記事一覧

微生物には、この地球上が、無限の世界に、感じると、想える

各生物の世界観

 他の全生物が、人と、同じ、感覚を、有するとは、想えないが、仮に、人と、同じ様な、感覚を、有するならば、この世界を、どのように、想うのか。

人が、宇宙への想いを、抱く

 その感覚と、「微生物は、同じ、観点に、陥る」と、想える。

新たに死刑が執行されたそうです!

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/9/11(木) 午後 7:48

ファイル 7342-1.gif

今回は、3人

 新たに3人の死刑囚が、刑の執行をされた
とのことです。

死刑に纏わる論争

 死刑執行については、死刑判決と異なる
分野で、論議がされているのが現状。

 日本国憲法や、その配下の法規などを、
照らしてみると、判決によって下されたと
される死刑を拒む理由は、行政機関にも、
民にもない。

 にも関わらず、妙な論議が出ている。

 私の観点だと、既に死刑が確定をした
死刑囚に関して、刑が変わる事が無いと
判断をしている。

 ので、何ら死刑制度を問う場合でも、
現行において、死刑を下された囚人達を
救済するには、至らない。

 と解っていながら、政治思想や宗教的
観点での名目を主に、死刑制度廃止等を
求める団体の活動趣旨が、不明である。

 死刑制度の廃止を訴える人達が、自ら
犯罪の被害者となったこと理由に犯人を
死刑にすることを、後に望んだ場合には、
それ迄の活動を、司法妨害的活動である
と判断されても、善いのかと個人的には、
判断をしている。

 逆に、犯罪の被害者でもない人員達が、
何を根拠にして死刑を廃止しろと主張を
理解できないところである。

 尚、死刑が日本国の憲法で言う所での
違憲的な刑罰に値するのか?との観点で、
それ以上の犯罪行為を行った物対して、
それを比較するに値しないと言うのが、
私の判断である。

参考 日本国憲法

第三十六条
公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対に
これを禁ずる。

警視庁に『振り込め詐欺、統括事務局』が設置された!

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/9/9(火) 午後 9:23

ファイル 7341-1.gif

遅い!

 さて、その間に幾らの裏金が動いたのか?
経済学を学習している人なら、そちらの方を
気にする人の方が多いのかと想われる・・・w

 つまり本来だと、犯罪行為を行った場合は、
不利益になるとの立証や追求ををする必要が
あるのですが、それを行えない状況にあった。

 上層部が、それを容認しないとの理由には、
利害関係(人命も含む)が関連しているとも
言われている。

 よく風俗店による、『抜き打ちでの立ち入り
調査』などでも、不思議と情報が予めに漏れて
居ることが多く、その半面で漏れていながらも、
堂々と検挙される輩も居る。

 さて今回のように、大規模な暴力団組織にと
関係する場合には、対策を立案した関係者等の
後の人生における安全性が保障されてない限り、
基本的に活動を許可しないのが普通。

 その観点は、意外も暴力団側でも同じであり、
よく対抗する暴力団の若い衆が勝ってに抗争を
行ったりしたりすると、それを受けた側にて、
相手側の組織による侵食抗争などと誤認をして、
一斉で報復する場合もある。

 これらを避ける為にも、基本的に若い衆達の
対抗教育を十分に行うのが、今時の暴力団で、
むしろ、そうした観点からは、警察の戦略より
暴力団、広くは、犯罪者の方が、長けていると
言える。

振り込め詐欺は、どうすれば被害を防げるの?

 意外に簡単な方法で防御ができます!

1.同居人、または、他の肉親の名前を間違えて相手に伝えて反応を見る

 例えば、次の設定

祖父・・・太郎
祖母・・・梅

父・・・まさお
母・・・さくら

息子・・・まさし
娘・・・ まゆみ

 この家庭の場合において、祖父に悪意ある電話が
かかって来たとする。

 その内容は、娘が交通事故に合い偶然に居合わせた
(電話をかけてきた人)が病院に搬送をしたとのこと。

 しかし診察が終わったが、保険証もないので莫大な
金額を、変わりに請求されて立て替えたとの内容だ!

 この場合、祖父の『太郎』は、父親の名前をわざと
間違えて、『父、(祖父の息子)次郎に問合せてくれ』
と言う。

 その返答に相手が「父不在に付き、祖父に電話を、
行った」と返答されるかと想われる。

 改めて祖父の『太郎』が故意に息子の名前を間違え、
「娘の兄になる『あきら』に問合せる」ようにと伝え
反応をみる。

 又、存在しない妹でも良い。

 そして、それらに相手が応じない時には、間違えて
電話が切れてしまった素振りで電話を切る。

 その間に間髪を居れず、娘(祖父から見れば孫娘)の
安否などを、父(まさお)、母(さくら)に確認をする。

 時間を空けると、相手から再び電話が、かかって来る
可能性があり、電話の回線が塞がれてしまう。

 そこで電話番号を調べる等の場合は、受話器を上げた
ままにしておく。相手には、通話中になり、繋がらない。

 上記のような手段で、防御や後の身内における安否を
確認できるのかと想われる。

{{[

 着眼点は、『おれ♪おれ♪』なども含めて、身内達の
名前を故意に間違えるという事にある。

相手
 おれ、おれだよ!

被害者
 まさあき?

相手
そうだよ♪

被害者
「まさあき」なんだね!
(ちなみに相手が当人、または、当事者の名前を把握していると、
 ここで、正確な名前を相手が返してくる)

相手
そうだよ♪・・・実は、・・・

被害者
でも、去年死んだよ?『まさあき』は・・・
(∇〃) .。o(もともと架空なので亡き者にする!相手も少し、びびる♪)

相手
・・・(8D)| ̄|_..  あらぁ~♪

被害者
□】ゝ(・・*) がちゃん!!!

}}}

 これは、反撃的な防御でありますが、あまり、
ふざけると、相手からの報復も考えられるので、
過剰な反撃は、好ましくない。

 また電話のあった時間などを記録しておき、
後日に警察か、110番に即時通報をする。

尚・・・

 親戚の名を語る相手に対して、不服があると
言う場合には?

相手
おれ♪おれ♪
(又は、あなたの○○さんが・・・)

受けた方
知らないよ!10年前に家を出て言ったきり、音沙汰なしの親不孝者だ!
のたれ死んでしまえ!

□】ゝ(・・*) がちゃん!!!

相手
・・・つー♪つー♪ (:D)| ̄|_ だめっぽ!

 間髪入れずに、該当者の安否を確認する!

 受話器を置いたままにすると相手から再びに
電話が来る可能性がある。

 この手段は、該当者に多少の不満がある場合も、
その憂さ晴らしを兼ねて相手に反撃ができる。

 そして後に調べた結果、実際に当人であっても、
「『おれ♪おれ♪』や『振り込め詐欺』だと想った♪」
っと軽く返すだけで、万事丸く収まるのである。

 この手段は、高度になるが、親不孝者の娘、息子
などに対する簡易的な憂さ晴らしなが行える手段。

 皆さんも、色々と防御策を考えて、防御手段を
考慮しましょう!

 そうした防御策を考える事こそ自衛の手段です♪

再販防止に、厚生労働省が動き出した!

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/9/6(土) 午後 4:43

それでも、遅いが・・・

 厚生労働省は、知的障害者や自らが自立をするのが
難しいとされる受刑者に対して、各都道府県に公共の
Serviceなど、福祉を中心とした行政Serviceと、自立
支援に関する窓口を、新たに設置するとのこと!

意外な展開!

 受刑者に対して、刑期完了後に世間に復帰する事が
その性格上において難しいとされる場合には、再犯を
繰る返す場合が大きい。

 しかし司法の分野で、それを更正させると言うのは、
御門違いとなる。

 では、それを誰が支援するのかと言う観点である!

 それを厚生労働省が名乗ったのだから、凄いとは、
思うのですが・・・。

残念ながら・・・

 私は、既に厚生労働省に属する各都道府県配下での
労働局以下の機関の人員を、現行の国家公務員から、
地方公務員に移行する事を、殆どの国会議員達にと、
Reportを提出している・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

 よって上記の厚生労働省の観点と私の考えでは、
『地方自治の範疇になる』と判断をされ、それらの
公共機関の設立案を厚生労働省が発案したとしても、
その運営に関しては、地方自治に委ねられることが、
好ましいと判断される。

 そもそも自治と言う言葉の意味を、国民各々が、
把握する必要があり、犯罪者を発生させた地域自治
領内における、その責任と言う観点でも、地方での
行政が責任を負うのかと判断される。

 しかし、そうした機関を全国規模で設置するとの
発案などは、やはり国家機関が提起する必要があり、
それに賛同する地方自治が必要となる。

 また、むしろ地方自治が起案を出して国家機関に
国家規模での改善提起を促すことも可能である。

 よって国家機関と、地方行政機関は、上下と言う
関係から、国家に対して地方が威圧的な意識などを
抱かずに、地方自治地方自治構成員としての立場で
国家に堂々と、提案すれ良いのである。

結論

 素晴しい国家機関における活動だけども、時代と
言う観点からは、50年遅いのかと想われる。

 司法の歴史から『故人・山口良忠刑事裁判官』が
おり、彼の生前において、闇市における罪人達を、
裁く立場にあった。

 当時は、国から配給をされる食糧だけだと生きて
ゆけない事情があったにも関わらず、彼の法廷では、
『闇市』における罪人を裁く必要があった。

 その観点から同裁判官が家庭での食事においても
「罪人(闇市)を裁く立場にありながら、闇市にて
入手したた食糧品を口にすることは、好ましくない」
として、国から配給される食糧のみを摂取していた。

 その後に栄養失調による、肺結核(肺浸潤)にて
死亡をしている。

 こうした事件が発生して、ようやくに国が配給を
する食糧に付いての見直しを行っている。

 私が知る限りでは、それ以来での今回の改善策に
なるのかと想われる。

 司法の判事や検事の苦悩、そして民の犯罪行為の
関係は、之まで解明がされない人間関係があった。

 再犯における問題が、一番重要であって、刑期を
終えても、反省することなく更に罪を重ねてゆくと
言う人情は、只ならないことであった。

 その再犯における連鎖断ち切る為に国が受刑者を
受刑の刑期後に、行政機関として国民の一人と扱い、
憲法配下の基で、それを民として責任をもって保護
すると言うのだから、凄い包容力である。

 

 さて問題は、犯罪組織の構成員が、その組織との
関係を受刑後に、断ち切れるのかが問題になる。

 私の知る限り犯罪組織が再犯者にとって心地よい
家庭や、親戚のような人間関係を保てる環境があり、
また、犯罪組織も、その構成を保つ為に受刑期間を
満了した構成員を再度迎え入れる準備をする場合も
あるのが現状である。

 ところで親切と言う言葉がある。「親を切る」と
言うように漢字的に分けられるが、「親の想いより、
それに増さるような施しを受けた」と言う意味合で
使用されると言うのが、正しいようである。

 つまり、その親切心が犯罪組織との関係を絶つと
言うに必要になる人情感なのかと想われるのである。

 国は、国民に愛国を押し付ける以前に、国民達を
意味育てると言う観点から日本国内において新たに
誕生した人を日本国内に生まれた事を後悔させては、
ならない。

 これまで国家が民を支配するとの観点があったが、
国家は、民の意思における志の集結の場であって、
その意思は、特定支配者の意思によって運用される
ことでなかった。(但し、第二次世界大戦の終結後)

 その観点から言えば、戦後60年を経ってようやく
国が民を愛するようになったのかと想われるのである。

 そして今回の国の活動は、その小さな一つであり、
未だ未だ、やれることが沢山あるということなどを、
国家として把握する必要がある。

表札に、不明な印が付いている?

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/9/4(木) 午前 3:16

御注意を下さい!

 空き巣や、訪問販売などにおける印との
意味合いで、表札に何だかの記載を行うと
言う事が解っているそうです!

私が知る限りでは、10年ぐらい前から・・・

 関東地区でも、防犯の観点から一時期に
話題になっていました。

 記号にも色々と特徴がって訪問販売員を
装って、特定の時間に訪問して在宅確認を
行いつつ、記号を残す物らしい。

Apartment houseなどでは・・・

 Door(どあ)に直接に書いていたり、
Seal(しーる)を張っていたりもする。

 また、光やADSL、その他の通信業者にて
同じ業者が二度訪問をしないように付ける
こともあるそうです!

 皆さんも、玄関や門の周りを調べてみる
必要があるのかも、知れません!

・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

死刑場の設計図面の公開を求める弁護士

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/7/30(水) 午前 11:59

妙な弁護士

 死刑場の一般公開と言うなら理解できるが、
それにおける設計構造を求めると言う観点は、
妙である。

 それを情報公開の観点から求めた弁護士の
請求は、高等裁判所にて棄却をされている。

妙な弁護士の主張

 なぜゆえに設計図の航海が必要なのかが、
明確になっていない。

 今回の件では、裁判所が「死刑を妨害する
目的で襲撃を受ける可能性を否定できないと
言う観点で公開をさせない」と言う趣旨での
棄却となっている。

 これに対して弁護士側は、刑の執行を言い
渡されるのは、直前であって襲撃をする間が
無い。

 っと主張をしているようですが・・・。

 死刑の当日でなくても、事前に死刑場が、
破壊などをされていれば刑の執行が行えない
状況に陥るので、その観点からも設計図等を
公開するのは、好ましくない。

 しかし、死刑場を一般に公開すると言った
行為までも妨げられるのかは、疑問である。

なぜ弁護士は、設計図を求めたのか?

 私の知る限り、弁護士の資格を有するとの
者は、相応の手続きを経れば、死刑場などの
見学が可能であったかと想われる。

 また一般人であっても、相応の手続き等を
行えば、見学を許可される事があるのかとも
想われる。

 よって見学でわなく、その構造を求めると
言う行為は、相手が弁護士であっても大いに
疑問である。

・・・(。-`ω-) ん~♪

私は、国民としても本件における裁判官の判決を支持したい

 つまり本件弁護士が「検事にしてやるから
あなたの住んで居る家の設計図などを国にと
提出して、それを被告となる相手方に渡すと
言うようにする。そうした状況で感じ得る、
心情と事実、そしてRisk(りすく)などが、
どのような物となるのかを、察して欲しい」
と言う例えで、説明したい所である。

 死刑囚が逃げるとかで無く、死刑場を破壊
することが、此れまでよりも容易になるとの
観点では、その情報を公開しないのが適当な
判断であるのかと想われる。

 しかし妙な弁護士である・・・(。-`ω-) ん~♪

犯罪は、減少している?

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/7/11(金) 午前 10:52

6年連続して減少傾向にある?

 果たして、そうだろうか?

 私が犯罪白書を見た限りでは、再犯が増えており、
刑務所は、満員状態にあるとの事である。

 その為に、刑務所を増設している傾向にあるとも
言われており、更に軽犯罪などでも、刑務所にての
受け入れができない事から、執行猶予を付けたりと
以前よりも、刑が軽くなっているようです。

また同一犯の犯行が増えている!?

 再犯を繰り返す傾向にあって、同じ犯罪御者が、
常習的に犯罪を繰り返すか、暴力団等が師弟関係を
結ぶことで、犯罪が反復するとの見方もあり、その
観点からも、今後における焦点は、犯罪組織にと、
視点が変わりつつあるようです。

 しかし重悪犯罪に付いては、組織犯罪でなくて、
個人的に発生する場合も多くあり、それらの観点で
殺人などの類で、『個人における重犯罪の規制』を
どのように抑制をするのかが、焦点となっている。

対処案

 基本的理論は、単純な事であって、只単に犯罪の
行為における不利益化を強化すれば済むようになる。

 犯罪行為における決行の原因は、利益があるとの
観点から始まるのであって、その利益性を無益化に
する・・・と言う観点は、今迄だったのですが、それを
更に強化する為に、不利益を与える必要がある。

 それらは、此れ迄だと『刑罰』とされていたが、
犯罪者にとって現在の刑務所は、むしろ楽園状態に
あって、犯罪における抑制効果などは、無い状態に
あると言っても過言では、無い。

 昔から、秋から冬にかけて、日々雇い入れなどの
仕事からこぼれてしまう人員が、軽犯罪を故意にと
行って刑務所や、拘置所で過ごすと言うあり、その
観点から言えば、拘置所、刑務所が犯罪者の都合の
好い宿泊所になっている。

 こうした観点からも、『三食仕事付き』の生活が
できるなら、犯罪を行いつつ、逮捕されても生活が
安定するとの観点で、犯罪を行なう者が出てきても
当然なのである。

犯罪者は、被害者が生産している?

 此れ迄、犯罪における被害者は、一方的に被害を、
世間にと訴え続けていたが、果たして・・・?

 防犯的な知識に、欠けていなかったか?

 などと言う観点は、『Risk(りすく)』などに、
ともなう『保険』と言う概念で問われている過失と
言う課題がある。

 例えば、水着で街を歩く男女と、下着で街を歩く
男女の違いに付いて、どう考えるのか?

 これを想像するだけなら下着で歩いている男女を
「『わいせつ罪』に値しないか?」と想ってしまう。

 しかし実際には、下着であっても猥褻(わいせつ)
とされる部分が隠されており、近年だと男女ともに
見せる下着などが、有るほどである。

 ところで主たる問題点は、客観的な民からの視点
と言うのでわない!

 まず刑法を見てみましょう!

日本国 刑法 第百七十四条

 公然とわいせつな行為をした者は、六月以下の
懲役若しくは三十万円以下の罰金又は拘留若しくは
科料に処する。

 では、『猥褻(わいせつ)』とは、何か?

 判例では、次のように判断をされている。

「『猥褻』とは、いたずらに性欲を興奮又は、刺激させ
 かつ、普通人の正常な性的羞恥心を害し、善良な性的
 動議観念に反するものを言う(最判昭26・5・10
 ・刑集5・6・1026)」

「公然とは、不特定又は、多数の人が認識する事のできる
 状態をいう(最決昭32・5・22刑集11・5・15
 26)」

 っと判例的に定義をされている。

 しかし判例の中には、妙な物もあるのである!

「『すとりっぷがーる』が、多数の観客の前で陰部を
 露出する等の行為は、公然わいせつ行為に当たる。
 (最決昭30・7・1刑集9・9・1769)」

 何が妙なのかと言うと、近年では、女性に限らず、
男性のStrip(すとりっぷ)なども運営をされており、
男女共に客の目的は、『性的興奮を得る事に対して、
入店料や、Service料を店に払っているのであって、
身体の一部を客に見せて、客側でわ性的な興奮等を
得たいと想っている商いであって、悪戯(いたずら:
相手が望まない、意図しない喜怒哀楽を与えるとの
策略的な行為)とは、明らかに異なる』と言う事が、
明白であって、Strip劇場などにて性器等を露出して
客に性的な興奮をさせることは、むしろ客が望んでる
ことであり、『公然猥褻』と言えない。

(∇〃) .。o(尚、一般でわ通用しない可能性が高い♪)

 しかし売春に関しては、どうかと想うのが男女の
大いなる疑問点である・・・www

 では、万屋大楽的に開設しよう・・・w

 売春と言う行為に関しては、別の法規にて規制が
されており、『売春防止法』がある。

日本国 売春防止法

第一条
 この法律は、売春が人としての尊厳を害し、性道徳に
反し、社会の善良の風俗をみだすものであることにかんがみ、
売春を助長する行為等を処罰するとともに、性行又は環境に
照して売春を行うおそれのある女子に対する補導処分及び
保護更生の措置を講ずることによつて、売春の防止を図ることを
目的とする。

第二条
 この法律で「売春」とは、対償を受け、又は受ける約束で、
不特定の相手方と性交することをいう。

第三条
 何人も、売春をし、又はその相手方となつてはならない。

 よって『性交に纏わる常習性』に関係が無く、金員と
性に纏わる行為(性器の結合に限らず、性的な快感等を
得ようとする行為も含まれ、SM等を含めて、あらゆる
分野が本来だと、含まれると私は、判断している)など
によって得られる快感を商品として、金員を支払う営業
行為が売春に値するのであって、口でしようが、素又で
行おうが、手でしても売春であるのかと、私的に判断を
行っている。

 よって私が判事になったら現行の性風俗店が無くなる
わけも無く・・・Σ(・ω・ノ)ノ っえ!

 そうなる前に、売春防止法を撤去することに全精力を
注ぐ事になるのかと・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

(∇〃) .。o(でも実際には、俗に言う金員で女性の身体を買うような事を・・・できない♪)

\(__ ) 御金があったら、解らんのぉ~・・・www

なぁ~んて、御金があっても買わん・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

結論!

 私が隠しておいた、戸棚の御菓子を誰が食べたが、
焦点となっているのである!

 っと言う主婦は、意外にも多いのである・・・w

 事件は、家の外に限らず、家の中でも発生しており、
さらに、子供や旦那との御菓子の攻防戦等に付いては、
私の経験だと、かなりの攻防戦が繰り広げられた・・・w

 ・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

 そうした経験を経て、今日があるわけでして・・・w

 好い経験だったと・・・・(*/ω\*) いやん♪

 時には、他人の・・・Σ(・ω・ノ)ノ っえ!

 そこは、これ以上に思い出さないようにしまして、
話が進むのですが・・・爆

 犯罪行為における展開は、1.衝動的な行為、2.計画的な
行為と言う二点に区分けをされる。

 その内に罪が重いのが計画性である・・・。

 ところが・・・!!!

 一般の人が時に豹変して重犯罪を行う事があるのだ♪(←♪が相応しいのか疑問だが・・・w)

 その場合にて、重犯罪と言う行為だけに、決して軽視を
できないのが、犯罪行為である。

 『計画的に行った窃盗』と、突発的に行った『妻からの
握りっぺ』では、その罪の重さは、かなり違うのである!!!

・・・(。-`ω-) ん~♪

 そこで問題です♪

 夫は、計画的に浮気を企んでいますが、その妻は、既に
突発的に浮気を済ませています。

 さて、この家庭における将来は?

・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

 是非に、この問題を配偶者と話し合って頂きたいのである・・・爆

犯罪

 犯罪は、国家が国民と憲法上における契約によって、
交わされている、代価を伴う行為である。

 その代価は、『世間的な制裁』と言われるが被害者の
敵を討つ為に、存在するのでわなく、『みそぎ』的なる
行為であって、刑罰における刑期などを終えた場合には、
一般人として世間が受け入れる・・・と言う為の刑罰で
あって、刑期を終えた人員を排他する事などは、不当な
行為に値する。

 っと言いたいが・・・人は、それが安易にできるような
生物で無い事が解っている。

 ・・・(。-`ω-) ん~♪

 しかし現行に於ける刑法に伴う刑罰の効果は、刑罰を
終えた人員は、通常人と同じ扱いを受けれることにと、
なっているのである。

 では、被害者は?

 被害者の気持ちなど、被害者にならないと解らない!
っと言うのが私の結論であって、被害者の心情における
葛藤を想えば、他人を死神呼ばわりする以前に、自らが
死神を名乗りたくなるとの心境にと陥ると言うような、
被害者は、多いのである!!!

 自分の愛する子供を・・・夫を、妻を!!!

 そして御爺ちゃん、御婆ちゃん・・・なら♪ とか、
想っていても口に出しては、。。(≧◇≦)乂駄目!駄目!

 相手が肉親でなくても、他人事であっても、悲劇的な
現実には、心を感情的にと動かされるのである。
 

 犯罪は、犯罪被害者と共に、発生をしているのであり、
どちらかが居なければ、成立しないのが犯罪なのである。

 尚、電車における痴漢行為は、『強制わいせつ』にと
価する可能性があるので、注意をされたい。

 しかし・・・。

 尚、刑法・第177条で言う強姦罪とは・・・

日本国 刑法

第177条
 暴行又は脅迫を用いて十三歳以上の女子を姦淫した者は、
強姦の罪とし、三年以上の有期懲役に処する。十三歳未満の
女子を姦淫した者も、同様とする。

 ・・・被害者が男性であった場合には、適用をされない。

 っと想われるかもしれないが、私の判断だと類推適用が
されるのかと想われるので、浅はかな考えを行わないように
願いたいのである。

 今日の講義は、ここ迄である・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

Internet上における犯罪予告は、今の始まった事でわない!

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/6/30(月) 午後 9:00

ファイル 7336-1.gif

皆さんは、勘違いをしている!

 秋葉原にて発生した無差別殺人事件では、
犯行者が事前にInternet上にて犯行予告を
行っていたとされている。

 しかし、それ以前での事件では、どうか?

御存知の人も多いと想いますが・・・

 Internetが普及して以降では、あらゆる
情報が散乱をしており、その情報の中には、
狂言的な者も多く含まれている。

 その一つに、犯罪予告も含まれ類似して
自殺の予告も含まれる。

 又、犯罪、自殺の方法等に関する情報も
Internet上には、多くある。

 犯罪予告は、他人に危害が加わる事等が
予測される内容ならば、予告をした時点で
『脅迫行為』となる。

 それが悪戯などであっても、私的には、
許されない行為である。

 又、自殺に付いても、Net上にて予告を
行う人が居る。

 ・・・そもそも、その行為の意味合を、
当事者本人も理解できていないのかと想う。

 また、それを防御する必要性も問われる。

最近になって、摘発をされているが・・・

 最近になってInternet上にて犯罪予告を
行った者を検挙するようになった。

 つまり漸くに、事の重大性と言う観点で
国が理解を示した事となる。

 警察機関は、これまで『脅迫』と言った
観点を見逃している傾向にある。

 その実態は、桶川Stalker(すとーかー)
事件でも明確にっている。

 警察機関としては、悪戯に振り回される
と言う事を毛嫌いしてるが、悪戯でわなく
既に、『脅迫行為と言う犯罪を、見逃して
いる傾向にあった』と言う事になる。

 ちなみに、この現象を御墨付きにしてる
公的機関がある。司法機関であり、つまり
裁判所の判決等にて犯罪を温床させている。

 警察や検察の言い訳として、考えられる
のは、『立件しても無罪になり、提訴する
だけ無駄である』と言う台詞が想い浮かぶ。

 これにおける司法機関の責任は、重い!

 こうした観点から『司法と犯罪』と言う
観点により、犯罪を有益にしている原因が
実のところは、司法機関にあると言う事が
解ってくる。

・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

悪徳な貸し金業者には、元本の返済を請求できる!

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/6/10(火) 午後 5:07

ファイル 7335-1.jpeg

今回の事件では・・・

 暴力団によって組織化された不当な貸金業を
営んでいた人員に対して、その被害を受けたと
される11人が、損害賠償を訴えた。

 それにおける最高裁での結果が出たのである。

判決

 悪質な不法行為に当たる貸し付けについては、
返済した金利だけでなく元本も取り戻せる。

 そもそも民法では、不法な貸し付けについては、
貸し手が返済を求めることができないとの定めが
あるらしく、返済をする義務も生じていなかった
っと言う事になる。

ところで、高等裁判所での判決では?

 なぜか、元本を差し引いた分だけを認めるとの
判決を下しており、今回の最高裁判所での判決で
ようやくに、元本をも含む返済が認められつつも、
高裁にと差し戻された。

 原判決破棄、差し戻し・・・と。

 原判決とは、控訴の対象になった判決であって、
それを基に、審議が行われる。

 最高裁判所の裁判官は、高等裁判所迄の裁判官と
ことなって、裁判官の人員的な質が異なる。

 此れに於ける意味合から、最高裁判所において、
判決の内容が大きく変わる事がある。

 しかし今回の場合だと、日本最大の暴力団にと、
組織されていた団体に纏わる判決であって、それを
地方の高等裁判所の裁判官が、どう裁くのかが妙な
見所らしく、判決による責任の所在が、右往左往に
なっている状態にある。

 でも結果的には、高等裁判所に戻されているので、
残念ながら、高等裁判所が責任を負うと・・・w

 (∇〃) .。o(裁判官の精神的な圧力は、図りしえない♪)

米国は、旅行者に入国事前承認制を来年から導入♪

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/6/4(水) 午後 11:16

むしろ遅い感じもするけど?

 防犯防衛と言う意味合では、敵対する
国からの人員も脅威なのですが、自国の
国民に対しても脅威だったりする。

 米国の場合では、多国籍人員によって
同時多発Terrorism行為が決行されたが、
脅威となる相手は、自国の中にも居ると
言う事に着目をされたい所である!

日本国でわ?

 日本国では、似非宗教団体によって、
毒Gas事件などが発生したが小規模的な
Terrorismと言う観点では、以外にも、
個人的な感覚で、数多く事件が発生して
居る状態にある。

意外にも・・・

 私が、これ迄に犯罪と言う観点にて、
『通り魔』などの無差別殺人は、ある
意味でerrorismであると私は、想って
います。

 その理由としては、犯罪行為の根拠
理由が何であっても、他者を破壊する
目的により、自分の最終目的を遂げる
と言う観点では、完全なTerrorismで
あると、判断しているのです!

 つまり、暴力的に活動を行うことで、
最終目的を達成を遂げようと言うので
あって、暴力が主たる目的の過程にと
なっているだけである。

 別枠で真の暴力主義とは、ある意味
他の生物が破壊される事を好みつつ、
自己が存在していることに、神秘的な
超越感を精神的に得ようとする人員で、
他を痛めつけ、その正反対にと存在を
する自己の存在を自らが特別扱いする
傾向にあり、第三者にも、それを強要
する傾向にある。

 ちなみに、それが暴力に鍵ってか?
と言うと、そうでもなくあらゆる面で
似たように、自己の存在を特別扱いに
と地位付けて、活動をするのが・・・、
Charisma(かりすま)と呼ばれる現象
でもある・・・。

 でも、別に当人が、崇拝されたいと
想わなくても、第三者が崇める場合も
あるのですが、それわ只単にCharisma
と言うのでわなく、『人気』と言った
ことになる・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

さて日本では、今後どうなるか?

 まず、宮内庁の人員が、庁内入りを
する時に、認識表示などを必要とする
と言うのは、どうだろうか? www

 比較的に、公務員の方が信用と言う
意味合では、低いですよねぇ~♪

 まぁ~私の人生経験としても・・・w

迷惑Mailに関する法律の改定案が国会に提出された!

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/4/18(金) 午後 0:48

ファイル 7333-1.gif

どんな内容?

 悪質な業者に対する罰金が、現行の100万円以下から
3000万円以下に引き上げられる。

 Net接続業者などが送信Serviceを拒否することも可能。

 総務相がMailAddress等の契約者情報を電気通信事業者に
求めることも可能になるらしい。

 しかし、総務省には、捜査権限や警察権限が無いので、
その必要性があるのかは、疑問である。

発信源は、中華人民共和国やPhilippines(ふぉりぴん)が主!

  発信源は、中華人民共和国や、Philippinesなどから、
海外を経由して、国内に散布されることが多いらしい。

 しかし、今回の改正で海外発も規制の対象となることを
明確化する。当該国の当局に迷惑Mail・送信者情報などを
提供して、取り締まりを求めることもできるようになると
言う強化ぶりである。

ところで最近では、不正Accessに関する話題が挙がらないけど・・・

 Botなどの存在から気が付かない間に自らのPCに不正
Accessをされている可能性などが、危険視をされて
居る状況にありましたが、最近でわ話題的に取上げられて
いないようです。

 次なる課題は、遠距離を通じ、更に複数のPCなどを、
経由して不正にAccessを行う輩なのかと想われる。

不当所得の拳銃一丁10万円の価値がある?

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/4/17(木) 午後 8:05

ファイル 7332-1.gif

なぜに10万円?

 警視庁が「けん銃110番報奨制度」を
5月1日午前10時から始めることに伴い、
FreeDial(ふりーだいやる)で情報を求め、
拳銃押収と容疑者検挙に結びついた場合に、
1丁につき10万円を目安に報奨金を支払う
そうです!

・・・Σ(・ω・ノ)ノ っえ!

 近年では、比較的に拳銃の押収量が減少
傾向にあるらしかったのですが、その反面、
摘発できないでいるのかとも不安視されて
居る状況にもあったようです。

拳銃事件?

 暴力団が、銃火器を使用するより遥かに
自衛隊、警察官が消費をする率も高くて、
更に自殺などに使用をされる率なども高い。

 若干、矛盾した感じでもあるのですが・・・w

そでも不当に所持をしている人が居る?

 拳銃などの銃火器を収集する愛好家では、
模造銃を、実弾を発射できるように改良を
独自で行ったりする輩も居たりすることで、
それらの銃も含めて、危険視をされている。

 近年では、拳銃などの事件が一般的には、
年に数回程度、NEWSで取上げられると
言う程度なのですが実際にわかなりの量が
不当、不法に保持されていると言われてる
状況にあります。

 これらを、どのように摘発して行くかが、
警視庁の防犯能力に対する見せ所です。

 一時期は、拳銃押収の摘発量が課せられて
いたことが問題視されており、交通違反での
摘発量と同じく、世間的にも疑問視をされて
居る状況にある。

 まぁ~何にせよ、治安体勢が整う状況は、
良いことです♪

2007年度の未成年による犯罪数

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/4/16(水) 午後 3:38

ファイル 7331-1.gif

検挙数10万3224件!?

 これでも、少し減ったそうです!

この数値ですが・・・

 実は、成人における検挙数の
5.5倍に値するそうです!

 つまり、成人の五倍の割合で、
未成年者が犯罪を行い、更には、
検挙をされている事になりますが、
事件数としては、検挙された少年
一人当たりの事件関与件数などを
改めて割り出すと、かなり事件が
発生していた事がわかります。

こう言う状況で、国は、子供を増やせと言うか?

 現状に産まれ居る子供たちを、
満足に育てられない『国家』が、
平然と『子供を産み増やせ』と
言うのだから、理解ができない。

 その点でわ皆さんだと、どう
思われるだろうか?

警視庁は、犯罪を誘発して無いか?

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/3/19(水) 午後 9:59

ファイル 7330-1.gif

東京湾岸署

 と言う警察署ができたらしいが・・・。

国家が育成する犯罪者

 国は、そもそも犯罪者を国家として育成し
養っているのだろうか?

 国家公務員や地方公務員が、一般の民に対し
犯罪を誘発していることは、解っている。

 ・・・それを改める期(気)が有るのか、
どうかにもよるのだけども?

・・・(。-`ω-) ん~♪

 こうなったら、

『貧乏のTheory(せおりー)大作戦!』にと、
着手をしなければ、ならんだろうなぁ~♪

 ・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

\(__ ) 結婚が、遠のくなぁ~・・・とほほ

小学生10人による窃盗犯の逮捕劇♪

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/3/18(火) 午後 11:43

ファイル 7329-1.gif

御手柄でした!

 図書館の駐車場で、車上荒らしを行っていた
56歳の男性を発見した小学生数人達が、その
犯人を追跡した後に、小学生10人で取り囲み、
現場に駆けつけた警察官によって、逮捕された。

小学生達の凄いところ!

 それは、『取り囲むだけで犯人を逮捕に至る
ことができた』と言う点にある。

 御馬鹿な小学生は、ここぞとばかりに攻撃を
仕掛け、その末に暴力を受ける等と言う場合が
ありますが、今回の場合でわ有力的対処方法が
行われたようです。

大人も見習え・・・

 よく頭の悪い大人は、不法行為者や不当者を
見つけては、説教をしたり、暴力を行ったりと
する似非正義者がいる。

 逆に言うと、正当防衛の範疇なら、ある程度
防御的攻撃を行えるが、無抵抗で逃げるだけの
相手に対して、暴行を行うことは、基本的には、
不法行為である。

 挙句の果てに、勝ち誇って、相手を土下座や、
過剰な謝罪を求める行為なども、不当、不法に
値する場合もある。

 これらを『似非正義活動』と私は、呼んでる。

叱らない大人が悪い?

 勘違いをされているのが、『大人が悪い奴を
叱らない』と言う文化的な観点がある。

 ちなみに、叱った相手が将来に優秀な人にと
なって、叱った当人の子供が落ちこぼれた場合、
そう言う観点で考えると、なんとも頭の悪いと
言う結果に陥るのである。

 競争化と言う観点では、有益なる活動などが
求められているが、自らの利益もままなら無い
状態で、第三者に利益を与えるのは、愚かだと
言うのが、現代的な判断である。

 よく自殺者や、溺れる人を救助するためにと
活動をした人が他界し、自殺や、溺れていたと
言う人が助かると言う事態がある。

 私が、検事であれば、救助活動を行ったとの
言う者が救助能力に欠けていれば、それ相応の
過失が生じると判断し、その反面で、溺れてた
人や、自殺を行おうとした人は、行為結果から、
「救助しようとした人員を死に至らしめた」と
言う結果を生じさせた点では、『過失致死』を
自殺行為、溺れてた人に請求問いたいぐらいだ。

 原点は、第一行為者(自殺、溺れた人)にて
発生をしており、それを第二行為者(救助)が
行ったが故に、第二行為者が被害を受けている。

 正義意思だけでは、人の命は、守れない。
やはり、それ相応の訓練が必要であり、自己の
能力に無い過剰な救助活動は、己を知らないと
言う愚かな行為でもある。

 結果的に能力が無かったにせよ第二行為者が
被害を受けたのであれば、人情と言う観点では、
報われなければならず、その遺族を思うならば、
第一行為者の過失を免除することができない。

 よって、第一行為者を『死刑』・・・爆

 (∇〃) .。o(嘘(うそ)♪)

それは、ともかく・・・

 でも、正義感と言う志において真意な結果が
得られて好かったと、思う。

 又、捕まった犯人も、早期に更生して欲しい。

DVとわ?

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/3/14(金) 午後 0:14

ファイル 7328-1.gif

Dramatic Vacation(どらまちっく ばけーしょん)

 ・・・の略では、ない・・・w

 同居関係にある配偶者や内縁関係や両親・兄弟・
親戚などの家庭内で生じる暴力のことを意味します。

Domestic Violence(どめすてぃっく ばいおれんす)

そのDVの被害が急増中?

 そもそも、DomesticViolence(家庭内暴力)との
意味合で、刑事的に取上げられるようになったのは、
幼児、高齢者、配偶者の虐待に対して犯罪性などを
適用するようになってからである。

 それまでの家庭内暴力においては、夫婦間強姦を
含めて、刑事問題としてわ提起されにくい事件内容
となっていた。

 近年では、女性の裁判官も増えており、女性との
立場で、事件内容を裁判所に理解してもらいやすく
なった事もあり、虐待も暴力として取上げられると
言うようになり、躾(しつけ)と題し過剰な暴力を
行う行為も、現在でわ虐待行為として扱われる。

 逆に現代からこそ『家庭内暴力』が問題として、
取上げられるのであって、一昔以前でわ黙認などを
されているに等しい、出来事であった。

平成19年度の統計では・・・

 平成19年の1年間に全国の警察が受け付けたと
されるDVの相談や被害届が、前年比を15・1%
上回った2万992件にもなる。

 しかし統計を取り始めたのが平成14年以降で、
そもそも、そうした内容を公的にも事件扱いすると
言う国民意識が、徐々に広まった事もあり、近年に
なって、ようやく実数的に明確になってきたのかと
想われるのである。

 つまり、これ迄におけるDVでわ発生をしても、
その実態を把握できることが困難であり、むしろ、
相談の窓口などが設置されることにより、ようやく
形になってきたと言う状態であり、潜在的なDVも
含めると、公の統計実数に加算されている事件との
比較では、ほんの一部であるとも言われている。

 ちなみにDVの摘発件数は、1581件となって
過去最悪と言われる物の、それまでにおいてでは、
『家庭内暴力の責任範疇は、家庭内に留まる』との
警察的な見方が強く、取り扱われることも少ないと
言う状態であったが、それと反比例して尊属殺人と
言う意味合では、厳しく取り締まる傾向にあった。

 現在では、尊属殺人の意味合が見直されており、
それと同時期に、DVなどの問題も浮き彫りになり、
事件として詳細の把握が始まっている。

Stalker(すとーかー)事件も増えている?

 このStalker事件も、Stalker行為から重犯罪等の
刑事事件に進行する傾向が多く、事前に迷惑行為と
言う観点で、取り締まることで、最悪の事態を防ぐ
目的があるとされている。

 ちなみに日本国で言う「不法Stalker行為」とは、
『恋愛関係を伴うこと』が条件となっており、他の
Stalker行為には、適応をされない。

 しかし他のStalker行為が、民事などにて「迷惑
行為である」と認められる場合には、それ相応での
慰謝料などの請求を訴える原因にもなりそうです。

 そもそも英語の意味合と、日本語の意味合とでわ
大いに異なってるにも拘らず日本の法設置起案者が
語学力に乏しく、『恋愛関係における付き纏い行為
防止法』とすれば良い物を、『Stalker(実際には、
片仮名で表現される)行為等の規制等に関する法律』
と、妙な法題になっている。

 また、SexualHarassment(せくはら)とも重なる
とされる客観的な被害状況もあり、微妙でもある。

 ちなみに恋愛心がなければ、『迷惑行為』と言う
観点で、取締りが行われることが検討をできるし、
恋愛心を被害者が感じられない方が、むしろ脅威と
感じると言うのが現実である。

でも、どうして?

 事件として取り扱われるようになったのは、俗称・
桶川Stalker殺人事件が原因であるとされている。

 しかし実際には、警察側で配慮義務の欠陥があり、
特に改めて法規を制定する必要も無く、結婚現象の
減退を加速させた原因の一つであるとの見解もある。

 私の法的な意味合での観点でも、脅迫、強要など
通常の法規でも十分に適用される内容だが、現場の
警察官の認識として『家庭内暴力、恋愛関係』との
観点で、俗的に物事を判断してしまい、刑法により、
提起をされている法規内容を、警官が独断で軽視を
行ってしまう傾向にあったのが原因である。

 よって、現場警察官の思考に関する学習などを、
行って事件に対する再認識を行えば、事が済んだが、
それを怠り、法規設定を国家が行ったと個人的には、
判断をしている。

法規の基本

 私は、意外にも小学生の頃にわ道徳などが好きで、
更に学級会などで提案をすることも好きであった。

 その道徳と言う観点などを今に思えば、法規との
範疇は、基本的に、どの宗教原理の規範とも重なる
部分があり、むしろ、そうした道徳などの観点から
特段に他人や、自己に不利益をもたらす行為などが
規制をされている。

 逆に、あらゆる宗教に属しているなら公共福祉に
反さない程度の進行基準があれば、法規をまもると
言う感覚よりも厳しいとされる信仰における戒律を
守ると言う方が難しいとされるが、むしろ刑法等の
法規範疇を包括している観点からでも、信仰のある
者が犯罪行為を行うという事は、基本的にわ無い。

 しかし現実的には、その逆であって、犯罪行為を
行っても保護されるという観点では、神仏に感謝を
抱かずして、誰に感謝をするのか・・・っと言った
『屈折した犯罪心理と、宗教信仰心の関係』がある。

米国内の犯罪事情は、深刻である!

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/3/1(土) 午前 0:51

米国では、成人の100人に1人が刑務所や拘置所などに収監されている?

 しかも、それが現状であると言うのである!

・・・Σ(・ω・ノ)ノ っえ!

米国の国内事情

 『さぶぷらいむ破綻の問題』もあって、
『犯罪行為の有益性』が指摘をされてる。

 これわ日本国や、どこの国であっても、
貧困層における生活の保障が、正当性にて
保持できない場合には、犯罪行為などにて
生計を立て、かつ検挙をされたとしても、
拘置所、刑務所などの公的機関によって、
養ってくれるのである。

 逆にHomeless(ほーむれす)と言った、
存在が、どれほどに倫理性の観点からも、
理性が強い存在かが、理解できるのかとも
思われる。

 つまりHomelessを続けるより、犯罪者に
なって刑務所などで過ごした方が、良いと
言う環境にて生活ができるのである。

皮肉な日本国の事情

 日本国も実は、かなり深刻な問題なって
居る事が解っており、初犯となる軽犯では、
その殆どが執行猶予付きで、釈放される。

 ところが私の調べたところ(犯罪白書)、
再犯率が高く、受刑者の多くが再び犯罪を
発生させている状況にある。

 之に於ける問題を、どのように解消する
(私的にわ中和すると解する)かが焦点と
なっているが、その前に地方裁判所を提訴
する予定で、それと平行して犯罪発生率を
『低減させる政策に関するReport作成』に
着手をしたい。

ところで米国の国内事情

 米国は、多人種国家であること等でも、
世界的に有名であるが、その真意は、微妙。

 米国内における犯罪者の種分けに対して、
人種別の犯罪発生率も、記載されている。

 人種的な表記に付いては、どうなのか?

 むしろ、人種差別を煽ると言うことにも、
通じていないのか?が問われると思われる。

 白い猿の考える事は、未だに解らない。
又、『自由な生理日』と言う団体の存在も、
その昔からの志と比較すれば、その品位が
かなり低くなっているのかと思われる。

 あ、失礼! FreeMenstruationでなく、
FreeMasonでしたか?

 S&B系が、現行でわ政権を握っていると
されているので、うっかり間違えました♪

 ところでS&Bって、Sperma&BallSの
略でしたよね?違ったかな?

・・・(。-`ω-) ん~♪

ところで・・・

 私は、過去に『八王子市長と話そう!
『ふれいあいとーく」』との論議会場で
市長と『BrokenWindow理論』等に付いて、
話し合った事があります。

 犯罪現象の為には、何が必要なのかを
問うのですが、その例として私の起案に
市長が、BrokenWindow理論をあげ、私の
意見に賛同し、前向きに検討すると言う
意思表示がありました。

 ちなみに当時は、『規制と緩和』にて
『飴と鞭(むち)』方式で、少年犯罪や、
その他の犯罪を抑制する事などを検討し、
色々と起案していた時期でもあります。

 又、実践的に暴力団や、不当利得等の
企業などと直接的に、更生要件などを、
突きつけて、相手に実施させるなどとの
活動も行っていた。

 自衛と言う観点からも、割れ窓理論を
皆さんに、理解されたいと思っています。

銀行強盗をするなら、Atlanta(あとらんた)♪

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2007/12/29(土) 午前 1:07

ファイル 7326-1.gif

銀行強盗が成功する理由が理解できない!

 なぜゆえに、銀行強盗が多発をしているのかと
言うならば、成功することがありえるからであり、
其れに於ける防犯力が乏しい事にも、理由がある。

 しかも350件も発生しているとなと脅威です。

逆説が、あるのでわないか?

 逆に、銀行強盗を行えば、当分の間、刑務所で
御飯が食べれると言う問題もある。

 特に、死刑制度の無い州での事件であるならば、
尚更に考えられる事情である。

結論

 日本国における、銀行強盗に関する防犯力は、
Atlantaよりは、優れているのかと想われる。

 そこで、これを機会に、日本国の防犯力などを
米国に宣伝する活動を、日本国に提案をしてみる。

 吹けよ神風・・・来年度における私の課題です!

『振り込め詐欺』の被害者を救助する法案が可決?

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2007/12/14(金) 午後 1:52

今回の写真

(∇〃) .。o(この画像は、Internet上で拾って来た物です♪)

「ほれ、あたいが電話してあげるから、国会に『がつん!』と言ったんさい♪」

(∇〃) .。o(・・・国会にって、誰に言うんだよ♪)

『振り込め詐欺被害回復分配金支払い法』

 今回か可決された法案は、『振り込め詐欺被害回復分配金支払い法』
と言う名称の法案らしい。

どんな内容?

 今回の法案では、『振り込め詐欺』の被害にあった人々を救済すると
言う主旨の法案であって、犯罪で使用をされた口座が逮捕され没収した
後に残金が残っていれば、それを被害者に分配すると言う法律である。

 しかし、これに対応する場合には、国家側がかなり慎重になる必要が
あると思われることを国会議員達は、把握していないかと思われる。

 つまり分配金によっては、「こんな少量の金額が返金されたとしても、
それを受けて利に行く手数がかかってしまい、かえって迷惑である」と
言う状況が発生する可能性もあるのだ。

 その結果、現場末端の公務員が、その苦情を受け付ける事なり、民衆、
公務員共に、新たなる紛争を発生させてしまう場合も、予測されるのだ。

 こうした見解を国会議員が何故できないかと言うなら、彼らの多くが
公務員の末端現場の事情を把握していない事が原因となっている。逆に、
末端の公務員は、相手が国会議員、都道府県、市町村の議員であれば、
ひれふす為に、なおさら実感を感じ得ない立場に、国会議員がいる。

 このような現象によって生じる行政機関での窓口紛争は、これ迄にも
多く発生をしており、私の場合にわ裁判所においても発生をしている。

 こうした観点からも立案された法案の全ては、国民に公開されてつつ、
それにおける意見を、各議員代表が収集して国会にて論議されなければ
ならないのである。

結論

 私自身は、未だ、その法案内容の全てを確認してわいないのですが、
一般的にNEWSなどにて取上げられている話題内容を知る限りでは、
どうも末端の対応窓口にて、紛争が新たに発生しそうな予感がある。

 つまり二次的な被害と言うに等しいかもしれない。

 そもそも犯罪被害者と言う者は、既に被害を受けており、その怒りが
治まらない状態でありつつ、更に窓口で紛争が生じれば、火に油を注ぐ
可能性もある。

 こうした観点を、どの様に可決された法案にて保護されているのかを
知りたいところである。

再犯率とよく似ている現象は?

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2007/11/7(水) 午前 2:50

ファイル 7324-1.jpeg

今回の写真

(∇〃) .。o(この画像は、Internet上で拾って来た物です♪)

隊員A 「彼女のHysteria(ひすてりぃ~)には、これが利く!」
隊員B 「それって『ばいぶ』?」

(∇〃) .。o(SexLessかよ♪)
交通違反行為である(?)

 この度、法務省による犯罪白書2007年発行版が
公開され、その内容にわ再犯率における事件総数との
関係などが特集されているそうです。

 各種の白書などは、最寄の図書館で殆どの種類が、
閲覧できる。

私の独学における犯罪学では?

 前出の課題である『交通違反行為』の再犯率とも、
類推していると判断をしている。

 これは、個人の性格などにも大きく左右されている
とも個人的にわ判断をしており、交通違反などでも、
同様のことが言えると判断をしている。

刑務所を増やすのでなく、犯罪者の発生を減らせ!

 国家に求められているのは、犯罪者の増加により、
刑務所を増やすということでわなく、犯罪者たちを
減らすことに主たる目的が注がれる。

 現状でわ刑務所が各地とも満員で、中度の刑罰に
おいては、殆どが執行猶予で回避されているらしい。

 ちなみに執行猶予中に再販を行う者も増えている。

犯罪に対する抑制力

 現行の国家に求められているのは、犯罪に対する
抑制力であって、犯罪者を捕獲すること以前にて、
それを防犯、防御、犯罪者の発生が無い環境などを
造る事に全力が注がれる。

 尋問をしなくても『生まれる前から犯罪者になる
と解っていたら、産まれる事を望んだか?』などと
聞かれれば、素の返事でわ殆どが、「産まれる事を
望まない」と答えるかと想われる。

 犯罪思考の原種は、『小学生の中学年辺り』から
温床されて行く傾向になり、そこで養われた人格が
後の人生を大きく変える傾向にある。

 又、近年では、『挫折型の犯罪』も多く発生し、
『赤ちゃんが、物を作り、物を壊す心理』などや、
Hindu教の「Śiva神」の存在からも学べる。

 銀行強盗や誘拐、計画的殺人等を含む計画犯罪は、
予めに計画をする能力等が求められており、それらを
遂行する意識の元に罰せられる。

 つまり、結果的犯罪と、計画遂行としての犯罪で、
前記を過失など、誤記を確信犯と分けられている。

 ちなみに悪徳であっても就業をしていることには、
変わりないのでわないか?と言うのが日本国憲法上、
私の中で問われている。

 つまり犯罪者が逮捕され、裁判で有罪とならない
限りわ有益就労者であり犯罪者として確定するのは、
裁判以外でわなく、例え目の前で営利的委託殺人が
発生をしても、その殺人犯としての容疑者を逮捕し、
裁判にて刑罰を確定できない限りでわ何人も、その
人を殺人犯であるとわ問い詰める事ができず、逆に
殺人犯として排他する事ができない。

 逆に、もしも目の前に居る人が殺人犯の容疑者で
あっても、その事実を知らない限りでは、普通だと
一般の人と同様に、接するかと想われる。

 これは、Terrorismの存在にも大きく問われており、
米国での世界貿易CenterBuilding破壊においては、
同国の大学に所属しており、更に同国にて旅客機の
操縦方法などを習得し、遂行しているのである。

 つまり米国は、結論的に自国へのTerrorism活動を
推進する為に、Terrorist達にTerrorismへの技能を
養う現場を与えていたのだ。

 これは、かなりの屈辱といえる。

 日本国の国家としても、日本の日常における文化が
国内暴力団(日本国内Terrorism)を養う為の環境でわ
無いと言うことを前提に、犯罪への抑制力と、犯罪が
発生をしない物理的な環境を提供しなければならない。

現状でわ?

 日本国内での交通事情における最高速度は、100km。
しかし自動車においては、その性能から一般的に120~
140kmまで出る機能が標準である。場合によっては、
140kmからの速度制御装置を解除している場合もある。

 これと犯罪も、殆ど変わらない。

 駐車違反、速度超過、万引き、売春等を比較しても、
犯罪的な行為としては、然程に変わらない。

 基本は、『行為者の利己的な利益』である。

犯罪行為を中和、および不利益化するた為は?

 それなりの研究が必要なのですが、大学の研究機関
などによる、犯罪心理や、犯罪心理に対する抑制力に
関しての研究や、それにおける実施的な効果などが、
現実にわ効果が無い状態にある。

 又、司法と言う分野でわ抑制よりも、医学同様に、
『患者を捌いて利益を得る』と類似し『犯罪や紛争を
裁いて利益を得る』と言うのが現状となっている。

 司法で、法廷行為前に抑制をする為の研究している
と言う研究機関を、国家機関を含めて私は、知らない。

 国家が万民の国民に対して、平和を望んでいるなら、
刑務所を増やすよりも、犯罪者の発生を減らすことに
投資するかと、一人の国民として判断をしている。

 よって、それにおける着手は、司法改革を含めて、
既に着手をしている。

 (∇〃) .。o(現段階では、Step3って感じかな?♪)

 厚生労働省の労働面と、生活保護の面での平行着手。
更に司法改革の三つ巴戦略で、一つ解決すると、次に
犯罪抑制(中和)で、次に軍事か?医療か?国交か?

(。-`ω-) ん~♪

ETCの利用率よりも破壊率の方が・・・

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2007/10/20(土) 午後 6:03

ファイル 7323-1.jpeg

今回の写真

(∇〃) .。o(この画像は、Internet上で拾って来た物です♪)

「高速料金を払ってくださぁ~い♪」

『ぎゃぁ~!!!』

(∇〃) .。o(冷静に虫歯の数を数えられるようになったら、大人だなぁ~♪)

ETC?

 そもそもETCは、高速道路などにおける
料金の支払いを簡略化させる為の設備だが、
それ相応の機能を果たせない代物としては、
初期の段階から慢性的に話題となっている。

私の知る限りでは、

 記事では、破損などの強行突破を含めて
話題になっているのですが、強固突破より、
誤作動における、制御扉の開閉が不良で、
事故的な損傷となる場合も、かなり多いと
いう事です。

 更に悪いことにETC機能専用の入口は、
確かに空いているが、その設備のない入口
などで、ETC用に削減された入口状況で
更に渋滞を悪化させている状況にあるとも
言われています。

 そともそも、そのETCの車載用設備を
そろえると有料でもかなりの値段となり、
商品購入と別枠で、機体の設置料金までも
必要とされる。

 そうした観点から一般に導入をしている
と言う人が、比較的に少ない状況あって、
更に入口出口でわETC用にと、通常での
出入り口を減少させているので、料金口の
混雑が更に悪化しているとのこと。

 ETCの良い点が、今一に見出せないと
言う状況にあるようです。(。-`ω-) ん~♪

「くさい飯」が大人気?

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2007/10/6(土) 午後 9:10

ファイル 7322-1.jpeg

今回の写真

(∇〃) .。o(この画像は、Internet上で拾って来た物です♪)

「これが、紫外線だったら、日焼けをするのかしら?」

猫にしては、ずいぶんと贅沢な悩みである・・・w

赤れんが祭り?
 東京都霞ヶ関にある法務省で、赤れんが秋祭りなるものが、
開催されたらしいのである。

<参考 YahooNEWS>

 その一番の人気が「俗称:くさい飯」とされる
刑務所の食事であって、整理券が配られるほどの
人気だそうです。

で、評価は?
 御腹が空いたし、興味もあったしでぇ~三得だ♪
と言ったかどうかは、解りませんが、250食が
全て配膳されたそうです。

 この外にも、色々な警察官が使う道具等を公開し、
集まった国民を楽しませていたらしい。

 ・・・。

(∇〃) .。o(誰しもが思う、楽しんで良かったのか?と♪)

私個人としては・・・
 防犯や、紛争の事前回避をする為に、どうすれば、
良いのかを楽しく学べる場が、祭りとして相応しい
と思っている。

 少なからず、そうしたことに関心が有るのだから、
集まってきた人を、良い意味で楽しく教育をして、
有益なる祭りであって欲しい。

 って実際には、そう行われているかと想われます。

Σ(〃▽〃) あはぁ♪

民事裁判と犯罪の抑制力

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2007/9/26(水) 午前 1:17

ファイル 7321-1.gif

民事紛争の活性化で刑事犯が抑制できるか?

 私の考えでは、家庭内の問題を含めて家庭、民事紛争の
裁判行為を活性化させること(傍聴を含む)で犯罪行為を
4割ほど減少させる事が可能であるの見方をしています。

 その根拠は、刑事事件に纏わる犯罪の殆どが民事的なる
心情の紛争意識を持っており、それに纏わる点での解消の
場を民事裁判にて解決できれば、又その方法の選択しての
確立や文化的な風習があれば、人間関係ととしての溝等を
埋めれる手段として選択をすることが安易になる・・・。

 しかし逆説で人間関係が悪化するという見方もあって、
些細なことを家庭紛争、民事紛争にて解決しようとして、
こじれてしまい、後に刑事事件に発展すると言う事なども
ありえるのかもしれません。
裁判所側としての原告、被告への配慮
 紛争状態にある原告、被告が法廷手続きを進めてゆくと
言う状態にあって、原告、被告とも法定代理人を立てずに
当人が出廷した場合、国内殆どの裁判所では、廊下にある
長いすに両者が座り待つか、法廷内の傍聴席で待機をする
と言う状態になるのかと思われます。

 そうした環境にあって当事者同士が、その場口論となり
暴力的な紛争に至ってしまったとあっては、本末転倒だ!

 しかし現状では、弁護士を立てて行われる法廷が一般化
されており、経済的に余裕のある人が裁判にも有利である
と言う国内事情に対して、当人訴訟として参加をしている
私としては、裁判所としての真意の姿が屈折している用に
感じている。

 そうした観点で裁判所の存在を日本の国民として快くわ
思っていない状況は、好ましくないとも判断をしています。
国民にとって裁判所の施設的な価値とは?
 国内で公共機関が唯一認めている紛争の場として法廷が
あるのですが、日本の国民の多くが、その存在を敬遠して、
そうした行為を行う人間性は、一般人として良くないとの
判断をしている。

 それは、明らかに国家形成の骨格にもなっている憲法や
法規などに対しての理解力に欠けていると言え、国家にて
抑制をされていると一方的に思い込んでる理解力の無さが
文化的な先進国の国民性として、問われる事にもなります。

 憲法や法によって守られている日常の生活なのですが、
人間関係においては、それ以外に自由を求める修正がある。

・・・自由とは?
 私の知る限り、他人との人間関係における規律を守ると
言う為にあるのが憲法配下の法規であるとも思ってました。

 しかし後になって自己を守る為の法規があることも知る。

 特にそれを感じたのは、道路交通法です。

 深夜に誰にも迷惑のかけないような環境にある公道にて
制限速度一杯に・・・でわなく、二輪車、自動車の性能的
速度の限界に至るような速度や、走行性能的な限界値での
走行を行っても、それが交通違反になるのか?が、自分の
なかで問われていた少年期がありました。

 鳥が空を羽ばたくように、そして獲物を狩るようにと、
地上を舞う行為に自由感を感じていた時期がありましたが
後に「安全運転」そして、単独事故による人体的な損傷を
年と共に考えるようになり『自由の存在と自衛の存在』を
把握するようになりました。

 これは、一般の人にわ理解しにくい物の解釈なのですが
二輪車などでの道路交通法における違反範囲での走行には、
運転者当人が背負うRiskの大きく、危険度が高ければ高い
ほどに、むしろ自由でなくなるのです・・・。

 そこに自衛の法則が成り立ち、自衛をする事で錯覚的に
自由を得たような感覚を得ることとなる。

 何事にもとらわれないような二輪の走行は、法規定にわ
とらわれていないのですが、自然の法則から逃れられない。
物理的な遠心力の範囲を超えれば、曲がり角を曲がる事が
できずに転倒をすることとなり、更にわ人体的な損傷にも
いたる事となる。

 ・・・しかし極めるところ、気象や路面、直感的予測で
危険を回避し、客観的に第三者が見れば自由に舞っている
ように見える行為が実は、自然の法則にわ逆らえない事で
もがいているのだと誰一人として当人を含めて気付かない。

 そして私の知ったのが、少年期に私の求めていた自由が
とっても小さな自由であったことでした。

 只単に、欲望が満たされれば、習得されるべく技能等が
身に付けば人体的な能力として満足だったに過ぎないのだ。
自由と犯罪
 自由と犯罪には、抑圧からの反発と言うものがあって、
その力によって文化的な向上が発生するとも言われている。

 その一例としては、Fashion(ふぁっしょん)などがある。

 人は、個性を持ちたがりつつ、平等でありたいとも思う。
自らが良くする個性は、他人と排他的な能力や環境であり、
恋愛や労働能力としても、そうした欲望により習得された
能力が魅力となることもある。

 そうした不平等な習得された個人の能力によって競われ
文化的な向上が図られるのですが、人間と言う観点では、
人として保護されるべく最低限度の規則が存在をする・・・。

 日本国憲法では、生存権が定められており、その主張に
よって個人の生存が国家により保障をされるのである。

 結果的には、競争に負けても生存権が主張される限りは、
それを権利侵害する行為は、国家でも法的な強制力が無い
限りでは、できない。

 現行の憲法や法律で、定められている規範により保護を
される範疇は、人間個々の理性に委ねられているのですが、
人が行う行為を規制されるのは、個人的に威圧感を感じる
と判断する国民も多く、それわ世界中の誰しもが感じてる
ことでもある。

 規範で定められた事以外が公的な福祉に反しない限りは、
自由であることへの理解すらもできない状況にある。

 そうした意識で個人の自由活動で他人が被害、侵害等を
受けると言った状況によって発生をするのが紛争であり、
犯罪行為などに値する。
結論
 刑事事件での範疇は、他人への侵害、略取、損害などが
中心となっており、それらの犯行における原因の根底には、
民事的な要素による阻害項目が存在をしており、それらに
反発するように犯罪が発生をしている。

 逆に民法の内容を日本の国民が理解をしていないが故に
多くの紛争が発生をしていると言うの状況が現実であって、
そうした状況を改善できるような環境を提供をするのが、
国家の立場でもある。

 現在の「社会倫理や道徳」等に纏わる学習になる公民の
内容が、どの程度に値し、どの時期に学習をするのかが、
問われてもいます。逆に、どの様な時期であっても成人と
なる時期までには、国民の万人が平等に完全理解をするが
求められている。

 そうした環境を、論理的、物理的に改善する意見などを
持っている世代が誰であって、どのように働き掛ければ、
有意義な提案となるのかの手段を把握することも必要です。

 恋人同士で、御互いが真剣に喧嘩をしてしまう事がある。
その場を分かれれば、御互いが『なぜゆえに愛しい人との
真剣に争わなければならないのかと、悩み悲しむ・・・」と
言う事は、良くある話です。

 自らの能力を極めようと自問自答し、自然との調和等を
求め日々に訓練や、練習を行う者にとって心身的に自己と
葛藤することにもなる。

 仮定で法廷にて、原告当人、被告当人、そして裁判官も
当人であるという心境に至るような状況が自己判断と言う
環境にあるのかとも想う。

 過度な自由の追求が他人を侵害し、自己までの生命をも
侵害してしまうことがある。それらを抑制する為にも、
民事裁判などによって、相手の存在を確認しつつ、自己の
存在の確認をする場が求められると、考えている。

Norway(のるうぇ~)の刑務所♪

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2007/9/17(月) 午前 11:28

Eco刑務所♪

 Norwayの森には、誰しもが関心を高めるのですが、
刑務所となるとどうでしょうか?

 CNN.co.jpによりますと、Norwayにある刑務所で、
世界初のEcoに拘った刑務所があるそうです。

 もちろん受刑者の構成要件としてもEcoが取り入れ
られておりまして、有機農業を初めとし、あらゆる
部分で起用されている。
Norwayは・・・
 もともと、人が住みやすい国であると言う観点で、
上位に入っていた国でも有るのですが、犯罪者達の
更正要件に対しEcoを用いて、心底から人格更正を
行うらしい。

 先進国としては、良い事を「じゃんじゃん」と、
真似をしたり、見習って自国の文化的向上になどに
役立てる事が求められるのですがぁ、何がそれらの
妨げになっているのか・・・(。-`ω-) ん~♪

 Norwayって好い所なのかなぁ~♪

 Sweden(すうぇーでん)、Swiss(すいす)等も
あるんだけど、Tahiti(たひち)とかも良いよねぇ、
あ、2012年12月23日の災害を考慮すると、
海辺は、良くないかもなぁ~、標高が高い所だとぉ、
Tibet(ちべっと)があるか・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

民事訴訟の活性化で、刑事事件が防げるか?

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2007/9/19(水) 午後 1:03

ファイル 7320-1.gif

微妙!

 民事的な紛争から刑事事件に至ると言う
ことは、その事件の殆どからして明確だ。

 つまり、民事訴訟にて解決すべきことを
考慮していれば、犯罪にわ至らなかったで
あろう刑事事件が7割以上あると個人的に
考えています。
何故に刑事事件の7割以上を防げる?
 犯罪者の多くは、民事事件で物事を解決
しようなどと考える知識が有りません。

 又、多くの人が「裁判沙汰」と言う様に
裁判行為を、むしろ敬遠、社会的構成から
除外しているのが、日本国民の一般的考え。

例えば恋愛>
 恋愛における紛争を、裁判所によって、
調停や審判にて、解決ができたならば?

 未確認犯罪(夫婦間での暴力等が発生を
しても、届けや、発見、通報が無く、又、
事件当事者が犯罪行為を通報しないことで
成立する事件として取り扱われない犯罪)は、
犯罪行為があっても、摘発されにくい。

 親子間では、虐待(ぎゃくたい)と、
躾(しつけ)との問題がある。

基本的に犯罪行為は・・・
 一つの目的を果たす手段である。

 感情の浄化、金品などの利益物略取や、
他人への特定行為を要求するなどがある。
感情の浄化?
 俗に言う「気晴らし、うさ晴らし」や、
不機嫌な心情を解消する為に暴力や犯罪を
行う分類である。

 裁判等の法的解釈では、『一般的に、
耐えうるべき心情』と言う部分がある。

 例えば、満員電車の混雑、交通渋滞や
色々な大衆現象がある。それらは、他の
一般人も耐えている状況であるのだから、
『当然に、耐えろ!』と言う解釈なのだ。

 しかし人間は、個性を含む性格があり、
憲法で平等に扱われている法的解釈等が
あっても、それが国民万人に都合が良く
適用されているとも言えず、憲法、法の
限界と言う分野がある。

 行為としては、暴力、器物破損などが
該当する。又、強姦、殺人も含まれる。
金品などの利益物略取?
 窃盗、不法薬物などの販売、強盗等が、
之に値する。

 つまり、物欲的な部分で発生する犯罪。
特定行為を要求
 自分以外の人に特定の行為をさせると
言う為に、示唆、強要、脅迫等が値する。

 つまり相手に特定の行為を行わせたい
要求に対して、当事者が働きかけるとの
状況である。
但し・・・
 上記の三種が複合的になる事もあるが、
基本的に一つでも含まれる事で成り立つ。
刑事事件の発生を事前に防ぐ為には?
 国民が、民事的な解釈を可能にすると
言う状況、能力が必要になってくる。

1.感情の浄化
2.金品などの利益物略取
3.他人への特定行為を要求する

 刑事事件に発展する様な行動でわなく
合法的な代価的な浄化方法を選択すると
言う様な環境を整え、それを利用すると
言う考えや能力が求められる。
おまけ:闘争心とSports
 闘争心には、あらゆる分野があるが、
大枠でわ論理、物理に分けられる。

 論理的な闘争では、発送、想像、思考、
活字的な表現を含む、思想などが値し、
物理においては、肉体、創造などの産物、
記録的な結果などがある。

 その中でも、Sportsと言う分野では、
格闘や身体的な運動を主に論理的戦略を
必要とする分野でもある。

 しかし、その原点は、なんであろうか?
走る、飛ぶ、跳躍(ちょうやく)、水泳。

 それらの運動の必要性は、もともとは、
何だったのか?

 走る能力は、人として人間としてでの
能力として何をする為に習得した能力で
その発展としての競技があるのか?

 ・・・その当事者が、必要としている
能力を得る為の訓練や、練習でわあるが、
端から見て、そして自分を振り返るとの
意味合で見ると・・・。

 必要でないが性格的に求めてしまうと
いうような感情に伴う行動を運動的欲求
と、今の所では、個人的にわ解釈をして
いるのですが、代価浄化とも言えるかも
しれません。

 私は、刑法に関して『一ツ橋出版』が
発行している書物や一般的に図書館や、
本屋さんなどからの知識を元に、上記の
内容文面を作成している。

 通信制の法学部に所属をしていた事も
あるが、それにおける教科書からによる
参考にわなっておらず、私個人の原作で
ある。

「陪審員」&「評議」

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2007/9/11(火) 午前 0:22

ファイル 7318-1.jpeg

ファイル 7318-2.jpeg

裁判所で貸し出しをしています!

 陪審員制度の導入に伴って、それを想定した
説明を兼ねた映画が、幾つか作成されています。

 これらの作品を見ることで、陪審員制度等を
ある程度で理解できるのかと思われます。

 貸し出しは、各裁判所や、図書館などでも、
行われているそうです。

 私の場合には、裁判所にて借りてきました!
あなたが陪審員になるのかも!
 陪審員への選出には、ある日、突然に郵送で
やってくるそうです。

 皮肉にも宝くじ等に当たる問う旋律よりは、
かなり高いような感じもするのですが・・・w

 しかし、そうした機会に参加をし、犯罪者と
法律、そして法律厳守の社会的価値と、それを
防げない理由と、防ぐに必要な閑居等に付いて
一生の内に、一度ぐらいわ考えて欲しい分野。

 御興味のある人は、最寄の裁判所か図書館へ
れっつら、どん♪

陪審員制度の欠点

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2007/9/10(月) 午後 11:02

ファイル 7317-1.gif

陪審員制度に付いて色々と調べてみました

 その中で、以下の点に付いて深刻な問題があると
私的には、考えています。

問題点 1  陪審員の身体保障が無い!

 陪審員制度では、裁判官と横並びで法廷に席を
取ると言う形式を、第一Model(もでる)にしてる。

 しかし裁判官は、その特殊な職からある程度の
保護が国からされるが、陪臣に関しては、それらの
保護が無い状態で、原告、被告、傍聴者の前にと、
その身体をさらすことになる。

 この場合、傍聴者に組織犯罪などに関与をした、
もしくは、その組織に関連する人員が紛れており、
陪審員の素行調査を始めるとしたら、どうだろう?

 おそらく安易に、陪審員の個人情報を得る事が
可能になるのかとも、思われます。

 特に、それが可能なのが、組織を形成している
団体者であって、国家を含むものとします。

 次の問題点です。

問題点 2  被告、被疑者の人相で判定される!

 既に課題として取り上げていたのですが、その
点に関する部分の注意などが、DVDやVideoで
指摘されてなかったので、その点を強調する為に
あえて、この問題点を取り上げます。

 これは、既に陪審員制度が取り入れられている
米国でも発生している現象であって、「人相で、
有罪、無罪の7割を判定する」と言う傾向にある。

 これは、人間心理に関するTrick(とりっく)と
言う分野にもなるのですが、Mafia(まふぃあ)の
幹部などは、陪審員制度に挑む為に予めに整形を
するほどだとも言われています。

 逆に、一般の人も「あいつは、馬鹿そうな顔を
している・・・」等と、見た目での先入観がある
と言うのが、一般的である。

 又、刑に於ける刑罰量についても、同様であり、
それらも、顔などから判断をするのが7割である。

確かに、私も面食いですが・・・爆
 顔は、女の命と申しますが・・・。

・・・( ̄ω ̄ ん? 申さない?

・・・申しておけよ、この際だから!

・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

 とかく異性を選ぶ時にも、外見が第一で、次に
性格と言うのが一般的であって、常に近くに居る
と言う人材に関しては、長年の交友関係からで、
『顔に関する評価が免除』されると言うのも常。

・・・エェ~ (-ωー;) ブ ツ ブ ツ、、、

 しかし陪審員制度に関しては、外見や顔付きを
評価するのでなく(それは、製造元へと問うべき
内容であって)、犯罪行為に関しての評価が求め
られている。

 でも、解っちゃいるけど、憎めない人って居る
らしい・・・私みたいに・・・w (-ω☆)キラ~ン♪

 しかし牛の刻になぜか、胸が苦しくなる・・・爆

政治活動と、犯罪行為

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2007/9/9(日) 午後 8:06

政治活動と犯罪行為

 極端に言うと、右翼、左翼などと俗に言われている
問題なのですが、思想に関係なく特定の条件が揃うと
犯行に至る可能性が高くなると、個人的に判断をして
おります。

 私の調査では、基本的に特定の思想(政治に限らず、
宗教を含めて)を持って、生活を維持できなくなると、
その思想を元に、犯罪行為を行う特徴があります。

 又、別件での調査では、思想や主張、宗教的信者が
増えることで、そうした配下や支援者からの支援にて、
生計を成り立てることで、経済的に困難な状況からの
犯罪行為へと転化することが、少なくなる。
ところが・・・
 そうした支援者、信者が居ても思想に関する保持の
ために、身を投じて犯罪行為すれすれの活動を行うと
言う特徴もあるようです。

 むしろ、そうした活動によって存在感を広く伝えて
居ることにも繋がるようです。
さて私は・・・
 私としては、右、左、挙句の果てに国までもが・・・、
と言う時期もあったのですが、基本的に現行憲法での
配下における法基準が国民として主体となると考えて
いるし、現状の天皇制を理解したいので王道主義かと
言う感じにあるのですが・・・w

 ・・・あ、はむらび法典も戦略的に参考にしている
こともありまして、きっちりと・・・(-ω☆)キラ~ン♪

結論
 私も色々と実体験を踏まえて、自分の心理などをも
考慮して、色々と調査をしたのですが・・・。

(∇〃) .。o(そうとも知らずに、各々・・・w♪)

 保守思考と、破壊思考の境目が、何処にあるのかを
調査してみました。

 結果的には、「自らの維持」と言う事がありまして、
『愛国の為なら、犯罪をも犯す』と言う思考と別枠で
『自らを維持できないのであるなら、思想、宗教にと
かこつけて犯行を行う』のが犯罪者の特徴です。

 これは、殆どの犯罪に当てはまる公式でありまして、
「積み木崩し現象」と定義できます。

 もう一つの種類に「欲求を満たす為の犯行」があり、
もともと「○○をしたい」と言いう欲求を満たす為に
犯行を行った後に犯人の言い訳として『○○に影響を
されて・・・』と後から紐付けるように証言をすると
言うのも特徴です。

 この「欲求を満たす為の犯行」では、擬似的行為で
それを簡易的に解消することも可能となっています。

 さて、それらのことを踏まえて今回の課題結論は、

 「犯罪行為への欲求にともなう不法行為」とわ別に、
生活状況が経済的にも逼迫した状態にあては、愛国、
信者による信仰無罪と同様の不法行為を行う事がある。

 よって平和の原点を考慮すると、『特定者に現行の
憲法と配下法規に反する活動を行った者は、いかなる
信仰や愛国を主張しても、法規によって罰せられる。

 日本国民は、憲法第二十五条に準じて保護されると
言う状況では、その国民が保護される。

 逆に経済的に苦境に無くても、Terrorismを主体に
愛国主義(左右を拘らない)を唱える輩については、
「暴力的活動への欲求を満たす」ことが主体なので、
別途に対策を考慮する必要がある。

罪を犯す恐れのある少年、警察に任意調査権?

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2007/9/7(金) 午前 10:03

子供は、ともかく大人は?

 『将来、罪を犯す可能性のある大人の数』は、『将来、
罪を犯す可能性のある大人の数』子供の数よりも、多い
感じがしないでもないのですが・・・(。-`ω-) ん~♪

受刑者による社会復帰の為のSoft開発支援

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2007/5/2(水) 午前 3:04

ファイル 7314-1.gif

 すっごい! Σ(・ω・ノ)ノ っえ!

 本来刑務所の効果的役割は、受刑者が
社会復帰できるような知識や技術などの
能力を得つつ、刑罰としての拘束された
生活を強いられる。

 その社会復帰を、ぬわんとSoft開発の
分野まで引き上げようと言うのだから、
これまた凄い!

 世界でも異例な事だそうでして、今回
日本にて行われる。

 犯罪被害者や、犯罪の被害を間接的に
受けた人にとって受刑者の社会復帰後に
おける人物的開花は、嫉妬の対象となる
場合もあるが、そうしたRiskと言うのは、
受刑者が生涯に課せられる日本の国民と
しての責任となる。

 しかし、だからといって受刑者側にも
人権が在り彼らの正当なる社会生活への
復帰は、日本国民として受入れなければ
ならない。

 その半面で、犯罪を繰り返して受刑を
繰り返している現象においても、受刑の
効果が無かったと判断されるべきである。

 しかし、国営としての刑務にも限界が
あって、それらを抑制する機能などにも、
万人に対して有効とわ言えない。

 そうした観点から考えると、前科三犯
以上では、日本国内での生活が当人には、
合わないと言う事を前提に、国外退去と
言う刑罰を加える事を提案する。

 日本人として産まれても、その環境が
生まれて来た子供に必ずしも適している
と言えない場合もある。

 更に世界は、広く日本だけが人が住める
環境でもないし、生活条件形式としても、
世界中に色々な形式があって、自分にと
合った地域で、安住を営むのが好ましい。

 皆さんだったら、どう想うでしょうか?

不法行為としのて自覚

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2007/4/28(土) 午後 10:38

ファイル 7313-1.gif

犯罪の自覚なし

 自己における行動制御が行えないと言う場合、
その責任過失が別枠で問われ、それが俗に言う
精神鑑定などである。

 ちなみに無条件で「過失無し」と判定される
と言うのが、少年保護法などに値するのかな?

 その点では、近年での義務教育による児童の
知的犯行や行動責任、判断が十分に認められる
との判断から、その保護範囲の年齢が下げられ、
社会的にも疑問視がされている。
不法行為を認識させる
 児童などにおける立場では、犯行においての
「認識力が無い」と言う事が前提となっており、
成人に至っては、「業務上の過失」としてでの
分野が設けられている。

 児童の過失に付いては、犯罪に関しての知識、
制御性の能力に欠けていると言うのが、児童の
保護領域に値している。

 成人における業務過失では、あらゆる分野での
業務に接する事となった成人が、結果として犯罪
行為を行ったが、当人の自覚としてわ犯行意思が
無いことが認めらた場合に限られている。
未成年の過失
 未成年の過失には、「結果的には、犯罪行為となって
しまった」と判断される行為が該当されますが、近年の
未成年者における犯行では、「犯罪意識が十分にある」
と言う犯罪意識を持って行動をしている点が問題視を
されています。

 成人、未成年を問わずして犯罪行為の動機などには、
人が行う活動への責任が課せられる点にもなっており、
もっとも重要視される。
計画と準備、そして空想
 ちなみに「空想」などでは、その罪が問われない事が
ありますが、犯行準備や計画を表記していると言ったり、
それらを第三者が証明できたり、第三者に告げていたり
するならば、その内容によって刑罰の対象ともなります。
結論としては・・・
 現行上での少年保護法の難点や、犯罪行為としてでの
児童における行動責任などについての論争では、かなり
保護的な意味合いでの政策が取られています。

 しかし現在における小学校の中学年程度であるならば、
犯罪に意識と行動に関する責任などは、おおかた理解を
できる年頃である。

 その微妙な時期に対し、義務教育において「犯罪と、
行動」などとしての学科を義務付ける事で、「犯罪的な
行為と責任」についてを十分に理解させる事が求められ、
それにおける責任を問うというのが、防犯的効力と犯罪
行為としての認識と言う観点での問題を解決できるとの
判断をしています。

 逆に「社会的な常識」とされている一般人の常識は、
私の人生経験からも「その殆どが常に非常識である」と
判断をしており、法的な根拠にも乏しい日本国民達が、
口にする「一般常識」には、個人的な正義感においての
観点でしか語られず、更に「御都合的な発言」としての
対処が殆どである。

 成人や大人としての立場から、未成年者に対してでの
「常識的に考えれば解るだろ」との発言は、未成年者が
犯行などの不当行為を行ってしまったと言う結果の後に、
発言する行為は、例えると「どこぞの政治、経済学者が
出た結果に対して回想を発言するに等しく、結果として
でている数値や物事に対して問われるのは、反省や改善
であると言う点を、学者が筆頭になって怠っているとの
悪循環の如く、未成年者の犯罪行為に対しても動揺にて
対処されている。

 日本国民の成人であれば、未成年者の保護範囲として
どの程度を保護範囲として考えるかを問うのであれば、
暴力行為での争いごとがSportsへの転化まで行えるとの
能力や環境が求められ、更に知的な犯罪行為などでは、
GAMEなどへと転化して、その衝動的な意識を正統的にて
中和させる事が求められる。

 私達人間には、今日までの人類的規模で種の保存的な
本能などに伴い自衛や保護をされてきた。そうした基本
本能が生命としての根本的な基本となると言うのならば、
そこから、どの様に学習や知識を得て進化して行くかが
重要点であって、義務教育における観点だと、それらを
知的、体験的認識に至るまでを学習する範囲となる。
日本国民としての責任
 子供達の成長を喜び、他人の子供達の成長までもを、
祝福すると言う観点では、最低限必要な条件と環境等が
必要となるが、それに対する国民としての日本政府への
要望なども明確にする必要もある。

 そうした「おざなりになっている社会問題」などにて
発生している日本国内での事件、事故などの観点として、
日本国の万民にも、国営への意見、改善案の提出などを
含めて怠慢であると言う責任が課せられている。

 一人二人の意見に対して、同調して行動するならば、
確かに大衆的な意向も在り、似非民主の活動の如くにて
その動向が多数決により判定され、小宗派を弱者として
扱いつつも、その存在を「おざなりにする行為」などは、
軽蔑であり、日本国憲法課での平等の意思に反している。

 むしろ小宗派の保護を重視するのが国会や政策であり、
平等の観点から例え少数派であっても共存的なる環境を
分け与えると言うのが憲法の観点であり、それら配下に
法規制によって抑制される分野もあと判断をしています。

犯罪に使われる道具

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2006/9/22(金) 午後 0:40

 一般的に多く、”こんなのありなの!?”って
感じるのが、「電話機」でわないでしょうか?

 無言電話や悪戯電話、わん切り、など意外に、
あらゆる犯罪を助長するのに使用がされている。

 それ以外だと自動車、金銭などがありのかな?

 こうした道具を犯罪目的で使用を出来なくする
方法があれば、犯罪が減少するかとも思いますが、
いかがなものでしょうか?

 とわ言うものの、どうすれば犯罪者に、それら
道具を犯罪行為への助長する道具として使用等を
抑制できるのでしょうか?

 そこが、皆さんの知恵の出しどころですね♪

どのような状況で犯罪が発生をするか?

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2006/9/14(木) 午後 3:24

ファイル 7311-1.gif

 犯罪が発生する環境とは、犯罪行為を使用とするものと
その被害者、被害物等との状況などによって、定まります。

 つまり犯罪行為をしたいとしても、犯行が可能な条件が
満たされない限り、犯行を遂行できない。

 ”丙”という犯罪意識を持った人間が、”乙”が所有を
している”甲”と言うものを盗もうとしている。

 この場合において犯罪が実行できる条件は、なにか?
少なくても、”甲”が”丙”にとって盗める状態にあると
言う必要がある。

 逆に、それを不可能にするには?

 ”甲”を”丙”にとって無い物と同然とする方法がある。
盗難等の場合には、予め主犯者が計画的、もしくわ動機を
十分に持って行動に及ぶことから”甲”の存在を不明確に
することによって、盗難を行えないようにする事が可能に
なります。

 つまり”丙”にとっては、”甲”の存在を知りつつも、
その所在が解らないので、盗難に及べないのです。

 これわ防犯の一例ですが、これによって犯罪を防げると
言うだけでなく、犯罪行為を行わせないという効果なども
あるとこに着目して欲しい。

 犯罪行為は、その行動における一連の条件を満たす事で
犯罪が成立するのです。

 ちなみに突発的なものもありますが、それわ次回に♪

窃盗癖(せっとうへき) - 高齢者の事例

『万引き』を、止められない。

 「被生活保護者で、高齢に、成っても、『万引き』を、止められない」との事。

記事
「だから俺はダメなんだ」万引やめられない高齢者 貧困だけでない孤独な現実
 ・沖縄タイムス
  ・令和元(皇紀 2679;2019)年11月26日 11時28分

補足

 射幸心と、同じく、「狩猟心が、強い事」が、原因と、想われるが、それにおける『達成感』(快感)時に、「脳内で、『心理の作用に、関係する、物質の発生』も、問題する必要が、有る」と、想われる。

 つまり、「『脳構造の体質的な問題』も、検査する必要が、有る」と、想え、その他に、『心理的な作用』(それを、論理的に、解消する事:自らの欲望を、論理的に、理解する事で、理性を、強める)が、求められる。

 なお、窃盗癖は、古来から、文化的な観点で、問題視されており、現在に、至っても、改まらず、「刑事学では、基礎と、成っているのかと、想われる」(犯罪の基礎は、『他人から、何だかを、奪う事』で、『罰は、犯行を、抑制する為の代償』と、成る:自説)が、本邦の文化だと、「泥棒にも、神が、居る」と、言われている程に、馴染みが、深い。

・泥棒の神
 ・石川 五右衛門
  ・Wikipedia
 ・ねずみ小僧
  ・Wikipedia

追記 射幸心

 射幸心の分類では、現代病と、判断するべく、『GAME 依存症』が、有る。

 また、『賭博(とばく:Gambling)依存症』、『ぱちんこ依存症』も、含まれる。

 なお、本邦では、射幸心を、煽る業には、営業の許可が、必要(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)と、成るが、『GAME 依存症』の関連で、『(A)家庭内、(B)及び、家庭内から、Network を、介する通信(他者が、運用する Server を、介する形式での運用)』には、適用が、無く、経世済民的な観点から、問題視するに、至っている。

参考
・万屋 日誌/進捗/
 ・国 Network GAME 依存 - 日誌/進捗/平成29年度/151
 ・国 Network GAME 設置者に風営法を適用 - 日誌/進捗/平成26年度/263

血液の一滴で、癌(がん)を、検査

ニ時間以内に、99%の精度で、判定

 十三種の癌を、発見する事が、可能。

記事
血液1滴でがん検査 東芝、21年にもキット実用化
 ・ 日本経済新聞
  ・令和元(皇紀 2679;2019)年11月25日 0時00分

追記

 僕は、嘗て、株式会社 SRL(受託 臨床検査)でも、従事(特定時期的雇用職員)。

 その当時に、『腫瘍(腫瘍:癌) Marker 』の事を、聞いた事が、有る。

 時代の進化を、感じるなぁ。

『ドラえもん』第1巻は、毎年に、重版

45年間も

 昭和49(皇紀 2634;西暦 1974)年の発売から、45年間も、重版。

 昭和44(皇紀 2629;西暦 1969)年に、小学館から、六種類の雑誌で、連載が、始まった。

記事
『ドラえもん』第1巻、異例の45年間毎年重版 5.4ヶ月ペースで小学館作品の刷り数&発行部数1位
 ・ORICON NEWS
  ・令和元(皇紀 2679;2019)年11月26日 13居03分

補足

 本邦の文化では、『 Robot(ろぼっと)』、『発明』への影響が、強く、文化の向上にも、役立っている。

 動画は、国際的にも、広まっており、国際的な認知度も、高い。

賃貸住宅主の税逃れ

税制を、改正

 「賃貸住宅主が、『別業で、生じた収益を、含めて、利益の換算を、行う事』で、消費税の還付を、受けていた」との部分が、改正される。

記事
賃貸住宅オーナーの税逃れ防止 金取引利用し、消費税の控除悪用―20年度税制改正
 ・時事通信社
  ・令和元(皇紀 2679;2019)年11月26日 07時09分

在職老齢年金の制度 - 令和元(皇紀 2679;2019)年度

減額か、増額か

 現状を、維持。 

記事
在職老齢年金、現状維持へ 「高所得者優遇」批判抗し切れず
 ・産経新聞
  ・令和元(皇紀 2679;2019)年11月26日 07時07分

補足

 年功序列型では、『年齢、及び、継続勤務数』等と、比例する形式で、給料も、比較的に、上がる。

 逆に、期間(契約)労働者など、『一定の業務と、労働力、及び、定額的な給料』では、雇用契約中の減給は、生じ難いが、逆に、契約時の外では、賃金の値上がりは、殆ど、無い。

 その仕組みからでは、年功序列型の方が、有利と、想えるが、収益性の問題とも、想える。

第36回 多摩川

装備

RigAnt
FT-857HA750BL
FT-817HA750BL

結果

受信数
25局
点数Multi総合点
5010500

感想

>目的

・傍受の訓練
・装備(設営、設定の調整)、及び、季節な電波の伝播を、把握
・『傍受』の範囲を、把握

 今回は、参加の主体が、多摩川流域で、自分の装備で、「(甲)多摩川の氾濫など、多摩川に、関連する、非常時の情報を、発信する事が、可能な、無線局の存在、及び、その数と、(乙)傍受が、可能な範囲などの把握を、行う事」が、目的と、成る。

>条件
 近所に、交信での参加局(呼出局:交信局)が、有ったので、傍受を、行ったが、空中線(Ant)の環境に、大きな差が、生じており、交信が、行われていても、僕の環境では、傍受が、不可能な局も、数多く、有った。

 今後も、過剰に、備品の購入を、検討せず、『限られた条件(既に、保有する備品だけ)で、効率性を、高める事』(工夫)のみ、追求を、行う。

>今後の課題
 空中線の種類を、換えて、『傍受、交信』の範囲を、把握する。