記事一覧

裁判員裁判では、死刑、控訴では、無期限懲役

覆される、死刑

 なぜ、そのような事が、生じるのか。

記事
裁判員制度、国民感覚との乖離が顕著に 形骸化の懸念も
 ・産経新聞
  ・令和元(皇紀 2679;2019)年12月03日 00時52分

僕の見解 - 一般論

(一)事件慣れ
 判事(裁判官)の場合には、事件への慣れが、生じつつ、刑事への感覚は、一般人よりも、麻痺する傾向に、有るのかと、想われる。

(ニ)一般人には、身近な脅威
 「危機感の観点は、一般人の方が、過敏に、反応する」と、想われる。

(三)新たな証拠など
 『裁判員裁判では、明かされて、無い、新たな証拠』等によって、審判されると、事件の事情も、変化する。

結語

 裁判員の反応的には、適切な状態だと、想われる。

 逆に、『判事による、事件慣れ』が、問題視され、平成から、『(A)再犯率、(B)検挙率の低下』等が、問題視されており、現在では、『(C)在日外国人、(D)訪日外国人』による、犯罪の抑制も、必要と、成っている。

 なお、『(C)在日外国人、(D)訪日外国人』の観点では、「本邦の刑務所で、生活する状態は、母国での一般的な生活よりも、豊か」と、評価される文化が、有るのかと、想われ、「文化的な差異が、犯行を、有益にする」との部分を、解消する事も、外交的経世済民の観点から、求められる。

郵便局の職員が。切手を、着服

切手、527万円分を、横領

 元課長代理による、犯行。

記事
切手527万円分を横領 日本郵便、課長代理解雇
 ・日本経済新聞
  ・令和元(皇紀 2679;2019)年12月04日 18時09分

行政的指導

 総務酒は、日本郵便 株式会社へと、書面で、指導。

記事
日本郵便に行政指導=切手着服公表せず-総務省
 ・時事通信社
  ・令和元(皇紀 2679;2019)年11月01日 11時21分

二名が、切手を、着服

 5億4千万円を、換金。

記事
郵便局員2人が切手着服=5.4億円換金、公表せず
 ・時事通信社
  ・令和元(皇紀 2679;2019)年10月31日 13時22分

補足

 各事件は、「刑事の告発が、行われた」との公表は、無い。