記事一覧

高潮で、水没 - Venezia

187cmまで、水位が、上昇

 悪天候が、続いて、高潮が、発生との事。

記事
水の都ベネチア、水没の危機 記録的な高潮
 ・産経新聞
  ・令和元(皇紀 2679;2019)年11月13日 22時13分
 

邦人が、死亡する事故が、増えている - Pilipinas

 小型機が、墜落。

記事
フィリピンで小型機墜落、9人死亡 日本人搭乗か
 ・産経新聞
  ・令和元(皇紀 2679;2019)年09月02日 13時13分

参考
・Republika ng Pilipinas(フィリピン共和国)
 ・外務省
 ・Wikipedia

 溺れた事件。

記事
フィリピンで邦人男性が溺死 横浜在住か
 ・産経新聞
  ・令和元(皇紀 2679;2019)年04月29日 16時34分

邦人36名を、拘束 - Maynilà

振り込め詐欺

 『かけ子』の容疑で、邦人が、逮捕された。

記事
フィリピンで邦人男性が溺死 横浜在住か
 ・一般社団法人 共同通信社
  ・令和元(皇紀 2679;2019)年11月14日 09時28分

参考
・Maynilà(マニラ)
 ・Wikipedia

銃刀法改正案

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2007/10/17(水) 午前 6:43

ファイル 6838-1.jpeg

今回の写真

(∇〃) .。o(この画像は、Internet上で拾って来た物です♪)

「そろそろ、僕の出番でないのかなぁ~と♪」

これは、意味が無い感じもします

 法案の内容

 不正権益目的に銃を発射、所持した場合の
罰則を新設し懲役刑に加え、併科する罰金で
は現行法で最高の3000万円を科す

 さて、国民にとって必要なのは、銃刀法を
不法に使う・・・ことでわないと判断する。

そもそも不当銃刀保持者に銃刀法を適用をするのが誤り

 銃刀法は、許可を得て所有をしていると、
されている人の為の法律であって暴力団など
資格の無いものに対して、対応するの不可能。

 基本的に、武器としての所有となるので、
殺人、及び傷害目的及び、過失の発生すると
言うことが前提に無許可で保有されている。

 装飾品として飾る為に・・・と言っても、
その物自体には、殺傷能力があり、過失にて
発生した行為なども、保持している以上は、
保持していないものよりも、張るかに発生を
する率が高い。

 むしろ保持していない者では、発生しない。
逆に、保持しているからこそ過失が生じると
言う危険性が発生し、保持して言い無い者と
比較できない程の大差がある。

で、今回の国会では・・・

 相対性での対処だけども、基本的に均等を
図っているに過ぎない。

 つまり、正義、不義が均等になるようにと
重りを調整したに過ぎないのである。

 逆に3000万円払え且つ平然と人殺しを
目的として居た団体が、暴力団に限らずに、
居たらどうなるか?

 ・・・警察官とか、自衛隊とか?

 SASを超えるにわ武器なんかに拘っちゃ
駄目なのかも知れないなぁ~。

私ならどんな法案を考えるか?

 殺人及び傷害目的での武器保有法

 対象物は、殺人及び傷害目的で保有した、
または、購入(売買)、譲渡を受けた者を
対象に罰する。

 又、その物を補充することで保持しない
者と比較し、過失や犯罪の生じる可能性を
考慮し、そもそも武器などを保有するとの
言う趣味思考を規制しなければならない。

 これは、銃刀に限らず、Knife、自動車、
鈍器、薬品、食品、あらゆる資材などを、
全て含む。

 刑罰の内容を定めるのは、その感覚が
私には、無いので省きますが、上記での
内容だけも十分に効果があるのかと想う。

 但し私人は、武器の魅力に付いては、
否定をせず、むしろ肯定的である。

私の理想的な女性像・・・爆笑篇

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2007/5/12(土) 午前 11:45

女性への理想像

 期待に胸弾むほど胸も無く、

 堅強な性格なのに彼を見下すような視線は、
平均的な日本国の男性よりも背が高く肩幅が
広い私の可愛い所?。

 すね毛と髭(ひげ)の永久脱毛を希望して
おりますが、御金も無くて・・・。

 時には、鼻毛も伸びているけども・・・爆

そんな女性でも、可愛いと想ってしまう事もある。

(。-`ω-) ん~♪

本当に、自由を求めているのか?

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2006/12/2(土) 午前 11:19

ファイル 6836-1.gif

 自由を求めているのでわなく自己都合の理想の追求が
本心なのでわ無いだろうか?

 自由とは、自由でありながら不安定でもあり、均等な
Balance(ばらんす)力などが求められるのですがぁ~、
その均等性能力をもとないと、自由なんて得られません。

 ところが自由を求めている人達の主張を追及すると、
その殆どが、只単に自分の理想的な生活を求めていると
言うだけであり、その現状の足枷となっている部分から
逃れたいが故の”自由”である。

 つまり、特定の規定から逃れたいだけの主張であり、
それ以外のことが自由であることにすら、気が付かない。

 比較的に未成年者などの若者は、自身の都合よく物事が
行なえず、また法的にも規制されていることに抵抗などを
感じる者達が多い居のですが、それわ間違え!

 人間の可能性の観点から見れば、法的に規制されている
部分は、人間行動の一部であって、それ以外が自由である。

 既にほぼ自由でありながら、生まれ持っての本能により、
自己をControlできずに、社会的理性観念の低い状態による
主張に過ぎないのが、未成年者達の主張である。

 でわ大人の不自由さに付いては、どうでしょうか?
家庭や育児などに仕事などと、自由な時間を拘束される。

 一日が24時間で、その内の8時間を睡眠時間とするなら、
残りが16時間で、その内の10時間を就業に費やすなら
6時間が自由の時間となる。

 しかし就業の時間(通勤を含む)で、もし自分理想的な
仕事であり、時間を費やすことに惜しみを感じないならば、
その時間までもを人生の理想的時間の消費と考えるわけで、
就業を人生の苦痛だと少しでも感じる人達より得な人生を
日々過ごしている事になる。

 例えば義務教育で費やされる時間を、苦痛を感じる人と、
それを自らの好みとして転化して取り組む場合では、後の
効果も大きく差が出る。なかば暗黙の強制力があり。その
強制力から逃れられない状況で、それを否定するからこそ
苦痛なのであって、それを楽しみに変化させてしまう。

 性格などにより、苦痛などを快感に感じる人も居るが、
それらのように、持って生まれての性格等でなく故意に
人格を自らが操作することが求められています。

 自由と、理想追求の違いを御理解いただけましたか?

自活をする条件を整える!

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2006/9/29(金) 午後 8:01

ファイル 6835-1.gif

 やはり、自活的に物事を考えないとならない。
少なくても自分独りが生活するだけの条件等が
求められます。

1.収入
 これは、自活の主たる基盤となりますよね。

2.住居
 やはり、住む所が定まらないと安定している
生活をえたと言えません。

3.衣服、身だしなみ
 これもやはり、他人から見た自分と言う物を
意識しなければ、他者から人間関係としてでの
交流を受け入れてくれません。

4.食事
 これは、収入に次いで二番目の重要な点です。
しかし、購入をするという点を考慮するならば、
それらの出資を押させつつ、料理等にて食卓を
楽しむことが出来ます。

5.情報の収集
 これは、三番目に重要になる点だと思います。
情報は、知識を得ることにも繋がり、防犯などの
自衛的な知識を身につけたり、私生活の向上を
図るための情報等を収集できる環境を、得るとの
ことは、かなり重要になります。しかしTV等は、
勧めません。

 とりあえず、5項目を挙げてみました。逆に、
通常における自らの生活を向上させたいと言った
場合には、以上の五項目を改善すると良くなると
思われますが、いかがでしょうか?

個人主義とは、言うものの・・・

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2006/9/22(金) 午後 0:58

ファイル 6834-1.gif

 他人の接しないで生きてゆく事だけが、個人の
主義と言うわけでもなく、個人の人格が認められ
それにおける主張があれど、その意見が共存的な
意味を成さない場合には、民衆から却下される。

 つまり、人間関係を保ちつつ、御互いの存在を
向上させるような主義が個人主義であって、その
意思が無い場合には、成り立たないと想われます。

 意外にも成り立つのが、個人思想家の立案にて
賛同をする大衆ですが、それらの行為などでも、
宣伝戦略で、いかようにも操作されると言う事を
まず、知る必要があります。

 大衆の中に個人が紛れると言うのも戦略的にわ
あるのですが、大衆と居る時の自分と、家族での
自分、そして恋人と居る自分、一人で居る自分等、
各対人関係による自分の立場で自分と言う存在が
どのように係っているかを客観的に考えてみたい。

 それらの自分自身を客観的に認めるという事が、
自己の確立であって、それを行わない限りでは、
一時の感情により、それまでの人格をを失う事も
あるようです。

 理想的な自分わ己の理想であり、他人が求める
あなたへの理想とは、異なるのかもしれないし、
その相手からの理想が自分に対し、不利益的だと
”偏見”と言う言葉が用いられることになる。

 そう考えると”貴族主義”と言う物が、意外に
紳士淑女を追及するとの観点では、個人主義的な
物に近いのかもしれませんよね?

 だって、社交的でありつつも人格的な品位等を
求め続け、更に大衆から、その品位を認めて貰う
ための礼儀をわきまえる必要がある。

 どうやら貴族主義を学習して解明する必要が
ありそうですなぁ~♪ (-"ω "- )ムムッ・・・

個人尊重の限界

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 

ファイル 6833-1.gif

 個人の尊重における限界は、どのようなものだろうか?
共存的意思の基でなされる主張は、可能かもしれないが
他者の人格や尊重を侵害するような場合、個人の尊重が
認められ難いとなる。

 でわ具体的に、どのような所に一線が引かれるのか?

 夫婦の間であっても、お互いの生活空間が異なるのを
皆さんは、理解しているだろうか。それが例え親子でも
同様であって、一見して親密な家族の状態であっても、
それぞれが感じている空間の感覚は、異なるようです。

 ”共感”と言う言葉がありますが、共感があっても、
それぞれが感じている物が異なっており、偶然に一致を
しているかの如くの感情によって生まれるのが共感でも
あります。

 映画を見ていて、悲しいところで家族で涙を流しても、
”悲しい”と言う点でわ共感をしても、後にそれぞれに
その場面での感想を話し合ってみると、感情が同じでも
見ている視点や、感覚の違いが、親子や夫婦であっても
異なる点が良く解る。

 つまり人間とわ不思議なもので、限られた勘定に対し、
多くの情報を基にして、各幹事方の印象を抱くのですが
意外にも、それらの感情が限られていることもあって、
無関心と言う状態を含めても”喜怒哀楽”を原点にして
多少の強弱がある程度だと、気が付くと思います。

 そうなると”個人の主張”に対して、家族内における
限界は、「周囲の家族に不快感を与えない程度」である
と言えるでしょう。

 御父さんが御風呂上りに裸で部屋の中を歩き回るとの
状態を許す家庭もあれば、許されない家庭もありますが、
権力的な意味合から嫌がられても、それに動じないなど
過程の様子も色々です。

 又、夫婦で同じ布団の中で日々寝る場合においては、
離婚率が高いと言う科学調査の結果が出ているのですが、
それにおける原因も、自己主張が始まった場合において
それを相手が容認できない場合には、相手の存在などを
とても受入れがたい真理に陥り、行動的にも避けたりと
してしまうのです。しかも、同じ布団で寝ている場合は、
その一時的感情から逃れる事が難しく、継続的に険悪な
感情を抱くことになる。

 ちなみに離れることにより、相手の自己主張と自分の
空間を一時的に切り離し、自己の心理的空間を守りつつ、
自分の落ち着く場を確保できる。つまり、精神的安定を
維持できる場所を確保できることにより、自らの人格が
保護されるのです。

 さて夫婦と言わず親子でも、そうした現象が見られて
おりますが、例外や特例などもあり、これもまた様々。

 Petを飼っている人なら解るかもしれませんが、犬等も
ちゃんと自己主張をしており、独特の主義、主張なども
しますよね♪

 自己の生活や、それに纏わる人間等により形成される
人間関係との間で、主張される物事が双方にわ共存的で
常に恒常的な内容であれば、良いわけです。

 この現象を個人にて記載をしていますが、実際には、
国家間や、生物学的異種生物との関係などでも、同様に
言える事であって、軽視できる問題でないことも理解を
する必要があります。

 近年では、宗教や個人の思想を基に形成された国家が、
その主権者たる”人物(神、仏の使いと言えど、所詮は、
人間である)の発言”によって、一般民衆の生活などが
脅かされることも古来より多々発生をしている。

 こうした点を考えると、個人主義だと言えども、その
主張のあり方によっては、多くの人との人間関係により、
形成される共存的な内容であることが、暗黙の了解にと
値することであり、それらを規範として定めているのが
古来からの宗教や慣習だとも言えるかもしれませんね。

 ”個人主張の限界”について解りづらいと思うならば、
飼育しているPet(ぺっと≠”おなぺっと”を覗く)の
身になって「もし自分が、家で飼われている犬だったら
どんな主張が可能で、どんなことが不可能だろうか?」
などと考えてみると、意外に解りやすいかもしれません。

 さぁ~、貴方は、犬ですよぉ~♪

はい、御手! お代わり! はい、ちんちん♪ 

 ・・・ズボンは、脱がなくて良いから・・・www

(∇〃) .。o(って、過去に言われたことがある♪)

やはり、お金が必要♪

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2006/9/16(土) 午後 7:39

ファイル 6832-1.jpeg

 どんな主義においても、お金が必要。
例え必要無いと言う状況にあっても、
結論的に簡易的な状態も含めて御金を
どこかしらで消費をしている。

 つまり、”お金”は、外から入って
くるばかりでなく、自らのところから
出てゆく分の御金も含まれるのです。

 その場合は、やはり何だかの手段を
経て、経済的活動をする必要がある。

 次回は、その方法を追求してみたい。

衣食住の確保 その1 住と行動範囲

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2006/9/14(木) 午後 0:42

ファイル 6831-1.jpeg

 人として、生活する場を確保したいとするのが、
本能でもあるのですが、どのような場所を生活の
場とするかは、個人の感覚によって異なります。

 浮浪者の生活の場は、通常の人達よりも意外に
広いのかもしれませんね。しかし、特定の地にと
住み着くとなれば、極端に行動の範囲が狭くなり、
周辺の人々からも、嫌われる存在となる。

 さて、私達人間が生活の場を確保したいと言う
欲求を満たす為には、どうすれば良いのでしょう?

 基本的に衣食住の欲求を満たす為には、労働や
何だかの融資、支援、援助などを受けてることで
衣食住を経済的に消費することになります。

 つまり原点としては、収入を考えると言う事が
もっとも重要な観点となります。

 NEETなどは、別名で”EconomicFamilyParasite”
と言うような形で表現ができる。日本語的には、
「経済的な家族への寄生」である。

 日本古来からの言葉で”穀潰(こくつぶし)し”、
”べらぼう(穀物を潰す掏(す)り棒)”などと
して表現された言葉で、”遊び人”などと言った
言葉で、現在でも表現されています。

 しかし生物学的に考えるならば、生命体が生きる
手段として、どのような形式での選択するのかは、
その生命体の固体の判断に委ねられている。

 ところが共存と言う観点を考えるならば、それが
規制されるということにもなる。それが規範と言う
言葉で表現されている。

 規範を元に、人々が共存をし、個人主義であれ、
独裁、悪党、善人、宗教、思想、共和、民主などを
含めて”共存”と言う言葉には、理解力と奇抜的な
発想が必要となる。

 つまりは、敵対するRival(らいばる)の存在を
維持しつつ、自らも向上しながら存在して行く方法。

 住居を維持すると言う観点は、動物的に考えると、
自らの生命を維持保守するための生活環境を得ると
言う意味もであり、そうした場所を確保する観点が
自己の自衛的概念にも繋がる。

 微生物のように、小さな生物が自由に水中などを
動き回る風景を見て、憧れる人も少なくないけども、
人体との比率を考えると微生物にとって、それらの
世界がどれほどの広さを意味しており、どのような
感覚で生活をしているのかを推測すると、意外にも
その範囲が狭いと言うことが、解るらしい。

 渡り鳥も、その行動範囲が広いとされているが、
結果的に、移動距離があるだけで、実際に行動等を
する範囲を測定すると、たいしたことが無いのだ。

 つまり、東京都の範囲だけで暮らしている人と、
New Yorkに出張している人の行動範囲を考えてみる。

 東京都の範囲は、意外に広い。しかし、東京都と
New York間を移動して仕事をしている人は、移動の
距離が物理的にあっても、飛行機や船などの特定の
路線を行き来しているにすぎず、自由に移動などが
できない不自由が存在する。

 それによって生じる不自由と一見して狭い範囲を
自由に移動できる者とでは、やはり、物事が違って
見えてくるのです。

 東京の職場と、New Yorkの職場、又、その近辺で
楽しむ娯楽程度の範囲と、東京都の範囲内を自由に
動き回れる状況とでは、実質的に東京都の中だけで
暮らしている人の方が、広い活動場所を得ていると
言えるかも知れません。

 何を持って価値があるとするかわ個人の生活観や
生活状況によって異なりますが、物理的な判断等を
するならば、決して狭い範囲で行動をしているとの
人だって、劣っているとわ限らないと言うことです。

 宗教信者の多くは、狭い範囲にて生活をする事を
強いられますが、瞑想や空想によって、無限に近い
範囲を得ているとも、言われております。しかし、
物理的に、それを表現できないと言う観点において
Einstein(あいんしゅたいん)でさえも、数値等を
導き出す基点さえ見出せなかった。

 皆さんにとって必要となる住む場所と行動範囲を
手に入れて、それを維持すると言うことが、自衛の
概念に繋がるのかもしれませんね。

”勝手”だけが「個人主義」でわ無い!

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2006/9/11(月) 午後 6:35

ファイル 6830-1.jpeg

 ”個人主義の主張”として、大前提となるのが
「勝手と、個人主義の違い」だと思われるのです。

 「勝って」と言うのは、その者が行った手段で
主義を表すと言う意味合いでは、使われないとも
判断したいところです。

 個人主義と言っても、この世でたった一人だけ!
と言う状況を意味しているの訳でも無く、個人の
人格を主張しつつ生きて行くことで、自らの人格に
貴賓を持って生きて行こうとの志を表した主義だ。

 Only One(おんりーわん)と言う言葉も、民衆に
受入れられないと、LonelyOne(ろんりーわん)に
なってしまい、孤立してしまうことになる。つまり、
「自分勝手だけでは、個人主義が成り立たない」と
言うのが現状だと思われます。

 自分の個性や人格を、相手に認めてもらいつつも、
相手の人格や個性を認める関係が個人主義であって、
「自らの悪行を正当化したいが故の”悪行正当化の
論述や行動”でわ無い」ことを定義しておきたい。

 個人主義は、自分の生き方に対して貴賓を持って
生きて行く為のMotivation(もちべーしょん)で、
Masturbation(ますたーべしょん)とわ異なるのだ♪

Σ(〃▽〃) あはぁ♪  *1-(*^・ω・^*) スコスコ!

*1:φ