記事一覧

生涯学習を求めている国民は、意外に多い♪

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/7/20(日) 午前 9:31

内閣府が行った調査

 その結果によれば、約7割の人が生涯学習に
挑んでみたいとの希望がある事が解った。

しかし・・・

 其れと同時に、この一年間に生涯学習にと、
関与をした経験があると言う人は、4割程度で、
半分程度となっている。

そもそも生涯学習とわ?

 生涯学習における課題では、生涯において、
何だかの学習やSportsなどを継続的に行うとの
学習意欲や、体育意欲などを意味するのですが、
早々に挑んでも、直ぐに諦めてしまうと言った
状況では、生涯学習に挑んだと言えません!

 やはり継続的に続けて居ると言う人に限って
『生涯学習』を行っていると言えるでしょう♪

 それが何であれ、独自の研究や、個性的なる
研究などでも良いのかとも想われます。

 人には、尽きない欲が二つあるそうです。

 それは、学ぶ事と、長寿なのですが、長寿と
言うよりも、未来をこの目で確認してみたいと
言う希望になるようです。

 孫の結婚式や曾孫(ひまご)を抱いてみたり、
科学や文化的な進化等にも、興味があると言う
人も多いようです。

 しかも近年は、宇宙文化を迎える間際となる
時代を迎えているので、此れに於ける楽しみは、
人知れず多いのかと想われます。

 但し・・・

 その反面で、子供の夢や希望が定まらないとの
現象も生じているそうです。

 情報が散乱をしており、また親も個性よりも、
子供が隣近所の子供同士が共通の遊び等を持つと
言う事を気にしすぎる事もあって、後においての
競争率が高まり、そうした事が原因で失望感等を
得やすい状況に至っています。

 むしろ子供の将来に対する失望感を与えないと
言う環境としては、子供の選択肢を増やしてあげ、
子供自身が気に入った友達を、引き連れてくると
言う方が、効率が良いのかと思われます。

 子供は、不思議と自分と気が合う相手を自分の
趣味などに引き込んだり、それを紹介や、自慢を
する傾向にあり、そうした行為によって友達が、
新たな趣味として初めて、友達が増えて行く事も
あるようです。

 よって他の大勢と共通の部分と、個性的部分を
共に確保しておく環境を与える事で子供が自由に
生活をできる事となります。
 

 尚、気を付ける必要があって、一見して自由に
見える子供が居ますが、『実は、やる事が無くて
ぼぉ~っとしている・・・』と言う現象があって、
そうした時期に妙な事に関心を抱くと・・・とほほな
人生を後に送ることになる場合も有るようです!

 だからと言って、親が『何かすること無いの?』
などと言うのも誤りであって、そもそも性格は、
親譲りであることを忘れては、ならないのである。

 しかも人によって、旦那に似てる、妻に似てる
などと責任の擦り合いを子供の前で展開をすると
言う愚かな親も居るのである・・・www

(∇〃) .。o(まあ、私の両親ですが・・・♪)

 子供が物事に関心を抱かされる事が必要であり、
押付けるような事は、基本的に気分によって条件
反射的に抵抗するのとが一般的です。

 生後10ヶ月を迎えて、そろそろ離乳食などを
始めようかと、それに挑む母親が、嫌がる子供に
無理やり、食べさせようとする状況と似ているが、
相手は、既に幼児で無い事を十分に把握をすると
言う必要がある・・・爆

結論

 物は、考えようです!

 Christや、釈尊(しゃくそん)が、学校で物を
学んで悟りを開いたとも聴いた事がありません。

 また、Einstein(あいんしゅたいん)でさえも、
独学にて生涯学習的に物理を研究した結果により、
相対性理論まで行き着いています。

 Newton(にゅーとん)は、落ちる林檎を見て、
万有引力を思い付き、Maurits Cornelis Escher
(えっしゃー)や、Gogh(ごっほ)などの芸術家
なども、大自然から多くの事を学んだ人達です。

 生物としては、人間が唯一に学校と言う学ぶと
言う環境を設けていますが、他の生物では・・・、
『めだか』、警察犬学校、その他の動物学校等が
ある程度です。

 なかでも警察犬学校の犬が優秀で、警察学校に
通う人間よりも、忠実であると言われている・・・w

 尚、『めだか』の学校と言う観点では、私が、
PodCastにて講師をしていると言うことも忘れて
ならない事実である・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

私は、勉強が嫌いですが、学ぶ事が大好きです。

 つまり私にとって学と言う事は、でかい女の子
っと言う事になるようです・・・(。-`ω-) ん~♪

保健室登校が増えている?

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/6/22(日) 午後 4:50

保健室登校とは?

 教室に登校をするのでなく、保健室に登校をして
自習して事業時間を過ごす行為を意味する。

 私の時代では、俗に言う不良(通常の事業などを
受けたがらない、それを拒否したり授業の妨害等を
行ったりする者)が、保健室にて過ごすとの現象が
あった事を記憶している。

 又、保健室の女医さんが人気者で、色々な相談を
持ち掛けると言うのも、特定生徒の楽しみになって
いたようです。

 そもそも、Counselor(かうんせらー)としての
能力も求められている状況にある。

Counselor(かうんせらー)

 集団的に授業を受けることに、抵抗があると言う
場合には、どうだろうか?

 子供は、集団で授業を受ける事に抵抗を感じて、
授業を受けれないと言うならば、子供の権利などを
侵害している事になるのでわ?

 子供には、義務教育を受ける権利を有しているが
その形式と言うことが重要でわなく、知識を得ると
言う事が重要となる。

 つまり義務教育を卒業したとしても、得えるべく
知識が見についていない場合には、義務教育を経た
と言えないと想われる。

 しかし学校側の言い分としては、『個別に等しく
能力を得させる事は、不可能であるが、教員として
思うに教える事の内容は、生徒が皆等しく知識等を
得て欲しい』と願っているようである。

 ・・・(。-`ω-) ん~♪

 そうなると、やはり必要なのが『学校Counselor』
なのである。

 さて此れに付いても、Reportを・・・w

( ̄ω ̄)=3 はぁ~♪

法科大学院への社会人入学が減少中?

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/5/26(月) 午前 6:33

$FILE1_c

医者の分野と同じく・・・

 その存在の意味合が大きく問われているのが
司法の分野である。

医学部?

 そもそも医学部を卒業した人員達は、全員が
博士とも呼ばれる地位にある。

 その意味合は、常に研究者であることが求め
られている業務にある事を意味している。

法学部と医学部

 法学部は、別の視野から見ると倫理の分野で、
その心理と言う観点hでは、人の行動を抑制する
と言うことになる。

 また、そうし倫理の分野にわ人の精神などが
大いに関係をしている。

 更に、司法の分野でわ暴力に対するRiskが、
比較的に多い分野に有るだけでわなく時として
悪人の庇う立場になるのである。

 正義心を持って、司法分野にと着務をすると
言う人は、大いに悩むとも言われている。

 それわ医師でも同じであって、「どうして、
こんな簡単な予防が一般の人ができないのか?」
しかし、それを追求すると自分の医者としての
利益が無くなるのである。

 医者も弁護士も、災いが生じて利益を出すと
言う家業なのである。

 しかし医者、裁判官よりも、看護士、書記官、
弁護士の方が、Riskが比較的に高い状態にあり、
そう言う意味合で、看護士、書記官、弁護士の
存在は、補助的ながらも、重要な役割を果すと
言う事になる。

っと言うことで、社会人における法科大学院への入学率が減少傾向にある!

 司法試験が受験しやすくなったと言う背景に、
それ迄の試験が、然程荷役になっていないから、
同じような事件が多発していると言う事になり、
犯罪者を生産すると言う、黙示された世間的な
環境が存在をしている。

 この観点からも、その原因を追究する必要が
あるのですが、裁判官、弁護士、そして医者の
必要性は、人にとってどんなの時なのか?

 紛争が少なく、病気も少なければ、裁判所や
病院が多く必要なのか?

 その昔、出産などわ自宅でも行われていたが、
現在では、病院で出産をするのが普通だと言う
錯覚に陥っている。

 そして紛争でさえも、実の所でわ仲裁人を、
『やくざ』などが勤める事が多く、その理由に
双方の暴力的な気迫を制する事ができるような
特質のある人員でなければ、取り纏めなどを、
できないのである。

 つまりは、医学部、法学部が特別扱いにと、
されてきた学問分野ですが、実のところでは、
然程たいした学部でもなく、解りやすくできる
分野を複雑にして、一般に解りに難くしてると
言うに過ぎないのである。

 そもそも、広く一般に守られたいとされる、
法規文面を、一般人が見て理解し難い文面にて
長期に渡り、維持している状況自体が誤りで、
『法的な解釈』などを学部内で習うのですが、
なんら国民としての倫理性における向上と言う
観点では、なんら役になっていない。

 そうした観点から見れば、どれ程に法学部が
世間的に機能をしていないかが解る。

倫理性の高い、日本国厚生労働省が定義したNEETの存在

 本来であれば、反世間的な団体等を形成して 
政府などに、暴力的な主張を行う事等も頻繁に
発生をしても、なんら異常な現象とわ思えない
状態にあるのが、現状の日本国であって、世界
規模で言う所の先進国の現状である。

 倫理性が高い先進国の現代人には、今時期に
おいては、何かが欠けている事に気が付くが、
『それが何であるのか?』と言う迄に至ってわ
いないのである。

 又先進国の人員は、何かと好奇心に対しては、
消極的になるような教育を受けており、特定の
環境にと、強制的に定められた環境によって、
学習をすることから、物事に対して学ぶと言う
ことに、精神的なAllergy(あれるぎー)的な
抵抗を感じてしまうのである。

 こうして『一般的視野での学習的な学ぶ』と
言う行為を行っていないと、定義付けていると
言うのが、厚生労働省が行っている公的な人員
排他である。

 不思議と厚生労働省は、此れまでにも何度と
なく国民を差別する為の造語を世間に公言して
いるが、それを民が誰も指摘しないのである。

・・・(。-`ω-) ん~♪

 『負け犬』『NEET』『暴力団』などは、
完全な排他(軽蔑)用語であって、本来ならば
国が用いる言葉でわ無い。

 まして『暴力団追放、撲滅』は、完全な軽蔑
用語であって、人権侵害に値する。

 ちなみに陰で悪い事をしている法務関係者に
鍵って、正義論を公的に行う特徴がることも、
解っている。

さて過剰な動物愛護でも・・・

 近年に、盛んに行われている動物愛護などに
纏わる主張で、Nudeになって主張をする輩的な
国際的な輩団体がある。

 しかし動物愛護と言うだけでわなく、反面で
菜食主義を主張をしているのである。

・・・(。-`ω-) ん~♪

 実は、農業が世界規模で活性化される事が、
見込まれると、民としてわ経済的な安定等が
図れるが、その反面で第二次産業以上における
分野の利潤が少なくなるとされている。

 人類の仕掛けには、大きく分けて二つある。

1.多産的な中から、有力な物が生き残る。

2.限られた存在を有力な物として教育する。

 この二点、明確なのが生きる知識のある物は、
少数でも生き残れる事を意味するが、多産的な
意味合でわ『天任せ』だと表見的に思えるが、
実の所では、その性格がある程度定まっている
ことも有って、天任せとわ言えないのである。

 多産の場合には、他人よりも有益となる事を
競争意識の根底に持つ必要があり、敗者には、
上位の勝者に比べて不自由な環境となる。

 その反対に上位者には、自由な環境があるが、
本来だと、憲法や法的な規制があって、それを
超越する事が無いが、今までの人類史からでも、
それを超越しなかったという事では、記録にわ
残っておらず、不当、不法に超越した人員が、
悪人として歴史に残ってる程度に留まっている。

社会人における司法分野への進学が減る現象

 その原因には、「倫理性は、個人が自己にと
求めるものであり、個人が世間に対して挑むと
言うものでわない」と言う事に気が付いたのが
原因なのかとも想われる。

 裁判員制度も始まる事で、弁護士などにと、
なっても、その世間性という意味合を比較する
ならば、何の資格を有していない人員と平等に
法廷の裁判官として立てる環境と言う状況は、
『人として誇れる(つまり自惚れ)』を味わう
仕事と言う意味合からは、外れてしまう事にと
なるのである。

 又、超越した分野に関しては、万屋としても
徐々にと、外堀を埋めている状況にありまして、
後は、攻め入るだけとなっている。

 司法においても、請願などで改善請求などを
提出しているにも関わらず、それに応じないと
言う状況では、それ相応に超越者が責任を負う
と言う事になる。

 それらを踏まえても、司法分野の家業などが
実際的にわ想ったより、利率の良い業務でなく、
『正義感だけでわ利益が無い』と言う矛盾した
屈辱を味わうことになるのが目に見えていると
言うだけに、減少してても当然である。

 医学の分野わ解りませんが少なからず司法の
分野においては、闘争心が強いと言う者でない
と、とても続かないと想われる。

 尚、以前に伝えていますが公務員の分野でわ
法務系の人員における自殺率が公務員の中でも
一番多いのである。

 しかし客観的に自分が関与をした経験からも、
公務側の期間的な性質により、引き起こされて
居るのであって、公務員個人に責任を押付ける
と言う慣習的な現状にも、問題がある。

 そうした点での改善も万屋として攻める予定♪