記事一覧

ئۇيغۇر(ういぐる)族の大規模な監視 - 中華人民共和国

同等の行為は、どこの国でも、行われている

 「西洋の思想は、何かと、他国の文化を、過剰に、悪く、指摘する癖(へき)が、有る」のかと、想われる。

記事
中国、大規模監視でウイグル弾圧
 ・一般社団法人 共同通信社
  ・令和元(皇紀 2679;2019)年11月25日

僕は、本邦内で、共産主義が、広まる事は、求めて、無い

 そでも、似非民主主義による、情報の操作は、許されない。

 例えば、「嘗ての米国が、現状の領土を、侵攻する時には、原住民などの迫害は、公然と、行われていた」等、民主主義圏でも、生じている。

 ところが、似非民主主義の情報的な工作では、「相手は、悪行を、行っている」と、情報の公開を、行って、自らの正義(正当)性(及び、支持者、同志者を、得る等)と、標的の(敵対する)文化に、不審感を、大衆へ、抱かせる工作が、極普通の日常で、生じている。

 『白人による、米国領土内で、原住民生活地を、侵害』の他、『人種的差別』など、極普通に、生じているが、それらを、『棚上げする形式』で、情報の操作が、行われる事が、知られている。

 男女的差別の観点では、『魔女狩り』等が、知られている。

 よって、「特定の種族が、過剰に、増える事を、懸念する観点は、どのような文化でも、生じる」が、白人系の侵略者による、『思考』(戦略)では、公然と、標的を、悪行者と、指摘( Labeling Strategy:ラベリング戦略;標的に、指標を、示す事;現代の若者間では、『 Flag(フラグ)』と、表現される事も、有る)されつつも、その指摘者における、文化的な背景(歴史)を、探れば、もっと酷い事が、行われていた、記録が、残っている事も、多く、「他国を、過剰に、責めれる立場には、無い」と、想える。

 なお、『まっち・ぽんぷ』( Freemasonry )の工作で、「標的の文化を、隷従化、または、殲滅を、図る」場合に、良く、使われる」との認識が、有り、本邦では、『沖縄県(琉球の文化)、北海道(アイヌ民族)』でも、展開されていると、想われ、「基本的に、標的の文化には、劣等感を、抱かせる、工作が、展開されつつ、Freemasonry 系の Slave 宗教を、用いて、救済を、行う戦略」が、展開される事(『黒船的外交の戦略』と、呼ばれる)も、多いが、近代の戦略でも、『国連と、国際連合児童基金(United Nations Children's Fund:UNICEF)』が、有る程に、「国際的にも、標準(基本)的な戦略の方法」と、成ってい事を、一般人が、自覚する必要も、有る。

詳細

 本邦でも、『(A)共通語と、方言』、『(B)部落、排他的地域の種族』、『(C)在日外国人の種族』等の問題が、生じているが、西洋圏でも、極普通に、生じている事が、解っている。

 逆に、「共通語が、有れば、交友的関係が、増える可能性も、生じるが、逆に、『侵略的攻撃を、被る危険性』(脆弱性)も、同時に、生じる事が、有る」と、懸念されるが、「東洋人は、古来から、白人に、騙され易い傾向に、有る事」が、歴史からも、解っている。

 事例(歴史)的には、本邦だと、義務的な教育で、「阿片(あへん)戦争』を、習うのかと、想われ、現在だと、「覚醒剤、不法な薬物の密輸』等が、問題視されており、「歴史的にも、改善されて、無い、部分と、成っている事」が、解る。

 つまり、「言語の分散は、同胞の利益を、防御する為の基礎的な自衛策にも、成っている事」を、理解する必要が、有って、『盗聴、極秘の情報を、奪取する』等からの『簡易的防御の対策』(旧型)に、成っていたが、現在(近代的な技能)だと、安易に、無効化が、可能と、成っており、脆弱性が、指摘されてる事から、限られた人間(信頼的関係が、有る者の同士:人と、人の関係)で、有効性、及び、標準性が、主張されている程度に、留まっており、その国際的基準に、Freemasonry の思想が、基礎と、成っている事が、異文化の観点から、問題視される事も、極普通に、生じている。

補足 - 侵略的攻撃を、被る危険性

 軍事的には、『 Friendly (フレンドリー)戦略』が、用いられる事が、知られており、「友達の関係から、徐々に、相手の意識的操作を、行う事」が、知られており、主に、宗教、思想を、媒介に、同胞化する事が、広く、一般に、知られている。

 本邦の歴史では、「黒船における、『武器と、宗教』が、知られている」が、この場合の『宗教』は、『 Trojan horse (トロイの木馬)工作』と、同等の作戦で、用いられつつ、現代の情報処理世界では、Virus(ウイルス)でも、用いられている程に、「古典的で、且つ、影響力が、高い、戦術と、成っている事」が、解っており、更に、西洋的思想の上層部と、成る、Freemasonry の活動は、HIV(Human Immunodeficiency Virus:ヒト免疫不全ウイルス)等の如くの活動を、行う事が、解っているので、驚異的にも、想える。

 「 Freemasonry の理想的な世界』の観点では、「人体の
医学で、言う、免疫力までもを、削ぐような、活動(工作)が、
行われており、それが、脆弱性と、成っているだけに、留まらず、
脅威と、成っている事」を、民の個々が、自覚する必要性も、
自衛の概念から、有る。

 昭和の高度資本成長期に、『 Vinyl(ビニール)栽培的な
人材』と、揶揄に、指摘されてた時代も、有って、恵まれた
環境で、育ったような、「卓上だけの想像で、物事を、展開
するので、理想と、現実の違いから、労働者には、損失が、
生じる事も、有る」が、指摘されつつ、『(A)高学歴だけが、
取り柄、(B)低学歴でも、技能が、優秀な人材』の観点を、
色で、差別する、『ほわいと・からー』(指揮、命令者)、
『ぶるー・からー』(労働者:指揮、命令を、受ける、従事者)
との表現で、区別されつつ、各々の責任も、雇用主から、
過剰に、負わされており、その観点は、やはり、現在でも、
悪き慣習が、続いているとも想われ、その影響で、『過労死、
自殺』等が、生じる事へと、繋がっていると、想われる。

 近年の本邦では、『在日外国人系の宗教』等で、悪用されている。

 また、『 Friendly 戦略』は、どの文化でも、生じていると、想われ、狭域では、『恋人(恋愛の戦略)、親子、友人』の間でも、生じるが、『(a)人間関係上の駆け引き』に、留まらず、『(b)詐欺』等の刑法に、合致するような事件にも、警戒する必要が、有る。

 更に、「一般的に、『 Mounting (マウンティング)外交(交友)』も、知られているのが、現状で、『師弟、社会性、専制』等でも、用いられる」ので、留意が、必要。

所有者が、不明の土地を、使用する者へ、課税

なぜ

 「所有者が、不明の土地を、使っている事自体が、問題だ」と、想える。

記事
所有者不明土地、使用者から課税可能に 来年の通常国会で法改正へ
 ・産経新聞
  ・令和元(皇紀 2679;2019)年11月24日 22時06分