記事一覧

アシナシイモリ - 無足の両生類

口腔に、毒腺

 捕食者から逃れる為、「(A)速やかに、地中へ、潜り込めるような頭部で、粘液を、分泌、(B)尾で、毒の分泌を、備えている」と、考えられて、いる。

記事
ヘビのような両生類アシナシイモリの謎 口腔の毒腺が発見される
 ・Newsweek 日本版
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年 07月08日(水) 17時00分

僕の見解

 僕は、松岡由希子 女史が、扱って、いる、各記事の方が、凄いと、思って、いる。

国会で、乱闘 - 中華人民共和国 台湾

国民党が、議場を、占拠

 「日常で、茶飯事の如く、乱闘が、生じて、いる」との事。

記事
国会乱闘に見る台湾の民主、香港抑圧に見る中国の独裁
 ・Newsweek 日本版
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年 07月07日(火) 20時00分

僕の見解

 現代の若人は、知らないと、想われるが、嘗ての本邦における、国会も、酷かった。

 なお、検索で、『国会 乱闘』で、調べれば、色々と、表示されると、想われる。

天皇、皇后の両陛下が、『疫病と、雇用における、事情』を、聴取 - 宮内庁

厚生労働省の職員を、赤坂御所に、招き

 『(あ)天皇が、若者の就労支援、等、(い)皇后が、外国人労働者と、その家族、等』を、確認。

記事
両陛下、新型コロナウイルスで雇用への影響聞かれる
 ・産経新聞社
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年07月07日 20時53分

僕の見解

 「(ア)若者の分野は、『就労よりも、憲法、法律に、基づく、倫理観、及び、理性の維持』(ゆとり教育の第二弾:僕は、似非な民主主義、等の支持を、行って、無い)が、重要と、想え、(イ)外国人労働者と、その家庭における、状況では、『多産の抑制と、子供への教育、並びに、退職後の観点』が、重要」と、想える。

>解説
(ア)
 実は、だいぶ前から、各種の工場が、自動化生産と、成って、おり、今後における、作業員の必要性が、大いに、問われる。

 また、人工知能的な機械( Software と、Hardware )が、未来に、高度化される、事を、想えば、既に、『(A)人材と、(B)機械」の存在的な評価感も、問題視される。

 例えば、(a)自動車(貨物、及び、大型車)の運転が、自動化されると、(b)自動車運転免許の存在すらも、問われ、(c)雇用枠の問題も、生じ、(d)国際的にも、各国で、外国人が、比較的に、多いと、言われる、各種の運転手における、雇用枠にも、影響が、及ぶ。

 (一)人の衝動(事例に、伴う、ならば、『自動車の運転を、行い、たい」との衝動』、つまり、欲求)を、緩和させる、事を、仮想的現実で、補う、事が、可能と、想え、(二)高齢者における、各種の運動、等も、補える」と、想える。

 更に、『将来は、情報処理能力が、重要視される』と、解って、いる、現状での詐欺、等の事件でも、『情報の精査力、及び、情報に、伴う、行動力』が、問われる。

 つまりは、主に、人の場合、これ迄の『五感と、行動力』の他に、情報処理能力が、加わって、且つ、その情報が、仮に、不適当で、あっても、自己の利益を、『確保、並びに、保護』(即ち、自衛の観点)から、護る、必要性が、生じる。

 情報に、伴う、自己の利益を、護ると、言う、観点は、『(Ⅰ)自殺の防止、(Ⅱ)他者への危害(殺傷、利益の略奪、等:主に、犯行)*1にも、繋がり、『(ⅰ)自己の存在価値、(ⅱ)他人との共存性』を、論理的な理解を、行う、事で、『異常な衝動の発生』(衝動的精神病質性:何だかを、理由に、人格が、豹変するに、至る、状況:主に、『①自己に、よって、生じる、何だかの失敗』、並びに、『②他者からの被害』、等が、該当)を、理性(論理的な理解、等)で、抑える、事が、可能と、想える、故に、相応の情報を、収集させつつも、それを、理解、及び、利益と、成る、事(情報処理能力)を、養う、必要が、現状における、三十代以上の世代で、求められると、予測される。

(イ)
 本邦の民における、代々の子孫は、本邦の歴史的な過ち、等を、遺伝的な感覚で、理解するに、至って、いる、事が、多いと、想える。

 第二次世界大戦後では、外国人が、母国から、『新たな居住地』(生活の地)を、求める、観点や、職務上、等の理由から、住み、好い、祖国を、離れて、本邦への移住を、強いられる、事も、就労の分野で、生じて、いる。

 ここで、(ア)にも、共通と、成る、『何の為にと、仕事を、行うのか』が、問われつつ、その結果と、価値(①己の利益、②公共の利益)の追及における、観点が、重要視される。

 仮に、窃盗を、『衝動と、成果』で、考えるならば、精神病質性が、高いと、言われても、狩猟的本能、等から、止められない、『万引き、等の窃盗依存症』が、有る。

 究極では、『人間狩りと、同等の軍事も、有る』が、その戦場で、生じる、『緊張感と、脳の仕組み』を、理解するに、至らないのならば、退役後に、犯罪へと、着手を、行う、事が、生じるのかとも、想えつつも、自らが、得た、強力な能力が、常に、他人に、使われる、為の力と、成る(つまり、隷従:自らの能力を、己の自律に、伴う、利益にと、繋げ、難い、状態:判り、易い、例えでは、『芸術家と、画商の関係』、等が、有る:広い、観点では、『生産者と、市場』の関係も、経世済民の観点で、類似するが、『賭博場の運営者と、博徒』の関係にも、細部で、類似)、状況が、問題視される。

 「 Boxer が、強く、成ろうと、訓練を、行い、Champion を、目指す、過程で、その利益性を、どのように、考えるのか」(解析の能力)が、問われつつも、「負ける、事が、常に、敗者の不利と、成るのか」も、考える(利益性の追求:八百長、等の存在を、含む)、事が、重要視され、「世界一の Champion による、打撃に、耐え、生存するに、至った、結果の方が、生存性の観点から、想えば、重要」(負けても、なお、生きる、事の重要性)とも、想える。

 本邦は、『(甲)第二次世界大戦における、で、枢軸国で、有り、(乙)敗戦国でも、有るが、(丙)過去と、現在、及び、未来では、どうか』を、考えつつも、『行動を、行う、義務』(「勤労とは、何か」が、問われる:日本国 憲法 第二十七条)、『己の悪行を、自らで、抑制を、行う、義務』が、課せられて、いる。

(ウ)
 『逃げる、及び、次が、有るさ』(逃げ癖、並びに、負け癖)と、言う、観点の理解も、重要。

 「(❶)敗者は、勝者が、居る(要る)から、敗者が、居る(要る)」と、気が、付く、者(物)と、「❷復讐(及び、再挑戦)の観点で、強さを、単純に、求める、再度の挑戦者」とでは、観点が、異なる。

 実は、近年の指定暴力団、等が、❶を、想いつつも、共産主義的な観点に、陥って、いるように、想える(が、西洋的思想の工作における、影響とも、想える)。

 本来、先制的攻撃が、禁止と、成る、護身術も、競技では、好戦性が、追及される、状況に、陥る。

 戦略論は、勝利の追及に、限らず、争う、事で、利益性を、追及する、好戦的思考と、言えるのであって、「必ず、勝者にだけに、利益が、生じる」と、限って、無い。

 商い、等では、「損じて、得を、取れ」との観点も、有る。

 『母国での生活が、不快なので、他国へと、希望を、抱き、逃げるように、移住を、行う、性格』が、「移住先で、どのような利益を、生じさせる、事が、可能と、成るのか」、「『良き理解者』(味方)を、作る、事を、本能的に、求めるかの如くに、多産、及び、健全な子供を、育てる、事の失敗と、成る」、等の観点も、問われる。

 実は、自動二輪車の競技、等でも、『負け癖、逃げ癖』、『転倒癖』(「転倒への恐怖感に、欠けて、いる」ので、『無理』な運転と、成り、危険が、伴う、故に、利益を、得る、機会が、論理的に、低く、成る)*2師範の観点から、問題視されて、いる。

(エ)
 歴代の元女に、おける、御言葉で、「自分の強み(他人に、自慢を、行える、事、など)が、一つでも、有れば、それが、励みに、成る」(また、その強みを、維持する、事の重要性が、誇り、及び、自尊心に、成る)との趣旨(恋愛の観点における、お説教)で、言われた、事が、有る。

 ・・・が、僕は、危険だと、想って、いる。

 つまり、「自尊心を、失った、場合、どうなるのか」が、問われつつ、「人の弱みに、付け入る、輩(あらゆる生物の観点で、該当)も、居る」のが、現状。

 よって、「強みが、弱点に、変わる、時の恐怖を、理解する」との『支点(並びに、視点:つまり、観点)』(価値観の解析を、行う、能力)*3が、重要。

 なお、歳と、共に、競争心が、衰えるのは、「己の危険性と、子孫の危険性を、回避する、観点から、生じる」(俗に、言う、「護りに、入る」との観点)も、生存性の心理から、理解を、求められつつも、「生存と、成る、限り、闘争心を、抱き、続ける、性格も、有るのか」と、想える。

(オ)
 みっちゃん、まぁちゃん、が、俺に、惚れない、訳が、無い。

 また、上皇、天皇は、上節の観点に、僕へ、反論を、行え、無い、相応な理由(女神の嫉妬は、人の女における、焼き餅よりも、勝る、可能性が、有る:「鏡餅のような、でかい尻に、惹かれる、男の身にも、成りやがれ、歳と、共に、尻圧が、上がる、一方だ」と、嘆く、夫の苦悩)も、有る、、、w

 故に、みっちゃん主催の御茶会に、呼ばれても、好いのかと、想えるのだがぁ、、、ww

語句
・Software
 ・Wikipedia

・Hardware
 ・Wikipedia

・精神病質
 ・Wikipedia

・Boxer
 ・Wikipedia

・Champion
 ・Wikipedia

・八百長
 ・Wikipedia

・第二次世界大戦
 ・Wikipedia

・枢軸国
 ・Wikipedia

・指詰め
 ・Wikipedia

・土佐闘犬
 ・Wikipedia

・変態
 ・Wikipedia

・鏡餅
 ・Wikipedia

参考
・日本国 憲法
 昭和二十一年 憲法

第二十七条
 すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。

 二項
 賃金、就業時間、休息その他の勤労条件に関する基準は、法律でこれを定める。

 三項
 児童は、これを酷使してはならない。

*1:論理式の観点から、「裁判所で、罪の確定が、伴って、無い、行動は、犯罪と、言え、無い」と、想える。
*2:実は、『転倒の経験』による、恐怖心から、「慎重に、成り、過ぎて、競技で、勝負に、成らない」(競技における、勝利の観点が、消失する)との事例も、遭って、人に、限らず、闘犬でも、『変態』との行為が、生じる、事例が、有る。
*3:本邦の歴史における、武士道の観点ならば、『切腹の概念』(自殺の美学:『自決』の表現は、不適切と、想える。)が、有り、嘗ての『やくざ』における、『指詰め』、等も、類似と、成る。

賭博 GAME の提供で、邦人を、逮捕 - 中華人民共和国 台湾

賭博の容疑

 主犯格の容疑者(日本人の男)が、「(弌)GAME Softの提供を、行ったが、(弐)違法な事を、行って、無い」、等と、容疑を、否認。

記事
賭博ゲーム提供の邦人逮捕 専門サイトから報酬―台湾
 ・時事通信社
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年07月07日 20時15分

富山市 奥田交番 襲撃 事件 - 名古屋 高等裁判所 金沢支部 - 判決

強盗殺人未遂、公務執行妨害、等

 一審(富山地方裁判所 裁判員裁判)の判決(懲役14年)を、破棄、懲役12年を、自判。

 なお、「被告が、一審の判決後に、被害者の警察官へ、賠償金を、支払って、いる、等」が、減刑の理由。

記事
富山の駐在所襲撃、二審は減刑 賠償考慮し懲役12年
 ・岐阜新聞社
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年07月07日 17時28分

語句
・名古屋 高等裁判所 金沢支部
 ・公式 Web Site
 ・Wikipedia

・自判
 ・Wikipedia

参考
・Autism Spectrum Disorder( ASD )
 ・Wikipedia

僕の見解

 富山県 警察の管轄内では、平成30(皇紀2678;2018)年にも、元自衛官による、『富山市 奥田交番 襲撃 事件』が、生じているが、過去に、『富山駅前派出所 襲撃 事件』も、生じて、いた。

語句
・富山県 警察 - 主な事件
 ・Wikipedia

・富山市 奥田交番襲撃 事件
 ・Wikipedia

・富山駅前派出所 襲撃 事件
 ・Wikipedia