記事一覧

鰯が、性転換 - 東京湾

水温の上昇で

 8割が、雄に、成った。

記事
東京湾の水温上昇でイワシが性転換、8割が雄に 温暖化で生態系に危機
 ・産経新聞社
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年08月15日

語句
・鰯
 ・Wikipedia

僕の見解

 公害、等、別の原因が、有る、可能性も、疑え、人体への影響も、懸念される。

子供を、作らない、夫婦の生活

夫婦の選択肢

 配偶者と、婚姻の関係に、有っても、お互いの遺伝子を、有する、子供を、作らない、事を、選ぶ、夫婦も、いる。

記事
子どもをもたない生き方 ──「チャイルド・フリー」も幸せ
 ・Newsweek 日本版 (岩澤里美 記事
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年08月14日(金) 11時00分

僕の見解

 民法上の観点で、「夫婦は、契約で、成り立つ」と、解される。

 国家(行政)の観点では、『(あ)婚姻届の受理から、始まり、(い)戸籍の作成に、及ぶ』との展開に、至る。

 また、夫婦間で、『(ア)共同の資産、(イ)固有の財産』、等も、有る。

 生物学、及び、生存の競争、等の観点から、「子孫を、残す」との本能に、基く、欲が、生じるのも、人に、限らず、あらゆる生物で、確認が、行われて、いる、行動(衝動)と、成る。

 遺伝子の継承と、言う、観点では、「主に、『持病の遺伝』が、懸念の基礎と、成る、事が、多い、事」も、解って、いる。

 外に、体型、外見、等で、出産後、子供の成長に、伴い、『(A)顔、(B)体型』、等の外見、『(C)各種の能力、(D)性格』、等の内面で、『親を、恨む(怨む)』との事は、思春期に、見られる、親子間で、紛争の原因にも、成る。

 よって、「自分の遺伝子を、引継がせ、ない」との観点で、成り立つ、『子供を、欲さない、家庭』(夫婦の生活)が、生じる、事が、有る。

 なお、逆に、「男性同性愛者の夫婦間で、子供を、欲する、情況」も、社会(主に、宗教)的に、問題視される、事が、有り、「女性のように、男性が、自らで、出産を、行う、事が、現代の医学だと、無い、観点で、女性同性愛者よりも、不利」と、評価されて、いる。

映画で、解く、面白話

 映画、『 Eyes Wide Shut 』(1999年)は、演出者の実生活を、想えば、『西洋系 Joke(風評) の極み』と、言う、感じで、仕上がって、いる。

 主演の『 Tom Cruise 』(夫役)、『 Nicole Mary Kidman 』(妻役)が、映画の撮影、公開の当時、実生活(私生活)でも、夫婦の関係。

 ところが、Wikipedia(日本語)で、『 Nicole Mary Kidman 』を、調べると、、、。

 「1990年にトム・クルーズと結婚したが、2001年に離婚。
二人は養子を二人取っている」

 ・・・との事。

 『 Nicole Mary Kidman 』は、IQ が、132で、短編小説を、書くのが、好き。

 『 Tom Cruise 』は、学習障害(LD、失読症、等)が、有った。

 そんな実生活で、二人の事情を、想いながら、見ると、『妻と、夫による、己の性欲を、制する、攻防戦』( Baphomet 召喚の儀礼、等を、含む)が、とても、面白く、滑稽に、見えて、来るが、それら、どの場面でも、社会的風評を、舞台に、展開される。

 つまり、客観で、「お似合い、夫婦で、夫も、妻も、好く、見える」が、その夫婦間、及び、夫、妻の個々における、心境(心理)的葛藤は、「常人だと、解り、得ない、『己との奮闘』(理性を、保つ、事)が、日常で、生じて、いる」(本邦で、過去に、『仮面な夫婦』と、言う、言葉が、流行ったが、「夫婦間の子供による、視野での表現」に、用いられて、いた:子供が、不良化する、原因にも、指摘されて、いた:純情な、子供には、「夫婦、男女間の気遣いを、理解するに、至って、無い、情況」での表現で、子供からの視野で、用いられた、表現)だけど、映画を、介する、事で、解る、、、w

(あ)
 妻による、性欲を、満たせ、ない、事が、原因の Hysterie 。

(い)
 妻に、性欲を、抱けず、夫が、別の女性に、興味を、抱く、過程と、末路(性病の感染、等の展開は、無いが、、、)。

 映画の最後には、『 Nicole Mary Kidman 』が、言う、一言、、、。

なお、『(あ)』は、他の映画『 A Beautiful Mind 』でも、表現されて、いる。

語句
・Eyes Wide Shut(映画)
 ・Wikipedia

・Nicole Mary Kidman
 ・Wikipedia

・Tom Cruise
 ・Wikipedia

・Baphomet
 ・Wikipedia

・Hysterie
 ・Wikipedia

・A Beautiful Mind(映画)
 ・Wikipedia

おまけ 回想

 歴代の元女に、『 Nicole Mary Kidman 』が、大好きな、奴が、居て、裸の関係に、成る、迄(出会って、数時間程度前、、、w)は、すっごく、お硬い、女性を、演じて、いた。

 裸の関係が、過ぎた、後に、僕を、室内(部屋内、又は、二人っきりの時、等)だと、同性の扱い(つまり、女性、並びに、空気)の如くと、成り、自分の部屋だと、裸、のーめいく、のーぶら、下着姿、まったくもって、おやじ形式、、、w

 今に、想えば、「食うつもりが、明らかに、食われた」と、
想え、男女間における、弱肉強食社会での対決に、負けた、
事を、反省するに、至る。

 その変貌ぶりに、僕が、内心で、激怒、次回の H 後、彼女が、寝入った、頃を、見計らって、剃毛(制裁)、、、w

 彼女が、起きた、時には、気付かず、便所へ、行き(の時、僕に、「おちっこ」っと、一言、言ってから、向かう、性格)、「あぁ〜、、、」っと、叫び声、、、w

 鳩が、豆鉄砲を、食らったかの如く、目が、まん丸な状態で、「・・・情けない、、、ほら、見て、、、」っと、下着を、膝まで、下げて、いる、状態のまま、極普通に、見せ付けつつ、、、「どぉ〜するのよぉ、これぇ〜」の一言で、二人で、爆笑するも、「笑えない、からぁ〜、これぇ〜」っと、苦笑(怒りと、面白さの葛藤で、表現される、表情)するが、その情況を、僕が、見て、腹筋100回分程度の大爆笑に、陥った。

 また、「あんた、寝ている時、気を、付けなぁ、、、私も、やるからねぇ、、、絶対、、、」っと、脅迫も、被ったが、実行は、無かった。

 それから、「暫くの間、H 禁止(令)」が、出されたが、その間(翌日から)、「何か、『ちく、ちく』するよぉ、、、これぇ」、等と、情況(剃毛後、陰毛の成長)を、逐一に、報告を、行う、始末、、、w

 ・・・『 Eyes Wide Shut 』の冒頭を、見て、女性の裏表が、見えつつも、それが、今に、成って、「可愛く、想える」、等、女子の行動と、心境を、元女に、重ねて、観賞に、至った、映画。

 なお、読者へ、誤解を、抱かせ、ない、為にも、記す、けど、、、「俺は、抜いて、無い」(と、主張を、行っても、歴代の元女達ならば、「絶対に、抜いとるなぁ、君ぃ〜、、、抜かなきゃ、男じゃ、ないなぁ、そもそも、、その晩に、限らず、翌晩、等にぃ、、、」っと、本人を、目前に、平気で、言う、性格が、多かった:ので、映画の最後の場面で、歴代の彼女達を、偲び、大爆笑に、陥った、、、けども、俺は、その晩、抜いて、ない)から、、、w