記事一覧

Cannabidiol の有効性

Cannabidiol( CBD ) とは

 「大麻草、等に、含まれる、天然の有効な成分」と、成るが、それによる、効果と、影響が、疑問視されて、いる。

記事
美味しい低糖質製品まで登場 ストレス緩和にCBDはいかが?
 ・Newsweek 日本版
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年 07月09日(木) 16時15分

語句
・Cannabidiol
 ・Wikipedia

僕の見解

 既に、『大麻』が、合法な国(及び、文化)も、有る。

 よって、(あ)欲する、人は、該当の国へ、移住(日本国 憲法 第二十二条)を、行えば、好く、(い)本邦(日本国)内で、違法(大麻取締法の違反)な使用を、認める、理由は、無い。

語句
・大麻
 ・Wikipedia

参考
・厚生労働省
 ・大麻に関する正しい知識

・大麻取締法(電子的政府
 ・Wikipedia
 

・日本国 憲法(電子的政府
 ・昭和二十一年 憲法

第二十二条
 何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。

 二項
 何人も、外国に移住し、又は国籍を離脱する自由を侵されない。

疫病の影響で、遠隔の教育が、進化するのか

ICT化

 本邦における、実施率の状況。

記事
コロナ禍における遠隔教育──新型コロナウイルスで教育のICT化は進むか
 ・Newsweek 日本版
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年 07月09日(木) 16時10分

僕の見解

 海外では、積極的に、遠隔の教育を、取り入れて、いる、地域、及び、国(の民間)も、有るが、やはり、『政治的な観点での関心度で、異なる』と、想われ、他に、資本と、産業的な技能にも、関係するのかと、想われる。

 また、途上国では、資産(予算:主に、海外からの支援、等)の確保が、保障されて、いる、場合、等では、電子的環境を、あらゆる分野にと、取り込む、傾向に、有る。

香港の今後 - 中華人民共和国

6つの予測

1. Journalist の逮捕
2. 反体制的な Media への圧力
3. 法の遡及的適用
4. Digital 空間の表現への抑圧
5. 芸術・学術的表現の規制
6. 宗教団体の弾圧

記事
香港で次に起きる「6つの悪夢」 ネット、宗教、メディア...
 ・Newsweek 日本版
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年 07月09日(木) 06時50分

語句
・Journalist
 ・Wikipedia

・Media
 ・Wikipedia

・Digital
 ・Wikipedia

僕の見解

 白人が、標的と、成る、人間の心情を、操作するのに、用いる、経路ばかりが、指摘されて、いる、事に、不信感を、感じる。

 また、どこの国でも、(あ)「国家が、悪い」と、指摘を、行った、後に、(い)民の個々における、努力が、問題視される。

 つまり、現状の中華人民共和国に、限らず、「(ア)母国から、離脱を、行った、民が、他国で、どのように、生きるのか」が、問われ、「(イ)新たな定住地で、所属する、国家へと、健全、且つ、対等な人間の関係を、維持する、事が、可能に、成るのか」も、問われる。