記事一覧

弁護士、公認会計士による、脱税 - 東京地方裁判所 - 再審理 - 判決

所得税法違反罪

 懲役2年6月、罰金2億円で、求刑が、懲役3年6月、罰金2億5,000万円。

記事
21億円所得隠しに逆転実刑 一審無罪、差し戻しの弁護士ら―東京地裁
 ・時事通信社
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年06月29日 16時25分

僕の見解

 被告弁護人が、私選の場合、利益を、得た、可能性が、有る。

判決に、伴い、世論を、煽る、記事 - 生活保護給金の引き下げ、反対の訴訟

不当判決だ

 「判決に、伴い、大衆心理の操作を、試みて、いる」と、想える、記事を、確認。

記事
生活保護費減額に「最低」と言われる判決を下した名古屋地裁の論理
 ・DIAMOND On Line
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年06月29日 04時40分

僕の見解

 「特定の大衆を、感情的に、煽り、暴徒化を、図る、文面」とも、想える。

 『(A)Freemasonry の本丸は、自民党で、(B)それを、引き立てるのが、野党の各似非民主主義系』(一般の国民は、意識の操作から、どちらかを、選ぶ、事を、強いられる:どちらを、選んでも、Freemasonryの利益で、仮に、Freemasonry によって、安易に、操れる、日本共産党を、選んでも、同じ)との認識も、有る。

 また、他の記事(時事通信社 『生活保護減額は適法 初判決、受給者の請求棄却―名古屋地裁』 令和02(皇紀 2680;2020)年06月25日 20時10分からの引用)では、「生活保護引き下げをめぐっては、全国29地裁で約900人が争っており、判決は初めて」と、公開されて、おり、今回の記事と、比較すると、数値に、100も、差が、有る、事に、不信感を、抱くに、至る。

 更に、「 DIAMOND, Inc. の創業者は、Freemasonry の構成員だった」とも、想える。

 よって、僕は、「 DIAMOND On Line の記事(生活保護費減額に「最低」と言われる判決を下した名古屋地裁の論理)が、危険」と、判断。

 なお、「該当の記事に、『別課題の刷り込みを、試みて、いる』と、想われる、節も、幾つか、有ると、判断。

参考
・DIAMOND, Inc.
 ・Wikipedia

・石山賢吉
 ・Wikipedia

生活保護給金の引き下げ、反対の訴訟 - 名古屋地方裁判所 - 判決
 ・山小屋(万屋の Blog)
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年06月25日(木) 21時52分

誤認の逮捕 -  福岡県 警察

無免許運転

 「誤認の逮捕だった」と、公表。

記事
福岡県警が無免許運転疑いで誤認逮捕
 ・京都新聞社
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年06月28日 22時17分

僕の見解

 「(A)免許証の不携帯、(B)及び、無免許の疑いが、有り、(C)身分を、証明する、物、等の携帯も、無く、(D)挙動、等に、異常が、感じられる」のならば、逮捕が、生じる、可能性は、有る。

 また、『正当な防衛』の観点から、(A)~(D)の状況で、逮捕が、生じるのは、極普通。

 更に、警察官(及び、全ての公務員、等)が、『相手の精神を、害する、目的で、行われた、公務』(違憲:憲法 前文の主旨に、反する)は、職権の濫用。

刑法
公布 平成三十年七月十三日
改正 平成三十年 法律 第七十二号

第百九十四条(特別公務員職権濫用)
 裁判、検察若しくは警察の職務を行う者又はこれらの職務を補助する者がその職権を濫用して、人を逮捕し、又は監禁したときは、六月以上十年以下の懲役又は禁錮に処する。

補足

 「(a)本事案は、各地で、日常的に、生じて、いる」との認識が、有る、反面で、「(b)政治(宗教、思想、等)の関係で、故意に、公表を、行う、事が、有る」とも、経済(政治学の部分)における、戦略性から、想える。