の観点で、欠けてるんだよなぁ♪)

<参考 AFP_BB_NEWS>

結語

 逆に、DVD程度は、有しているだろう
との解釈なのかと想われるけど、相応に、
再生機の請求をされることがあるのかとも
想われる・・・(。-`ω-) ん~♪

 なぜ再生機を請求されるのか?

 最高裁判所は、DVDを見るようにとの
意図で配布をしているが、それを再生する
機器が無ければ意味が無い。

 そうなると?

 普通、こう言う場合には、図書館などに
配布をしておき、またInternet等を通して、
誰でもが閲覧できるようにされている方が
費用としても効率的である。

 そもそも、そのDVDなど造るために、
どれだけの費用を消費しており、その費用
などが、経済的な困窮者などを補助すると
言う為の費用に使われた方が、刑事の事件
発生事態が軽減され、その方がよっぽどに
経済的な効果があるのかと想われる。

 つまり最高裁判所は、不経済な活動を
平然とやってのける期間である事が解る。

 刑事的な観点でなく、民事的な観点にて
裁判所を見ると、刑事事件における根源が
民事を根拠としている場合が多いことが、
解ってくるのかと想われ、民事訟廷にての
紛争解決が、刑事の事件発生を抑制すると
言う観点で重要な部分と成っている。

 がぁ~♪

 民事裁判を傍聴すると解るのですが、
いや一般の国民は、傍聴を行わなくても、
世間的な期待感が低い公的な機関であると
言うことは、十二分に解っているからこそ
利用を行わないのかと想われますが・・・w

 でも、利用を行わないからこそ、発展が
されないのであって、もっと利用を行い、
不便の部分を改善請求しないと、文化向上
と言う観点では、不足となる。

 暴力的な紛争は、法的に認められないが、
訟廷での紛争は、その権利を認められてる。

 しかし、不当、不法行為の有益性などを
立証しているのが、現行の裁判所であると
多くの民が感じている限り、その存在価値
などが国家機関として大いに問題視される。

 つーか3年かけて独自に開拓したけども、
『私の人生における奉仕的な労費』と言う
観点では、とうに限界を超えている感じも、
するんですが・・・。

 っと言うことで、司法Ombudsmanとしての
Reportも作成しなければ・・・(。-`ω-) ん~♪ 

 しかし現行の裁判所の存在は、不経済で
あって犯罪を抑制する能力が無く、国民に
法律を理解させようともせず訴訟当事者を
平然と侮辱しているとしか感じ得られない。

 刑事事件とかで、無差別殺人とか発生を
するのも当然だよなぁ~って、民事裁判を
利用してみると、誰でも思えるのかとも、
判断をしています。

 実際に民事訟廷を利用しなくても傍聴を
するだけでも、「不経済な訴訟進行をして
いるなぁ~!」って感じると想う。

 企業の宣伝すらも、InternetやTVを
通して効率よく行われている時代に・・・。

 やはり機関的(最高裁判所的)な発想が
時代的に10年遅れてるのかと評価をして
いるのが私の評価論である。

 なおDVDを配布するのは、逆に超越的!

 DVDを保有してない人たちが居ないと
思い込んでいるんだろうなぁ~・・・w

 逆に、DVD再生機を持っていない人は、
「一般的な国民でない」と定義しているの
かとも思える。

 Internetであれば、唯一に図書館等でも
利用できるけど・・・。

 卓上での空想的な論理派では、やはり、
文化感の限界があるのかと想われ、文化感
などに不足をした人達が、紛争を展開して
居ることを、最高裁判所が十分に把握する
必要がある。

 更に近年だと、外国人による事件や、
警察官などでも、平然と傷害、殺人などの
未遂事件を発生させて、隠蔽しているのが
事実なのかと・・・。

 ちなみに警察官でも逮捕後にて、犯人に
正当な理由無く暴行やHarassmentを行えば
不当、不法行為が成立するのかと想われる。

 結局は、そもそも犯罪行為が発生しない
と言うことが、追求される必要が有って、
そうした環境を造ると言う努力が、一般の
国民に課せられた課題かと想われますが、
その責任感がまったく無く、防犯が警察の
公務Serviceであると、勘違いした国民も
多いのも現状である。

 警察官は、市民を守る観点があるけども
個人を守ると言う観点には、比較的に無い。

 三人称と、二人称、そして一人称と言う
観点を理解しないと、『自衛』の必要性も
理解できず、相応の犠牲などが生じるかと
想われる。

 ・・・他人事ですけど♪

公訴の時効消滅は・・・(Yahoo!NEWS Topics)

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/8/27(木) 午後 10:25

$FILE1_c

時効制度の見直し論議

 未だに被害者を主体にして、大いに問題視を
されている。

 その点に付いて国側でも一般者からの意見に
基づく学習会が設置をされて、その結果なども
公開をされています。

参考>

法務省 - 「凶悪・重大犯罪の公訴時効の在り方」について

意見募集の結果の公示   制度見直しの方向性 - (H21.7.17)

結語

 裁判員制度も始まっており、それに関連する
と言う点で、『①公訴時効、②死刑執行の時期』
との大枠で二点が、課題となっている。

 その点に付いては、多くの国民にも課題として
十分に認識をされている分野で有る。

『よろちゃん』のTopicsEditor

 さて今回は、上記の法務省から公開をされた
『一般からの意見募集』と『公共機関としての
立場における見直しの方向性』に付いての資料、
そして、とある場所の語句などを変更するなど
行いました。

来年度の裁判員候補者は、全国で3万人?!

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/8/15(土) 午後 8:22

ファイル 4587-1.gif

それだけ事件が多発しているのか!

 っと言うのでしょうか?

<参考 YahooNEWS>

結語

 警察や検察も、把握し得ない刑事事件は、
その一万倍程度有るのかと想われるけど?

 やはり自衛的な概念をもって、被害者に
なら無いように、自らの健康、健全などを
確保、維持しないと!

・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

英国で死刑囚が最後に食べる食事とは?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/8/13(木) 午後 7:48

ファイル 4586-1.gif

好きな物を選べる?

 英国のDesigner(でざいなぁ~)によって、
死刑囚による『 最後の食事 』を再現した
Art(あーと)が話題になっている!

・・・え~ (-ωー;) ぶつぶつ、、、

( -ノω-)こっそり♪<但し、その内容の正確性に付いては、疑問視をされている♪

(∇〃) .。o(まぁ~、芸術品ですからねぇ~♪)

<参考 YahooNEWS>

日本の死刑事情

 日本でも、刑が執行をされる前に、
好みの食べ物を得られるらしいけども、
実際に執行がされると、脱糞、嘔吐の
関係から、好ましくないのかとも想う。

 ちなみに、通例だと金曜日の早朝に
死刑囚が呼び出され、執行を宣言され、
食事と風呂を用意された後、午前中に
執行をされるとか?

<参考 WikiPedia>

ところで『 最後の晩餐 』とは?

 Christ教系統で言う『最後の晩餐』は、
私的に、『 独身最後の晩餐 』または、
『 結婚式での祝賀 』であったのかとも
想われるのである!

・・・(。-`ω-) ん~♪

結語

 結果的に、重悪犯罪を抑制する為には、
相応となる刑罰が必要で有るのかと想われ、
その犯罪行為を後悔させる必要がある。

 その点では、相応なる工夫が必要になる。

 しかし事件後、看守などと仲良くなり、
それなりの人間関係が成立をしてしまうと、
色々な利益関係から、現行制度に対して、
死刑囚に対して弁護的な意見を抱くと言う
看守も多いらしい。

 確かに、看守にしてみれば、「死刑囚が
居るからこそに、今の仕事があるわけで、
その死刑囚が居なく・・・w」と言うのは、
冗談であるが・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

 さて経済的な観点を無視している部分が
司法に有ることは、既に解かっている。

 逆に、被害者だって、殺害される前には、
相応にして、好みのものを食する権利等が
あったのでわ?

 っと言う、大いなる疑問が生じる!

 更に慾する所では、「 被害者だって、
死刑囚のように、最低限度の人権が保護を
される必要があったが、それを違憲的に、
且つ不法的に、死刑囚によって奪われたと
言うのだから、その点を考えるなら人権を
有る程度で剥奪しても刑罰囚人に付いては、
好い」のかとも思える。

・・・(。-`ω-) ん~♪

 ちなみに現在において、先進国の事情を
考慮すると、重悪犯罪を行っても何だかの
理由で刑罰を免れている人は、意外にも、
多い事も解かっている。

 もしかしたら、貴方が・・・Σ(・ω・ノ)ノ っえ!

裁判員制度の実働♪

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/8/3(月) 午後 10:50

$FILE1_c

実は、本日に東京高等裁判所へ行って参りまして・・・w

 『 決定 』の書類を送達したいとのことで、
呼び出しを受けまして、裁判所へと言ったなら、
これまた、凄い人で、「 何で、こんなに人が
たくさん居る(報道を含めて)のだ? 」っと、
思っていたら、今日に裁判員選考に纏わる講習
などが行われてたらしい!

<参考 YahooNEWS>

正直なところ、話題的に飽きてきた・・・(。-`ω-) ん~♪

 そろそろ時期的には、私的に飽きてきた話題
となっておりまして・・・w

結語

 次に裁判員制度に纏わる話題が出るとしたら、
何だかの不祥事が生じた時なのかと・・・w

( -ノω-)こっそり♪<笑えないんですけどね♪

(∇〃) .。o(その被害者は、皆さんかもしれない!)

裁判員制度と、組織犯罪

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/7/31(金) 午後 10:33

ファイル 4584-1.gif

第二の事件が発生する可能性?

 裁判員制度の導入から組織犯罪などには、
『 裁判員を導入しない 』との観点を、
どのように考えるのか話題になっていた。

<参考 YahooNEWS>

制度の目的

 裁判員制度を過剰に用いる事によって、
第二の犯罪原因を生じさせるなら、制度の
意味が無い。

 しかし、それが過剰に抑制をされるとの
観点でも、問題が有るのかと想われる。

 でも現行では、訴訟当事者となる双方の
事前に申し立てられた意見や、裁判所での
判断によって、「 必要に応じて裁判員の
導入を見送る 」との体制に、なっている
らしい♪

 之によって、過剰となる制度の導入趣旨
などが守られることを意味している。

結語

 何でもかんでも、法規に適正をするとの
状況では、司法としても芸が無いと想う。

 今回の一軒ででは、世間的な動向などに
柔軟性を残しつつ、専門的な分野からでの
判断を導入している事で、基本的に第二の
犯罪は、避けられる傾向にある。

 むしろ、司法における期待は、刑事でも
民事でも、「 裁判所の酌量に委ねられる
点や、訴訟当事者による主張と、該当法規
との合致性である 」のかと想われ、その
裁量が求められる。

 がぁ~・・・(。-`ω-) ん~♪

 ちなみに裁判官だけが名裁きをしてると
限らない事は、落語でも立証をされている。

・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

 只単に司法の人員は、裁量技能を国家が
認めて、その職業を営むことを許可したと
言うに過ぎず、別に、その資格が無くても、
相応なる裁きをしている人たちが・・・w

 例えば、『 あ・な・た 』とか♪

裁判員用のEnquête(あんけーと)内容を公表♪

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/7/30(木) 午前 3:30

ファイル 4583-1.gif

ちなみに・・・

 日弁連などが、もし、「○○に付いても、聞いて欲しい!」
っと言うならば、それに付いての見当を最高裁判所に上申を
すれば良いのかと想われる。

 っと言うか・・・。

 奴らは、そう言う行為を他人から金銭等を貰わなければ、
又は、資本利益や何だかの利己的な収益と成らない限りは、
そう言う申し出を行わないのだろうか?

( -ノω-)こっそり♪<普通だったら、「Enquêteの項目を追加的に検討されたい!」と申し出るが?

(∇〃) .。o(利己的な奴らの集団だけに、刑事の事件が公共性の利益追求だとの事を忘れておる♪)

<参考 YahooNEWS>

勘違いするなよ!一般国民♪

 裁判員制度に付いて、勘違いをしている人も多いかとも
想われるのですが!

( -ノω-)こっそり♪<実は、私も初期に勘違いを・・・w

(∇〃) .。o(では、その勘違い部分を説明しよう♪)

 実は、『 地方裁判所でのみ 』となるので、被告側が
その判決に対して不服があれば、高裁、最高裁にと抗告を
されつつ、更に高裁、最高裁にて、その判決内容に不備が
あれば、新たなる事実など共に修正をされる事になる。

 また、『 抗告がされない(地方裁判所での判決にて、
納得をした場合:裁判員の判決に納得をした状態) 』と
言うならば、別に何も被告側も容認した事になるので、
ある意味で、凄い判決だったのかと・・・w

( -ノω-)こっそり♪<名裁きって奴ですかね?

(∇〃) .。o(まぁ~被告側で、予めに覚悟している人も居るのかと♪)

結論

 刑事裁判は、もともと被害者の為に行われる裁きでは、
無いという事を把握する必要が有ります。

 逆に被害者は、民事訴訟などにて、損害賠償を行わない
と言う限りでは、限りなく犯罪者の利益となってしまうと
言う事を理解する必要が有ります。

 これは、『 刑罰の錯覚 』によって国家が、罪人を
保護する傾向にあることが問題にとなっている。

・・・(。-`ω-) ん~♪

 ここで言う、『 刑罰の錯覚 』とは、刑罰を受ければ
被害者側が、納得をしてしまうと言う錯覚である!

 刑罰は、国家が罪人に対して『 公共的な観点 』から、
与えるべく『 行為代償 』であって、被害者の心情等に
伴う観点での意味合いでは、『 多少の酌量 』によって
裁判官個人の感覚で、判断をされる程度に留まっている。

 つまり検事側は、『 被害者の希望 』を、ある程度で
(一般的には、三段階:『軽め、普通、厳重』)選択が、
行えると言われています。

 しかし刑事罰は、「公共観点での事であり、犯罪行為に
対して他の国民が、納得をするであろう代償として設定を
された物であり、その刑罰を受けた後には、一般人として
他国民が、受け入れなければ、ならない」と言う原則を、
そもそも全国民が把握をして無いのかと想われる!

 この部分については、裁判官も誤解しているのかとも、
想われ、『 再犯を繰り返す者 』に対して、無期刑にて
対応をするのと、世間に出て再犯を繰り返すのとでは、
どちらが経済的なのかを考慮すると、相応に解かりそうな
事でも有る。

 がぁ~♪

 刑法自体にも、問題があって!

 何度、再犯を行おうが、行為内容に適合する刑罰しか
与えられないように成っている・・・(。-`ω-) ん~♪

( -ノω-)こっそり♪<私は、得点制度にして、三回目で『無期か、国外追放』とのReportを・・・w

(∇〃) .。o(ちなみに外国籍者であれば、無期懲役以下は、一回でも国外退去♪)

 っと言うReportを改めて作成する必要が有るのかと
想われるけど・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

補足

 私の『 犯罪防止戦略 』の基本は、犯行における
不利益性の追求であり、常に有益としない生活環境を
整えると言う事が、『 無犯罪都市計画の基礎 』に
なっている。

 しかし、それでも十分で無く『衝動的な犯行』を、
抑制することは、でき無い事が解かっている。

 つまり犯罪者の常習者は、「それが仕事である」と
誤認しており、世間一般だと「仕事して認められると
言うに値しない」のですが、資本的な利益が生じると
言う為に、それを『 裏家業 』等と命名をする事で
公然と業務であると定義する傾向に有る。

 ちなみに資本的な利益を『 経済的な利益 』だと
表現をする愚かな司法関係者も居るのですが、経済と
との言葉は、犯罪行為の利益に対して当てはまらず、
「 不当行為意外での努力利益を経済と言うが、犯罪
行為に着手をした時点で、不経済であると言う点を、
正義感の観点が過剰に成り、見えて無い 」っと言う
現象によって、犯罪行為の不経済性を見出せないのだ。

 逆に『 経済的利益 』との言葉を犯罪利益にと、
当てはめて表現をする事で、『 生活を維持する 』
と言う観点を合法として、「 俺たちだって生活を、
維持する権利がある! 」っと主張をさせるに至る
と言う心境に、誘導をしているのである。

 その観点から考えれば明らかに、世間やMass Media、
そして、司法が悪いことが解かる。

( -ノω-)こっそり♪<現行の司法に、悪行を根絶する能力なんて有りませんよ♪

(∇〃) .。o(有っても、それが正義と言えず、むしろ公安が妨害をするのかと♪)

 逆に言えば、暴力団や、犯罪組織は、国家公認であり、
広くは、神仏からの加護が有るからこそ、存在をしてる
とも言えるのかと・・・(。-`ω-) ん~♪

 仏や神の信仰があれば救われると言われてますからね♪
被害者の心情に関係なく・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

 私は、人であり人を裁くつもりは、無いのですが、
時に神と仏などを、人として裁きたくなる心境にと、
陥ることがある・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

殺人事件の時効までに、どれくらい資本が注ぎ込まれたか?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/7/27(月) 午前 1:30

八王子すーぱー殺人事件

 公訴権における時効消滅の効果によって、
発生した殺人事件の刑事的な責任が無効に
なる可能性が有る。

 その制限時間は、残り約1年だそうです!

<参考 YahooNEWS>

ちなみに・・・

 重罪犯罪事件の犯人が常に生存をしてる
とも限らないのですが、その点を警察が、
どのように考えているのか不明である。

 逆にNEWSなどで話題として取り上げ
られた重犯罪なら、皆さんも把握できるが、
それ以外にも色々と殺人事件は、発生して
いると言われている。

 特に疑問視されているのが保険金絡みの
自殺や失踪等となる。

 その背景には、『 高利貸し 』が専門
的にと関与をしている可能性もありますが、
そもそも、相手は、そう言う行為の専門職
となるのだから、十二分な工作などを行う
かとも想われる。

 そもそも生命保険や、医療分野でも、自殺
と言う部分でも保険金が有効になるとされる
制度があったかと認識しており、その頃から
『 自殺が資本的観点から有益である 』と
資本的な価値を見出している。

 それまで『 保険金殺人事件 』が世間を
賑わせていたが、その必要が無くなったのだ。

 しかも私の知る限り、人一人をうつ病など
として自殺に追い込むのは、意外に簡単だと
言う事が解かっているが、なぜか司法では、
『 社内などの人間関係 』と指摘をしつつ
殺人罪の適用を行わない。

 『 虐め 』や、『 嫌がらせ 』などは、
未成年であっても、刑法に規制された行為で
あるが、単に未成年だと『罰せ無い』だけと
なってしまう。

 逆に、『 刑罰を与えない=行為可能 』
と言うことに、一般国民が誰も気が付かない
と言うのも微妙である!

 一般に『 未成年者の犯罪行為 』と言う
勘違いとなる誤った表現が有るけども、刑法
と言う分野は、『 違法でなく、条文適用と
なる法規で、「 ○○を行った者は、□□に
処する 」との条文に適合をするのか?との
観点で問われる 』のである!

 違法とは、『 ××を行っては、成らない!
之に反した者は、△△に処する 』と言った
文面になる。

 今回のような『 殺人事件 』の場合は・・・

  • --

日本国 刑法 殺人

第百九十九条

 人を殺した者は、死刑又は無期若しくは五年以上の懲役に処する。

第二百条  削除

(予備)
第二百一条
 第百九十九条の罪を犯す目的で、その予備をした者は、二年以下の
懲役に処する。ただし、情状により、その刑を免除することができる。

(自殺関与及び同意殺人)
第二百二条
 人を教唆し若しくは幇助して自殺させ、又は人をその嘱託を受け
若しくはその承諾を得て殺した者は、六月以上七年以下の懲役又は
禁錮に処する。

(未遂罪)
第二百三条
 第百九十九条及び前条の罪の未遂は、罰する。

  • --

 刑法199条に合致する行為であり、その刑罰を
与えるに値をするのかを、裁判で問うのであって、
その問う権利が、『 公訴権 』となる。

結語

 さて、犯行者なのですが、結果的に、大損を国家や
他の国民に対して齎した輩であって、人命、損害金、
更に、捜査費用の損失などを考慮すると、失った物が
とてつもなく多いことが解かる。

 がぁ~!

( -ノω-)こっそり♪<犯行者側で反世間的な意識が強い者であれば?

(∇〃) .。o(「・・・してやったり♪」っと想っているのかも知れない!)

補足

 さて、公訴権の事項に付いては、かなり問題視を
されているのですが、それと同じく、死刑制度にも
疑問視がされていた。

 近年では、日本国内における暴力団組織や犯罪の
組織、また個人による犯罪行為でも、国外の人員に
よって発生をする件数が、かなり増えているらしい。

 之における問題は、かなり深刻で有るとも私は、
想っている。

 ところで『 公訴権の消滅時効 』に付いてだが、
私が想っている内容(Report)では・・・

 公訴は、国が世間に成り代わり起訴する事になる
のですが、被害者の意識とは、全く異なった観点で
刑事訟廷が展開をします。

 一般人として誤解されがちなのが、『 被害者の
為に刑事訟廷が有るので無く、むしろ加害者の為に
有るのが、刑事裁判である 』っと言っても過言で
無いのかと想われる。

参考>

日本国 憲法

第三十一条
 何人も、法律の定める手続によらなければ、その
生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せ
られない。

第三十二条
 何人も、裁判所において裁判を受ける権利を奪は
れない。

第三十三条
 何人も、現行犯として逮捕される場合を除いては、
権限を有する司法官憲が発し、且つ理由となつてゐる
犯罪を明示する令状によらなければ、逮捕されない。

第三十四条
 何人も、理由を直ちに告げられ、且つ、直ちに
弁護人に依頼する権利を与へられなければ、抑留又は
拘禁されない。又、何人も、正当な理由がなければ、
拘禁されず、要求があれば、その理由は、直ちに本人
及びその弁護人の出席する公開の法廷で示されなければ
ならない。

第三十五条
 何人も、その住居、書類及び所持品について、侵入、
捜索及び押収を受けることのない権利は、第三十三条の
場合を除いては、正当な理由に基いて発せられ、且つ
捜索する場所及び押収する物を明示する令状がなければ、
侵されない。

 第二項
 捜索又は押収は、権限を有する司法官憲が発する
 各別の令状により、これを行ふ。

第三十六条
 公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる。

第三十七条
 すべて刑事事件においては、被告人は、公平な裁判所の
迅速な公開裁判を受ける権利を有する。

 第二項
 刑事被告人は、すべての証人に対して審問する機会を充分に
 与へられ、又、公費で自己のために強制的手続により証人を
 求める権利を有する。

 第三項
 刑事被告人は、いかなる場合にも、資格を有する弁護人を
 依頼することができる。被告人が自らこれを依頼することが
 できないときは、国でこれを附する。

第三十八条
 何人も、自己に不利益な供述を強要されない。

 第二項
 強制、拷問若しくは脅迫による自白又は不当に長く抑留
 若しくは拘禁された後の自白は、これを証拠とすることが
 できない。

 第三項
 何人も、自己に不利益な唯一の証拠が本人の自白である
 場合には、有罪とされ、又は刑罰を科せられない。

第三十九条
 何人も、実行の時に適法であつた行為又は既に無罪とされた
行為については、刑事上の責任を問はれない。又、同一の犯罪に
ついて、重ねて刑事上の責任を問はれない。

第四十条
 何人も、抑留又は拘禁された後、無罪の裁判を受けたときは、
法律の定めるところにより、国にその補償を求めることができる。

 なんと日本国の憲法には、全条文(全103条?)の内から、
19条( 約五分の1 )もの条文を使い、犯罪などに付いて
規制をしており、それの補足として刑法が有る。

 その憲法における責任は、国家に有ると想われがちなのですが、
国家の責任は、国民に帰属するのだから、皆さんにも相応となる
責任が課せられている事になる・・・Σ(・ω・ノ)ノ っえ!

 しかし私達が追求を行って欲しいと想うのは、『 犯行者の
責任 』であって、「 逃げ延びる能力があっても、それらの
能力は、認められない 」とされる必要の有る部分で有るかと
想っている。

 でも、先の『 資本の投資と、経済的な効果 』を考えると、
「 未決刑事事件は、不経済で有るが、値下がりする株価でも
同じだが、期待を得られない物に投資をしても、消費するだけ
となってしまう 」と言うのが、根源に有るのかと想われる。

 ならば♪・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

 それを補うようにすれば好い!

 現行では、『 公訴権が時効消滅をする 』のであって、
「 過剰となる国費の浪費を認められない 」と言う部分を
補えばよいのである♪

 そぉ~すると?

 刑事事件は、現行だと公訴であり、その公訴権を行使する
機関が設定をされている。

 しかし公訴権の消滅後に、民間が刑事事件を公訴できたら?

・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

 つまり、公訴でわなく刑事を民訴でも可能にするので有る!
更に、この場合における弁護士は、国選弁護人の設定ができ、
警察、検察の捜査が行えないが、弁護士、探偵を通してでの
捜査追跡が可能に成るので有る・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

 但し、その場合には、費用が自費的になり、支援団体や、
犯罪被害者に纏わる支援によって成り立つが、弁護士の利用
程度が無料になっても良いのかと想われる。

 つーことで、相応と成るReportを・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

 『 よろず探偵 こんなん 』♪ってのも枠にあったな♪

日弁連が『守秘義務解除』を?って、許さん!

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/7/23(木) 午後 10:10

弁護士は、民間である!

 裁判員の経験者に課された評議内容に関する
守秘義務を解除できるよう法改正を、日弁連が
求めたとのこと!

<参考 YahooNEWS>

許さん!

 裁判員は、その役務が終了をすると、普通の
民にと戻る。

 裁判員の過程において、その業務終了時に、
『 裁判員を経験した感想や意見 』などは、
裁判所が徴収しても好く、それを公開するよう
請求する事や、請求が無くても裁判所が公開を
するのが現代的でも有る。

 逆に裁判員制度では、『弁護士は、被告側の
人員で有って、それを弁護する立場にあって、
その過程から、守秘される対象に評議内容が、
含まれる』と解せるのだから、守秘義務の解除
などを、日弁連が請求するに値をしない。

 っと私は、想っている。

日弁連は、弁護士Mafia?

 法廷は、紛争場として国民に許された公共の
場であって、日弁連のような民間団の利益的な
観点の為に、利用されるだけの場でわ無い。

 そもそも、弁護士が居て勝訴をした事件が、
同じ事件であっても、弁護士が居ないと勝訴と
なら無いと言う現状が、異常で有るのかと想う。

 そうした現状を考慮すると、何ら軍事用兵と
代わらない存在が弁護士で有るのかと感じる。

結語

 私は、数年前から『 弁護士団体 』の解散、
並びに、弁護士の公務員化などを思考しており、
『(A)裁判官、(B)検事、(C)弁護士』
と、司法資格を分割する必要が有るのかとも、
想っている。

 また、これと類推して医師の資格も、各分野
分散させる必要が有るのかと想われる。

 それに纏わるReportは、既に配布済みだけど、
新たに、第ニ、第三と改訂版のReportも作成を
する予定が有る。

( -ノω-)こっそり♪<企業内に弁護士を雇う手法のReportも出しておりまして・・・w

(∇〃) .。o(『 法律相談所 』などの設置原型案も・・・♪)

警察改革以降で最少

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/7/23(木) 午後 9:38

ファイル 4580-1.gif

改革も順調らしい!

 警察官(司法人員)だからと言って、
犯罪行為に着手をしない保障は、無い。

 しかし現象的には、徐々に減りつつ
有るようです!

<参考 YahooNEWS>

結語

 『 ○○だから・・・ 』と言った
人間における思い込みにて、倫理性が
破綻する事が有る。

 また組織的に『 悪き習慣を利己的
観点から守る 』と言う人間性も強い。

 それは、『 組織構造と人の心理 』
と言う観点で、どのような組織にても
発生をする現象であって、例外が無い。

 しかも『 過剰な和の精神 』にて
悪き習慣の保持も行われる傾向にある。

 そうした部分が今後どのように改善
されるか、目を見張るところでも有る。

即時抗告に纏わる問合せ対応:民事訴訟法・第137条3項

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/7/18(土) 午後 6:30

ファイル 4579-1.gif

どう言う事件なのか?

 民事訴訟法・第137条に、以下の条文が
記載をされている。

日本国 民事訴訟法

第137条
 訴状が第百三十三条第二項の規定に違反する場合には、
裁判長は、相当の期間を定め、その期間内に不備を補正
すべきことを命じなければならない。民事訴訟費用等に
関する法律 (昭和四十六年法律第四十号)の規定に従い
訴えの提起の手数料を納付しない場合も、同様とする。

同条2項
 前項の場合において、原告が不備を補正しないときは、
裁判長は、命令で、訴状を却下しなければならない。

同条3項
 前項の命令に対しては、即時抗告をすることができる。

 しかし、現行(平成21年06月17日現在)での、
東京高等裁判所の第一民事部では、「高等裁判所では、
民事訴訟法・第336条、第337条に伴い即時抗告が
行えず、特別抗告、許可抗告のみが行える」との主旨で
返答をされる。

 実は、約一年前にも、訴訟救助に纏わる条文にても、
同じ事件が発生をしていた。

日本国 民事訴訟法

第82条

 訴訟の準備及び追行に必要な費用を支払う資力がない者
又はその支払により生活に著しい支障を生ずる者に対しては、
裁判所は、申立てにより、訴訟上の救助の決定をすることが
できる。ただし、勝訴の見込みがないとはいえないときに限る。

第86条

 この節に規定する決定に対しては、即時抗告をすることが
できる。

 同裁判体は、即時抗告ができないとの主旨を当方に伝えて
おり、相応なる大紛争が生じており、その電話対応に内容は、
電子的な収録として、収録をされている。

 また、今回に至っての内容も収録をされており、以前より
対応が改善されたらしく、それの内容を公開する。

事の流れ

基礎事件
東京地方裁判所 平成19年(ワ)第2132号

関係事件
東京高等裁判所 平成19年(ネ)第887号に纏わる『控訴状却下命令』

1.決定の通知

 『 訴状却下命令 』が下され、それに関して民事訴訟法・
第137条の記載があり、条文内容を確認したら同条3項に
「 即時抗告が行える 」との記載が有った。

 しかし以前の『訴訟救助に纏わる裁判体との大紛争)』で、
「『1.特別抗告、2.許可抗告』のみ受け付けている」と言う
初期の対応から、最終的に「3.即時抗告の提起を拒む理由は、
無いが、之までに対応例も無い」との結果に至った。

 っと言う過去の事例から、改めて約1年後となる対応事情
などの再確認(業務の改善度合い等を確認)するとの観点を
兼ねて、その問合せを担当の書記官に行った。

音声Data 1

2.最高裁判所への問合せ

 私の通例では、「下級部門で生じている事件での多くは、
関連をして上級機関でも、相応なる問題が生じている」との
『 主原因構成が生じている 』っと言うことが、解かって
居る状態にある。

 人の人生も、角度が一度ずれれば、後の人生においては、
時と共に、相応なる格差が開くことが分度器を見ても解かる
通りである。

 っと言うことで、最高裁での失態状況が生じた・・・w

音声Data2音声Data3音声Data4

 まさかの電話対応適格を音声Data2でも解かるように、
公務として行い、その後には、電話の受付、人事調査課、
広報課を含めて、全滅・・・だめっぽ  ○| ̄|_

 さすがに、二回目の出来事(医薬一年間にも同じ現象が
生じており、厳重注意を行ったけど、今回の結果からして
その効果が無いと・・・w)なので、私の対応としては、
だいぶ慣れてしまった・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

 むしろ、相応なる事件発生に対して、適格に民として
対応をすれば好いのかと・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

3.人事調査課

 結果的には、『 民事訴訟規則にでの即時抗告に関する
問合せ』に纏わる、最高裁判所・広報課、電話総合受付、
人事調査課での三つ巴で、新たなる問題が生じた・・・w

 っと言う事を説明することに・・・( ̄ω ̄)=3 はぁ~♪

音声Data5

4.高等裁判所からの返答

 「即時抗告が行えない」とする根拠を、条文を基にして
説明するとの裁判所側の展開があった。

音声Data6

 しかし当方側で調べたと頃では、法的な根拠となるとは、
言えないと『利用者側の立場から反論』をして、結果的に
『 即時抗告を提起する 』との結論に達した。

音声Data7

 去年迄は、調査を含めて色々と聞いてReport(上層機関
などに提出する為のReport)の参考にとしたが、今期では、
それを(効果が無いので)自粛して、別の方法に切替えた。

 ちなみに効果の無い行為をするのが嫌いで、『即効性の
ある対応方法を模索するのも、Ombudsman活動(戦略)の
攻略所である』と判断しており専(もっぱ)ら戦略思考に
切替えているので、効果の無い戦略を継続しない。

 そして新たなる戦略とは?

箇条書きでの経緯

(A)第1回目の電話:高等裁判所

担当書記官 → 『即時抗告』に付いて

(B)第2回目の電話:最高裁判所

代表電話受付:広報課を指定 → 広報課・男性(←名前を確認する前に電話を切られた)

(C)第3回目の電話:最高裁判所・広報課

代表電話受付:広報課責任者を指定 → 広報課・女性 → 上司への対応変更を拒絶

(D)第4回目の電話:最高裁判所・≠人事調査課:=広報課

代表電話受付:人事調査課を指定 →? 広報課・男性(課長補佐) → 状況を説明

(D)第5回目の電話:最高裁判所・人事調査課

電話の総合受付窓口:人事調査課を指定 → 人事調査課・男性 (之までの経緯を説明)

(E)第6回目の電話:高等裁判所

担当書記官 → 『即時抗告』が行えないとする法的な根拠

(F)第7回目の電話:高等裁判所

担当書記官 → 私が、『即時抗告』の提起を決意をしたことを伝える。

結論

 実は、毎度のことなのですが、司法の特徴として、
不思議と、下級裁判所からの改善が行われているが、
その改善を必要とされる根源は、やはり上級機関に
あることは、解かっている。

 っと表現するよりも、「この特徴は、会社などの
あらゆる組織に言える事で、末端での人員における
事故などの原因は、それを追究すると殆ど上層部に
原因がある」ことが解かっている。

 特に公共機関に付いては、それの『典型的』なる
現象があって、簡易裁判所にて色々と問題が生じて
いたことから、「相当に上層機関も・・・」っと、
覚悟をしていたが、相応に・・・だめっぽ  ○| ̄|_

 最高裁判所に至っては、論ずるに値せず、改善の
請求をするのみ・・・w

 さて今後は、私の活動も自粛するので、相応なる
もっと過酷な状態にと、裁判所が置かれるのかと・・・。

 他の民で、利用をする方も、される方も、大変に
なるのかと想う。

 『各種の音声Data』は、後日に公開を致しますが、
実名などは、一般公開版では、伏せて起きます。

 但し、公的な機関に提出する場合は、証拠として
『加工をしない音声Data』を提出する予定です。

補足

 結果的に、高等裁判所で『即時抗告』の提起は、
可能で有ることが解かった。

 しかし以前までは、裁判所側での業務慣習から、
『即時抗告』の提起を拒む傾向に有った。

 そこを私が打開をしてみた!

 その結果、『提出可能』となったのである。

『 殺人の時効撤廃 』に対する検討!

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/7/17(金) 午後 6:44

ファイル 4578-1.gif

国側では、前向きに検討中!

 ・・・な、らしいのですが、私の知る限り、
只単に、衆議院の選挙と同時に行われる事に
なっている、『 最高裁判所の裁判官公務に
おける地位継承投票 』が有ることもあって、
それに伴い、色々と検討をしているのかとも
想われるけど・・・(。-`ω-) ん~♪

<参考 YahooNEWS>

結語

 私の場合には、該当裁判官全員を否認する
予定である。

 裁判員制度が始まる事で、色々司法内容が
変化すると言う状況は、司法公務員としても
失当的な日々の公務があったからであって、
何も今になって改善をすると言う理由が成り
立つわけでもなく、本来なら早期から改善を
される必要の有る分野であった。

 つまりは、それらの改善部分を放置してた
と言うことも有り、相応の責任を負うのかと
判断できるのである。

 また、代わりは、幾らでも居るのかと想う。

補足:司法の分権

 最高裁判所のみ、国家の機関として、以下
高等裁判所は、各都道府県の自治の範疇にと
なって、地方裁判所から以下は、各市町村の
自治の範疇にする対策に付いてのReportを、
既に提出している。

 また現行においての形式が続くのであれば、
『 (1)高等裁判所の不要性、(2)地方
裁判所配下の裁判体を二人以上の合議体にて
常に審議されるようにする 』と言う新たな
観点でのReportも検討をしている。 

 私の推測では、『高等裁判所の存在』は、
裁判所の機関の中でも、民にとって信頼性の
低い機関なのかと想われる。

裁判員の除外を検事が請求?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/7/17(金) 午後 6:04

ファイル 4577-1.gif

暴力団による抗争事件!

 該当をする事件が複数の暴力団によって
生じた殺人事件であって、それに伴って、
『 報復などの恐れが有る 』と検事側が
懸念しており、『裁判員の除外請求』を
裁判所に対して行ったらしい。

<参考 YahooNEWS>

結語

 そもそも、そうした裁判官の危険性も、
体験してもらう必要が有りそうですが、
危険極まりないと言う状態では・・・。

・・・(。-`ω-) ん~♪

即決裁判に対して、被告側から制度に異議?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/7/14(火) 午後 7:02

$FILE1_c

判決後に?

 『 即決裁判 』にて確定をした判決に対して、
その制度に異議の申立を行ったらしい。

・・・Σ(・ω・ノ)ノ っえ!

<参考 YahooNEWS1>

<参考 YahooNEWS2>

なぜ?

 被告側の主張では、「 即決裁判の
制度は、違憲的である 」との主張を
改めて行い、最高裁まで争われていた。

 その結果として最高裁判所の判決は、
「 合憲である 」と判断したらしい。

合憲の理由

 私も、『 即決裁判の制度 』を、
よく知らないのですが・・・。

 予めに、訴訟の当事者と合意の上で、
「 即決裁判にて訟廷行為を進行する 」
と合意があった事から、合憲であると
判断したらしい。

 しかし、その制度内用を十分に把握
する事が一般人にできない事が予めに
解かっているので、事前に十分な制度
説明などを行って無い場合は、相応の
不服を生じる可能性も否定をできない。

結語

 私の知る限り、そもそも裁判所は、
憲法・第十四条にて・・・

 すべて国民は、法の下に平等であつて、
人種、信条、性別、社会的身分又は門地に
より、政治的、経済的又は社会的関係に
おいて、差別されない。

 っと、定められている。

 しかし、当事者訴訟の場合などでは、
十分に法律を把握していると言えないと
される人員でも、訴訟を提起できる。

 また裁判所側では、平等・中立と言う
観点からも、双方に相応なる権利習得の
告知や、判決において根拠となる法規の
条文を明記する必要もあるのかと想って
おり、既に相応なる要望は、最高裁判所、
東京高等裁判所にと出している。

 ちなみに、裁判官と弁護士は、同等の
司法資格を有しており、場合によっては、
二人の司法人員(相手方の弁護士と裁判官)
と争う事になる。

 それを考えると一般人が訴訟法を基に
訴訟行為を進めれば、相応にして不平等
と成る事が明白である。

 っと言う事で、根本的に司法における
裁判制度には、基礎から不適格であると
言う事が解かっている。

 がぁ~♪

 今回の『 即決裁判 』に付いては、
事前に十分な説明が、当事者にされている
と言う限りでは、合憲だと想われる。

 しかし、即決裁判の制度に付いて不十分な
説明状態で下された判決で有るなら、相応に
争う原因が生じているのかと想われる。

補足

 『 がちゃさん 』から御指摘が有りまして、
即決裁判に纏わる刑事訴訟の条文を追記します。

刑事訴訟法

   第四章 即決裁判手続

    第一節 即決裁判手続の申立て

第三百五十条の二

 検察官は、公訴を提起しようとする事件について、
事案が明白であり、かつ、軽微であること、証拠調べが
速やかに終わると見込まれることその他の事情を
考慮し、相当と認めるときは、公訴の提起と同時に、
書面により即決裁判手続の申立てをすることができる。
ただし、死刑又は無期若しくは短期一年以上の懲役
若しくは禁錮に当たる事件については、この限りでない。

二項

 前項の申立ては、即決裁判手続によることについての
被疑者の同意がなければ、これをすることができない。

三項

 検察官は、被疑者に対し、前項の同意をするか
どうかの確認を求めるときは、これを書面でしなければ
ならない。この場合において、検察官は、被疑者に
対し、即決裁判手続を理解させるために必要な事項
(被疑者に弁護人がないときは、次条の規定により
弁護人を選任することができる旨を含む。)を
説明し、通常の規定に従い審判を受けることが
できる旨を告げなければならない。

四項

 被疑者に弁護人がある場合には、第一項の申立ては、
被疑者が第二項の同意をするほか、弁護人が即決裁判
手続によることについて同意をし又はその意見を
留保しているときに限り、これをすることができる。

五項

 被疑者が第二項の同意をし、及び弁護人が前項の
同意をし又はその意見を留保するときは、書面で
その旨を明らかにしなければならない。

六項

 第一項の書面には、前項の書面を添付しなければならない。

第三百五十条の三

 前条第三項の確認を求められた被疑者が即決裁判手続に
よることについて同意をするかどうかを明らかにしようと
する場合において、被疑者が貧困その他の事由により
弁護人を選任することができないときは、裁判官は、
その請求により、被疑者のため弁護人を付さなければならない。
ただし、被疑者以外の者が選任した弁護人がある場合は、
この限りでない。

二項

 第三十七条の三の規定は、前項の請求をする場合について
これを準用する。

目を背けたくなるような映像を・・・

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/6/28(日) 午後 8:39

$FILE1_c

裁判員が見る必要も有る!

 そもそも現場にて、警察官や、その事件に関係を
する人員が、それを直視していると言う事実などを
一般の民が、どのように思っているのか疑問である。

 そして今回の場合には、事件に対して相応となる
証拠写真の中には、遺体であったり、身体の一部で
あったりする可能性も有るのだ!

そうした事情に踏まえて・・・

 最高裁判所は、Counseling(かうんせりんぐ)を
無料で受けれる体制を整えたらしい。

<参考 YahooNEWS>

結語

 日本の民が裁判員制度を踏まえて、色々な写真を
見たくないと思ったら、相応にして重犯罪の現象に
付いて、防犯的に考える必要が有るのかと想われる。

 犯罪者を裁く以前に、犯罪者が発生をしない環境
造りが必要である事を把握することも重要です!

補足

 ちなみに裁判官が、Counselingを受ける言った、
体制などは、整っているのだろうか?

 それは、刑事などの警察官や検事などにも言える
ことなんだけど・・・(。-`ω-) ん~♪

 私は、過去に『中古の自動車部品』を取り扱って
いた(個人事業として運営をしていた)時期などが
有ります。

 その時にWrecker(れっかー)企業との繋がりも
あって、『 交通事故での事故車両引取り 』に
付いて、色々と話を聞いた事がある。

 交通事故の車両では、「大量の体液(血など)が
流れ出ている事が有るが、仕事の関係上からでも、
気にしてられ無い」とのことである。

 時には、内臓などが車内の座席下部にあったりと
する事が有り、そう言う場合に「今日は、『 もつ
付きか? 』っと言って、作業をする 」らしい。

・・・え~ (-ωー;) ぶつぶつ、、、

 それ以外にも、体の一部が残っていたりするとの
言う状態も有るようです。

 そうした現象が、現実的に発生をしているのかと、
目の当たりにしない限りでは、一般に信じられない
心境ですが、逆に専門的に、そうした現場において
仕事をする人達も居ることを、把握する必要が有る
と想われます。

 近年では、女性の判事も増え、且つ医師なども、
増えており、他の国では、軍事などに参加をすると
言う女性も居る状況にある。

 客観的な部分で、裁判員となった自分の事などを
考える必要も有るのですが、そうした状況下にて、
公務を行う人や、その事件に関与をした人達が居る
と言うことも、現実・・・なのだろうか?

 少なからず法廷では、裁判官が現場の検証をする
と言うのは、聞いた事が無い。

 本当ならば、『 真実の追究 』と言う観点から
現場検証をする必要も有るかと想うけど・・・(。-`ω-) ん~♪

 それらは、『 訴訟の当事者が追及する 』との
方針が有るらしく、事実が捻じ曲げられる原因にも
なっているかと思われる。

 私は、実際に民事訟廷を利用して、数件の事件を
提起しているけども、そもそも裁判所の利用と言う
観点で、訴訟の当事者である相手方との紛争で無く、
裁判所との紛争になる事が多く、その方の被害が、
訴訟の提起内容で主張をする被害より、大きいとも
感じている。

 裁判員制度は、今のところ刑事事件だけですが、
後に民事なども加わるとなると、色々な事を民が、
知る事となるのかと想われる。

 現実に発生をした事件も、その事件に直接的に、
関与をして無い人にしてみれば、幻想的であるが、
現実を目の当たりにすれば、それを非現実的にと
受け止めたくなる。

 それらを踏まえ、「 日本人の人間としては、
今後において、刑事の事件(犯罪行為)に付いて
どう想うのか? 」が問われる事になるのかとも
想われる。

冤罪事件を担当した弁護士による、奇妙な要望

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/6/22(月) 午後 8:00

ファイル 4574-1.gif

『8つ』の注意点?

(1)「被告人は無罪」という推定の下に裁判を
 被疑者は、法廷などにて事実関係を認めるなど
行わない限りは、犯罪者にならないが、相応なる
疑いが有って検挙されているのであり、『無罪』
ならば、それを立証するのが弁護士の仕事であり、
何ら検事の追及や被疑者側の過剰となる有益性を
事前に刷り込むような主張は、必要が無いのかと
想われる。

 そもそも『 検事と、被疑者(の弁護士) 』
と言う関係では、双方の利益性が訟廷によって、
追求される事になる。

 よって『 被疑者は、無罪 』との推定などは、
訟廷内で主張をされた内容により、担当裁判官や、
裁判員に、公平なる観点から判断される内容で、
訟廷外で、『 無罪 』などを刷り込む必要等も
無いのかと想われる。 

(2)検察官に有罪の立証責任あり
 検察官に有罪の立証責任が有るならば、当然に
被疑者に対して過剰な弁護責任や、被害者とで、
比較した観点での利益性責任なども弁護士側には、
問われる事になる。

 私の知る限り統計学上で、冤罪となる発生率と、
有罪での事件発生率を比較しつつ、且つ、それに
纏わる弁護行為の観点から、実務の実働性などを
問うなら、明らかに「有罪での事件発生率の方が
多く、それに対して過剰な弁護等により犯罪性の
有益性を立証するに至っている」との状況にあり、
むしろ、弁護士の刑事事件発生に伴う、不経済性
などが問われるのかと想われる。

(3)有罪の確信持てなければ「無罪」

 そもそも検事側は、被疑者の犯罪行為などを、
疑うべく立場にあり、過剰な追求によって、必要
以上に、被疑者の利益を損失させない為に、弁護
活動があるが、近年の刑事事件による弁護活動は、
犯罪行為の有益性を立証している状況にあるとも
判断でき、倫理性や経済性の観点から、弁護士の
存在を改める必要が有るのかと想われる。

 逆に、冤罪であっても被疑者が、故意に、その
内容を事実だと認めた場合には、「例え冤罪でも、
それが成立してしまう」ことも有る。

 それらの観点から、弁護項におけるCompliance
と言う部分で、大いに問われ、被疑者の無罪性を
問う以前に、弁護活動における倫理性を維持する
との確信を確立させる必要が有る。

(4)違法な捜査や信用できない証拠には“No!”
 違法な操作や、信頼できない証拠などの判断は、
裁判官や裁判員が、法廷の中で双方の主張の基に
性差を行って決めるのであり、弁護側の一方的な
『 違法な操作、信頼性の無い証拠 』などでの
部分も含めて、審議するのが、裁判官、裁判員の
活動内容であり、法廷外で過剰に『刷り込み行為
(○○は、△△であると、過剰に認識をさせると
言う行為)』などを行う必要も無い。

 逆に、違法な捜査、信頼できない証拠などが、
生じていても事件の解決にならず、仮に被疑者が
『 実行犯で無い 』にしても、その程度の事で
『 事件は、未解決である 』との状態になると
言うことになる。

 つまり「 被疑者が犯人で無いにしても、別の
誰かにより、事件が発生した事実は、変わらない 」
と言う点であり、世間的に検察(警察)に求めて
いるのは、「(A)事件の真相と、(B)それの
刑罰処理」であって、被疑者の利益性は、客観的
観点での問題となり、被疑者である当人の利益性
であって、「(C)事件が早期解決するとの事が
他の国民の有益である」かと想われる。

(5)取り調べは適正だったかを確認
 基本原則として、『 取り調べは適正である 』
との公務責任が重要だけども、「仮に、不適切な
取調べが有っても、別件での問題(取調べ行為の
不適切事件)であって、基礎事件で虚偽立証等を
行わない限りは、影響をしない」と想われる。

 例えば、殺人事件の行為事実を隠蔽的に黙秘を
行っていた被疑者が、担当刑事の過剰な取調べで
『 自白 』を行った場合に問われる。

 (A)過剰な取調べでも、自白に事実性が在る
 (B)過剰な取調べでも、自白に虚偽が疑える

 この部分では、過剰であれ、適切であっても、
その『 自白 』における真否性を、問う必要が
ある事を認識する程度で、良いのかと想われる。

(6)鑑定は、適正か確認できたか
 『 鑑定行為 』は、専門の技師が観点を嘱託
として引き受けて行う行為であり、その結果等を
裁判官、裁判員が審議をする。

 しかし『 鑑定行為 』が不適切であると言う
ならば、「 被疑者側の主張に限らず、検事側も
行える『異議申立行為』があり、それが、裁判官、
裁判員に認められる限りでは、『 再鑑定 』の
許可も検討するに値するのかと想われる。

 つまり『 鑑定方法が適切であったのか? 』
との観点は、訴訟当事者の双方が主張する内容で
あって、何ら事前に『 鑑定方法の適正 』を、
訴訟当事者の双方(検事側、被疑者側)によって、
主張されない限りでは、訟廷無いで、疑問視する
必要も無い。

 逆に、「 訴訟当事者の双方が、鑑定方法等に
異論を主張しない状態に有るのに、過剰に裁判官、
裁判員が、それを請求する事は、基本的にできず、
そうした状況では、『 鑑定内容を当事者双方が
認めている状態である 』との認識が必要である。
 ところが私も傍聴で経験が有るが、「その鑑定
方法の結果で良いのか?」と傍聴者、裁判官等が
想っても双方の主張に無ければ、基本的に、その
鑑定内容を疑う事ができず、審議において大きな
支障となる部分に付いてのみ(普通だと、重要な
部分となる事が多いけど・・・w)裁判官(今後は、
裁判員も♪)が、『 鑑定の打診(再鑑定の打診)』
などを提案できる程度の行為しか、できない事を
把握する必要が有る。

 その提案に対して、双方が応じない、または、
片方のみが認め、もう片方が認めない場合には、
相応なる審議によって、『 鑑定 』での結果に
纏わる審議が行われる。

 っと言うのが裁判官、裁判員の仕事であって、
『 鑑定の適正 』に纏わる部分で訴訟当事者が、
必要な限りで、主張をする部分である」ことが、
原則で、「(A)その主張を裁判官、裁判員が、
適正を疑うとの状態等では、(B)適正の追求に
付いて打診をする程度に留まる」ことの把握を、
する必要が有るのかと想われる

(7)有罪・無罪の判断は被害者の心情とは離れて
 『 被疑者と被害者 』での関係に付いては、
誤認されることが多い。

 (A)まず「被疑者が容疑を認めるのか?」が
問われ、(B)認めない場合には、その理由を、
審議して、(C)認めた場合でも、その理由を、
審議する必要が有る。

 冤罪は、「(あ)検察側からの追求に限らず、
(い)被疑者の虚偽自白によっても成り立つ」
と言うことを把握する必要がある。

 よって、『 事件=被害者 』であることは、
認められても、『 事件≧被疑者 』であって、
「『疑いのある者』として、追求をされている
人である=被疑者」との認識が必要である。

 つまり被疑者は、その容疑に対しての審議が
有って、且つ、その結果(有罪、無罪)により、
刑罰が課せられる。

 なお、事件の被疑者が、その容疑を認めても、
有罪であると限らず、また刑の軽減(情状酌量)
などによって、検察側からの刑罰請求に対して、
酌量を計ることも有る。

 例えば、正当防衛(刑法・第36条)などが
あることも把握する必要が有る。

酌量に関する参考 >日本国 刑法

第三十五条
第三十六条、同条2項
第三十七条、同条2項
第三十八条、同条2項、同条3項
第四十二条、同条2項

(8)論告・最終弁論に耳を傾けて

 『 論告 』は、事件に纏わる最終的な結論であって、
それまでの審議過程から纏められた(A)事件内容と、
それの事実や、(B)被疑者の刑罰を課する点での請求
などが行われる部分である。

 逆に弁護側では、それに至るまでに、十二分に主張を
するべく点を行っておく必要が有る。

  • --

 例

 ○○は、△△を行い、その証拠として□□も有っるが、
その△△は、刑法・●●条に伴い▲▲に該当する行為で
あるのだから、■■の刑罰を課する事を裁判所に求める。

  • --

 逆に弁護側は、・・・

  • --

 例 その1 容疑を認める場合

 ○○は、△△を行い、その証拠として□□があるとの
ことも認める。しかし○○は、△△の行為に対しては、
深く反省をしており、情状酌量の余地があると想われる。

 例 その2 容疑を一部認める場合

 ○○は、△△を行い、その証拠として□□があるとの
主張を検察側で行っているが、その証拠が不十分であり、
△△を行った事を認めるが、□□の不実性から、主犯格
と異なる立場にあった○○は、■■が適用をされるに、
至っていない。

 例 その3 容疑を全面否定

 ○○が△△を行い、その証拠として□□があると言う
主張を検察が主張するが、○○には、××との証拠等が
あって、□□の証拠事実には、関与をしていないことが
明らかであるのだから、その容疑内容を否定して○○の
無罪を主張する。

 例 その4 容疑の内容を認めつつ、正当性を主張

 ○○は、△△を行い、その証拠として□□があるとの
事実を認めるが、○○に正当性があり、正当防衛からの
観点で△△の行為が、やもえなかった行為なのだから、
無罪である。

<参考 YahooNEWS>

結語

(1)被疑者が事件に関与をしているのか?

 (A)被疑者が事件で、どのような行為をしたか?
 (B)なぜ被疑者は、その行為を行うに至ったのか?
 (C)被疑者の行為に、刑罰が値するのか?

 単純ですが詳細で追加的に3点を加えて、更に審議を
する程度の内容から、有罪が確定すると!

(2)情状酌量の余地が有るのか?

 っが、問われるのかと想われる・・・(。-`ω-) ん~♪

(‘O`)_♀あなたなぁ~ら、どうするぅ~♪

注意

 裁判員制度は、『地方裁判所の刑事訟廷のみ』で
あって、後に控訴などが有る場合、『その時だけの
審議内容で確定をすると限らない』ので、予めに、
理解されたい。

 つまり裁判員を含めた判決に、不服があるならば、
相応に控訴されるのである・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

初の裁判員裁判

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/6/11(木) 午前 9:09

ファイル 4573-1.gif

報道が集まるのかと・・・w

 初めての裁判員について、色々な人達が
関心を抱いているのかとも想われる。

 私の推測だと、国内だけに限らず、世界
規模で、関心を抱くのかとも・・・w

<参考 YahooNEWS>

結語

 それでも、ある程度の犯罪理解ができる
状態になっても、犯罪の発生を完全に防ぐ
と言うことには、至らないのかと想われる。

女子高生が模擬裁判に参加!

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/6/1(月) 午後 8:53

MiniSkirt(みにすかーと)判事が、女子高生売春を裁く!

 っと言う訳も無く・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

 現役の女子高生4人が、模擬裁判で『 [ 検察官] 』 役で
『 殺人未遂事件を審理 』したとのことです!

<参考 YahooNEWS>

結語

 『 MiniSkirt(みにすかーと)判事 』が、
Internet上におけるIdol写真の著作権侵害を・・・w

 裁く訳も無く・・・www

 私の知る限りでは、『 家庭裁判所・すだれ判事 』が
離婚裁判で、双方の『 Veteran(べてらん)弁護士 』に
やり込められていたと言う事ぐらいの記憶が・・・www

( -ノω-)こっそり♪<若い女性判事だったんですけどね・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

(∇〃) .。o(傍聴しつつも、双方の弁護士に、「 てめぇ~ら人間じゃねぇ~! 」っと♪)

 っと、言うつもりも無く・・・w

林死刑囚側が、『 刑事補償 』を請求?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/5/26(火) 午後 3:29

ファイル 4571-1.gif

刑事補償?

 無罪で有った時に、国が被告だった人員に
対して、補償をする行為だそうです!

でも何で、林死刑囚が?

 林死刑囚は、『 和歌山毒物Curry(かれー)事件 』にて
殺人、殺人未遂など、複数の容疑で刑事訴訟にと至っていた。

 その複数の容疑の内で、一つの殺人未遂事件に対しては、
第一審で『 無罪 』が確定をしており、それに基づいての
刑事補償が請求をされたとのこと。

 検察側も、『 無罪 』に対して、控訴を行ってなかった
らしいのである。

<参考 YahooNEWS>

 死刑が確定をしている相手に対して、それ以下の刑を求める
っと言うことが、できるのだろうか?

結論

 補償を求める方も奇妙だけど、それが許可されても微妙だと
想われる。

(1)
 死刑囚が得た資産が、どうなるのか?

(2)
 遺産相続人として、第三者が利益を得られるのか?

 って言うか、生きて居る限り、悪事を働こうとの試みなのか?
更に弁護士も、それらを支援しているとなると、大いに問題が
有るのかと想われる。

・・・(。-`ω-) ん~♪

 司法Mafiaってのも有るんだよね・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

弁護士会の解散を求める

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/5/22(金) 午前 0:47

ファイル 4570-1.gif

刑事訴訟法が設定されて・・・

 何年を経ているのか?

 裁判員制度が導入をされる事が前提で、色々と
刑事裁判に纏わる、問題箇所が改善をされている
傾向にあるが、別に、裁判員制度が導入に関係が
無く改善をされる必要のある部分が殆どであり、
それまでの怠慢が、明確である。

<参考 YahooNEWS>

結論

 私の知る限り、不当、不法行為の有益性などを
立証しているのは、裁判所であり、それらを助長
するのは、司法の人員である事が多いようです。

 刑事件では、法廷で被疑者を裁く以前に現場で、
末端の警察官などが、相応なる努力をしていると
言う場合もある。

 被害者などの為を想っても、公訴権の時効消滅
にとなれば、被害者と供に悔やみ入る状態である。

 判事、検事は、そうした末端の苦労や、それに
費やされた費用などを軽減できる事で、別枠にて
どれ程の人命が救えるのかも、把握していない。

 挙句の果てには、裁判官や裁判所に媚びた方が
有益であると言う場合もある。

 今迄に経験したのは、法廷内で「原告に対して
陳謝する」と言う部分があっても裁判官に向いて
誤り、原告などに謝ると言うのは、形式だけだと
言う場合がある。

 私的には、『 侮辱的行為である 』と解釈を
するのですが、傍聴席にいても、そう言う事情を
見て、客観的にも奇妙だと想えるのが法定かとも
想われます。

第二段階

 『民事訴訟』と、『家庭裁判所』が焦点にと、
なっている。

 私の知る限りでは、あらゆる犯罪でも、その
根源を深層心理的までに突き詰めれば、殆どが、
民事的な問題から『 Trauma(とらうま) 』
などの影響を受けており、それによって形成を
された性格によって、悪意、劣等性の正義論を
追求するようになる。

 逆に、彼らの方が感情的には、素直であり、
『 他人から悪い奴と想われているのならば、
 心情を殺して、何も理性を保つ有益性が無い 』
っと判断を行ったりするのである。

 『 かっこ(外見など) 』を気にするとの
人の場合は、犯罪者に限らず他人からの客観的
印象に弱い人が多い。

 私は、意外と能力主義なので、外見は・・・。

 可愛くて、Styleや性格を含めて、私好みと
言う人で無いと、すっごぉ~く嫌・・・www

 剣道のような竹刀的な戦いも、愚かだけど、
真剣を志に抱きつつ、現代的な戦い方をすると
言うならば、最適である。

 しかし最悪なのが、真剣を手で掴み振り回す、
輩もおり、Freud(ふろいと)心理学にて言う、
『 男根期(男性) 』、『 Fuck You!期(女性) 』
っと言う類での心理状況の延長でしか無いかと
想われ、双方供に私に言わせれば、「 母親の
子宮に帰れば? 」っと言う発想になる・・・w

 英語では、『 Mother Fuckwe 』だけども、
性交で無く、『 帰れ(戻れ) 』となるので、
私の言う厳密な意味合とは、少し異なる。

 但し、私の知る限りでは、Greece神話などの
神々による、密通沙汰は、酷いものだったかと
想われるけども・・・爆

 逆にGreece神話などが好きな人だと「 YES!
Mother(Father) Fuckweo♪ 」と喜んで、
答えるかもしれない・・・www

 ちなみに別に当人が、実際に Mother(Father)
Fuckweo であっても、法律上での姦通罪等の
設定が無ければ、只単に、宗教や習慣的な観点
などでの、軽蔑、排他的な意思表示をしている
と言うに過ぎず、只単に 『 あんた嫌い! 』
と言うのと、然程に変り無い・・・爆

 さて余談は、ともかく・・・w

 犯罪の深層心理と、 Fuckですが・・・いや、

\(・_\)その話は、 (/_・)/こっちに置いといて♪

 弁護士会、並びに日弁連などの解散に付いて、
『 司法Mafia(まふぃあ) 』をどう解消する
のかと言う課題がある。

 ちなみに、類推して、医局Mafiaってのもある。

 つーか、公安は、一体に何をしてるんだろう・・・w

 Mafia形式があった方が、秩序が守れるのかな?

( -ノω-)こっそり♪<つーか、公安の人員もMafia化してるのか?

(∇〃) .。o(そぉ~言えば、公安人員の犯罪って聞かないねぇ♪)

 って、彼らが検挙された時には、『 警察官 』
っと言う名称になるのかな?・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

少年事件と、訟廷

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/5/19(火) 午前 1:19

ファイル 4569-1.gif

色々と有るらしいのですが・・・

 でも、結果的に当事者が反省をして更生を
すると言うのは、どの程度なのか?

 大いに疑問視をされています。

<参考 YahooNEWS>

結論

 私の実体験では、少年に限らず犯罪思考に
ある人達は、それが『 楽しい、面白い 』
と感じていることが原因になっているのかと
想われます。

 例えば、『 空き巣 』などの犯罪でも、
その行為を『 仕事 』として考えていると
言う場合が多い。

 そうした『 発想の転化 』をさせる事が
重要であって、相手にとって面白いこと等を
一緒に探したりする事から始まり、後には、
自立的に自分から、楽しい事を探すようにと
なるのかと想われます。

 行動で暴走をするよりも、規定の場所にて、
競技にて争うことを、楽しく思わせるなどと、
言うような、環境を想像させることが重要で、
それを誰もが行える、また、それの競技等に
参加をする事の為に仕事をするなど、物事の
道理を、当人が楽しいと感じるであろう方法
などを含めて、色々と助言をしたり、一緒に
楽しんだりすることが重要かと想われます。

 しかし暴力的な分野では、基本的に仲間で
あっても、その付き合い方によって、相手を
傷つける傾向にある。

 暴力団が礼儀に厳しいのは、元々礼儀とは、
相手に敵意が、その時に無い事を表現すると
言うのであり、日常の挨拶でも、敵意や交戦
相手と仲良くなっては、戦いにならない。

 そうした分野を逆手にとって、悪用をした
宗教団体があり、故意に信者に世間から軽蔑
されるような格好をさせて、信者を完全にと、
俗世間から孤立させてしまう方法があった。

 また、そうした事にて生じた偏見を受けた
性格は、意外にも精神面から直り難いらしい。

 その状態は、宗教団体に限らず、暴力団や
あらゆる人間関係、極端に狭くは、個人でも、
生じる。

 犯罪を発生させやすい、また不当、不法な
行為を行い易いと言う性格の特徴としては、
感受性が強かったり、相手の気質等に対して
繊細に受取れたりと、起用な部分があるとの
場合もある。

 彼(彼女)らは『 優しい(私に言わせる
と『 甘い 』だけども) 』と言う行為に、
敏感であり、『 仁・義 』な感覚に弱い。

 この『 仁・義 』の感覚は、意外にも、
儒教での教えに当てはまる。

 こうした『 人の操作 』を悪用するのか
善用をするのかで異なるのかと想うが、悪役
と言う部分でも、『 賢いから生き残れる 』
と言う感覚が有り、その原点でが戦略論での
『 戦場での生き残り 』と言う発想等にも
繋がっている。

 戦場で兵士として立っていながら、敵兵を
前にして、『 敵を殺すべきか、握手を求め
るか? 』などと悩んでられないのである。

 嘗ては、戦場に戦闘を欲さ無い者までもが
連れて行かれ、その犠牲になっている。

 人類は、そうした時代を経て、日本国では、
現行の憲法が設置をされています。

  • --

参考 日本国 憲法

第97条
 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、
人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、
これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び
将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利
として信託されたものである。

  • --

 この第97条が意味する『人類の多年にわたる、
自由獲得の努力の成果』と言う言葉には、多くの
犠牲者が居た事を意味してるのかと想い、且つ、
その犠牲を忘れては、成らないと言う戒めの条文
と成っているのかと、私は、判断をしています。

 私が少年だった頃は、地元の暴走行為集団も、
18歳で引退となっていました。

 しかし現在では、高齢化が進んでいるらしく、
30代でも時に、参加をする輩が居るとか!

 ある意味では、『 しょぼい時代 』なのかと
想われます・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

 なお、こうした現代から、私が想う所では、
成人年齢を、25歳~30歳に引き上げると
言う事も必要かと判断をしています。

 権利や資格と言う問題よりも、20歳程度で
成人として認めるのは、むしろ酷であって、その
後にて経験をする人生を考えれば、未だまだ、
人として学ぶ事は、多いのかと想います。

 しかし女性には、『 出産 』と言う人生の
大仕事が有りますので、男性と比較をするなら、
かなり不利なのかと想われます。

 そう言う見合いから、『 何を楽しく想うか? 』
との発想は、とても重要であって、一つの事に
過剰に拘らず、色々と探してみる事が、重要で
一つの事に拘って、人生を振り返って後悔する
と言うのも、自由の観点から問題視をされます。

 実は、『 一つの事に拘れ! 』と言う専門
技能習得の意識は、「 家庭を支える為の手段 」
との観点で、最終手段を残しておけ!と言う、
これも、父親方主義での発想である。

 逆に女性は、『 男性に頼れ 』と言う事で、
男女差が有りましたが、その形式を保つことで、
日本の文化が維持をされていました。

 なので賢い女性は、色々と拘って技能などを
発揮するので、男性的と言うよりは、男意識の
環境で活動をしているので、『 結婚、育児 』
と言う発想に欠けてしまう傾向にあるのが、
現状かと想われます。

 しかし、ここ数年では、だいぶ変化をしてる
状態にありますが、基本的に家庭のある夫婦は、
職場での権威にも、『 家庭維持 』と言った
意識の強さも後押して、活躍をしている場合が
多いようです。

 その半面で、独身だと、比較的に女性の場合、
特殊な技能などが有ると言う場合意外は、逆に
『 入れ替え 』的に邪魔物扱いされると言う
場合も有るようです。

 でも最近は、その隔たりも無くなっていると
言う状況にあるようですが、逆に、新たなる、
雇用の場が、狭まっている状態にもなっている。

 こうした『 雇用とGender(じぇんだー) 』
と言う問題は、若者の範疇にも影響をしており、
これまで、少年犯罪で多かった軽犯罪などでも、
20代、30代で増えている原因にもなってる。
]}}

 何が良くて、何が悪く、善い事を楽しいと、
感じれられない性格・・・。

{{{
 産まれて来なければ・・・っと、親以上に、
当人が、そう感じて居る場合も、有るようです。

 又、Terrorismなどでも、『 親に、どうして
私を産んだのかを問う 』と言う発想によって、
だいぶ変って来るのかと想います。

 ちなみに第一返答は、「 SEXをしたから 」
っとあっけなく帰ってくるのかと想いますが、
「 じゃぁ~御前らは、衝動的なSEXにより
産まれた結果なんだ! 」と軽く切り替えして
行くような言葉使いで接すると、暫く後にて、
同じ質問をすると、「 衝動的なるSEXの
罪深さを身をもって感じる 」っと言うような
返答に変るのかと想われます。

 誰よりも辛いのは、当人達であって、それを
他人に知らしめる為の・・・。

 っと解っていながらは、近年の私は、若者を
故意に無視をしてしいる・・・w

 35歳ぐらいまでは、少年達に注意をすると
言う場合も有ったけど、現在は、「 別に私は、
国家から、そんな権限を付与された覚えも無い 」
と言う発想で、それを拒絶している。

 相応に実績もあるが、それが私の仕事では、
無く、逆に「 私が出来るなら誰でも、できる
内容であり、それを行わないのは、民の怠慢 」
と判断をしている。

 また、極秘調査や、中和工作など地域防犯に
影ながら独自に研究をしており、その成果も・・・w

( -ノω-)こっそり♪<Securityの関係上、どのような活動かは、誰にも言わない・・・w

(∇〃) .。o(ちなみに、誰でも出来る行為で、一種にPatrol(ぱとろーる)が有る♪)

 しかし競争的な世間では、『 他人の不利益
なる活動によって、自己が優位になる 』との
現象も有り、『 地位と座席数 』と言った、
問題では、大いに考えさせられる。

 現在の経済思考では、共存的で、地位よりも、
少数ながら、個人の技能が終結をして作成する
と言う場合も有り、『 小が大に勝る 』との
場合も有る。

 そうした技能小集団と、大勢で大仕事を行う
多勢連帯型によって、経済を支えると言った、
共産的な活動は、意外かも知れないが米国等で
も行なわれいる、企業活動である。

 FreeMasonは、技能集団であって、個人的な
技能を高める傾向にあるが、それだと利己的に
成りがちで有り、他を軽蔑、排他すると言った
観点からも、当然に『 共産 』と対立的にと
成ってしまう。

 この課題が広くは、全人類であって、狭くは、
家庭内にある。

 さて、家庭を形成する親が子供に『自由』を
教えるにあたって、日本国民なら、憲法にて、
定めの有る自由の定義を、上手に理解をさせる
事によって、少年少女期の非行を論理的にて、
規制を出来るのかも知れない。

  • --
  • 参考 日本国 憲法

    第十二条

     この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の
    不断の努力によつて、これを保持しなければならない。
    又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、
    常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

    • --

     憲法・第12条に記載のある範疇が自由である。

     無能な親を持つと、本当に不幸である・・・爆

    ( -ノω-)こっそり♪<私の場合は、負の掛け算で切り抜けました(負×負=正)・・・w

    (∇〃) .。o(時に(負×負=性)だったことが♪)

     それでも、色々と教わりましたけどね・・・w

公的懸賞金制度?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/5/18(月) 午前 1:48

ファイル 4568-1.gif

犯罪者逮捕への情報提供に、支払われる

 その金額は、事件の関係者が自費で支払うことで
金額が異なるそうです。

しかし、実質的には・・・

 犯人逮捕に至るような情報が少ないとも、
言われており、懸賞金受け取りの該当者も、
少ないのかと・・・(。-`ω-) ん~♪

<参考 YahooNEWS>

結論
 金額が100万円程度であれば、情報提供者の
Risk(危険)が高くなるだけで、報酬にならない
と言う観点もある。

 これに対してNPOなどの団体に対する寄付
などによって、どこまで吊り上げられるのか?

 っと言う発想も有る。

 しかし、国家側でも、よく考えて欲しいのとは、
想う点が有る。

 懸賞金のかけ方であるが、減価償却的に考える
必要が有り、「その事件が時効と成るまでの費用
などを予め計算して、その残金分を情報提供者に
与えると言う方が効率が好い」かと想われる。

 皆さんは、把握していないのかと想われますが、
一つの殺人事件が、時効を迎えるまでに必要にと
された経費の金額は、かなり大きいことが解って
おります。

 つまりは、「情報の提供にて、時効、そして
犯人逮捕により、訴追権利の消滅時効が成立を、
免れている」のだから、それだけの価値が有ると
想われるのである。

 その額が、大きいにしても、消滅時効期間の、
『三分の一程度の予測経費』を懸賞金としつも、
減価償却的に、費用が費やされるのだから、その
月日と供に、その額が下がって行く。

 っと、言うReportを作成しろと?

・・・( ̄ω ̄)=3 はぁ~♪