記事一覧

上皇后陛下は、八十五歳

この後、皇室の各人における、誕生日が、代々(次々)に

 『乳がん』の手術後、写真を、見る限り、何ら、普段と、変わらぬ、感じで、これ、幸い。

記事
上皇后さま、85歳に=ホルモン療法続く
 ・時事通信社
  ・令和元(皇紀 2679;2019)年10月20日 00時22分

ところで、、、

 僕には、「(あ)平成上皇陛下を、『爺(じじい)』、呼ばわりする事」が、有っても、不思議と、「(い)平成上皇后を、『婆(ばばぁ)』、呼ばわり』する観点が、無く、代わりに、『みっちゃん』、呼ばわりする」との傾向が、有る。

 本節の責任は、製造物責任法を、類推的に、適用されたく、その最終的責任は、『神仏、精霊にも、及ぶ』と、解されたいが、その『申立て』(訴え)を、「裁判官が、認めるのか」は、不明。

>追伸
 「嘗て、今上(令和)天皇 陛下は、秋篠宮 皇嗣 殿下から、『この鳥(烏骨鶏と、想われる)は、骨まで、黒いんですよ』と、紹介を、受けた」との記憶も、有るが、「紹介された、『鳥』の気持ち(「親と、卵では、どちらが、先で、且つ、存在的な責任を、課せられるのか」を、「剥製の立場に、在っても、未だ、悩む」と、想われる)が、解る」ような、心境に、陥りつつも、「憎まれっ子、世に、憚る」で、御座候。

緊急避妊薬の扱い

行動の責任と、犯罪

 『強姦』が、『強制性交』との表現へと、変わった、今時代において、「『緊急避妊薬』は、どのような時に、必要なのか」が、問われている。

記事
緊急避妊薬、入手の壁なお高く ネット処方解禁でも
 ・Nikkei Style
  ・令和元(皇紀 2679;2019)年10月07日付 日本経済新聞 朝刊

受胎の優位性

 色々な動物では、雌(めす)側に、受精への決定権が、有る事が、多い。

妻は、誰の『子供』(子)を、産むのか

 嘗て、僕は、「女性は、浮気(配偶者の外と、性交を、行う事)を、どのように、考えるのか」を、独自に、色々と、関心を、抱いた事が、有る。

 ちょうど、その時期には、『 D N A ( DeoxyriboNucleic Acid )検査』が、話題に、成りつつも、「夫婦間の子では、無い、子供を、育てる、一般の家庭において、親子の関係が、暴露される事」も、危惧された。

結語(人における、行動の責任)

 『行動の責任』が、問われる観点は、本邦だと、小学生の高学年程度では、社会的に、課せられるが、法的には、相応の年齢が、決まっている。

 また、兄弟(姉妹)等が、居る、家庭では、家庭内の社会的な人間の関係から、自然的に、個々の立場を、学ぶ事に、成りつつも、やはり、長男、長女に、課せられている、責任は、比較的に、重く、成り、弟、妹などの世話までもを、手伝わされ、『お兄(お姉)ちゃん的な責任』も、課せられる。

 それらの現象から、やはり、「人の行動的責任は、どれくらいの時期に、自覚するのか」は、『(あ)家庭の環境、(い)学校での教育、(う)外の生活的環境』で、性格(人格)の形成が、異なる事も、解るのであり、『法的な一線』だけで、過剰に、判断する事は、不適切に、想える。

 よって、「個々の事件に、求められるのが、加害者の人生における背景(生活の環境)で、それ(情状的酌量の材料)を、見極めつつ、刑罰を、決める事が、求められているのが、強制的性交の裁判だ」と、想える。

 なお、「妻が、夫の子とは、異なる子を、出産、それを、夫が、自らの子と、誤認する、感じで、育てる」との家庭は、意外に、多いと、何だかの雑誌に、記載されていた。

(・・・ので、「『あの子は、俺の子かも』との心境に、陥った事が、有る、男性も、居る」のが、事実。:ここに、、、なんちゃって。)