記事一覧

内親王 愛子 殿下が、高校を、卒業 - 皇室

平安の文学に、見る、猫や犬

 学習院 女子 高等科が、3月19日迄、臨時で、休校、送別学芸会、謝恩会が、中止と、成り、卒業式も、卒業の生徒と、その保護者のみ、出席。

記事
愛子さまマスク着用で高校卒業式 レポート「平安文学に見る猫や犬、人との関わり」の深い意味
 ・週刊文春
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年03月21日

僕の探求

 実は、記事の写真が、公開された、当初(内親王 愛子 殿下が、15歳の誕生日に、猫と、一緒の写真が、公開)、宮内庁に、連絡を、行い、『猫の名前』を、聞いた、事が、有る。

 その時に、宮内庁 職員からの返答が、「一般に、伝えて、無い」(宮内庁から、一般へと、公表を、行って、無い)との事、だった。

>補足
 宮内庁の職員へ、聞いた、時に、「愛子 殿下と、写真に、映って、いる、、、にゃん子、、、いや、お猫さま、、、」、等と、『にゃん子』と、口走った、事に、慌て、挙句の果に、『お猫さま』と、発するに、至ったので、御座候。

 あれから、数年が、経ち、「今、明かされる、猫の名前」は、『せぶん』で、「もう、一匹、『みー』が、居る」との事。

 実家で、飼って、いた、猫が、『(僕が、付けた、本当の名前が)美夢』(「将来に、娘が、産まれたら、同じ、名前を、付ける、だろう」とも、想って、いたが、家庭内で、『みーちゃん』、等と、呼ばれ、僕の場合は、『みー』と、呼んで、いた:中学一年生の頃、学校の帰りに、『子猫を、あげます』との事から、親に、許可を、得ず、無断で、引き取り、部屋で、飼って、いた;僕の記憶だと、同時期に、僕の友人も、猫を、貰ったか、新たに、飼い、始めた、記憶が、有る;更に、学校、等で、隣席の女子も、女子の友達から、『みーちゃん』と、呼ばれて、いたが、僕は、その子を、氏で、呼んで、いたけども、家に、電話を、かけたり、等、仲良く、させて、もらって、いた)で、日常で、呼ぶ、名前(みー)と、同じ。

巨大原油輸送船、84隻の向かう、場所 - 中華人民共和国

原油の買入れ

 中東の地域へ、原油を、買い入れる、目的で、集結。

記事
中国の巨大タンカー84隻が一斉にペルシャ湾めざす
 ・Newsweek 日本版
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年03月20日(金) 22時00分